アフラックのがん保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
aflac_cancer

賢い保険の選び方

将来に備えて保険を選ぶ。会社はいろいろあるしテレビでもコマーシャルで流れていて、いざ保険を選ぶとなると難しいものです。
しかし、いくつかの要点を抑えれば、自分に合った保険があります。そのためには資料を取り寄せて調べたり、ファイナンシャルプランナーのような専門家に相談するのもいいでしょう。この記事では、まずがん保険についてお話します。基礎的ながん保険と医療保険の違いを知り、自分に合った保険の選び方を考える参考にしてください。


woman_drink

がん保険

がん保険とは、がんのみに特化した保険です。そのためもしがんにかかった時、普通の保険に比して保証が手厚いのが特徴です。
いまだがんは死亡率が高く、日本人の死因の一位はがんであり、がんにかかる人は年々増えています。しかし医学の進歩によって早期発見、早期治療で、治療も進んでいます。ただがんにかかる医療費は、厚生省の調査によると、69万6,000円です。
またがんの種類や治療方法によっては保険のきかない治療があります。一部先進医療は約300万円ですから、支払い能力を超える場合が多々あります。
がん保険は、先にも書いたようにがんにかかった場合手厚い保証が受けられます。ただし医療保険と比較した場合、医療保険は様々な病気を幅広く保証してくれます。しかしがんにかかった場合の保証は手厚くありません。

がんにかかった場合の治療費は、通常の病気より大きいので、がん保険が必要になってきます。

アフラックの新生きるためのがん保険

ここでアフラックのがん保険を例に説明します。
がん診断一時金
はじめてがん(悪性新生物)と診断されたときに100万円というまとまった給付金が受け取れます。これはかなり安心です。やはりがんと診断されたときの心配は、がんそのものの次にお金です。
貯金で賄えるかとか、失業も考えますから、お金の心配は大きいものです。この診断給付金は、当面のお金の心配がなくなるので、不安を消化して治療に専念することができます。
ここでいう悪性新生物とは転移する可能性のあるガンです。この場合、治療が長期になること、症状の悪化などのため、診断一時金も高額となっています。

入院給付金
入院時に1日につき保証がおります。がんにかかって入院の場合に1日当たり5,000円から10,000円が給付されます。
がん保険の場合、医療保険が入院日数の上限があるのに比して、給付金の日数に上限がありません。仮に長期入院になっても治療に専念できます。

通院給付金
通院給付金はがん治療を目的に通院した場合に給付されます。現代の医療技術の進歩で、通院による治療の仕組みが整ってきています。手術、抗がん剤治療、放射線治療といった3大治療を目的とした通院治療があります。1日につき5,000円から1万円の給付金がおります。がんの通院治療の経済的不安、その時もがん保険の保証があると安心して通院治療に専念できます。

この通院給付金は、3大治療のための通院であれば無制限となります。

手術治療給付金
手術治療給付金はがん治療が目的で手術を受けた場合に、10万円から20万円を受け取ることができます。手術治療給付金も支払い回数は無制限です。入院、通院に関係なく受け取ることができます。

放射線塗料給付金
放射線治療給付金は、がん治療を目的とした放射線塗料や電磁波温熱療法を受けた時に、1回につき10万円または20万円を受け取ることができます。こちらも支払い無制限で、60日に1回の給付を受け取ることができます。
ほとんどのがん保険の場合、特約事項にオプションとして付与されますが、アフラックの場合基本保障についているため、保証が手厚いといえます。

抗がん剤治療給付金
抗がん剤塗料給付金は、抗がん剤治療を受けた時に、1か月あたり5万円または10万円受け取れます。ただ乳がんと前立腺がんを対象とするホルモン治療の場合、半額の金額しか受け取れません。この場合も1月に1回です。

がん先進医療特約
がん医療投薬とは、がん治療を目的とした先進医療を受けた場合のみ保証される特約です。最大2000万円まで保証されます。10年ごとに更新が必要です。

診断給付金複数回支払い特約
診断給付金複数回支払い特約とは、基本保障の場合1回しか受け取れないがん診断給付金を、2年に1回を限度に何度でも受け取れるようにする特約です。
もしがんが再度転移してしまった場合でも、2年以上経過していれば再度診断一時金を受け取ることができます。

生きるためのがん保険 レデイス
入院、通院、3大治療に備え、さらに女性特有のがんの手術に手厚いプランがあります。
先に述べた保障に加えて、女性特有のがんの手術1回につき20万円、乳房再建給付金1回につき50万円給付されます。

プレミアムサポート
アフラックのがん保険の大きなメリットとして、がんや治療にことを相談できる専門家がいるので安心です。
これはがんと宣告された患者にとってしっかり相談し、がん治療を行っていくうえでとても大切なサービスです。
突然がんの告知を受けて、納得した治療方針をすぐには決められません。
病状の理解された後、治療方法を選択します。がんになるとわからないことや不安でいっぱいですから、納得した治療方法の選択ができるよう専門家がサポートします。
またがん専門カウンセラーによる訪問面談サービスもあります。これは5年以上の臨床経験とがんの知識を持った看護師である「がん患者専門カウンセラー」が、疑問、悩みなどを踏まえて病気の解説を行い納得した治療を受けられるようサポートします。そして専門医照会サービスも行っていますので、セカンドオピニオンとしての利用も可能でがす。

2016年3月アフラックならではのあたらしいがん保険ができました!

アフラック生きるためのがん保険 よりそうDays

過去にがんを経験された方のためのがん保険が新たに誕生しました。5年経過していれば、がん保険よりそうDaysに申し込むことができ過去に経験したがんの転移の場合も保証されます。
日本で初めてがん保険を作ったアフラックがまた新しい商品を打ち出しました。

がん保険の賢い選び方

ここまでアフラックのがん保険について述べましたが、保険を選ぶ際のポイントを述べます。

終身保険と定期保険のどちらに加入するか?
がん保険には定期型と終身型があります。がんは年齢が上がるにつれかかる確率が上がります。定期保険の場合若いうちは保険料負担が低くていいですが、実際に50代60代になって保険を使う可能性が高くなると保険料も高額となり負担が大きくなります。
いつなるかわからないがんに備えるのであれば、一生一定の保険料で済む終身型が安心です。

ただ、貯蓄力があり、医療費に200~300万円貯められるようであれば、若い間のみ保険料が安い定期型に入るのがおすすめです。それと更新時に保険料が上がるデメリットはありますが、10年程度の定期保険に加入するのもおすすめです。それはがん保険やがん治療の方法は内容がどんどん進化しますから、定期型のほうが世の中の流れに沿った保証を受けることができます

20代30代でがん保険に入るなら、安くて柔軟性のある定期保険をおすすめします。
また40代50代でがん保険に入るのなら、保険料の高さや将来を考えて終身保険に加入するのがおすすめです。

終身保険の終身払いと有期払い
終身保険に加入すると、終身払いと有期払いを選べます。終身払いとは、終身保険に加入してる限り保険料を支払わなければなりません。有期払いは、保険料の支払いが一定年齢で終了します。
仮に終身保険を選んだとしたら、加入時の年齢によって払い込む保険料の総額による費用対効果は異なります。若い年齢層で加入したのであれば有期払いが有利です。
中高年層で加入したのであれば、定年後、がんの治療費を十分賄えるだけの資産があり、がん保険が必要ない場合もあります。そのためいつでも解約できるように、また、新しい医療に対応したがん保険の新商品が出てきた場合柔軟に対応するためには保険料の安い終身払いがおすすめです。
ただ定年後収入が減った時のことを考えるなら有期払いが安心です。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る