医療保険は安い商品が良い?医療保険の賢い選び方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

これから生命保険に加入するという方が気になる事とは何でしょうか?やはり「月額負担料金」という方も多いのではないでしょうか。安価な保険の種類はたくさんありますが、それでは、今度は保障内容が大丈夫か。という点で悩んでしまう事になるのではないでしょうか。実は、その逆なのです。生命保険はしっかりと保障をつけても安価で済む方法があるという事をここではご紹介していきたいと思います。必要な保証を整理する事でしっかりと保障を担保し、かつ、月額負担料金を安価にする秘密を今回は、ご紹介していきましょう。

1:新事実|「生命保険は月1,000円台でも十分」だと知ってますか?

di_img_5780_tp_v

このタイトル見て驚かれた方もいらっいますよね?でも、事実なのです。その秘密を3つの分類でご紹介していきましょう。

秘密 その1|公的医療保険を活用できる様にする

a1130_000327

秘密の1つ目は、ずばり、「公的医療保険制度」の活用に秘められています。この公的医療保険制度については、ご存知の方も多いのではないでしょうか。健康保険や国民年金保険に加入している方が受けれる国が主体となっている医療制度です。その中には、高額療養費や傷病手当金といった保障があるため、病気やケガで入院しても実際にはそれほどお金がかからない制度となっています。もちろん、全ての全てにおいて負担金額がゼロとなるという意味ではありませ。しかし、これらの制度を活用する事により自己負担額が格段に下がるという事は事実です。

特に、「高額療養費制度」というのは本当に強い味方です。多くの一般的な収入の人であれば、1ケ月に自分で負担する(窓口で支払う)医療費の上限は「8万円+α」となります。

注意)上限額は所得によって異なります。この数値は、月収53万円未満の一般層を対象で計算しています。

その他の味方として「傷病手当金」という制度があります。会社員の場合には、入院などで連続して4日以上会社を休んだ場合で会社からお給料が支払われない場合には、毎月の給料の3分の2に相当する金額が、最大1年6ヵ月間支給してくれる頼もしくうれしい制度です。もちろん、給与が3分の1減るわけですから、その分の補填については考える必要がありますが、収入が全くゼロではないという点は非常にありか難い制度です。

こうした事から、病気になっても医療費として支払うのは8万円程度までだし、会社員なら仕事を休んでもお給料の3分の2は保障される。だからこそ、「何十万円もの医療費なんて払えない。予め備えておかなければいけない!」と意気込む必要はないとも言えます。しかし、注意しておかなければいけないのは、会社員と自営業者では保障される制度や金額が異なるという点です。

こうした制度があるから、全てが問題ない!というのも間違えです。つまり、自分が受けれる保障内容と補填金額については整理をしておく事が大事になります。「保障=完璧」ではないという事ではないということです。また、会社独自の保障制度や補填がある場合もあります。こうした事も、予め理解しておく事も大事になるでしょう。

秘密 その2|病気、ケガの入院の保障のみを得る

生命保険の基本となる柱は、入院したときに保障される「入院給付金」という保障です。この入院給付金には、保険会社や個別の保険によって、さまざまな保障が組み合わあされており、種類も豊富にあります。

例えば、よく見る内容としては、

1)「女性疾病特約」女性特有の病気で入院給付金が上乗せされる特約17583700_s-300x200

2)「通院給付金」入院後の通院治療に支払われる特約

3)「先進医療特約」先進医療技術の治療費を保障する特約

4)「退院祝い金」退院した時に支給される一時金

5)「生存給付金」存命していれば数年ごとにもらえる一時金

といった物があります。特に1)2)3)については、今人気の医療保険商品には当然つける事が出来るのが普通になってきています。こうした特約を付けるとなんだか安心と思いせんか。だから、いろいろとつける事で、安心、うれしいと思ってしまうのは要注意です。こうした特約や保障は無償ではないという事です。すべて、金額の前後があっても有料という事を忘れないでください。保障がつけばつくほど、保険料は高くなるという仕組みがある事が前提となります。

たとえば「女性疾病特約」は本当に、貴方に必要ですか。可能性の話となりますが、入院する原因は女性特有の病気とは限りません。もしも、そうなったとしても、ほかの病気と同様に、高額療養費制度が使えるという点も注目した方が良いでしょう。こうした意味で、上乗せしてお金をもらう必要があるかについても考える必要があります。あそして「退院祝い金」も、もらえるに越したことはありませんが、わざわざもらう必要があるのでしょうか。実際には、なくても困らないものです。

こうした「絶対に必要な保証」にならない対象を特約として有料で付加する必要についても見直しをしていく事が大事になります。基本的には、入院した保障「入院保障」を主軸として考えていきましょう。

秘密 その3|貯蓄できるまでの間と決める

Female Doctor Holding Piggy Bank

「一生涯安心」という言葉、生命保険のCMでは必ずといっていいほど出てくるフレーズではないでしょうか?このフレーズに引かれて医療保険を選ぶ人も多いです。この保障が一生涯続くとは、医療保険の中で、「終身タイプ」(終身型)といわれている商品の事を示しています。例えば、「年をとるほど病気やケガをしやすい。一生涯安心な保険(終身型)でなければ意味がないのではないの」と考えがちです。でも、ここで注意してほしいのは一般的に「貯蓄150万円以上」あれば、たいていの病気や怪我には対応できるという事です。この150万円という金額は、一つの目安ですが一般的な平均という事で認識して頂ければと思います。当然ながら、この金額で余る場合もあれば足りなくなる場合もありますので、目安という事で認識しておいてください。

先程もご紹介しましたが、「高額療養費制度」を活用すれば1ケ月の負担は8万円+α、1年のうち(1月~12月)に4回以上、自己負担額が上限を超えると、4回目以降は月4万4,400円まで負担額が下がります。先程ご紹介した医療費用の「150万円」を準備しておけば、2年半ほど多額のお金がかかっても大丈夫な計算となります。こうしたことから言えるのは、「医療保険に入っておいたほうがいいのは、150万円貯まるまでの一定期間だけ」ともいえるのです。当然、この150万円を貯蓄できるまでの期間は、人によります。しかし、はやければ早いほど、生命保険の負担額を支払う期間が短くて済むという事にもなるのです。

これらを言い換えると、生命保険は終身型である必要性は絶対ではなく、一定期間だけを保障する「定期型」というタイプでも十分なのです。60歳位までであれば、保険料は終身型より定期型の方が、年齢によっては同じ条件でも1/2をめどに、安価に済む場合が多いでしょう。しかし、定期型の場合には保険料は一定期間ごと(契約の更新m10年ごとなど)に見直しがされ値上がりする事が一般的です。その為、保険料が安いうちに、ういた部分の金額を貯蓄に回して150万円を貯めしまうこと。「備えはあるから医療保険はやめてもいい」という状態にしてしまう事のが良いという事になります。

「生命保険に入るのは貯蓄が増えるまで」と決めてしまえば、保険料が高い終身型でなく、保険料が安い定期型でよくなりますので、安価な1,000円台の保険料で済ませてしまうという事を考える事ができるのです。

ここまでの内容でお伝えしたいのは、必要な物だけにして如何に安価で済ませるのかという事です。しかし、決して忘れてはいけないのは保障という事を安易に考えないという事です。必要な保証が無い状態で安価という事だけに特化すると、150万円を貯蓄できるまでの間にもしも…という事があった場合には選択肢が少なくなるという事です。公的医療制度を活用しつつ、必要な保証は確実に網羅しておく事が大切だという事を忘れないでください。

2:ご紹介|安価な保険特集img_3d91bc1d4a309f0aac38ca36152c6fca58008

現在は、インターネットで加入できる保険も増えてきています。その為、テレビCMで見かける保険商品以外にも、たくさんの保険会社から、いろいろな種類の保険商品が販売されています。その中には保障が最小限で、かつ保険料が安く、1,000円台の医療保険もあるのです。ここまでご紹介した内容を基に実際に1000円台の保険料となる医療保険についてもご紹介しておきましょう。具体的な商品を知るとより、イメージがつかみやすくなります。ここでは、人気の商品についてご紹介していきます。

紹介商品1|楽天生命『ピンポイント』

「入院給付金は1日あたり」で支払われるのが普通ですが、この保険は1泊2日以上の入院なら1回10万円を補填とかなりとスッキリした仕組みとなっています。こちらは、保険料が安く、そして終身型となっています。

【特徴】

〇:保障内容がシンプルでわかりやすい
〇:入院日数は関係なく、1泊以上の1回の入院で10万円と決まっているから退院を待たなくても、すぐに請求できる
△:終身型といえ、保険料は格段に安い商品(よくも悪くも取れます)

%e6%a5%bd%e5%a4%a9%e7%94%9f%e5%91%bd%e3%80%8e%e3%83%94%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%8f

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紹介商品2|三井ダイレクト損保『℮入院保険スーパープラス』

とにかく安価です。それだけでも特徴としては目立ちますが、入院給付金のほかに手術給付金などもついている、十分な保障ではないでしょうか?

【特徴】

〇:保障がとにかくシンプルです。

〇:契約は、定期型

〇:保険料が激安

%e4%b8%89%e4%ba%95%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%82%af%e3%83%88%e6%90%8d%e4%bf%9d%e3%80%8e%e2%84%ae%e5%85%a5%e9%99%a2%e4%bf%9d%e9%99%ba%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紹介商品3|都道府県民共済 生命共済・入院保障2型

共済とは、利益をあげることを目的しない、助け合いの精神で運営されているものです。そして、誰でも加入することができます。こちらの商品展開も、いろいろな保障がパックになっていて、凄くシンプルとはいえませんが、それでも掛金が割安というのが人気の秘密です。それだけではなく、余剰金(掛金から保険金の支払いなどを引いた残り)は加入者に払い戻しされる仕組みが備わっています。

都道府県ごとに多少の違いがある事も特徴の1つですが、例えば東京都民共済の表のプラン(生命共済・入院保障2型、月掛金2,000円)の場合の平成25年度分の割戻金は7,814円(割戻率32.56%)となっています。 つまり、月掛金は実質1,350円程度で済むという事になります。
割戻率は都道府県によって、また年度によって異なり、必ず同じ保証がされていると確約されているものではありませんが、かなりリーズナブルであることは間違いありません。この金額に人気が集まっており、加入者人数は年々増加傾向になっているのも事実です。

【特徴】

〇:民間の生命保険会社とは異なる団体です。余剰金が割戻金として戻ってくるので、実質的な掛金はさらに安くなる特徴があります。
×:保障がいろいろつく為、シンプルとは言えません。その為、請求漏れをしないように注意が必要となります。

如何でしょうか?「生命保険=高い」というイメージが払拭される商品ではないでしょうか。こうしてみてみると生命保険の金額にも幅があるという事になります。生命保険は、保障が充実していけばいくだけ高額になります。先程ご紹介した150万円の貯蓄が出来るまでの間という事であれば、完全に割り切って商品を選ぶ事もできるという事です。しかし、これはこれで問題があります。150万円を如何に効率よく貯める事ができるかという事か、そして、150万円がたまるまでの間での保障が限られているという事です。その為、やはり如何に効率よく短期間で150万円を貯蓄できるかがカギとなります。ここに注意しておく必要がある点を充分に理解しておきたいという事になります。生命保険というと、医療保障などを保障を如何にするか、イザという時に備えるかというための商品となります。その為、生命保険という医療商品を選ぶか現金でいくかは自由となりますが、自分にあった方法は慎重に選ぶ必要性があるという点はくれぐれも理解しておきたいものです。

3:生命保険を安価にする方法

今度は、生命保険を安価にする方法についてもご紹介していきましょう。生命保険については、ポイントを押さえれば今加入している商品を安価にする方法があるのです。今加入している保険が安価になる事は毎月の家計での負担が下がります。こうした事を行う事で、家計に優しく解約のリスクを抑える事ができるのです。

見直ポイント1|入院給付金は日額5,000円3bbc2b273b26c073c75748cdcd043a1c_s

今の入院給付金をいくらに設定していますか。入院給付金が高ければ高いほど安心と思っていませんか。今は入院給付金は1日あたり1万円を勧めている保険会社が多くなってきます。当然ながら、給付金の額が大きくなれば、その分、毎月の保険料は高くなります。実際に1日あたり5,000円と1万円では、保険料の金額は2倍となります。

もしもの病気や怪我について心配し過ぎる事でて高い保険料を払っていると、必然的に家計の負担が大きくなり貯蓄が増えていくスピードが下がってきます。この為、大きな買い物をしたり、子どもの学費の為の支出などの医療費以外の大きなお金の準備できません。確かに高額療養費もあるので、大事なお金の使い道を保険料の為だけに使うのはもったいない話です。そこで、1日5,000円の安い保険でいい、と割り切る事も大事です。この5.000円は実際に妥当な金額と言えます。差額ベット代などを考慮しても、大きく不足する金額ではないと言えます。しかし、個室を希望する場合や食事なども特別にしない場合には、この金額で基本的な事が賄える金額います。この様に、妥当な金額を準備する事が生命保険の保険料が過剰に高くなる事を防ぐ方法の1つでもあるのです。

見直しポイント2:保障はとことんシンプルすべし!

がん・急性心筋梗塞・脳卒中を手厚く保障する「三大疾病特約」が付いた保障などが沢山あります。しかし、ここではあくまでも「シンプルな入院保障があればいい」という事が大事なポイントになります。これは、実は大切なポイントになります。保険という商品は、特典を付ければつける程、高額となる事は既にお話しした通りです。例えば、女性特有の病気という事であれば保障が非常に安心となります。しかし、これも高額療養費制度の対象となります。繰り返しとなりますが、特別な医療保障を求める物だけを生命保険の対象とする事が大事になります。こうした事は安いという事だけを求めるのではなく、本当に自分が必要である事に絞りこむことが大事なのです。保障という安心は求めれば求めるだけ上乗せする事となります。しかし、どこかで妥協をする事も大事になるのです。こういう考え方が、今後の保障を整理するポイントとなります。

見直しポイント3:|「もらわなくても困らない保障」とは何かdetail_img

今度は、視点を変えてみましょう。まずは、経済的にいくらまでの保険料が支払えるかです。ここで、無理をする必要はありません。その金額が継続して負担とならない金額を算出してみます。算出した金額に生命保険を合わせていく考え方です。安いからという事では、断然、こちらの方が商品を選びやすいといえます。

ここで算出した金額で、どんな保障がつけれるかという発想でいくと、例えば、3年ごとのお祝い金などは不要という事が分かってきます。こうした事を積み重ねていくことで、安い保険でも自分の希望に沿った生命保険を選ぶ事が出来る様になってくるというわけです。ここで年頭におくのは、「もらわなくても困らない」のは何か?を考えるという事です。この事を忘れないでおくと、保険料を安くする事になります。

見直しポイント4:生命保険は定期型に

定期型は終身保険と比べて安いというのが特徴です。定期保険の特徴としては、更新の都度、保険料が見直され高くなっていきます。しかし、数年は終身保険料の方が格段に高いと言えます。そこで、終身保険よりも安い時期を効率的に使う事が保険料を下げる方法でもあります。そこで、生命保険は定期型で考えましょう。前提として、定期型を選ぶ事で保険商品の選択範囲が絞られてきます。定期型といっても、終身保険と同じ様な保障をつける事は当然できます。その為、加入している間には充分な保障を得る事ができるという事です。不安だから、若いうちに終身保険に加入すると考える方も多いのですが、ここも割り切る事が必要です。内容を整理し、安い金額で同等の保障という事を考えると定期型の方が断然お得という事を忘れない様にしましょう。

4:見直し手順を整理

では、実際に今の生命保険を安くする見直しをしていきましょう。ここでご紹介している方法を使う事で、今加入している保険を整理しやすくする事が必然的にできます。今ある保険を、「安くする=解約する」という事はやめましょう。端的に考えて、保険を解約して新しい保険に加入するという事ではなく、今ある保険を如何に整理するかについて注力していく事が大事だという事です。当然ながら、ここでご紹介する方法は保険商品を賢く選ぶ方法にもなります。

手順1:無駄はない?8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

見直しをするポイントです。

1)そもそも生命保険は必要でしょうか?

2)複数の加入があれば、保障がダブっているかどうかを見極める

3)自分にとって必要な保証以外はないか?

4)保険料に無理はないか?

まず、根本的な事です。そもそも、生命保険が必要かどうかです。先程からご紹介している通り、医療費用として必要となる貯蓄金額は150万円が1つの目安です。今の自分の貯蓄金額の確認をすると同時に、今現在の収入と支出をベースに150万円の貯蓄計画を立ててみましょう。すでに、その貯蓄があれば安心ですが、今から準備するためには、どの程度の期間が必要であるかがカギとなります。

ここで確認したい事があります。勤務している会社によっては高額療養費の付加給付(1ケ月の医療費が2万円を超えた分を支給してくれる)などといった、見舞金の支給などという福利厚生が充実している場合あがります。せっかく会社が用意してくれている制度でも、実際に知らなくて活用できていない場合もあります。こうした事を防ぐ事は、会社に確認する事しかありません。特にこういった制度は、活用しない手はありません。特に大手の企業に勤めていらっしゃる場合には、「会社の保障が充実している。だから医療保険はやめました」というケースがあるほどです。

次に、複数の保険に入っている人の場合です。意外とありがちなのが、保障内容がダブっている場合があるという事です。具体的には「生命保険会社の医療保険に入っているけど、勤務先で勧められた保険(その会社の従業員向けに販売されている割安な保険)にも入っている」とか、「医療保険と県民共済に入っている」などという場合です。この商品は安いからという理由で、複数の保険に加入してしまっている場合があります。こうした場合には、保障内容がダブっている事もしばしばあります。そこで、これらのダブリをなくす事で無駄な契約内容を整理する事ができるのです。ダブっている人もそうですが、実は「加入している保険はひとつだけ」という人も見直しが出来る場合があります。女性疾病入院給付金、退院祝い金など、なくても困らない保障ついていれば、それを整理するという方法です。特に加入した時期が前であれば、見直しできるポイントが多いのです。契約形態の古い保険は、保障内容が盛りだくさんであり、保険料が高いのが一般的です。もしも、保障内容が不明確な方は、証券を保険会社に持ち込む事で見直しを手伝ってくれますので、安心しましょう。

手順2:見直し方法の整理

見直しをするには

1)解約する

2)保険に入りなおす

といった、方法があります。もしも、医療保険なしで大丈夫と決断できたら、思い切って解約しましょう。ここで解約した保険料は、当然ですが預金に回していきましょう。毎月まとまった金額を貯蓄する事が出来る様になります。しかし、人の心理としてはやはり「ゼロにするのはちょっと怖い」という方も多いでしょう。こうした方は思い切って、保障が最小限で安い保険に入り直す、という方法を選択しましょう。前述している通り、いかにシンプルな保険に入り直すか、という方法です。現在は、インターネットを活用すると面白いほど安い保険を見つける事ができます。インターネットだけでは不安という場合には、まずは資料請求をしましょう。資料を並べて比較する事で、じっくりと保険商品を選ぶ事ができる様になります。こうした方法をとる事で、たとえば月8,000円の保険をやめて月1,000円の保険に入り直したら、月7,000円、年間8万4,000円、3年で25万円の節約になります。ただし、ここで大事な注意点があります。ここで浮いた分を如何に貯蓄するかとう事です。今回の目的は、あくまで貯蓄を行う事にあります。その為には、こうした施策をもって毎月の保険料を安くするのですから、浮いた分は確実に貯蓄に回しましょう。

そして、今現在、持病がある人、又は病歴によっては新しい保険に加入することが難しい場合があります。こうした場合には、現状の保険を早期に解約せず、無駄な部分を整理する事にしておきましょう。

まとめ|生命保険を節約するポイント

life

ここまでの内容は、如何でしたでしょうか?生命保険を安くする理由やその方法をご理解頂けましたか?貯蓄を行うかどうかは別として、そもそも生命保険をシンプルにする事は非常に大切です。シンプルな保険であれば、加入した後の請求もしやすく確実に保障を受ける事に繋がるという事です。

最後に、もう1度、ポイントを整理しておきましょう。

1)保険は、保障内容を最小限にする。

2)保険料が安いものを選ぶ

3)保障は入院と手術の保障で充分である

4)特約内容を整理する

5)保険を貯蓄商品とは考えない

の5つが今回ご紹介した内容をまとめたポイントです。如何ですか?こうして整理すると簡単に見えませんか。実は本当に簡単な事なのです。自分自身が決める事が出来れば、このポイントを網羅する事は実は非常に簡単なのです。難しいと思えば難しいかもしれませんが、シンプルにすると決めればする事は非常にシンプルに考える事ができます。保障内容を整理する場合にも、ここでご紹介している通り本当に必要なもの(最小限にする)ということを念頭においておけば見直しは簡単です。もちろん、あれもこれもつけたいという気持ちはわかります。しかし、それが本当に必要なのか?という観点で整理する事が大事になるのです。繰り返しになりますが、生命保険の保障内容を如何にシンプルにするかという事に徹していけばよいという事になります。先程も少し触れましたが、今回は保険が無くても治療に困らない150万円を貯蓄する事を前提としてお話ししております。しかし、これは、通常の保険商品を見直す際にも大切なポイントなのです。気が付けば、保障内容が重複している事は多々あります。無駄な部分(重複している)を整理する事で、実は今の保険料を格段に下げる事ができる事ができるということです。

今回ご紹介した内容は、実は、自分、家族の保険から無駄をなくす最高に効果的な方法になります。保険商品を見直すだけで、貯蓄ができるというのは実はすごい事なのです。貯蓄を行うと今以上に使える金額が減るというイメージがつきものです。しかし、今回の方法は今まで支出となっていた物を貯蓄に回すだけです。つまり、余計な出費が増えるという事ではありません。だから、その分を貯蓄に回す方法として有効でもあるのです。実際に、保険の内容を見直す事で月10,000以上の金額に差が出る事も多々あります。この金額を貯蓄に回せるという事は、家計にとっては大きな事です。こうした事を重ねていく事がいずれは大きな金額となるという事を念頭において頂きたいと思います。しかし、無理はしないという事も大切です。無理をして保障を外してしまい、イザという時に困る事がない様にしましょうという事です。貯蓄はあくまで貯蓄です。ある程度の金額が貯まるまでの間は、やはり生命保険の商品に頼るしかないという事も理解しておく事が大事です。こうした事などを踏まえ、バランスよく生命保険商品と貯蓄の促進をすすめていく事。これが、今後の課題となるでしょう。

生命保険と貯蓄、どちらの方法を選ぶかは考え方次第ですが1つの方法としてとらえて、自分にあった方法を選んでいきましょう。150万円という金額を貯蓄するのは、それらなりの時間がかかりますが方法を整理し確実に貯蓄をしていきましょう。

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る