払い済み保険とは?その特徴とお得な利用方法を紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

 保険には様々な専門的な用語が出てくることから、その内容を理解するのは専門家以外にとってはかなりの苦労を伴うものとなります。

払い済み保険も、そんな分かりにくい用語の一つであると思います。

払い済み保険は保険を見直すときに良く出てくる言葉なのですが、実際に保険の見直しを検討したことがない人は聞いた事のない言葉かもしれません。

しかし、保険に加入するのであれば払い済み保険は必ず知っておきたい知識です。払い済み保険のことが理解出来れば、保険があなたの人生をより大きく手助けしてくれるようになるかもしれません。

本記事では、そんな払い済み保険の特徴や、活用方法などを紹介します。また、払い済み保険と混合されがちな延長保険との違いについても解説します。

この記事を読むことによって、払い済み保険を効果的に活用する方法を身に着けることが出来ます。

 目次

1 そもそも払い済み保険ってどういうものなの?

2 払い済み保険を利用する長所とは?

2-1 ある程度の保障を残すことが出来る

2-2 払い済み保険にすることで保険料の支払いを抑えることが出来る

2-3 解約返戻金は上昇する

3 払い済み保険を利用する短所とは?

3-1 特約がなくなってしまう!

3-2 保障額が下がってしまう!

3-3 払い済みにすると再び保険料を払うことは不可能!

4 払い済み保険の利用を検討するのはどのような場合か?おすすめの活用方法をご紹介

4-1 保険料の支払いが難しくなってしまった時

4-2 予定利率が高い保険に加入している場合

4-3 養老保険に加入している場合の活用方法

4-4 終身保険に加入している場合の活用方法

5 知らないと損です!払い済み保険を利用する前に知っておきたいこと

5-1 低解約返戻金型の保険に加入している場合

5-2 変額型の保険に加入している場合

 6 延長保険って何!?払い済み保険との違いを分かりやすく解説します

6-1 延長保険とは?

6-2 延長保険と払い済み保険との違いは?

6-3 どちらにするのがお勧めなのか?

7 まとめ

 

1 そもそも払い済み保険ってどういうものなの?

払い済み保険というものは上手く利用することが出来ればとてつもなく便利なものへと変化するのですが、その利用方法がいまいち分からないという人が多いのではないのでしょうか。

まずは払い済み保険の基本的なことを見ていくようにしましょう。

保険の種類によって違いはありますが、一般的にはどれぐらいの期間保険料を支払うのかは契約した時点で分かっているものです。

しかし人生に変化はつきもので、支払うことが出来ると思って契約していたのに急な変化によって保険料を支払うことが難しくなる場面も想定されます。

そういった場合、とにかく支払う保険慮を減らすために『保険の解約』を考えるかもしれませんが、解約する以外の手段もあります。

それが、『払い済み保険』です。

保険料を途中までしか支払っていない保険であったとしても、払い済み保険を利用することによって保障額が減額されてしまう代わりに、それ以降の保険料の支払いをする必要がなくなり、保険料の支払いに頭を悩ませなくてもよくなるのです

これは保険料の支払いに困っている人には朗報ではないでしょうか。

また払い済み保険は現在加入している保険を解約するわけではないため、現在契約している保険の保障は継続されるということも是非とも覚えておきましょう。

 

2 払い済み保険を利用する長所とは?

払い済み保険を活用することが出来れば、保険料の支払いによって苦しむことはなくなります。しかし、それ以外にも多くのメリットがあります。

以下では払い済み保険が持つメリットを解説します。

 

2-1 ある程度の保障を残すことが出来る

払い済み保険を利用することで保障額が下がってしまうことから、もしも何か起きてしまった時に対する保障が、十分ではなくなってしまうことは大きなデメリットと感じるかもしれません。

確かに保障額が下がるのはデメリットではありますが、その代わり解約した場合と違って保障は継続されるというのは払い済み保険を活用する場合でしか得られません。

また保険の必要保障額というのは、年齢を重ねるにつれて少なくなっていく傾向があります。

お年を召した方であれば保障額が減ったとしても、払い済み保険を利用してしまった方が総合的に見て得をする場合が増えます。

 

2-2 払い済み保険にすることで保険料の支払いを抑えることが出来る

保険はその保険料を支払い続けることで、保障を得ることが出来るようになるというのは基本中の基本です。

保険に加入する時点で、自分がどれぐらいの保険料を支払い続けることが出来るのかというのはある程度計画を練っている場合がほとんどでしょう。

しかし、その計画通りに支払い続けることが出来ればよいのですが、その計画通りに進まないということはよくあります。

転職などによる収入の変化や、災害や事故に巻き込まれてしまった結果、保険料の支払いが計画通りにいかなくなる場合についても考えておかなければなりません。

もうこれ以上保険料を支払うことが経済状況的に難しい、そんな状態になってしまうととりあえず支出を減らすために解約を考えることでしょう。

しかし、こういう時に払い済み保険を活用すれば保険料の支払いを抑えるだけではなく、保障額が減ってしまうとはいえある程度の保障は保たれます。

保険料の支払いをやめて支出を少なくすることが出来るという安心感、そして減額されながらもそれなりの保障がまだ残っているという安心感の二つを同時に得ることが出来るため、解約するよりも払い済み保険いしてしまう方がメリットが大きいのです。

 

2-3 解約返戻金は上昇する

3つ目の特徴としましては、払い済み保険にした場合であったとしても解約返戻金が徐々にではありますが増えていくという特徴を備えています。

解約返戻金というのは、現在加入している保険を解約した時に戻ってくるお金のことを表現している言葉です。

解約返戻金がある保険商品としましては、終身保険や養老保険などと言ったいわゆる貯蓄型の保険と言われているものが一般的ですが、掛け捨て型の商品であったとしても少ないながら解約返戻金のある商品もあります。

払い済み保険というのは保険を解約せず、加入している保険の保障を受け続けることだと申し上げました。

それゆえに、解約返戻金が加入年数に応じて増加するような型の保険に加入している場合だと、その保険にはまだ加入しているとみなされて、解約返戻金が解約しない限り増加し続ける仕組みとなっているのです。

ですから、すぐにお金が必要ではないという場合には、そのまま放置しておいてお金が自然に増えていくのを待つという方法もありますよ。

 

3 払い済み保険を利用する短所とは?

払い済み保険を活用することにはかなり大きなメリットがあることが分かったのではないでしょうか。

しかしながら、払い済み保険は良いことばかりではないのです。

ここでは、払い済み保険にするうえで知っておくべきデメリットについて解説します。

 

3-1 特約がなくなってしまう!

払い済み保険にすれば現在契約している保険の保障を継続することが出来るのですが、継続することが出来ない契約もあります

それは、特約です。

多くの場合、払い済み保険にした時点で、付与している特約は効果を失ってしまいますので、その特約の中に自分が必要としているものがあるのであれば、安易に払い済み保険にするべきではありません。

 

3-2 保障額が下がってしまう!

払い済み保険にすることによって保障額は、自分で定めた支払い期間まで支払った場合と比較すると必ず少なくなってしまいます。

大きな保障額がすでに不要となっている人の場合であれば、たいしたデメリットではありませんが、まだまだ大きなお金を残す必要性が迫られている人にとっては、払い済み保険によって保障額が減ってしまうことはあまり嬉しくはないでしょう。

保険料の支払いは厳しいけれど、保障額を減らすわけにはいかないという人には大きなジレンマとなります。

解決方法としては、払い済み保険にしてしまい、その浮いた保険料を利用して不足する保障額を定期保険などのような支払う保険料が安い割に手厚い保障が得られる保険に加入するという方法があります。

ただ、人によって事情が異なっているためこの方法も絶対ではありません。

一番いいのは、やはり保険料を支払い続けることでしょう。

 

3-3 払い済みにすると再び保険料を払うことは不可能!

最後に知っておかなければならないデメリットは、払い済み保険にしてしまうと改めて保険料を支払うことは出来なくなってしまうということです。

払い済み保険にした後、通常の保険料を支払いたくなる場合なんてないと思うかもしれませんが、以外にもそういう場面は多いです。

例えば、経済状況が苦しくて払い済みにしてしまったけど経済状況が急に改善されるというような場合や、やっぱり保障額が減ってしまうのは困るというような場合など、払い済み保険にしてしまったことを後悔することがないわけではありません。

後悔先に立たずと言いますが、一度払い済みにしてしまうと元に戻すことはかなり難しくなるため、払い済み保険にする場合は事前にしっかりと調べておかなければなりません。

 

4 払い済み保険の利用を検討するのはどのような場合か?おすすめの活用方法をご紹介

ここまで払い済み保険の基本的な事項について確認してきました。

しかし、基本的なことだけを理解していても実際に活用することが出来なければその知識をつけた意味は皆無です。

ここからはその知識をどのように利用するのか、その方法を解説します。

 

4-1 保険料の支払いが難しくなってしまった時

まず、払い済み保険を検討する上で想定される状況の一つに、保険料の支払いが様々な事情によって不可能になってしまうことがあります。

月々の保険料の支払いを少なめにしている人の場合でも、急な出費を迫られてしまうことによって支払いが難しくなる場合もあるでしょう。

一月だけ難しいというような場合であれば払い済み保険を検討する必要はありませんが、数か月など長期的にその支払いが難しいというような状態に陥った場合には払い済み保険いしてしまい、保険料の支払いを抑えてしまう方が、経済的にも精神的にも楽になれます。

特に貯蓄型の保険に加入している場合であれば、解約返戻金のことを考えると解約してしまうよりも払い済みにしてしまうことのほうがより多くのメリットを享受出来るようになりますよ。

 

4-2 予定利率が高い保険に加入している場合

現在予定利率が高い保険に加入している場合も解約ではなく払い済み保険を考えるようにしましょう。

予定利率というのを簡単に説明しますと、将来戻ってくるお金がどれぐらいなのかということを示しているものです。

この予定利率は高ければ高いほど戻ってくるお金が増えるため、予定利率が高い保険に加入している場合には解約することによる損の方がかなり目立つことになります。

それゆえ予定利率の高い保険に加入している場合には、絶対に解約しないで保有し続けているのが最も重要です。

しかし、解約したくなくても経済的な事情からその支払いが難しい、あるいは出来ないこともあるでしょう。

そのような場合には思い切って払い済み保険にしておけば保険料を支払いをすることなく、その高い利率が適用された解約返戻金があるためとてつもなくうまみのある商品となります。

昔加入した保険の解約や見直しを現在考えている人は、まず自分の加入している保険の予定利率がどれぐらいあるのかというのを確認してからどうするのかを考えても遅くはありません。

 

4-3 養老保険に加入している場合の活用方法

養老保険は販売している保険会社が少なくなっている商品ではありますが、貯蓄性を備えている保険商品としてはもっとも有名な商品の一つでしょう。

養老保険の主な特徴は支払う保険料がほかの保険と比べて割高なことや、満期を迎えると死亡保障を同額の保険金を受け取ることが出来る点でしょう。

養老保険は支払う保険料はかなり高額となっていて、支払いに苦労してしまい解約を考えている人が多い保険の一つだと思います。

特に収入が減っているような状態であれば、養老保険の解約を考えていても不思議ではありません。

しかしながら、養老保険は貯蓄性が高い保険であるため途中解約は損をする場合がほとんどです。

そんな時に活用するべきなのが、払い済み保険です。

払い済み保険を利用すれば、保障額と満期に受け取ることが出来るお金が減ってしまう代わりに高い保険料を支払わなくて済むようになり、なおかつ少なくなるとはいえある程度の保障は継続されるのです。

今まで支払った保険料を無駄にしないためにも、養老保険に加入しており、なおかつ解約を検討している場合には払い済み保険を必ず検討してみてください。

ただし払い済み保険を養老保険で利用する場合、解約返戻金が契約年数によって変わってくるというのは押さえておくべき知識となります。

養老保険は契約年数によって解約返戻金が増える年数がある程度決まっていて、解約返戻金が多くなってから払い済み保険にすると、満期になったときにもらうことの出来るお金が増加するため、払い済み保険にしてしまうタイミングを選ぶことが出来るのであれば、そうした方がメリットが大きくなりますよ。

 

4-4 終身保険に加入している場合の活用方法

終身保険は一生涯の保障を得ることが出来る保険で、高い貯蓄性を備えているのが特徴です

よく終身保険と養老保険は混同されれてしまうのですが、両者には明確な違いが存在します。

まず、終身保険には満期という概念が存在しない一生涯の保険であるためいつか誰かがその保険金を受け取ることが出来るようになっています。

そのため、確実にお金を残す必要がある場合には終身保険がよく活用されます。

養老保険は満期を迎えればその時点で保障がなくなるため一生涯の保障を得ることは出来ませんが、満期を迎えれば死亡保障と同額のお金を受け取ることが出来る保険となっています。

養老保険で得られる保障額はかなり大きいため、個人のライフスタイルによって様々な使い方をすることが出来るのが特徴です。

では、終身保険においてはどのように払い済み保険を活用するのでしょうか。

最も一般的な利用方法としては、死亡するとき以外の事由に備えたいと考えるようになった場合です。

終身保険に特約をつけて、あらゆる事態に対処するという方法も考えられないわけではありませんが、特約をつける分だけ支払う保険料が増加します。

そのため、がん保険や災害保険など、個別的な事情に備えた保険に加入したいと考えるようになった場合には、現在加入している終身保険を払い済みにしてしまい、終身保険で支払うはずだった保険料を別の保険の支払いに充てるという方法が有効です。

終身保険は貯蓄性を備えた保険であるため途中で解約するのが非常にもったいない保険であり、年数が経てば解約返戻金が多くなっていくため出来る限り解約したくありません。

保険料の支払いが苦しくなったり、あるいは、上述したような別のことにも備えておきたいとなった場合であれば、払い済み保険にすることによって得られるメリットの方が大きいと個人的には考えています。

 

5 知らないと損です!払い済み保険を利用する前に知っておきたいこと

払い済み保険は、貯蓄性が高い保険に加入している場合出来る限り検討するべきです。ただし、貯蓄性を備えている保険すべてにおいて有効というわけでもありません。

以下では払い済み保険を活用するときに注意するべき保険について解説します。

 

5-1 低解約返戻金型の保険に加入している場合

まず一つは、低解約返戻金型の保険に加入している場合です。

低解約返戻金型の保険と言うのは、保険料の支払期間中は解約返戻金が通常よりも少なくなってしまう代わりに、支払う保険料が通常の保険よりも安価になっている商品のことです。

解約返戻金が低いというのは損であると思うかもしれませんが、払込期間が過ぎた時の解約返戻金は通常の型よりも多くなることによってその損を打ち消しています。

ただ、払い済み保険をこの低解約返戻金型の保険に対して利用することはあまり勧めることは出来ません。

なぜならば、低解約返戻金型の保険を払い済み保険にした場合ほとんど場合損をしてしまうからです。

どうして損をしてしまうのでしょうか。

上述した、養老保険や終身保険では払い済み保険にした場合、保障金額は減ってしまうものの元本割れする可能性はほとんどありませんでした。

なぜ低解約返戻金型の保険が元本割れを起こす可能性が高いのかというと、それは払い済み保険の仕組みにあります。

払い済み保険へと変更した場合、保障額や解約返戻金の金額というのは今まで支払ってきた保険料によって決定します。

そのため、低解約返戻金型の保険の場合だともともと支払う保険料が少なくなっているため、保障額や解約返戻金は少なくなりがちです。

加えて、低解約返戻金型の特徴は払込期間を過ぎた後の解約返戻金が大きく上昇することなのですが、このメリットも払い済みにしてしまうと得られなくなってしまいます。

低解約返戻金型の保険を払い済みにした場合であったとしても徐々に返戻金が上昇していくのですが、その上昇速度はそれほど大きくないためかなり長生きしないと支払った額以上にお金が戻ってこないのです。

低解約返戻金型の保険は終身保険などに多いのですが、もしもこの型の保険に加入しているのであれば払い済みだけではなく、途中解約もするべきではありません。

貯蓄性の高い保険は、払い済みにすることによって最大限そのメリットを享受することが出来るものがほとんどでしたが、この低解約返戻金型の保険の場合だと払い済みを利用したとしてもデメリットの方がはるかに大きくなる保険です。

ですから、もしも今から低解約返戻金型に加入しようとしている場合にはこの点に注意してください。

 

5-2 変額型の保険に加入している場合

変額型の保険と言うのは、保険会社の運用成績によって解約返戻金が大きく異なってくる保険商品のことを言います。

保険会社の運用が上手くいったときには戻ってくるお金が増えるというのはとてもおいしそうに見えますよね。

しかし、逆に運用が上手くいかなかった時にはその分戻ってくるお金が減ってしまい、最悪元本割れする可能性もあるのです。

私は、保険と言うのは基本的に長期間にわたって安定的な保障を得るために加入するものであると考えています。

そのため、この変額保険はかなり投資の色を持っているため投資に興味を持っている人や、あるいは投資をしたいという人であれば加入しても良いと考えますが、それ以外の人にはあまりお勧めしません。

さて、なぜこの変額型の保険に加入している場合、払い済み保険の利用した場合に損をすることがあるのかと言えば、それは運用成績の良し悪しによって利率が上下するからです。

保険会社の運用成績がとても良く戻ってくるお金の利率がとても高い時に払い済み保険にすることが出来たのであれば、その高い利率のまま固定されるためとても利回りの良い商品へと変化します。

反対に、もしも運用成績が悪くとても低い利率の時に払い済み保険にしてしまうとその低い利率のままになってしまうため戻ってくるお金が減ってしまい、最終的に損をする可能性が増えます。

それゆえ、払い済み保険にしようとしている場合には、出来る限り運用成績が良い時にしてしまうのがお得なのですが、その時期の見極めが難しいため万人が利用出来る方法ではないですし、かなりギャンブルの要素が強くなってしまいます。

投資がしたいという人にはメリットになる側面が多い商品ではありますが、反対にあまり投資の興味がない人の場合には、出来る限り避けたい商品なのです。

 

6 延長保険って何!?払い済み保険との違いを分かりやすく解説します

ここまで払い済み保険について解説してきましたが、それとよく混同されがちなものとして延長保険というものがあります。

延長保険と言うのはどのような特徴を持っている保険なのか、また払い済み保険とはどのような違いがあるのかなどをここでは解説します。

 

6-1 延長保険とは?

延長保険と言うのは、現在加入している保険料の支払いをその時点でやめる代わりに、今まで支払ってきた保険料を利用して、別の定期保険へと改めて加入することを意味しています。

延長保険の保険期間は解約返戻金がどれぐらいあるかによって決まってくるので、保険の加入年数や今まで支払った金額によって保障期間の長さには多少の変化はあるのですが、保障額は現在契約している保険と同じだけの保障を得ることが出来ます。

これは保険料の支払いが困難な場合でも、大きな保障額を維持したいという場合に非常に使い勝手が良いのです。

また別の特徴としましては、延長保険にする場合、その時についている特約が効力を失ってしまうというものもあります。

 

6-2 延長保険と払い済み保険との違いは?

延長保険と払い済み保険はどちらも似たような特徴を持っています。

例えば、特約の効果がなくなってしまうことや、保険料の支払いをしなくて良くなるため保険料の支払いに困ったときに便利な方法です。

しかしどのように似ていても、明確に異なる部分あります。

それは、解約返戻金の扱いです。

延長保険は解約返戻金を利用して新たに別の定期保険に加入するための費用になるため、解約返戻金は全く残りません。

反対に、払い済み保険にすればその解約返戻金の部分は残り、なおかつそのままにしておけば将来増加して戻ってくるという特徴を持っています。

また、別の違いとしましては保障額に差があることです。

払い済み保険の場合だと保障額は減少してしまう困る可能性があると上述しましたが、延長保険にした場合には保障額に変化はないのです。

両者の違いで確実に覚えておきたいのは以上の2点となります。

 

6-3 どちらにするのがお勧めなのか?

それでは、保険料の支払いが難しくなってしまった場合は延長保険、あるいは払い済み保険どちらを選択するのが良いのでしょうか。

延長保険を検討する場合には、しっかりとした保障を得たいという場合に向いています。

払い済み保険にすると保障額が落ちてしまい不安という場合でも、延長保険を利用すればそれまで支払った保険料にも左右されるのですが、手厚い保障を比較的長い間受けることが出来ます。

払い済み保険が向いている人は、保障よりも戻ってくるお金を重視している人に向いていると言えます。

特に終身保険などのような貯蓄性の高い保険だと解約せず長い間払い済みにして放置しておくだけでも、銀行に預けるよりお金は増えます。

大きな保障よりも将来的に戻ってくるお金を優先している場合であれば、払い済み保険を検討する方が良いと思います。


7 まとめ

ここまで払い済み保険についてその基本的な事項や、払い済み保険を活用することが出来る保険商品、払い済み保険を使う上で気を付けるべき点などに関していろいろと確認してきました。

払い済み保険は保険特有の難しい専門用語ではありますが、実際にその基本的な内容や活用方法を見るとそれほど複雑なものでもないということが少しは分かっていただけたのではないでしょうか。

払い済み保険は、今から保険の見直しや保険の解約を考えている人は必ず押さえておくべき知識です。

保険はいつでも解約しようと思えば出来てしまいますが、解約することによって大きな損をする保険も存在しています。

その代表例は、終身保険や養老保険などと言った貯蓄性が極めて高い商品です。しかし、貯蓄性が高い商品はこれ以外にも多数存在しており、そのような商品は基本的に途中で解約してしまうと損をする可能性が高いのです。

そのような場合、この払い済み保険があったことを覚えていれば損失を少なくすることが可能となっています。

しかし、保険会社によってはこの払い済みが出来ない場合もあるようなので、自分が加入しようとしている保険は払い済みに出来るものなのか事前に確認しておいた方が良いでしょう。

払い済み保険の知識なんて必要ないと思う人もいるかもしれませんが、保険料を払い続けることに自信があったとしても、加入している保険の保障内容に不満が出てくる場合も十分考えられます。

そのような場合に備えて、保険を解約するという手段以外の方法として、払い済みという方法が使えることを知っていれば得をする場面が必ずあります。

この記事を通して少しでも払い済み保険に対して興味を持ち、また活用してもらえたのであれば幸いです。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る