フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」を徹底解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

学資保険は、お子さんの教育資金を積み立てることや、お子さんの医療保障等を目的した保険です。現在、加入を検討中の保護者の方々も数多くいらっしゃることでしょう。

学資保険の中に、将来の充実した教育のため、お子さんが一定の年齢になるまで資金をコツコツ積み立てていくタイプの保険があります。

それが、「貯蓄型学資保険」です。このタイプの学資保険は非常に人気が高く、数多くの保険商品が販売されています。

ただし、たくさんの保険商品が販売されている分、どのような保険がベストなのか迷われることもあるでしょう。

そこで今回は、フコク生命の学資保険である「みらいのつばさ」を紹介します。この保険は、2種類のプランがあり、加入契約者が好みのプランで将来の教育資金の受け取り方を選ぶことができます。

この学資保険みらいのつばさ」の特徴やプラン別のモデルケース、加入者の口コミを取り上げます。

この記事を読めば、学資保険みらいのつばさ」の特色を理解することができ、学資保険選びをする際の有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.学資保険について

  • 1-1.学資保険とは?
  • 1-2.貯蓄型の学資保険は人気が高い
  • 1-3.フコク生命について

2.子の教育資金はどのくらいかかる?

  • 2-1.幼稚園~高校の教育資金
  • 2-2.大学進学の教育資金
  • 2-3.兄弟がいると・・・

3.学資保険「みらいのつばさ」について

  • 3-1.みらいのつばさの概要
  • 3-2.みらいのつばさの保険内容
  • 3-3.その他の注目点

4.みらいのつばさS(ステップ)型について

  • 4-1.S(ステップ)型とは
  • 4-2.S(ステップ)型の保険料を考える
  • 4-3.事例をあげてシュミレーションしてみる

5.みらいのつばさJ(ジャンプ)型について

  • 5-1.J(ジャンプ)型とは
  • 5-2.J(ジャンプ)型の保険料を考える
  • 5-3.事例をあげてシュミレーションしてみる

6.学資保険「みらいのつばさ」の評価について

  • 6-1.肯定的な意見
  • 6-2.批判的な意見
  • 6-3.口コミを参考にする際の注意点

7.まとめ

1.学資保険について

現在、子が0歳だが教育資金をコツコツ積み立てることを検討している。貯蓄の他に学資保険と呼ばれる、子の教育資金が受け取れる保険に関心がある。

その中でも、フコク生命の学資保険の評判をよく耳にする。

まずは、学資保険とはどんな保険なのか?現在の学資保険で人気となっているものは何かを知りたい・・・・。

こちらでは、学資保険の特徴と、現在人気のある種類、そしてフコク生命について説明します。

1-1.学資保険とは?

学資保険とは、子の将来の教育資金を一定の時期に受け取ることや、子の病気やケガ等をした場合に保障を受けることができる、生命保険会社等が取り扱う民間の保険です。

教育資金の積み立てを目的とする学資保険に加入すると、保険料を毎月コツコツ支払い、子が契約で決めた年齢になると満期保険金を受け取ることができます。

また、進学の際に一時金として入学祝金を受け取ることができる保険もあります。

加入契約者(保護者等)は、被保険者である我が子がどのタイミングで満期保険金・入学祝金を受け取れば良いか、慎重に検討する必要があります。

1-2.貯蓄型の学資保険は人気が高い

教育資金の積み立てを目的とする学資保険は、「貯蓄型学資保険」と呼ばれ、返戻率の高さで人気が集まっています。

この返戻率とは、支払保険料総額と、契約で取り決めた受け取るお金の総額の割合を言います。支払保険料総額より満期保険金等の総額が多ければ、加入契約者にそれだけ利益が出ることになります。

支払保険料総額を100%とする場合、この割合を少しでも超えた割合になれば、加入契約者の利益が発生したことになります。

例えば、支払保険料総額が100万円であれば、受け取る満期保険金等の総額が125万円であった場合、25万円の利益が出たことになります。この利益が出る割合が多ければ多いほど返戻率が高いと評価されます。

一方で、支払保険料総額が同じ100万円でも、受け取る満期保険金等の総額が100万円を下回るケースもあります。このように、既に支払った保険料よりも実際に受け取るお金が少ないならば「元本割れ」を起こしたことになります。

1-3.フコク生命について

フコク生命の正式な社名は「富国生命保険相互会社」です。日本では非常に歴史のある生命保険会社で、もともと「徴兵保険会社」であり、富国徴兵保険と称していました。

この徴兵保険とは養老保険の一種であり、子が小さいうちから加入しておくと、その子が徴兵されたときに保険金が給付されるという内容でした。

戦後は、生命保険会社に転換しています。7つの保険商品を販売しており次のような保険内容となっています。

○保険商品

保険商品 名称 内容
学資保険 みらいのつばさ 今回紹介する保険で、返戻率の高さや、他社では想定されていない兄弟割引等を設定している人気商品です。
複合型保障 未来のとびら 死亡、身体障害・介護、就業不能、病気・ケガ、高度ながん治療等の様々な備えを想定し、加入者のニーズにあわせて保障を自由に組み立てることができる保険です。こちらの保険は主契約がないので、加入者各自が必要な保障だけを組み合わせることができる点に、他社には無い強みがあります。
医療保険・がん保険 医療大臣プレミアエイト 病気やケガはもとより、がん・心筋梗塞・脳卒中をはじめとした8大生活習慣病を手厚く保障する保険です。8大生活習慣病の場合、入院の支払い日数が無制限になる等、長期入院の必要がある患者には向いている保険です。
医療保険・がん保険 メディコムプラス 健康保険等の原則3割自己負担分のみならず、先進医療および自由診療の治療費がサポートされる保険です。他社では、先進医療は特約と言う形で付加できるのですが、健康保険や診療報酬が適用されない診療である自由診療も金銭的サポートに含まれます。自由診療も対象となる保険商品は、フコク生命保険を含めてごくわずかです。自由診療を望む加入者にとっては頼りになる保険と言えます。
個人年金保険 みらいプラス 豊かな老後を送るための資金の準備等を主目的とする保険です。ただし、そればかりではなく医師の診査が不要で、かつ、職業のみの告知で簡単に加入できるのも魅力です。また、老後ばかりではく0歳から加入できるため、個人年金を各ご家庭の事情に合った運用で受け取ることができます。
定期保険 無配当定期保険 一定期間の死亡保障を準備したい方へ、割安な保険料で高額の死亡保障が約束される保険です。5年や10年に満期となる契約をしても、加入者側から申出がない限り、契約は80歳まで自動更新されます。面倒な更新手続きもなく長期にわたって保障が継続できます。
経営者向け定期保険 オーナー・プランZ 経営者の方向けに大型保障が長期にわたって約束される法人保険です。保険期間は70歳満期・75歳満期・80歳満期・85歳満期・90歳満期・95歳満期の6種類と他社と比較しても豊富な選択肢が用意されています。また、死亡保険金の保障ばかりではなく、解約することで解約払戻金が支給されます。この解約払戻金を、保険期間の途中で退任した役員の退職慰労金として利用することも可能です。

○会社概要

社名 富国生命保険相互会社
創立 1923年11月
基金 1,160億円(2017年3月末現在)
総資産 6兆5,656億円(2017年3月末現在)
従業員数 12,644名(2017年3月末現在)
支社 全国62カ所
営業所 全国467カ所

2.子の教育資金はどのくらいかかる?

学資保険に加入を検討中だが、そもそも子の教育資金はどの位かかるのだろう?

大学入学も昔よりは容易になり、他の保護者の方々も大学への進学費用を想定しているはずだ・・・・。

こちらでは、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学に必要な教育資金の目安を説明します。

2-1.幼稚園~高校の教育資金

こちらでは幼稚園、小学校、中学校、高校の公立・私立の学校教育費をそれぞれ比較し、その費用の違いを取り上げます。

なお、この学校教育費には授業料をはじめ修学旅行・遠足・見学費、学校納付金、図書・学用品・実習材料費、教科外活動費、通学関係費等が該当します。

公立・私立の学校教育費はそれぞれ下表の通りです(文部科学省報道発表:平成26年度「子供の学習費調査」の結果についてを参考に作成)。

幼稚園~高校 公立学校教育費 私立学校教育費
幼稚園 1年間:119,175円

3年保育:357,525円

1年間:319,619円

3年保育:958,857円

小学校 1年間:59,228円

6年間:355,368円

1年間:885,639円

6年間:5,313,834円

中学校 1年間:128,964円

3年間:386,892円

1年間:1,022,397円

3年間:3,067,191円

高校 1年間:242,692円

3年間:728,076円

1年間:740,144円

3年間:2,220,432円

公立と私立の費用は、義務教育である小学校・中学校で大きな差となっています。公立小学校・中学校は授業料が義務教育のため0円である分、私立小学校・中学校との費用の差は、小学校(6年間)で約15倍、中学校(3年間)で約8倍となっています。

また、公立でも私立でも学校教育費の他、給食費や子を塾に通わせる費用も加えれば、必要な教育資金は更に大きくなります。

2-2.大学進学の教育資金

こちらでは、国立大学、公立大学、私立大学の学習費を比較します。学習費とは授業料をはじめ修学費・課外活動費・通学費、その他の学校納付金等を指します。

国立・公立・私立の学習費は下表の通りです(独立行政法人日本学生支援機構『平成26年度学生生活調査』結果の概要を参考に作成)。

大学 国立 公立 私立
学習費 1年間:647,700円

4年間:2,590,800円

1年間:666,300円

4年間:2,665,200円

 1年間:1,361,600円

4年間:5,446,400円

やはり、最も費用がかかるのは私立大学となります。なお、表の学習費の他、国立・公立・私立いずれの場合も、初年度の入学金や留学を予定するなら留学費用、お子さんがアパートで一人暮らしする場合にはその生活費と、更に多くの教育資金が必要になります。

2-3.兄弟がいると・・・

前述した幼稚園~高校の学校教育費、大学の学習費は一人の子を目安にした教育資金であり、二人目、三人目の子ともなれば、その必要な教育資金は非常に多額となります。

ただし、子の考え方はそれぞれ異なり、大学進学を望む子もいれば早めに就職をして、自分自身で生計を立てたい子もいることでしょう。子の各々の進路は、子自身で決定し保護者は子を全面的にバックアップするべきです。

進路希望が兄弟または姉妹とも大学進学で同じならば、平等に教育を受ける機会を与えたいものですが、兄弟姉妹が私立大学まで進学することになると、とても貯蓄だけで教育資金を賄うことは困難です。

そのため、前々から何らかの備えを準備し、最も教育資金が必要なタイミングで活用できるように考慮することが大切となります。

3.学資保険「みらいのつばさ」について

教育資金は子が一人だけでも多くの費用が必要だ・・・・。二人目・三人目ができたとなると、子の希望を一番にしたいが兄弟・姉妹で平等に教育を受ける機会を与えたいものだ。

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」では、2種類のプランや兄弟に関係する保険内容でユニークなサービスを設けていると聞く。

「みらいのつばさ」について詳細を知りたい・・・・・。

こちらでは学資保険「みらいのつばさ」の保険内容や注目点を説明します。

3-1.みらいのつばさの概要

みらいのつばさは貯蓄型学資保険です。教育資金の積立を主目的としています。医療保障のような子の病気・ケガによる保障は設けられていません。

選択できるプランは2種類で、子の成長に合わせてお祝い金を受け取れる「ステップ型」、大学入学資金に重点を置いた「ジャンプ型」があります。ステップ型・ジャンプ型ともに、保険料払込期間は11・14・17歳から選択できます。

この保険は子の出生前から加入でき、出産予定日の140日前から最高7歳まで加入することが可能です。契約者(保護者等)の年齢は、男性の場合は18歳~70歳まで、女性の場合は16歳~70歳までとなっていますが、子の年齢によって契約者の年齢の上限も異なります。

3-2.みらいのつばさの保険内容

みらいのつばさにステップ型・ジャンプ型の2種類があることは前述しましたが、受け取れる入学祝金の割合は、この2種類で異なることの他、契約した時点での被保険者(子)の年齢によっても異なります。受け取る条件および下表を参照して下さい。

〇入学祝金を受け取る条件

被保険者(子)が、下表の満年齢に達した直後の11月1日(11月1にその満年齢に達した時はその日)に生存していることが必要です。

〇入学祝金の受取金額

被保険者

(満年齢)

ステップ型

(0~1歳)

ステップ型

(2~4歳)

ステップ型

(5~7歳)

ジャンプ型
2歳7ヵ月 5%
5歳7ヵ月 5% 5%
11歳7ヵ月 10% 10% 10%
14歳7ヵ月 10% 10% 10%
17歳7ヵ月 70% 70% 70% 100%
19歳7ヵ月 10% 10% 10%

3-3.その他の注目点

満期保険金等を受け取るプランの他、主に2つの点が注目すべき点です。

〇兄弟割引

被保険者(子)の兄弟姉妹が既に加入している場合、新たにみらいのつばさ加入すれば兄弟割引が適用され、支払う保険料が割安になります。それだけ返戻率は高くなります。ただし、次の条件に全て該当することが必要です。

  • 加入契約者から兄弟割引を希望する旨の申出があること。
  • 被保険者の兄弟姉妹を新たに被保険者とする保険契約(第2契約)があり、この契約を締結する際に、既に締結している契約(第1契約)が有効で、かつ、払済保険へ変更していないこと。
  • 第1契約と第2契約の加入契約者が同一人物であること。

〇払込保険料免除事由

払込保険料免除事由とは、加入契約者(保護者等)が亡くなったり高度障害状態になったりした時には、以後の保険料の支払が不要となり、契約通り満期保険金や入学祝金が受け取れる措置を言います。

この様な措置をとっているのは、加入契約者が保険料を支払えなくなった時に、教育資金の積立の継続に支障が出ることがないようするための配慮といえます。

払込保険料免除事由は、加入契約者が次のような状態になった場合に適用されます。

  • 加入契約者の死亡:加入契約者が保険料払込期間中に亡くなった場合に対象となります。
  • 高度障害状態:加入契約者が責任開始期以後の原因により保険料払込期間中、高度障害状態になった場合が対象となります。
  • 身体障害の状態:加入契約者が、責任開始期以後の不慮の事故によりその日から180日以内で、かつ、保険料払込期間中所定の身体障害の状態となった場合に対象となります。

4.みらいのつばさS(ステップ)型について

学資保険「みらいのつばさ」、兄弟割引や払込保険料免除事由等、なかなか各家庭の事情を考えた保険商品のようだ。

では、満期保険金や入学祝金が受け取れるプランであるS(ステップ)型について詳しく知りたい・・・。

こちらでは、S(ステップ)型の特徴と事例をあげて満期保険金・入学祝金の受取額・返戻率を説明します。

4-1.S(ステップ)型とは

入園・入学等の進学にかかる教育資金を総合的に準備できるプランです。進学するたびに入学祝い金が受け取れます。

前述した学校教育費のみならず、子が進学していく場合には、制服やカバン等を揃えたり、学習机・教材も新しく購入したりする必要があるかもしれません。

また、公立・私立の小学校、中学校では、必要な教育資金に大きな差がります。

入学祝金は進学の際に必要な制服・カバン、学習机・教材の購入費や、私立学校の場合は学校教育費の一部に充てることができます。

もっとも、貯蓄が十分にあり入学祝金を教育資金に充てる必要がない場合は据え置いても構いません。

その場合には据え置いた入学祝金に利息も付くので、入学祝金を一番欲しいタイミングで受け取ることをおすすめします。

4-2.S(ステップ)型の保険料を考える

こちらのプランの保険料については次のようになります。加入契約者が男性か女性かで若干保険料は変わります。下表を参考にしてください。

[事例]

  • 支払い方法:口座振替月払
  • 満期保険金額:100万円
  • 祝金・満期保険金受取総額:210万円
保険料払込期間 加入時:被保険者0歳 加入時:被保険者1歳
被保険者:11歳まで

契約者:30歳男性

15,186円 16,742円
被保険者:11歳まで

契約者:30歳女性

15,157円 16,713円
被保険者:14歳まで

契約者:30歳男性

12,131円 13,106円
被保険者:14歳まで

契約者:30歳女性

12,100円 13,076円
被保険者:17歳まで

契約者:30歳男性

10,170円 10,839円
被保険者:17歳まで

契約者:30歳女性

10,136円 10,805円

4-3.事例をあげてシュミレーションしてみる

こちらでは事例をあげて、入学祝金を受け取るタイミングや入学祝金・満期保険金の受取金額、返戻率を取り上げます。

[事例]

  • 加入契約者:父親30歳
  • 被保険者:子0歳
  • 保険期間:22歳満期
  • 保険料払込期間:11歳まで
  • 支払い保険料:15,186円(口座振替月払)
  • 満期保険金額:100万円
  • 祝金・満期保険金受取総額:210万円

〇入学祝金・満期保険金

受け取るタイミング 受取金額
子3歳時:幼稚園入園祝金 5万円
子6歳時:小学校入学祝金 5万円
子12歳時:中学校入学祝金 10万円
子15歳時:高校入学祝金 10万円
子18歳時:大学入学祝金 70万円
子20歳時:成人祝金 10万円
子22歳時:満期保険金 100万円

〇返戻率等

返戻率等 金額・率
受取総額 2,100,000円
払込保険料総額 2,004,552円
返戻率 約104.7%

5.みらいのつばさJ(ジャンプ)型について

S(ステップ)型は、入学祝金も進学の度にもらえて非常に興味深いが、何とかコツコツ貯金をしていけば子が大学に入学するまでは学資保険を使わずに済むかもしれない・・・。

では、大学への進学に重点をおいたプランであるJ(ジャンプ)型について詳しく知りたい・・・。

こちらでは、J(ジャンプ)型の特徴と事例をあげて満期保険金・入学祝金の受取額・返戻率を説明します。

5-1.J(ジャンプ)型とは

大学進学に重点をおく教育資金を準備できるプランで、入学祝金を大学入学時にまとめて受け取ることができます。

前述したように、大学に入学すれば国立・公立・私立大学で大きく学習費が異なることに加え、都心の大学に進学するため、子が地方から親元を離れてアパート暮らしをする費用もかかる等、まとまった資金が必要になる場合があります。

大学進学の際の入学費や初年度の学習費、引っ越し代金や、アパートの契約に関する費用をこちらのプランで補うことが可能です。

入学祝金・満期保険金を一度にもらうプランとなりますので、返戻率もS(ステップ)型より高くなります。

5-2.J(ジャンプ)型の保険料を考える

こちらのプランの保険料については次のようになります。加入契約者が男性か女性かで若干保険料は変わります。下表を参考にしてください。

[事例]

  • 支払い方法:口座振替月払
  • 満期保険金額:100万円
  • 祝金・満期保険金受取総額:200万円
保険料払込期間 加入時:被保険者0歳 加入時:被保険者1歳
被保険者:11歳まで

契約者:30歳男性

14,354円 15,825円
被保険者:11歳まで

契約者:30歳女性

14,327円 15,797円
被保険者:14歳まで

契約者:30歳男性

11,467円 12,388円
被保険者:14歳まで

契約者:30歳女性

11,438円 12,360円
被保険者:17歳まで

契約者:30歳男性

9,614円 10,246円
被保険者:17歳まで

契約者:30歳女性

9,581円 10,213円

5-3.事例をあげてシュミレーションしてみる

こちらでは事例をあげて、入学祝金を受け取るタイミングや入学祝金・満期保険金の受取金額、返戻率を取り上げます。

[事例]

  • 加入契約者:父親30歳
  • 被保険者:子0歳
  • 保険期間:22歳満期
  • 保険料払込期間:11歳まで
  • 支払い保険料:14,354円(口座振替月払)
  • 満期保険金額:100万円
  • 祝金・満期保険金受取総額:200万円

〇入学祝金・満期保険金

受け取るタイミング 受取金額
子18歳時:大学入学祝金 100万円
子22歳時:満期保険金 100万円

〇返戻率等

返戻率等 金額・率
受取総額 2,000,000円
払込保険料総額 1,894,728円
返戻率 約105.5%

6.学資保険「みらいのつばさ」の評価について

学資保険「みらいのつばさ」、なかなか魅力的な保険内容だが、加入者はどんな率直な意見をもっているのだろう?

利用者の肯定的な意見、批判的な意見も含めて是非聞いたみたい・・・・・。

こちらでは、利用者の口コミを紹介し、口コミを参考にする場合の注意点も指摘します。

6-1.肯定的な意見

こちらでは、みらいのつばさへの肯定的な意見を取り上げます。一例を紹介します。

  • 30歳女性

ネットなどで口コミや情報をいろいろ調べて、返戻率が高かったので決めました。他に返戻率が高い学資保険もありましたが、最終的に決め手になったのは、フコク生命という大手の会社であること、担当の方が親身に相談に乗ってくれたとが理由です。加入しても、半年から1年に1回は必ず私や子の状況を伺う連絡が入って、非常に安心していられます。子供の大学受検や入学に備えて加入する学資保険では、みらいのつばさが一番安心です。

  • 37歳女性

私の家族では兄弟2人ともみらいのつばさに入ってます。兄弟割引がある点も魅力ですが、返戻率の高さとフコク生命が国内の生命保険会社の中でもトップクラスの財務を持っていて健全な会社だからです。学資保険は長期間にわたってお金を預けるため、国内の生命保険会社で安定感があるかどうかというのは重要な判断基準ですね。

[小括]

肯定的な意見では、兄弟割引や高い返戻率に加え、生命保険大手だから、健全経営の会社だから、担当者が親身になって対応してくれたからというものが多かったです。学資保険は長期間にわたり支払った保険料を預けるため、何よりも健全な会社であることが求められているといえます。

6-2.批判的な意見

こちらでは、みらいのつばさへの批判的な意見を取り上げます。一例を紹介します。

  • 41歳女性

兄弟割引もあり、返戻率も100%を超えているということでみらいのつばさを選びましたが、最近になって返戻率だけ見たら他の会社の学資保険のほうが高いことがわかりました。すでに数年加入しているので変更することはないですが、損した気分です。

  • (年齢非公開)女性

資料を頼んだら、送られてきた申込用紙の私の名前の漢字を間違えてるし、ハンコはシャチハタでも大丈夫と言われシャチハタで契約書に判子したら、後日書類を書き直せと言われた。あまりにも営業担当者の対応がひどいので電話で苦情を言ったところ、営業所の責任者のような方と話があわず不快な気持ちになった。

[小括]

他に返戻率だけ見れば高いところが他にあった、担当者の対応が悪い等の批判的な意見がありました。ただし、返戻率の件では一番高い保険商品が一概に良い商品とは言えません。ご自分のご家庭や子の事情を加味した上で他に有利なサービスがあるかもみて、その良し悪しを判断するべきです。また、担当者とのトラブルに関しては次項で説明します。

6-3.口コミを参考にする際の注意点

口コミは利用者の本音があらわれているため、TVのコマーシャルや生命保険会社のホームページ、営業担当者の勧誘からでは伺えない情報も得ることができます。

ただし、生命保険会社の保険商品を、全ての利用者が論理的に評価・批判しているわけではありません。評価・批判は利用者の感情にも当然左右されます。

前述した批判的な意見の中でも、担当者の不適切な対応が発端になってトラブルになったケースがありましたが、担当者は一概に優秀で皆同じスキルを有した人材ばかりではありません。

フコク生命側は、人材の育成のためにもお客とのトラブル回避や、誠実な対応を全ての担当者が取れるように研修を繰り返し行うことが求められます。

ただし、お客である利用者側も苦情をカスタマーセンターや営業所に伝える場合、初めからエキサイトして厳しい発言をすることは控えた方が良いでしょう。

電話等で苦情を伝えるにしても、①いつ(何月何日に)、②どの時点で(申込みの時等)、③誰が(担当者名)、④どんな対応(不適切な対応等)でトラブルになったことを報告し、⑤どうしてもらいたいのか(謝罪要求や、契約破棄等)を順序だてて伝えることが大切です。

電話で対応する職員にとっては、利用者から一度にたくさんの情報を伝えられたり、利用者が感情を爆発させたりする振る舞いに困惑し、話の内容が全く理解できないことも考えられます。

そのため、我々利用者側は契約の際の質問や苦情に関しても、あらかじめメモ書きし、電話対応の担当者と話の流れを合わせつつ、どのような対応を生命保険会社側にとってもらいたいのかを伝えていきましょう。

7.まとめ

貯蓄型学資保険は、返戻率の高さが注目されがちですが、子の教育資金として活用しやすいプランの存在、兄弟割引や払込保険料免除事由等、ご家庭の事情にあったサービスが設けられているかどうかも検討しながら保険選びを行いましょう。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

b

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る