第一生命の学資保険「こども応援団」・「Mickey」の特色と口コミを詳細解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

ご夫婦にお子さんが誕生したら、お子さんに充実した教育環境を整えてあげたい思うことでしょう。そのため、早ければ出生前から学資保険の加入を検討しているかもしれません。

一方、もし保護者に将来、不幸な事態があった時のために、育英年金の制度が付いている学資保険を検討しているかもしれません。

学資保険に加入し、コツコツ教育資金を積み立てることは大切ですが、万が一のための保障もやはり大切な備えと言えます。

そこで今回は、第一生命の学資保険「こども応援団」と「Mickey」という2種類の保険を紹介します。

「こども応援団」・「Mickey」の特徴として共通しているのが、加入契約者(保護者)に万が一の事態があった時、保険料の払い込みの免除される措置があること、育英年金の制度が設定されていることです。

この2種類の学資保険はお子さんの教育資金の積立だけではなく、万が一の事態の時もしっかり保障してもらいたい加入契約者(保護者)には最適な保険商品といえます。

また、「こども応援団」・「Mickey」それぞれの保険内容・注目点、そして加入している契約者の口コミをとり上げます。

この記事を読めば、第一生命の学資保険の基本的な知識と評判を知ることができ、保険選びの良い参考資料になることでしょう。

目次

1.第一生命の学資保険について

  • 1-1.学資保険とは
  • 1-2.第一生命とはどんな会社?
  • 1-3.第一生命の学資保険の種類

2.口コミについて

  • 2-1.口コミとは
  • 2-2.口コミのメリット
  • 2-3.口コミのデメリット

3.学資保険こども応援団について

  • 3-1.こども応援団の概要
  • 3-2.こども応援団の保険内容
  • 3-3.こども応援団の注目点

4.学資保険こども応援団の口コミ

  • 4-1.良い評価について
  • 4-2.不満点について
  • 4-3.口コミの小括

5.学資保険Mickeyについて

  • 5-1.Mickeyの概要
  • 3-2.Mickeyの保険内容
  • 3-3.Mickeyの注目点

6.学資保険Mickeyの口コ

  • 6-1.良い評価について
  • 6-2.不満点について
  • 6-3.口コミの小括

7.まとめ

1.第一生命の学資保険について

私たち夫婦には子が生まれたため、現在学資保険への加入を検討している。ただ、子のために学資保険が必要だと考えていても、イマイチこの保険がどんな内容となっているかピンとこない・・・・。

まずは学資保険とはどんな保険なのか。そして、私たちが学資保険選びをしている時に見つけた、第一生命という会社とその商品について知りたい。

こちらでは、学資保険とは何か、そして第一生命の会社概要と、その保険商品について説明します。

1-1.学資保険とは

学資保険とは、加入希望者(主に保護者)が子を被保険者として、子の将来の教育資金を積立または、子や親の万が一の事態を保障してもらうために加入する保険のことです。

加入希望者は事前に、子が何歳になった時にお金を受け取るのかを契約で決めたり、万が一の事態を想定して死亡保障や医療保障を設定したりします。

契約後は保険料を月払いや年払い等で支払っていくことになります。どんな目的で加入するのか、家計に無理のない支払い額はどの位かを十分考慮して加入契約を行いましょう。

1-2.第一生命とはどんな会社?

正式な名称は「第一生命保険株式会社」であり、1902年創業した生命保険会社です。

第一生命保険株式会社のデータ(2017年10月1日時点)は以下の表の通りです。

会社名 第一生命保険株式会社
創立 1902年9月15日
資本金 600億円(2017年10月1日時点)
従業員数 57,266名(内勤職11,628名、営業職45,638名)
事業所 支社84

営業オフィス等1,263

主要株主 第一生命ホールディングス(100%出資)

1-3.第一生命の学資保険の種類

第一生命の取り扱う学資保険には、「こども応援団」と「Mickey」の2種類があります。共に教育資金としてお金を積み立てて、契約のとき定めた時期に学資金・満期保険金が受け取れることになりますが、次の点で違いがあります。

こども応援団は、契約者(保護者)が、がんや心筋梗塞、脳卒中と呼ばれる「三大疾病」になった場合と、保護者に介護が必要になった場合、死亡や身体障害になった場合に、被保険者(子)に対して、育英年金等が下りる保険内容となっています。親と子の保障という面がより重視されている保険といえます。

一方、Mickeyでは、契約者(保護者)が死亡または高度障害状態になった場合に、育英年金等が下りる保険内容となっています。どちらかといえば、契約者の疾病・障害の範囲を限定的にして、その分、教育資金として受け取るお金の返戻率(支払った保険料総額と受け取るお金の割合のこと)をできるだけ高くすることが目的とされている保険です。

2.口コミについて

第一生命はしっかりした保険会社のようだ。学資保険も2種類あって各ご家庭で、加入目的に合わせた保険選びが期待できる。

一方、保険会社から取得した資料やホームページを参考にしているが、特にネットでは、「口コミ」という契約者の声が聞けるサイトも複数あるようだ。

この口コミも、保険選びの際の参考にすべきなのだろうか?

こちらでは、ネットに投稿されている口コミのメリット・デメリットを説明します。

2-1.口コミとは

学資保険は、それを販売している保険会社の窓口やホームページ、またTVのコマーシャルで盛んに宣伝されています。

このようなメディアを通して受け取る情報は保険選びの参考になりますが、学資保険商品のメリットは大きく強調する反面、デメリットはあまり強調されることがありません。

しかし、完璧な保険商品と言うものは存在せず、その商品ごとに必ずメリット・デメリットは存在します。

ご自分が保険選びをする際に、複数の学資保険の加入候補があった場合、身近に当該保険の加入者がいれば、その保険についての感想を聞くことが可能でしょう。

ただ、近くに学資保険に加入している方がいない場合や、既に加入している知人がいても加入したばかりで良い点・悪い点が把握しきれていない場合もあります。

そんな身近で参考になる意見を聞く機会がない方へ、保険選びの参考として役に立つのが、サイトに投稿されている一般加入契約者の「口コミ」です。

この口コミから、契約者自身が加入してわかった事柄や、評価する点・不満点に関する率直な意見を収集することができます。

2-2.口コミのメリット

口コミは、学資保険に関して保険会社がホームページやTVコマーシャルで盛んに宣伝しているメリットばかりではなく、宣伝からではよくわからないデメリットの部分についても率直な意見が書かれています。

そもそも、一般の加入契約者の口コミは、何ら保険会社から報酬を得ているわけではないため、飾らない言葉で投稿されている場合が多いです。

保険商品で選んだプランの成功事例や失敗事例も投稿されており、ご自分が加入した場合にどんなプランを選ぶべきか、なにかトラブルがあった場合にどんな行動をとるべきかを知る参考資料となります。

2-3.口コミのデメリット

加入契約者の“本音”を聞けるため口コミは参考になりますが、注意すべき点もあります。それは、口コミの投稿者全員が論理的な意見をあげているわけではないということです。

口コミの中には、ダイレクトに保険会社を非難しているものもあります。例えば、保険商品の批判というよりは、加入した保険を扱う保険会社とのトラブルを辛らつな言葉で赤裸々に投稿しているケースもあります。

トラブル等の対応に当たった職員の資質が原因で、批判的な投稿に至った経緯も考えられますが、口コミをした契約者側も終始、冷静に対応していたのか口コミだけでは判断がつかない場合もあります。

このような批判的なコメントも参考の一つにはなりますが、批判的な口コミばかりを気にしているとナカナカ保険選びが進まなくなることもあります。

3.学資保険こども応援団について

口コミは参考になるが、過剰に意識するのも問題ということはわかった。では、第一生命の取り扱う学資保険「こども応援団」について詳細を知りたい。

いったいどんな保険内容になっているのだろう?

こちらでは、こども応援団の保険内容と注目点を説明します。

3-1.こども応援団の概要

この保険商品は、親が万が一の事態になった場合、子の進学のための資金がしっかりと確保されることを目的としています。

契約者(保護者)が、がんや心筋梗塞、脳卒中と呼ばれる「三大疾病」になった場合と、保護者に介護が必要になった場合、死亡や身体障害・高度障害状態になった時に、以後の保険料払込の免除、被保険者(子)に対する育英年金が下りる保険内容となっています。

こども応援団には、育英年金ありプラン(A1型)、育英年金なしプラン(A2型)に分かれています。この育英年金とは、学資保険の契約期間中、契約者(保護者)に死亡・高度障害等の万が一のことがあった場合、保険が満期になるまで、子へ年金が支払われるというものです。

保険料払込の免除、育英年金を受け取る対象となっている疾病等について説明します。

疾病等 内容
がん  がんとは、人体を構成する細胞が何らか原因により変異して増殖し、その異常な細胞が正常な細胞を破壊していく病気です。悪性のがん(悪性新生物)になると、日本人の全死因の3割近くを占めることになる深刻な病気と言えます。
心筋梗塞 心筋梗塞は、脈の乱れを起こす不整脈や、先天性の心臓病、心筋・心膜の病気等、様々な疾病を伴う心疾患の一つです。心筋梗塞になると、完全に血管が詰まったことが原因で、胸部に強烈な痛みが生じ、最悪の場合は死にいたります。
脳卒中  脳卒中(脳梗塞)は、脳の血管に何らかの原因でトラブルが起き、脳細胞の障害が発生する脳血管疾患の一つです。脳卒中は、脳の血管が狭窄または閉塞し、血液が脳へ流れなくなり、脳が壊死または壊死に近い状態になる病気です。症状も深刻で、片麻痺、意識障害、最悪には死に至ることになります。
身体障害状態  身体障害状態は不慮の事故等から180日内に次のような状態になることを指します。主に①片眼の視力を失明した状態、②両耳の聴力を全く永久に失った状態、③1上(下)肢を手(足)関節以上で失う、1上(下)肢の用もしくは1上(下)肢の3大関節中の2関節の機能を永久に失った状態等があげられます。
高度障害状態  高度障害状態とは、日常生活を送るのにかなりの支障が出てしまう障害を指します。主に①両眼の視力を失明した状態、②言語またはそしゃくの機能を永久に失った状態、③両上(下)肢を手(足)関節以上で失う、またはその機能を永久に失った状態、④胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要する状態等があげられます。

3-2.こども応援団の保険内容

こちらでは、育英年金ありプラン(A1型)、育英年金なしプラン(A2型)それぞれ事例を上げて説明していきます。

○育英年金ありプラン(A1型)

(例)

  • 契約者:30歳(契約当時)父親
  • 被保険者:0歳(契約当時)男子
  • 契約内容:18歳払済22歳満期
  • 基準保険金額:60万円
  • 月払保険料:15,667円
  • 契約者が被保険者の10歳時に死亡
子の年齢 年金・満期保険金等
10歳 育英年金60万円
11歳 育英年金60万円
12歳 育英年金60万円
13歳 育英年金60万円
14歳 育英年金60万円
15歳 育英年金60万円
16歳 育英年金60万円
17歳 育英年金60万円
18歳 学資金60万円
19歳 学資金60万円
20歳 学資金60万円
21歳 学資金60万円
22歳 満期保険金60万円
受取金総額 780万円

事例は、契約者が被保険者の10歳時に死亡した場合を想定した受取金総額です。契約者は予定通りに、子が18歳になるまで払い終えれば、次のような受取金総額・返戻率になります。

子の年齢 満期保険金等
18歳 学資金60万円
19歳 学資金60万円
20歳 学資金60万円
21歳 学資金60万円
22歳 満期保険金60万円
払込保険料総額 約338万円
受取金総額 300万円
返戻率 約88.8%

育英年金が受け取れ、さらに払保険料払込の免除保障の範囲が広い契約となっている分、支払う保険料は高くなります。

また、育英年金を受け取る機会が無ければ、返戻率は約88.8%と大幅に元本割れを起こしてしまいます。

○育英年金なしプラン(A2型)

(例)

  • 契約者:30歳(契約当時)父親
  • 被保険者:0歳(契約当時)男子
  • 契約内容:18歳払済22歳満期
  • 基準保険金額:60万円
  • 月払保険料:13,289円
子の年齢 満期保険金等
18歳 学資金60万円
19歳 学資金60万円
20歳 学資金60万円
21歳 学資金60万円
22歳 満期保険金60万円
払込保険料総額 約287万円
受取金総額 300万円
返戻率 約104.5%

育英年金は受け取れませんが、払保険料払込の免除保障範囲が広く認められています。返戻率は約104.5%と決して低くありません。幅広い免除事由と返戻率の高さの両方を望むなら、こちらのプランがおすすめです。

3-3.こども応援団の注目点

育英年金ありプラン(A1型)、育英年金なしプラン(A2型)に共通しているのは、保護者に不幸な事態が発生した場合に、以後の保険料の支払は不要となり、契約通り満期保険金等が受け取れる措置があります。

この様な措置をとっているのは、契約者が保険料を支払えなくなった時に、教育資金の積立の継続に支障が出ないようするための配慮といえます。

他の保険商品でも、契約者の死亡または高度障害状態までなら対象になるケースは多いですが、こども応援団では三大疾病や介護状態等になった場合にも保険料が免除されることになります。

こども応援団は、払込保険料免除事由に該当する範囲が非常に広いのが注目されるべき点と言えます。

4.学資保険こども応援団の口コミ

契約者がまさかの事態になっても払込保険料免除や、育英年金があることは非常に頼りになる。

では、実際にこども応援団へ加入した保護者の感想を聞きたい・・・・。

こちらでは、契約した方々の良い評価や不満点について取り上げます。

4-1.良い評価について

こちらでは、こども応援団で多かった評価を取り上げます。やはり万が一の事態になった時でも、子の教育資金が契約通りに受け取れる点に評価が集まっています。

・32歳男性

子が0歳の時に加入しました。自分は会社に勤務していますが、がんや心筋梗塞になって亡くなってしまった場合、子の将来が本当に心配でした。しかしこの保険ならば、自分が最悪亡くなっても、育英年金と言う形で毎年お金が受け取れるので安心しています。

・28歳男性

まだ私は20代で健康だが10年先は正直にいえばどうなるかわからない。がんが怖いと世間では言われているし、私が発症しないという保証はどこにもない。子の進学を自分のせいで諦めさせるのが嫌だったからこの保険に入った。内容には満足している。

4-2.不満点について

こちらでは、こども応援団で不満な点を取り上げます。育英年金ありを選ぶと支払う保険料が高くなって、返戻率が低くなってしまう点に不満が目立ちます。

・37歳男性

育英年金は自分がまさかの事態になった時に、頼りにはなる。ただし、健康診断でも異常は無いし、このプランに加入して良かったかな?と内心では考えている。だからと言って解約する気にはなれないが、育英年金なしプランへ加入した方が保険料も安く戻り率(返戻率)も良かった。

・40歳男性

A1型とA2型にも入学祝金制度が無いな。A1型の方は自分が亡くなった時とかに子へ育英年金が下りるが、せめて特約でも良いから契約者が一定期間、何も異常がなかったら一時金のようなものが下りるサービスが欲しい。

4-3.口コミの小括

口コミでは契約者のもしもの事態に、子の教育資金を確保するための手厚い措置が設けられていることが評価されています。

一方、不満点は契約者のもしもに備えた措置を手厚くすると、返戻率が低くなってしまうことに不満があるようです。

入学祝金制度の設定については、今後、第一生命が主契約または特約の追加を検討する必要があるでしょう。

こども応援団は、教育資金の積立は大事だけれども、契約者の万が一の事態で保険の支払が滞ることを心配する方におすすめの保険と言えます。

保護者であるご自分が病気一つしない健康体でも、将来、想定外の大ケガで高度障害状態になってしまうかもしれません。

また、ご自分の家系に病弱な方が多く、自分自身もいつ重い病気になるかわからないと不安を感じているのなら、こども応援団は非常に頼りになる保険です。

5.学資保険Mickeyについて

こども応援団は、契約者の万が一のための事態にしっかり備えられる保険であることはわかった。

では、第一生命のもうひとつの学資保険「Mickey」についても詳細を知りたい・・・。

こちらでは、Mickeyの保険内容と注目点を説明します。

5-1.Mickeyの概要

Mickeyでは、契約者(保護者)が死亡または高度障害状態になった場合に、育英年金等が下りる保険内容となっています。

こちらの保険は、こども応援団よりも契約者の疾病・障害の範囲を限定的にして、その分、教育資金として受け取るお金の返戻率を高くすることを目的した保険です。

この保険は、育英年金ありプラン(B1型)、育英年金なしプラン(B2型)の他に、契約者の死亡または高度障害状態になった場合の保障が無い、保険料払込の免除保障なしプラン(C型)もあります。

3-2.Mickeyの保険内容

こちらでは、育英年金ありプラン(B1型)、育英年金なしプラン(B2型)、保険料払込の免除保障なしプラン(C型)それぞれ事例を上げて説明していきます。

○育英年金ありプラン(B1型)

(例)

  • 契約者:30歳(契約当時)父親
  • 被保険者:0歳(契約当時)男子
  • 契約内容:18歳払済22歳満期
  • 基準保険金額:60万円
  • 月払保険料:14,455円
  • 契約者が被保険者が9歳の時に死亡
子の年齢 年金・満期保険金等
9歳 育英年金60万円
10歳 育英年金60万円
11歳 育英年金60万円
12歳 育英年金60万円
13歳 育英年金60万円
14歳 育英年金60万円
15歳 育英年金60万円
16歳 育英年金60万円
17歳 育英年金60万円
18歳 学資金60万円
19歳 学資金60万円
20歳 学資金60万円
21歳 学資金60万円
22歳 満期保険金60万円
受取金総額 840万円

事例は、契約者が被保険者の9歳時に死亡した場合を想定した受取金総額です。契約者は予定通りに、子が18歳になるまで払い終えれば、次のような受取金総額・返戻率になります。

子の年齢 満期保険金等
18歳 学資金60万円
19歳 学資金60万円
20歳 学資金60万円
21歳 学資金60万円
22歳 満期保険金60万円
払込保険料総額 約312万円
受取金総額 300万円
返戻率 約96.2%

育英年金が受け取れる契約となっている分、支払う保険料は高く、育英年金を受け取る機会が無ければ、返戻率は約96.2%と元本割れを起こしてしまいます。

○育英年金なしプラン(B2型)

(例)

  • 契約者:30歳(契約当時)父親
  • 被保険者:0歳(契約当時)男子
  • 契約内容:18歳払済22歳満期
  • 基準保険金額:60万円
  • 月払保険料:13,096円
子の年齢 満期保険金等
18歳 学資金60万円
19歳 学資金60万円
20歳 学資金60万円
21歳 学資金60万円
22歳 満期保険金60万円
払込保険料総額 約283万円
受取金総額 300万円
返戻率 約106%

育英年金は受け取れませんが、返戻率が約106%と決して低くない割合になっています。保険料払込の免除保障も最低限の範囲で認められています。プランの中では最もバランスが良い契約内容です。

○保険料払込の免除保障なしプラン(C型)

(例)

  • 契約者:30歳(契約当時)父親
  • 被保険者:0歳(契約当時)男子
  • 契約内容:18歳払済22歳満期
  • 基準保険金額:60万円
  • 月払保険料:12,971円
子の年齢 満期保険金等
18歳 学資金60万円
19歳 学資金60万円
20歳 学資金60万円
21歳 学資金60万円
22歳 満期保険金60万円
払込保険料総額 約280万円
受取金総額 300万円
返戻率 約107%

保険料払込の免除保障ない分、支払保険料が安く返戻率は各プランの中で最も高くなります。

3-3.Mickeyの注目点

育英年金ありプラン(B1型)、育英年金なしプラン(B2型)には、保護者が死亡または高度障害状態になった場合に、以後の保険料の支払が不要となり、契約通り満期保険金等が受け取れる措置があります。

払込保険料免除事由に該当する範囲はこども応援団よりも狭いですが、MickeyのB1型・B2型は、こども応援団のA1型・A2型よりも返戻率はそれぞれ高くなっています。

また、保険料払込の免除保障なしプラン(C型)は、免除保障がそもそも無いので返戻率は最も高くなっています。教育資金の積立のみを目的とする場合はC型を選ぶべきでしょう。

6.学資保険Mickeyの口コミ

Mickeyの場合はこども応援団よりも契約者の免除保障範囲が狭い分、返戻率が高いことがわかった。

では、実際にMickeyへ加入した保護者の感想を聞きたい・・・・。

こちらでは、契約した方々の良い評価や不満点について取り上げます。

6-1.良い評価について

こちらでは、Mickeyで多かった評価を取り上げます。返戻率が高く、学資金と満期保険金を分けて受け取れる点に評価が集まっています。

・36歳女性

死亡や高度障害状態になった時に保険料が免除されていることに加え、返戻率もなかなか良い。Mickeyのプランでは基本的に返戻率は100%を超え、早期で払い込みを終了すればその分、返戻率も更に上がる。学資金と満期保険金を分けて受け取れるところも他の学資保険と比較して評価できる。

・40歳男性

Mickeyにするか、こども応援団にするか迷ったが、選べるプランが多くて返戻率も高いMickeyにした。そんなに自分の健康を心配してないし、最悪の事態である死亡と高度障害状態だけ気を付ければいかな?と思った。返戻率も高いし加入して良かった。

6-2.不満点について

こちらでは、Mickeyの不満点を取り上げます。こちらは入学祝金制度が無い点と、第一生命の営業マン態度に不満が目立ちます。

・30歳女性

返戻率が高かったので、Mickeyを選びました。しかし、祝金が無かったのは少々残念です。もともと、子は公立の小学校や中学校に通わせるつもりでしたが、家族で会議をして私立も検討しようと言うことになりました。そうなると、公立よりも倍の教育費がかかってしまいます。せめてMickeyに祝金制度があれば入学金とかを補うことはできたのですが・・・・・。

・(年齢非公開)女性

第一生命の営業の方が強引すぎます。子供が生まれて1年は身動きがとれない状態だったのに、しつこい営業がありました。子の授乳中や寝不足で疲れきっている私にはかなり効きました。実際、育児で営業の方のお話を聞く余裕なんてない家庭も多いんじゃないでしょうか。

6-3.口コミの小括

こちらの場合も祝金制度がないことが不満点と言えます。特に私立の小学校・中学校に進学を検討する場合、公立の小学校・中学校のように授業料が無料とならないことは考慮に入れるべきでしょう。

私立の小学校・中学校の場合は、入学祝金制度があれば進学時に一時金が受け取れて、入学の際に何かとかかる金銭的な負担を軽減することができます。

現在の第一生命の学資保険の内容では、私立小学校・中学校に通わせるための備えに不向きであるといえます。

また、営業マンの強引な営業に関しては第一生命内で、相手を思いやることを周知徹底させるべきでしょう。

たしかに営業マンは契約をとればとるほど利益となりますが、出産後に体調が回復せず、まだ母親になって日が浅いために、育児に四苦八苦している方もたくさんいらっしゃいます。

この様な方々の事情を考慮に入れない営業行為は、いかに当該保険会社が取り扱う商品が優れていても、保険会社に対する反感となっていきます。この様な事態は、第一生命のみならず各保険会社が共通して考慮にいれなければならない事柄です。

7.まとめ

返戻率の高い学資保険は、受け取るお金が支払ったお金よりも多くなりますので、それだけ利益が出たことになります。

そのため、学資保険では教育資金の積立を重視し、高い返戻率が期待できる「貯蓄型学資保険」が人気です。

ただし、学資保険金を受け取ることができるまで、親と子が変わらず健康でいられるとは限りません。

特に子に教育資金がかかる時に、一家の大黒柱である親に不幸な事態が起きた場合は、たちまち家計が厳しくなってしまいます。

そのため、返戻率は大切ですがそれと同じく位、万が一のための保障も大切であることを念頭に入れ保険選びを行いましょう。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

b

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る