がん保険は何がおすすめ?注目したいがん保険を詳細に解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

日本人の死因の上位を占める「がん」、厚生労働省の報告では全死因の3割近く上ると言われています。

がんは、発症してしまうと増殖・転移により深刻な生命のリスクはもとより、治療費も高額になる非常に厄介な病気です。

そのため、公的医療保険だけではなく、民間のがん保険の活用が最近では注目されています。

しかし、がん保険は種類も多く、なかなかご自分の合った保険商品を見つけるのは、そう簡単にいかないことでしょう。

そこで今回は、がん保険の内容と加入する場合に注目したい保障内容を検討し、各サイトで毎回上位にランキングしている保険商品を紹介していきます。

この記事を読めば、がん保険の基礎的な内容を知ることができ、自分に合った保険商品を選ぶ際の有効な資料の一つとなることでしょう。

目次

1.がん保険について

  • 1-1.がん保険とは
  • 1-2.なぜ初期のがんで治療する必要があるのか?
  • 1-3.なぜ診断給付金は重要なのか?
  • 1-4.女性専用特約はここをみる!
  • 1-5.がん保険上位ランキング

2.アクサダイレクト生命 終身がん保険「アクサダイレクトのがん終身」

  • 2-1.アクサダイレクトのがん終身の概要
  • 2-2.アクサダイレクトのがん終身の保障内容
  • 2-3.女性専用特約

3.オリックス生命「がん保険ビリーブ 」

  • 3-1.がん保険ビリーブ の概要
  • 3-2.がん保険ビリーブ の保障内容
  • 3-3.女性専用特約

4.ライフネット生命がん保険「ダブルエール」

  • 4-1.ダブルエールの概要
  • 4-2.ダブルエールの保障内容
  • 4-3.女性専用特約

5.アフラック「新 生きるためのがん保険Days」

  • 5-1.新 生きるためのがん保険Daysの概要
  • 5-2.新 生きるためのがん保険Daysの保障内容
  • 5-3.女性専用特約

6.アクサダイレクト生命 定期がん保険「アクサダイレクトのがん定期」

  • 6-1.アクサダイレクトのがん定期の概要
  • 6-2.アクサダイレクトのがん定期の保障内容
  • 6-3.女性専用特約

7.まとめ

1.がん保険について

がんになってしまった親族や知人もいて、自分もがんになるかどうか不安だ。

しかし、生活習慣の改善や定期健診が重要なのはわかっているが、がんになった場合でも慌てずに医療機関で治療を受けて完治を目指したい・・・。

その際に、がん保険はどんな支えになるのだろう?おすすめの保険商品にはどんなものがあるのか?

こちらでは、まずがん保険とは何か?そして、がんを治すためにどんな治療を行うことが効果的で、それに対応する保険商品を選ぶ際のポイントは何か?を説明します。

1-1.がん保険とは

がん保険は、がんという病気に特化した金銭的サポートを行う保険です。がんを幅広く保障する保険であり、最近ではがん保険に加入する希望者が多く、生命保険会社や共済等も保障内容を厚くしたり、支払保険料を低く抑えたりして、加入者を増やす競争を行っています。

がん保険は公的医療保険ではカバーできない、差額ベッド代・入院時の食事代・通院費・保険診療外の医療行為を保障する備えとして注目が集まっています。

がん保険の保障内容としては、

①入院時に受け取れる給付金の保障を重視する「入院給付金型」

②診療の自己負担分の医療費・ご家族の介添え費用等を補填する「実損補填型」

③がんと医師から診断されたときに給付金が支払われる「診断給付金型」

④がんで休職した分を毎月、保険期間が終わるまで年金という形で受け取る「収入保障型」

があります。

1-2.なぜ初期のがんで治療する必要があるのか?

初期のがんとは、「上皮内新生物」とも呼ばれています。これは、がん細胞が身体や臓器の表面または内腔等を覆う組織内に、いまだ止まっている状態を指します。

初期のがんは、筋肉の層を超えずに間質細胞に広がる以前の状態であるため、この段階で定期健診等で発見され、効果的な治療を受ければ、がんの転移や再発の危険性がほとんどなく完治も十分可能と言われています。

ただし、初期のがんとはいっても放置をすれば、いずれがん細胞が増殖をはじめ、筋肉の層を超え正常な細胞をどんどん蝕んでいきます。更に細胞が侵食されるとリンパ節や血液にがん細胞が乗り、他の臓器に転移していきます。

この初期のがんから悪化した状態が「悪性新生物」と呼ばれます。悪性新生物は悪性のがんですので、症状の進行度によれば、完治の可能性を見込めなくなり、生命に深刻なリスクが及ぶことになります。

早期発見、早期治療こそが結局のところ、患者の生命のリスクを軽減し、がん治療に関する金銭的負担も抑えることにつながります。

がん保険に求められているのは、初期のがんでも悪性のがんとほぼ同レベルの保障を約束し、保険加入者が初期の段階で効果的な治療を受けるために、手厚い金銭的サポートが受けられることが、保険商品を選ぶ際のポイントといえます。

1-3.なぜ診断給付金は重要なのか?

診断給付金とは、がんと医師から診断されると保険会社より、まとまったお金を受け取ることができる保障を言います。

がんを発症し入院や治療に移る場合に、最初からまとまった額のお金があるならば、金銭的にも精神的にも安心します。

貯金に余裕が無い方の場合は特に有難い保障で、この診断給付金が保障内容としてあるかどうかも保険商品を選ぶ際のポイントです。

ただし、診断給付金は生命保険各社の保険商品により、受け取れる金額はもちろんのこと、受け取れる条件も異なります。

例をあげれば、悪性新生物にまで悪化していることが条件であることや、初期のがんであっても給付金が受け取れるものの、悪性新生物の場合と比較してかなり金額が減額される等、初期のがんが見つかっても保障の対象にならないか、保障の対象とされても満足に給付金が受け取れないケースがあると言うことです。

そのため、初期のがんでも、悪性新生物でも、可能な限り同額で保障される保険商品を選ぶことが有効な保険選びといえます。

1-4.女性専用特約はここをみる!

女性特有のがんを発症した場合に、より手厚い保障を受けられる特約を「女性専用特約」または「女性疾病特約」と呼ばれています。

この特約は乳房・卵巣・子宮でがんが発症した場合、数千円~1万円程度を主契約の給付金に上乗せして受け取れるという内容のものが多いです。

確かに、がん治療という面からみれば手厚い金銭的サポートといえますが、肝心なのはがん治療以外の面から見て、手厚い保障が設けられるかどうかです。

例えば、乳がんのしこりの大きさが4cm以上になると、乳房の温存手術が適応されない治療になるおそれがあります。そうなると乳房を切除することになります。

ただし、切除した場合でも、その後に人工乳房による再建手術を行うことは可能です。その場合には、健康保険が適用されず再建手術のための費用は100万円程度になります。

確かに乳房の再建に関してはがん治療のための医療行為ではなく、乳房の容姿を美しく整えるための手術です。

しかし、女性の心情からみて大切な手術と言えるため、保障の対象としているがん保険があります。

このように、たとえがん治療とは言えなくても、「ただがんを治せば良い。」という趣旨だけではなく、患者の喪失感を埋めるような医療行為が保障の対象となっているかどうかも、保険商品選びのポイントと言えます。

1-5.がん保険上位ランキング

がん保険関連のサイトや口コミ等を対象としたランキングで、上位に入るがん保険は概ね同じ生命保険会社の保険商品が多いです。ランキングの5位以内については以下の表のとおりです。

保険会社 保険商品
1位 アクサダイレクト生命 終身がん保険「アクサダイレクトのがん終身」(終身保険)
2位 オリックス生命 「がん保険ビリーブ 」(終身保険)
3位 ライフネット生命 がん保険「ダブルエール」(終身保険)
4位 アフラック 「新 生きるためのがん保険Days」(終身保険)
5位 アクサダイレクト生命 定期がん保険「アクサダイレクトのがん定期」(定期保険)

ほとんどが終身保険ですが、アクサダイレクト生命は終身保険および定期保険が揃って、5位以内に入るなど人気の高さを誇っています。

今回5位以内には入りませんでしたがチューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアム」やメットライフ生命「ガン保険ガードエックス」等も人気の商品です。

各サイトのランキング上位の中には、セコム損害保険株式会社「自由診療保険メディコム」という商品も人気があります。

この保険は、公的医療保険で承認されていない抗がん剤治療である「未承認抗がん剤治療」、薬剤としては承認されているものの、公的医療保険の適用されない部位等へ使用する抗がん剤である「適応外抗がん剤治療」というような、いわゆる「自由診療」をカバーする商品です。

保険診療にとらわれない患者により適合した自由診療による治療法を、保障の対象とした保険も注目されています。

なお、上位にランキングされているがん保険は、いずれも「診断給付金」が充実した商品ばかりですが、アフラック「生きるためのがん保険寄りそうDays」というがん保険は、診断給付金が無いものの、悪性新生物を経験された方でも加入できる可能性が高い保険です。

こちらは、診断給付金を除いた保障であるなら他商品と比較して決して見劣りする保障内容とは言えません。

ランキング内外に限らず、ご自分の健康状態や、がんとなったら保険診療に限らず自由診療を試すというように、自分が受けたい最先端のがん治療を考慮に入れて、保険選びを行うのも有効な方法の一つです。

2.アクサダイレクト生命 終身がん保険「アクサダイレクトのがん終身」

初期のがんも手厚く保障され、診断給付金も充実している・・・・・。

各サイトや口コミ等で上位にランキングされている保険は、このようなニーズを踏まえた保障内容となっているはずだ。

その保障内容の詳細を知りたい・・・・・。

こちらでは、がん保険「アクサダイレクトのがん終身」を紹介します。

2-1.アクサダイレクトのがん終身の概要

こちらは診断給付金が最大で200万円受け取れ、治療前の金銭的サポートの重要性を理解している保険商品と言えます。また、上皮内新生物も保障の対象になります。

毎月の支払保険料は、終身型がん保険でありながら男性・女性(20歳)共に600円未満からと破格の安さと言えます。入院日額5000円、10,000円、15,000円、20,000円と分かれています。

加入開始年齢別の支払保険料については以下の表の通りです(日額5,000円:終身払)。

性別 20歳 30歳 40歳 50歳 60歳
男性 595円~ 855円~ 1,275円~ 1,930円~ 2,880円~
女性 530円~ 720円~ 955円~ 1,225円~ 1,585円~

2-2.アクサダイレクトのがん終身の保障内容

保障内容は非常にシンプルと言えますが、保障を手厚くしなければならない点をしっかりと押さえた内容となっているため、利用者に非常に人気が高い保険商品と言えます。

がん診断給付金は、悪性のがんのみならず、初期のがんも金額が削減されること無く、満額で受け取れるのが大きな魅力です。早期に効果的な治療を望む患者にとっては、一時金として充実した金銭的サポートが期待できます。

また、アクサダイレクト生命の迅速に給付金を支払うという意識も評価できます。

給付金申請書類の受理日から患者の口座に振り込まれる着金日まで、2.09日(2017年9月平均、書類不備・事実確認を行った案件は除く)という早さも、手厚い保障だけではなく、患者の安心につながる姿勢と言えます。

がん入院給付金

日額で5,000円~20,000円までが入院日数無制限で受け取れます。

がん診断給付金

50万円~200万円の診断給付金が受け取れます。上皮内新生物も保障の対象になります。

その他

更に抗がん剤治療特約、がん手術給付特約、がん先進医療特約、がん退院療養特約等を主契約に付加して、保障をより手厚くすることができます。

2-3.女性専用特約

がん保険「アクサダイレクトのがん終身」に女性がん入院特約を付加することで、より女性が発症しやすいがんの保障を手厚くすることができます。これを「女性プラン」と呼んでいます。

保障は乳がんや、子宮がん等の女性特有のがんになった場合に、通常の入院給付金の2倍の「女性がん入院給付金」が受け取れる内容となっています。

ただし、例えば乳がんにより、乳房を切除した場合、乳房再建術のようながん治療以外の手術で、一時金等が下りる保障内容が設けられていない点は、今後改善されるべき課題と言えます。

乳房を失う辛さや恐れは、乳がんを発症するリスクをもつ女性全てが持つ感情と言えます。その喪失感や恐れを緩和する金銭的サポートも非常に大切なことです。

3.オリックス生命「がん保険ビリーブ 」

がん保険の中には、所定の条件にさえ合うならがん診断給付金が何度でも受け取れる保険があると聞く・・・・。

その保険の詳細も是非知りたい・・・・・。

こちらではオリックス生命「がん保険ビリーブ」を紹介します。

3-1.がん保険ビリーブ の概要

この保険は、初回は医師よりがんと診断された時に100万円の「初回診断一時金」が受け取れます。

その後、がんを再び発症しても2回目以降にがん治療を目的に入院したときは、50万円のがん治療給付金を受け取ることができます。

つまり所定の条件に該当すれば、何度でも診断給付金が受け取れる保障内容が魅力です(10,000円コースの場合)。

なお、50歳~75歳限定で5,000円コースも設けられています。

加入開始年齢別の支払保険料については以下の表の通りです。

○10,000円コース(終身払)

性別 20歳 30歳 40歳 50歳 60歳
男性 1,800円~ 2,480円~ 3,610円~ 5,400円~ 7,950円~
女性 1,570円~ 2,070円~ 2,750円~ 3,510円~ 4,330円~

3-2.がん保険ビリーブ の保障内容

がんは初期のがん(上皮内新生物)の場合は、再発の可能性がほぼ0といえますが、悪性のがんの場合は再発が想定されます。

いざ再発しても、所定の条件にさえ該当すれば何度でも診断給付金が受け取れることは、再発でショックを受けている患者に対して、治療を受けることへ前向きにさせる金銭的なサポートといえます。

ただし、保障コースの選択肢が50歳になるまで10,000円コースのみとなっています。より多様なコースから選択できるような保障内容の工夫が、今後の改善点と言えます。

初回診断一時金

医師よりがんと診断された時に100万円が受け取れます。上皮内新生物も保障の対象となります。

がん治療給付金

がんが再発し、2回目以降はがん治療を目的に入院した場合、50万円が受け取れます。上皮内新生物も保障に含まれます。

がん入院給付金

日額で10,000円が入院日数無制限で受け取れます。

手術給付金

手術1回につき20万円の給付金が何度でも受け取れます。

先進医療給付金

先進医療にかかった費用と同額の給付金が受け取れます(通算2,000万円が限度)。

がん退院一時給付金

がんで10日以上の継続入院後に退院したとき、退院1回につき10万円が何度でも受け取れます。

その他

がん通院給付金特約を付加して保障を厚くすることができます。

3-3.女性専用特約

実はオリックス生命では、がん保険について女性専用特約が設けられてはいません。

ただし、女性特有のがんが全く保障され無いのかというとそうではなく、がん保険ビリーブでは女性特有のがんも保障対象となっています。

女性特有のがんになれば、主契約の給付金の上乗せがされないということにはなります。

今後は、女性向けの特約も新たに付け加え、女性により厚い保障を提供することが課題と言えます。

4.ライフネット生命がん保険「ダブルエール」

がん保険の中には幅広い金額の診断給付金が選べる商品があるらしい。

診断給付金に特化した保険商品の内容も是非知りたいものだ・・・・。

こちらでは、ライフネット生命「ダブルエール」について紹介します。

4-1.ダブルエールの概要

診断給付金が最も充実した保険です。診断給付金は100万円~300万円まで50万円単位で設定が可能です。

加入開始年齢別の支払保険料については以下の表の通りです。シンプル、ベーシック、プレミアムに分かれます。

○シンプル

性別 20歳 30歳 40歳 50歳 60歳
男性 895円~ 1,209円~ 1,735円~ 2,661円~ 3,975円~
女性 1,104円~ 1,437円~ 1,798円~ 2,110円~ 2,491円~

4-2.ダブルエールの保障内容

診断給付金を最も高く設定でき、治療を受ける前から充実した金銭的サポートを受けることができます。

最近では、がん治療に関して入院日数が徐々に短期間となっている傾向があります。現状のがん入院日数の目安は19.9日と言われています。

ただし、20日程度の入院でがんが完治する例ばかりではなく、その後に通院を行わなければならないケースもあります。

つまり、入院給付金を重視したがん保険の場合には、患者の予想に反して短期間で退院となってしまい、「結局、入院給付金(日額)があまり下りなかった。」と、落胆してしまうことも想定されます。

一方、医師にがんと診断されただけで受け取れる「診断給付金」は、仮にがん治療で退院しても余剰のある場合、返却する必要が当然ないため、その後の通院費や生活費に充てることが期待できます。

ただし、この保険は悪性新生物の場合に、給付金が50%減額されてしまいます。例えば、診断給付金の金額100万円→50万円という形になります。

こちらの診断給付金は1回限りの受け取りになりますので、初期のがんでも、安心して給付金を受け取りたい場合には、診断給付金の設定金額を高く設定しておくことが必要です。

○がん診断一時金

医師よりがんと診断された時に100万円~300万が受け取れます。上皮内新生物の場合は50%減額されます。

治療サポート給付金(ベーシック、プレミアムのみ)

手術、放射線治療、抗がん剤治療を受けた時に、回数無制限で月1回10万円が受け取れます。

がん収入サポート給付金(プレミアムのみ)

がんと診断された翌年より、生存されている場合には1年毎に最大5回まで、がん診断一時金の50%が受け取れます。

その他

がん先進医療給付金特約を付加して保障を厚くすることができます。

4-3.女性専用特約

ライフネット生命の場合も、がん保険について女性専用特約が設けられてはいません。

女性特有のがんになれば、主契約の給付金の上乗せがされないということになります。

ダブルエールの保障内容は非常にシンプルなので、新たに女性向けの特約を設けても、加入希望者に内容がわかりにくいと言うようなことにはなりません。更なる特約の充実を図ることが改善点といえます。

5.アフラック「新 生きるためのがん保険Days」

診断給付金が充実してきた保険を見て来たが、通院による治療を重視した保険はないものだろうか?

がん治療の保障に関して立派な内容のものは多かったが、患者の心のケアにつながる保障を重視している保険もあって良いはずだ・・・・。

こちらでは、アフラック「新 生きるためのがん保険Days」を紹介します。

5-1.新 生きるためのがん保険Daysの概要

手術、放射線治療、抗がん剤治療の通院保障が日数無制限となるのがこの保険の特徴です。

保障プランはAプラン(入院給付金10,000円)、Bプラン(入院給付金5,000円)に分かれます。

○Bプラン(入院給付金5,000円)

性別 20歳 30歳 40歳 50歳 60歳
男性 1,360円~ 1,930円~ 2,895円~ 4,640円~ 7,530円~
女性 1,420円~ 2,005円~ 2,920円~ 3,755円~ 4,620円~

5-2.新 生きるためのがん保険Daysの保障内容

がんの入院日数が減少傾向にある中、通院日数に関しては増加傾向にあります。それは、がんは通院しながら治療できる方法や環境が、医療機関で普及したためと言えます。

アフラックが独自に行ったアンケート調査では、治療検査のために患者が通院した期間は平均3年5ヶ月(2013年8月実施)とされています。

患者の通院手段および医療機関と自宅等を行き帰する距離にもよりますが、通院費もがん治療が長期化すればそれだけ多額となります。

アフラックではこの点を重視し、手術、放射線治療、抗がん剤治療の通院保障を日数無制限とすることで、通院患者の金銭的サポートを厚くした商品を販売しています。

しかし、診断給付金は悪性新生物の場合は100万円であるものの、上皮内新生物(初期のがん)の場合は1/10に減額されてしまう等、際立った差があります。

診断給付金

医師よりがんと診断された時に100万円が受け取れます。ただし、上皮内新生物の場合は10万円の受け取りとなります。

入院給付金

日額で5,000円~10,000円が入院日数無制限で受け取れます。

通院給付金

日額で5,000円~10,000円で、手術、放射線治療、抗がん剤治療の場合は通院日数無制限で受け取れます。

手術治療給付金

手術1回につき10万~20万円の給付金が、回数無制限で入院しなくても受け取れます。

放射線治療給付金

治療1回につき10万~20万円の給付金が、回数無制限で入院しなくても受け取れます。

○抗がん剤治療給付

治療1回につき2.5万~10万円の給付金が、入院しなくても受け取れます。

その他

がん先進給付金特約、診断給付金複数回支払特約を付加して保障を厚くすることができます。

5-3.女性専用特約

主契約に女性向けの特約を付加したプラン、「新 生きるためのがん保険レディースDays」として販売されています。

保障内容は主契約の保障に加え、女性特有のがん治療に関して1回につき20万円を支給すると共に、乳がん治療のための乳房観血切除術を受けた後に乳房再建術を行った場合、手術1回につき50万円が支給されます。

乳房再建術はがん治療ではなく、乳房の「見た目」の手術と言えます。しかし、患者の喪失感を緩和し、「心のケア」のためには必要な手術です。

生命のリスクがあるわけでは無いですが、患者の心情に配慮した保障に重きを置く姿勢は、非常に評価されるべき点と言えます。

6.アクサダイレクト生命 定期がん保険「アクサダイレクトのがん定期」

これまで見て来た保険は、終身型がん保険ばかりだが、定期型にもお勧めの保険があるのだろうか?

自分はがん保険初心者と言えるので、手頃で保障に厚い保険にも興味がある・・・。

こちらでは、前述したアクサダイレクト生命の保険商品の一つである、定期型がん保険「アクサダイレクトのがん定期」を紹介します。

6-1.アクサダイレクトのがん定期の概要

こちらは「アクサダイレクトのがん終身」と同様に、診断給付金が最大で200万円受け取れ、上皮内新生物も保障の対象になります。

毎月の支払保険料は、定期型がん保険も終身保険と同様、男性・女性(20歳)共に600円未満からと破格の安さと言えます。

入院日額は終身保険と違い5000円のプランが無く、10,000円、15,000円、20,000円と分かれています。

加入開始年齢別の支払保険料については以下の表の通りです(日額10,000円:終身払)。

性別 20歳 30歳 40歳 50歳 60歳
男性 595円~ 855円~ 1,275円~ 1,930円~ 2,880円~
女性 530円~ 720円~ 955円~ 1,225円~ 1,585円~

6-2.アクサダイレクトのがん定期の保障内容

アクサダイレクトのがん定期は、がん終身と同様に支払保険料も安く、内容がシンプルで、保障内容も手厚いのが特徴です。

若い方々(20代・30代)が、まさかのための備えとして加入する商品として最適です。

入院日額10,000円で500円台~という安さが人気を集めている理由と言えます。

いわば、がん保険の知識があまりなく、この先、がんになるかどうかもわからないけど、生命のリスクや、金銭的リスクを考えてとりあえず加入しておく、という考えから気軽に入れる保険でもあります。

保障期間の定めはあるものの保障期間満了後に、自分のライフステージや経済状態の変動があれば、終身保険に変更するという方法がとり易いのも定期保険の強みと言えます。

がん入院給付金

日額で10,000円~20,000円までが入院日数無制限で受け取れます。

がん診断給付金

100万円~200万円の手術給付金が受け取れます。上皮内新生物も保障の対象になります。

その他

がん終身保険の場合と同様に抗がん剤治療特約、がん手術給付特約、がん先進医療特約、がん退院療養特約等を主契約に付加して、保障をより手厚くすることができます。

6-3.女性専用特約

女性プランはがん終身保険のみなので、女性向けの特約は付加することができません。

だからといって、女性特有のがんが保障されないと言うわけではありませんが、がん終身保険と同様に、定期にも保障される女性向けの特約を付加できるようにすることも、加入希望者のがん保険選びの選択肢を増やす利点になると考えます。

7.まとめ

生命保険各社が販売しているがん保険商品は、一長一短は必ずありますが、ご自分の健康状態や、経済状態、ライフステージの変化に合った保険商品を選び、万が一のための備えとしましょう。

 

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る