アフラックのがん保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
aflac_cancer

主契約を 入院給付タイプにするか、診断給付金タイプにするか?
入院給付金タイプの場合、がんで入院した場合しか給付金がもらえません。診断給付金の場合は、がんと診断されたときにまとまった金額をもらえます。
近年、平均入院日数が減少傾向にある中で、がん診断時にまとまった一時金を受け取れる診断給付タイプのほうが安心といった傾向にあります。また入院費や通院費、その他雑費など、あらゆる費用の補てんに使える点もポイントになります。
ここで入院給付金タイプの保険を選ぶ場合、診断給付金特約はつけておきましょう。金額は年間治療費に当たる100万円が妥当です。また治療の続く限り、複数回もらえるタイプがおすすめです。

日額型と実損払い型のどちらにする?
日額型とは、実際にかかった医療費にかかわらず一定の給付金が支給されます。実損払いとは、実際にかかった費用をすべて払うというものです。
がんにかかるタイミングやその時の状況でどのような治療がおこなわれるかわからないので実際にかかった治療費を補てんしてくれる実損型のほうが安心です。ただ実損型は日額型と比して保険料が高くなります。
がん治療の入院日数が短期化している現在日数型より実損型がおすすめです。全額自己負担となる自由診療も補ってくれます。
けれども保険料が上がっていくので若いうちはいいですが、定年後収入が減ることを考慮に入れると、支払いが難しくなる可能性があります。また現在は日額型のほうが主流なので、商品選びがしやすいのもメリットの一つです。

通院給付特約は必要か?
通院給付特約とは、通院治療の際の費用を費消してくれるものです。
医学の発達により入院日数が少なくなっていることが背景にあり、がんの治療は1回の通院でも負担が大きいことから入院しなくても受け取れるうえ、通院が長引いて家計への負担が増すリスクがあるので通院給付特約は安心です。
また、がんの治療は入院や手術で終わらない場合がほとんどです。むしろこの通院期間は長くなります。
しかし、診断給付金が何度でも、たくさん受け取れるタイプであれば不要です。
ただ、診断給付金の額が少ないプランを選んだ人や、貯蓄が十分にない人に通院特約は必要になってきます。通院給付といっても、入院した後に通院に限られることや、その対象となる治療が限られているなど条件があるので事前にしっかり確認することが必要です。

抗がん剤治療特約は必要か?
抗がん剤治療特約とは、抗がん剤などの化学療法を受けた際に受け取れる保証です。抗がん剤治療を受けた患者は8割に上ります。
それを考えると抗がん剤特約に加入してもいいかもしれません。ただ一般的に抗がん剤治療は多いですが、実際に使えるかどうかは体質や体力との相談になります。この場合も抗がん剤治療の費用は診断給付金でまかなうほうがベターでしょう。
ただ、貯蓄額に不安があったり、診断給付金でまかなうのは心配っという方ですと、加入しておいたほうが安心でしょう。
また抗がん剤治療特約も商品によって給付される条件や、保証される範囲が様々ですので注意が必要です。

放射線治療特約などの女性特有の特約は必要か
女性がかかりやすいがんの第一位は乳がんです。乳がんの場合、乳房温存すると放射線治療がセットで行うのが一般的です。
アフラックの場合、生きる保険Ladysのような商品があり、女性の場合備えておいて損はありません。
女性特有の特約は、充実した補償内容であれば、付加してもよいでしょう。
ただ、がんといってもがんの種類や、身体状態によってとる治療法はそれぞれ個人差があります。そのうえで考えるなら、特定の条件を満たさないと給付金がおりない各特約よりも診断給付金を充実させておきあらゆるがんにカバーできるようにするのが良いでしょう。
女性特有のがんは特に心配など、本人の事情があれば特約を付けてもいいと考えます。
乳房再建などを選択するのは基本的には不要です。診断一時金を厚めにしておけばそのお金でまかなえます。しかし乳房再建など医療行為でなく美容整形にかかる費用を補てんできるので考慮してもよいと思います。

医療特約は付帯しますか?
がん保険も医療保険も加入後、新しい保険が出たら見直しすることが大切です。医療特約を付けるより医療保険に加入することが一番望ましいです。がん保険と医療保険は基本的に加入目的が違います。
がん保険はあくまでがん治療に特化した保険です。また医療特約の場合、途中でがん保険を辞める時や乗り換える時に一緒に消滅してしまうため、別にしたほうが良いでしょう。

先進医療特約はつけたほうがいいか?
先進医療というのは、まだ保険治療の対象でない治療方法のことです。がんの罹患率は非常に高いので、医療技術も常に進歩しています。
先進医療の場合、通常の保険が適用されません。そのため先進医療を受ける治療費はすべて自己負担になります。
まだ先進医療を受ける人が少ないのが現実です。その分先進医療特約も月々数百円と安価になっているため、万が一に備えて付加しておくとよいでしょう。

3大疾病関連の特約はつけたほうがいいのか?
3大疾病とはがん、急性心筋梗塞、脳卒中を指します。日本人の死亡の主な原因となる病気です。
3大疾病になると、ほかの病気に比して入院期間も長伸び、治療費も高額になります。ただ1つの保険には1つの目的で契約することを基本とされています。さらに3大疾病のうち、がん以外は60日ルールがあり保険料を受け取る可能性が低くなります。がん以外の基準が厳しいです。そのためオプションとしてつけるくらいであれば、最初から3大疾病保険に加入したほうがいいです。しかしがん保険に加入していて、ほかの保険に入っていなかったり、親族に心疾患、脳疾患にかかった人がいるというのであれば検討してみてもいいかもしれません。

そもそもがん保険に加入するのは何歳くらいから検討するのが妥当でしょうか?
女性のほうが30代までにがんになる可能性が高いので、早めの加入を検討したほうがいいかもしれません。男性の場合は年齢を重ねるごとに罹患率も高まってくるので、社会人になった時に検討するとよいでしょう。これには多様な意見があります。
がんの罹患率は男女50歳代くらいから増加し、高齢になると高くなっています。女性のほうは30代から、男性のほうは、り患しやすい年齢に合わせて、結婚した、子供が生まれた、住宅を購入したなど、がんにかかった場合の経済的リスクを考慮して、加入時期を検討するのが良いかと思われます。
がん保険の場合若ければ若いほど保険料が割安です。また自分を扶養してくれている家族への負担をかけたくなく、逆に扶養すべき家族がいる場合は若いうちに入っておくのもいいでしょう。がんにかかった場合、若いほど根治までの経済負担が大きくなります。
平均的には男性は40歳前後、女性は30歳前後が妥当のようです。
経済的にも余裕が生まれ将来についても考えるようになった時、加入を考えるのもいいと思います。確率的にはがんにかかりやすくなるこの年代にがん保険が必要なのは40代50代といえますが、年齢とともに保険料も上がるので。、若いうちから加入を検討するのも悪くないでしょう。

がん治療はいくらかかる?

がんは大きく分けて3種類に治療法があります。手術、抗がん剤治療、放射線治療で、この3つががんの3大治療法といいます
実際にはこれらの治療法とほかの方法も併せて治療が進んでいきます。

*手術*
内容、効果
がんになてしまった部分を手術で取り除く治療法です。放棄の発見された場合、がんがまだ小さく、転移などもしてないため諸術がより簡単で効果的です。
体の石灰や麻酔など患者に負担がかかることが手術の難点でしたが、近年、技術の進歩によって、内視鏡を使用することで切開はせず行える手術もあり、より負担の少ない手術の方法が増えています。
そのため手術による入院日数は減少傾向にあります。
費用
手術の費用は、術式やがんの部位によってかなり変わってきます。内視鏡を使った胃粘膜手術などは30万円程度ですが、胃や肝臓の一部を取り除く手術になると、140万程度かかります。そのためがん保険の手術給付金は、手術の種類におおじ、給付金額が変わるものがあります。

*抗がん剤治療*
内容、効果
手術ですべてが取り切れなかった場合や、手術後の再発防止のため使われています。
手術や放射線療法はがんになった部分だけに億なわれる局所療法なのに対して、抗がん剤は全身に効果があります。
発見できなかった転移なども治療できます。がんは細胞の異常な増殖であるといわれていますが、抗がん剤はそのメカニズムに作用して、がんが広がるのを防ぎ、がん細胞を破壊します。しかし正常な細胞にも作用するため副作用があり、それが問題です。
また効果が出るまで時間がかかり治療が長引き、費用もかかってしまいます。
費用
抗がん剤は、投薬と休止のサイクルを決めた治療方針に基づいて行われます。効果を見ながら定位放射線照射という方法で、サイクルを繰り返します。
この1つのサイクルが5~6週間ほどで、それを1コースと呼びます。1コースにかかる費用は、100万円が平均のようです。

*放射線治療*
内容、効果、
放射線でがん細胞を破壊するという治療法です。手術の変わる今次療法としても再発予防のためにも用いられています。

放射線治療は大きく分けて外部両方と内部療法という方法があります。照射方法によっては、がん周辺の正常な細胞にも放射線を浴びせてしまうことになりますが、放射線を浴びることそのものに痛みがなく、体への負担や副作用は少ないといえます。
費用
放射線治療の費用も、方法によって異なります。おおむね3センチ程度の小さな病巣に対して行われることの多い定位放射線照射の場合で、60万円程度となっています。

定位放射線照射は公的保険の範囲に入っている治療ですが、中には保険適用外のものもあります。これは先進医療と呼ばれるもので、まだ十分に検証されていないため、費用が自己負担となります。放射線治療のうち、重粒子線治療や陽子線治療などこれらの費用は300万円ほどかかるうえ、先進医療の治療には公的保険が使えません。こうした現状から、がん保険は特約で先進医療を受けた場合の保証があるので安心です。
*がんの治療にトータルでいくらかかるか?*
がんの治療の費用がいくらかかるかは、人によって個人差があるので一概にいくらとは言えません。しかし高額になることは確かであり、がんの治療は長期間になりがちだという点に注意しなければなりません。

手術や入院の日数が短くなってきているのが最近の傾向です。ですが、がんはそのあとも再発に注意して、抗がん剤治療を継続する場合が少なくありません。5年生存率という言葉が聞かれますが、がんの完治の目安は5年間再発しないことです。そのためには再発予防や検診などの通院の可能性があります。
がんは手術したら終わりというものではないことを知っておく必要があります。

がん補保険に加入する際の確認点

保険には様々なタイプがあります。加入前に十分法性内容を確認する必要があります。せっかく月々保険料を支払いながら肝心の時に対応してほしい保証がなかったということにもなりかねません。がん保険も同じです。そこで実際にがん保険に加入する際の注意点について述べたいと思います。

免責期間に注意する
生命保険の場合は契約して保険料を払い込んだと同時に保険が適用されます。
がん保険の場合は90日間の免責期間があります。もしこの期間にがんにかかってしまうと、がん保険自体が無効となります。

給付金がいつもらえるのか、何回もらえるのかに注意する
がん保険では、がん診断時にまとまったお金がもらえるという大きなメリットがあります。しかしがんにかかったにもかかわらず、給付金がもらえなかったというトラブルもあります。ですので、まずは診断給付金の支払い条件と回数を必ず確認しましょう。
診断給付金は、がん保険の中で一番高額な給付金です。診断されたときの1回しか受け取れないものがほとんどです。再発の際に受け取れる給付金もありますが、別の部位のがんでなくては駄目だったり、入院を前提に給付されるといった条件付きですので、確認が必要です。
また、がんが再発した場合、2回目以降となると2年以上経過してないと診断給付金が下りない場合がほとんどです。
また診断給付金が下りないパターンでは、上皮内新生物という初期状態のがんです。これは3年後の生存率が100%治る可能性がかなり高いがんなので、給付金が下りない場合もあります。これも加入時に確認が必要です。

保険は何のためにあるのか?

私たち一人一人、将来に起きるかもしれない様々なリスクを抱えて生きています。病気になって入院するかもしれないし、家族を残して死ぬかもしれません。また、事故で人を傷つけてしまうかもしれない。
そうしたリスクに対して個人で対応するのはどうしても限界があります。そこで「いざお金が必要だ」という人が現れたら、プールしておいたお金を使ってもらう。これが保険の基本的な考えです。参加する人が集まれば集まるほど、破たんしにくい保険を作ることができます。助け合う人数が増えれば増えるほど、寿命で死ぬにしても、病気になるとしても破産することにしても、全体から見れば{予想の範疇内」に収まるようになります。母数が大きくなればなるほど、より正確な{確立}を計算できます。
母数が大きくなるほど、よりせいかくな「確立」を計算できる。つまり予測できない事態が起きる比率が少なくなってきます。リスクに対してより効率的な助け合いのシステムを作ることができるのです。
ですから保険というものは、基本的に「払ったお金が必ず帰ってくる」ものではありません。保険料を支払うとがいうことは、サービスを購入しているわけではありませんし、投資をしているわけでもない。あくまでも、リスクに備えるためのものだということです。

まとめ

がん保険とはがんに特化した保険ですが様々な病気がある中でなぜがんだけを対象にした保険があるのでしょうか。2人に1人の罹患率、死亡率第一位、高額な先進医療費、これらの点が日本人にとって最も不安な病気といえます。一生涯のうちがんと診断される日知の割合は男性60%女性44%といわれています。ここで取り上げたアフラックのがん保険は基本保障が手厚く抗がん剤治療、通院治療などの最新の治療技術にも対応しています。女性特有のがんのための保険も用意されています。
ほかの保険会社の商品であれば、特約として、基本保障の保険料とは別に保険料を払わなければならず、それを考えるとアフラックのがん保険の保険料は高くないと思います。そして今年3月から新しい保険、がんを経験された方のためのがん保険,生きるためのがん保険、よりそうDaysが発売されました。これまでの保険ですと、がんに一度かかった経験の人ががん保険に加入することはできませんでしたのでこれは全く新しいアフラックの良い試みだと思います。こういった進んだ保険の在り方を打ち出すアフラックだからこそ、がん保険も医療保険も契約者数第一位というシェアが誇れるのだと思います。
アフラックのがん保険は、先にも述べましたが、基本保障の内容がほかの保険と比べてみると充実しています
通常は特約などのオプションを考えるとかなり大変です。アフラックの場合、基本保障の中に他社であれば特約の含まれる内容も備えていますから、とにかく安心です。あと専門家のサポートが受けられる点も心強いです。がん保険はアフラックがおすすめです。
しかし人個人個人生活パターンも考え方も違うと思います。その人にあった保険を選んでほしいと思います。
人生の上で何が起こるかわからないからこそ、保険を選ぶのは大切です。この記事が少しでも保険を選ぶ参考になればと思います。
保険を選ぶには、本人の家族や将来設計にかかわることです。よく考慮されて、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談してみるのもよいと思います。専門家に相談することで、客観的な立場からアドバイスを受けられますので、疑問点など解消でき、正しい保険選びにつながります。備えあれば憂いなしのことわざの通り、保険を選んで将来に備えることはとても人生の上で重要なことだと思います。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る