がん保険の診断給付金のみとは?そのポイントと注意点を教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

みなさんは、「がん保険」に加入されていますか??

がん保険と一言で言っても、保障内容は商品によって大きく異なります。

がん治療に特化した保険や、一時給付金に特化した保険や、両方のバランスがとれた保険もあります。

その中でも今回は、保障内容がシンプルで、保険料も割安な「診断給付金のみのがん保険を解説していきます。

診断給付金のみのがん保険は、一度に高額の給付金が貰える事で人気の商品なんですよ。

将来、何が起こるかわからない方のために、医療保険と組み合わせてみてもいいかもしれません。

今回は、がん保険の診断給付金についてお教え致します!

目次

1. そもそもがん保険はどういう保険?
1-1 医療保険との違い?

2. 診断給付金
2-1 手術給付金
2-2 入院給付金
2-3 がん先進医療給付金

3. がん特約もあります!
3-1 がんの治療費はいくらかかるのか?

4. 診断給付金で判断してみよう
4-1 診断給付金の給付は何回あるか
4-2 上皮内がんは違う?

5. がん保険加入時の注意点とは?
5-1 誰でも入れる訳ではない?
5-2 高額療養費制度を知っておこう

6. 最適な診断給付金の金額とは
6-1 がんになった場合の入院日数
6-2 がん手術のための手術費用と入院費用の平均

7. がん診断給付金の支払い条件を必ず確認!
7-1 診断給付金のみのがん保険のメリット
7-2 診断給付金のみのがん保険のデメリット

8. まとめ

1. そもそもがん保険はどういう保険?

がん保険は、その名の通り、がんの治療に特化した保険になります。

「がん」と診断された時に一時金で受け取れる「診断給付金」、手術をした時の「手術給付金」、入院をした時の「入院給付金」の3つが基本の保障となります。

一時給付金(診断給付金)とは、「がん」と医者に確定診断された時点または、「がん」と診断され入院した時点で給付されるお金なのです。

そのため、「初期のがんや症状の軽いがん(上皮内新生物)でも給付されるかどうか」「一時給付金の給付回数」「給付金が貰えるタイミング(診断確定後か治療開始後か)」など、がん保険の契約内容を確認しないといけない項目が幾つかあります。

医療保険では1回の入院で受け取れる入院給付金の限度日数は60日の商品が主流ですが、がん保険の場合は日数無制限になっているのが一般的なので、長期入院が必要な場合でも、安心して治療が受けられます。

1-1 医療保険との違い?

がんを保障する保険は、「がん保険」以外にも「医療保険」があります。

「医療保険」は、がん以外の病気も対象となるので、病気のリスクを幅広くカバーできます。しかし、「がん保険」と「医療保険」は明確に種類の異なる保険であり、その違いを比べると「がん保険」の価値を理解できるでしょう。

また、医療保険に「通院」の保障はありませんが、がんの治療の技術は日々進歩し、がんになったら即「入院」という訳ではなく、「通院」で治す治療にシフトしているのが最近の傾向です。

そのため、通院が保障されない医療保険では、がんの治療で通院しても保険金が一切給付されない可能性が高い事から「がん保険」は必要なのです。

 

2. 診断給付金

「診断給付金」は、がんと診断された時に給付される一時金です。この一時金は、がん保険の1番の魅力と言ってもいいでしょう。

医療保険の場合、「入院」や「手術」の保障が一般的です。がんになり、且つ「入院」や「手術」をしなければ、医療保険は給付されません。がんになれば、長い期間仕事を休んで収入が減ってしまうかもしれません。セカンドオピニオンとして、他の病院で診察を受ける費用もかかるかもしれません。病院に通う交通費もかかります。考えれば考える程、お金がかかる事が想像できます。

「診断給付金」は、一般的には100万円~200万円の設定が相場です。これくらい自由に使える、まとまったお金があれば、気持ち的にも安心でしょう。診断給付金は診断された時点で受け取れるので、その使い道は特に決まりはなく、入院前の準備や交通費などの雑費にも充てることができるので、これからかかる医療費の不安を緩和させることができます。

2-1 手術給付金

手術をしたときに貰える給付金です。日額給付金の10・20倍のものが一般的です。医療保険に加入している方が、病気やケガで手術を受けた場合に支払われるお金のことです。

手術給付金は、支払対象となる手術を受けるごとに何度でも支払われますが、保険会社によっては、施術の開始日から60日に1回の支払いを限度に設定している場合があるため、保障内容についてしっかり確認することが重要です。

手術給付金は、どんな手術でも必ず貰える訳ではありません。

給付対象となる手術は、約款という保険の契約条項に記載された手術のみで、保険会社が指定している88種類、または、公的医療保険に連動している約1,000種類が対象となります。

どちらの種類が対象なのかは、保険商品によって異なります。また、一般的には「入院をともわない手術」でも対象になりますが、商品によっては「入院をともなう手術」を給付条件としてる場合もあります。日帰り手術も対象になるのか、加入前に確認するポイントのひとつでしょう。

2-2 入院給付金

入院時には差額ベッド代の他に、食費、衣類、快気祝い、家族の交通費等様々な雑費もかかってきます。ただ、医療保険で入院費の全てを賄う必要はありません。

入院日額5,000円の保険(日帰り入院から保障・手術給付金は1回につき一律10万円)に加入している人が、胃がんで手術をして30日間入院、病院への支払いが40万円(高額療養費適用後)だった場合、
入院給付額:25万円(5,000円×30日=15万円、手術給付金が10万円)
自己負担:15万円(40万円-25万円)

入院給付金が1万円、手術給付金が20万円の保険ならば、
保険給付金はトータル50万円(1万円×30日+20万円)で10万円のプラス
となり助かりますが、入院給付金額が2倍になる分、月々支払う保険料も2倍程度になるため、日々の家計にとっては厳しい選択だということが分かります。

最近は医療技術が進み、入院日数は減少傾向、入院無しで通院や在宅で治療するケースも増えつつあります。突然の病気で、入院、手術等の医療費が発生した場合、手厚い医療保険に加入していれば心強いかもしれませんが、加入期間中、1度も入院することなく健康で過ごせる可能性もあります。

医療保険はいざという時には助かる反面、使わなければ掛け捨てでなくなってしまうものが大半です。

2-3 がん先進医療給付金

「陽子線治療」「重粒子線治療」など、保険が効かない先進医療を実費で支払ってくれる特約です。最近のがん保険では強制的に付いてくることが多いようです。上限は大体1,000万円ですが、最も高額な陽子線治療・重粒子線治療でも300万円程度なので、使い切ることはまず有り得ないでしょう。

先進医療はどこの医療機関でも受けられるわけではありません。医療技術ごとに申請して、承認された医療機関でしか行うことができないため、技術によっては全国で1施設しか行えないものもあります。

かかりつけの医師がそうした技術の専門外の場合、先進医療に関する情報が手に入らない場合もあります。ご自身で情報収集をするとしても、病気の症状、お住まいの地域、治療にかかる期間などもあわせて考えなければならないことから、医療に関する情報の窓口を持たない方は、先進医療を知らずに過ごしてしまうかもしれません。

 

3. がん特約もあります!

医療保険にがんを保障する「特約」を付ける事ができる商品も多くあります。

いわゆる“がん特約”です。

医療保険のがん特約は、がん保険と同様、がんになった時に「診断給付金」「通院給付金」等を受け取ることができる特約のことです。メリットとしては、医療保険やがん保険など複数の保険商品に入るより、医療保険にだけ加入すれば、保険料の支払や見直し等の“管理がしやすい”という点でしょう。

しかし、デメリットもあります。

1.あくまで「特約」

特約は、主契約ありきです。医療保険を解約してしまうと、同時に特約の保障もなくなってしまいます。保険商品は、医療事情や経済事情に合わせ、日々様々な新商品が販売されます。今後新しい医療保険への加入を検討した場合、保険料は年齢と共に上がりますので、今よりも高い金額で、がんの保障を契約する事になるでしょう。

また、医療保険はがん保険に比べて引受基準(審査のようなもの)が厳しいので、そもそも医療保険の加入を断られたら元も子もありません。

2.保険料が高い

当然、特約を付ければ医療保険の保険料は高くなります。特にがんが心配や、まずはがんに備えたいという方には、がん保険に加入する事をおすすめします。がん保険単体であれば、医療保険(がん特約付き)と比べると保険料はそこまで高くなりません。

3.保障内容が限定的になる

がん特約の場合、がん保険よりも保障の範囲が狭まる可能性があります。具体的には、診断給付金が給付される回数が1回のみとか、上皮内新生物は対象外とか、通常のがん保険と比較した時に保障内容が劣る可能性がある点は否めません。

がん保険と医療保険のがん特約は、同じように見えて同じではないのです。

3-1 がんの治療費はいくらかかるのか?

がん治療には「外科的療養」「放射線療養」「化学療養」などの治療方法があり、どの治療を選択するかで患者の負担は大きく違います。健康保険が使えない治療も多く、その場合、がんの治療費が高額になる可能性があります。

しかし、治療費がないから希望する治療を断念するようなことは避けなければなりません。そこで、安心してがん治療を受けられるよう、がん保険ではがん診断給付金という一時金給付の保障を用意して、がんと診断確定された段階でまとまった給付金を受け取れるようにしています。また、再発・転移のリスクにも備えて、がん診断給付金を複数回受け取れるがん保険もあります。

また、がん保険では、がん診断給付金の保障があるかないかで受け取れる給付金に大きな差が出ます。例えば、初めて胃がんと診断確定され、20日入院し、その間に1回の切除手術を受けた場合で計算してみましょう。

<例>
保障内容:がん入院給付金日額1万円、がん手術給付金1回あたり20万円
がん診断給付金の保障がある場合

・がん入院給付金 1万円×20日=20万円
・がん手術給付金 20万円×1回=20万円
・がん診断給付金 100万円×1回=100万円
・受け取れる給付金は 20万円+20万円+100万円=140万円

がん診断給付金の保障がない場合

・がん入院給付金 1万円×20日=20万円
・がん手術給付金 20万円×1回=20万円
・受け取れる給付金は 20万円+20万円=40万円

がん診断給付金の保障がある場合は140万円受け取れますが、がん診断給付金がない場合は40万円しか受け取れません。
その代わりにがん入院給付金日額を7万円(7万円×20日)にしたりすれば手術給付金と合わせて140万円受け取れますが、入院給付金日額を7万円にしたときの毎月の掛金のことを考えると、現実的ではありません。

 

4. 診断給付金で判断してみよう

今では「入院給付金」や「手術給付金」は給付条件を満たすケースが少なく、さほど重要ではなくなりました。

一方、診断給付金は、

  • がんと診断された時点でまとまった額を一括で必ず受け取ることができる。
  • 給付条件が診断時点なので、他の給付金より早い段階で受け取ることができる。

という絶大なメリットがあります。

そのため、がん保険に入るときは、まず、がん診断給付金を軸に据えて、次にがん治療が長引いた場合の保障を検討するのが最も無駄のない方法だと思います。

4-1 診断給付金の給付は何回あるか

がん診断給付金の給付要件は統一されているわけではなく、保険会社や保険商品によって若干異なります。例として実際のがん保険の給付要件をいくつか挙げてみました。

保障名 保障内容
A保険 悪性新生物診断給付金
上皮内新生物給付金
・悪性新生物診断給付金は、がん(悪性新生物)と診断確定されたときに受け取れる
・上皮内新生物給付金は、がん(上皮内新生物)と診断確定されたときに受け取れる
・給付は、がんの場合は1回限り、上皮内新生物の場合は2年に1回を限度に何度でも
B保険 がん診断給付金 ・初めてがんと診断確定されたときに受け取れる
・上皮内新生物は診断給付金額の10%
・給付は、がん・上皮内新生物それぞれ1回限り
C保険 がん初回診断一時金 ・初めてがん(上皮内新生物も含む)と診断確定されたときに受け取れる
・給付は、がん・上皮内新生物あわせて1回限り
D保険 悪性新生物診断給付金 ・初めてがんと診断確定されたときに受け取れる
・2回目以降は、前回のがん診断給付金の支払事由に該当した日から2年経過した後に、保険期間中に診断確定されたがんの治療目的で入院を開始、または通院をしたときに受け取れる
・上皮内新生物は保障対象外
E保険 がん診断給付金 ・初めてがんと診断確定されたときに受け取れる
・2回目以降は、前回のがん診断給付金の支払事由に該当した日から2年経過した後に、がんの治療を直接の目的で入院したときに受け取れる
・上皮内新生物も保障対象
F保険 がん診断給付金 ・初めてがんと診断確定されたときに受け取れる
・2回目以降は、前回のがん診断給付金の支払事由に該当した日から2年経過した後に、新たにがん(再発・転移を含む)と診断確定されたときに受け取れる
・上皮内新生物も保障対象

がん診断給付金の保障は1回限りの保険もあれば複数回受け取り可能な保険もあります。
2回目以降の給付要件についても、入院が前提になっている保険もあれば診断確定だけで受け取れる保険もあります。

がんは総患者数が162万人(厚生労働省平成26年患者調査)と非常に多く、死因順位でも1位で28.7%(厚生労働省平成27年人口動態統計確定数)の人が亡くなっている国民病と言えます。遺伝もあるかもしれませんが、細胞が変異して起きるので誰でもがんになる可能性はあります。

がんにならないような生活習慣を心掛けていくことも大事ですが、完全に防ぐことができない以上、がんになることもある程度想定した生活をしていくことも大事です。がん検診をかかさずに受けて早期発見に努め、早期治療することがQOLの維持や治療費の抑制にもつながります。

そして、がんになった時の治療費のために、まとまった額の貯蓄をしておくとか、がん診断給付金の保障が付いたがん保険に加入しておくなどの備えをしておくと良いでしょう。

4-2 上皮内がんは違う?

ただし、診断の際に注意が必要なのは、上皮内がん(上皮内新生物)と言われるものです。

これは、がん細胞が粘膜の一番上の上皮内に留まり、奥まで破壊していない状態のこと。手術やレーザー治療を受ければ、ほとんどの場合、治癒することが可能で、再発の危険性も非常に低いといわれています。

上皮内がん(上皮内新生物)は、一般的に転移などの心配が少なく、大掛かりな手術にならないと言われています。よって、保険会社の考え方によって、上皮内がん(上皮内新生物)については、「がん診断給付金」の対象外となったり、金額が軽減されてしまうものもあるのです。

一般に保障内容が充実するほど、保険料負担は大きくなりますが、「がん診断給付金」は、入院を待たずに早いうちから受け取れる給付金として役立つものなので、とても意味のある給付だと思います。給付の条件や回数、金額については、最低限確認したうえで、長期的には、できるだけ再発しても複数回受け取れるものを意識して選ぶと安心感が高まるのではないでしょうか。

そして、商品によっては上皮内がん(上皮内新生物)と言われる、初期のがんでも満額の保障があるものもあります。がん保険が対象になると思っていたら対象外だったということにもなりかねませんので、加入を検討する際に必ず確認してください。ただ、この上皮内がん(上皮内新生物)に罹った時に診断給付金が受け取れるかどうかは、がん保険の商品によって異なるので、確認が必要になります。

 

5. がん保険加入時の注意点とは?

がん診断給付金やがん入院給付金等、がんに関する保障には通常加入してから90日間の猶予期間(免責期間:保障されない)があります。がんの保障が医療保険の特約にあったとしても同じことが言え、保険期間の始期から90日間を経過した日の翌日から保障が始まるので、それまでにがんと診断確定されても保障されません。

また、がん保険の中にはがんと診断確定されても入院を開始しないとがん診断給付金を受け取れないがん保険もあります。
この場合、通院による治療だけだとがん診断給付金は受け取れません。

5-1 誰でも入れる訳ではない?

がん保険の加入には審査があり、
・今までに、がんと診断された事がある。
・○年以内の検診で、指摘された事がある。
・治療中の病気がある。
というような内容の質問に答えて、後日、審査に通ったか結果が伝えられます。

健康な身体の方はもちろん審査に通過しますが、病歴等があったとしても全くダメという訳ではありません。「特定の身体の部位を不担保」「一定の期間は保障しない」もしくは「保障金額を減額する」といった条件で審査に通る場合もあります(例えば、「乳房」に関するがんは3年間保障しません」等)。健康に不安を感じている方も、まずは審査を受けてみましょう。

ちなみに、嘘の告知をすれば「告知義務違反」という事になり、いざがんになったとしても保険金は給付されないのでご注意ください。

5-2 高額療養費制度を知っておこう

医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する「高額療養費制度」(こうがくりょうようひせいど)があります。上限額は、年齢を所得に応じて定められています。また、いくつかの条件を満たすことにより、負担を更に軽減するしくみも設けられています。

一定金額を超えた分は払わなくても良いのですが、その一定金額は自己負担となります。ただし、健康保険が適用される費用のみが対象です。ですから、差額ベッド代、食事代、テレビのカード代などは対象外となります。

また、一定金額を超えたかどうかの判定は1ヶ月ごとに行います。例えば、9月25日~10月5日に入院したとして、10日間の合計金額が一定額を超えていても、その月ごと(9月、10月とも)の医療費が超えていなければ高額療養費制度の対象にはなりません。1ヶ月の医療費が高額になった場合が対象です。

例えば、一定金額を超えた月が3ヶ月あった場合には、高額療養費制度を3ヶ月利用することができます。さらに、年間を通して、4ヶ月目にあたる月からは自己負担額がさらに軽減されます。具体的な金額は次の項目で確認してみましょう。

 

6. 最適な診断給付金の金額とは

がん保険の診断給付金は、治療費自己負担額に差額ベッド代や交通費を加えて、最低でも50万円は必要です。そして、がん保険に加入される方が最も選ばれるのが、診断金100万円のものです。

私としても、最近はがんの早期発見も進んできているのと、月々の保険料が2,000円ほどと手軽になっていることもあり、100万円をベースとして診断給付金を検討することがお勧めだと考えています。

なお、がんと診断されて入院や手術が必要になった場合、最低でも1ヶ月ほどは会社を休むことになるでしょう。その場合は、傷病手当金といって、働けなくなった場合、収入の2/3を保障してくれる公的制度があります。

診断給付金をいくらにするべきかは、この傷病手当金も含めて算出すれば無駄がありません。

また、現時点で十分な貯金がある場合は、必ずしも「がん診断給付金」に加入する必要はありません。その場合は、重いがんになった場合に治療費がかさみ、収入が下がったとしてもやっていけるかどうかを軸に考えましょう。

6-1 がんになった場合の入院日数

がん 脳卒中 心筋梗塞 肝硬変 腎不全 糖尿病 高血圧
43.7日 73.8日 21.1日 51.7日 36.4日 29.8日 26.1日

「がん・脳卒中・急性心筋梗塞」のことを三大生活習慣病(三大疾病)と呼び、それに「糖尿病・高血圧性疾患」を足して、五大生活習慣病と呼び、さらに「肝硬変・腎不全」を足して七大生活習慣病と呼ばれています。

がんはできた部位やステージ、治療法などによって入院期間が大きく変わりますが、それでも平均すると10~40日ほどで退院できるケースが多いようです。治療の必要があるのに無理に退院させて通院治療に切り替えるわけではなく、病院で治療を続けるよりも、通院治療にした方が肉体的・精神的にも良いことが多いのです。

6-2 がん手術のための手術費用と入院費用の平均

実は、入院した時に負担しなければならない費用は、これだけではありません。お仕事をされている方なら、入院中に仕事ができない分収入が少なくなったり、なくなったりしてしまうこともあります。これを「逸失収入」といいますが、これを含めると、1回の入院でかかる費用は平均32.6万円になります。

そして、入院日数が長引けば長引くほど、その負担はさらに大きくなることがわかります。入院5日未満では約15万円の負担ですが、入院61日を超えると90万円近くにも上ります。

 

7. がん診断給付金の支払い条件を必ず確認!

まず、比較的古くからあるがん保険には、医師から初めて、がんと診断確定された時に、1回のみ「がん診断給付金」を受け取れるというものが多いです。

しかし、最近は、がんが転移したり、再発したりした際も、2年以上経過すれば、何回でも「がん診断給付金」を受け取れる商品も増えてきました。がんを患った場合、定期的に検査をするので、がんの再発・転移は2年以内に見つかる確率が高いです。そのため注意して選ぶことが必要です。

さらに、2年経過後については、「治療を目的とする入院」が条件に入る商品とそうでない商品があります。入院を条件としないほうが、受け取りの可能性は多くなりますが、それだけ保険料にも高めになる傾向があります。保険料と給付条件のどちらを優先するかをしっかりと考えて選ぶことが大切。

7-1 診断給付金のみのがん保険のメリット

がん保険には、入院日数に応じて給付金が受け取れる入院給付金があります。がん保険の入院給付金は支払限度日数がありませんので、何日間入院しても全日数分の給付金が受け取れます。

また、医療保険では、同じ原因による入院の場合、前回の退院日から180日以上経過していないと1入院としてカウントされてしまい、限度日数に達する可能性がありますが、がん保険にはそもそも支払限度日数がありませんので、同じ原因による再入院でも大丈夫です。

医療保険でもがんの手術や入院の保障はされますが、がん保険には、がん診断給付金がある、入院給付金の支払限度日数が無制限になっている、抗がん剤や放射線の通院保障が付いているという大きなメリットがあります。

7-2 診断給付金のみのがん保険のデメリット

保険料を考える上でまず確認すべきポイントは、保険料が上がらないかどうかという点です。5年更新や10年更新の商品の場合、更新の際に保険料が上がってしまうので、上がる場合には、どのくらい上がるのかという事をチェックしておきましょう。年齢が上がれば保険料も上がりますが、当然、がんのリスクも高まります。

本当にがん保険が必要な時期になって保険料を支払えない、という事態に陥らないように注意が必要です。保険商品によっては、がんと診断された場合、以降の保険料の払込みを免除できる保険商品や特約があります。

医療の進歩により、昔に比べてがんは“治る病気”とも言われるようになってきたようです。しかし、治るからこそ、その治療にはお金がかかりますし、その後の生活も続いていきます。生活する上では、やはりお金がかかりますから、このような特約があると安心ですよね。

また、無料で利用できる付帯サービスは、各社様々です。ぜひどんなサービスが受けられるか、事前にチェックしておきましょう。通常はお金がかかる「セカンドオピニオン」や「カウンセラー」を、サービスとして利用できる商品もあります。こういったサービスを無料で受ける事ができれば、精神的な負担を減らす事が期待できますよね。

 

8. まとめ

いかがでしたでしょうか?がん保険は非常にニーズは高まっているのですが、制度についてはなかなかわかりにくい部分があると思います。がんは手術で腫瘍を取り除けばそれで終わりというわけではなく、手術の後に抗がん剤治療や放射線治療を受けることも珍しくありません。

また、一度退院しても再発し直ぐに再入院することもあり、がん治療=長期入院と感じている人は多いのかもしれません。長期的な治療になることも多いのですが、最近は抗がん剤や放射線治療が通院で行われるようになっており、治らない病気ではなくなっています。その中でもがん保険の診断給付金の制度を使って、安心を手に入れてみませんか?

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る