貯蓄型生命保険ランキング!貯蓄と保障を同時に考える保険とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

30代の生命保険料の平均相場

生命保険は貯蓄性があるともいわれていますが、その仕組みを本当に理解していますか?この仕組みをしっかりと理解しておかなければ、痛い目をみるかもしれませんよ。

貯蓄型生命保険は返戻率や解約返戻金、保険料などの数字を比較して加入することをおすすめします。

貯蓄型生命保険は注意しなければいけないことも多いので、注意点とおすすめの貯蓄型保険をご紹介します。

目次

1.貯蓄型生命保険とは?

1.1 貯蓄性のある保険について

1.2 貯蓄性=解約返戻金があること?

1.3 返戻率と解約返戻金

2.貯蓄型生命保険のメリットとデメリット

2.1 解約時に戻ってくるお金があるというメリット

2.2 返戻率が100%を超えると受け取れるお金が増えるメリット

2.3 保険料が高いというデメリット

2.4 早期解約は無駄・損でしかないというデメリット

3.おすすめの貯蓄型生命保険ランキング

3.1 オリックス生命 終身保険RISE

3.2 マニュライフ生命 こだわり終身保険V2

3.3 ひまわり生命 一生のお守り

3.4 アフラック WAYS

3.5 メットライフ生命 つづけトク終身

4.生命保険について

4.1 本来は死亡・高度障害時に保障を約束する保険のこと

4.2 終身と定期で保険料や保障内容が変わる

4.3 保障と貯蓄、どちらを優先するか

5.生命保険加入前に確認しておきたいこと

5.1 人生設計は綿密に

5.2 将来に渡って支払える保険料設定

5.3 自分の健康状態

6.貯蓄型生命保険に加入するならこれに気をつけろ!

6.1 解約返戻金を頼りにすると痛い目をみる

6.2 早期解約すると損ばかり!

6.3 健康状態が悪いと保険料を上げてしまう可能性も

6.4 商品によっては解約返戻金が発生しないので注意

7.まとめ

1.貯蓄型生命保険とは?

最近話題となっている「貯蓄型生命保険」ですが、この貯蓄型生命保険ってどんな保険を指すか知っていますか?

貯蓄型と生命保険を分けてみると分かりやすいですが、つまるところ「生命保険だけど貯蓄性も兼ねている保険」ということです。生命保険といえば最近では医療保険やがん保険もひとまとめにされてしまっていますが、本来の定義自体で考えると「死亡した時、または重度障害状態になった時に保障される保険」を指します。

今回はこの「死亡した時、または重度障害状態になった時に保障される保険」に焦点を当てて、貯蓄性があるとはどういうことか掘り下げて考えてみましょう。

1.1 貯蓄性のある保険について

貯蓄性があるということは、貯金しながら保障を受けられるということです。貯金といっても、最終的には保障を受けるか貯金してあるお金を取るかの2択になってしまいますが、他の金融機関に預けるよりも受け取れるお金が高額になる可能性があることからこの貯蓄型生命保険を利用する人も増えてきています。

しかし、貯蓄性生命保険を活用するにはいくつかの注意点や落とし穴があるため、全面的におすすめすることはできません。これはしっかりと仕組みを理解した人が活用した方が良いからです。保険選びは遊びではありません。多くのお金で大きな保障を手に入れるため、失敗して損だけが残るよりも多くの保障を効率よく得た方が良いからです。

貯蓄性があるという謳い文句に惑わされずに、保険の仕組みや落とし穴をよく理解してから貯蓄型生命保険の加入を考えるようにしましょう。

1.2 貯蓄性=解約返戻金があること?

貯蓄性がある保険はどうやって見極めれば良い?と思いますよね。簡単に言ってしまえば「解約時に解約返戻金が発生する」かしないかです。

解約返戻金や返戻率が設定されている生命保険なら貯蓄性があるとみて良いでしょう。これは生命保険の中でも終身保険が多く分類されます。定期保険は掛け捨て保険なので、残念ながら解約しても解約返戻金が発生しないため貯蓄性は全くありません。

また終身保険であっても、必ずしも解約時に解約返戻金が発生するとは限らないため注意が必要です。ここが第一の落とし穴となっているためよく理解しておきましょう。中には生命保険の終身であっても、解約時に返戻金が発生しないと書かれている保険が存在します。

これらの保険にもし加入してしまって、長い間解約返戻金があると思い込んでいると解約時に痛手となって自分たちを襲います。つまり貯蓄性がきちんとあるかどうか加入前に絶対に確認しておかなければいけないのです。

1.3 返戻率と解約返戻金

返戻率は解約時に戻ってくるお金の割合を示し、解約返戻金とは解約した時に戻ってくるお金を指します。つまり返戻率が高ければ高いほど、解約返戻金は高くなるのです。

この返戻率を上げるためにはいくつかの手段がありますが、よく考えてから行動に移さないと自分の首を絞めることになり、早期解約へと繋がります。例えば、返戻率を上げる方法として払込期間を短縮させる方法があります。しかし払込期間を短縮させるということは、それだけ1回(月)に支払うお金が多額になります。

つまり、返戻率を短期間で上げようと無理な保険料を設定しても、万が一自分が働けなくなった、仕事を辞めたなどの場合に保険料が支払えなくなり解約に追い込まれる危険性があるということです。この加入期間がいくらかでも長ければ解約返戻金も多少発生しますが、加入して間もない期間や年数があまり経っていない場合には解約返戻金は発生しないか、あってもごくわずかな少ないお金しか手元に返ってこないのです。

2.貯蓄型生命保険のメリットとデメリット

貯蓄型生命保険のメリットとデメリットとは一体どんなものでしょうか?代表的なメリットとデメリットを2つずつ挙げて比べてみることにしましょう。

メリットとデメリットはあくまでも目安ですが、加入を考えるときの資料としてはとても役に立ちます。このメリットとデメリットを見比べてみて、自分にとって得となるのか、それとも損となるのかをまず見極めてみましょう。

人や時によってメリットはデメリットにもなりますが、一つの参考として捉えて考えてみましょう。物事の本質はまずメリット・デメリットを比べてみると分かりやすくなりますよ。

2.1 解約時に戻ってくるお金があるというメリット

貯蓄型生命保険のメリットとして「解約時に戻ってくるお金がある」が挙げられます。これは高い保険料の中に保障と貯蓄を兼ねているからともいえます。

長期加入するにつれて解約時に戻ってくるお金の割合は増えていき、払込期間が終了している場合には返戻率が100%を超える見込みもあるため、銀行などに預けるよりも多くのお金を手にするチャンスがあります。

2.2 返戻率が100%を超えると受け取れるお金が増えるメリット

返戻率が100%を超えると、払い込んだ保険料を上回るお金が戻ってきます。

つまり得をするのです。

そため貯蓄型生命保険で多くの得を得たいと思っているのであれば、長期加入はもちろんのこと返戻率の高い保険に加入するなどの知識が必要になります。

ですが、あまり知識のない人でも、保険によっては保険料の払い込みを終わらせるだけで返戻率が100%を上回るので、加入前に返戻率がどのくらい変わるのか確認しておきましょう。面倒な作業でも得をするためには必要なことです。

2.3 保険料が高いというデメリット

次にデメリットとして保険料の高さが挙げられます。定期保険と比べると総額で約5倍以上の開きになるため、その保険料は家計の負担となり加入を悩ませる種として有名です。

しかし貯蓄型生命保険は掛け捨てではないため、払い込んだ保険料が幾らかは解約時に返戻金として戻ってきます。そのため全くもってムダ、というわけではありませんが、そもそもの保険料が大体1万円以上となるため加入はよく考えてからの方が良いでしょう。

2.4 早期解約は無駄・損でしかないというデメリット

貯蓄型生命保険で陥りやすい落とし穴(デメリット)として何も知らずに早期解約してしまうケースがあります。

いざ貯蓄型生命保険に加入しても、その保険料の高さから払込が難しくなり解約となるケースもあるでしょう。しかし解約してもいくらかお金が戻ってくると解約返戻金をあてにしていたとしても、早期解約の場合は保険会社の維持費などの諸経費として割り引かれてしまうため、あってもごくわずか、または全く貰えないのどちらかです。

つまり早期解約をしても解約返戻金は全くとして貰えないと覚えておきましょう。少しでも期待していると後で必ず痛い目をみるので、過度な期待をもって加入するのは止めましょう。

解約返戻金については支払われないケースなどもあるため加入前の確認が何より大事な作業です。しっかりと支払っていたのに損をしてしまうケースもゼロではないため気をつけましょう。  

3.おすすめの貯蓄型生命保険ランキング

貯蓄型生命保険は保険商品毎に返戻率が違います。また保障内容もだいぶ変わってくるので、返戻率と保障内容を比較しながら加入することをおすすめします。

以前はE-終身など返戻率がとても高い保険も存在しましたが、今現在は違う保険として登場しているため、今回は今ある保険の中で返戻率が高いものをご紹介していきます。

返戻率が高いと保険料も割高になる傾向にあるため、加入するときは返戻率だけにとらわれず、将来を見越した保険料で契約するようにしないと、早期解約や中途解約で損をしてしまう恐れがあるので注意しましょう。

またここでの内容は2017年4月下旬現在の情報なので、今後保険の改正などで内容が変わる場合もありますから、必ず保険会社への確認をするようにしてくださいね。

3.1 オリックス生命 終身保険RISE

基本情報

  • 契約可能年齢 15歳~75歳
  • 低解約返戻型保険
  • 保険期間(保障期間) 終身
  • 保険料払込期間 5年刻み、5歳刻み、終身払い(契約年齢で可能期間が異なる)

保険料が割安に抑えられている代わりに保険料の払い込み期間中は解約返戻金(返戻率)が低く設定されている保険です。ですが低解約返戻型保険は保険料の払い込みさえ終了してしまえば返戻率がグンとアップするので、100%以上の返戻率にすることができます。中でもこの終身保険RISEは高い返戻率を誇っている保険です。

例として30代男性で死亡保険金1,000万円、60歳払い済みの場合の返戻率は111.3%です。月々の保険料は21,740円と高いですが、保険料払込期間終了直後でこの返戻率は高い部類に入ります。約款所定の要介護状態で一時金が受け取れるなどの特徴の他リビング・ニーズ特約が不可されているため保障面でも安心です。

3.2 マニュライフ生命 こだわり終身保険V2

基本情報

  • 契約可能年齢 0歳~90歳(特約内容により異なる)
  • 低解約返戻型保険
  • 保険期間(保障期間) 終身
  • 保険料払込期間 20年、30年払い済み、70歳まで5歳刻み、80歳、90歳払い済み、終身払い

ノンスモーカー適用など健康体であれば保険料の割引制度があるのがマニュライフ生命の良いところです。また特定疾病保険料払込免除特則を付加すれば、損をしないがん保険として活用することができるため、がん疾患を持つ家系で生命保険を探しているなら是非活用を勧めたい保険です。この特則が適用されれば、がん(三大疾病時)なった時に保険料の払い込み免除他返戻率が一気に上昇します。

気になる返戻率ですが、30代男性で死亡保険金1,000万円、65歳払い済みの場合、保険料払込期間終了直後で喫煙者で96.5%・ノンスモーカーで101.3%です。高い返戻率ではないものの、ノンスモーカーなら保険料を約8%ほど抑えられるのでおすすめの保険です。

3.3 ひまわり生命 一生のお守り

基本情報

  • 契約可能年齢 1歳~75歳
  • 低解約返戻型保険
  • 保険期間(保障期間)
  • 保険料払込期間 55歳から90歳まで5歳刻み、終身払い

保障内容はマニュライフ生命のこだわり終身V2と大差ありません。こちらも特約を付加しておけば三大疾病時に以後の保険料の払い込み免除&返戻率が上昇するのでがん保険の代わりとして活用できます。

しかしマニュライフ生命と違うところが返戻率で、終身保険RISEとほぼ同等の高い返戻率を誇ります。

例として30代男性、死亡保険金1,000万円、60歳払い済みの場合、保険料払込期間終了直後で114.6%となります。月々の保険料は18,980円なので終身保険RISEと比べると若干割安です。

3.4 アフラック WAYS

基本情報

  • 契約可能年齢 0歳~65歳まで
  • 低解約返戻型保険
  • 保険期間(保障期間) 終身
  • 保険料払込期間 10年、15年払い済み、60歳、65歳、75歳払い済み

保険料払込期間中の返戻率は約70%と低いですが、保険料払込期間終了直後では100%を上回ることができる保険です。他の保険に比べると返戻率は低めなので、保障内容にこだわらない限りはあまり返戻率頼りで契約する人は少ないでしょう。

ですが保障内容は他の生命保険とは少し違い、将来ニーズに合わせて年金、死亡保障、介護年金、医療保障の4つのコースのいずれかに変更することができます。

返戻率の例は30代男性で死亡保険金500万円、60歳払込終了の場合、保険料払込期間直後で101.6%です。保険料は月々12,180円です。契約年齢によってかけられる保険金総額が変化するので、40歳を超えてからの契約では500万円程しか設定できないので注意しましょう。

3.5 メットライフ生命 つづけトク終身

基本情報

  • 契約可能年齢 20歳~70歳
  • 低解約返戻型保険・積立利率変動型
  • 保険期間(保障期間) 終身
  • 保険料払込期間 60歳、70歳、90歳

積立利率変動型保険なので市場金利により解約返戻型や死亡保険金金額が変動する保険です。以前は最低利率が1.5%だったのですが、マイナス金利の導入の影響で今現在は0.6%までに引き下げられてしまいました。

死亡した状態(病気や災害)により死亡保険金額が変わる他、解約時の返戻率はその時の市場金利により変動する特徴があります。他の保険に比べ保険料が割高なのと、変動型保険なのでおすすめ度は劣り、返戻率も85%ほどしかないため貯蓄に向いているわけではありませんが、解約返戻金を分割して、金額上乗せができる年金移行が選べるためランクインしました。

4.生命保険について

ここからは少し生命保険の基本について説明しましょう。生命保険と聞けばどんな保険をイメージするでしょうか?医療保険やがん保険、死亡保険、終身保険や定期保険、養老保険など保険と名がつくものはさまざまありますが、実は生命保険とは「死亡・高度障害時に保障を約束する保険」のことです。

つまり、医療保険やがん保険などの保険は本来であれば生命保険に分類されないのです。

最近ではこれらの保険をまとめて「生命保険」と呼ばれることも多くなりましたが、本来は死亡を取り扱う保険のことなので覚えておきましょう。

ここで説明する生命保険は「死亡の際に保障される保険」のことですので、間違えて覚えないでくださいね。

4.1 本来は死亡・高度障害時に保障を約束する保険のこと

生命保険は本来は「死亡・高度障害時に保障を約束する保険」です。よく終身保険や定期保険がこれにあたるとして勘違いしている人がいますが、あくまで終身・定期保険とは保険の契約内容のことです。終身保険だから死亡時や高度障害時に保険金が支払われるわけではないので勘違いしないようにしましょう。

生命保険は被保険者が死亡した場合または高度障害状態になった際に遺族/家族に保険金が支払われます。但し、被保険者の死亡内容次第では保険金が支払われないこともあるので、どういった場合に限り保険金が支払われるのかを事前に確認しておきましょう。保険会社や保険商品によっては被保険者が自殺した場合は保険金支払いがされないとしているところもあるので、よく保険内容を確認しましょう。

4.2 終身と定期で保険料や保障内容が変わる

契約内容確認活動

生命保険に加入しようと保険を比較したり探していたりすると「終身保険・定期保険」と呼ばれる保険に出くわすと思いますが、これが何を指しているのかお判りでしょうか?

終身や定期は保険の保障期間を表すものです。つまり終身保険なら一生涯の保障を、定期なら決まった期間の保障となります。

生命保険であろうと医療保険であろうと、はたまた違う保険であろうと、基本的に終身か定期と保障期間が決まっています。そしてこの保障期間次第で保険料や保障内容が変わってくるので注意が必要です。保険選びではこの終身と定期も重要なポイントとなるので覚えておきましょう。

4.3 保障と貯蓄、どちらを優先するか

生命保険を選ぶときはまず、保障を優先するか貯蓄を取るのかどちらかに絞っておくと保険の選択がしやすいです。保障を優先するなら保障内容で選ぶようにし、貯蓄を優先するなら返戻率で比較するべきです。

しかし生命保険の本来の目的は被保険者が亡くなってしまった場合に遺族にお金を残してあげることです。つまり万が一の事態に備える保険ということですが、最近では他の保険…例えば学費保険などの代わりとしてこの生命保険の活用を勧められる場合もあります。

一番大切なのは自分がどうしたいかという想いや考えですが、貯蓄を優先する場合は解約返戻金の発生ケースや有無などをよく確認・理解しておく必要があるので注意しましょう。

5.生命保険加入前に確認しておきたいこと

生命保険にいざ加入しようと思ったら、事前に確認しておくべきことがあります。保険を選ぶのは簡単ですが、運用となると話は別です。しっかりと事前に確認や比較、保険プランの設計を行っていないと、契約途中で解約するハメになったり、保険の見直しをしなければいけない事態に陥ってしまいます。

返戻率が高い保険であろうと話は同じで、返戻率で選ぶ場合にほど気をつけてほしいことは山ほどあります。生命保険・終身保険は保険料が高いので、返戻率ばかり気にしていると将来保険料が支払えない事態になるので注意しましょう。

5.1 人生設計は綿密に

保険の契約をする際に、保険プラン(人生設計)は綿密に練っておきましょう。最初が肝心です。最初が甘いと、後に保険の見直しといって、他の保険に乗り換えたりする事態を招いてしまいます。定期保険なら比較的保険の見直しがしやすいですが、終身保険ともなると保障が一生涯、解約返戻金も発生するので保険の見直しがしにくいです。

そのため保険のプランをしっかりと立てておけば後々に見直しをする必要もないので、綿密に計画は立てておきましょう。後のことは後で考えれば良いと思っていると足元をすくわれかねないので注意しましょう。

5.2 将来に渡って支払える保険料設定

次に将来に渡って支払える保険料を確認し、設定しましょう。今は問題なく支払える保険料であっても、将来も同様に支払えるという保証はどこにもありません。特に定期保険の場合は更新を迎えると保険料が上がってしまうので、今は平気でも将来支払いが困難になる恐れがあります。

また終身保険は貯蓄分を兼ねているため初めから保険料が割高です。契約時から保険料が変わらないというメリットがありますが、年齢を重ねる毎に働ける量も減って行ってしまうので、お給料が減る可能性も考えておかなければいけません。

このように、今は良いという考えではなく、将来のことも視野に入れて支払える保険料を設定するようにしましょう。  

5.3 自分の健康状態

自分の健康状態もよく注意するべき事柄です。特に保険の加入となると、持病がある人や近年で傷病歴がある人は加入を断られるなどのケースが考えられます。また運よく加入できても条件付きとなり、健康の人に比べてだいぶ不利な内容になってしまいます。

保険商品によっては健康が良好なだけで保険料の割引を受けられるものもあるので、健康状態はできるだけ良好に保つようにしましょう。またタバコを吸っている場合にはできるだけ禁煙するなどして健康には気をつけましょう。

6.貯蓄型生命保険に加入するならこれに気をつけろ!

積み立て

最後に貯蓄型生命保険に加入するなら気をつけてほしいことをまとめてみましょう。しつこいようですが、保険で損をしたくないのであればよく理解しておくことです。貯蓄性があるという言葉に踊らされていると、いつか本当に痛い目をみてしまいます。

貯蓄型生命保険はそのほとんどが終身保険に分類されるため、契約途中での保険の見直しも非常にしづらいです。

また商品によっては終身保険であっても解約返戻金が発生しない保険商品もあります。このように、終身保険だから、生命保険だから仕組みはすべて一緒だと勘違いしないようにしましょう。

以下のことに気をつけて、ムダなく保険を活用するようにしましょう。

6.1 解約返戻金を頼りにすると痛い目をみる

解約返戻金が発生するからといって、このお金ばかりを頼りにしていると痛い目をみます。保険商品によっては、払込期間が終了するまで保険料を割安に設定する代わりとして返戻率が低いという「低解約返戻型保険」が存在します。そのため払込期間途中でこの解約返戻金を頼りに解約してしまうと、「払い込んだ保険料に対して80%、70%ほどの解約返戻金しか発生しない」なんてことになります。

低解約返戻型は終身保険の高い保険料を、運用しやすいように安く設定してくれているというメリットがありますが、払込期間を終了するまでは返戻率が低いというデメリットがあります。このことをよく理解しないまま契約し、ある程度溜まったと思って解約しても、実際に戻ってくるお金が少なかった…という事態にもなりかねないため、契約内容や保険の形にはよく注意し、解約返戻金を頼り過ぎないようにしましょう。

6.2 早期解約すると損ばかり!

貯蓄型生命保険は早期解約すると全く持って「損しかない」です。払込が厳しくなったから、他の保険の方が良いと気づいたからなど解約する理由はさまざまだと思いますが、早期解約は返戻金が発生しないことがほとんどです。

保険料から保障分抜いた金額が貯蓄分として割り振られますが、実際は保険会社の事務資金などが引かれてしまうため、契約してから年数が経たないで解約すると貯蓄分はほとんど無いか、あってもごくわずかとなり損失しか残りません。

そもそも保険はどれも早期解約は損しか生まないので、加入前にきちんと保険プランを確認しておくことが重要です。

6.3 健康状態が悪いと保険料を上げてしまう可能性も

保険のCMを見たことがある人はだいたいお分かりでしょうが、持病を持っている人や健康状態が悪い場合には保険の加入自体が断られることがあります。よく保険の加入をするときに「告知書」というものを保険会社へ提出しますが、この内容次第で加入を断られてしまうのです。また健康状態が悪い、持病を持っていても加入できることもありますが、多くの場合は保険料の値上げを条件として加入を許可されるなどのデメリットが発生します。

保険によっては健康なだけで保険料を割り引いてくれるものもあるので、健康状態はできるだけ良好に保つように生活していましょう。また近年で傷病歴がある場合も加入を断られるケースがあるので、その場合は少し年数を置いてから加入を考えるなどするか、保険の相談窓口で加入できそうか問い合わせてみましょう。

6.4 商品によっては解約返戻金が発生しないので注意

貯蓄型生命保険の注意点として、生命保険・終身保険だからといってすべての保険に解約返戻金が発生するわけではない、ということです。例えば、終身保険と名を打っている保険でも定期保険がくっついている保険があります。これは終身保険(貯蓄型生命保険)であっても、貯蓄分が定期保険(保障分)に持っていかれてしまうため、保険料を貯蓄することができません。

それでは、どうすれば解約返戻金の有無を確認できるのか?といえば、一つは保険会社に直接確認する、二つ目は保険会社の保険商品HPやパンフレットをよく熟読することです。保険会社は契約者にとって都合の良いことは大々的にアピールしますが、デメリットとなる部分は小さく表示したり、公表しないことがあります。

多くの場合は保険商品HPの中に「この保険は解約返戻金が発生しません」との文字が小さく記載されています。これを頼りに解約返戻金が発生するのかしないのかを確認してみましょう。

7.まとめ

貯蓄型生命保険は運用法や注意点さえ気をつけていれば損をしない保険です。保険によっては払込保険料よりも多くのお金を受け取れる保険もあるので、早期解約なんかせずに、返戻率100%以上を目指して運用・活用するようにしましょう。

しかし本来は生命保険であることを忘れずに、受け取る時期を間違わないようにしてくださいね。

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る