保険と共済の違い|どちらが良いのか結論を出します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
違い

保険と共済の違いについて説明いたしますが、多くの方が同じものだと思っているようです。勿論、万一のことが起きた時にお金が支払われるという目的が同じなので、同じ商品だと思ってしまうのも仕方ないと思います。保険の営業をされた時に実際は共済に入っているのに、「うちはもう保険入っていますから十分です。」と答えたことがある方も多いのではないでしょうか。保険と共済の仕組みを理解することで、本当に安心した契約内容にすることができます。保険、共済のどちらかが良い悪いという答えはありません。目的や状況に合わせてご自身に合った方をお選びください。

■保険と共済の違い

seimeihoken2

保険とは大きな保障額が支払われる、又は解約返戻金を準備するために、保険会社がお金を増やすために行う運用規模も大きい金融商品なのです。よって生命保険会社は金融庁が管轄しており、とても厳しい監査が入る程の銀行のよう会社なのです。

taikin

そもそも生命保険会社とは、生命保険業を営む会社で、保険者としての責任を負います。平成8年12月現在、44社が、保険業法に基づいて金融庁の免許を受けて、保険業を運営しています。生命保険会社は、組織形態により、相互会社と株式会社に分けられ、16社が相互会社、28社が株式会社です。また、保険業法が改正され、平成8年4月の施行に伴って新規参入した、損害保険会社の生命保険子会社は、うち11社となっています。これら生命保険会社の主な業務は、新契約募集業務、危険選択業務、保険料収納、保全業務、保険金支払業務、資産運用などであり、会社運営については、保険業法、商法等により、種々規制されています。

一方、共済に入るためにはその共済を運営する組合員でないと入ることが出来ません。ということは運営自体を組合が行っています。組合は営利団体ではないため、特徴は非常に安い掛け金で加入できます。但し、生命保険のような大きな保障を得ることができず、保障を増やしたいからといって、いくつも共済に入れるものではありません。組合は金融庁管轄ではなくその組合に関連した省庁が管轄しています。テレビコマーシャルで見るJA共済は農林水産省です。

保険と共済が似ている内容であることを理解していただくために、全労済での文章を掲載します。

(私たちの生活を脅かすさまざまな危険(病気や交通事故、火災、自然災害など)に対し、組合員相互に助け合うという活動を、保険のしくみを使って確立した保障事業です(協同組合が行う保障事業は「保険」ではなく、「共済」と呼んでいます)。

組合員があらかじめ一定の金額(掛金)を出し合って、共同の財産を準備することで、死亡や災害等の不測の事故が起きた場合に生じる経済的な損失を補い生活の安定を図るため、共済金を支払います。つまり、組合員の誰かが困ったときに、他の組合員全体でたすけるという仕組みです。 生命、損害、賠償などのリスクに対して、組合員の皆さまを総合的にサポートしています。)

全労済ホームページより抜粋

全労済での説明を読んで分かるように、保険とは保険会社が運営しており、共済とは共同組合が行う保障事業をいっていることを理解できたと思います。

共済とは、そこに加入する組合員が資金を出し合い、事故などの際に出しあった資金の中から保障を行う事業のことをいいます。 農林水産省が監督官庁の

「JA共済」

、 厚生労働省が監督官庁の

「全労済」「都道府県民共済」「COOP共済」

の4つが4大共済と言われ有名です。 各共済は生命保険や揖害保険にあたる保障を用意しています。 共済は営利を目的としない組織のため、広告費が少なく自分担当の営業マンもいません。 共済には民間生命保険会社各社が出資する「生命保険契約者保護機構」のような公的セーフティーネットもありません。

また、決算で剰余金が発生した場合には支払った掛け金に応じて割戻金もあるため、 生命保険や医療保険よりも安い掛け金で保障を得られるといわれています。 実際に、都道府県民共済などは月々の支払額を2,000~5,000円に設定しており、 かつ性別や年齢に関係なく一律の掛け金と保障になっています。 税法上の特典については、生命保険や損害保険と同様の取扱いが受けられます。 ようするに、用語の違いさえあれ、私たちの利用目的から見れば民間の「保険」と大きな変わりがありません。 ただし、いわゆる人気の「共済」は、 生命保険と医療保険がくっついたような商品であることが共済の大きな特徴です。

kyosai

後で説明しますが、生命保険は「保険」と呼ぶのに対して、共済保険は通常「共済」と呼びます。同様に生命保険では「保険金」、「保険料」、「配当金」と使う用語に対し、共済保険ではそれに値する言葉として「共済金」、「共済掛金」、「割戻金」という言葉が使われます。この違いは、保険会社と共済の監督官庁と根拠法令が異なるところから生じており、保険会社の場合、監督官庁が金融庁であり、保険業法という法律のもとに成り立っている制度で、JA共済の場合の監督官庁は農林水産省、根拠法令は農業協同組合法で、全労済や県民共済などでの監督官庁は厚生労働省、根拠法令は消費生活協同組合法と、各共済によって監督官庁と根拠法令が異なっているのです。制度上の最大の違いは

「生命保険は営利事業」、「共済保険は共済事業」という非営利事業にカテゴリされています。  では、こくみん共済、JA共済を例に生命保険とを比較してみます。

①生命保険会社

seimeihoken

根拠法令:保険業法

監督官庁:金融庁

商品審査制度:あり

監督・検査:あり

責任準備金制度:あり

公的セーフティーネット:生命保険契約者保護機構

メリット:誰でも保険の加入検討が可能、保険商品が豊富、必要保障額を自身で設定可能、公的セーフティーネットが充実している

デメリット:共済と比較すると一般的に保険料が高い、保険料が性別や年齢で変わってくる

②こくみん共済、COOP共済、都道府県民共済など

根拠法令:消費者生活協同組合法

監督官庁:厚生労働省

商品審査制度:あり

監督・検査:あり

責任準備金制度:一部

公的セーフティーネット:なし

メリット:掛け金が安い、掛け金が一定の年齢・性別の群団方式、決算内容に応じて割戻金がある

デメリット:組合員以外の共済加入ができない、共済の種類が少ない、保障内容にセットが多く、保障商品の選択の自由度が低い

③JA共済

根拠法令:農業協同組合法

監督官庁:農林水産省

商品審査制度:あり

監督・検査:あり

責任準備金制度:一部

公的セーフティーネット:なし

メリット:掛け金が安い、掛け金が一定の年齢・性別の群団方式、決算内容に応じて割戻金がある

デメリット:組合員以外の共済加入ができない、共済の種類が少ない、保障内容にセットが多く、保障商品の選択の自由度が低い

 

■共済には組合員以外は加入できない

生命保険に加入できる方は、日本国内に居住していれば、原則として誰でも(不特定多数)加入することが可能です。一方、共済保険は、原則としてある特定の条件を満たした(特定多数)を対象とした保障制度で、特定の地域に住む人・特定の職業に就く人などが共済組合に加入できます。その組合員を対象に行っている保障制度が共済保険です。

■共済保険の魅力は安い掛け金

共済の評判の良さは掛金の安さ。共済制度は「相互扶助の精神に則った組合員の助け合い」で成り立つ非営利事業ですので共済は掛金の安さが魅力です。

Japanese yen isolated on white background

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る