日本生命保険の評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いまやテレビCMやスポーツイベントでのスポンサーで同じみの日本生命保険について考えてみましょう。

nissei4

 

スポンサーという言葉から始まりましたが、多くの方が日本の生命保険会社のイメージを良く思っていないかたは少なくないと思います。私たちが支払った保険料をスポンサー料として支払って!テレビCMをこれだけやって、私たちの保険料でどれだけ儲けてるのよ!と思われている方も多いのでないでしょうか。街へ出ると日本生命ビルといわれるビルをしょっちゅう見ますね。これでは支払った保険料がどういう方法で使われているか疑いを持つのも仕方ありません。これは後ほど説明しますが、商業ビルを持つことは資産運用をしていることになります。

nissei3

 

毎日のようにテレビに大量のコマーシャルを流したり、スポーツのスポンサーになってる日本生命保険。ニッセイレディと言われているセールスウーマンに声をかけられた方は少なくないのではないでしょうか。毎年純利益一位に躍り出るのが日本生命です。売上高は日本一ではないのに利益は例年一位になる日本生命保険。売上は一番ではないのに、大きな利益が出ているのはなぜか、何か不思議ですよね。 保険を特集した雑誌や書籍などでは、「あえて複雑な商品にして、割高な保険料(掛け金)に気づかれないようにしている」などと書かれてしまうこともよくあります。実際に加入した方々の中でも、商品内容や営業方法への不満が非常に多いのが日本生命のセールスレディーのイメージです。日本生命保険が与えた影響による評判を基軸に考えていきたいと思います。「日本」という社名がつく会社だからこそ,

この会社の評判が良くない限りは、日本の生命保険全体のイメージも良くならないならないと思います。生命保険は素晴らしいものであることを皆様に理解してもらい最適な生命保険に出会いましょう。

冒頭に記載したセールスレディーとは保険の営業をしている外交員のことを言います。会社によって名称が色々あります。ソニー生命保険やプルデンシャル生命保険ではライフプランナーと呼ばれています。多くの会社ではセールスレディーと言われていますね。日本生命は会社名がわかりやすいニッセイレディーと言われます。日本の生命保険の評判が良くないと言われているのは、今までの日本生命保険の営業方法に問題があると感じています。押し売り商法とまでは言いませんが、契約者が納得をしていない状態で契約をするので押し売りというイメージが根付いてしまったのでしょう。まっとうにやっているセールスレディーもいますが、大半のセールスレディーのやりかたが、日本の生命保険の評判を落としています。

では、なぜ女性の営業ウーマンが多いのか。戦後までおさかのぼります。戦後多くの女性はなにになったかわかりますか。戦争で夫を亡くした、いうなれば「未亡人」です。生命保険は戦前からもありました。戦争により、夫を亡くした女性は情で保険契約を取っていきました。これはG.N.P商法の原点でもあります。GNPとは学生の時に「国内総生産」と習った記憶があるかたもいるのではにでしょうか。ニュース番組を見ていても良く出てくる単語です。保険業界でいうGNPは国内総生産ではありません。さて営業方法に問題があると申したのがここにあります。

G 義理

N 人情

P プレゼント

いかがでしょうか。生命保険の営業をされた時を思い出してください。思い当たる方もいるのではないでしょうか?

「お願い一本付き合いなさいよ!」、「うちは旦那を早く亡くしてねぇ。わかるわ奥さ~ん」、「アンケートに協力してくれたから、はいこれ」

更にアンケートに答えたら、次には保険プランを持ってこられた方もいませんか?アンケートの目的は生年月日の情報を得るためのものなのです。

そのあとは、一方的に考え方を押し付けられます。

「社会人なんだから保険の一本でも入らなきゃだめよ」

インターネット口コミサイト保険営業などでは下記のような声があります。

結婚を機に保険の見直しをしようと思い、ニッセイの担当にプランを考えてもらったが、 持ってきたプランが現状のプランの保障額を高く設定しただけのものだった。更に許せないところは、三大疾病の特約部分を65歳以上も継続すると、年に100万円近くも払い続けなければならないというところでした。

これについては、話を聞く側から質問しなければ全く触れることもなく、 質問をして返ってきた答えが「特約に関しては65歳で止めてしまえばいいのよ」という軽率な提案。 三大疾病にかかる可能性は65歳以上になると高まることはこちらは理解しているのに。こんなバカな保険会社の商品は即効で解約しました。

日本の生命保険会社の評判はあまり良い話はききませんが、「ダーク」な部分の代表が日本生命とも言われています。 更新型の保険を採用していて、生命保険とは年齢が高くなるにつれ保険料が高くなり、更に病気にかかる(健康ではなくなる)程、更新の度に保険料が高くなっていきます。継続していくと非常に高額な保険料を支払うことになってしまうのに、疾病などの確率が高まる60歳以降の保障は非常に脆弱な商品ばかりと言われています。以前前会社に出入りしていたセールスレディに勧められるままにニッセイの保険に加入していましたが、 自分で保険を勉強をするようになり、解約しました。

いかがですか?ほとんどの方が体験したのではないでしょうか?社会人になった後は、自分に万一のことが起きた時まで親に迷惑をかけてはいけないと思うので確かに間違えていないトークもありますがが、内容も理解していないものを売られても人は納得はしません。納得をしないうちに契約印を押されてしまう、ここが強引な営業とみられてしまい「保険は押し売り」とも言われてしまう原因です。

nissei2

但し、ニッセイレディーにも家族がいます。気持ちは分かるのですが、保険外交員の仕組みから理解しましょう。

生命保険外交員はほぼ自営業形態です。営業経費は自腹。会社からもらうお金は営業支援金といい給与ではありません。営業支援金は永遠にもらえるわけではなく、ある一定の期間で減っていくのです。給与はというと保険契約を獲得した時に生じるコミッションです。

販売する保険商品によってもコミッション率が違います。だからこそニッセイレディーはコミッション率の良い商品を売りたいのです。これでは日本生命保険評判が落ちるのも納得できます。では、どのようにすれば双方にメリットがでるのか。それは契約者自身が保険の知識を付けることだと考えます。

保障内容が複雑で割高!?日本生命の人気商品をチェック!

終身保険をベースした定期付終身保険が人気があります。 「ロングランみらいサポートEX」などきいたことがありませんか。
死亡したときの保障だけでなく、医療保険や定期保険の特約をプラスでき、その他にも3大疾病保険や介護保険など、いろいろな特約を付加できるオールインワン型商品です。 ライフステージやライフイベントに応じて、それぞれの保障の額を増やしたり減らしたりできて、ある程度まで自由な設計が可能になっているのも特徴です。 保障に対する保険料がやや割高なのもしかたないのかもしれません。
例:死亡、高度障害時の受取額=3000万円/入院給付金5000円ケース
※3000万円の内訳
・終身保険=100万円
・定期保険特約=1900万円
・3大疾病保障定期保険特約(ガンや3大疾病にかかった時)=500万円
・介護保障定期保険特約(公的介護保険制度の要介護3以上)=500万円
・入院保障:5000円/日(1入院124日/通算1095日)など

だいたい以上の内容で、 35歳男性;14702円/月(女性35歳;17282円/月)です。 ただし、パーツがやたら多くて自在にカスタマイズ可能なわけで、当然かなり複雑な構造の保険商品になっています。

また、特約の定期保険部分は更新のたび、ほぼ確実に保険料が上がっていきます。
ちなみに、2012年春から発売されたテレビコマーシャルでも聞いたことがある「みらいのカタチ」シリーズは、単品11種類の保険を自由に組み合わせて保障を組み上げる商品です。

三大疾病保障保険の部分

日本生命の三大疾病の気になる部分は、60日を待たずして手術で給付金のお支払いができる点は悪くないのではないでしょうか。(会社によっては即日払ってくれる会社もありますが)
そこに関しては私は自信を持ってご提案をしております。実際、経験則で申しますと、ご本人様の心身の傷みは程度ではないと思いますし、ご家族の立場でお考えになられてもお金がすぐに出ると言う安心感は如何ばかりかと存じます。保険料を一括払いされるおつもりでしょうか?首都圏では、三大疾病終身保険が解約返戻率が高めな為、一括払に人気はありますが、私は平準払が無難だと思います。あくまでも保険ですので、そのようなお金がある方は、一時払終身保険マイステージにお金を入れて頂き、確率は高いものの起きる時期がわからないものに投資をされるのは如何かと思います。私は三大疾病の更新期間を長くされるか、全期型で保険料を一定にして、終身型より安くなる分保険金を大きくされる方が三大疾病保険の機能が高まるかと思います。
また、各種保険は単品のバラバラ販売ができます。医療保険、終身保険、介護保険、身体障害保険全てバラバラ単品販売の商品です。加入翌月に足したい部分を足す事もできます。

日本生命の契約更新について、日本生命の職員はみんな平気でこんなプランを持ってくるんですか?

20年前に入った保険で更新が近いのですが、終身の部分だけ説明させてもらうとあと15年、月額3500円の支払い<総額63万>で終身500万の保険からあと41年、月額1600円の支払い<総額78万>で終身100万の保険に変更を勧められました。
他にもいろいろ付いている保険で、入院日額が倍になるのに支払額がこのまま更新よりも安いですよということで持ってきたのですが、終身の支払い期間がこんなに伸びることや支払い総額が増えることの説明はありませんでした。
安い掛け捨て保険の部分でしばらくの間の死亡保障の総額は変わらないので、一見死亡保障の額は変わらず入院日額も増えて少し安くなるということで、職員の方を信頼している人は言われるがままにハンコを押してしまいますが、実はとても損。今時こんなに利回りのいい保険なんてないですよね。
日本生命の職員はみんなこんな損なプランを平気で持ってくるのでしょうか?

職員の持ってきたプランだと今解約したらもらえる73万がなくなります。
職員の持ってきたプランだと、普通にそのまま更新するよりも職員の成績が上がるなどの会社だけでなく職員にもおいしい話
でもあるのでしょうか?もし知ってる方がいれば教えてほしいです。普通給料が同じか少しのメリットなら相手の損になることはしないと思うのですが・・・

これは前記しましたが営業員の成績に関係します。
普通に新規契約を取るのと、ほとんど同じ成績で お給料にも反映するのです。

それに比べて、ただの更新手続きでは 成績にはなりません。
お客様が、今入ってる保険を減額したいとか、解約したいとかとなると マイナスの成績が付くので、すぐにやってくれない場合が多いです。ゴネたりして・・・。

これが又、日本生命保険評判を落としている影響だと思います。

しかしそれに遠慮する必要は無いと思います。まずは知識を付けることが強いですが、保険は金融商品で複雑です。
何と言っても契約者はあなたなのですから 契約者の意向が優先されるべきです。
成績度外視で、お客様のために成績にならない手続きを喜んで引き受けてくれる営業員は稀だと思います。

ニッセイのみらいのカタチってどうですか?

nissei5

 現在は、生きるチカラに加入していて、月は約6000円です。
みらいのカタチは
死亡保障600万(終身)
特約は通常5000円の女性特定疾病で10000円、62日型。

現在の保険は、がん入院特約以外はすべて更新型です。
私は現在34歳で、更新が40歳から55歳に設定されていました。
生きるチカラをそのまま続けておくのも良いのかもと思いつつも、入院が五日目からなのが 少し不安でした。
みらいのカタチをすすめられて、悩むところは、保険料の高さ。
14000円くらいになるので、今の二倍です。

保険のおばさまには、返事を急かされています。
みらいのカタチって実際どうなんでしょうか?
同じような保険内容で、もっとわかり易くて賢い保険のかけかたがあれば、是非教えて下さい!

①みらいのカタチは、今までの特約と違い、一つ一つの保険なんです。コマーシャルで、組・み・合・わ・せ と言っているのは、この事です。
②滝川クリステルの言っている、「お支払いを大切に…」は、三大疾病の特長です。
子宮癌の8割は子宮けい癌です。子宮けい癌の4割は上皮内癌です。よって、20才~30才代の子宮癌多発世代には、上皮内癌で三大疾病の10%をお支払い、その後浸潤性の癌になられたら保険金の100%を受け取れます。また、急性心筋梗塞や脳卒中は、60日を待たずして手術をされた時点でご請求ができます。こちらの知恵袋でも、この60日要件に対しての契約者と保険会社の解釈の違いが、よく質問の対象になっていますね。
③高度障害もよく質問される内容ですが、高度障害は認定が非常に厳しいです。これをなくして、身体障害手帳の1~3級で支払われる身体障害保険が発売されています。因みに、毎月身体障害になる人は約1000人です。
④公的介護保険は、40才以降保険料を支払っても、交通事故には使えません。介護は2級でお支払いです。2級にした事で介護保険の適用される方の80%をカバーしています。
⑤一つ一つの保険を指定年齢と言う新しい考え方で設計できます。これは、一旦支払いが終わる年齢です。この指定年齢時に、払い込み免除特約が付加されていなければ、医師の診察や告知書類が不要で終身に変える事もできます。これは、更新時も同じように更新→終身 に変更可能です。
⑥指定年齢までの全期間の保障と更新と終身の組み合わせが可能です。
※医療特約が1日目~に変更だけをご希望ならば、【特約変更】がお勧めです。癌に掛かり、払い込み免除になられていらっしゃる方でも変更できます。若干、保障内容が縮小しますが、手術が1000種類になります。公的医療保険制度に連動している為、厚生労働省の認定手術が増えると支払い手術も自動的に増える仕組みです。

さていかがでしょうか、代表商品の声をもとに商品自体は特に問題がないと思います。しかし最適な提案をしないセールスレディーのやりかたが与える影響が大きいと認識できます。

生命保険の仕組みを理解していない人ほど保険屋は詐欺と言う人がいます。

保険のセールスマンの話を聞くこと自体を懸念してしまう人は少なくないのではないでしょうか。

保険の支払は無駄と思っている人は、自分に万一のことが起きなかった時にはお金をもらえないので捨て銭と思ったことがある方は是非この記事を読んでください。

まず理解していただきたいのは、保険会社はどこの省庁が管轄しているかです。

・郵政省

・金融庁

・国土交通省

・経済産業省

・農林水産省

などいくつかの省庁が思い浮かんだと思います。実は生命保険会社も損害保険会も金融庁が管轄しています。これってどういうことかといいますと、保険会社は銀行と同じで、皆様から預かった保険の掛け金を使って投資をしたり、つまり資金運用をしています。

「生命保険」と「「共済」とは全く違います。「共済に入っているから保険はいらない」と思っている方も是非保険のことを知ってください。共済はともに助け合う考え方で、つまり皆様からあずかったお金を分担して保障にあてます。保険とは金融商品であり、皆様からの掛け金を運用して増やしたりして、解約返戻金や利子に当てているのです。終身保険などの長期的な保険は、公共設備やインフラなどを建設する時にも資金提供されているんです。一時期話題になったNHKドラマの「ハゲタカ」でも融資を募る際に柴田恭兵が保険会社にお願いするシーンもあります。保険会社は銀行やファンドと同じビジネスをしているのです。ただたんに皆様からいただいた保険料をただ分担して支払っているわけではないです。まずはここを理解しましょう。

C

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る