がん保険の人気ランキング5選!基本からわかりやすく説明します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

日本人が最も恐れる病気の一つ「がん」、日本人の全死因の3割近くを占めます。

がんは、非常に厄介な病気のため、国も民間の医療機関も効果的な治療方法を日々研究しています。

最近では一般の方々にもその深刻さが認知され、公的医療保険制度のみならず、民間のがん保険の活用が重要視されています。

しかし、がん保険商品は保険会社や共済からどんどん登場しており、非常に保険選びに悩むところではあります。

そこで、商品選びの参考にするのが一般の方「口コミ」、ファイナンシャルプランナー(FP)という保険の専門家の意見です。

今回は、利用者が本音で語る評価、専門家の評価が高い保険のランキングをとりあげ、ランキング上位の保険商品の概要、保障内容、一般・プロの評価を紹介します。

この記事を読めば、最近のがん保険の一般・プロの方の評判を知ることができ、ご自分が保険商品を選ぶ際の有効な資料の一つとなることでしょう。

目次

1.がん保険について

  • 1-1.がん保険とは
  • 1-2.口コミの特徴と注意点
  • 1-3.FPの評価について
  • 1-4.がん保険の人気ランキング

2.アクサダイレクト生命 終身がん保険「アクサダイレクトのがん終身」

  • 2-1.アクサダイレクトのがん終身の概要
  • 2-2.アクサダイレクトのがん終身の保障内容
  • 2-3.アクサダイレクトのがん終身の評価

3.オリックス生命「がん保険ビリーブ 」

  • 3-1.がん保険ビリーブ の概要
  • 3-2.がん保険ビリーブ の保障内容
  • 3-3.がん保険ビリーブ の評価

4.チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアム」

  • 4-1.終身がん保険プレミアムの概要
  • 4-2.終身がん保険プレミアムの保障内容
  • 4-3.終身がん保険プレミアムの評価

5.メットライフ生命「ガードエックス」

  • 5-1.ガードエックスの概要
  • 5-2.ガードエックスの保障内容
  • 5-3.ガードエックスの評価

6.マニュライフ生命「こだわりガン保険」

  • 6-1.こだわりガン保険の概要
  • 6-2.こだわりガン保険の保障内容
  • 6-3.こだわりガン保険の評価

7.まとめ

1.がん保険について

がんの効果的な治療を金銭的にサポートをするために、がん保険へ加入を検討している方が多いと聞く。

自分も良いがん保険があれば加入したい・・・・しかし種類が多く、なかなか保険選びに手間取っている。

がん保険選びの参考になる意見を、いろいろな人たちから聞きたいものだ・・・。

こちらでは、がん保険について、保険選びの際にいろいろな意見を参考にする方法についてご紹介します。

1-1.がん保険とは

がん保険は、がんに関する治療に対して金銭的サポートを受けるための保険です。

保障のタイプとしては「掛け捨て」型が多く登場し、保険加入者から高い人気を誇っています。

掛け捨て型の場合は、解約や保障期間が終了しても支払った保険料は戻ってきませんが、その分、保険各社は保障内容の充実や保険料を抑えるなどして加入者のニーズに合った保険商品を販売しています。

1-2.口コミの特徴と注意点

がん保険は近年、がん治療のための費用を賄う備えとして注目を集めています。

生命保険各社もがん保険を主力商品として、メディアを通して盛んに自社のがん保険の有用性をアピールしています。

ただし、保険会社は宣伝の際に自社の保険商品の不利な点を指摘することはなく、それに加えて実際に加入者した方の本音を聴く機会がほとんどありません。

そこで、実際にがん保険へ加入した方の意見を聴く方法として参考になるのが、インターネットのサイト等で投稿されている「口コミ」です。

口コミを投稿する人たちは、自分が見聞きしたこと、実際に経験したことを率直に投稿しているため、現在がん保険に加入を検討している方には、有力なに参考意見となるわけです。

しかし、口コミを投稿した人々は保険商品について、いつも公正かつ理性的に判断し、評価や批判を投稿しているわけではありません。

評価や批判には投稿した人々それぞれの価値観・先入観から、保険会社や保険商品を評価・批判をしていることが多々あります。

つまり、一般の方の口コミは、保険選びの参考の一つと言えますが、過剰にその評価や批判を信用することはお勧めできません。

1-3.FPの評価について

一般の方の口コミと共に参考にしたいのは、ファイナンシャル・プランナー(FP)と呼ばれる専門家の意見です。FPとは、顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況等の情報提供を基に、将来の人生設計を踏まえた資金計画およびアドバイスを行う専門家です。

FPは、生命保険・医療保険・がん保険の深い知識も有しており、その専門的知識から、生命保険会社が販売する保険商品を分析・評価する技能を持っています。

FPが、がん保険商品を批評するサイトも多数存在し、プロの目線から各商品のメリット・デメリットを判断するので、大いに参考になります。

1-4.がん保険の人気ランキング

一般の方の口コミサイトで人気の保険と、ファイナンシャル・プランナー(FP)の評価が高いがん保険については以下の通りです。

やはり、一般の方と専門家であるFPが上位にあげた商品は、多少異なっています。

[上位ランキング]

①一般の方の口コミサイト

保険商品(1位~5位まで)
1位 アクサダイレクト生命:「終身がん保険 アクサダイレクトのがん終身」
2位 オリックス生命:「がん保険ビリーブ 」
3位 アフラック:「新 生きるためのがん保険Days」
4位 SBI損保:「SBI損保のがん保険」
5位 チューリッヒ生命:「終身がん保険プレミアム」

①FPが評価したがん保険

保険商品(1位~5位まで)
1位 メットライフ生命:「ガードエックス」
2位 チューリッヒ生命:「終身がん保険プレミアム」
3位 FWD富士生命:「がんベスト・ゴールドα」
4位 オリックス生命:「がん保険ビリーブ 」
5位 アクサダイレクト生命:「終身がん保険 アクサダイレクトのがん終身」

一般の方とFPに共通して高い評価を得ている保険は、アクサダイレクト生命「終身がん保険 アクサダイレクトのがん終身」、オリックス生命「がん保険ビリーブ 」、チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアム」が該当します。

また、FPに特に評価が高かったのは、メットライフ生命「ガードエックス」とFWD富士生命「がんベスト・ゴールドα」でした。

次項では、共通して高い評価を得ていた3保険と、FPに高い評価を得た2保険について、その特徴と評価された点を検証いたします。

2.アクサダイレクト生命 「終身がん保険 アクサダイレクトのがん終身」

アクサダイレクトのがん終身は、一般の方の口コミサイトで1位にランキングされている。FPが評価したがん保険でも5位になっていました。

双方の評価が高い理由を知りたいものだ・・・・・・・。

こちらでは、アクサダイレクトのがん終身の特徴と、一般の方およびFPの評価を紹介します。

2-1.アクサダイレクトのがん終身の概要

アクサダイレクトのがん終身は、一般の方の口コミサイトで常に上位を占め、FPの評価も高い保険商品です。

加入開始年齢によっては、毎月の支払保険料が600円未満と割安になっています(20歳:男性595円~・女性530円~)。

入院日額は5,000円、10,000円、15,000円、20,000円から選ぶことができます。

2-2.アクサダイレクトのがん終身の保障内容

保障内容が非常にシンプルで、主契約は次の二つです。

主契約 保障内容 回数・限度
がん入院給付金 入院すると日額5,000円~20,000円を受け取ることができます。 入院日数無制限
がん診断給付金 がんと医師から診断された場合、50万円~200万円の一時金が受け取れます。 1回のみ

主契約ではがん診断給付金が、初期のがん(上皮内新生物)も悪性のがん(悪性新生物)と同額で受け取れるのが高く評価される点です。

初期のがんの段階で効果的な治療をうければ完治は十分に可能です。一時金という形でまとまった金額を受け取ることができれば、金銭的な面からも安心して治療に向かえます。

その他、抗がん剤治療特約、がん手術給付特約、がん先進医療特約等を追加して保障をより充実させることができます。

2-3.アクサダイレクトのがん終身の評価

アクサダイレクトのがん終身について、一般の方およびFPは主に次の視点から評価をしています。

①一般の口コミ

「アクサダイレクトのがん終身の保険料の安さは圧倒的だ。基本保障が非常にシンプルで、完全に自分が望む保障内容をそろえることができた訳ではないが、自分の年齢や体調を考えるならこれで十分だ。特約を付けてもここが一番安い。」

②FPの評価

上皮内がんも悪性がんと同額受け取れるだけではなく、保険料が非常に割安なのも魅力。ただし、がん診断給付金は1回のみの適用なので少々残念だ。また、掛け捨て型の保険ではあるが、貯蓄と保険は切り離して考えるならばこの保険はお勧めだ。

[小括]

一般の口コミもFPの評価も保険料の安さを評価した意見が多くありました。FPの評価ではがん診断給付金が、初期のがんも悪性のがんも同額保障であることが高い評価になっています。

ただし、診断給付金は初期のがんも悪性のがんも1回のみの受け取りなので、他社の保険にある何度も診断給付金を受け取れるような工夫が、今後求められることでしょう。

3.オリックス生命「がん保険ビリーブ 」

がん保険ビリーブは一時金制度が充実した保険と聞いた。

一般の方の口コミサイトや、FPの評判が良いのはその点が大きいのだろうか?詳細が知りたい・・・。

こちらでは、がん保険ビリーブの特徴と、一般の方およびFPの評価を紹介します。

3-1.がん保険ビリーブの概要

がん保険ビリーブは、一般の方の口コミサイトで2位に、FPが評価したがん保険でも4位にランキングされています。

毎月の支払保険料は20歳で加入する場合、男性1,800円~・女性1,570円~となっています。

入院日額は基本的に10,000円コースのみですが、50歳~75歳限定で5,000円コースを選ぶこともできます。

3-2.がん保険ビリーブの保障内容

がん保険ビリーブでは主契約が非常に充実しています。保障内容は次の通りです。

主契約 保障内容 回数・限度
初回診断一時金 初めて医師よりがんと診断された場合100万円の一時金が受け取れます。 初回のみ
がん治療給付金 2回目以降でがんによる入院となった場合、50万円の一時金が受け取れます。 条件が合えば何度でも
がん入院給付金 入院すると日額で10,000円が受け取れます。 入院日数無制限
手術給付金 手術1回につき20万円が受け取れます。 何回でも
先進医療給付金 治療のために受けた先進医療費と同額の給付金が受け取れます。 通算2,000万円が限度
がん退院一時給付金 がんで10日以上の継続入院して、退院後1回につき10万円が受け取れます。 何度でも

一時金による金銭的サポートが充実した内容になっています。初回診断一時金も、がん治療給付金も、初期のがん・悪性のがん共に同額保障となっています。

また、がんが再発しても保険会社の所定の条件に合えば、がん治療給付金という形で何度でも一時金を受け取ることができます。

その他、主契約にがん通院給付金特約を付加することができます。

3-3.がん保険ビリーブの評価

がん保険ビリーブついて、一般の方およびFPは主に次の視点から評価をしています。

①一般の口コミ

「一時金や給付金が充実し、入院も日数無制限なので安心だ。がん保険ビリーブはバランスが最もよく取れている。いくら保険料が安くても肝心な時に使えなければ意味がない。その点からみればがん保険ビリーブは、ある程度の保険料で保障内容がしっかりとしている。」

②FPの評価

「がん治療給付金は初回診断一時金よりも半額になってしまうが、2年に1度を限度に、生涯に渡って何度でも受け取れる。がんの再発や転移による治療の入院費用なども安心できる。また、初回診断一時金・がん治療給付金は悪性新生物の場合と同様に上皮内新生物にも適用される。とても心強い保険だ。」

[小括]

一般の口コミもFPの評価も保障が充実している点を評価した意見が多くありました。決して毎月の支払う保険料が安いわけではないものの、保障内容のバランスの良さが高い評価を得ています。

FPの評価では一時金制度の充実が注目され、何度でも一時金受け取れる点と、初期のがんも悪性のがんも同額保障であることが特筆すべきポイントとされています。

4.チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアム」

終身がん保険プレミアムは、がんの長期化に対応した保険と言われている。

一般の方の口コミサイトや、FPの評判が良いのは、がん治療の現状を踏まえた保障内容だからなのだろうか?詳細が知りたい・・・。

こちらでは、終身がん保険プレミアムの特徴と、一般の方およびFPの評価を紹介します。

4-1.終身がん保険プレミアムの概要

終身がん保険プレミアムは、一般の方の口コミサイトで5位に、FPが評価したがん保険では2位にランキングされています。

毎月の支払保険料は20歳で加入する場合、男性580円~・女性550円~と破格の安さになっています。

この保険は放射線治療、抗がん剤治療に関する保障が充実しています。長期の治療を要する場合、患者の体力・健康状態により手術が難しい場合に、有効な金銭的サポートになる保険です。

4-2.終身がん保険プレミアムの保障内容

主契約は、放射線治療、抗がん剤・ホルモン剤治療に関する保障内容となります。

主契約 保障内容 回数・限度
放射線治療給付金 放射線治療治療を受けた月ごとに10万円~60万円が受け取れます。 回数無制限
抗がん剤・ホルモン剤治療給付金 投与・処方を受けた月ごとに10万円~60万円が受け取れます。 回数無制限

放射線治療給付金は、初期のがんも保障に含まれます。また、抗がん剤・ホルモン剤治療給付金は、公的医療保険制度が適用される薬剤治療を受けた場合に給付金が下り、初期のがんも保障に含まれ、入院・通院の別は問われません。

その他、加入者が自由にカスタマイズできるオプションが充実しているのも特徴です。

がんと診断された場合に受け取れるガン診断給付金、入院・通院の場合に受け取れるガン入院給付金・ガン通院給付金、手術の場合に受け取れるガン手術給付金を特約として付加できます。

また、ガン緩和療養給付金、ガン診断後ストレス性疾病給付金、ガン先進医療給付金、悪性新生物保険料払込免除特約と、苦痛を和らげる治療・精神的な疾病を保障する特約や、最先端の医療を保障する特約等も設けられています。

4-3.終身がん保険プレミアムの評価

終身がん保険プレミアムについて、一般の方およびFPは主に次の視点から評価をしています。

①一般の口コミ

「放射線治療、抗がん剤・ホルモン剤治療で、上皮内新生物が悪性新生物と同様に保障されているのはありがたい。支払う保険料と保障内容を比較してバランスが非常に良い。」

②FPの評価

「放射線治療、抗がん剤・ホルモン剤治療を主契約としており、通院でがん治療を行うことが増えてきた現状に対応した他にはない保障内容だ。がんの通院治療では治療期間が長期化することが多いため、他社のがん保険に加入している方で通院保障が不足していると感じるならば、こちらの保険の主契約のみでも加入を進めたい。また特約の種類が多く、保険設計の自由度が高いのも魅力だ。」

[小括]

一般の口コミもFPの評価も、放射線治療、抗がん剤・ホルモン剤治療保障が充実している点に注目した意見が多くありました。

FPの評価では、入院日数は減少傾向にあるものの、通院によるがん治療の長期化傾向を踏まえ、放射線治療、抗がん剤・ホルモン剤治療を特に重視した保障であることが特筆すべきポイントとされています。

その他、患者の苦痛や精神的なストレスに着目した特約が設けられているのも、非常に魅力的です。

公的医療保険が適用される所定のがんが原因となっている場合、不快感の緩和の治療をうければ「ガン緩和療養給付金」が、がんが原因で所定のストレス性疾病と診断された時は、「ガン診断後ストレス性疾病給付金」が受け取れるなど、患者がより快適な治療を受け、心のケアを視野に入れた金銭的サポートは非常に評価されるべき点です。

5.メットライフ生命「ガードエックス」

一般の方の口コミサイトではランク外になっているが、FPの評判が非常に高いのが、このガードエックスだ。

専門家が高く評価しているのにはどんな理由があるのか?是非知りたい・・・。

こちらでは、ガードエックスの特徴と、一般の方およびFPの評価を紹介します。

5-1.ガードエックスの概要

ガードエックスは、一般の方の口コミサイトでランク外でしたが、FPが評価した、がん保険では1位にランキングされています。

毎月の支払保険料は20歳で加入する場合、男性1,194円~・女性1,964円~となっています(100万円コース、シンプルタイプ)。

悪性のがん(悪性新生物)になった場合に、入院・通院を問わず公的医療保険制度の対象になる手術・放射線治療・抗がん剤治療のいずれか一つでもうければ、一括100万円が受け取れる点が特徴的です。

5-2.ガードエックスの保障内容

保障内容が非常にシンプルで、主契約は次の三つです。

主契約 保障内容 回数・限度
がん治療給付金 所定の治療を受ければ一括100万円が受け取れます。 1年に1回を限度として、通算5回まで
ホルモン治療給付金 ホルモン治療が開始されれば、1回につき10万円が受け取れます。 1年に1回を限度として、通算10回まで
保険料払込免除 悪性のがんと診断されれば、それ以後、保険料を支払う必要はありません。

がん治療給付金、ホルモン治療給付金のいずれも通院・入院が問われず、毎年まとまった金額が受け取れることにFPの評価が集まっています。

また、主契約で保険料払込免除が設けられ、悪性のがんと診断されれば、その後の支払保険料は免除されるのも魅力です。

ただし、悪性のがんと比較して初期のがんへの保障は薄く、初期のがんについても保障を受けたい場合は、上皮内新生物診断給付金を特約として付加する必要があります。

その他の特約としては、ガン入院保障、ガン通院保障、ガン診断保障、ガン先進医療保障があります。

5-3.ガードエックスの評価

ガードエックスについて、一般の方およびFPは主に次の視点から評価をしています。

①一般の口コミ

「悪性のがんになった時に以後の保険料を払わなくてよいのが有難い。悪性のがんでも、ホルモン治療が必要ながんでも、発症してしまった時に、まとまったお金を受け取れるというのはすごく安心感がある。」

②FPの評価

「がんの治療は日々進歩しており、これまで手術がメインだった治療から手術を行わない治療へ移ってきている。ホルモン療法は長期の治療に及ぶこともあるので頼りになる保障内容だ。ガードエックスは、入院での治療はもちろん、通院での治療に対してもがん治療給付金という形でまとまったお金が受け取れる。ガードエックスは、従来のがん保険で対応できない点に着目した保険と言える。」

[小括]

一般の口コミでは、悪性のがんになった時に以後の保険料を払わなくてよい保障がある点や、まとまったお金が受け取れる点を評価しています。

FPの評価では、通院・入院を問わずまとまった一時金や、長期になる通院治療に手厚い保障を行っている点が注目されています。

たしかに、がんで入院する日数は減少傾向にあり、入院の目安は20日未満と言われています。

しかし、その期間を経過したら一律にがんが完治するわけではありません。その後も、数年近くにわたる通院治療が必要になる場合があります。

がん治療の現状からすると、入院治療を重視するがん保険に加入している場合には、入院日数の減少により「自分が想像していたほど給付金が下りなかった。」ということも十分に考えられます。

その点に着目すれば、ガードエックスの金銭的サポートはがん治療の現状に即した内容となっています。

ただし、初期のがんへのサポートが薄いのは気になる点です。初期のがんであっても発見次第、効果的に治療したいと思うのが患者の当たりまえの感情です。

初期のがんについて、悪性のがんと同額保障とはならないにしても、その何割かをがん治療給付金として支給することを主契約に加えるのは、検討に値すると考えます。

6.FWD富士生命「がんベスト・ゴールドα」

 

がんベスト・ゴールドαも、一般の方の口コミサイトではランク外になっているが、FPの評判が非常に高い。

専門家が高く評価しているのはどんな理由があるのか?是非知りたい・・・。

こちらでは、がんベスト・ゴールドαの特徴と、一般の方およびFPの評価を紹介します。

6-1.がんベスト・ゴールドαの概要

がんベスト・ゴールドαは、一般の方の口コミサイトではランク外になっていますが、FPの評価が3位にランキングされています。

毎月の支払保険料は20歳で加入する場合、男性1,419円~・女性1,339円~となっています。

悪性のがん(悪性新生物)になった場合の一時金が非常に充実した保険です。主契約だけで最大300万円を「悪性新生物診断給付金」として受け取ることができます。

6-2.がんベスト・ゴールドαの保障内容

主契約の保障は一時金に特化した内容になっています。

主契約 保障内容 回数・限度
悪性新生物診断給付金 初回または2回目以降のがんと診断が確定し入院・通院した場合は、100万円~300万円を一時金として受け取ることができます。 条件が合えば何度でも
保険料払込免除 悪性のがんと診断されれば、それ以後、保険料を支払う必要はありません。

初回または2回目以降のがんと診断が確定し入院した場合に、生命保険会社が定めた条件に合えば、最大300万円が一時金として何度でも受け取れる保障内容に評価が集まりました。

特約により、初めて悪性新生物と診断確定された場合に、更に50万円~200万円を受け取ることができる「悪性新生物初回診断一時金特約」を付加し、主契約の保障を厚くすることができます。

また、初期のがんについても「上皮内新生物診断給付金特約」を付けることで20万円または50万円が2年に一度、何度でも受け取ることが可能です。

その他、がん先進医療特約、がん治療給付金特約等を保障に追加することができます。

6-3.がんベスト・ゴールドαの評価

がんベスト・ゴールドαについて、一般の方およびFPは主に次の視点から評価をしています。

①一般の口コミ

「専門家によるがん保険ランキングでも概ね上位にランキングされている評価の高いがん保険だ。診断給付金が300万円というのは驚異的だと思う。富士生命をそれほど知らない人もいるかもしれないが、お勧めの保険だ。」

②FPの評価

「昔から保険は分かりにくく、ちゃんと給付金が出るのか不安ということを口にされるお客様が多かった。それに対し、がんベスト・ゴールドαは、がんと診断が確定されると早い段階で多額の一時金が受け取れ、それ以降は保険料の払込が不要になる。また、がんが再発しても、2年に1回と条件はあるものの、何度でも一時金を受け取ることができる。ただし、この商品の存在を知っているお客様がほとんどおらず、FWD富士生命には認知度を上げる施策を検討してもらいたい。」

[小括]

まず診断給付金が最大で300万円ということを、一般の方およびFPは高く評価しています。

以前から「加入してもしっかり保険が下りるのか不安だ。」という意見が、加入を検討する方に根強くあります。

その懸念もごもっともで、残念ながら保険業界で保険金・給付金に関する不祥事が過去に幾度も発生しました。

しかしながら、がんベスト・ゴールドαの場合は、悪性のがんと医師から診断が確定されれば多額の一時金を受け取れるなど、保障内容は簡潔でわかりやすく、信頼性も高い保険商品であると言えます。

今後この保険には特約のみならず、診断給付金にも初期のがんを保障する内容を追加することが求められます。

なお、一般の方の口コミサイトでランク外の場合が多いのは、保障内容が充実していないのではなく、やはり認知度アップのメディア戦略がいささか不十分だといえます。

非常に、シンプルで優秀な金銭的サポートを設けておりますので、効果的な宣伝を行い、がん保険選びをしている方々に周知していく必要があるでしょう。

7.まとめ

今回ご紹介したがん保険の中には、活発なTV・インターネットで宣伝を行い、保険加入者でなくても視聴者に周知されているがん保険や、専門家には評価が高くとも、保険選びを行っている方々にあまり周知されていないがん保険もありました。

そのため、よりご自分に合ったがん保険を見つけるためにも、認知度の高い保険商品と共に、ご自分が気になった保険があったなら、それらの資料も取り寄せて比較検討してみましょう。

もちろん、その際に一般の加入者の口コミや専門家の意見や指摘も、良い判断材料となることでしょう。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る