保険は任せてあるから大丈夫という錯覚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

保険営業をしていると、避けて通れないのが飛び込み営業です。

初めてお会いするお客様で、生命保険に入っていないという方と出会うのはとても稀です。
日本人は保険大好き民族。
実に9割の人が何かしらの生命保険に加入している時代です。

「親戚に保険会社に勤めている人がいるから任せているんだ。」
「付き合いでたくさん色んな会社の保険に入っているから、もうこれ以上払えないよ」
みなさんこんなことを言います。

考えてみてください。
この言葉を聞いてみると、生命保険は何のために入るのかということが、欠落しているのです。
「何の為に保険に加入したのですか?」と小一時間問い詰めたくなります。

万が一の時のために、自分や家族の経済的な安心のために入るのが生命保険です。
なのに、付き合いで言われるままに入っているのです。 まぁ必要なものだし、月々このぐらいの保険料ならいいか・・・そんな気持ちが存在しています。
こういう方に、加入している保険の内容を質問すると、あれ?どうだったっけな・・・?と曖昧な答えが返ってきます。もっと悪いと、内容は任せたから大丈夫だろうという、根拠のない自信を見せる人も出てきます。
よくわからないものに、決して安くない金額を毎月毎月支払い続けるのです。保険会社が縁故契約を勧める最大の理由です。こんなに会社から見ていいお客様はいません。
何度もお話ししたとおり、生命保険は加入する時ではなく、受け取る時が大切なのです。
どんな時にいくら受け取れるのかすら、知らない保険では何の役にも立ちません。
今の保険料はいつまで続くのか。今の保険金額はいつまで続くのか。保障は何歳まで続くのか。このぐらいは最低でも、覚えていたほうがいいでしょう。
全てとはいいませんが、ほとんどが保険料も保険金額も保障期間も変わったり、限りがあったりするものです。一生涯安心と思っていたけれど、途中で保障期間が終わってしまう内容だった。慌てて終身タイプに切り替えようとしたら、その時に何かしらの病気をしてしまっていたら、もうどうしようもありません。
こんなことにならないように、注意したいものです。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る