学資保険って何!?その特徴とメリット・デメリットを詳細解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

学資保険は、お子さんの教育資金の確保を目的とした保険です。こちらに加入を検討する保護者の方々もたくさんいらっしゃることでしょう。

お子さんたちの健やかな成長と充実した教育のために、この保険に加入し、お子さんが一定の年齢になるまで資金を積み立てていきます。

現在では大学の入学もさほど難しくはなくなり、大学進学を想定して早期の備えが求められます。

ただし、学資保険もいろいろなタイプがあり商品数も多く、どのような保険を選ぶか迷われるかもしれません。

また家庭の事情によっても加入する保護者を誰にするか、受取人は誰にするかを検討すること、保険料の払込をお子さんが何歳の時までに完了するか、満期金等の受取はいつにするかも、決定した上で加入しなければいけません。

そこで今回は、お子さんが進学するにつれて教育資金は概ねどの位かかるのかを検討した上で、学資保険の特徴、メリット・デメリット、注意点等を説明します。

この記事を読めば、学資保険の基本的な知識を得ることができ、学資保険選びの有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.学資保険について

  • 1-1.学資保険とは
  • 1-2.学資保険の特徴
  • 1-3.学資保険のメリット・デメリット

2.学資保険を活用しよう!

  • 2-1.高校卒業までの学習費の現状
  • 2-2.大学・短期大学の学習費の現状
  • 2-3.学資保険選びのポイント

3.学資保険のプラン選択

  • 3-1.学資保険には「貯蓄型」と「保障型」がある
  • 3-2.貯蓄型学資保険とは?
  • 3-3.保障型学資保険とは?

4.学資保険の加入、払込と受取について

  • 4-1.学資保険の加入のタイミングはいつ?
  • 4-2.学資年金の払込は何歳で完了する?
  • 4-3.学資保険の受取のタイミングについて

5.学資保険の注意点

  • 5-1.学資保険は保護者の誰が加入すべき
  • 5-2.受取人の指定は慎重に
  • 5-3.受け取りの方法にもご注意を!

6.学資保険の商品の紹介

  • 6-1.フコク生命「学資保険 みらいのつばさ」
  • 6-2.ソニー生命「ソニー生命の学資プラン」
  • 6-3.かんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」

7.まとめ

1.学資保険について

我が子の将来の教育のために加入する学資保険、子が生まれていない段階からいろいろと考えたい・・・。

まず学資保険とは、どんな保険でどんな特徴や長所・短所があるかを知りたい。

こちらでは学資保険についての特徴と、メリット・デメリットを説明します。

1-1.学資保険とは

学資保険とは、子の将来の教育資金のサポートを目的とした保険のことです。生命保険会社・共済のような民間会社と契約を結び加入します。

保険料を毎月支払うことで、子が契約で決めた年齢になると、主に祝い金や満期金を受け取ることができます。

子は概ね幼稚園、小学校、中学校、高校、大学・短期大学と進学していきます。幼稚園に入園し、高校卒業までに必要な学習費は、私立進学か公立進学かで大きく差があります。

文部科学省の報道発表『平成26年度「子供の学習費調査」の結果について』では、進学の過程で全て私立に通った場合で約1,770万円、一方、全て公立の場合は約523万円が必要とされています。

子が大学に進学する場合には、当然ながら必要な学習費も上乗せされることになります。大学生・短期大学生までになると奨学金の活用や、学生自身が働いて学費を稼ぐケースもありますが、一般的に授業料は保護者が出すことになります。

更に学習費のみならず、子が自宅通学するのか、アパートを借りて通学するか、または留学やサークル活動費等を考慮に入れると、必要な教育資金はより多くなります。

将来、多額に上ることが想定される教育資金を賄うため、事前の備えとするのが教育資金の目的です。

1-2.学資保険の特徴

学資保険は保険会社と契約した後、毎月保険料を支払っていきます。毎月支払う保険料は、各保険会社や選択したプランにもよりますが約6,000円~17,000円となります。

学資保険は主に以下のような保障があげられます。

学資保障  保障内容
 満期保険金(満期祝い金)  学資保険のメインとなる保障であり、保険契約が満期になると受け取れる保険金です。

一活で数百万円を受け取れる場合もあれば、年金という形で分割して受け取る場合もあります。

 入学祝い金  小学校・中学校・高校・大学に入学した際に、祝い金として一時金を受け取ることができます。

一時金は、無理に引き出す必要はなく、ずっと据え置いても構いません。この場合、各保険会社とも所定の利率によりお祝い金へ利息が付くこともあります。

1-3.学資保険のメリット・デメリット

学資保険のメリット・デメリットはそれぞれ以下の通りです。

メリット 効果
資金の計画的な積み立てが可能
  • 学資保険に加入すれば、定期に決まった保険料が引き落とされるため、自動的に教育資金の積み立てを行うことができます。
  • 保険会社からの満期金・一時金は受け取れる時期が限られるために、貯蓄の苦手な方でも着実に資金を貯める備えになることが期待できます。
節税対策になる
  • 確定申告等で学資保険で毎月支払った保険料分を差し引くことができます。その結果、支払う税金を少なくすることが可能です。
  • 学資保険で支払った保険料分は、生命保険料控除の中で、「一般生命保険料」に該当します。忘れずに申告することで税制面でも優遇措置を受けられることになります。

 

デメリット 効果
途中解約は損
  • 学資保険は、受け取る保険金の総額が、支払う保険料の総額よりも増える場合は多いですが、中途解約したとしても、支払った保険料より多くお金が戻ってくるわけではありません。
  • 満期前に解約すると、これまで支払った保険料をかなり下回るお金しか受け取れないおそれもあります。
景気に影響される
  • 学資保険は、「固定金利」と呼ばれる契約時に決められた利率で運用しますが、インフレになると必ずしも運用面で有利ではなくなることがあります。
  • 契約時に確定した金額を受け取るということは、お金を受け取る時期にインフレになると、その価値が下がってしまい結局は損をしてしまうこともあります。

2.学資保険を活用しよう!

学資保険は、メリット・デメリットが確実に存在する。しかし、子の将来の教育のために加入を検討するべき保険だと思う。

ただし子を持っていない我々夫婦は、イマイチ学習費といってもピンとこない・・・・。

子の進学していく過程でどれくらいのお金がかかるのか、その詳細を知りたい。

こちらでは、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学・短期大学それぞれの学習費の目安について説明します。

2-1.高校卒業までの学習費の現状

1-1.学資保険とは」で前述した通り、幼稚園に入園し、高校卒業までに必要な学習費は、私立進学か公立進学かで大きく差があります。文部科学省の発表では、進学の過程で全て私立に通った場合で約1,770万円、一方、全て公立の場合は約523万円が必要とされています。

詳細な内訳の下表の通りです(文部科学省報道発表『平成26年度「子供の学習費調査」の結果について』を参考に作成)。

○幼稚園

①学校教育費

区分(1年間) 公立 私立
授業料 64,357円 209,277円
修学旅行・遠足・見学費 2,022円 2,983円
学校納付金等 11,121円 44,351円
図書・学用品・実習材料費等 8,565円 14,979円
教科外活動費 407 円 2,186円
通学関係費 23,793円 36,395円
その他 8,910円 9,448円
合計 119,175円 319,619円

②学校給食費

区分(1年間) 公立 私立
学校給食費 19,382円 36,836円

③学校外活動費(塾やスポーツに関する費用)

区分(1年間) 公立 私立
学校外活動費 83,707円 141,553円

④学習費総額(①+②+③)

区分(1年間) 公立 私立
学習費総額 222,264円 498,008円

公立・私立幼稚園共に学校教育費として最も高いのは授業料となります。ただし、公立と私立との差はかなり開いており、学校教育費だけでも3倍近く、学習費総額では2倍以上となっています。

○小学校

①学校教育費

区分(1年間) 公立 私立
授業料 0円 469,173円
修学旅行・遠足・見学費 6,748円 43,098円
学校納付金等 8,259円 230,502円
図書・学用品・実習材料費等 19,484円 30,331円
教科外活動費 2,544 円 13,633円
通学関係費 18,100円 89,742円
その他 4,093円 9,160円
合計 59,228円 885,639円

②学校給食費

区分(1年間) 公立 私立
学校給食費 43,176円 46,089円

③学校外活動費(塾やスポーツに関する費用)

区分(1年間) 公立 私立
学校外活動費 219,304円 604,061円

④学習費総額(①+②+③)

区分(1年間) 公立 私立
学習費総額 321,708円 1,535,789円

公立小学校では義務教育により授業は無償化されています。しかし、私立小学校では学校教育費の中で最も高いのが授業料となります。公立と私立とでは、学習費総額が5倍近くも開いています。

○中学校

①学校教育費

区分(1年間) 公立 私立
授業料 0円 435,917円
修学旅行・遠足・見学費 22,918円 63,707円
学校納付金等 12,055円 280,614円
図書・学用品・実習材料費等 24,645円 41,221円
教科外活動費 32,468円 55,170円
通学関係費 33,094円 138,669円
その他 3,784円 7,099円
合計 128,964円 1,022,397円

②学校給食費

区分(1年間) 公立 私立
学校給食費 38,422円 4,154円

③学校外活動費(塾やスポーツに関する費用)

区分(1年間) 公立 私立
学校外活動費 314,455円 312,072円

④学習費総額(①+②+③)

区分(1年間) 公立 私立
学習費総額 481,841円 1,338,623円

公立中学校では義務教育により授業は無償化されています。しかし、私立中学校では学校教育費の中で最も高いのが授業料となります。公立と私立とでは、学習費総額が3倍近くも開いています。

○高等学校(全日制)

①学校教育費

区分(1年間) 公立 私立
授業料 7,595円 258,542円
修学旅行・遠足・見学費 30,436円 51,766円
学校納付金等 48,831円 228,655円
図書・学用品・実習材料費等 37,195円 39,191円
教科外活動費 39,840円 45,892円
通学関係費 74,735円 111,297円
その他 4,060円 4,801円
合計 242,692円 740,144円

②学校給食費

区分(1年間) 公立 私立
学校給食費 0円 0円

③学校外活動費(塾やスポーツに関する費用)

区分(1年間) 公立 私立
学校外活動費 167,287円 255,151円

④学習費総額(①+②+③)

区分(1年間) 公立 私立
学習費総額 409,979円 995,295 円

公立高等学校では授業料は年間1万円程度に抑えられていますが、私立高等学校では学校教育費の中で最も高いのが授業料となります。公立と私立とでは、学習費総額が2倍以上も開いています。

2-2.大学・短期大学の学習費の現状

大学・短期大学以上の学習費の内訳は下表の通りです(独立行政法人日本学生支援機構『平成26年度学生生活調査』結果の概要を参考に作成)。ただし、大学に関して言及すれば、私立・国公立の違いの他、医学部進学によっても学習費は大きく異なります。

○大学(昼間部)

区分(1年間) 国立 公立 私立
授業料・学校納付金 509,400円 536,100円 1,206,500円
修学費、課外活動費、通学費 138,300円 130,200円 155,100円
学習費総額 647,700円 666,300円 1,361,600円

○短期大学(昼間部)

区分(1年間) 公立 私立
授業料・学校納付金 430,000円 994,100円
修学費、課外活動費、通学費 87,700円 142,200円
学習費総額 517,700円 1,136,300円

また、大学・短期大学以上の学生となると、自宅通学のみならず、寮生活・アパートでの一人暮らし等、生活スタイルも大きく異なります。こちらの生活費も念頭に置かなければいけません。

2-3.学資保険選びのポイント

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学・短期大学それぞれの学習費は、国公立・私立を問わず多額に上ることはおわかりのことと思います。

この将来の学習費の保障を主に目的とする場合には、学資保険の中でも「貯蓄型」と呼ばれる商品を選ぶことが有効です。

こちらのタイプは、受け取る保険金の総額が、支払う保険料の総額よりも増える「返戻率が高い」保険商品が多いです。

また、学資保険をコツコツ積み立てるけれども、子がいつ何時、大病になったりケガをするかわからないので、医療保障も充実させたいという場合には、「保障型」と呼ばれる商品を検討することをお勧めします。ただし、返戻率に限って言えば元本割れしてしまう保険商品が多いです。

次項では、学資保険の「貯蓄型」、「保障型」について説明します。

3.学資保険のプラン選択

子の進学に関しては当たり前のことだが、高校、大学・短期大学へと入学すれば、それだけ多くの学習費がかかる。

学資保険で、前々から積み立てておかないと大変なことになるかもしれない。

では、学資保険ではどんなタイプがあるのかを詳しく知りたい・・・・。

こちらでは、学資保険の「貯蓄型」と「保障型」について説明します。

3-1.学資保険には「貯蓄型」と「保障型」がある

ご自分が子の保護者または将来に保護者となり得る立場であった場合は、学資保険に加入する目的を何となくではなく具体的に定める必要が出てくることでしょう。

保護者であるご自分が描くプランで子が順当に進学していくとは限りません。人は挫折や失敗・過ちを冒して心に傷を負ったり、それを克服したりして成長していくものです。

また、家系的に病弱な部分があったり、保護者が子の成長を見守る最中に不慮の事故や病気で亡くなったりすることもあります。

そんな幸不幸の繰り返しの中で、子がより安泰に進学するための備えを整える努力が親としての務めの一つであると考えます。

ご自分が将来、生活費やいろいろな出費で貯蓄していくことが難しいと考えるなら積立重視の保障である「貯蓄型」を選ぶべきでしょう。

一方、ある程度、現在は貯蓄も潤沢で将来も安心であることや、保護者の両親や親せきの援助が期待できるものの、病弱な家系で子も入院・治療が必要になるかもしれない、と懸念する場合は「保障型」を選ぶことも正しい選択です。

ただし、「貯蓄型」または「保障型」いずれの学資保険を選ぶ場合でも、親に万が一の不幸があった場合、それ以降の保険料の払込みが免除になることに加え、その後は問題なく満期保険金や入学祝い金を受け取れる措置を各保険会社はとっています。

3-2.貯蓄型学資保険とは?

貯蓄型学資保険とは、幼稚園から大学・短期大学までにかかってしまう多額の学習費を賄うための学資保険です。

基本的に、「1-2.学資保険の特徴」で前述したような、満期保険金・入学祝い金が保障内容とされる場合が多いです。

保障がシンプルで非常にわかりやすく、積み立てたお金が元本割れすることはほとんどありません。

契約が満期になった時の返戻率はそれぞれのプランにもよりますが、103%~108%程度の保険商品が多いです。

なお、返戻率とは契約者が支払う保険料の総額に対し、受け取ることのできる満期保険金 および入学祝い金の割合のことです。

3-3.保障型学資保険とは?

保護者と子が病気やケガにより、まさかの事態になった時に保障が受けられる保険です。

一見、医療保険のようにも思われますが、医療保障に重点を置いた学資保険と言えます。

最大の特徴は、加入者である保護者がなくなった時、その後の保険料の支払は不要になり、子が生存している限り、保険が満期になるまで、毎年、「育英年金」が受け取れるという点です。

しかし、医療保障・育英年金が充実している分、返戻率は100%を下回ることがほとんどです。つまり、元本割れを起こしてしまうことになります。

保障型の場合も、満期保険金・入学祝い金が主契約と言えますが、返戻率は高くありません。こちらのタイプは特約として付加する医療保障の充実があります。

医療保障特約の例をあげます。保険によっては、主契約に設定されている場合があります。

特約 保障内容
入院給付金特約 入院した場合に、入院日額4,000円~10,000円くらいの給付金が受け取れます。
手術給付金特約 手術した場合に、手術1回2万円~10万円くらいの給付金が受け取れます。
育英年金 主に契約者である保護者が亡くなったり高度障害状態になったりした場合、1年に1度、子へ育英費用として保険金が下りる特約です。
放射線治療特約 子が小児がん等を発症した場合に、5万円程度が受け取れる特約です。

4.学資保険の加入、払込と受取について

学資保険の「貯蓄型」、「保障型」の特徴は理解できた。

では、学資保険の加入はいつからがベストなのだろう?払込を何歳で完了するか、受け取りについても丁度良いタイミングが知りたい。

こちらでは、一つの目安として学資保険の加入・払込の完了・受取開始のタイミングを紹介します。

4-1.学資保険の加入のタイミングはいつ?

学資保険の加入のタイミングについて、子が入園前か?それとも小学校へ入学前か?そうお考えの保護者の方々もいらっしゃると思います。

保護者の方々には意外かもしれませんが、実は子を出産する前に学資保険へ加入をするのが最もベストなタイミングと言えます。

なぜなら、学資保険の加入者(契約者)が父親の場合、不慮の事故や病で亡くなってしまう事態や、加入者(契約者)が母親の場合は、妊娠のリスクという点も無視することはできません。

万が一の事態ではありますが、保護者が亡くなった場合でも、貯蓄型・保障型学資保険では共通して、加入者(契約者)が亡くなった後の保険料の払込みを免除する措置を行い、契約が満期になるまで問題なく子への保障が約束されます。

ただし、子がある程度成長している時に学資保険の加入を検討する場合、各保険会社のプランにもよりますが、12歳までなら加入できる保険もあります。

加入はできるだけ早く行うことをお勧めします。

4-2.学資年金の払込は何歳で完了する?

学資保険の払込は、例えば子が0歳の時に加入した場合は、10歳までで終えることが理想的と言えます。

10年で払い終わる短期払いだと、貯蓄性が上がる傾向があり、高校入学から大学受験等で、急激に塾等の費用がかかる時期に保険料の支払を完了していると、学資保険の負担を気にする必要がなくなります。

遅くとも子が15歳になるまでには学資保険の払込を完了しておきましょう。私立に入学した場合を除いて、義務教育の間はそれほど学習費はかかりません。この間に学資保険を払い込んでおいたほうが楽になります。

4-3.学資保険の受取のタイミングについて

学資保険にもいろいろな工夫を施した受け取り方がありますが、満期保険金は子が17歳の時に受け取れるのがベストなタイミングと言えます。

なぜなら、大学受験までの1、2年間は非常にお金がかかる上、推薦入学の場合には、高校3年生になれば速やかに入学金を納付するケースも考えられます。

学資保険によっては、幼稚園・小学校・中学・高校に入学する度に入学お祝い金が受け取れる場合も多いですが、その金額だけで賄えるかどうかは加入した学資保険の保障内容によります。

ただし、加入者(契約者)の貯蓄が十分ある場合には、子が大学に進学後、分割して受け取れるような工夫も有効と言えます。

特に子がアパートを借りて一人暮らしを行うケースを想定しているのであれば、その生活費を満期保険金で賄うことを念頭に入れておくことも必要です。

5.学資保険の注意点

学資保険の加入や、払込期間、受取のタイミングも重要なことはわかった。

その他に、学資保険へ加入する場合に注意点はあるのだろうか?

こちらでは、満期保険金や入学お祝い金を受け取る対象が誰であるかで、かかる税金が異なることを説明します。

5-1.学資保険は保護者の誰が加入すべき

加入者(契約者)は保護者の誰にすべきかですが、世帯主という視点で選ぶことが無難と言えます。

出産当時の家計への寄与度からするなら、大黒柱である父親が加入者(契約者)になるべきでしょう。

また、万が一の時のための保険料払込免除を活用するならば、世帯主である父親にするすべきでしょう。

ただし、父親に収入がない場合(いわゆる主夫等)や、明らかに安定収入という意味で母親の方が家計を支えていると判断できるのなら、もちろん加入者(契約者)は母親にするべきです。

5-2.受取人の指定は慎重に

満期保険金・お祝い金が受け取れる時期になったからといって、安心してばかりはいられません。なぜなら、受け取ったお金が課税対象になることもあるからです。

どんな税金がかかってしまうかは、保険会社からお金を受け取る人が加入者(契約者)である保護者になるか、子になるかでそれぞれ異なります。

①所得税として課税される場合

満期保険金・お祝い金を保護者自身が受け取る場合には、「所得税」となります。

例えば、保険会社から教育資金を受け取った保護者が、大学4年間の授業料を肩代わりして、毎年支払うというケースが当てはまります。

この場合は、所得税の中で「一時所得」に該当することになります。この一時所得では、保護者が受け取ったお金と支払ってきた保険料の差額が50万円を超えなければ税金はかかりません。

つまり、学資保険の返戻率が150%を超えなければ課税されることはありません。どの学資保険に加入しても現在ではありえない返戻率といえます。

②贈与税として課税される場合

保護者が毎月の保険料を支払い、子どもを受取人として契約した場合は「贈与税」となります。

例えば、保護者が大学生になれば立派な大人なので、あとは自分でお金を管理するようにと、子を受取人にしたケースが当てはまります。

この場合は、子は保険料を負担していないので、保護者からお金を贈与されたと同じような意味になります。

贈与税は基礎控除として110万円があり、贈与額からこの110万円を引いた残額が課税の対象になります。

一般的に贈与税の方がかかりやくなるので、年内で1回の受取金額を110万円以内に調整して、学資保険の分割で受け取るように工夫する方法が有効といえます。

5-3.受け取りの方法にもご注意を!

では、受取人を親にして、年間110万円以内で子への仕送り額を抑えれば、課税の心配が無いかと言えばそうとは言えません。

それは親が受け取る場合でも、「学資年金」と言う形で保険会社から分割して受け取る場合には、一時所得ではなく「雑所得」に該当してしまいます。

贈与税ほどでは無いにしても、一時所得よりはずっと課税されるリスクが多くなります。実は、返戻率が100%を超えるとその分が課税の対象になってしまいます。

そのため、学資保険が満期になった時は、満期保険金を一括で加入者(契約者)である保護者が受け取り、子への仕送り額を年間110万円以内で抑えれば、予想外に多額の課税を受けるリスクを回避することができます。

6.学資保険の商品の紹介

学資保険の満期保険金等の受け取り方も、契約する際にはしっかり考えておく必要があると言うことか・・・。

では、学資保険にはどのような保障内容の商品があるのだろうか?

こちらでは、学資保険の商品の一例を紹介します。保険選びの参考にしてください。

6-1.フコク生命「学資保険 みらいのつばさ」

貯蓄型の学資保険です。子の成長に合わせてお祝い金を受け取れる「ステップ型」と、大学入学資金に重点を置いた「ジャンプ型」のいずれかを選択することができます。また、2人目の子から保険料が割り引かれる「兄弟割引」があります。

ステップ型(210万円コース)で、加入契約時に子が0歳、払込期間は子が17歳まで、かつ加入者(契約者)の年齢が男性25歳の場合は10,149円~、女性25歳の場合は10,118円~が毎月の支払額となります。

この保険は子の出生前から加入でき、出産予定日の140日前から最高7歳まで加入することが可能です。

6-2.ソニー生命「ソニー生命の学資プラン」

貯蓄型の学資保険です。この学資プランの中には米ドル建で積立を行うことができるものもあります。

受取学資金総額が200万円で、加入契約時に子が0歳、払込期間は子が18歳まで、かつ加入者(契約者)の年齢が男性25歳の場合は8,896円~、女性25歳の場合は8,884円~が毎月の支払額となります。

米ドル建で運用する場合、受け取るタイミングを豊富に選ぶことができ、15年満期~20年満期まで1年単位で選ぶことができます。

6-3.かんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」

保障型の学資保険です。コースは「大学入学時」の学資金準備コース、「小・中・高+大学入学時」の学資金準備コース、「大学入学時+在学中」の学資金準備コースに分かれています。

受取学資金総額が200万円で、加入契約時に子が0歳、払込期間は子が18歳まで、かつ加入者(契約者)の年齢が男性25歳の場合は12,740円~、女性25歳の場合は12,700円~が毎月の支払額となります。

医療保障の特約を付加することができ、①入院初期保険金:22,500円、②入院保険金:4,500円(日額)、③手術保険金(外来):22,500円、(入院):90,000円、④放射線治療保険金:45,000円があります。

7.まとめ

学資保険は、貯蓄型または保障型のどちらが優れているかは一概に断言することはできません。

将来多額上る学習費を重視するなら貯蓄型を、子のケガや病気が心配ならば保障型を、どちらを選んでも子を思う親の備えであることには変わりありません。

子の将来を明るくする一つの備えとして、出産前から学資保険の加入をご夫婦で良く話し合っておきましょう。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る