がん保険は一時金のみという選択肢もあり!必見のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

がん保険に加入するなら、一時金のみという選択肢もあり!

がんは国民の3人に1人は掛かると言われている疾病で、がんに関する保障は考えておきたいですが、がんと一言でまとめて沢山の治療法があり、一部では保障できない治療も出てくる可能性があります。

そこで、一時金のみで加入するメリットがあり、この記事ではがん保険を一時金のみで加入するメリットやデメリット、おすすめのがん保険などについてご紹介しているので、がん保険を一時金のみで加入することを検討しているなら、絶対チェック!

目次

1.がん保険についておさらい

1.1 がん保険とは?

1.2  医療保険との違い

1.3 がん保険の必要性

2. 一時金だけじゃない!がん保険の保障について

2.1 入院給付金

2.2 手術給付金

2.3 一時金

2.4 その他の保障

3. がん保険を一時金のみで加入するメリット

3.1 がんで必要になる治療

3.2 新しい治療法も出ている

3.3 融通が効きやすい保障

4.がん保険を一時金のみにするデメリットは?

4.1 他の保険でのカバーが必要

4.2 入院になった場合に痛い

4.3 計画的な保険金の活用が必要

5. 一時金のみで加入するならお勧めのがん保険

5.1 がん保険days

5.2 がんベスト・ゴールドa 

5.3 ガードエックス

6.がん保険で必要になるかもしれない費用

6.1 短期的なもの

6.2 長期的なもの

6.3 先進医療

7.まとめ

1.がん保険についておさらい

この記事では、がん保険の、保障の一部である一時金のみの加入などについてご紹介させて頂きますが、その前にがん保険についてしっかりとご理解されていますか?

そもそものがん保険の概要についての理解がないと、一時金のみの加入が自分にあってるのか?また、そのメリット・デメリットなどについても、しっかりと考慮することが難しくなってしまいます。

なので、これからがん保険とは?という部分から、医療保険などとの違い、がん保険の必要性などについてご紹介したいと思います。

1.1 がん保険とは?

がん保険とは、そもそもどのような保険なのでしょうか?がん保険を一言でまとめると、「がんに特化した保険」というシンプルな一言に付きます。

基本的な保障として、入院や手術などに関する給付金がついてくるものが多く、がんに掛かってくる医療費に対して保障をかける事が可能です。

がんに罹ってしまうと、必要になってくる費用は、他の疾病と比べた時に大きくなりがちで、治療法などにもよりますが、高額医療費制度などを利用した場合でも、多額の医療費が掛かってくることは少なくありません。

その部分を補填してくれるが、がん保険であり、商品によって保障する部分は異なってきますが、がん保険と言われるものは基本的に「がん」という疾病のみを保障の対象にしているという事は、抑えておきたいポイントです。

1.2  医療保険との違い

先程、がん保険の概要で、入院や手術などに対して給付金が出るという事をご紹介させてさせて頂きましたが、同じように医療費を保障してくれる保険として、医療保険という選択肢があります。

それでは、がん保険と医療保険という両者の違いはどこにあるのでしょうか?それは、保障の網羅性と範囲の違いです。

仮に、「がん」と診断されて、入院を余儀なくされたとします。

そのような場合には、がん保険であろうと、医療保険であろうと、「がん」での入院に関する保障を、加入する前に入れておくと、保障を受ける事が可能です。

しかし、他の疾病に掛かってしまった場合には、がん保険の保障範囲ではなくなります。

がん以外の病気の場合は、医療保険の対象となり、契約の内容にもよりますが、一般的にどのような医療費でも、保障を受けることが可能なケースが多いです。

そのため、がん保険はがんに特化した保険であり、医療保険はがんも含めた様々な疾病に対して、保障を受ける事が可能という事になります。

このような事を書いてしまうと、がんしか保障しないがん保険よりも、どんな医療費でも保障してくれる医療保険の方が優位に感じますが、がん保険は「がん」という部分に特化しているため、がんを発症した際に、一点・一点の保障が医療保険よりも厚くなるのが特徴的です。

そのため、がんという一点に絞れば、がん保険は網羅性が高いといえ、医療という大きな目で見た時に、がん保険は保障範囲があまり大きくないと言えます。

1.3 がん保険の必要性

先程、がん保険と医療保険の違いについてご紹介させて頂きましたが、一部では医療保険のみで大丈夫という意見も少なくありません。

特に、現在開発されている医療保険の中には、予め「がん」を含めた三大疾病に関して、特約を付け加える事が可能な医療保険は少なくありませんし、何より「がん」という疾病のみ保険を掛けてしまうのは、少し割高感がありますよね。

しかし、「がん」という疾病は日本人にとって、特化して保障する必要性があるほどリスクが高い疾病になっており、2人に1人は「がん」に掛かっており、3人に1人は「がん」で死亡していると言われています。

以前までは、「がん」に掛かるのは3人に1人と言われていましたが、年を追うごとに高齢化などによって、「がん」によって命を失ってしまう方が増えているようです。

こういう話を耳に入れてしまうと、「がん」はすごく恐ろしい病気のように聞こえてしまいますが、「がん」はしっかりと治療すれば治せる疾病になりつつあります。

というのも、「がん」で死亡する方の絶対数は年々増えてきているのですが、それは高齢化などによって死亡する方の数が増えてきており、がんを発症した場合に、治療をしっかりとして、がんを克服するというケースが医療技術の進歩などにより、増えてきています。

そのため、がんを治療して、治せる確率は高くなってきているのです。

しかし、ここで考えたいのが、がんを発症した際の医療費の事ですよね。

先程、がんは発症しても、治療出来る疾病になってきているという事についてご紹介させて頂きましたが、治療できる疾病になっているという事は、新しい治療法が出てきたり、新たな選択肢が増えてきているという事です。

それはどういう事かと言うと、がんと一言でまとめても、治療法によっては医療保険のみで、カバーすることが難しくなってきているという事なのです。

そこで、がんに特化したがん保険に必要性が大きく出てきており、医療費に関してしっかりと考えるなら、まず考えたいのが、がんに関するリスクのことで、がんをしっかりと保障するならがん保険という選択肢が大きくなりつつあるという事です。

 

2. 一時金だけじゃない!がん保険の保障について

先程、がん保険の概要などについてご紹介させて頂きましたが、がん保険の保障についてしっかりと触れておきたいと思います。

というのも、がん保険の保障は今回扱う最も大きなトピックである一時金のみではなく、その他にも沢山の保障があり、一時金のみの保障を選ぶとしても、他の保障をしっかりと理解した上で選択したいものです。

なので、これからがん保険の保障として代表的な入院・手術給付金などや一時金などについてご紹介させて頂きます。

2.1 入院給付金

まず、はじめにご紹介したいがん保険の保障は、入院給付金で、名前の通りで入院に際して給付金がもらえる保障です。

がんに罹ると、がんが進行している場合などは、入院になる事が少なくなく、入院となると、入院費はもちろんですが、入院の際に掛かってくる生活費、仕事ももちろん出来ないので、経済的なダメージなどに対してしっかりと保障する事が可能です。

しかし、近年入院が必要のないがん治療が増えてきている事も事実で、がんがそこまで進行していない状況だと、入院ではなく、通院による治療が中心的となるケースも少なくありません。

そのようなケースのために、通院給付金と言うモノもがん保険にはあり、保険にもよりますが、一般的に入院給付金以下、同額程度の給付金が受け取れます。

特に、近年放射線治療などの発展により、通院による治療も増えてきているので、入院給付金はもちろんですが、がん保険に加入する際は、通院給付金などについてもしっかりと注目しておきたいです。

2.2 手術給付金

次にご紹介したいのは「手術給付金」で、手術給付金に関しても名前の通りで、手術に際して給付金がもらえます。

保険やプランなどによって異なりますが、一律で20~50万円程度の給付金が受け取れる事の出来るケースが多く、高額医療費制度などを利用すれば、お釣りが返ってくることも多い金額です。

がん保険の治療方法は、がんの発症した場所や進行度によって異なりますが、手術が必要になってくるケースも多く、回数は他の治療法と比べると、多くはありませんが、一回あたりの額面が大きくなりがちな治療です。

そのため、手術に関する医療費はしっかりと保障しておきたい範囲であり、手術給付金があると、安心感が大きいと思います。

2.3 一時金

最後にご紹介したいがん保険の代表的な保障は「一時金」で、今回中心的に扱っていく保障でもあります。

一般的に、がん保険において一時金とは、がんと診断された時に給付される診断給付金を指しているケースが多く、保険や保障内容によって異なりますが、入院給付金などの保障を併用している保険だと「100~300万」に収まる事が多いです。

特徴として、診断された際に一定額が入ってくるので、がんの治療に伴って、必要になってくる治療費はもちろんですが、お仕事などに影響が出た際は、収入に対する補填に当てることも可能です。

また、入院給付金・通院給付金など、保障対象が限られているものだと、先進医療などは保障内容に入ってこないものも多いため、保障を掛けていたのに、実際の保障内容を使い切れなかったという保障対象が限られている保障特有のリスクも避ける事が可能なので、最も便利な保障だと言えます。

3. がん保険を一時金のみで加入するメリット

これから、本題であるがん保険の一時金についてご紹介していきたいと思います。

ですが、一時金の保障内容についてある程度、ご紹介させて頂きましたので、これから一時金についてメリットとデメリットという二点に分けてご紹介させて頂きます。

3.1 がんで必要になる治療

「がん」と一言でまとめても、進行度や発症した部位によって、必要になってくる治療法が大きく異なります。

また、近年薬物治療や放射線治療などなど、治療法も多岐に渡り、同じ症状でも患者の環境や都合により治療法が異なることも少なくありません。

そのため、がんで必要になってくる治療法が異なるため、がんになったから入院になるとも、手術をするとも限らないのです。

もし、がんに掛かっても、入院給付金や手術給付金が給付されるとも限らず、がんに掛かったのに、結局治療法が想定していたものと異なり、満足出来ない保障内容になることも少なくありません。

しかし、一時金については、診断されると一定額が必ず給付されるので、このようなリスクを避けることが可能で、これは一時期のみでがん保険に加入する上で、最も大きいメリットの一つだと言えます。

3.2 新しい治療法も出ている

新しい治療法が出てきているというのも、一時金のみでがん保険に加入する際のメリットの一つになりえます。

というのも、放射線治療や特に薬物治療に関しては、新薬が年々増えてきているので、新しい治療法が加入しているがん保険の保障内容ではないというケースが多いです。

そのため、その治療に掛かってくる治療費はすべてがん保険の保障を受けることが出来ませんし、高額医療費制度を利用した場合でも、かなりの治療費が掛かってくる事が想定されます。

しかし、一時金ならどんな治療を受けようとも、診断された際に一定額を受け取る事が可能なので、どの治療に関しても給付金を使う事が可能ですし、あの治療を受けてみたいけど、保障の範囲外だから難しいみたいな状況を避けることが可能です。

3.3 融通が利きやすい保障

最後に挙げられるがん保険のメリットは、融通が利きやすい保障内容という点が挙げられ、先程上げたメリットとつながる部分がありますが、一時金は利便性の高い保障と言えます。

というのも、実際にがんに掛かってしまった場合に、必要になる費用は、医療費のみではありません。

病院に通院するための費用などや、入院の際の細かな生活費、入院になった場合にご家族の生活費、特に一家の大黒柱といえる立場にいらっしゃる方の場合は、がんに掛かった際に必要になるお金というのは、大きくなりがちです。

しかし、がんの保障内容では、入院給付金や通院給付金、手術給付金など、治療に掛かってくる費用のみに保障が利いてくるケースがほとんどなので、「がんの闘病生活」という生活に掛かってくる費用全てに沿った保障内容ではない事がほとんです。

一時金なら、どんなお金の使い方をしても、用途はそれぞれ分ける事が可能なので、保障内容に予め制限が掛かっているがん保険よりも利便性が高く、融通が利きやすいと言えます。

4.がん保険を一時金のみにするデメリットは?

先程、がん保険を一時金のみで加入する際のメリットについてご紹介させて頂きましたが、メリットがあればデメリットも、もちろんあります。

なので、これからご紹介させていただくデメリットも念頭においた上で、一時金のみでがん保険に加入するのは、自分にとってどうなのか?という点についてしっかりと検討していきましょう。

4.1 他の保険でのカバーが必要

まず、はじめに挙げられるがん保険を一時金のみで加入するデメリットは、他の保険でのカバーが必要になってくるケースがあるという事です。

というのも、もちろん一時金の額面を、1,000万円などという高額な一時金に設定していたら、必要ではないと言えますが、額面が200~300万円程度だと、他の保険を併用した方が、安心感があると言えます。

他の保険というのは、例えば医療保険で入院や通院・手術に関する保障をある程度付けておいて、基本的な部分は医療保険で賄うという行った方法です。

この方法は必ずしもデメリットだけとは言えず、がん保険だとがんに関する治療のみにしか保障が利いてこないので、医療保険で予め基本的なところをカバーしていく事によって、他の疾病に対する保障もついでについてきて、リスクが高いといえるがんのみに一時金という形で、厚い保障を掛けておくことが可能なのです。

しかし、保障内容などが複雑になってしまうと、素人では判断しにくいところで、余計な保険料を取られてしまったりなど、シンプルに越した事はないので、デメリットであると言えます。

4.2 入院になった場合に痛い

次にご紹介したいがん保険に一時金のみで加入するデメリットは、入院になった場合に出てくるデメリットです。

というのも、がん治療に掛かってくる医療費は、多岐に渡りますが、特に入院となった場合は、大きな医療費が掛かってくると言えます。

入院費はもちろんですが、その他の雑費などや病院から動けない事によるお仕事などへの影響など、入院給付金が付いている場合は、その部分に関してしっかりと保障されます。

また、入院に限らず、治療が長期的なものになった場合に、通院で薬物治療や放射線治療などの費用がコンスタントに掛かってくるので、診断給付金やその他の一時金の額面を超えて、大きく医療費がトータルで見た時に掛かってくる可能性があります。

がん治療は、一般的に早期での発見だと、数ヶ月程度で終わるケースが多いですが、場合によっては数年というケースもあるので、一時金のデメリットが大きく出てくると言えます。(保険によっては、複数回一時金の給付を受けれるものもあります。)

4.3 計画的な保険金の活用が必要

次に挙げられるデメリットは、計画的な保険金の活用が必要になってくるという点です。

というのも、これはメリットで上げた融通の利く保障という部分の裏返しなるのですが、自由な反面好きに使うことが可能なので、もちろん医療費とは全く関係のないものに、保険金を費やすみたいな事はないとは思いますが、それでも人によっては計画的に使うのが難しいという方も少なからずいらっしゃると思います。

例えば、浪費癖のある方や節約があまり得意ではない方など、もしあなたがお金に関してあまり計画的に、使っていくことが難しいと感じる方であれば、このデメリットは強いはずです。

入院給付金、通院給付金、手術給付金などは不自由な反面、実際に必要になる医療費に沿って、給付金を受け取ることが可能なので、ある意味計画的に給付を受けることの出来る保障内容だとも言えます。

5. 一時金のみで加入するならお勧めのがん保険

先程、がん保険に一時金のみで加入するメリット・デメリットについてご紹介させて頂きましたが、一時金のみで加入するなら、どのようながん保険がおすすめなのでしょうか?

一部では、一時金のみでの加入が不可能ながん保険もあり、がん保険に一時金のみで加入する際は、選択肢はある程度限られてきます。

これから、がん保険に一時金のみで加入するならおすすめのがん保険「がん保険days」、「がんベスト・ゴールドa」、「ガードエックス」の3つをご紹介したいと思います。

5.1 がん保険days

保険料

(30代 男性)

特徴 保障内容
3,500円/月 安い保険料、終身タイプ 一時金、特定診断給付金

まず、はじめにご紹介したいがん保険は「がん保険days」で、アフラックから出ているがん保険です。

実はこの保険一時金のみでの、加入は出来ないのですが、一時金の保障が大きく、他の保障が削られているので、ご消化させて頂きます。

この保険自体に入院給付金や通院給付金などが付いているのに、一時金は最大で100万円で、かなり安い保険料を実現しているがん保険です。

そのため、一時金のみでは少し不安という方や、一時金が主な保障内容だがしっかりと、その他の保障も欲しい方、保険料を安く抑えたい方などにはおすすめです。

5.2 がんベスト・ゴールドa 

保険料

(30代男性)

特徴 保障内容
2,500円/月 一時金を調節出来る! 一時金など

次にご紹介したいがん保険は、がんベスト・ゴールドaで、FWD富士生命から出ているがん保険です。

がんベスト・ゴールドaは、診断給付金のみに保障内容として、注力している商品で、一時金の額面や利便性に長けているがん保険です。

というのも、がんベスト・ゴールドaでは、一時金の給付額を50~300万円まで設定することが出来、利便性が高い事がメリットとして挙げられ、給付回数は無限です。(二年に一回)

そのため、治療が予想以上に長期化してしまった場合でも、しっかりと治療が続いている場合は、一時金を受け取る事が可能なので、がんベスト・ゴールドaでは、長期化してしまった場合の一時金のデメリットを避ける事が可能です。

また、一時金を調節出来る点などからも、一時金のみを追求したがん保険であるといえ、本当に給付金のみを目的とするならがんベスト・ゴールドaは、かなりベターな選択肢であると言えます。

5.3 ガードエックス

保険料

(30代男性)

特徴 保障内容
2,000円/月 安い保険料で高い一時金 一時金、入院給付など

最後におすすめしたい一時金のみのがん保険は、ガードエックスで、メットライフ生命から出ているがん保険です。

ガードエックスは、がんと診断され、がんの三大治療(薬物治療、放射線治療、手術)のいずれかで治療した場合に、一時金を100万円を受け取る事ができ、1年に1回最大で、5回一時金を受け取ることの出来るがん保険です。

ガードエックスは、上記したような一時金を主体したがん保険ではあるのですが、特約などで入院給付金などのオプションを付け加える事が可能で、基本的な保障(一時金)+特約保障を受ける事が可能です。

そのため、保障内容を全体的に調節しやい自由度の高いがん保険だと言えますし、ガードエックスの特約は多種多様で、どれもオプションだからと言って、見劣りするような保障ではありません。

そのため、近年人気の高まっているがん保険であり、がんベスト・ゴールドaと比べると、給付回数に制限こそありますが、100万円の一時金を、年に一回受け取る事が可能ですし、がん治療も一般的に長くても2~3年で終了するケースが多いので、十分な給付回数だと言えます。

しかし、一つ挙げられるデメリットとして、ガードエックスは男性の保険料はかなり安いのですが、女性の場合は高くなりがちで、年齢などにもよりますが、保険料が女性の場合、男性の二倍近く掛かってしまうこともあります。

そのため、女性にはデメリットが強く出るがん保険ではありますが、男性の場合で一時金を中心としたがん保険を考えているなら、おすすめのがん保険です。

6.がん保険で必要になるかもしれない費用

これまで、一時金のみのがん保険のメリットやデメリット、おすすめのがん保険などについてご紹介させて頂きましたが、最後にがんを発症すると掛かってくる医療費の種類についてご紹介したいと思います。

この中には高額医療費制度の対象になるものも少なくなく、すべてが自己負担になるケースは少ないですが、参考程度にがんに掛かった際の経済的リスクを見ていきましょう。

6.1 短期的なもの

まずはじめにご紹介するがんの治療費に掛かってくる短期的なものについてご紹介したいと思います。

がんの治療費で掛かってくる短期的で、もっとも大きなものは手術費だと言えます。

というのも、手術費はピンきりで、必ず大きな額が掛かってくるとはいえませんが、最低で20~30万円はかかってきますし、ものによっては数百万円というものもあります。

しかし、がんの治療において、手術の回数は1回~2回程度なので、最も短期的な治療で、最も費用が掛かる医療費だと言えます。

6.2 長期的なもの

次にご紹介するのは、がんに掛かってくる医療費は中長期的なもので、主に入院費と薬物・放射線治療です。

がんを発症して、入院した場合は大体長くても数ヶ月程度で、退院する事が出来るケースが多く、期間としては中期程度だと言え、入院費は病院や部屋などによってことなりますが、一日数千円から数万円で収まる事が多いでしょう。(どれだけ、贅沢をするか?によりますが、一日で10万円掛かるなんて事はないと言えます。)

次にがんに掛かってくる医療費として、長期的なものは、薬物治療と放射線治療で、がんの進行状況などにもよりますが、場合によっては1~3年程度続くケースも少なくありません。

ここまで長期化してくると、かなり経済的にも大きなダメージになってくるので、一時金のみでがん保険に加入する際は、給付回数にしっかりと目を通して置きたいです。

6.3 先進医療

次にご紹介したいがんで掛かってくる医療費は、先進医療の医療費で、最もお金が掛かる医療費だと言えます。

先進医療とは、厚生労働省が健康保険などの適用を検討している治療法のことで、まだ一般には広まっていないが将来的に期待出来る新しい治療法の事です。

先進医療はなぜお金が掛かるのか?というと、がん保険の保障内容などに組み込まれていないケースなどはもちろんですが、高額医療費制度の対象にならず、掛かってくる医療費が全て自己負担で行う必要性があるからです。

がん保険の中には先進医療に、保障を掛けられるものもありますが、あまり庶民だと手に出しにくい治療法だと言え、健康保険での適用までは出来ないという方も少なくないみたいです。

7.まとめ

今回は、がん保険の概要や、がんの治療法、がん保険を一時金のみにするメリットやデメリット、おすすめのがん保険、がんで掛かってくる医療費などについてご紹介させて頂きました。

がん保険で、一時金のみという選択肢を取る方が最近増えているのは事実で、その背景には進みつつある医療技術の進歩などが挙げられ、がん一つの治療でも沢山の選択肢を選べるようになってきました。

そこで、がん保険でも変化が起きており、一時金のみという選択肢が魅力的な選択肢の一つで有ることは確かですが、選択肢の一つに過ぎず、最終的には自分にあった保障内容を、しっかりと検討しましょう。

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る