子供の将来のために学資保険を有効活用して教育資金に備えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

少子化が叫ばれて久しい現代、子供たちを取り巻く環境に対して、不安を煽るようなニュースばかりが、日々私たちの耳に届いてきます。

政府は「景気は上向き」と声高に叫んでいますが、実際に私たちの給与所得が目に見えて上昇しているわけでもなく、景気回復の実感を感じられる方は、そう多くはないでしょう。

そんな厳しい経済状況の中で、子供を養育していくことは、決して容易ではない時代となってしまいました。

歯止めの利かない少子化ですが、かと言って子供の教育環境が好転することはなく、むしろより良い教育を受けさせたいと思う親心を実現しようとすればするほど、多額の教育資金が必要となります。

では、どうしたら子供に恵まれた教育環境を与えられるのでしょうか。

今回はそんなお悩みを解決すべく、子供の教育資金の必要額や資金確保の手法など、様々なデータをもとに学資保険の有用性と活用法を、ご一緒に見てまいりましょう。

目次

1.子供の教育資金とは
1.1用意しておくべき総額
1.2資金確保の方法

2.学資保険とは
2.1特徴
2.2仕組み

3.学資保険契約に関する一般的データ
3.1保険料
3.2払込期間
3.3契約学資金

4.返戻率で見る学資保険
4.1 0歳児契約の場合
4.2 3歳児契約の場合
4.3 6歳児契約の場合

5.保険料で見る学資保険
5.1 0歳児契約の場合
5.2 3歳児契約の場合
5.3 6歳児契約の場合

6.受取総額で見る学資保険
6.1 0歳児契約の場合
6.2 3歳児契約の場合
6.3 6歳児契約の場合

7.プロ目線で見る学資保険
7.1終身保険ライズ(オリックス生命)
7.2学資保険(ソニー生命)
7.3みらいのつばさ(フコク生命)
7.4夢みるこどもの学資保険(アフラック)
7.5こどもの保険 げ・ん・き(日本生命)

8.まとめ

1.子供の教育資金とは

教育資金と言う言葉を思い浮かべた時、学校などへ支払う金額の総称と考える方が、殆どではないでしょうか。

しかしながら、それは正解でもあり、不正解でもあります。

そこでこの章では、改めて教育資金とは何か、一体いくら必要なのかを、見てまいりましょう。

 

1.1用意しておくべき総額

収入を主に担っている一家の大黒柱に万が一のことが起こてしまった場合、クリアしておくべき経済的必須要素が、下記のように3種類存在します。

・生活費

残された家族の日々の生活が守られるよう、用意しておくべきお金

・教育費

残された子供の、成人までの養育/教育費として用意しておくべきお金

・葬儀費

亡くなられた大黒柱の身の回りの整理や葬儀などの費用として、用意しておくべきお金

 

今回はメインテーマである「教育費」に、スポットを当ててまいりましょう。

 

冒頭でも申し上げた通り、経済低迷や待機児童問題など、子育てに不安を覚えがちなニュースばかりの昨今ですが、子供一人を養育するには大まかに見積もっても、下記の金額が必要となり、その平均は一人当たり771万円とも言われています。

その為、ある程度の備えとしての教育資金プランニングしておくことが、とても重要になってまいります。

 

  

                            

 

基本的教育費と各コースごとの教育費

 

あくまでも上記は、幼稚園から大学卒業までの、進級/就学コースごとの教育費概算と、なっています。

勿論、最高の教育を受けさせたいと言うのが親心ですが、おのずと各家庭で教育費に充当できる金額には、当然のことながら上限や制約があり、すべてが希望通りとはいきません。

そこでまずは、ご自身の家庭に見合った教育資金のイメージを基に、概算を算出しておきましょう。

 

教育費に関しては、先ほどの基本的教育費と各コースごとの教育費を参考にして、下記イメージ図の各項目を入力することにより、算出することが出来ます。

 

 

まずは、下記項目を入力してgを算出しましょう。

幼稚園/保育園 小学校 中学校 高校 大学 合計
第一子
第二子
第三子

 

ここで重要になってくるのが、学校以外の教育に掛かる費用で、教育費の中に含めておかなければならないのが、進学塾の活用費用や、各種習い事の費用などです。

これらは、各種教育課程費用外となりますので、ライフプランニングに含めておかなければなりません。

主だったものとしては、入学金/寄付金、遠足/修学旅行費、学級/PTA会費、教科書費、学用品費、通学費、制服代、通学用品費、その他の学校納付金、塾/予備校費用などが含まれています。

また、受験時に必要な費用も加算されるべき項目となりますので、まさに教育費にまつわる諸費用と言うのは、ばかにならない金額となるのです。

 

 

これらを含めた上で、hを入力します。

しかしながら、hはあくまでも学資保険に加入していた場合にのみ対象となるので、未加入であれば先ほど算出したg分が、教育資金として必要となってしまうのです。

 

1.2資金確保の方法

前章までで、自分のお子さんの教育資金として一体いくらの額を用意すればよいのか、イメージと概算が見えてきたことだと思います。

端的に申し上げれば、下記の金額の前後分が必要となるわけです。

公立一本やりで大学まで進学した場合が、2,985万円
私立一本やりで大学まで進学した場合が、6,064万円

そこで次に問題となってくるのが、それだけの金額をどのような方法で用意するか、と言うことになってまいります。

資産構築の方法としては、大きく分けて下記の様な手法が存在します。

 

 

まず頭に浮かぶのが、日常生活に密着している、銀行や郵便局などの金融機関でしょう。

勿論、有事の際に最も活用されるのが銀行などでの現金による預貯金です。

 

預金の種類 概略
普通預金 自由に預け入れ、払い戻しができる預金口座。
銀行取引の基本となる預金。
公共料金や家賃などの自動支払い、
給与や年金などの自動受け取りが可能。
定期預金 1年、3年後など、預け入れ期間を決めて満期日まで原則、引出不可。
しかし金利が高いメリットあり。
総合口座 普通預金と定期預金、公共債などの長所を組み合わせたものが総合口座。
ためる、ふやす、受け取る、支払う、借りるといった機能がセット化されている。
当座預金 当座預金は手形や小切手の支払いに使われる預金。
法律により利息はつかないが、銀行が破綻しても、
預金保険制度によって全額保護される。
貯蓄預金 残高が定められた金額(基準残高)以上あると、普通預金より
金利が高くなることが多いのが貯蓄預金。
出し入れ自由だが、自動支払い、自動受け取りの利用不可。
大口定期預金 大口定期預金は、1000万円から預入れ可能な定期預金で、
一括預け入れで利用。
金額と期間に応じた金利が設定される自由金利型定期預金。
積立定期預金 積立定期預金は、毎月、決まった日に預金の積み立てをして、
目標額を目指す定期預金。
進学、旅行、住宅購入資金など目標額を設定した貯蓄に用いられる。
ネット定期 インターネットバンクやネット専業銀行、一般銀行のネット支店が取り扱う
インターネットを介した定期預金。
おまけ付き定期 もれなく「おまけ」がついてくる定期予期。
宝くじ付や懸賞金付きのものなどが販売されている。
外貨預金 日本円を米ドルやユーロなどの外国通貨に交換して、外貨で預金をする。
お金の出し入れは自由。
外貨定期預金 日本円を米ドルやユーロなどの外国通貨に交換して、外貨で預金をする。
原則として、満期期日前の引き出しや中途解約不可。
仕組み預金 デリバティブ(金融派生商品)を組み込んでいる預金商品の総称。
普通定期預金と投資型金融商品の中間に位置する。

 

しかしながら、これらの金融商品の実態として、下記をご覧ください。

銀行名 区分 利息入金時期 金利
イオン銀行 普通預金(イオンカードセレクト) 2月・8月 0.12%
楽天銀行 普通預金(マネーブリッジご利用者) 3月・9月 0.10%
楽天銀行 普通預金(楽天カードのカード利用金額の引落があるお客さま) 3月・9月 0.04%
イオン銀行 普通預金 2月・8月 0.02%
オリックス銀行 eダイレクト預金 普通預金 毎月初め 0.02%
楽天銀行 普通預金 3月・9月 0.02%
野村信託銀行 普通預金 2月・8月 0.02%
ジャパンネット銀行 普通預金 100万円以上 毎月初め 0.02%
ジャパンネット銀行 普通預金 100万円未満 毎月初め 0.01%
住信SBIネット銀行 SBIハイブリッド預金 100万円未満 第3日曜日 0.01%
住信SBIネット銀行 SBIハイブリッド預金 100万円以上 第3日曜日 0.01%
大和ネクスト銀行 普通預金 2月・8月 0.01%
新生銀行 普通預金 新生プラチナ優遇後金利 1000万円以上 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 1000万円以上 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 新生ゴールド優遇後金利 1000万円以上 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 新生プラチナ優遇後金利 100万円以上300万円未満 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 新生プラチナ優遇後金利 300万円以上1000万円未満 毎月 0.00%
じぶん銀行 普通預金 5万円未満 2月・8月 0.00%
じぶん銀行 普通預金 5万円以上30万円未満 2月・8月 0.00%
じぶん銀行 普通預金 30万円以上 2月・8月 0.00%
セブン銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
みずほ銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
ゆうちょ銀行 普通預金 4月・10月 0.00%
三井住友銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
三菱東京UFJ銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
住信SBIネット銀行 普通預金 100万円未満 第3日曜日 0.00%
住信SBIネット銀行 普通預金 100万円以上 第3日曜日 0.00%
新生銀行 普通預金 100万円未満 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 100万円以上300万円未満 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 300万円以上1000万円未満 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 新生ゴールド優遇後金利 100万円未満 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 新生ゴールド優遇後金利 100万円以上300万円未満 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 新生ゴールド優遇後金利 300万円以上1000万円未満 毎月 0.00%
新生銀行 普通預金 新生プラチナ優遇後金利 100万円未満 毎月 0.00%
関西アーバン銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
静岡銀行インターネット支店 普通預金 2月・8月 0.00%
ソニー銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
東京スター銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
あおぞら銀行 普通預金 2月・8月 0.00%
あおぞら銀行インターネット支店 普通預金 0.00%

 

これらは2017年5月半ば時点での、各行の普通預金の金利のランキングです。

最高金利でも0.12%と言う、過去最低の低金利時代に突入していることが、一目でわかる結果となっています。

もはや銀行金融商品には「増やす」と言う側面はなく、現金のプール先としての役割を担うのが精一杯、むしろタンス預金とそうは変わらない手段だと言うことを念頭に置いた上で、現金が必要な場面に備えて活用すべき、一貯蓄手段という位置づけになっているのが、残念ながら現状かつ正しい認識となります。

それでは、どのような手法が有効なのかという事になってまいりますが、それはずばり民間の生命保険会社での私的保障です。

実際の生命保険は、下記に挙げる主契約などに、様々な特約などが組み合わされ、商品化されています。

定期保険 掛捨て型

10年20年といった形で保険期間が定まっていて、契約期間中の被保険者の死亡に対して、

死亡保険金が支払われる。

生存のまま満期を迎えると契約満了となり、満期金や中途解約による解約返戻金などの支給はないが

定額な掛け金で死亡時にまとまった保険金を受け取れるので、汎用性が高い。

終身保険 貯蓄型

一生涯が保険期間となり、規定の期間を超過すると解約返戻金が受け取れる。

死亡保険金も当然受け取ることができ、解約返戻金(規定期間超過が必須)/死亡保険共に払込済み保険料を

割り込むことなく、高金利に設定されている。

養老保険 貯蓄型

10年20年といった形で、保険期間が定まっていて、規定の期間を超過すると、解約返戻金が受け取れる。

また、保険期間満了時には満期金が受け取れ、生命保険の中で最も高金利に設定されている。

学資保険 貯蓄型

子供の入学や進学に応じて祝い金が受け取れ、まとまった教育資金とすべく、あらかじめ定めた満期時に満期保険金が受け取れるようになっている。

保険契約者である父親などが死亡した以降の保険料免除などが付帯されている。

収入保障保険 掛捨て型

契約者の死亡時より、契約時に設定した満期日まで、年金方式で保険金が受取可能。

 

それでは順番に、教育資金に充当することを目的とした場合の、それぞれのメリット/デメリットを見てまいりましょう。

定期保険

メリット
・掛捨て型で保険料が割安
・大黒柱の死後に、ある程度まとまった保険金が得られ、活用方法が幅広く、遺児の教育資金に充当することが可能
・保険契約期間を短く設定できるので、その時ごとの家計事情に沿った変更を行える

デメリット
・保険金が受け取れるのは死亡後なので、大黒柱が生存中に、子供の教育資金として活用することが出来ない

 

終身保険

メリット
・生涯の安心を得つつ、規定期間を超過した後であれば、解約返戻金が受け取れるので、教育資金への充当が可能
・大黒柱の死後にある程度まとまった保険金が得られ、活用方法が幅広く、遺児の教育資金に充当することが可能

デメリット
・貯蓄型な為、保険料が割高
・規定期間前に解約返戻金を受け取る場合、それまで支払った保険料総額を下回り、元本割れを起こす可能性あり

 

養老保険

・メリット
・終身保険同様に一定期間を超過すると、解約返戻金が受け取れるので、教育資金に充当することが可能
・保険期間満了時に、満期金が受け取れるばかりでなく、保険商品の中でも群を抜く高金利設定がなされている

デメリット
・貯蓄型なため、保険料が割高
・加入時の年齢が遅くなるほど、保険料が上がる
・加入開始年齢と契約期間によっては、子供の就学期間に間に合わせられない

 

学資保険

メリット
・子供の入学や進学のタイミングに合わせた保険設計が可能
・進学などのタイミングで、祝い金を受け取れるように設定可能
・契約者死亡の場合、それ以降の保険料の払い込みが免除制度あり

デメリット
・貯蓄型なため、保険料が割高
・保険期間が長期にわたる為、保険料を払い続けられるだけの経済的体力が必須

 

収入保障保険

メリット
・掛捨て型で保険料が割安
・契約者の死後にある程度まとまった保険金が得られ、活用方法が幅広く、遺児の教育資金に充当することが可能
・契約者死亡以降、毎月の給与さながらに年金が受け取れるので、就学中の遺児の教育資金に充当可能
・喫煙習慣の有無などで、保険料割引の制度あり
・商品によって、就業不能特約の付加が可能

デメリット

・保険金支払い対象となる規定が、商品ごとに異なる為、選択の際の検討が重要
・契約中の生命保険のフォローアップ部分との重複を避け、無理のない保険料設定が重要

 

生命保険商品は、ご覧いただくとお分かりのように、多種多様で様々な角度から、自身のライフプランへのアプローチが可能です。

それぞれのメリット/デメリットを把握したうえで、契約中の保険と照合し、カスタマイズを行っていきましょう。

 

2.学資保険とは

さて、前章にて各種保険の特徴などをご覧いただきましたが、この章では学資保険にスポットを当ててまいりましょう。

子供の教育資金を目的とした場合、なぜ学資保険が有効なのか、その理由に迫ってみましょう。

 

2.1特徴

学資保険とはみなさんご存知の通り、子供の教育資金の確保を目的としている保険商品で、養老保険などと同様に、貯蓄型に分類されます。

基本的には一般的な生命保険と同じく、月々決まった額の保険料を払い続ければ、契約時に定めたお子さんの年齢に合わせた給付金が、後々受け取れるようになっています。

また、生命保険料控除対象となるのも、大きな魅力の一つとなっています。

 

 

少しでも子供に良い教育環境を与えてあげたいというのが、親御さんの気持ちです。

しかしながら、昨今の景気の低迷から、いつまでも今の収入が確保できるかどうか、不安に感じる方も多いでしょう。

また、契約者の死亡後の遺族の生活の中に、就学費用や入学費用と言った様々な教育資金も含まれます。

そういった問題や懸念事項を解消してくれるのが、学資保険のセオリーなのです。

 

2.2仕組み

さて、学資保険はいくつかの種類に分かれますが、大別すると保障型学資保険と、貯蓄型学資保険が存在します。

 

まず保障型学資保険ですが、本来の貯蓄型部分に、お子さんの傷病による入院/通院保障や、死亡保障などが付加されています。

しかしながら、そのプラスαの部分に対して保険料が上乗せされるので、元本割れを起こしやすくなっています。

 

メリット
・契約者である親が死亡した場合、以降の保険料の払い込みが免除となり、満期保険金や祝い金は受け取れる

・商品により、契約者である親が死亡した場合、育英年金や死亡保険金が受け取れる商品あり

・商品により、被保険者である子供に死亡保障や医療保障などが付帯出来る

 

デメリット

・満期まで支払い続ける保険料総額が、受け取れる満期保険金や祝い金の総額を下回り、元本割れを引き起こす可能性あり

・自治体などが実施するこども医療補助や、高額医療費などの活用が可能なので、必須とは言い切れない

 

以上を踏まえた上での選択が求められる商品と、言うわけです。

 

一方の貯蓄型学資保険は、保障型のようにプラスα部分が無い分、保険料が割安になるばかりでなく、満期まで契約解除をしなければ、支払保険料総額よりも、受取満期保険金/祝い金の方が高くなります。

 

メリット

・契約者である親が死亡した場合、以降の保険料の払い込みが免除となる上、満期保険金や祝い金が受け取れる

・銀行などの金融商品よりも利率が高い

・金利固定商品であれば、元本保証

 

デメリット

・金利変動型の場合、元本割れの可能性も否定できない

 

どちらがより有用性が高いかと言うことは、それぞれのご家庭のプランニングによる為、一概に申し上げられませんが、自治体などが実施している、子供の疾病などに対する社会的保障制度などが、ある程度充実しているので、無理に保障範囲を広げる必要性はないと言えるでしょう。

むしろプラスα部分の保険料上乗せ分を、一家の大黒柱の掛捨て型の死亡保険や貯蓄型の終身保険などへ投入することで、様々なシチュエーションに利用可能な、死亡保険金の増額が見込めます。

自身のファイナンシャルプランに見合った商品選択が、望ましいと言えるでしょう。

 

3.学資保険契約に関する一般的データ

ここまでで、学資保険の概略は、ご理解いただけたかと思います。

そうは言っても、様々な特徴を備えた学資保険が乱立するなかでの保険選びは、その情報量の多さから迷いが生じてしまうことでしょう。

そこでこの章では、みなさんがどのような学資保険の契約設定を行っているのか、検討の一材料として見てまいりましょう。

 

3.1保険料

最も気になるのが、家計に影響を与える、月々の保険料です。

まずは下記のグラフをご覧ください。

上記は、子供の契約年齢と保険料をグラフ化したものです。

10~14歳を除けば、加入時期が早ければ払いほど、保険料は割安となります。

契約開始年齢 保険料
0歳 11,969円
1~4歳 12,128円
5~9歳 13,867円
10~14歳 8,506円

このデータによると、加入開始年齢5~9歳が最も多く、小学校入学時に学資保険加入が検討されている傾向が、見られます。

次いで1~4歳が多く、これは幼稚園の入園を視野に入れた上で、学資保険加入が検討されるといると考えられます。

次いで0歳ですが、大きなライフイベントである、子供の誕生とともに学資保険加入を検討している方も多いという事です。

学資保険は長期にわたる契約の為、保険料を割安に抑える事を優先したい場合は、やはりお子さんの誕生を一つの目安とされると良いでしょう。

 

3.2払込期間

前章のお話と絡みますが、払込期間も重要な要素です。

そこで下記をご覧ください。

 

ご覧いただくとお分かりのように、15~18歳設定が、圧倒多数を占めます。

これは最もまとまった金額が必要となる、大学入学を視野に入れているからに他なりません。

奨学金を活用すると言う方法もありますが、卒業後に奨学金返済に苦しんでいると言うニュースをご覧になった方も、決して少なくはないでしょう。

そういった諸々を鑑みると、やはり15~18歳での設定をしておくことが、子供の将来を考えた場合には万全策と言えるでしょう。

ただし、あくまでも中途解約をせずに済む保険料設定が必須となりますので、自身の家計をきっちり精査しておきましょう。

 

3.3契約学資金

最後は、一体いくらの教育資金を得られるようにするか、と言う点にあります。

そこで1.1章でご覧いただいた、基本的教育費と各コースごとの教育費を、今一度思い出して下さい。

勿論、入学先の大学により準備すべき教育資金は異なりますが、入学時に最低でも100万~150万円は必須と言えるため、この価格帯での契約が大多数を占めます。

しかし当然のことながら、受取金額が大きければ大きいほど、保険料は上昇します。

今回本章でご紹介した、保険料+払込期間+契約額資金のバランスを考慮した上での、学資保険選びが重要となってきます。

学資保険一本やりで、教育資金を確保する必要性は、絶対ではありません。

既に加入済みの死亡保険や終身保険などと照合して、保険商品で得られる保険金などを算出し、不足部分を学資保険で充当することが可能であることも、覚えておきましょう。

 

4.返戻率で見る学資保険

それではここからは、具体的な学資保険商品の概要を、見てまいりましょう。

この章では、まずは返戻率を優先したケースを比較してまいりたいと、思います。

 

4.1 0歳児契約の場合

子供の誕生を機に、学資保険を検討される方は決して少なくはありません。

人生におけるライフイベントの中でも、優先度は上位に位置するので、早めの備えを構えておくことは、非常に有効的です。

それでは、0歳契約での返戻率を含めた、データをご覧ください。

 

契約条件:30歳男性 / 子供0歳

引受保険会社 保険商品 月払保険料 返戻率 払込保険料総額 受取総額 保険期間 保険料払込期間 受取時期と受取金額(円) 出生前加入 (可/不可) 保険料払込免除 支払方法
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型
9,614円 101.90% 1,961,256円 2,000,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – – – – 100 万 – 100 万

(140日前から)

あり 口座振替
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)S(ステップ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型
10,170円 101.20% 2,074,680円 2,100,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 5 万 5 万 10 万 10 万 70 万 10 万 100 万

(140日前から)

あり 口座振替
アフラック

アフラック

夢みるこどもの学資保

アフラックの夢みるこどもの学資保険

14,430円 96.20% 3,116,880円 3,000,000円 18歳まで 18歳払済 高校入学 大学入学 大学2年 大学3年 大学4年 50 万 100 万 50 万 50 万 50 万

(140日前から)

あり 口座振替・クレカ
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

こども保険

こども保険

8,462円 89.50% 2,233,968円 2,000,000円 22歳満了 22歳 6歳 12歳 15歳 18歳 20歳 22歳 10 万 20 万 30 万 40 万 50 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)

5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)

12,096円 68.80% 2,612,736円 1,800,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 10 万 20 万 50 万 100 万 不可 あり 口座振替・クレカ

 

フコク生命の「みらいのつばさ」は、保険料1万円を切っていながらも、その返戻率は驚きの101.90%にも上ります。

月々の保険料を1万円以内に抑えられると、既に加入済みの生命保料と合わせても、その負担は幾分かでも減らすことが可能なので、0歳契約はやはり有利と言えるでしょう。

 

4.2 3歳児契約の場合

それでは、返戻率を優先した上での、3歳契約を見てまいりましょう。

引受保険会社 保険商品 月払保険料 返戻率 払込保険料総額 受取総額 保険期間 保険料払込期間 受取時期と受取金額(円) 出生前加入
(可/不可)
保険料払込免除
(あり/なし)
支払方法
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型
11,736円 101.40% 1,971,648円 2,000,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – – – – 100 万 – 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)S(ステップ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型
12,088円 100.90% 2,030,784円 2,050,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – 5 万 10 万 10 万 70 万 10 万 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
アフラック

アフラック

夢みるこどもの学資保険

アフラックの夢みるこどもの学資保険

17,320円 96.20% 3,117,600円 3,000,000円 18歳まで 18歳払済 高校入学 大学入学 大学2年 大学3年 大学4年 50 万 100 万 50 万 50 万 50 万 可(140日前から) あり 口座振替・クレカ
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

こども保険

こども保険

9,289円 89.70% 2,117,892円 1,900,000円 22歳満了 22歳 6歳 12歳 15歳 18歳 20歳 22歳 – 20 万 30 万 40 万 50 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

 

5年ごと利差配当付こども保険
(100万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)
13,613円 73.40% 2,450,340円 1,800,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 10 万 20 万 50 万 100 万 不可 あり 口座振替・クレカ
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(50万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)
7,126円 70.10% 1,282,680円 900,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 5 万 10 万 25 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ

やはり0歳契約にも上位にランクインしている、フコク生命の「みらいのつばさ」が高い返戻率を誇ります。

しかしながら、幼稚園入園を視野に入れた3歳契約では0歳契約と比較すると、保険料の上昇は免れません。

 

4.3 6歳児契約の場合

それでは、返戻率を優先した上での、6歳契約を見てまいりましょう。

引受保険会社 保険商品 月払保険料 返戻率 払込保険料総額 受取総額 保険期間 保険料払込期間 受取時期と受取金額(円) 出生前加入
(可/不可)
保険料払込免除
(あり/なし)
支払方法
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型
14,996円 101.00% 1,979,472円 2,000,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – – – – 100 万 – 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)S(ステップ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型
15,033円 100.70% 1,984,356円 2,000,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – – 10 万 10 万 70 万 10 万 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
アフラック

アフラック

夢見るこどもの学資保険

アフラックの夢みるこどもの学資保険

21,660円 96.10% 3,119,040円 3,000,000円 18歳まで 18歳払済 高校入学 大学入学 大学2年 大学3年 大学4年 50 万 100 万 50 万 50 万 50 万 可(140日前から) あり 口座振替・クレカ
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

こども保険

こども保険

10,965円 90.20% 2,105,280円 1,900,000円 22歳満了 22歳 6歳 12歳 15歳 18歳 20歳 22歳 – 20 万 30 万 40 万 50 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(100万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)
15,418円 76.50% 2,220,192円 1,700,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 – 20 万 50 万 100 万 不可 あり 口座振替・クレカ
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(50万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)
8,048円 73.30% 1,158,912円 850,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 – 10 万 25 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ

やはりフコク生命のみらいのつばさが、上位を占めています。

返戻率を優先させるのであれば、みらいのつばさを活用することを前提に、契約開始年齢の選択を検討してみると言うのも、一つの方法となります。

 

5.保険料で見る学資保険

それでは次に、月々の家計に大きな影響を与える保険料を優先した場合を、見てまいりましょう。

 

5.1 0歳児契約の場合

まずは前章同様に、年齢を追った順に、保険料を優先した場合の商品比較を行ってまいりましょう。

引受保険会社 保険商品 月払保険料 返戻率 払込保険料総額 受取総額 保険期間 保険料払込期間 受取時期と受取金額(円) 出生前加入
(可/不可)
保険料払込免除
(あり/なし)
支払方法
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(50万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(50万円プラン)
8,048円 73.30% 1,158,912円 850,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 – 10 万 25 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

こども保険

こども保険

10,965円 90.20% 2,105,280円 1,900,000円 22歳満了 22歳 6歳 12歳 15歳 18歳 20歳 22歳 – 20 万 30 万 40 万 50 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型
14,996円 101.00% 1,979,472円 2,000,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – – – – 100 万 – 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)S(ステップ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型
15,033円 100.70% 1,984,356円 2,000,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – – 10 万 10 万 70 万 10 万 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(100万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)
15,418円 76.50% 2,220,192円 1,700,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 – 20 万 50 万 100 万 不可 あり 口座振替・クレカ
アフラック

アフラック

夢見るこどもの学資保険

アフラックの夢みるこどもの学資保険

21,660円 96.10% 3,119,040円 3,000,000円 18歳まで 18歳払済 高校入学 大学入学 大学2年 大学3年 大学4年 50 万 100 万 50 万 50 万 50 万 可(140日前から) あり 口座振替・クレカ

1万円を切る保険料の安さが魅力的なのは、三井住友海上あいおい生命のこども保険です。

お子さんの誕生時期は、世帯自体が若年層であることが多いので、経済的に余裕があると言うご家庭は、そう多くはないでしょう。

そういった問題を回避する目的であれば、8千円台と言うのは魅力的だと言えるでしょう。

 

5.2 3歳児契約の場合

つづいて、3歳契約の場合を見てまいりましょう。

引受保険会社 保険商品 月払保険料 返戻率 払込保険料総額 受取総額 保険期間 保険料払込期間 受取時期と受取金額(円) 出生前加入
(可/不可)
保険料払込免除
(あり/なし)
支払方法
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(50万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(50万円プラン)
7,126円 70.10% 1,282,680円 900,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 5 万 10 万 25 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

こども保険

こども保険

9,289円 89.70% 2,117,892円 1,900,000円 22歳満了 22歳 6歳 12歳 15歳 18歳 20歳 22歳 – 20 万 30 万 40 万 50 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型
11,736円 101.40% 1,971,648円 2,000,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – – – – 100 万 – 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)S(ステップ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型
12,088円 100.90% 2,030,784円 2,050,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – 5 万 10 万 10 万 70 万 10 万 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(100万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)
13,613円 73.40% 2,450,340円 1,800,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 10 万 20 万 50 万 100 万 不可 あり 口座振替・クレカ
アフラック

アフラック

夢見るこどもの学資保険

アフラックの夢みるこどもの学資保険

17,320円 96.20% 3,117,600円 3,000,000円 18歳まで 18歳払済 高校入学 大学入学 大学2年 大学3年 大学4年 50 万 100 万 50 万 50 万 50 万 可(140日前から) あり 口座振替・クレカ

3歳契約でも、保険料1万円を切る商品があることが見てとれます。

保険料を優先するのではれば、「何が何でも0歳から!」と言う概念は、一旦わきにどけておいても良いと言えます。

 

5.3 6歳児契約の場合

それでは最後に、6歳契約を見てまいりましょう。

引受保険会社 保険商品 月払保険料 返戻率 払込保険料総額 受取総額 保険期間 保険料払込期間 受取時期と受取金額(円) 出生前加入
(可/不可)
保険料払込免除
(あり/なし)
支払方法
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(50万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(50万円プラン)
8,048円 73.30% 1,158,912円 850,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 – 10 万 25 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

こども保険

こども保険

10,965円 90.20% 2,105,280円 1,900,000円 22歳満了 22歳 6歳 12歳 15歳 18歳 20歳 22歳 – 20 万 30 万 40 万 50 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型
14,996円 101.00% 1,979,472円 2,000,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – – – – 100 万 – 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)S(ステップ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型
15,033円 100.70% 1,984,356円 2,000,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – – 10 万 10 万 70 万 10 万 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(100万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)
15,418円 76.50% 2,220,192円 1,700,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 – 20 万 50 万 100 万 不可 あり 口座振替・クレカ
アフラック

アフラック

夢見るこどもの学資保険

アフラックの夢みるこどもの学資保険

21,660円 96.10% 3,119,040円 3,000,000円 18歳まで 18歳払済 高校入学 大学入学 大学2年 大学3年 大学4年 50 万 100 万 50 万 50 万 50 万 可(140日前から) あり 口座振替・クレカ

6歳契約でも、保険料1万円を切る商品があることがお分かりいただけたかと思います。

ただし、保険料だけを優先させるあまり、保障内容などの重要事項をおざなりにしてしまわないよう、注意が必要です。

 

6.受取総額で見る学資保険

それでは最後に、実際に受け取れるであろう学資保険額を優先した場合を、見てまいりましょう。

 

6.1 0歳児契約の場合

前章同様に、0歳から見てまいりましょう。

引受保険会社 保険商品 月払保険料 返戻率 払込保険料総額 受取総額 保険期間 保険料払込期間 受取時期と受取金額(円) 出生前加入
(可/不可)
保険料払込免除
(あり/なし)
支払方法
アフラック

アフラック

夢見るこどもの学資保険

アフラックの夢みるこどもの学資保険

14,430円 96.20% 3,116,880円 3,000,000円 18歳まで 18歳払済 高校入学 大学入学 大学2年 大学3年 大学4年 50 万 100 万 50 万 50 万 50 万 可(140日前から) あり 口座振替・クレカ
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)S(ステップ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)S(ステップ)型
10,170円 101.20% 2,074,680円 2,100,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 5 万 5 万 10 万 10 万 70 万 10 万 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

こども保険

こども保険

8,462円 89.50% 2,233,968円 2,000,000円 22歳満了 22歳 6歳 12歳 15歳 18歳 20歳 22歳 10 万 20 万 30 万 40 万 50 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)S(ステップ)型
9,614円 101.90% 1,961,256円 2,000,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – – – – 100 万 – 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(100万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)
12,096円 68.80% 2,612,736円 1,800,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 10 万 20 万 50 万 100 万 不可 あり 口座振替・クレカ
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(50万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)
6,355円 65.50% 1,372,680円 900,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 5 万 10 万 25 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ

何歳までにいくら確保しておきたいかという点がキーになりますので、経済的側面だけでなく、お子さんの進学プランを用意しておきましょう。

6.2 3歳児契約の場合

つづいて、3歳契約を見てまいりましょう。

引受保険会社 保険商品 月払保険料 返戻率 払込保険料総額 受取総額 保険期間 保険料払込期間 受取時期と受取金額(円) 出生前加入
(可/不可)
保険料払込免除
(あり/なし)
支払方法
アフラック

アフラック

夢見るこどもの学資保険

アフラックの夢みるこどもの学資保険

17,320円 96.20% 3,117,600円 3,000,000円 18歳まで 18歳払済 高校入学 大学入学 大学2年 大学3年 大学4年 50 万 100 万 50 万 50 万 50 万 可(140日前から) あり 口座振替・クレカ
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)S(ステップ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)S(ステップ)型
12,088円 100.90% 2,030,784円 2,050,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – 5 万 10 万 10 万 70 万 10 万 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)S(ステップ)型
11,736円 101.40% 1,971,648円 2,000,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – – – – 100 万 – 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

こども保険

こども保険

9,289円 89.70% 2,117,892円 1,900,000円 22歳満了 22歳 6歳 12歳 15歳 18歳 20歳 22歳 – 20 万 30 万 40 万 50 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(100万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)
13,613円 73.40% 2,450,340円 1,800,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 10 万 20 万 50 万 100 万 不可 あり 口座振替・クレカ
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(50万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)
7,126円 70.10% 1,282,680円 900,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 5 万 10 万 25 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ

こちらも先ほどと同様に、進学コースのイメージを、ある程度固めておきましょう。

 

6.3 6歳児契約の場合

最後に6歳契約を、見てまいりましょう。

引受保険会社 保険商品 月払保険料 返戻率 払込保険料総額 受取総額 保険期間 保険料払込期間 受取時期と受取金額(円) 出生前加入
(可/不可)
保険料払込免除
(あり/なし)
支払方法
アフラック

アフラック

夢見るこどもの学資保険

アフラックの夢みるこどもの学資保険

21,660円 96.10% 3,119,040円 3,000,000円 18歳まで 18歳払済 高校入学 大学入学 大学2年 大学3年 大学4年 50 万 100 万 50 万 50 万 50 万 可(140日前から) あり 口座振替・クレカ
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型
14,996円 101.00% 1,979,472円 2,000,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – – – – 100 万 – 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
フコク生命

フコク生命

みらいのつばさ
(5年ごと配当付学資保険)S(ステップ)型フコク生命の「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)J(ジャンプ)型
15,033円 100.70% 1,984,356円 2,000,000円 22歳満期 17歳 幼稚園 小学 中学 高校 大学 成人 満期 – – 10 万 10 万 70 万 10 万 100 万 可(140日前から) あり 口座振替
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

こども保険

こども保険

10,965円 90.20% 2,105,280円 1,900,000円 22歳満了 22歳 6歳 12歳 15歳 18歳 20歳 22歳 – 20 万 30 万 40 万 50 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(100万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)
15,418円 76.50% 2,220,192円 1,700,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 – 20 万 50 万 100 万 不可 あり 口座振替・クレカ
三井住友海上あいおい生命

三井住友海上あいおい生命

5年ごと利差配当付こども保険
(100万円プラン)5年ごと利差配当付こども保険(100万円プラン)
8,048円 73.30% 1,158,912円 850,000円 お子さま22歳満了 18歳満了 小学校入学 中学校入学 高校入学 18歳時 – 10 万 25 万 50 万 不可 あり 口座振替・クレカ

契約内容の前に、保険料の高さに目が奪われた方も、少なくはないでしょう。

第二子などを考えていらっしゃる方などは、やはり早めの検討が必須となります。

様々な角度から精査をし、しっかりとカスタマイズする必要がとても重要なのが、学資保険なので、積極的に各社のカスタマーサポートなどを、活用しましょう。

 

7.プロ目線で見る学資保険

さて前章までは、返戻率/保険料/受取額の3方向から、学資保険を比較してまいりました。

勿論人気の商品を知ることは安心などが得られますが、保険選びはそれがすべてではありません。

そこでこの章では、ファイナンシャルプランナーなどのプロフェッショナルがおすすめする、学資保険を含めた教育資金構築の生命保険商品を、ご一緒に見てまいりましょう。

 

7.1終身保険ライズ(オリックス生命)

特徴

・低解約返戻金型終身保険

・親の一生涯の保障を得つつ、教育資金準備が可能

・保険料払込期間満了後の解約返礼利率が非常に高い

・重度障害に陥った以降の保険料払込は免除

・三大疾病特約あり

保険料例

保険金:300万円

保険期間:終身

払込期間:20年払い

契約年齢 月額保険料目安
30歳男性 10,107円
40歳男性 11,088円
50歳男性 12,777円

 

7.2学資保険(ソニー生命)

特徴

・学資保険と言うジャンル中、最も高い返戻率を誇る

・受け取り方が下記3種類と多彩

Ⅰ型 Ⅱ型 Ⅲ型
中学/高校進学時+18歳満期時に受取 大学進学時に一括受取 18歳から毎年受取

・10/15歳など、短期払いにより貯蓄性のUP可能

学資保険以外でドルでの備えが可能→米ドル建養老保険(無配当)を活用して教育資金に備えるプランでは128.6%の高返戻率を誇る

 

保険料例

保険金:200万円Ⅱ型

契約年齢 月額保険料目安
30歳男性 8,660円
40歳男性 8,760円
50歳男性 9,040円

 

7.3みらいのつばさ(フコク生命)

 

 

特徴

・受取方法が下記2種類

ジャンプ型 ステップ型
大学進学時に一括受取 入園/入学など、節目ごとに受取

・2人目以降の子供に割引が適用される、兄弟割引あり(本商品のみで他社にはない特徴)

・契約者死亡以降の保険料払込免除

保険料例

契約年齢 月額保険料目安
30歳男性 21,531円
40歳男性 21,658円
50歳男性 22,014円

7.4夢みるこどもの学資保険(アフラック)

特徴

・高校入学時に学資一時金、大学4年間に学資年金が受取可

・学資年金受け取り開始を、17/18歳いずれかから選択可

・10歳払済みの短期払い選択により、貯蓄性UP

・契約者死亡以降の保険料払込免除は特約につき、要注意

 

保険料例

契約年齢 月額保険料目安
30歳男性 14,430円
40歳男性 14,630円
50歳男性 15,100円

7.5こどもの保険 げ・ん・き(日本生命)

特徴

・小/中/高/大学の入学時と満期時に祝い金受取可

・満期時まで、祝い金受取の据え置き可

・据置かれた祝い金は、引き出し自由

・契約者死亡時以降の保険料払込免除

・契約者死亡以降、毎年育英年金の受取可

・保険期間が18/22歳で選択可

・組み合わせで、こども総合医療の付加が可能

保険料例

契約年齢 月額保険料目安
30歳男性 21,873円
40歳男性 24,579円
50歳男性 31,773円

8.まとめ

いかがでしたでしょうか。

日常生活を送りながら、お子さんの教育資金を確保するのは、たやすいことではないと言うことが、ご理解いただけたことだと思います。

生命保険は、顧客ニーズにより、年々その種類や機能などを多様化させ続けています。

これは私たちにとって選択肢が広がると言うだけでなく、よりカスタマイズの可能性が広がることを意味します。

「教育費だからこその学資保険」だけにとらわれるのではなく、「学資保険+α」を視野に入れ、お子さんの輝く将来のプランニングを、是非行ってみてはいかがでしょうか。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る