日本生命保険の評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうでしょう。支払った保険料が無駄にはならないという考え方に少しでもなったでしょうか。

保険を知ればお金を貯められる まずは興味を持とう

まずは保険に興味を持ってもらいたいと思います。

みなさんはGNPという言葉を知っているでしょうか。

普通は国内総生産を想像しますね。実は保険業界では義理、人情、プレゼントと言われています。保険の特徴や仕組みをお客様へ理解をさせることなく、義理、人情、プレゼントで売ってきた時代が長く続いてきました。「保険の営業はしつこいから嫌だ」、「押し売りだから嫌だ」というイメージはここからついたのかもしれませんね。

もし、同じことを思ったことがある方は、保険にはお金を貯められる仕組みがあることを理解してください。そのためにまずは興味を持ってください。

生命保険には皆様も聞いたことがあると思いますが、掛け捨てと貯蓄型があります。

掛け捨てとは、簡単に言うと万一のことが起きなかった時は保険金が支払われないので、支払ったお金は返ってこないということで掛け捨てと呼ばれています。

カケステ=掛け金で高い保障を受けられます。

逆に貯蓄型とは、預かった保険料を運用したりして、お金を増やす努力を保険会社がして、利回り、配当、解約返戻金に回される保険です。さて解約返戻金という言葉が出てきました。これは貯蓄型死亡保障保険の重要なポイントになりますので説明します。

銀行に預金としてお金を預けている人はたくさんいると思います。銀行の預金は預けたお金がそのまま残高として残りますね。もちろん若干ですが利子がついて預金へ足される場合もあります。ネガティブな表現をすれば預けたお金しかおろすことが出来ないということです。預金が50万円の人が、急遽お葬式の費用で200万円必要になったからといっても50万円しか下ろすことができないのです。死亡者の名義の銀行口座は凍結されてしまいますので、お金をおろすことすら出来ない場合もあります。

貯蓄型死亡保障保険とは何かといいますと、支払った(預けたお金)が支払った分の解約返戻金(最終的には受取人へ戻ってくるお金)が年数とともに貯まっていきます。ただし、ある時までは支払った額よりも解約返戻金の額が小さいときがあります。その代わりに、万一のことが起きてお葬式代で200万円が必要になったときには、保険料の合計支払額が200万円に至ってなくても保障として200万円が受け取れるのです。(200万円の死亡保障の契約だとして)

ここでお金を運用している保険会社のビジネスが生きてきます。皆様から預かったお金は資金運用に回されているわけですから、そのお金を皆様に還元するのです。解約返戻金とは数学である年数を超えると支払った合計保険料よりも、解約返戻金が上回る時が来ます。(契約時の年齢や、保険内容によっては至らない場合もある)

解約返戻金とは名前の通り解約した時に戻ってくるお金なので、支払満期になった時や保険が必要でなくなった時に解約する時しかお金を受け取れないと思っていませんか?

実は、解約返戻金には返さなくても良い借金が出来るのです。

これを契約者貸付といいます。貯まっている解約返戻金の一部を受け取るとその分、最終的な解約返戻金は減額しますが、もちろん返しさえすれば解約返戻金の計算式ももとに戻ります。

これってすごくないですか?困った時にお金を借りられて、しかも返したい時に返せて、しかも返さなくても担保をおさえられることがない。少しは保険に興味も持っていただけましたでしょうか。

解約返戻金と契約者貸付という言葉を覚えておきましょう。

生命保険は死ぬときだけのためのものではない。多くの方に知ってもらいたい

解約返戻金から自分自身で返さなくていい借金を出来る契約者貸付。よくドラマや映画でお金に困ったから死んで生命保険で返すというシーンやセリフで固定概念が世の中に浸透している気がしませんか?

「えっ?どういうこと?」と思った方。自分の生命保険から自分がお金を受け取れる仕組みをうまく使いましょう。

中小企業の社長さんで、会社の運転資金が必要になったので銀行へ融資をお願いをする方は少なくないと思います。金利を取られて期日までのお金を返さないと倒産してしまう。財産が差し押さえられてしまうという大きなプレッシャーを感じている方は少なくないのではないでしょうか。勿論すでに保険から手をつけている方もいることは理解していますが、あらためて書きます。

まず資金が急遽必要になった場合は、ご自身の生命保険の解約返戻金の内から契約者貸付がいくらできるかをまずは確認してみてください。初めての少額の融資をお願いしたことから返済に追われて会社が火の車になることを防ぐことが出来るかもしれません。

さて、はじめにドラマのシーンの話題から入りましたが、若い方でも知っておけば役に立つ使い方です。消費者金融の無人契約機が世の中に増えて、手軽にお金を借りることができるようになりました。一社から借りて、次は違う会社から借りて、借金の返済に追いつかなくなった時、命を落として生命保険から返すという発想を一番目にするようにテレビでイメージづけされていますが、あれは演出です。まずは、生命保険を使っていくら解約返戻金から契約者貸付をいくら受け取れるかを知ることを一番目にしてください。

多くの方が知っておくことで救われる方がたくさん出てくるのではないかと思います。

さて、この契約者貸付ですが、借金などマイナスイメージばかりではありません。名前が契約者貸付なので借金が頭に浮かびますが、お子様がいらっしゃるかたは学資保険の入学時期のお祝い金支給など思い当りませんか?

これはこの契約者貸付制度を活用したアイデア商品なのです。

必要な時に必要な額を受け取る=溜まっていく解約返戻金から契約者貸付で受け取ったお金=お祝い金

卒業と同時(満期時)にお祝い金=残った解約返戻金

よく考えられた商品ですね。実は気づかないところで契約者貸付をしていたのです。

貯金・預金は贅沢 保険は必要品

お金を沢山貯めるとかかってくるのが税金です。マイナンバー制度がはじまり預金口座と個人情報との照合ができるようになります。世の中タンス預金が増えているとテレビでも話題になっていますね。

でもタンス預金ってすぐ手元にお金があるのですぐに使ってしまいそうですし、空き巣なんかに入られて金庫ごと盗まれてしまったりとリスクも大きいですね。

お金を手元に出しやすい順序

1位 タンス預金

2位 銀行預金

3位 生命保険

と上記のように生命保険なら無駄にお金をおろすことも少なくなりためやすいですね。しかも保険の解約返戻金や保険金には税金がかかりません。考え方ですが預金は余ったお金を貯めておく、保険は必要な時に必要なお金であると定義されています。よって預金は贅沢金、保険は必要経費なのです。

ただし保険に加入するには健康であることが重要です。健康でないとその分掛け金が高くなります。保険会社はリスクを計算して保障に当てていますので、もし保険料を初回に一括払いで全額支払ってしまえば、保険会社としてもリスクは少なく、貯蓄と近い目的で保険をうまく活用することができます。

相続税対策にも大変有効です。親の資産がを相続するときには大きな相続税が課せられます。しかし資産を生命保険の保険金で受け取る方法を取れば相続性を回避することができます。

あなたがたが生命保険外交員から営業されたら、上記のような機能を持ち合わせた保険だったら入りた!とお願いをしてみてください。

優秀でお客思いの営業ウーマンであれば持ち帰って、営業所長クラスを同席してくれることもあります。

但し、大半の場合が一方的に考えを押し付けてきて契約を勧めてきます。その場合はきっぱりと断ってください。

日本生命保険評判自体が悪くなるのは、セールスレディーのみならず、契約者側も無知なまま、内容も理解していないままただ保険に入っていることで、無関心になることも良くないのです。

生命保険とは健康で生きている時にも、病気で生きている時にも、死んだ時にも、死んだ後の残された家族のためにも、常に関わる買い物なのです。

昨今は外資系保険会社の進出により、保険の考え方が変わり始め営業方法も変わってきました。ただし、今までの日本生命保険業界の営業のイメージが長年与えた印象はまだ広く浸透しています。

是非一度、生命保険に興味を持っていただき、日本生命保険の評判を良くしていきましょう。それが、あなたにも、家族にとっても幸せにつながるのです。

 

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る