アフラックがん保険の疑問を一発解決!これさえ知っていれば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

愛らしいアヒルのキャラクターで認知度の高いアフラックですが、実は日本で初めて「がん保険」を発売した保険会社であることを、ご存知の方はそう多くはないでしょう。

そんなアフラックは、「がん保険」において、14年連続で契約件数第1位を獲得し続けている、日本屈指の「がん保険」取り扱い企業なのです。

そこで今回は、これからアフラックのがん保険を検討されている方、すでに契約中の方を対象に、アフラックが提供している全てのがん保険の特徴から保険料、各種手続きなどに関する様々な情報を集約し、疑問点を分かり易く解決していきたいと思います。

目次

1.アフラックとは
1.1沿革
1.2企業情報
1.3対外的評価
1.4保有契約数

2.アフラックがん保険とは
2.1がんを知ろう
2.2商品ラインナップ

3.新 生きるためのがん保険Days
3.11POINT
3.2保険料

4.新 生きるためのがん保険レディースDays
4.1POINT
4.2保険料

5.生きるためのがん保険寄りそうDays
5.1POINT
5.2保険料

6.告知のガイドライン
6.1告知義務
6.2告知の受領権
6.3告知義務違反
6.4傷病歴ありの引受制度
6.5解約/減額を前提とした新契約と転換契約
6.6その他の注意点
6.7告知に関する問い合わせ

7.生命保険料控除の方法
7.1インターネットでの手続き
7.2電話での手続き

8.給付金/保険金の受取可否
8.1対象疾病の場合
8.2責任開始日以前にがんと判断された場合
8.3給付金支払条件

9.給付金/保険金の請求方法
9.1各種手続き方法
9.2解約返戻金について

10.まとめ

1.アフラックとは

冒頭でも申し上げた通り、アヒルをメインキャラクターに据え、様々なメディアで見かけるアフラックですが、一体どのような企業なのでしょうか。

そこで、アフラックのがん保険を紐解く前に、企業そのものの情報から押さえてまいりましょう。

 

 

Aflac

 

近年台頭してきたイメージが強いアフラックですが、実はその創始から既に43年が経過している、安定企業なのです。

私たち一般人にはアフラックと呼ばれていますが、これは実は略称で、正式な企業名称は下記になります。

American Family Life Assurance Company of Columbus
アメリカン ファミリー ライフ アシュアランス カンパニー オブ コロンバス

 

1.1沿革

それではアフラックのここまでの歩みを、見てまいりましょう。

 

1974年 日本での営業を開始し、日本国内初の「がん保険」を発表。
1978年 「新がん保険」を発売。
1983年
交易財団法人全国法人会総連合の福利厚生制度として、がん保険集団取扱協定を締結。
1985年 世界初の「痴呆介護保険」を発売。
1990年 「スーパーがん保険」を発売。
1995年 「公益信託アフラックがん遺児奨学基金を設立。
1998年 全都道府県での支社設置を完了。
2000年 「21世紀がん保険」「新・健康応援団MAX」を発売。
2001年 「アフラックペアレンツハウス亀戸」をオープン。
2002年
「一生いっしょの利用保険EVER」「一生やさしい介護保険 介護MASTER」を発売。
2003年 個人保険(個人年金保険を除く)の保有契約件数が業界第一位になる。
2004年 個人保険・個人年金保険合計の保有契約件数が業界第一位になる。
2004年 アフラックペアレンツハウス浅草橋」をオープン。
2005年 新たなブランドマークを採用、ブランドプロミスを策定。
2005年
第9回「Asia Insurance Industry Award」で、「年間愛優秀生命保険会社賞」を受賞。
2005年 第2回「朝日 企業市民賞」を受賞。
2006年 「未来の自分が決める保険 WAYS」を発売。
2007年 次世代育成支援企業としての認定(くるみん)を取得。
2007年 「健康に不安がある人も入りやすい医療保険 やさしいEVER」を発売。
2007年 「アフラックのがん保険f(フォルテ)」を発売。
2008年 「ご契約者のためのがん保険f(フォルテ)」を発売。
2008年
郵便局株式会社(現 日本郵便株式会社)との業務提携(がん保険)を開始。
2009年
「アフラックの夢みるこどもの学資保険」「家族に毎月届く生命保険 GIFT」を発売。
2009年 「もっと頼れる医療保険 新EVER」を発売。
2009年 個人保険・個人年金保険合計の保有契約件数が2,000万件を突破
2010年 「アフラックペアレンツハウス大阪」がオープン。
2010年
「健康に不安がある人も入りやすい医療保険 新やさしいEVER」を発売。
2010年
苦情対応に関国際規格「ISO10002」への適合を宣言。全47都道府県とのがん対策推進に関提携が完了。
2010年 第8回「企業フィランソロピー大賞」を受賞
2011年
「生きるためのがん保険Days」「生きるためのがん保険Daysプラス」を発売
2011年
東日本大震災への復興支援プロジェクト「“We Are One Family”活動」を開始(2012年12月まで継続実施)
2011年 がん保険による給付金等の累計支払額が5兆円に到達
2011年 「アフラックFacebookページ」を開設
2012年 「もっと頼れる医療保険 新EVER」をリニューアル発売
2012年
「健康に不安がある人も入りやすい医療保険 もっとやさしいEVER」を発売
2012年
独立行政法人「国立がん研究センター」とがん情報の普及啓発に関協定を締結
2013年 公益財団法人「がん研究会」とがん情報の普及啓発に関協定を締結
2013年 日本郵政株式会社との業務提携(がん保険)を開始
2013年 「ちゃんと応える医療保険EVER」を発売
2013年 「アフラック小児がん経験者・がん遺児奨学金制度」を設立
2014年 大同生命保険株式会社との業務提携(がん保険)を開始
2014年 株式会社かんぽ生命での販売(がん保険)を開始
2014年
「新 生きるためのがん保険Days」「新 生きるためのがん保険Daysプラス」を発売

 

企業としての社会への貢献も含め、アフラックが精力的にその活動を行ってきたのが、おわかりいただけるかと思います。

 

 

 

 

1.2企業情報

それではここで、企業概要も押さえておきましょう。

 

社員数 4,463名(2016年3月末)
うち男子2,295名 女子2,168名
平均年齢 38.2歳(2016年3月末)
営業拠点数 88営業部・支社(2016年3月末)
アソシエイツ* 13,247店(2016年3月末)

  • *アフラック販売代理店 うち提携金融機関370
資産状況 総資産:10兆7,755億円(2016年3月末)
負債状況 保険契約準備金:9兆9,735億円(2016年3月末)
資本状況 純資産の部合計:6,090億円(2016年3月末)
収支状況 保険料等収入:1兆5,333億円(2016年3月期)
保険金等支払金:7,306億円(2016年3月期)
契約状況 新契約件数*:164万件(2016年3月期)
保有契約件数*:2,378万件(2016年3月末)

  • 個人保険・個人年金保険の合計
健全性に関する指標 ソルベンシー・マージン比率:848.2%(2016年3月末)
実質純資産額:2兆4,821億円(2016年3月末)
基礎利益:2,602億円(2016年3月期)
保険財務力格付け:A+(スタンダード&プアーズ/2016年5月現在)

アフラック コーポレートデータ

 

このように、アフラックはただ単にCMで認知を得ているのではなく、数多くの実績が裏付けとなり、現在の保険業界の先駆者かつ優良企業へと、成長を遂げたのです。

 

 

 

 

1.3対外的評価

そうは言っても、大切な資産を預ける以上、しっかりとした基準が必要です。

そこで対外的評価も、見てまいりましょう。

 

保険財務力の格付け
ムーディーズ・インベスターズ・サービスAa3 (2016年5月26日現在)
スタンダード&プアーズ(S&P)A+ (2016年3月末)
ソルベンシー・マージン比率 848.2% (2016年3月期)
基礎利益 2,602億円 (2016年3月期)

 

保険業界の財務健全性を数値化したものが、ソルベンジーマージン比率です。

 

ソルベンシー(Solvency)=負債等に対する支払い能力
マージン(Margin)=(時間・経費等の)余裕・余地

 

予期せぬ事態に陥った時、そのリスクにどれほど対応できるかの判断基準として利用され、行政指導においては200%以上とされています。

通常400%以上であれば健全企業と判断されますが、アフラックにいたっては848.2%と、群を抜いた数値となっているので、資産の預け先としては安全である事が明確化されています。

 

 

 

 

1.4保有契約数

それでは次に、業界ナンバー1と称される、アフラックの保険契約保有数も、併せて確認してみましょう。

 

保有契約件数

(個人保険・個人年金保険の合計)

2,378万件 (2016年3月末)
保険金・年金・給付金のお支払い金額 4,871億円 (2016年3月期)
がん保険によるお支払い金額 1営業日あたり平均 12.4億円 (2016年3月期)

併せて、支払実績も確認してみましょう。

 

 

 

 

その契保険金支払い件数は、実に1,209,016件にも上る、人気保険企業であることが、ご理解頂けるかと思います。

 

 

2.アフラックがん保険とは

それではこの章からは、実際のアフラックのがん保険の情報に、迫ってまいりましょう。

 

 

 

 

2.1がんを知ろう

がん保険に加入する際に知っていただきたいことが、がんそのものついてです。

下記はがんに関する情報を、簡潔にまとめたイメージ図です。

 

 

 

 

ご覧いただくとおわかりのように、男性/女性共に、おおよそ2人に1人がその生涯の中でがんと診断されていると言われています。

がん研究振興団体の統計データによると男女別の発症率は、下記のようになります。

 

男性 女性
61.8% 46.0%

 

とても楽観視出来る数値ではなく、むしろ生涯においてかなり身近であり、治療費などに関する備えをしておくべき疾病だと言えるでしょう。

 

 

 

 

2.2商品ラインナップ

前章でお伝えしたがんに向けたアフラックの商品は、下記の3種となっています。

 

新 生きるためのがん保険Days

新 生きるためのがん保険Days

新 生きるためのがん保険レディースDays

新 生きるためのがん保険レディースDays

生きるためのがん保険寄りそうDays

生きるためのがん保険 寄りそうDays

 

そこで次章より、それぞれの特徴や具体的な保険料などを、見てまいりましょう。

 

 

3.新 生きるためのがん保険Days

がん保険契約件数NO.1を誇っているのが、「新 生きるためのDays」です。

 

 

それでは、具体的な特徴などを見てまいりましょう。

 

3.1POINT

まずは簡略的に主契約内容をまとめた、下記をご覧ください。

 

 

 

 

契約内容詳細は、下記になります。

 

 

 

 

各社が展開するがん保険同様に、契約から3ヵ月間は「待期期間」とされていますので、その期間は保障対象外となりますが、かなり手厚い基本保障がなされています。

 

診断/入院/通院 診断給付金
入院給付金
通院給付金
三大治療 手術治療給付金
放射線治療給付金
抗がん剤治療給付金

 

また、「もう少し手厚くがんに備えておきたい」と言う方向けに、下記オプションが用意されています。

 

 

 

 

こちらの商品の大きなPOINTとしては、下記が挙げられます。

 

POINT1
初めてがん(悪性新生物)/上皮内新生物と確定診断がなされた場合、一時金として100万円(がん)/10万円(上皮内新生物)が受け取れます。
*Aプラン入院給付日額1万円/Bプランの場合

 

この給付金により、下記のようにフレキシブルな用途に対応できるので、とても頼もしい存在です。

 

 

 

 

POINT2

がんの三大治療である「手術/放射線治療/抗がん剤」を受けた場合、通院治療でも手厚い治療保障がなされています。

 

 

 

 

POINT3
POINT2でご紹介した「三大治療」に関する通院に関して、日数無制限で保障が得られます。

 

 

 

 

医療の発達で、日帰り手術や通院治療が増えてきた近年、入院しなければ保険金給付が受けられないと言うのは、非常に困ります。

そんなユーザーニーズに応えたのが、通院治療日数無制限と言う、非常に助けになる保障なのです。

 

POINT4
医療技術の進歩により、「セカンドオピニオン」と言う言葉がすっかり定着し、患者の意向や希望する治療法を得る為に、複数の医療機関で、その治療法を探す方が増えています。

アフラックのがん保険では、そんなセカンドオピニオンを支えるべく、専門医の紹介が受けられるようになっています。

 

 

 

 

3.2保険料

それではここで、最も気になる保険料を見てまいりましょう。

 

下記はプランごと、契約年齢ごとの男性の保険料一覧です。

 

契約日の満年齢 20歳 30歳 40歳 50歳 60歳
Aプラン
入院給付日額1万円
*抗がん剤治療特約含む
保険料払込タイプ
定額 ¥2,050 ¥2,870 ¥4,310 ¥6,990 ¥11,600
65歳半額 ¥2,160 ¥3,060 ¥4,800 ¥8,410 ¥16,630
60歳半額 ¥2,200 ¥3,140 ¥5,060 ¥9,370
65歳払い済み ¥2,590 ¥3,880 ¥6,110 ¥11,650
60歳払い済み ¥2,890 ¥4,360 ¥7,360 ¥16,460
10年払い済み ¥10,850 ¥12,230 ¥14,020 ¥16,460 ¥19,460
Bプラン
入院給付日額5千円
*抗がん剤特約含む
保険料払込タイプ
定額 ¥1,360 ¥1,930 ¥2,895 ¥4,640 ¥7,530
65歳半額 ¥1,430 ¥2,060 ¥3,240 ¥5,635 ¥11,045
60歳半額 ¥1,460 ¥2,110 ¥3,420 ¥6,295
65歳払い済み ¥1,725 ¥2,615 ¥4,120 ¥7,830
60歳払い済み ¥1,930 ¥2,940 ¥4,975 ¥11,130
10年払い済み ¥7,365 ¥8,335 ¥9,555 ¥11,130 ¥12,900
がん先進医療特約
保険期間10年
保険料払込タイプ
定額 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
65歳半額 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
60歳半額 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
65歳払い済み ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
60歳払い済み ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
10年払い済み ¥79 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
診断給付金複数回支払特約
保険期間終身
特約診断給付金額100万円
保険料払込タイプ
定額 ¥350 ¥480 ¥710 ¥1,080 ¥1,660
65歳半額 ¥380 ¥540 ¥800 ¥1,340 ¥2,660
60歳半額 ¥400 ¥560 ¥840 ¥1,500
65歳払い済み ¥450 ¥670 ¥1,030 ¥1,940
60歳払い済み ¥510 ¥780 ¥1,280 ¥2,890
10年払い済み ¥2,020 ¥2,260 ¥2,540 ¥2,890 ¥3,160

 

 

 

 

 

下記はプランごと、契約年齢ごとの女性の保険料一覧です。

 

契約日の満年齢 20歳 30歳 40歳 50歳 60歳
Aプラン
入院給付日額1万円
*抗がん剤治療特約含む
保険料払込タイプ
定額 ¥2,200 ¥3,120 ¥4,640 ¥6,010 ¥7,350
65歳半額 ¥2,330 ¥3,370 ¥5,130 ¥7,200 ¥10,570
60歳半額 ¥2,350 ¥3,470 ¥5,370 ¥7,860
65歳払い済み ¥2,750 ¥4,150 ¥6,420 ¥10,170
60歳払い済み ¥3,020 ¥4,560 ¥7,440 ¥13,940
10年払い済み ¥10,210 ¥11,530 ¥13,160 ¥13,940 ¥13,900
Bプラン
入院給付日額5千円
*抗がん剤特約含む
保険料払込タイプ
定額 ¥1,420 ¥2,005 ¥2,920 ¥3,755 ¥4,620
65歳半額 ¥1,495 ¥2,165 ¥3,255 ¥4,570 ¥6,825
60歳半額 ¥1,515 ¥2,235 ¥3,425 ¥5,010
65歳払い済み ¥1,780 ¥2,690 ¥4,110 ¥6,540
60歳払い済み ¥1,960 ¥2,965 ¥4,800 ¥9,080
10年払い済み ¥6,785 ¥7,655 ¥8,650 ¥9,080 ¥9,015
がん先進医療特約
保険期間10年
保険料払込タイプ
定額 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
65歳半額 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
60歳半額 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
65歳払い済み ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
60歳払い済み ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
10年払い済み ¥79 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
診断給付金複数回支払特約
保険期間終身
特約診断給付金額100万円
保険料払込タイプ
定額 ¥350 ¥480 ¥660 ¥880 ¥1,140
65歳半額 ¥380 ¥520 ¥740 ¥1,120 ¥1,900
60歳半額 ¥400 ¥540 ¥800 ¥1,260
65歳払い済み ¥470 ¥670 ¥990 ¥1,690
60歳払い済み ¥510 ¥760 ¥1,220 ¥2,540
10年払い済み ¥1,960 ¥2,150 ¥2,370 ¥2,540 ¥2,500

 

ここで参考として、同じような商品内容を展開している他社商品と比較してみましょう。

 

引受保険会社 アフラック 三井住友海上あいおい生命 東京海上日動あんしん生命 ライフネット生命 メットライフ生命
商品名 新生きるためのがん保険Days 新ガン保険α がん治療支援保険NEO ダブルエール ガン保険 ガードエックス
プラン名 Aプラン/入院日額1万円/定額タイプ/解約払戻金なし(個別取扱)
掲載プラン(12件)表示
基本プラン
/日額10,000円プラン/終身払
掲載プラン(12件)表示
基本プラン/終身タイプ/Gタイプ
掲載プラン(4件)表示
A型(がん診断一時金100万円)
掲載プラン(15件)表示
基本タイプ
100万円コース
TBプラン
掲載プラン(15件)表示
月払保険料 2,870円 2,948円 3,105円 1,209円 2,328円
申込方法 通販/ 対面 通販/ 対面 通販/ 対面 ネット 通販
対面
ネット
詳細 保険会社商品ページへ 保険会社商品ページへ 保険会社商品ページへ 保険会社商品ページへ 保険会社商品ページへ
保険期間 終身/抗がん剤治療特約は10年更新 終身 終身 終身 終身(ガン先進医療給付特約(2013)は10年更新)
保険料払込期間 終身払/抗がん剤治療特約は10年更新 終身払 終身払 終身払 終身払(ガン先進医療給付特約(2013)は10年更新)
悪性新生物
がん診断給付金
(一時金)
100万円 100万円 100万円 100万円
がん診断給付金
(一時金)の回数
1回のみ ガンと診断確定されたとき(再発による入院も含む) 回数無制限
2年に1回を限度
1回のみ
上皮内新生物
がん診断給付金
(一時金)
10万円 100万円 100万円 50万円
がん診断給付金
(一時金)の回数
1回のみ ガンと診断確定されたとき(再発による入院も含む) 保険期間を通じて1回限り 1回のみ
がん入院給付金
日額 10,000円 10,000円(日帰り入院から入院5日目まで一律50,000円) 10,000円
支払いの対象 日帰り入院から 日帰り入院から 日帰り入院から
1入院限度日数 無制限 無制限 無制限
通算支払
限度日数
無制限 無制限 無制限
入院一時金
退院一時金
がん手術給付金 20万円 20万円 20万円
がん放射線治療給付金 20万円 20万円
がん通院給付金日額 10,000円 10,000円 5,000円
抗がん剤治療/
化学療法給付金
抗がん剤治療 10万円(乳がん・前立腺がんのホルモン療法のとき5万円)
緩和療養給付金
がん先進医療 2,000万円限度(終身) 先進医療にかかる技術料と同額(通算最高2,000万円まで)/先進医療にかかる技術料相当額の20%/10年更新
プランに含まれている
特約・特則
手術・放射線治療特約、抗がん剤治療特約 ガン先進医療特約α、ガン診断給付特約α 悪性新生物保険料払込免除特則、がん手術特約、がん通院特約 終身ガン保険料払込免除特約(2013)、ガン先進医療給付特約(2013)、終身ホルモン剤治療給付特約、終身ガン通院サポート給付特約
備考 ※保険契約の責任開始期は保険期間の始期から91日目となります。 支払事由に該当するたびに
・悪性新生物治療給付金:100万円※1年に1回を限度に通算5回まで保障
・上皮内新生物治療給付金:50万円※1年に1回を限度に通算5回まで保障
・ホルモン剤治療給付金:10万円※1年に1回を限度に通算10回まで保障
引受条件▲
加入年齢 0歳~85歳 0歳~75歳 0歳~75歳 20歳~70歳 満18歳~80歳
性別 男性/女性 男性/女性 男性/女性 男性/女性 男性/女性
保険料の払方 月払/半年払/年払 月払/半年払/年払 月払 月払 月払/半年払/年払
保険料払込方法 口座振替/クレジットカード 口座振替/クレジットカード 口座振替/クレジットカード 口座振替/クレジットカード 口座振替/クレジットカード
商品概要資料 PDF PDF PDF PDF
プランに付帯できる特約・特則▲
先進医療に関する特約 ○がん先進医療特約 ※当プランに含まれます
ガン先進医療特約α
× × ※当プランに含まれます
ガン先進医療給付特約(2013)
悪性新生物診断時一時金等の特約 × ※当プランに含まれます
ガン診断給付特約α
× × ○(悪性新生物診断給付金)終身ガン診断給付特約
(悪性新生物診断給付金1回のみ支払特則付)
上皮内新生物診断時一時金等の特約 × ※当プランに含まれます
ガン診断給付特約α
× × ○(上皮内新生物診断給付金)終身ガン診断給付特約
(悪性新生物診断給付金1回のみ支払特則付)
がん診断給付金を複数回とする特約 ○診断給付金複数回支払特約 × × × ×
がん入院に関する特約 × ○在宅療養給付特約α × × ○終身ガン入院給付特約(2013)
がん通院に関する特約 × ○ガン治療通院給付特約(無解約返戻金型) ※当プランに含まれます
がん通院特約
× ※当プランに含まれます
終身ガン通院サポート給付特約
がん手術に関する特約 ※当プランに含まれます
手術・放射線治療特約
× ※当プランに含まれます
がん手術特約
× ×
抗がん剤に関する特約 ※当プランに含まれます
抗がん剤治療特約
× × × ×
健康ボーナス・お祝い金に関する特約 × × × × ×
保険料払込免除に関する特約・特則 × × ※当プランに含まれます
悪性新生物保険料払込免除特則
× ※当プランに含まれます
終身ガン保険料払込免除特約(2013)
女性特有のがん治療に関する特約 × × × × ×
緩和療養に関する特約 × × × × ×
ストレス性疾病に関する特約 × × × × ×
死亡保障に関する特約 × × × × ×
給付例▲
【事例】胃がんと初めて診断確定され、抗がん剤治療のため同月中に10日通院をした後すぐに、悪性新生物根治手術(開胸手術)を受け26日間入院。退院後の半年間中に20日通院をした場合。
※上記給付例は給付金額の計算用に仮定したものであり一般的な治療内容を示すものではありません。 ※ガンに関する保障の責任開始後の事例です。
入院給付金 26万円(1万円×26日) 26万円(1万円×26日)
手術給付金 20万円 20万円
診断給付金(一時金)/
入院一時金
100万円 100万円 100万円
退院一時金
通院給付金 30万円(1万円×30日)
抗がん剤治療・化学療法給付金
その他 保険料払込免除
合計 146万円 176万円 100万円

 

主契約は終身型ですが、抗がん剤治療特約は10年更新なので、この部分に関する保険料は更新ごとに値上がりしてしまいます。

また、がん診断給付金が1回と限定されているので、回数制限のない商品と比較すると、デメリットとなります。

とは言え、抗がん剤治療/化学療法給付金を備えている商品は決して多くはないので、この部分は有益と言えるでしょう。

しかしながら、悪性新生物診断時一時金等の特約/上皮内新生物診断時一時金等の特約に関する対応が出来ていないのは、不安要素となりえます。

どの部分を手厚くするか、色々な商品と比較しながら、契約内容を構築する必要があります。

 

 

 

 

4.新 生きるためのがん保険レディースDays

先ほどご紹介した新Daysの保障に加え、女性特有のがんを手厚く保障しているのが、新 生きるためのがん保険レディースDaysです。

 

 

 

 

4.1POINT

まずは簡略的に主契約内容をまとめた、下記をご覧ください。

 

 

 

 

契約内容詳細は、下記になります。

 

 

 

 

各社が展開するがん保険同様に、契約から3ヵ月間は「待期期間」とされていますので、その期間は保障対象外となりますが、かなり手厚い基本保障がなされています。

 

診断/入院/通院 診断給付金
入院給付金
通院給付金
三大治療 手術治療給付金
放射線治療給付金
抗がん剤治療給付金
女性がん特約 女性特定ケア給付金
乳房再建給付金

 

ご覧いただきますとお分かりのように、女性特有の疾病に対して、手厚い保障がなされているのが心強い商品です。

それではここからは、この商品のPOINTを見てまいりましょう。

 

POINT1

女性がんの罹患数上位5位中、2種類のがんへの保障を備えているので、術前から術後まで、トータルでケアが受けられるのは、女性として嬉しいポイントになるのは、間違いないでしょう。

 

 

 

 

POINT2

がんの三大治療である「手術/放射線治療/抗がん剤」を受けた場合、通院治療でも手厚い治療保障がなされています。

 

 

 

 

POINT3

POINT2でご紹介した「三大治療」に関する通院に関して、日数無制限で保障が得られます。

 

 

 

 

こちらも先ほどの「新 生きるためのがん保険Days」を基体としていますので、同様の保障が用意されています。

やはり通院治療日数無制限の保障は、非常に助けになる保障です。

 

POINT4

医療技術の進歩により、「セカンドオピニオン」と言う言葉がすっかり定着し、患者の以降や希望する治療法を得る為に、複数の医療機関で、その治療法を探す方が増えています。

アフラックのがん保険では、そんなセカンドオピニオンを支えるべく、専門医の紹介が受けられるようになっています。

 

 

 

 

4.2保険料

それではここで、最も気になる保険料を見てまいりましょう。

 

下記はプランごと、契約年齢ごとの女性の保険料一覧です。

 

契約日の満年齢 20歳 30歳 40歳 50歳 60歳
ALプラン
入院給付日額1万円
*抗がん剤治療特約含む
保険料払込タイプ
定額 ¥2,264 ¥326 ¥4,904 ¥6,282 ¥7,629
65歳半額 ¥2,394 ¥3,496 ¥5,394 ¥7,472 ¥10,849
60歳半額 ¥2,414 ¥3,596 ¥5,634 ¥8,132
65歳払い済み ¥2,814 ¥4,276 ¥6,684 ¥10,442
60歳払い済み ¥3,084 ¥4,686 ¥7,704 ¥14,212
10年払い済み ¥10,274 ¥11,656 ¥13,424 ¥14,212 ¥14,179
BLプラン
入院給付日額5千円
*抗がん剤特約含む
保険料払込タイプ
定額 ¥1,484 ¥2,131 ¥3,184 ¥4,027 ¥4,899
65歳半額 ¥1,559 ¥2,291 ¥3,519 ¥4,842 ¥7,104
60歳半額 ¥1,579 ¥2,361 ¥3,689 ¥5,282
65歳払い済み ¥1,844 ¥2,816 ¥4,374 ¥6,812
60歳払い済み ¥2,024 ¥3,091 ¥5,064 ¥9,352
10年払い済み ¥6,849 ¥7,781 ¥8,914 ¥9,352 ¥9,294
がん先進医療特約
保険期間10年
保険料払込タイプ
定額 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
65歳半額 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
60歳半額 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
65歳払い済み ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
60歳払い済み ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
10年払い済み ¥79 ¥79 ¥79 ¥79 ¥79
診断給付金複数回支払特約
保険期間終身
特約診断給付金額100万円
保険料払込タイプ
定額 ¥350 ¥480 ¥660 ¥880 ¥1,140
65歳半額 ¥380 ¥520 ¥740 ¥1,120 ¥1,900
60歳半額 ¥400 ¥540 ¥800 ¥1,260
65歳払い済み ¥470 ¥670 ¥990 ¥1,690
60歳払い済み ¥510 ¥760 ¥1,220 ¥2,540
10年払い済み ¥1,960 ¥2,150 ¥2,370 ¥2,540 ¥2,500

 

 

 

 

 

ここで参考に、同じような商品内容を展開している他社商品と比較してみましょう。

 

引受保険会社 アフラック 三井住友海上あいおい生命 アクサダイレクト生命 東京海上日動あんしん生命 東京海上日動あんしん生命
商品名 新生きるためのがん保険レディースDays(デイズ) 新ガン保険α アクサダイレクトのがん終身 女性プラン がん治療支援保険NEO がん治療支援保険NEO(定期)
プラン名 Aプラン/入院日額1万円/定額タイプ/解約払戻金なし(個別取扱)
掲載プラン(12件)表示
基本プラン
/日額10,000円プラン/終身払
掲載プラン(11件)表示
女性プラン/日額1万円/終身払
掲載プラン(2件)表示
基本プラン/終身タイプ/Gタイプ
掲載プラン(4件)表示
基本プラン/10年タイプ/Cタイプ
掲載プラン(3件)表示
月払保険料 3,120円 2,281円 2,100円 2,975円 1,582円
申込方法 通販/対面 通販/対面 通販/対面 ネット 通販/対面
詳細 保険会社商品ページへ 保険会社商品ページへ 保険会社商品ページへ 保険会社商品ページへ 保険会社商品ページへ
保険期間 終身/抗がん剤治療特約は10年更新 終身 終身 終身 10年定期
保険料払込期間 終身払/抗がん剤治療特約は10年更新 終身払 終身払 終身払 10年間
悪性新生物
がん診断給付金
(一時金)
100万円 100万円 100万円 100万円 100万円
がん診断給付金
(一時金)の回数
1回のみ ガンと診断確定されたとき(再発による入院も含む) 1回のみ 回数無制限
2年に1回を限度
回数無制限
2年に1回を限度
上皮内新生物
がん診断給付金
(一時金)
10万円 100万円 100万円 100万円 100万円
がん診断給付金
(一時金)の回数
1回のみ ガンと診断確定されたとき(再発による入院も含む) 1回のみ 保険期間を通じて1回限り 保険期間を通じて1回限り
がん入院給付金
日額 10,000円 10,000円(日帰り入院から入院5日目まで一律50,000円) 10,000円 10,000円 10,000円
支払いの対象 日帰り入院から 日帰り入院から 日帰り入院から 日帰り入院から 日帰り入院から
1入院限度日数 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
通算支払
限度日数
無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
入院一時金
退院一時金 10万円
がん手術給付金 20万円 20万円 10万円 20万円 20万円
がん放射線治療給付金 20万円 20万円 20万円
がん通院給付金日額 10,000円 10,000円 10,000円
抗がん剤治療/
化学療法給付金
抗がん剤治療 10万円(乳がん・前立腺がんのホルモン療法のとき5万円)
緩和療養給付金
がん先進医療 2,000万円限度(終身) 500万円(自動更新10年)
プランに含まれている
特約・特則
手術・放射線治療特約、抗がん剤治療特約 ガン先進医療特約α、ガン診断給付特約α がん手術給付特約(終身型)
がん先進医療特約
がん退院療養特約(終身型)
女性がん入院特約
悪性新生物保険料払込免除特則、がん手術特約、がん通院特約 がん手術特約、がん通院特約
引受条件▲ 女性 女性 女性 女性 女性
加入年齢 0歳~85歳 0歳~75歳 20歳~69歳 0歳~75歳 男性:39歳~75歳
女性:29歳~75歳
性別 男性/女性 男性/女性 女性 男性/女性 男性/女性
保険料の払方 月払/半年払/年払 月払/半年払/年払 月払 月払 月払
保険料払込方法 口座振替/クレジットカード 口座振替/クレジットカード 口座振替/クレジットカード 口座振替/クレジットカード 口座振替/クレジットカード
商品概要資料 PDF PDF PDF PDF PDF
× ※当プランに含まれます
ガン診断給付特約α
× × ×
先進医療に関する特約 ○がん先進医療特約 ※当プランに含まれます
ガン先進医療特約α
※当プランに含まれます
がん先進医療特約
× ×
悪性新生物診断時一時金等の特約 × ※当プランに含まれます
ガン診断給付特約α
× × ×
上皮内新生物診断時一時金等の特約 × ※当プランに含まれます
ガン診断給付特約α
× × ×
がん診断給付金を複数回とする特約 ○診断給付金複数回支払特約 × × × ×
がん入院に関する特約 × ○在宅療養給付特約α ※当プランに含まれます
がん退院療養特約(終身型)
× ×
がん通院に関する特約 × ○ガン治療通院給付特約(無解約返戻金型) × ※当プランに含まれます
がん通院特約
※当プランに含まれます
がん通院特約
がん手術に関する特約 ※当プランに含まれます
手術・放射線治療特約
× ※当プランに含まれます
がん手術給付特約(終身型)
※当プランに含まれます
がん手術特約
※当プランに含まれます
がん手術特約
抗がん剤に関する特約 ※当プランに含まれます
抗がん剤治療特約
× ○抗がん剤治療特約 × ×
健康ボーナス・お祝い金に関する特約 × × ○がん無事故給付特約 × ×
保険料払込免除に関する特約・特則 × × × ※当プランに含まれます
悪性新生物保険料払込免除特則
×
女性特有のがん治療に関する特約 × × ※当プランに含まれます
女性がん入院特約
× ×
緩和療養に関する特約 × × × × ×
ストレス性疾病に関する特約 × × × × ×
死亡保障に関する特約 × × × × ×
給付例▲ 26万円(1万円×26日) 26万円(1万円×26日) 26万円(1万円×26日) 26万円(1万円×26日)
【事例】胃がんと初めて診断確定され、抗がん剤治療のため同月中に10日通院をした後すぐに、悪性新生物根治手術(開胸手術)を受け26日間入院。退院後の半年間中に20日通院をした場合。
※上記給付例は給付金額の計算用に仮定したものであり一般的な治療内容を示すものではありません。 ※ガンに関する保障の責任開始後の事例です。
入院給付金 26万円(1万円×26日) 26万円(1万円×26日) 26万円(1万円×26日) 26万円(1万円×26日)
手術給付金 20万円 10万円 20万円 20万円
診断給付金(一時金)/
入院一時金
100万円 100万円 100万円 100万円
退院一時金 10万円
通院給付金 30万円(1万円×30日) 30万円(1万円×30日)
抗がん剤治療・化学療法給付金
その他 保険料払込免除
合計 146万円 146万円 176万円 176万円

 

こちらも主契約は終身型ですが、抗がん剤治療特約は10年更新なので、この部分に関する保険料は更新ごとに値上がりしてしまいます。

また、悪性新生物/上皮内新生物に対する診断給付金が1回のみと言う点が、気になるところではあります。

しかしながら、抗がん剤治療/化学療法給付金に対応している商品は決して多くはないので、この部分は非常に魅力的です。

また、がん診断給付金を複数回とする特約を設けている商品は多くはないので、この部分はメリットとなり得ます。

しかしながら、がんによる入院/通院への対応が無い点は、他社と比較した際にデメリットとなります。

どの部分を手厚くし、どこまで保険料を捻出来るのか、見極めが大切になります。

 

 

 

 

5.生きるためのがん保険寄りそうDays

がんの既往歴がある方向けに発売されたのが、生きるためのがん保険 寄りそうDaysです。

 

 

5.1POINT

まずは簡略的に主契約内容をまとめた、下記をご覧ください。

 

 

 

 

この保険は、がん(悪性新生物)の既往歴がある方のための、がん保険です。

満20歳~満85歳までの方で、がん(悪性新生物)の最終治療の日から5年以上経過しており、かつ過去5年以内にがん(悪性新生物)の診断/治療を受けておらず、治療を受けるようすすめられていないこと、健康状態が約款規定の基準範囲内であることなどの、所定の条件を満たしている場合にのみ契約が可能となっています。

 

 

 

 

引受条件に関しては、下記がチェック項目となります。

 

 

 

 

契約詳細は、下記になります。

 

 

 

 

その大きな特徴としては、がんの再発や転移の不安に対する幅の広いサポートが、挙げられます。

 

 

 

 

POINT1

がん/上皮内新生物を治療目的とした入院は、1日目から日数無制限で、保障がなされています。

 

POINT2

がん/上皮内新生物のための三大治療のための通院は、日数無制限で、保障がなされています。

 

 

 

 

POINT3

がん/上皮内新生物の治療を目的とし、所定の手術/放射線治療を受けた時、支払回数無制限で、保障がなされています。

 

 

 

 

POINT4

特約付加により、抗がん剤治療/先進医療への備えが可能となっています。

 

 

 

 

 

POINT5

医療技術の進歩により、「セカンドオピニオン」と言う言葉がすっかり定着し、患者の以降や希望する治療法を得る為に、複数の医療機関で、その治療法を探す方が増えています。
アフラックのがん保険では、そんなセカンドオピニオンを支えるべく、専門医の紹介が受けられるようになっています。

 

 

 

 

がんの既往歴のある方は、予後の心配が絶えないことだと思います。

万が一の再発にも幅広くバックアップがなされているので、非常に心強い商品だと言えるでしょう。

 

5.2保険料

それでは気になる保険料を、見てまいりましょう。

 

下記はプランごと、契約年齢ごとの男性の保険料一覧です。

 

契約日の満年齢 20歳 30歳 40歳 50歳 60歳
入院給付日額1万円 終身 ¥4,580 ¥4,930 ¥5,520 ¥6,600 ¥8,040
入院給付日額5千円 終身 ¥2,290 ¥2,465 ¥2,760 ¥3,300 ¥4,020
抗がん剤治療特約
5万円
保険期間10年ごとの更新
(更新時保険料変更の可能性あり)
¥2,280 ¥2,350 ¥2,670 ¥3,730 ¥5,010
がん先進医療特約 保険期間10年ごとの更新
(更新時保険料変更の可能性あり)
¥241 ¥241 ¥241 ¥241 ¥241

 

 

 

 

 

下記はプランごと、契約年齢ごとの女性の保険料一覧です。

 

契約日の満年齢 20歳 30歳 40歳 50歳 60歳
入院給付日額1万円 終身 ¥4,070 ¥4,480 ¥5,000 ¥5,420 ¥6,170
入院給付日額5千円 終身 ¥2,035 ¥2,240 ¥2,500 ¥2,710 ¥3,085
抗がん剤治療特約
5万円
保険期間10年ごとの更新
(更新時保険料変更の可能性あり)
¥3,550 ¥3,820 ¥4,160 ¥4,010 ¥4,660
がん先進医療特約 保険期間10年ごとの更新
(更新時保険料変更の可能性あり)
¥241 ¥241 ¥241 ¥241 ¥241

 

既往歴があっても加入可能な商品の為、保険料は若干割高にはなりますが、再発の際などの治療費を考慮した場合、決してこれら保険料が高額であるとは言い切れません。

万が一に対応するための保険だからこそ、将来のライフプランの検討材料として、有効な手段だと言えるでしょう。

また、がんの既往歴がある場合、比較的引受基準が緩和されている種類として引受基準緩和型保険がありますが、がんの既往歴があると、加入はできないようになっています。

限定告知型であるがん保険は、取り扱いが非常に少ないので、稀有な存在と言えるでしょう。

 

最後に参考として、プロが勧めるがん保険ランキングを、見ておきましょう。

 

人気ランキング
商品名
保険会社名
月額保険料目安
おススメPOINT
特徴
30歳男性 40歳男性 50歳男性
1 スマイルセブン 朝日生命 1,830円 2,780円 4,240円 発病後、早い時点で一時金が受取可
がんを含む七大疾病での一時金が受取可
がん/急性心筋梗塞/拡張型心筋症/脳卒中/脳動脈瘤/慢性腎不全/肝硬変/糖尿病/高血圧性疾患で所定状態になった時、一時金が受取可
一時金は前回の受取から2年経過後であれば、以降は無制限
がんは診断確定後、急性心筋梗塞/拡張型心筋症/脳卒中は治療のための入院開始または手術で支払い対象となれる
2 終身ガン保険プレミアム チューリッヒ生命 3,210円 4,250円 6,210円 通院治療に手厚い
同月にの複数回投与を受けた場合、毎月受ける治療給付金の支払回数無制限
主契約はがん治療を直接目的とし、抗がん剤/ホルモン剤/放射線治療を受けると、月ごとに給付金受取可
がん診断/入院/手術/先進医療/緩和療法/がん診断後のストレス性疾患による給付金など、特約が充実
3 ガードエックス メットライフ生命 2,217円 3,479円 5,574円 1年ごとに年金感覚で一時金の受取可
必要な保障のみ選択可
基本保障には、診断確定されたがんについての手術/放射線照射/抗がん剤のいずれかの治療を受けた場合、または最上位の進行度を示す病期と診断され、入院/通院をしたときの一時金が組み込まれている
一時金は1年1回、通算5回まで受取可
がん診断/先進医療/入院/通院/特定の女性がん手術/健康支援給付金など、各種特約で治療の選択肢を広げられる
8 新・生きるためのがん保険Days アフラック 2,870円 4,310円 6,990円 入院/通院/三大治療に備えられる 初めてがんと診断されると診断給付金が受け取れ、治療目的で入院すると入院給付金が受け取れる。

手術/放射線/抗がん剤である三大治療のための通院には、通院給付金の他にそれぞれの治療費も受け取れる

診断給付金複数回払い、先進医療特約も付加できる

 

数あるがん保険の中で、プロが進める商品のBEST.10にランクインをしている段階で、その有用性が証明されていることが分かります。

 

 

 

 

6.告知のガイドライン

保険契約には当然のことながら、正しい告知が必要不可欠です。

そこでこの章では、告知に関するガイドラインを、確認しておきましょう。

 

 

 

 

6.1告知義務

生命保険は相互扶助の考えに基づき、運営されています。

そこで契約時に健康状態に懸念事項がある方や、危険作業に従事する方と無条件で契約を結んでしまうと、保険料負担の公平性が損なわれるため、規定の告知義務が設けられています。

そのため、契約時には下記の内容に基づき精査を行った上で、契約の引き受けの可不可が判断されます。

 

過去の傷病歴
傷病名/治療期間
現在の健康状態
身体の障害状態
職業

 

これらは「告知書」への虚偽のない記載が必要となり、場合によっては口頭確認も行われます。

 

 

 

 

6.2告知の受領権

契約者が申告した告知に関して、受理する権限が「告知の受領権」です。

この権利は、保険会社の社員などには与えられておらず、生命保険会社と生命保険会社が指定した医師だけが保有しています。

その為、保険会社の営業担当に申告しても、認可されないので、注意が必要です。

 

 

 

 

6.3告知義務違反

告知において虚偽の申請を行った場合、告知義務違反として、契約そのものまたは特約が解約されるケースが存在します。

告知義務違反と判断されると、保険金や給付金を受領できる状態であっても、支払は行われないばかりか、払い込んだ保険料は返還されません。

あくまでも申告は虚偽なく行う必要が、あります。

 

 

 

 

6.4傷病歴ありの引受制度

持病や傷病歴などがあっても、保険契約が可能なケースが存在します。

 

アフラックでは、下記の商品がその対象となりますので、保険契約を諦めていた方々には嬉しい商品となります。

 

アフラックの終身保険 どなたでも 健康状態にかかわらず申し込み可能な「死亡保険」
契約年齢は満40歳~満80歳まで
保険料は通常の死亡保険に比べて割増
ちゃんと応える医療保険 やさしいEVER
健康状態に不安等を抱えている方を対象に、告知項目を簡素化し、引受基準を緩和している「医療保険」「三大疾病保障」「先進医療保障」「死亡保障」
契約年齢は満20歳~満85歳まで
ただし、健康状態等によっては契約不可の場合あり
保険料は通常の医療保険/終身保険に比べて割増
やさしい三大疾病一時金特約
やさしい三大疾病保険料払込免除特約
やさしい先進医療特約
やさしい終身特約
生きるためのがん保険 寄りそうDays
過去にがん(悪性新生物)にかかったことがある方を対象とした「がん保険」「抗がん剤保障」「がん先進医療保障」
契約年齢は満20歳~満85歳まで
ただし、健康状態等によってはご契約不可
また、このがん保険は、がんを経験された方向けの商品であるため保険料が割増
抗がん剤治療特約
がん先進医療特約

 

 

 

6.5解約/減額を前提とした新契約と転換契約

解約/減額を前提とした新契約と転換契約の場合、新しい契約では責任開始日、転換契約では転換契約の責任開始日を起算日として、告知義務が発生します。

通常の告知義務同様に、虚偽の申請などを行った場合は、契約解除/取り消しとなり、保険金/給付金の受け取りができなくなりますので、やはり注意が必要です。

 

 

 

 

6.6その他の注意点

ここで、告知に関する注意点を、洗い出しておきましょう。

 

告知サポート資料

健康状態を告知する際は、事前に記入例などの資料が渡されますので、そのガイドラインを参考に告知書の作成が必要です。

 

告知書の写し

作成提出した告知書の写しがアフラックから返送されてきますので、確認の上で内容がそぐわなかった場合は、即時アフラックへ連絡をする必要があります。

 

告知書の封緘等

個人情報保護法に則り、内容保護シールが用意されていますので、希望される方はその旨、アフラックに連絡を入れましょう。

 

申し込み内容の確認

契約申し込み後や、給付金/保険金の申請、保険料払い払込免除などが発生する場合、申し込み内容や請求内容の確認が、アフラックより求められるケースがあります。

 

 

 

6.7告知に関する問い合わせ

この章でご案内した内容などで疑問などが生じた場合は、遠慮せずに下記まで連絡をし、すべてを明瞭にしておきましょう。

 

 

 

 

7.生命保険料控除の方法

年末調整や確定申告を行う際、生命保険料は規定に基づき控除対象となります。

そこでこの章では、生命保険料控除に必要な、生命保険料控除証明の手続き方法を見てまいりましょう。

 

 

 

 

7.1インターネットでの手続き

契約者であれば、インターネット経由にて生命保険料控除証明が入手できますので、下記リンクをご利用下さい。

 

 

 

 

7.2電話での手続き

下記は契約者のみが利用可能な「アフラックほっとサービス24」です。

こちらを活用すると、便利かと思います。

 

 

 

 

ただしこのサービスは、下記の場合は利用できませんので、ご注意下さい。

 

証券番号が「G」「H」で始まる契約
契約者が明治生まれの場合
登録住所から転居した場合
契約者が法人の場合

 

上記に該当する場合、下記へのアクセスを行いましょう。

 

 

 

 

 

 

8.給付金/保険金の受取可否

全てのケースで保険金や給付金が支払われるわけではありません。

この章ではそのようなケースを具体的に見てまいりましょう。

 

 

 

 

8.1対象疾病の場合

主契約ががん保険のケースで考えると、下記のようになります。

 

子宮頸がんⅠと診断され、治療を開始した場合 〇 支払可
子宮頚部上皮内がんと診断され、治療を開始した場合  支払不可

 

がん保険対象のがんは、厚生労働省が定めている「悪性新生物」である必要があります。

アフラックのがん保険の場合、下記疾病が対象となります。

 

 

 

8.2責任開始日以前にがんと判断された場合

がん保険は契約日から3か月間は待期期間とされているので、責任開始日以降でなければ、保険金/給付金の対象とはなれませんので、注意が必要です。

 

 

 

 

8.3給付金支払い条件

下記はより一段とブレイクダウンした、給付金の支払に関する情報となります。

申請の際や契約の際に、是非参考になさって下さい。

 

 

 

 

9.給付金/保険金の請求方法

それではこの章では、支払事由が発生した場合の手続き方法を見てまいりましょう。

 

 

 

 

9.1各種手続き方法

支払事由が発生した場合や、支払われる可能性のある状況になった際は、まずは下記のコールセンターまで、アクセスをしましょう。

 

 

 

 

給付金/保険金の支払請求に関する手続きは、下記の3種がありますので、画像をクリックしてご活用下さい。

 

 

お手続きは
こちらから
 アフラックへ請求書類の郵送を依頼する  ホームページより請求書類をダウンロードする  給付金デジタル請求サービスを利用する
お手続きの特徴 請求書類の郵送でのお取り寄せとご返送が必要です。 請求書類の郵送でのお取り寄せは不要、ご返送は必要です。 請求書類のお取り寄せとご返送が不要です。
インターネット上でご請求手続きがすべて完了します。
 請求書類の
郵送での
お取り寄せ
必要 不要 不要
請求書類の
ご返送
必要 必要 不要
お手続きの方法 基本情報を入力いただくことで、アフラックよりご指定の住所に請求書類をお送りします。
お送りした請求書類に必要事項をご記入の上、必要書類とともにご返送いただきます。
※スマートフォンやタブレット端末の場合はこちらから
基本情報を入力いただくことで、お客様のパソコンにて、請求書類(PDFファイル)をダウンロードすることができます。
ダウンロードした請求書類に必要事項をご記入の上、必要書類とともにご返送いただきます。
基本情報を入力いただき、請求書類の画像をアップロードの上、送信いただきます。
スマートフォンやタブレット端末からですと、画像のアップロードがさらに簡単です。
※スマートフォンやタブレット端末にて本サービスをご利用の場合はこちらから
ご利用いただける
保険種類・請求事由
すべての保険種類・請求事由 一部の保険種類・請求事由
詳細はこちらをご確認ください。
一部の保険種類・請求事由
詳細は以下の利用ガイドをご確認ください。
利用ガイド(875KB)
お手続きの流れ 郵送でのご請求手続きの流れ オンラインでのご請求手続きの流れ(給付金デジタル請求サービス)

9.2解約返戻金について

最後に解約返戻金について、触れておきましょう。

 

「新 生きるためのがん保険Days」及び「新 生きるためのがん保険レディースDays」の解約時の解約返戻金などの取り扱いは、下記になっています。

 

 

 

 

「生きるためのがん保険寄りそうDays」に関しては、契約者配当金/解約返戻金はありません。

 

掛捨て型を除き、どのような種類の保険であれ、一定期間を待たずに解約をすると解約返戻金が元本割れを起こしたり、0円になってしまうのは避けられません。

契約に際しては、十分に経済的体力を考慮に入れ、慎重に保険構築を行いましょう。

 

 

 

 

10.まとめ

いかがでしたでしょうか。

一口にがん保険と言っても、現在顧客ニーズが上昇していることが後押しとなって、様々な種類が存在しています。

一つ一つを精査していくことは大変な作業であると思いますが、保険は大切な資産を投じて将来に備える、人生において非常に重要な役割を担っています。

今回ご一緒に考えてまいりましたアフラックは、保障内容や保険料などがある種、群を抜いているが故に、がん保険契約数1位を獲得していることが、お分かりいただけたかと思います。

がん保険検討の一材料として、今回の記事を参照いただき、自身のニーズに合ったがん保険の構築を行って、将来の安心を手に入れていただければと思います。

 

 

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る