学資保険は一括払いがおすすめ?返戻率が大きなメリット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

学資保険は教育資金の貯蓄目的で入ることがほとんどだと思います。
お子さんの学資保険をしっかり考えるなら、保障や返戻率の知識は理解しておく必要がありますよね?

実は、学資保険には一括払いや月払いなど払い方に違いがあるんです。
これらによって返戻率がお得になったりするんですね。
しかし、いきなり無理な払い方をしてはいけません。

正確な知識を取り入れて、お子さんの将来を考えてみませんか?

目次

1. 学資保険とはどういう保険?
1-1 子供の教育にかかる費用とは
1-2 学資保険に加入するメリット・デメリット

2. 学資保険の積み立てについて
2-1 学資保険は一括払いがお得?
2-2 一括払いには一時払いと全期前納払いがある

3. 返戻率を計算しよう
3-1 学資保険は一括払いにすると返戻率が上がる?

4. 「一時払い」と「全期前納払い」の比較
4-1 「一時払い」と「全期前納払い」はどちらがいい?
4-2 一時払いのメリット・デメリット

5. 学資保険を一括払いする時の注意点
5-1 一時払いは生命保険料控除は1度だけ?

6. 学資保険の一括払いでおすすめの保険
6-1 学資保険の一括払いのメリット
6-2 学資保険の一括払いのデメリット
6-3 全期前納の一括払いのメリット・デメリット

7. 学資保険の選び方
7-1 学資保険の選び方で一番大事なポイント?
7-2 一括払いを比較!

8. まとめ

1. 学資保険とはどういう保険?

学資保険とは子供の教育費などに掛かるお金を補助することを目的とし、契約した保険料をきちんと支払うことによって、教育資金が必要になると予め設定した時期に給付金としてまとまったお金を受け取ることができる保険です。主に祝い金や満期学資金として、契約時に決めた子供の年齢に合わせて給付金を受け取れるものです。

また生命保険と同様、子供や親に万が一のことがあった場合には、死亡保険金や病気やケガの治療に掛かる給付金が下りるものもあります。基本的に学資保険の契約者が万が一亡くなった場合には、それ以降の保険料が免除されるシステムになっています。

更に育英年金と言って保険契約者が亡くなってしまった日から保険期間満了まで被保険者に給付金が支払われる商品もあります。学資保険は教育費のための積み立てだけではなく、契約者や被保険者の万が一のことを保障する内容の商品も多く、子供が病気やケガをしたときには一定の給付金がおりるという特長に視点を置いて選ぶ利用者もいます。

つまり生命保険や入院保険と同じような保障を目的として作られた商品もあるということです。学資保険は必ずしも子供の教育資金に備えるためだけのものではなく、子供に何かあったときのための備えとしても活用可能なのです。

各保険会社の商品によって異なりますが、子供がある一定の年齢になったときには、祝い金としてまとまった給付金を受けることが出来ます。(祝い金といっても、ボーナスで保険会社から給付されるものではなく、満期の保険金を前払いしているだけですが)

満期学資金というのは満期まで払い終えた保険料、または保険期間満了までのある一定の年齢のときまでに払い込んだ保険料、もしくはそれにいくらかプラスしたまとまった給付金のことです。

中には実際に支払った保険料よりも、満期学資金が少なくなるという元本割れのものもあり、結果としては損になってしまう商品もありますので、教育資金の準備目的で選ぶ時は、戻り率の高い商品から選ぶことがおすすめです。

1-1 子供の教育にかかる費用とは

将来、子供がどのような道に進むかは、実際にはわかりません。本人の希望もあるでしょうし、特別な教育を受けさせるために私立や、ときには海外留学などもあるかもしれません。また、学校教育以外で、お稽古事などでその才能を伸ばすこともあるでしょう。まずは、一般的な金額を想定し、その準備をしておくことから始めましょう。

ひとりの子供にかかる教育費(学校教育費、給食費、塾や参考書代など含む)は、幼稚園から高校まで公立の場合で約504万円ほどかかる見込みです。

高校まですべて公立、大学は国立の場合で教育費は1,015万円ほどかかるとわかります。さまざまな進路パターンがありえますが、仮に幼稚園から大学まで私立で、大学は私立理系(4年間)の場合ですと、約2,465万円にもなります。

ここからいえることは、お子さまひとりに対する教育費はトータルで1,015万円~2,465万円ほどかかるということ。これに養育費約1,640万円を加算すると、子供の誕生から大学卒業まで、2,655~4,105万円かかることになります。

1-2 学資保険に加入するメリット・デメリット

預貯金は積み立てたお金を受け取るという極めてシンプルなものです。一方、学資保険は「保険」なので、積立の他に保障がついています。支払途中に親が死亡した場合、一定の保険金が支払われるものや、それ以降の保険料の支払いが免除され、子どもが所定の年齢になると給付金が支払われます。保障がついているという点が学資保険のメリットと言えるでしょう。

また、親が死亡した場合、預貯金などの遺産は遺言を書かない限り、法定相続分で相続されます。学資保険や生命保険は、保険金受取人を子どもに指定しておけば、確実に子どもに教育資金や相続分を移転することができるのもメリットです。教育資金の確実な確保という点もメリットといえるでしょう。

それに対し、預貯金は相続開始と共に凍結され、遺産分割が終了するまで引き出すことができないので、遺産協議が難航するとお金を引き出せないという問題があります。

受取額は預貯金と学資保険のどちらが多いかといえば、現在の預金はほとんど利息がつかない状況なので、貯蓄に重点をおいた学資保険であれば途中解約しない限り、学資保険の方が多く受け取れるでしょう。

そう考えると、万一の保障がついて、受取額も学資保険の方が預貯金より多いので、学資保険の方が絶対的に優れているように思われるかもしれませんが、注意すべきなのは、「解約しない限り」という留保がついているということです。学資保険は早い段階で途中解約をすると元本割れをしてしまいます。

学資保険に加入した時には、途中解約するつもりがなくても、人生何があるかわかりません。突発的にお金が必要になった時に、預貯金であれば、積立てた分と利息が確実に戻ってきますが、学資保険の場合、加入期間が短いと、極端な場合ほとんど戻ってこないということもありえます。したがって、元本割れのリスクがあるというのが学資保険のデメリットです。

ただ、学資保険は、目的が明確で、自由にお金を引き出せないため、計画的に積み立てることができます。預貯金のように自由に引き出せる金融商品だと貯まりにくいということも。

また、保険の場合、「支払わなければならない」という義務感がありますが、預貯金の場合、「余裕があるときやればよい」という意識が強いため、なかなかお金が貯まらないものです。副次的効果ではありますが、貯めやすいということも学資保険のメリットと言えます。

 

2. 学資保険の積み立てについて

貯蓄の方法として学資保険を選択する方も多いでしょう。各種学資保険には契約に際して子どもの年齢の制限があります。それを7歳と設定している保険会社が多いです。7歳ならば小学1年生。学資保険に加入できるのは、小学1年生まで。それを過ぎてしまうと積立貯蓄等で増やしていくことになります。

学資保険は、満期まで積立期間が長くなるので、子どもが小さいうちほど保険料が安いです。ですから、教育資金を貯める方法の一つとして活用できるのですが、7歳から加入となると保険料は高くなります。7歳でもギリギリで学資保険に加入する場合のお得な方法としては、一括で保険料を支払ってしまうことです。

それまでに貯めていたまとまったお金がある場合、あるいはおじいちゃんおばあちゃんからまとまった教育資金の提供があった場合等、全期間分の保険料としてまとめて支払ってしまうのです。月々支払うよりも保険料が割り引かれ、安くなるので、お得になります。また、契約者(親)の健康状態や職業により加入が難しい方も、この方法ならば、加入できる可能性があります。

2-1 学資保険は一括払いがお得?

学資保険だからまとめて支払う方がお得であるというよりは、どのような保険についても月払いよりも、一時払いの方が保険料は安くなります。

また同じ会社で複数の商品を契約している場合、保険料を一括して支払う方法を選択するとお得です。他にも月払いしていた保険料を、途中から残額を全て払ってしまう一括払いも保険料に割引が適用されるためお得です。

それでは月払いを一時払いと比べると、どれくらいお得であるかと言いますと商品や契約内容によっても異なりますが2割引きぐらいが目安です。但し一時払いをした場合、万が一契約者が亡くなってしまった場合にそれ以降の保険料が免除されるという制度が利用出来ないことがほとんどです。

つまり契約金額を、全額支払ってしまったものを後に返して欲しいと言っても返ってこないということです。万が一保険契約者が亡くなったしまった場合のことですから、これを当てにするというのはあまり考えるべきことではありませんよね。

学資保険の一時払いがお得であるのは間違いないですが、一度に高額な出費をするよりは、少しずつ確実に支払う方が家計には優しいと言えるのではないでしょうか。

2-2 一括払いには一時払いと全期前納払いがある

学資保険(こども保険)の支払方法には、「一括払い」と「一時払い」という方法があります。この2つはその名の通り必要な保険料をまとめて保険加入時に支払う方法ですが、性質がまったく異なるものになります。

学資保険を一括払いする方法には2種類あります。

  • 一時払い

一時払いとは、保険料を本当に一括で保険会社に支払ってしまうことです。

  • 全期前納払い

また全期前納払いとは、保険期間の保険料のすべてを保険会社に預けることです。

どちらも契約者側からすれば、すべての保険料を保険会社に一括で支払っていることには変わりありません。毎月保険料を支払っていくよりもまとめて払う分保険料がお得になりますが、もちろんメリットだけでなくデメリットも存在します。保険料の安さだけにつられず、デメリットもしっかり踏まえた上で学資保険の支払方法を検討しましょう。

 

3. 返戻率を計算しよう

返戻率とは、契約者が支払う保険料の総額に対して、満期返戻金や祝い金の合計の割合のことを言います。
計算方法は、

(満期返戻金100万円)÷(支払い保険料総額90万円)×100

上記の場合、返戻率は111%となります。

このように、返戻率が高ければ高いほどお得に貯蓄ができるという訳です。銀行でもこのようにお得に貯蓄ができる金融商品はなく、学資保険の最大のメリットと言えるでしょう。

3-1 学資保険は一括払いにすると返戻率が上がる?

学資保険は、子どもの教育資金を蓄えるために加入する方が多い保険です。子供が生まれ、早く加入すればするほど返戻率が上がりお得になります。さらに、返戻率を上げるには、支払い方に影響します。

学資保険の支払い方はほとんどの方が月払いです。理由は、月払いの方が長い年月支払う際のリスクが少なく、予算や計画を立てやすいところにあるでしょう。しかし、支払いの回数が少ないほど学資保険の保険料は安くなります。

保険料を受取る保険会社も、月々支払われるより、一括払いで受け取った方が手間がないので、保険料を割り引いてくれるのです。結果、返戻率が高くなります。

 

4. 「一時払い」と「全期前納払い」の比較

全期前納と違い、一時払いは本当に保険料の全額を支払ってしまうことを言います。

  • 契約者に万一のことがあった場合

学資保険では、払込免除特約などで、契約者が払込期間中に亡くなったり高度障害状態になったりした場合、以後の保険料が免除されます。このとき、保険料を「全期前納」していると、前納したうちの、まだ保険料として充当されていなかった分が返金されます。10年分の前納をしていて、3年で亡くなった場合は、7年分が戻ってくるわけです。これは、前納したものは預けていただけで、契約者死亡により、以後の保険料は払わなくてよくなったのですから、その預り金が戻されたということです。

一方、「一時払」していた場合、このような返金はありません。保険料はすでに全額「支払ってしまった」のであり、免除されるべき「以後の保険料」が存在しないからです。

  • 途中解約した場合

学資保険を解約すると解約返戻金が受け取れます。このとき、「全期前納」ではやはり、まだ支払っていない未経過の払込期間分のお金も合わせて返金されます。「一時払」は解約返戻金のみとなります。ただし、払込総額が異なりますので、解約返戻金額自体は「一時払」のほうが多くなります。

  • 生命保険料控除について

「全期前納」は、以後も毎年、保険料を支払っていることになるので、毎年、保険料控除を申告できます。「一時払」は最初の年ですべて支払ってしまっているので、保険料控除を申告できるのは最初の一回だけです。

  • 保険料と返戻率について

肝心の保険料ですが、いずれの場合も割引になります。保険料が安くなるので、結果として返戻率はアップすることになります。

4-1 「一時払い」と「全期前納払い」はどちらがいい?

一時払いと全期前納払いは、保険契約の際に全保険期間分の保険料を用意する必要があるという点で共通しています。しかし、一時払いは保険料を「支払っている」のに対して、全期前納払いは保険料を「預けている」状態となっています。

このしくみの違いにより、例えば全期前納払いでは、保険事故発生時や解約時に未経過分の保険料が返還されますが、一時払いでは返還されないといった特徴が出てくるのです。

  • 一時払いの特徴

全期前納払いに比べて、保険料の総支払額が安い。
被保険者の死亡時や解約時などに、支払った保険料は返還されない。
生命保険料控除は、保険料を支払った最初の年のみ受けられる。

  • 全期前納払いの特徴

年払いで保険料払込期間の全期間にわたって保険料を支払う場合に比べて、保険料の総支払額が安い。
被保険者の死亡時や解約時などに、未経過分の保険料は返還される。
生命保険料控除は、保険料払込み期間中毎年受けられる。

4-2 一時払いのメリット・デメリット

一時払いでの一括払いのメリットは、保険料が最大限に割引されることです。学資保険のように貯蓄性の高い保険ですと、ご自分の元に戻ってくる保険金がそのまま保険料に比例します。割引率が高ければ高いほど、支払った分よりも多くの保険金(学資金)を受取れますね。

一時払いでの一括払いのデメリットは、生命保険料控除を払い込んだ年で1回しか受けられないことです。所得税の控除などに使えるため節税になりますが、この生命保険料控除も上限が決まっているので複数の保険に加入している人は関係のない話になります。

そして万一の時に一時払いの一括払いですと保険料の払込免除が適用外になる可能性もあります。

 

5. 学資保険を一括払いする時の注意点

学資保険を利用する場合はできるだけ一括払いがおすすめできる、という考え方があります。実際に日本の生命保険会社は、学資保険の満期保険金を2,000万円に設定しているところがあります。2,000万円は私立大学の医学部の6年間の学費に相当する金額です。つまり、私立の医学部では最低の金額が約2,000万円が目安になります。

ですから、もし一括で資金準備したい場合は、上限2,000万円をより少ない金額で作ることが、もっとも効率よい貯蓄方法といえるのです。一括払いを行う場合のメリットは、資金に余裕のある富裕層でなければ意味はありません。そもそも、年収500万円の家庭は、500万円の金額での価値観で生活します。年収5,000万円の家庭は、5,000万円の金額での価値観で暮らすものです。

ですから、各々の生活の価値観に合わせて万が一の保障の額は変わってくるのです。ですが、高額所得者の場合は、あえて学資保険を保険とは考えず、あくまでも貯蓄と考えるのが正しいのは、積立に関する税金がかからないことが理由です。銀行積立も、証券の売買にも税金は付き物ですが、生命保険は一定の控除が設定されています。

ですから、考え方によっては、今すぐ使う予定のない金額を学資保険の保険料として当てることも、また賢い選択といえるのです。ちなみに、保険料の払込期間は各社とも17・18歳までが一般的です。これは出費の多い大学時代の負担を避けるため。ですが、必ずしも17・18歳まで毎月払うスタイルばかりではなく、10歳や12歳までに払い込み終えるプランや、余裕があるときに数カ月~数年分をまとめて前納することで割引されるプランもあるのです。

5-1 一時払いは生命保険料控除は1度だけ?

一時払いとは、全保険期間分の保険料を契約時に1回で支払う方法のことを言います。保険会社側から見ると、保険会社がその保険契約で定められた保障をするのに必要なお金を、契約時に全額徴収するのが一時払いということになります。一時払いは全保険期間分の保険料を一括で受け取ってそれを運用をするため、一時払い保険料は、月払や年払で支払う保険料の総額よりも安くなります。

一時払いは全額一回で払ってしまうので、生命保険控除が受けられるのはその年一回限りとなります。生命保険控除は毎年受けられる恩恵なので、勿体ないような思いもしますが、既にほかの生命保険で控除額の上限に達している場合は意味はありません。

また一時払いの保険、とくに一時払い終身保険は、預金のかわりとして利用することもできます。たとえば一時払い終身保険の場合、契約後数年間は元本割れするものの、4~5年程度でプラスマイナスゼロ、その後は利息がついて増えていきます。

非常にややこしいですが、一括で保険料を支払う時は確認は注意しなければいけません。もちろん生命保険料控除は金額に上限があるため、学資保険以外の商品で上限に達していれば、追加で学資保険に加入しても控除される額は増えません。

 

6. 学資保険の一括払いでおすすめの保険

一括払いで学資保険に入ろうと思った場合、「ソニー生命保険(学資保険)」がおすすめ!

ソニー生命保険の学資保険に一括払いで加入した場合、貯蓄率は約126%となります。同じソニー生命保険で月払や半年払、年払にした場合は約110%前後の利率となります。これだけ見ても、一括払いがいかに貯蓄率が高いかが分かります。

6-1 学資保険の一括払いのメリット

学資保険の一括払いのメリットは、月払いや半年払いなどよりも保険料が割り引かれることで、よりお得に学資金を受け取ることができます。

また、お子様が赤ちゃんの頃に一括で保険料を払ってしまえば、小学生・中学生・高校生などのお金がかかる時期でもお金に余裕をもって過ごすことができるでしょう。

この時に大学入学のための資金を別に用意できれば、学資保険に加入していた保険金はまるまる老後などに蓄えることなどできるでしょう。

6-2 学資保険の一括払いのデメリット

学資保険を一括払いにした場合のデメリットは、一時払いですと万が一の時の保険料の払い込み免除などが適用されない場合があることです。

このデメリットは全期前納の場合は返還されます。

また一時払いでの一括払いだと生命保険料控除を払い込んだ年1回しか受けることができません。

このデメリットも全期前納払いですと、保険料を払い込んでいる期間は毎年、生命保険料控除を受けることができます。

6-3 全期前納の一括払いのメリット・デメリット

全期前納の一括払いのメリットは生命保険料控除を毎年(保険料を払い込んでいる期間中)は受けることができることや万一の時に保険料の払い込み免除になる可能性があることです。

デメリットは一時払いよりも支払う保険料が高くなることです。

全期前納払いでも一時払いでも契約者の手元から同額程度のお金が無くなるのは事実ですが、一時払いの方が保険料はお得になります。

 

7. 学資保険の選び方

貯蓄性のある学資保険を選びたいということであれば、返戻率(へんれい・りつ)が100%を下回る(=元本割れ)学資保険は好ましくありません。

ただし、元本割れになる学資保険にもメリットはあります。元本割れになる学資保険の多くは、「貯蓄性+保障性」を考慮した保険となっています。万が一、子供が病気になった場合やケガをした場合の入院保障や医療保障、契約者が死亡した際の育英年金などが含まれているので貯蓄性が低くなっています。

7-1 学資保険の選び方で一番大事なポイント?

学資保険は、保険金の給付のされ方に違いがあります。積み立てた保険料を、将来、子どものために受け取るというところは同じでも、満期時(一般的には大学に入学する18歳の年)に全額をまとまって受け取る場合もあれば、中学や高校の進学時にも一部がお祝い金などとして支払われることもあります。

学資保険は子どもの進学に必要なお金を準備するために、計画して加入するものですから、この点も、細かく考えて計画に入れておく必要があります。

必要なのは大学の資金だけで、中学・高校の資金は考えなくてよいのか、ということによって、先ほどの例ではどちらの保険を利用すべきなのかが変わります。大学の資金と言っても、入学金にあてたい場合は17歳満期にしておいて17歳のうちに受け取っておいたほうが確実。

学資保険に入りさえすれば安心、ではなくて、本当に必要な時期に、必要なお金がもらえるかをよく検討しておく必要があります。また、親の死亡保障がついている学資保険もありますが、別に生命保険に入っているなら、学資保険にまで保障を求める必要はないかもしれません。

原則として学資保険は親が死亡または高度障害状態になれば以後の保険料はいらず、予定の保険金はもらえる仕組みになっています。

7-2 一括払いを比較!

明治安田生命つみたて学資 Ⅰ型 一括払い 21歳 10歳
18歳~21歳
50万×4回=200万
120.3%
日本生命保険相互会社ニッセイ学資保険

(祝金なし型)

一括払い 21歳 5年
18歳70万+18~21歳
35万×4=210万
119.2%
ソニー生命学資保険スクエアⅢ型 一括払い  22歳 10歳 18歳~22歳40万×5=200万  116.9%
第一生命こども応援団Mickey(C型) 年払い*加入2年後全納は可能  22歳  5年 18~21歳40万×4+22歳満期40=200万 113.7%
JAこども共済すてっぷ 年払い*一括払いは窓口で試算 22歳 18歳 18歳~21歳50万×4=200万 113.1%
ソニー生命学資保険スクエアⅡ型 一括払い 22歳 10歳 17歳に200万 111.4%
住友生命スミセイのこどもすくすく保険  一括払い  18歳  12歳 12歳と15歳に20万+18歳200万=240万 103.6%
かんぽ生命学資保険 はじめのかんぽ

(祝金や特約なし)

一括払い 17歳 12歳
17歳満期に200万
103.4%
アフラック夢見るこどもの学資保険 一括払い 21歳 10年
15歳に60万+17歳~毎年30万×4=180万
100%
三井住友海上あいおい生命&LIFEこども保険(養育年金と医療特約なし) 年払い*一括払いなし 22歳 18歳 6歳 10万+12歳20万+15歳50万+18歳100万=180万 96.9%
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命こども保険 一括払い  18歳  18歳 6歳20万+12歳40万+15歳60万+18歳100万=220万 96.2%

 

8. まとめ

いかがでしたでしょうか?学資保険は毎月お金を積立てていくイメージがありますが、もし今、現金があるならば一括で支払いたいという人もいるでしょう。そうすると一括で払ったらお得なのか疑問ですよね。学資保険の一括払いは一見、お得なように感じますが、お金に余裕がなければおすすめできません。逆を言えば、お金に余裕がある方は一括払いがお得でオススメです!

また、保険料の総支払額だけで単純に比較すると、一時払いのほうが割引率は高くてこちらもお得に感じます。しかし、保険に加入してすぐに被保険者が死亡した場合には、一時払いで支払った保険料は返還されず、逆に総支払額は全期前納払いよりも高くなってしまいますので注意。

学資保険の支払い方法についてご検討中の方は、一括払いも是非とも参考にしてみては?

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る