どうみる!?がん保険ランキング!ポイントを徹底解説いたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

がん保険に加入しようと思った時、まずは、がん保険のランキングをチェック!という方も多いのではないでしょうか?

さくっと検索すれば、おすすめランキングや人気ランキングに、瞬時にアクセス!なんて、本当に便利な時代ですよね。

でも、ランキング上位のものが、本当に、自分の探していたものがどうかは、また別の問題ですよね。

もしかしたら、ランク外でも良いものがあるかも・・・?

考えだすと、本当にきりがなくなってしまいます。

今回は、がん保険での、おさえておくべきポイントと、常時がん保険のランキングにランクインしている、人気のがん保険商品を解説していきます。

すっきりお悩みを解決して、是非、がん保険のランキングを参考にしつつ、自分にぴったりのがん保険をチョイスできるようになりましょう!

目次

1.がん保険って?

2.がん保険の「基本」!
2.1がん診断給付金
2.2がん入院給付金
2.3がん先進医療特約
2.4がん手術給付金
2.5がん通院給付金

3.がん保険のポイントって?

4.朝日生命 スマイルセブンα
4.1保障内容はどうなってる?
4.2払込免除はある?
4.3診断給付金はいくら?
4.4通院保障はある?
4.5上皮内新生物は?
4.6年代別保険料は?

5.チューリッヒ生命 終身保険プレミアム
5.1保障内容はどうなってる?
5.2払込免除はある?
5.3診断給付金はいくら?
5.4通院保障はある?
5.5上皮内新生物は?
5.6年代別保険料は?

6.オリックス生命 がん保険Blieve[ビリーブ]
6.1保障内容はどうなってる?
6.2払込免除はある?
6.3診断給付金はいくら?
6.4通院保障はある?
6.5上皮内新生物は?
6.6年代別保険料は?

7.まとめ

1.がん保険って?

いうまでもなく、がん保険とは、「がん」のみを保障している、保険商品です。

ですから、「がんの治療費が心配!」といった場合や、「もし、がんになったら、可能なかぎりの治療を受けたい」といった希望がある場合など、「もしも、がんになったら」に備えて、加入したり、加入を検討されている保険商品であるとも言えます。

がん保険は、がんのみを保障している保険商品ですから、保障されている内容も、「がん」に特化したものとなっています。

つまり、がん保険とは、「がん」に備えるための、エキスパートな保険商品ということになります。

それでは、エキスパートな保険商品である「がん保険」で、「がん」に備えるとは、いったい、どういうことを言うのでしょうか?

その点を、踏まえつつ、まずは、がん保険の「基本」から見ていきましょう。

2.がん保険の「基本」!

一般的に保険商品とは、「主契約」+「特約」の2つの部分から成り立っています。

保険商品での「主契約」とは、メインになる契約のことで、「主契約」は、単体でも契約することができます。

「主契約」に対して「特約」とは、「主契約」にプラスされたいわゆるオプションということになります。

ですから、「特約」のみで契約をしたり、更新することはできません。

一般的ながん保険では、がんと診断確定された時に一時金が受け取れる、「がん診断給付金」、がんの治療を目的として入院した場合に、入院1日につきいくらといった形の「入院日額」、入院した日数分が受け取れる「入院給付金」や、もしも、手術を受けた場合であれば、入院日額の10倍や20倍、あるいは、一定の金額の「手術給付金」を、「主契約」として受け取れます。

また、通院でがん治療を受けた場合に受け取ることができる、「通院給付金」や、抗がん剤治療や、先進医療を受けた場合などの、「抗がん剤治療保障」や「先進医療保障」を、「特約」として組み合わせたものが、よく知られています。

最近では、入院日数の短縮化を受けて、「主契約」の中に、「通院給付金」が含まれたものも、多く見られるようになってきています。

がん保険の「主契約」+「特約」の組み合わせは、保険会社や保険商品ごとに、さまざまなのものが、現在提供されています。

少し、わかりにくい印象のあるがん保険の「主契約」ですが、保障される内容としては、ざっくりと、次の4つのパターンに分けることができます。

●がん保険の「主契約」 おもな4パターン

「主契約」のタイプ 「主契約」で保障される内容
オーソドックスタイプ がん入院給付金の日額(5千円や1万円など)に、診断給付金、手術給付金が、組み合わされています。特約として、さまざまな保障を、選択することもできます。保険商品の数が、非常に多い、もっとも、一般的なタイプのがん保険です。
治療費重視タイプ がん治療にかかる費用が保障されます。健康保険での自己負担(3割)の治療費や、家族の介添え費用などが、実費で補償されたり、健康保険では保険適用外とされている、自由診療の費用が、補償されているタイプのものもあります。損保系保険会社に多いタイプのがん保険です。
一時金重視タイプ 入院給付金や、手術給付金がなく(もしくは、あっても少額)、診断給付金のみが保障されます。そのため、保険料が割安で、一定期間のみを保障したいといったニーズに合うタイプです。
生活習慣病一時金タイプ がん以外の生活習慣病(心筋梗塞や脳卒中など)であっても、一時金を受け取ることができます。入院(日帰り入院を含む)がともなっているタイプのものと、入院の有無によらないタイプに分かれています。

がん保険で保障される内容には、主に次の5つがあります。

①がん診断給付金

②がん入院給付金

③がん手術給付金

④がん先進医療保障

⑤がん通院給付金

それぞれについて、見ていきましょう。

2.1がん診断給付金

「がん」と診断確定された時に、契約時の金額を、給付金(一時金)として、受け取ることができます。

がん診断給付金では、はじめて「がん」と診断確定された時に、まとまった金額の給付金(一時金)を受け取ることができますから、入院時にかかる費用や、治療費に充てるほかにも、生活費への補てんなど、さまざまな用途に合わせて使うことができる、とても便利な給付金です。

もし、がんと診断された場合、実際に、がんの治療に入るまでの期間、さまざまな検査や、検査のための通院や、入院などが必要になることがあります。

そういった時に、診断給付金(診断時一時金)として、まとまった金額の給付金を、前もって、受け取ることができると、安心して、治療に取り組むことができます。

ただし、通常がん診断給付金は、2年に1回など、給付回数に制限があります。

また、上皮内がんでの取り扱いも、保険商品によっては、「同額」・「金額に差がある」・「特約扱いにされている」などに分かれています。

「がん診断給付金」を、複数回にわたって受け取る場合には、2回目以降が、「主契約」に含まれているタイプのものと、「特約」で付加されるタイプのものがあります。

回数に制限があるもの、回数に制限がないもの、給付条件として、2回目以降は入院をともなうことが条件となっているタイプのものもあります。

そういった点も、チェックするようにしておくと良いでしょう。

がん診断給付金は、保険商品によって、「主契約」に含まれているもの、「特約」として付加されているものがあります。

2.2がん入院給付金

がんの治療を目的として入院した場合、「入院日額」×「日数分」の金額を、「入院給付金」として、受け取ることができます。

一般的に、医療保険の入院給付金には、60日型や120日型など、給付日数に制限がありますが、がん保険の入院給付金には、通常、入院日数に制限がありません。

近年、国の方針や医療技術の進歩によって、がんに限らず、病気全般的に入院日数は短縮化する傾向にあります。

今後も短縮化の傾向は強まることが予測されていますが、がんの種類によっては長期に入院する必要がある場合もあります。

また、通常、医療保険では、同じ病気で入退院を繰り返した場合、1度目の入院から180日以上経過した後でなければ、入院給付金を受け取ることができませんが、がん保険の場合にはそのような制限はありません。

ただし、がんの治療が目的であっても、検査入院であった場合には、保障の対象外とされています。

2.3がん手術給付金

がんの治療を目的として所定の手術を受けた場合、「手術給付金」を受け取ることができます。

「手術給付金」の金額は、各保険商品によって、入院日額の10倍、20倍、40倍や、あるいは、10万円、20万円など、一定の金額としているものに分かれています。

保険会社によっては、上皮内がんでの手術が、「保障される」、「保障されない」、「倍率や金額が変更される」などに分かれています。

さらに、保障される手術の範囲も、「保険適用」もの、保険会社ごとの「約款に記載されているもの」など、異なっています。

また、通常、がん手術給付金は、がんの治療が目的であっても、検査のための手術(生検)と判断された場合には、保障されないことがあります。

そういった点も、よく確認しておくとよいでしょう。

2.4がん先進医療保障

がんの治療で、先進医療を受けた場合に、「給付金」を受け取ることができます。

保険商品によって、「給付金」の金額は、①先進医療の技術料②自己負担の金額の2つのパターンに分かれています。

給付方法では、直接、医療機関へ支払われる、「直接支払制度」がとられていることもあります。

がん保険では、「がん先進医療保障」は、「主契約」ではなく「特約」として付加されることが多いのが一般的です。

先進医療とは、国が「先進医療制度」として、保険診療との併用を特別に許可している医療のことを言います。

いってみれば、新しい医療技術や薬品を評価するための、「特別な医療制度」であるということになります。

ですから、先進医療を受けた場合、保険適用される通常の医療にあたる部分以外は、自己負担する必要があります。

がん治療で先進医療を受けた場合の費用としては、一般的には治療費全体で300万円前後となっています。

ただし、現在のところ、国が定めた一定の条件を備えた医療機関のみでしか、受けることができません。

また、すべてのがんに適応可能なものではなく、個別の状況に合わせて、医師の判断が必要とされています。

●先進医療が行われているがん治療法

陽子線重粒子線 (粒子線治療) 陽子線治療 頭頚部腫瘍(脳腫瘍を含む)、肺・縦隔腫瘍、骨軟部腫瘍、消化管腫瘍、肝胆膵腫瘍、泌尿器腫瘍、乳腺・婦人科腫瘍または転移性腫瘍(いずれも根治的な治療法が可能なものに限る)
重粒子線治療 頭頚部腫瘍、肺・縦隔腫瘍、消化管腫瘍、肝胆膵腫瘍、泌尿器腫瘍、乳腺・婦人科腫瘍または転移性腫瘍(いずれも根治的な治療法が可能なものに限る)
中性子線 ホウ素中性子捕獲療法
(BNCT: Boron Neutron Capture Therapy)
皮膚がんなどの表在性のがん

2.5がん通院給付金

がんの治療を通院で行った場合、「給付金」を受け取ることができます。

現在、がんの「標準治療」は、「外科療法(手術)」・「化学療法(抗がん剤治療)」・「放射線治療」とされており、この3つを総称して「がんの三大療法」と呼ばれています。

いずれも、健康保険が適用されますので、自己負担する金額は3割負担(通常)となります。

つまり、がん治療の「標準治療」は、科学的な根拠に基づいた、今のところの「最善の治療法」であることになります。

この点が、先進医療が、「未だ効果がはっきり判っていない」「保険適用を目指している治療法」であることと、明確に異なっている点です。

また、「外科療法(手術)」以外の2つの治療(「化学療法(抗がん剤治療)」・「放射線治療」)については、がんの病状が、「初期」・「急性期」・「晩期」の3つの段階によって、入院して受ける場合や、通院で受ける場合に分かれています。

一般的に「初期」の場合は通院して、「急性期」の場合は入院で、「晩期」の場合はがんの病状に合わせて、通院で行うか入院して行うかに分かれています。

入院して治療するか、通院で治療するかは、病状以外にも患者となる方の希望やQOL(クオリティオブライフ=生活の質)や、年齢などが総合的に考慮されて、医師の判断のもとに行われます。

がん保険での「通院保障」は、次の3つのタイプに分かれています。

1つ目は、がん治療のために入院した後の一定の期間(主に、1年以内の通院など)が保障されるタイプです。

このタイプの場合、通院回数による制限はありませんが、給付日数には上限(退院後の通院60日までなど)があります。

2つ目は、入院前の通院、退院後の通院について給付されるタイプです。

このタイプでは、がん治療のための入院の前後での治療費が保障されています。

このタイプの場合も、通院回数による制限はありませんが、給付日数には上限があります。

3つ目は、通院で受ける治療が、「化学療法(抗がん剤治療)」や、「放射線治療」といったように、治療実態に合わせて、がんの治療費が保障されるタイプのものです。

給付日数に制限が設けられていない、あるいは、実質的に制限がないものが多く見られます。

ただし、保険商品によっては、例えば、「化学療法(抗がん剤治療)」とされている場合であっても、経口投与が保障されるものと、経口投与は保障対象外とするものがあります。

また、健康保険が適用されている抗がん剤に限定されているものと、健康保険の対象には限っていないものがあります。

3.がん保険のポイントって?

このように、「主契約」のタイプとともに、がん保険では、保険で保障される内容にも、がん特有の病態にフィットするよう工夫された、さまざまなタイプのものがあります。

がん保険で見るべきポイントをまとめると、次のようになります。

ご自身のニーズが、いったいどういったものであるかというポイントと共に確認するようにしましょう。

●主契約のタイプ

オーソドックスタイプ 総合的に、がんについての保障を備えたい
治療費重視タイプ がん治療にかかる費用に備えたい
一時金重視タイプ がんと診断確定された時に、生活費への補てんも含めて、まとまったお金を用意したい
生活習慣病一時金タイプ がんに備えつつ、生活習慣病にも備えたい

●保障される内容のおもなチェック・ポイント

診断給付金 がん □なし □あり(1回のみ) □あり(複数回)
上皮内がん □なし □あり(がんと同額) □あり(がんより減額)
入院給付金 □なし □あり
手術給付金 □なし □あり
通院給付金 □なし □あり(入院をともなう) □あり(入院をともなわない)
先進医療給付金 □なし □あり(技術料と同額) □あり(自己負担額と同額)

こういった点の踏まえて、次からは、がん保険のランキングで、上位にランクインしている保険商品の内容を見ていきましょう。

4.朝日生命 スマイルセブンα

朝日生命の「スマイルセブンα」は、正式な保険商品名を、「無配当新7大疾病一時金保険(解約金なし型)S」と言います。

保険名からもわかるように、がんを含む7大疾病(急性心筋梗塞、脳卒中・脳動脈瘤、慢性腎不全、肝硬変、糖尿病、高血圧性疾患)で、所定の状態になった場合に、まとまった金額の一時金を受け取ることができます。

2015年(平成23年)に、「スマイルセブン」として、発売が開始されて以来、常に、がん保険のランキングにランクインしている人気のがん保険です。

2017年(平成29年)には、保障内容に改訂が加えられ、名称も新たに、「スマイルセブンα」と変更されています。

4.1保障内容はどうなってる?

「スマイルセブンα」では、「主契約」が、「7大疾病一時金」(がんを含む)となっている、「生活習慣病一時金タイプ」の保険商品になります。

一時金が受け取れる条件は、次のようになっています。

がん
  • 診断確定されたとき
急性心筋梗塞・拡張型心筋症
  • 入院した時、手術を受けたとき
脳卒中・脳動脈瘤
  • 入院した時、手術を受けたとき
 慢性腎不全
  • 永続的な人工透析を開始したとき
  • 腎移植手術を受けととき
 肝硬変
  • 食道、胃静脈が破裂したと医師が診断したとき
  • 肝移植手術を受けたとき
糖尿病
  • 糖尿病性網膜症の手術を受けたとき
  • 糖尿病性壊疽の切断術を1手指以上または1足の1足指以上、受けたとき
高血圧性疾患
  • 大動脈瘤等の破裂と医師に診断されたとき
  • 大動脈瘤、解離性大動脈りゅうの手術を受けたとき

2017年(平成29年)の改訂前までは、例えば、がんと診断確定され、一時金を受け取った後に、6疾病のうちの、いずれかに該当する入院や手術を受けたとしても、一時金を受け取ることができませんでしたが、改訂後では、がんと診断確定されて、一時金を受け取った後、6疾病のうちのいずれかに該当する入院や手術を受けた場合であれば、一時金を受け取ることが、可能となっています。

また、「主契約」に

  • 7大疾病初回一時金
  • 先進医療給付金

などを、「特約」として付加することによって、より充実した保障内容とすることが可能となっています。

4.2払込免除はある?

「スマイルセブンα」では、保険料払込免除特則を、特約として付加することができます。

がんの場合は、がんと診断確定された時(ただし、上皮内新生物=上皮内がんの場合は除く)、がん以外の6疾病では、急性心筋梗塞または拡張型心筋症、脳卒中または脳動脈瘤、慢性腎不全、肝硬変、糖尿病、高血圧性疾患の一時金の支払事由と同様の状態になった時に、保険料の払い込みが免除されます。

保険料払込免除特約を付加した場合の保険料は、次のようになっています。

●【例】一時給付金:100万円、払込期間:終身、保障期間:終身、先進医療特約:なし

30歳男性 2,510円 30歳女性 2,350円
35歳男性 3,130円 35歳女性 2,760円
40歳男性 3,910円 40歳女性 3,220円
45歳男性 4,920円 45歳女性 3,770円
50歳男性 6,300円 50歳女性 4,430円

4.3一時金(診断給付金)はいくら?

「スマイルセブンα」では、30万円から500万円の間で、10万円刻みに、設定することができます。

一時金は、一度目の受け取りから2年経過した日の翌日以降であれば、回数に制限なく受け取ることができます。

また、一時金を受け取るタイミングは、がんは診断確定後、がん以外の6疾病では、治療のために入院、あるいは手術を受けたタイミングでの受け取りなど、早い段階での受け取りであることも特徴的です。

4.4通院保障はある?

「スマイルセブンα」は、がんと診断確定されたときや、がん以外の6疾病で、手術を受けたときや、入院が開始されたときに、一時金が受け取れる仕組みのがん保険となっています。

このため、入院給付金や手術給付金とともに、通院保障(通院給付金)はありません。

4.5上皮内新生物は?

「スマイルセブンα」では、悪性新生物と上皮内新生物(上皮内がん)の区別なく、がんと診断確定されたときには、同額で、一時金を受け取ることができます。

4.6年代別保険料は?

「スマイルセブンα」での年代別保険料は、次のようになっています。

●【例】一時給付金:100万円、払込期間:終身、保障期間:終身、先進医療特約:なし

30歳男性 2,080円(430円※) 30歳女性 1,910円(440円※)
35歳男性 2,560円(570円※) 35歳女性 2,220円(540円※)
40歳男性 3,140円(770円※) 40歳女性 2,560円(660円※)
45歳男性 3,870円(1050円※) 45歳女性 2,960円(810円※)
50歳男性 4,800円(1500円※) 50歳女性 3,440円(990円※)

※()内は、払込保険料特約を付加した場合の保険料との差し引き額(作者作成)

5.チューリッヒ生命 終身ガン治療保険プレミアム

チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアム」は、正式名称を「無解約払戻金型終身ガン治療保険(抗がん剤等保障)」と言います。

日経トレンディの「プロが選ぶがん保険ランキング」や、価格.comアワードがん保険ランキングで1位を獲得している、大変、人気のがん保険です。

5.1保障内容はどうなってる?

「終身ガン治療保険プレミアム」は、「主契約」で、「放射線治療」、「抗がん剤治療」、「ホルモン剤治療」が保障されている、「治療費重視タイプ」のがん保険となっています。

がんの治療で、健康保険の適用範囲である「放射線治療」、「抗がん剤治療」、「ホルモン剤治療」のいずれかを受けた場合、治療が続く限り、回数に制限なく、1カ月ごとに、給付金を受け取ることができます。

給付金の金額は、10万円から60万円の範囲で、設定することが可能です。

また、「主契約」に、さまざまな「特約」(「診断給付金」「通院給付金」「がん入院給付金」「がん手術給付金」「先進医療給付金」「先進医療支援給付金」など)を付加することによって、より充実した保障内容とすることが可能です。

5.2払込免除はある?

「終身ガン治療保険プレミアム」では、悪性新生物保険料払込免除を、特約として付加することができます。

悪性新生物保険料払込免除では、初めてがんと診断確定された場合、以後の保険料の払い込みが免除となります。

ただし、上皮内新生物(上皮内がん)は、保険料払込免除対象外とされています。

悪性新生物保険料払込免除特約を付加した場合の月額の保険料は、次のようになります。

●【例】月額給付金(放射線治療、抗がん剤治療、ホルモン治療):10万円 保険料払込期間:55~65歳払込満了 保障期間:終身

30歳男性 1,310円※ 30歳女性 1,210円※※
35歳男性 1,730円※ 35歳女性 1,500円※
40歳男性 1,810円※ 40歳女性 1,530円※
45歳男性 1,970円※ 45歳女性 1,550円※
50歳男性 2,770円※ 50歳女性 1,930円※

※この商品は、月額保険料1500円以上、年払保険料15000円以上の場合に、申込みが可能となるため、30歳、35歳時の払込期間は55歳払込満了、40歳の場合は、60歳払込満了、45歳以上の場合は、65歳払込満了として記載しています(30歳時の保険料は年払保険料を月割りしたものを表記しています)。

※※30歳女性については、月額給付金10万円のプランでの保険料が1,210円となるため、特約を付帯しない主契約のみでの契約は、実質的に申込み不可能となります

5.3診断給付金はいくら?

「終身ガン治療保険プレミアム」では、「ガン診断給付金」を特約として付加することができます。

はじめてがんと診断確定された時、および、2回目以降は、2年経過した日の翌日以降に、がんの治療のために入院した場合に給付金を受け取ることができます。

受け取る回数には、制限がありません。

診断給付金の金額は、50万円、100万円のどちらかを選ぶことができます。

5.4通院保障はある?

「終身ガン治療保険プレミアム」では、「ガン診断給付金」を特約として付加することができます。

がんの治療のために入院した場合や、入院前後の一定期間に、がんの治療を目的として通院した時に給付金を受け取ることができます。

支払限度日数は、入院日の前日からその日を含めて60日以内の通院、退院した日の翌日から、その日を含めて365日以内の通院(退院後通院期間あたり120日まで)となります。

5.5上皮内新生物は?

「終身ガン治療保険プレミアム」では、診断給付金、通院給付金以外にも、さまざまな特約(「がん入院給付」「がん手術給付金」「先進医療給付金」「先進医療支援給付金」「先進医療支援給付金」など)が、「主契約」に「特約」として付加できます。

いずれも、悪性新生物(いわゆる、がん)と上皮内新生物(上皮内がん)は、同等の取扱い(保障内容)となっています。

5.6年代別保険料は?

●【例】月額給付金(放射線治療、抗がん剤治療、ホルモン治療):10万円、保険料払込期間:55~65歳払込満了、保障期間:終身、その他特約:なし

30歳男性 1,292円(18円)※ 30歳女性 1,220円(10円)※※
35歳男性 1,700円(30円)※ 35歳女性 1,450円(50円)※
40歳男性 1,770円(40円)※ 40歳女性 1,470円(60円)※
45歳男性 1,890円(80円)※ 45歳女性 1,470円(80円)※
50歳男性 2,660円(110円)※ 50歳女性 1,850円(80円)※

※()内は、払込保険料特約を付加した場合の保険料との差し引き額(作者作成)

※この商品は、月額保険料1500円以上、年払保険料15000円以上の場合に、申込みが可能となるため、30歳、35歳時の払込期間は55歳払込満了、40歳は、60歳払込満了、45歳以上は、65歳払込満了として記載しています(30歳時の保険料は年払保険料を月割りしたものを表記しています)。

※※30歳女性については、月額給付金10万円のプランでの保険料が1,220円となるため、特約を付帯しない主契約のみでの契約は、実質的に申込み不可能となります。

6.オリックス生命 がん保険Blieve[ビリーブ]

オリックス生命のがん保険Blieve[ビリーブ]は、正式名称を「無配当 新がん保険(2010)・がん先進医療特約」と言います。

がん保険ランキングのトップを飾るような華々しい商品ではありませんが、2010年(平成22年)に発売が開始されてから、シンプルでわかりやすい保障内容や、手頃な保険料が、プロからも評価されている、安定的な人気を獲得している「オーソドックスタイプ」の保険商品です。

6.1保障内容はどうなってる?

がん保険「ビリーブ」では、基本給付金を1万円として、「がん初回診断一時金」「がん治療給付金」「がん入院給付金」「がん手術給付金」「がん退院一時金」「がん先進医療給付金」が「主契約」として、保障されています。

がん初回診断一時金 100万円 初めてがんと診断確定されたとき 1回のみ
がん治療給付金 50万円 がんの治療を目的として入院が開始されたとき 支払回数無制限(ただし、2年に1回を限度とする)
がん入院給付金 1万円×入院日数 がんの治療を目的として入院したとき 支払日数無制限
がん手術給付金 20万円 入院の有無は問わず 支払回数無制限
がん退院一時金 10万円 がんで10日以上の継続入院後に退院したとき(ただし、給付後の退院日を含め30日未満に開始した入院の退院時は対象外) 支払回数無制限
がん先進医療給付金 先進医療にかかる技術料と同額 がんを直接の原因として先進医療による療養を受けた時 通算支払限度額2,000万円

6.2払込免除はある?

がん保険「ビリーブ」では、がんと診断確定された時に、保険料の払込免除がありません。

ただし、不慮の事故により所定の身体障害の状態や、ケガや病気による所定の高度障害状態に該当した場合には、以後の払込保険料は、免除されます(いずれも、約款所定によります)。

6.3診断給付金はいくら?

がん保険「ビリーブ」では、はじめてがんと診断確定された時に、「がん初回診断一時金(100万円)」を受け取ることができます。

さらにその後、入院した場合には、「がん治療給付金(50万円)」として、合計150万円を一時金として受け取ることができます。

一般的ながん保険と比べても、がん治療を開始した時の保障がとくに手厚く、がんによる経済的な負担をグッと軽減させることが期待できます。

6.4通院保障はある?

がん保険「ビリーブ」では、「がん通院給付金」を特約として付加することができます。

がんの治療のために支払対象となる通院をした場合、「がん通院給付金」として、1日につき1万円×通院日数分を受け取ることができます。

支払対象となる手術、放射線照射術、温熱療法、抗がん剤治療(ホルモン製剤、生物学的製剤、および経口投与の場合は除く)のために、通院した場合には、支払限度日数はありません。

ただし、がんで入院した後の退院後1年(通院治療期間)以内に、がん治療のための通院したものについては、60日が通院治療期間の限度日数になります。

6.5上皮内新生物は?

がん保険「ビリーブ」では、「主契約」と「特約」ともに、「がん(悪性新生物)」「上皮内がん(上皮内新生物)」が区別されることなく同額の保障となっています。

6.6年代別保険料は?

●【例】基本給付金額:1万円(がん初回診断一時金:100万円、がん治療給付金:50万円、がん手術給付金:20万円、がん退院一時金:10万円、先進医療特約付)、保険料払込期間:終身、保障期間:終身、がん通院特約:なし

30歳男性 2,580円 30歳女性 2,170円
35歳男性 3,070円 35歳女性 2,490円
40歳男性 3,710円 40歳女性 2,850円
45歳男性 4,500円 45歳女性 3,210円
50歳男性 5,500円 50歳女性 3,610円

7.まとめ

以上、がん保険ランキングで人気のがん保険について見ていきましたが、いががでしたか?

これ以外にも、治療費が実費で保障されたりするがん保険も人気があります。

ぜひ、自分にぴったりのがん保険が選べるよう、この記事が参考になれば幸いです!

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る