学資保険VS終身保険!比較とあなたにおすすめの保険はどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

教育資金の備えをしようと思って、保険屋さんに行ったら終身保険を進められた。。。

教育資金=学資保険のはずなのに、なぜ終身保険が出てくるのか分からない!

教育資金の備えをする際に、選択肢としては学資保険と終身保険がありますが、両者の違い、比較をした際にどんなメリット・デメリットが出てくるのか分かりづらいですよね。

ですが、この記事では学資保険と終身保険の違い、両者のメリット・デメリット、あなたにあった保険を選ぶ方法もご紹介しているので、きっと自分にあった保険を選び事が出来るようになります!

目次

1.教育資金をどう工面する?

1.1 将来的に必要になる教育資金

1.2 選択肢として現れるのは学資保険・終身保険

1.3 両者一長一短あり

2. 学資保険とは?学資保険の概要

2.1 学資保険の目的

2.2 学資保険には種類あり

2.3 学資保険の特徴

3. 終身保険とは?終身保険の概要

3.1 終身保険の概要

3.2 終身保険の特徴

3.3 低解約返戻金型とは?

4.学資保険VS終身保険・比較してみる

4.1 返戻率

4.2 保障内容

4.3 払込と給付

5.  学資保険と終身保険のメリット・デメリット

5.1 終身保険のメリット・デメリット

5.2 学資保険のメリット・デメリット

5.3 教育資金一択なら学資保険

6.あなたにおすすめなのはどっち?

6.1 どんな保障が欲しいのか

6.2 既に加入している保険の確認

6.3 将来的な計画

7まとめ

1.教育資金をどう工面する?

今回は、子どもの教育資金を準備する際に、利用される保険である学資保険と終身保険の比較や違いについてご紹介していこうとおもいますが、その前にまず、どのくらい教育資金が必要になってくるのか?という点についてご紹介したいと思います。

この点について分かっていないと、学資保険・終身保険による教育資金の貯蓄について理解することは難しいですし、どのくらい必要になるのか?という点について認識しておくと、教育資金の計画を立てる際に参考になると思います。

1.1 将来的に必要になる教育資金

まず、初めに将来的に必要になってくる教育資金についてご紹介したいと思います。

まず、初めにどのような生活スタイルで、学校に通うのか?などによって、仕送りなどの金額も形状してしまうと、かなり上下してしまうので、純粋に学費だけで考えた際に、もしも全て公立で学校に通った場合は、約1,000万円と言われています。(幼稚園~大学まで)

逆に全て私立の学校に通った場合には、約2,500万円近く掛かってくると言われており、公立・私立ともにかなりの金額が掛かってくるという事が、はっきりしたと思います。

しかし、実際どんな時にお金に困るのか?というと、実際の所公立・私立とも、入学金・授業ともかなりのお金が掛かる大学の学費になってくると思います。

というのも、私立高校の場合だと、かなりのお金が掛かってくる事は間違いないですが、公立高校の場合は授業が免除されるので、三年間合計の費用は30万円ぐらいです。(習い事などによってはもう少し掛かる)

また、その費用も一括で支払う必要性のある費用ではないので、そこまで大きな負担にはなりえないのです。

しかし、大学になってくると、公立の場合でも入学金が28万・年間の授業が53万円で、国立大学でもかなりの学費が掛かってきます。

そのため、学資保険や終身保険などはこのタイミング(18歳)を満期にあわせて、設定しているケースが多く、大学の学費については子どもがまだ小さい段階でも、考えておく必要があります。

1.2 選択肢として現れるのは学資保険・終身保険

この巨大な学費について保険を掛ける事が出来るのが、学資保険と終身保険で、平均的に見た時に200万円程度の保険金を受取るケースが多いです。

学資保険とは、後に詳しく解説しますが、簡単にまとめると「教育資金を貯蓄する」事を、目的とした保険で、まさに教育資金の為の学資保険と言えます。

終身保険に関しても、後に詳しくご紹介しますが、一般的に学資保険の代わりに用いられるのは、終身保険の生命保険で、終身保険とは主に死亡した場合や重度の障害を負ってしまった場合に、契約の条件に応じて保険金が支払われる保険です。

これだけでは、教育資金の代わりにはなりませんが、終身保険の特徴として保険料が積立られているので、支払った保険料の一部を解約時に受け取ることが可能です。

そのため、その資金を元に老後の資金の足しにしたり、教育資金に当てたりする事が可能です。

1.3 両者一長一短あり

よく、学資保険に加入しようと思ったら、保険屋さんで終身保険を勧められて結局終身保険に加入した。

みたいなケースがあるみたいですが、これは必ずしも終身保険の方が良いからそのようなケースが多いのではなく、もちろんその人にとって終身保険が合っていたという事もありますが、最も大きな理由はお金です。

というのも、保険屋さんというのは簡単に言うと不動産屋さんや広告代理店などと同じ役割を担っていて、保険という難しいものを検討する中で、最もお客さんにあった保険を提供するという役割を担っています。

しかし、保険屋さんのビジネスモデルは、お客さんに加入してもらった保険の保険料の一部(数%から20%前後)が手数料として、保険会社から支払われる仕組みなのです。

不動産屋さんで例えると、賃貸の場合は広告料・売買の場合は仲介手数料にあたります。

そして、学資保険と終身保険を比べた場合に終身保険の方が手数料が大きいのです。

そのため、一概には言えませんが(本当におすすめできるから勧めている可能性もある)、一部では手数料のために終身保険を勧められているケースもあるのが実態です。

なら、終身保険はおすすめできない保険なのか?と聞かれるとそうでもなく、学資保険も終身保険も一長一短で、どっちも人によってはおすすめできる場合もありますし、逆も然りです。

2. 学資保険とは?学資保険の概要

自分にとって合っている教育資金の用意の仕方は、学資保険なのか?終身保険なのかを判断するにはまず両者の特徴についてしっかりと認識しておく必要があります。

なので、まずはじめは教育資金の用意と言ったら真っ先に思いつく学資保険について詳しくご紹介したいと思います。

2.1 学資保険の目的

学資保険の主な目的は、先程も少しご紹介しましたが、「教育資金の貯蓄」です。

学資保険には様々なプランや商品が出ていますが、学資保険の主流であるプランは、0~5歳までに加入し、18歳あたりまでに払込を終え、18~22歳までを満期に設定して、保険金を受取るケースです。

そのため、払込期間から保険金を受取る事のできる給付期間に一定の時間が空き、一般的にこの期間が空けば、空くほど学資保険での返戻率が上がりやすいです。

2.2 学資保険には種類あり

学資保険には2種類あり、「貯蓄型」と「保障型」が存在し、割合的には貯蓄型が多いです。

貯蓄型というのは、これぞ学資保険!といえるような保険で、主に「貯蓄性」のみに注力した保険で、学資保険の教育資金の貯蓄という目的に最もストレートに表現している保険です。

そのため、特徴として返戻率が高いのが特徴で、返戻率が高い=貯蓄性が高いという事です。

しかし、教育資金の貯蓄性という部分以外に関しては目立った保障はなく、一般的に加入中に親御さんが死亡した場合などに、保険料の免除などのみがされるが一般的で、それ以外の保障を期待出来る保険ではないです。

次にご紹介したいのは、「保障型」で学資保険の保障型とは、主に学資保険の貯蓄性という部分も兼ねてはいるのですが、死亡等の保険金や子どもの医療保障なども兼ねているのが一般的で、「学資保険にも加入したいけど、他の保障も欲しい!」というニーズに対応している学資保険です。

特徴としては、貯蓄性が貯蓄型に比べた時に落ちてくるのが特徴で、返戻率もかなり貯蓄型に比べると下がってきます。

そのため、「貯蓄型」と「保障型」を比べた際に、貯蓄型は最も学資保険らしい保険で、保障型はどっちかと言うと、終身保険に近い学資保険です。

2.3 学資保険の特徴

学資保険の特徴は、保障型や貯蓄型の違いなどはありますが、一言でまとめると「教育資金に注力した保障」というのが挙げられます。

とは言っても、保障型や貯蓄型で違いはあるわけですが、終身保険と比べた際に、保障型で合ってもあくまで学資に注力しているものが多く、仮にそれがお金でなくても、育児の相談を無料で相談出来るサービス等を受けることの出来る商品などもあります。

そのため、終身保険と比べた時に、教育資金や子どもという点に関して集中しているのが学資保険なのです。

3. 終身保険とは?終身保険の概要

次に解説するのは、終身保険で言葉やイメージだけでは、教育資金と全く無関係の様な保険です。

これから終身保険について、教育資金という観点から見たときの終身保険についてご紹介したいと思います。

3.1 終身保険の概要

学資保険と比べられる終身保険は、生命保険の終身保険で、終身保険の保障を一言でまとめると「もしものときに保険金」がもらえる保険です。

このもしもの時とは、終身保険では一般的に死亡や働けなくなるほどの重度の障害を指しており、一般的に子どもなどの供養者ではなく、一家の大黒柱に対して掛けられる事が多いです。

というのも、もしも一家の大黒柱が死亡や働けなくなった際に、その後の葬儀費用もしくは、生活していく上での費用を賄えなくなってしまいますよね。

そのような経済的なリスクに備えるために、終身保険では特に死亡等になった場合には、かなりの保険金を受け取れる事が多いです。

また、終身保険の払込の方法は、一定期間(10~15年というものが多い)の払込をすると、その後は一生涯の保障を受けることが出来るというものも多くこの払込期間に関しても選択する事が可能です。

ちなみに似ている終身払いというものもあり、終身払いとは保険料を支払い続ける限り、ずっと保障が受けれるというものです。

終身保険では、解約すると払込期間の間に支払った保険料の一部を受け取る事が可能で、このお金を解約返戻金と言いますが、解約返戻金を教育資金に回すという選択肢があります。

3.2 終身保険の特徴

終身保険の特徴は、学資保険と比べた時に、やはり終身保険なので、死亡や障害に関する保障が厚い事が上げられ、商品にもよることは確かですが、それでも特約の種類や保障を選べるという点から考えると、生命保険のような保障に関しては利便性は高いと言えます。

また、払込期間中に解約してしまうと解約返戻金がかなり減ってしまうので、長期間の加入を想定した保険として入る必要があり、もしも払込期間中の解約を行ってしまうと高い返戻率は期待できません。

そのため、終身保険への加入を検討する際は、保険の中でも特に慎重に検討する必要があります。

3.3 低解約返戻金型とは?

終身保険について調べていく内に、低解約返戻金型という言葉を見かけた事はありませんか?もしも、教育資金を学資保険の代わりに終身保険で、賄おうと計画している方は要注意です。

というのも、低解約返戻金型というのは、解約時の解約返戻金を抑える代わりに、保険料を低くおさるというタイプの終身保険なのです。

どういう事かと言うと、月々支払っていくお金は少ないけど、そのかわり解約時に返ってくるお金も少ないよという終身保険なのです。

そのため、終身保険の保障内容が魅力的で、加入したいというニーズには向いていますが、学資目的で加入する場合は払込期間の間はずっと支払うという保証がある程度ないと、かなり返戻金が減額されます。

逆に言うと、払込期間内に解約しなければ、低解約返戻金型の保険も学資保険の代わりになり得るという保険です。

4.学資保険VS終身保険・比較してみる

先程、学資保険や終身保険の概要についてご紹介させて頂きましたが、これから学資保険と終身保険の比較についてご紹介したいと思います。

とは言っても、比較するところは沢山ありますが、貯蓄性で重要視される「返戻率」、終身保険や保障型なら注目するべき点である「保障内容」、利便性を考える上で重要な「払込・給付」という点に絞って比較していきたいと思います。

4.1 返戻率

まず、初めにご紹介するのは、やはり貯蓄性を考えるなら最も重要とも言える返戻率についてご紹介したいと思います。

まずはじめに最もみなさんが気になるであろう、返戻率から見た時にどっちが有利なのか?という点についてですが、返戻率の観点から見た時に、有利な保険は「終身保険」と言えます。

学資保険の貯蓄型と比較しても、終身保険は返戻率が高いといえます。

というのも、学資保険の平均的な返戻率は104~110%ですが、終身保険の平均的な返戻率は、105%~113%と言え、同じような保障内容でも数パーセン終身保険の方が返戻率が高い事が多いです。

また、終身保険が返戻率の観点から見た時に、有利なポイントはこれだけではなく、終身保険の場合は一部だけ引き出すみたいな事も可能なのです。

例えば、解約時に受け取れる解約返戻金が300万円有ったとして、大学入学時に100万円程度、引き出すみたいな事が可能で、一部解約を利用することで、残りの200万円を据え置いておくことが可能です。

また、その200万円は据え置く期間が長ければ長いほど、返戻率は上がっていき、10年ほど据え置いた場合には、返戻率は120%以上になっている事も少なくないです。

しかし、学資保険では据え置いておくみたいな事が難しく、終身保険なら据え置いた資金を老後の蓄えに回すことだって可能なのです。

4.2 保障内容

次に学資保険と終身保険で、比較したいポイントは保障内容で、結論かまとめると保障内容も「終身保険」に軍配が上がります。

というのも、やはり学資保険の保障型も、十分な保障が用意されている事が確かですが、やはり終身保険はその保障の部分に注力を注いでいる保険なので、特約の種類など利便性などの観点から見た時に、お金という部分は、終身保険が勝っていると言えます。

しかし、学資保険でも魅力的な保障があることは確かで、例えば子どもの医療保障や育児相談のサービスなど、子どもという部分に特化した終身保険にはない、保障内容が見られるのが特徴です。

また、親御さんが亡くなった際に、育英年金という教育資金に注力されている経済的な保障が受けられるなど、やはり教育や子どもという部分では学資保険の保障には目を見張るものがあります。

そのため、経済的な単純なお金という保障に目を当てると、終身保険が勝っているかもしれませんが、それ以上に重要になってくるのは、加入者の方が保険に何を求めて、どんな保障がほしいのか?という部分で有利・不利が決まると思います。

なので、保障内容に関しては絶対にこっちのほうがいい!というものはないと思います。

4.3 払込と給付

最後に比較するポイントは、払込と給付というポイントで、これも先に結論からどっちがいいのか?という事を言うとすると、これに関してはなんとも言えないところではあります。

というのも、学資保険や終身保険両方に払込や給付に関して特徴があるからです。

というのも、例えば払込期間に関しては、ある程度自分で調整する事が可能なのは終身保険も学資保険も同じですが、給付期間に関しては両方共一長一短ありです。

というのも、単純な利便性でいうと、終身保険の方が利便性が高いと言え、お金が必要になったら、一部を解約してある程度の解約返戻金を受け取る事が可能だからです。

しかし、この便利な部分がデメリットになりえるのです。

というのも、学資保険も終身保険も解約するとお金は戻ってくるけど、全体的に見ると損をしてしまうや、解約する手続きがめんどくさいなど、解約や保険金を受け取るには一定のハードルがあるのです。

そして、このハードルこそが貯蓄しやすいという部分につながっていると思っていて、例えば銀行にただ貯蓄するだけだったら、コンビニのATMで、キャッシュカードを差し込むだけで、貯蓄を崩すことが可能ですよね。

これでも貯蓄する事が可能な人には、大きな問題にはなりませんが、これまで大きな貯蓄をした事がない人、またかなり長期にわたる貯蓄なので、その間に貯蓄を崩さない自信がありますか?もしも、貯蓄が苦手なら、学資保険のように一定のハードルがある方が貯蓄しやすいのです。

そのため、利便性から見た時に終身保険に給付に関しては、軍配が上がるといえますが、本当にそれが皆さんにとってプラスになるのか?というと難しいところで、利便性が必ずしもプラスになるとは限らないのです。

5.  学資保険と終身保険のメリット・デメリット

先程、学資保険と終身保険を様々な点から比較しましたが、終身保険と、学資保険は結局の所どっちの方がいいのか?というのが、難しいいところでしたよね。

終身保険をおすすめできる方もいますし、逆に学資保険がおすすめできる方もいるのです。

なので、これから終身保険と学資保険のメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

5.1 終身保険のメリット・デメリット

これから終身保険のメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

まず、終身保険のメリットからご紹介すると、終身保険の最も大きなメリットは、厚い保障がセットで受ける事ができるという点だと言えます。

学資保険にもある程度保障はついて来ますが、やはり学資保険なので、保障という部分に注力を注いでいる終身保険にはどうしても敵わない部分が出てきます。(商品にもよりますが)

なので、終身保険を学資保険の代わりとして、教育資金に充てる際の最なメリットは保障という部分と言えますし、もしも学資保険を検討していて、生命保険等の保険に加入していない場合は、十分におすすめできる保険と言えます。

また、終身保険は現在販売されている金融商品の中で、学資保険の代わりに使える数少ない保険と言えます。

というのも、現在日本がマイナス金利を導入している事や長かった不況などの影響を受けてか、以前までは学資保険の代わりに使えるような金融商品が多かったのですが、現在はかなり少なくなりました。

それに加え、昔の学資保険は返戻率が20%という物も少なくありませんでしたが、現在は返戻率が少なくなっており、他の選択肢は少なくなっているのに、学資保険の優位性も薄れてきているという事態になっているのです。

そのことを踏まえると、終身保険は学資保険以外の数少ない選択肢と言えます。

次に終身保険のデメリットをあげると、終身保険のデメリットは保険料の高さと低解約返戻金型の場合は、中途解約での返戻率の低さが上げられます。

まず、保険料の高さというのは、やはり終身保険は保障に注力を注いでいる分、その分の保険料も掛かってきますし、特に学資保険の貯蓄型と比較した際に、保険料の違いは大きく出てくると言えます。

また、加入した終身保険が低解約返戻金型の場合は、中途解約するとかなり返ってくる解約返戻金が少なくなってしまい、商品や解約時期にもよりますが、70%程度しか給付されなくなってしまいます。

これでは貯蓄を目的としているのに、意味がなくなってしまいますし、解約に関しては学資保険と比べた際に、かなり不利と言えます。

5.2 学資保険のメリット・デメリット

次に学資保険のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

学資保険のメリットは、「シンプル」という点と「子ども」という部分が大きいと言えます。

というのも、学資保険の特に貯蓄型の場合は、保障内容がシンプルですし、シンプルという事は無駄な保障が入っていないということなので、保険料が安く抑えられますし、分かりやすい理解しやすいという事に繋がります。

また、学資保険は子どもという部分に関して大きく保障しているので、例えば学資保険の保障型には、子どもの医療保険のような保障がついてくるものもありますし、育英年金など子どもに注力している保険と言えます。

次に学資保険のデメリットを挙げると、シンプル故に保障内容が寂しいという事が上げられます。

特にその特徴は、学資保険の貯蓄型になると現れるのですが、学資保険の貯蓄型だと、保障内容はせいぜい死亡等の際に保険料の支払いが免除になる事ぐらいです。

これでは、終身保険のような死亡時の保険金や重度の障害を負った際の保障内容には敵いませんし、教育資金意外に保険に保障を求める方にとっては、かなり残念な保障内容と言えます。

5.3 教育資金一択なら学資保険

結論をまとめると、「教育資金一択なら学資保険」という部分になると思います。

もちろん、終身保険も選択肢にないという事ではなく、あくまでも教育資金の貯蓄のみが欲しい方や既に生命保険の様な保障が確率されている方にとって、学資保険という選択肢はおすすめできると言えます。

特に学資保険の貯蓄型は、シンプルな保障内容で、貯蓄性のみを重視しているので、おすすめです。

しかし、逆に「保障内容も欲しい」・「学資保険以外の保険も検討中」のような方にとっては、終身保険という選択肢もありで、生命保険等の保険を検討していた・そういう保障が欲しいという方や、中途解約するような事態が発生しないと確信出来る方には、終身保険はおすすめすることが出来ます。

6.あなたにおすすめなのはどっち?

先程、学資保険と終身保険のメリット、デメリットについてご紹介させて頂きましたが、どちらも一長一短で、自分に合っているのはどっちか?というのがはっきりしませんでしたね。

なので、これから「どんな保障が欲しいのか?」という点と「既に加入している保険の確認」という点と「将来的な計画」という三項目に分けて、おすすめなのは学資保険か?終身保険なのか?という事についてご紹介したいと思います。

6.1 どんな保障が欲しいのか

まずはじめに考えるべき点は、どんな保障が欲しいのか?という点についてです。

もし、子どもを授かったらまず検討するべき保険に、生命保険や医療保険、学資保険などがありますが、このような保険を考えた際に自分はどんな保険でどんな保障がほしいのか?という点について考える必要があります。

もしも、医療費に関する保障が欲しいなら、医療保険に入る必要がありますし、学資的な保障なあら学資保険と終身保険の生命保険を検討する必要性があります。

まず、教育資金という点において、「もしもの時の保障も欲しいのか?」という点と「貯蓄の重要性はどのくらいか?」という点について考えましょう。

もしもの時の保障や、その他の保障内容を重視するなら、保障型の学資保険がおすすめできますし、貯蓄性を重要視するなら、貯蓄型の学資保険がおすすめ出来ると言えます。

6.2 既に加入している保険の確認

次に、既に加入している保険について考えてみる必要があります。

もちろん、学資保険に1つ加入しているのに、もう1つ学資保険に加入するなんてケースは少ないとは思いますが、例えば医療保険に予め特約などとして、死亡時の保険金を受け取れる特約を付けているケースがあります。

そのようなケースで、終身保険に加入してしまうと、1つのリスクに二重で保険を掛けてしまい、保険を掛けるという事は、二重で保険料を支払う必要が出てきます。

なので、どんな保障が必要なのか?という事を考えると同時に、どんな保険に加入していて、どんな保障があるのか?という点について、一旦整理してみましょう。

6.3 将来的な計画

最後に、考えるポイントは将来的な計画についてです。

例えば、終身保険でも学資保険でも、教育資金のみついて貯蓄したいというニーズなら、単純に考える事が可能ですが、終身保険は一部のみ解約という事が可能なので、一部の解約返戻金のみを引き出すという事が可能なのです。

なので、500万円の内200万円を学資へ、残りの300万円を老後の蓄えにという事が可能な保険なので、老後の蓄え等に活用したい方は、終身保険がおすすめできると言えます。

もちろん、学資保険でも満期の額を高く設定して、給付として余った分を、自分で貯蓄しておくという事は可能ですが、終身保険の場合は据え置いたお金についても返戻率が掛かり、年数が立つ毎に金利のような形で、返戻率が増えていくので、もし老後の蓄えや教育資金以外の部分に貯蓄を回そうと思っている方は、終身保険を検討する必要があると言えます。

7.まとめ

今回は、学資保険と終身保険の概要やその違い・比較、それぞれのデメリット・メリット、おすすめできる方などについてご紹介させて頂きました。

学資保険と終身保険、貯蓄型か?保障型か?、貯蓄性を重視するのか?否か?など、様々な部分が重要になってくるので、素人ではどうしても判断しにくい部分があると言えます。

そのような際に、しっかりと自分で知識を付けた上で、保険のプロなどに相談すると、何も知らない状態で加入するよりも、遥かに良い結果が得られるかと思うので、予備知識を付けた上でプロに相談という選択肢も十分にありだと思います。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

b

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る