自動車保険

自動車保険の賢い選び方とは?間違いを起こさないための6つのポイント

テレビを見ていると、ダイレクト系の自動車保険のコマーシャルを見かけることが多くなっていませんか?

「平均1万円節約できます」など、すごく安くなるイメージを持っている方も多いと思いますが、もし事故が起こった時の対応などを考えると、躊躇する方も多いのではないでしょうか?

自動車保険は、事故を起こした時に助けてくれる保険ですので、顔を知っている代理店から加入するのが安心だ!と言う方も居るでしょう。

考え方は人それぞれであり、「安ければ良い」と言う方や、「任せて安心できるところで加入したいから少し高くても良い」と言う方も居るでしょう。

自動車保険の選び方は人それぞれですが、万が一事故が起こった時に「こんなはずじゃなかった」とならないように、自動車保険の選び方を元保険代理店の立場から一つ一つ説明していきます。

この記事を読んで、自動車保険の選び方の良いヒントになれば良いと思います。

 

目次

1.自動車保険とは

1.1自動車保険の基本

1.2自動車保険の考え方

1.3自動車保険の種類

 

2.自動車保険の選び方

2.1比較サイトの使い方

2.2保険会社の種類

2.3口コミの利用

 

3.自動車保険の乗り換え方

3.1乗り換えのタイミング

3.2乗り換えの際の注意点

 

4.保険商品の紹介

4.1保険商品の見つけ方

4.2保険料の違いやメリット・デメリット

 

5.自動車保険のトラブル

5.1ダイレクト系のトラブル

5.2代理店系のトラブル

5.3生命保険外交員のトラブル

 

6.保険料を安くするには

6.1節約方法

6.2長期契約

 

7.まとめ

続きを読む

自動車保険の基礎知識を徹底解説!今さら聞けない事もこれで解決

自動車を所有している方であれば、大半の方は自動車保険に加入しているでしょう。

しかし、自動車保険をしっかりと理解している方はどれほどいらっしゃるでしょうか。

「車を買ったから自動車保険に入った」と言う方でも、「車屋さんに言われたから」や「車を買ったら自動車保険に入るものでしょ?」と言う方も多く、事故や故障の時はもちろん、その保険の内容から、ロードサービスの事など意外に知らない事も多いのではないでしょうか。

また、「ずっと解らない事が有ったけど、今さら聞けないな・・・」と困った事など無かったですか?

実は知っているつもりでも、知らない事の方が多いのが自動車保険と言われています。

この記事では、元保険屋さんである私が、出来るだけ解りやすく自動車保険の基礎から解説します。

「そんなこと知っているよ!」言う本当の基礎的な所から、意外に知らなかったと言われることまで解説しますので、この記事を読んで自動車保険について確認し、事故が起こった時にも困らないようにし、そして保険料の節約なども出来るようにしてみましょう。

 

目次

1.自動車保険の基礎

1.1対応車種

1.2補償範囲

1.3自動車保険の等級とは

1.4保険料の算出方法

1.5自賠責保険と任意保険の違い

 

2.車両保険

2.1一般条件の車両保険(フルカバータイプ)

2.2車対車・限定危険の車両保険

2.3車両保険なし

2.4特約について

 

3.賠償責任

3.1賠償責任とは

3.2対人賠償責任

3.3対物賠償責任

3.4その他の賠償責任

 

4.傷害(自身のケガの補償)

4.1人身傷害保険

4.2搭乗者傷害保険

4.3無保険車傷害特約

 

5.加入後の諸手続き

5.1車を買い替えたとき

5.2補償範囲の変更

5.3事故を起こした場合

5.4ロードサービス

 

6.自動車保険を安くする方法

6.1車両保険の見直し

6.2補償範囲の確認

6.3裏ワザ

 

7.自動車保険の違い

7.1代理店系商品

7.2ダイレクト系商品

 

8.まとめ

続きを読む

保険の全体像がイチからわかる。超初心者向け保険の教科書

みなさんは保険についてどのくらいの知識をもっていらっしゃいますか?ファイナンシャルプランナーや保険会社勤務など保険に関するお仕事でもしていないかぎり、保険の知識に自信があると答えられる方は少ないのではないでしょうか?

すでに保険に加入している保険でも、何のための保険なのか?どうしてその保険に加入しているのか?などを即答するのは難しいですよね。

ある特定の保険の説明だけを受けても、保険という仕組みの全体像が理解てきていないとほんとうに必要な保険なのかどうか判断するのは容易ではありません。

わたしもFPさんとの打ち合わせを何度も重ねて、ようやくじぶんの保険加入状況に自信を持てるようになったパターンでした。

そこで、今回は保険のプロではない方が、保険の仕組みの全体像を理解できるようになるために必要な知識を一般の人の視点からまとめました。

保険のことばは専門用語が多い上に複雑なので一般の人には理解が難しく、苦手意識を持たれることの多い保険。しかし、保険の仕組みの全体像を知ることで、個別の保険に関する理解度がぐっと高まります。

木を見て森を見ずという諺は、保険の仕組みにもぴったりと当てはまります。
全体像を理解して、賢く保険を選べるようになっていただければ幸いです。

目次

1 そもそも保険って何だろう?
1-1 小学生でもわかる保険の仕組み
1-2 保険はいつどこで始まったのか?
1-3 保険が必要なワケ
2 保険を分類分けできるようになろう
2-1 もしもに備える保障は3つあることを理解しよう
2-2 「生命保険」と「損害保険」何が違う?
3 生命保険はどんな保険があるの?
3-1 生命保険の3つの基本形
3-2 生命保険の種類
4 損害保険はどんな保険があるの?
4-1 目的別の4分類
4-2 自動車(バイク)事故の補償を目的とした保険
4-3 住まいの損害補償を目的とした保険
4-4 身体の補償を目的とした保険
4-5 その他の補償を目的とした保険
5 公的保障は何があるの?
5-1 遺族年金があります
5-2 働けなくなったときには障害年金
5-3 公的な医療保険があります
6 法人保険ってなんだ?
6-1 経営者保険メリットとは
6-2 福利厚生保険のメリットとは
7 保険選びの基本ステップ
7-1 まずは現状を把握すべし
7-2 必要保障額を試算してみよう
7-3 保険の賢い選び方とは
8 まとめ

続きを読む

身近に潜む「もしも」を個人賠償責任保険で備えるためのポイント

「自転車に乗っていて、歩行者と当たりそうになった」や、「旅行中の買い物で店の商品を壊しかけた」、なんて経験をした方は意外に多いのではないでしょうか。

免許も必要なく、気軽な移動手段である自転車や、楽しい旅行中の買い物でも一歩間違えば、ケガをさせたり、弁償をさせられたりと、大変な思いをする事があります。

身近なところにも危険がたくさんあるのですね。

そのような事は、出来れば経験したくないという事は誰でも思う事ですが、起こってしまう前に保険でリスク回避をしておくのも一つの手段です。

その保険が、個人賠償責任保険です。

名前は聞いたことある人も多いと思いますが、その内容を知らない方はたくさんいらっしゃいますので、この記事では、元損害保険の代理店をしていた立場から、様々な賠償責任を実例も交えながら解りやすく解説していきます。

この記事を読んで、身近に潜む「もしも」に備えていきましょう。

目次

1.賠償責任保険とは

1-1賠償責任とは

1-2個人賠償責任保険と日常賠償保険の違い

1-3その他の賠償責任保険とは

2.賠償責任保険の種類

2-1個人向けの賠償責任保険

2-2事業者向けの賠償責任保険

2-3その他の賠償責任保険

3.個人賠償責任保険の支払い事例

3-1支払い事例

3-2免責事例

3-3その他の損害保険の事故例

4.個人賠償責任と日常賠償責任

4-1加入の仕方

4-2自動車保険の場合

4-3火災保険の場合

4-4傷害保険とその他の保険の場合

5.近年の賠償責任における判決例

5-1自転車事故の例

5-2その他の事例

6.まとめ

続きを読む

自動車保険の保険料の仕組みについて

車

自動車に乗る方は、自動車保険の保険料を毎年支払っていることでしょう。しかし、その仕組みについて十分に理解して今すか? 一般的に、補償金額(保険金額)、補償範囲、等級、契約者の条件などによって保険料は大きく変わってきます。複数の保険・特約によって構成され、またいろいろな条件設定などがある自動車保険は、非常にその仕組みが分かりづらいといえます。しかしながら、今からの時代、効率的に保険を活用することは必要不可欠な技術であり、ある程度保険料の仕組みを理解しておくことは大切です。
続きを読む