『保険見直し本舗』多数の口コミから読み解く賢い活用法を教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

今人気の来店型保険ショップ。
その中でも業界トップを誇るほど取り扱っている保険会社の種類が多い『保険見直し本舗』について口コミを元に、気になる部分を実際に調べてみました。

今ではショッピングセンターでもよく見かけるほど気軽に相談できる雰囲気はあるものの、保険の話となると知識が少ないうえに、イメージ的に無理やり押し売りされてしまうのではないかと思うと、なかなか利用したくても不安で出来ませんよね。

口コミにも「話に流されて加入してしまいました」とか「親身になって相談にのってくれたので断り切れずに契約してしまいました」という意見も目にします。
口コミは実際に体験した方が書いている事が多いが考え方や感じ方は人それぞれ。
ネット時代の今、いろんな情報が簡単に手に入ることで便利でもあり不便でもあります。

そこで今回、元保険外交員の主婦が口コミを元に『保険見直し本舗』について様々な視点から調べてみました。

「保険見直し本舗の賢い活用法」「多数の口コミを元に実際はどうなのかを検証」「保険の窓口との比較」など、情報満載!

これから保険の見直しを考えている方・今の保険が自分に合っているか確認したい方など参考になれば嬉しいです。

目次

1.保険見直し本舗ってどんな会社?
1.1.保険見直し本舗とは
1.2.保険見直し本舗の特徴

2.今人気の来店型保険ショップってどんなところ?
2.1.多種多様の保険が勢ぞろい
2.2.小さなお子様連れでも安心
2.3.その場で手続きが進められます
2.4.来店型と訪問型の違い

3.多数の口コミを元に保険見直し本舗を検証
3.1.自分に合った保険が見つかります
3.2.販売員の知識にバラつきがある
3.3.お客様対応があまり良くないって本当?

4.保険見直し本舗の賢い活用法
4.1.複数の店舗で比較してみる
4.2.自分に合った担当者を探す
4.3.必ず納得がいくまで質問すること
4.4.無料相談を最大限に利用しよう
4.5.訪問サービスもあります

5.気になる来店型保険ショップ『保険見直し本舗』のQ&A
5.1.【Q1】相談したら必ず加入しなければいけないの?
5.2.【Q2】住所変更や請求手続きはどうしたらいいの?
5.3.【Q3】もし加入した店舗が無くなってしまったら保険はどうなりますか?
5.4.【Q4】どこまでが無料ですか?

6.『保険の窓口』と『保険見直し本舗』はどう違う?
6.1.全国に設置されている店舗数が違います
6.2.取り扱っている保険会社の数が違います
6.3.どちらも接客の口コミは同じ意見が多数

7.保険見直し本舗で加入する際の注意点
7.1.必ず納得してから加入しましょう
7.2.ある程度の知識を持っていきましょう
7.3.担当者が異動してしまう可能性もあります
7.4.なるべく即決は避けましょう
7.5.新しい保険の保障が開始してから古い保険を解約しましょう

8.まとめ

1.保険見直し本舗ってどんな会社?

1.1.保険見直し本舗とは

保険見直し本舗とは、生命保険・損害保険など様々な保険商品を取り扱っている来店型の保険ショップです。

ほどんどの方が、『保険』と言うと自宅や職場に保険屋さんが訪問して保険の契約を行う事を想像しますが、最近では大きなショッピングセンターなどにも保険ショップが設置されているのを見かける機会も増えてきました。

今では全国で232ヶ所もの店舗数があり、とても身近な存在になってきています。

取り扱っている保険会社も多数あるため、各保険会社の力を入れている商品を良いとこどりできる事が最大のメリットになります。

販売員もFP(ファイナンシャルプランナー)という資格を持つ保険のプロが揃っているので、自分に合った保険商品を組み合わせて加入することが出来ます。

また新規の加入だけでなく、今既に加入している保険が本当に自分に合った形なのか、無駄な部分は無いかなど相談することもでき、家族が増えたり子供が自立したりとライフサイクルが変わった際にも保険の見直しをすることもできます。

生命保険・医療保険・学資保険・自動車保険・火災保険はもちろんのこと、最近加入者が増えてきているペットの保険も販売しています。

あらゆる保険を一人の担当者でまとめて契約できるので、とても便利です。

1.2.保険見直し本舗の特徴

保険見直し本舗の最大の特徴は取り扱っている保険会社が40社以上とかなり多い事です。

新規の相談だけではなく、今加入の保険が自分に合っているかなど、保険に関して何度でも無料で相談できます。

それだけではなく、具体的に分かりやすく保険の形の説明をしてくれますので、進められるままなんとなく加入してしまった方や、保険の内容がいまいちわからない方も気軽に確認に行くことも可能です。

また、全ての店舗が直営店なので転勤や引っ越しなどで地域が変わっても、情報が新しい店舗の担当者に正しく引き継ぐ事が出来ます。

2.今人気の来店型保険ショップってどんなところ?

2.1.多種多様の保険が勢ぞろい

保険というと、あなたはいくつ思いつきますか?

もしもの時に備えての『生命保険』、車を所有している人は『自動車保険』、火事に備えて『火災保険』、他にも『傷害保険』や、ペットを飼っている方は『ペットの保険』、住宅ローンを組んでいる方は『団体信用保険』など、身近に保険はたくさんあります。

そして、ほとんどの方が生命保険と自動車保険、火災保険など保険会社がバラバラでそれぞれの保険に違う担当者がいます。

例えば、A社で死亡保険に特約として医療保険を付加しているにも関わらず、B社で医療保険のみを単体に加入している場合、B社には給付金の請求手続きをしてA社に請求することを忘れてしまう…なんてケースも多くあります。

せっかくの保険が、役に立たないのはもったいないですよね。

身の回りのあらゆる保険を一つの窓口でまとめる事が出来れば、請求漏れの予防や住所変更などの面倒な手続きもまとめて完了させることが出来ます。

また、多くの保険会社の商品を取り扱うことで、一人ひとりに一番最適な形で保障を準備することも可能になっています。

2.2.小さなお子様連れでも安心

『保険の相談はしたいけど、あまり家に知らない人を上げるのも抵抗があるし、かと言って保険ショップに行っても、今はまだ子供が小さいからゆっくり保険の話が聞けるか心配』って思っている方は大勢いると思います。

来店型ショップはキッズルームを完備している店舗がほとんどで、個室も用意されています。

個室と言っても、大きな窓になっているので圧迫感もなく十分な広さがありますので、同じ場所でお子様はおもちゃで遊ぶ事も出来ます。

店舗によっては授乳室も完備しているなど設備が異なりますので一度確認してみましょう。

2.3.その場で手続きが進められます

一般的な訪問型の場合、保険屋さんが情報収集した内容を元にある程度お勧めの形の保険契約書を準備してきますが、実際に保険の説明を受けて異なる保険の内容に決定した場合は、もう一度会社に戻って新たに契約書を発行しなければいけません。

そのため、また改めて日時を合わせなくてはいけなくなり、忙しくてなかなか時間の調整が難しい方はその場で手続きのできる保険ショップが理想的かもしれません。

しかし、その場で契約する場合、ある程度保険の知識がある人であれば必要か不必要かをその場で判断できますが、全く保険に関して知識のない人は、勧められたままに決めるのではなく必ず納得してから加入するようにしましょう。

2.4.来店型と訪問型の違い

【来店型のメリット】
・その場でたくさんの保険を比較できる
・その場で手続きが出来る
・無料で相談できる
・転勤・お引越しなどの場合でも近くに店舗がある

【来店型デメリット】
・複数回相談に行く場合、いつも違う人が窓口の担当になる可能性がある
・販売員の考え方によって進める保険の内容が変わる
・店舗まで足を運ばなければいけない
・ショッピングセンターなどでは、通行人の目が気になる

【訪問型のメリット】
・店舗に行く手間が省ける
・自宅であれば必要な書類が準備しやすい
・自宅の場合、書類を持ち出さなくても良い

【訪問型のデメリット】
・急な予定の変更をしづらい
・無料といえど何度も相談するのが申し訳なく思えてしまう
・断りづらい

訪問型の場合、デメリットとして主にかなりの意思がないとやはり相手に来てもらう以上、「気軽に」とはいかないですよね。

全く保険の知識もなく、無料であっても相談にのってもらったのだから今更断りづらいな…と思ってしまうかもしれません。そこで、納得出来ていなくても加入してしまっては何の意味もありません。

自分は情に弱いと思う方は来店型の保険ショップをオススメします。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、時間があれば両方利用してみるのもいいかもしれません。

3.多数の口コミを元に保険見直し本舗を検証

3.1.自分に合った保険が見つかります

口コミ例:『自分に合った保険をたくさんの種類の中から選んでもらえた』

年齢・家族構成・将来のライフプラン・必要な保障額・支払い可能な保険料の金額などなど、これらの状況は一人ひとり違い、本当に自分に合う保険を見つける事はとても難しい事です。

そのうえ、保険の事が分からないのに世の中には保険会社も保険商品もたくさんあるため、その中の最適を探すことは専門の知識を持った人にしかできないと言っても過言ではありません。

そこで、どのような形で最適な保険を見つけ出してくれるのか実際に保険見直し本舗へ行って検証してみました。

【1】まず、年齢・家族構成・ライフプラン(〇年後に末子が大学卒業など)・健康状態・支払い可能な保険料など基本情報を収集

【2】将来必要な保障額を計算
学費は公立より私立の方が高いので、自然と私立の方が必要な保障額は高くなります

【3】必要な保障額を完璧に準備できる保険の内容説明・アドバイス
「必要な保障額を準備するためにはこのような形の保険になります。」と、図やパンフレットなどの資料も使い分かりやすく理想の形を説明して頂きました。

【4】たくさんの保険会社から絞って保険を紹介
今回は3社に絞って頂き、それぞれの特徴や違いを具体的に比較して説明(保険料や付加できる特約、保険料免除の該当範囲など)

元保険外交員である私でも、勤めていた保険会社の商品以外はザックリとしか知らなかったため具体的な内容の比較はとても勉強になりましたが、自分に合った保険と言うのは、保障内容や保険料だけでなく考え方も大切です。

その保険に何を求めているのか(万が一の保障や貯蓄など)、何に重視を置くのか(万が一の時残された家族のために大きな保障か、生きていくための医療保障か、保険料かなど)、将来の保険について(保障期間満了後保険はどうするのか)など、ある程度自分や家族はどう考えているのかをまとめておくとより最適な保険を見つける事が出来ます。

3.2.販売員の知識にバラつきがある

口コミ例:『FPが相談にのってくれると思って来店したが、担当したのが新人だったらしく話す内容に信憑性がなかった』

『他の販売員に確認しているのか、何度も席を離れる事が多かった』

新人さんは応援してあげたいけど、自分の保険となるとやはりお任せするのは心配になってしまいますよね。

自分が保険に詳しく「これとこれの組み合わせで加入したい」と話を進める事が出来ればいいのですが、ほとんどの方が説明を聞いて比較して検討後に加入を決定することが多いので、知識が少ない販売員だと第一段階の説明の時点で差が出てきます。

自然と保険の話になると、分からないところばかりなので質問をたくさんすると思いますが、その場で理解できるまで説明をしてもらうと販売員の知識がどの程度かが分かります。

また来店型の保険ショップは、たくさんの保険商品を取り扱っているため販売員にも得意不得意も存在します。

生命保険は知っているが損害保険はあまり詳しくない人や、反対に損害保険・傷害保険などは詳しく知っているが生命保険は具体的に知らない人もいます。

全ての保険を一つにまとめる場合、全体的に知識が豊富な販売員に出会う事が重要になってきます。

今回、検証のために数人の販売員の方と話をしましたが、販売員の方もきちんと勉強をしてたうえで保険を販売しているので、あからさまに知識不足の方には出会いませんでしたが、それぞれ保険に対する考え方や、説明の仕方に違いがあり分かりやすい説明をしていただける方や、細かすぎてなかなか頭に入ってこない説明の仕方の人もいて、自分に合う担当者・合わない担当者がハッキリと別れました。

3.3.お客様対応があまり良くないって本当?

口コミ例:『無料相談と言っていても、保険について無知なので何度も相談していたら嫌な顔をされた』

『こっちが保険について知らないため、上から目線で説明された』

『無理です。できません。対応していません。ばかりで話にもならなかった。』

『今加入の保険を診断してもらいに行ったら、なんでこんな保険に入っているの?と貶された』

など、一番多かった口コミが販売員の対応が悪いという内容。

これは、保険見直し本舗のみではなく同業の他社も同じような内容の口コミが多くここに限ってという事ではなさそうです。

実際に検証するために、数人の販売員に相談をしましたが特に上から物をいう販売員やあからさまに横柄な態度をとる方とは出会えませんでした。

またコールセンターにも何度か問い合わせの電話をしましたが、こちらも丁寧に対応してくれました。

店舗での説明の時に『口調の強い担当者には何度も質問できない』と言うか質問をしづらい雰囲気が出ている、『世話好きの担当者にあたると、考え方を押し付けてくる』という事もありました。

無料相談といえど、相手は加入してもらうことが最終目的なので、契約してもらえるように様々な営業トークを繰り広げてきます。

そして加入する気が無いと分かったら、それなりに態度を変える販売員も居るかもしれません。

検証結果としては、保険見直し本舗に関わらずそういった販売員はどこの会社にも存在するという事。
コンビニでもそうですが、たまたま自分の並んだレジの店員が不愛想で苛立った事も何度もあります。
それでも、その場限りなので我慢もできます。

しかし、保険となると20年・30年長ければ一生の付き合いになってきますので、自分に合った担当者を探す事も大切です。

4.保険見直し本舗の賢い活用法

4.1.複数の店舗で比較してみる

人それぞれ考え方が違うように、販売員の保険に対する考え方も違います。

そのため、保険の知識が全くない人だと『この保険はあなたにピッタリ』と言われてしまえば保険の専門家が言うのだから間違いないと、その保険商品が一番自分に合っていると思い込んでしまいます。

しかし、先ほどにも述べたように保険に対する考え方は販売員によって変わってきます。

たくさんある保険商品の中から最適な保険を選ぶのも販売員で、私たちはその販売員が選んでくれたほんの一握りの保険商品しか知ることが出来ません。

そして、その保険商品には『担当者の考え方』が入っています。

そのため、複数の店舗で違う販売員に相談・比較することで様々な保険商品を知ることができ本当に自分に合った保険を見つける事が出来ます。

4.2.自分に合った担当者を探す

保険はとても複雑で、内容をしっかりと理解するのは大変です。そのため担当者とは気軽になんでも相談できる関係であることが大切です。

『保険選びは、担当者選びから始める』このような事よく耳にしますが、保険は長い付き合いになることから担当者との相性や考え方が合うかどうかも重要になってきます。

そのため、いろんな販売員と実際に会い自分に合った担当者を探しましょう。

4.3.必ず納得がいくまで質問すること

店舗へ行って保険の説明を受けても、はじめのうちは何が分からないのかも分からないという方が多いと思います。

『質問はありませんか?』と聞かれても、分からないことが多すぎてどこから質問すればいいのか…と頭の中がゴチャゴチャして、冷静に考えられませんよね。

そうならないためにも、まずは相談へ行く前に必ず聞きたい項目をメモしてまとめておきましょう。

そして、一度資料を持ち帰り分からない点はないか、自分や家族の考え方に合った保険なのかを検討します。

提案された保障内容をもう一度じっくりと見直し、分からなかった点を確認しに店舗へ行きましょう。

口コミにもよく『保障内容がよく分からなかったが、何度も聞くのも申し訳ないので加入しました』と書かれていますが、保険は目に見えない商品でも、総額にするとかなり高い金額になります。

例えば毎月の保険料が7,000円でも20年の定期保険であれば総額は168万円にもなります。

自動車屋さんに行って、『よく分からないからそれでいいよ』とはあまり言わないですよね?

また定期保険で解約返戻金が無い保険の場合、払い込んだ保険料は返ってきません。

本当にいざという時に役に立つ保険を選ぶには、まず第一に保障内容を知ることが大事です。

4.4.無料相談を最大限に利用しよう

保険見直し本舗の場合、保険の見直し・相談・提案・見積もりなどにおいて無料で対応してくれます。

直接確認したところ『私共がお客様から直接お金をいただく事はありません』と断言していました。

相談窓口の販売員は、お客様が保険に加入して保険会社に支払う保険料の一部を保険会社から受け取るため、何度相談してもお金が発生することはありません。

そのため、無料相談を最大限に利用して自分に合う保険探しをしてみましょう。

4.5.訪問サービスもあります

保険見直し本舗では職場や自宅、近くの喫茶店などに訪問して保険の相談を受けてくれるサービスもあります。

これは、地域や店舗によって訪問サービスができる所とできない所がありますので、事前に確認しましょう。

はじめは店舗に来店して、契約時には自宅に来てほしいなどの要望も聞いてくれる店舗もありますので、何度も店舗へ行くのは難しい方や、お子様が小さく外出が大変な方にはお勧めのサービスです。

5.気になる来店型保険ショップ『保険見直し本舗』のQ&A

5.1.【Q1】相談したら必ず加入しなければいけないの?

答えはNOです!

多くの方が実際に思っている疑問のひとつですよね。

無料相談とは言っているけれど、やはり何度も相談するとなると販売員に気を使ってしまい断りづらいのでは…と思ってしまい、相談したいけど相談をしたところで加入するかどうかも分からないため躊躇してしまう方もたくさんいます。

最終的には契約してもらう事が仕事ですが、無理に押し売りすることもできませんので相談の結果、加入しなくても問題ありません。

窓口の担当者の方が、態度が悪くなったら逆にそのような方が自分の保険の担当者にならなくて良かったと割り切りましょう。

5.2.【Q2】住所変更や請求手続きはどうしたらいいの?

複数の保険会社の保険商品を契約した場合、住所変更だけでも自分で全ての保険会社に連絡して個々に手続きをするのはとても大変で手間がかかる作業になってしまいます。

本来なら、自分で個別に加入した場合それぞれの保険担当者に連絡して書類を揃えてもらい、提出しなければいけないが、保険見直し本舗で加入した場合、担当者に連絡をすれば担当者の方が対応してくれます。

また、給付金の請求に関しても死亡保険に医療保障の特約を付加して、別に医療保険にも加入している場合も同様、請求漏れが無いようにきちんと手続きを進めてくれます。

そこが保険見直し本舗のメリットでもあると言えるでしょう。

(保険会社によっては代理で手続きすることができない内容もありますので、担当者の方の指示に従いましょう。)

5.3.【Q3】もし加入した店舗がなくなってしまったら保険はどうなりますか?

ショッピングセンター内に店舗がある場合、稀にそのショッピングセンター自体が無くなってしまう可能性もあります。

そんな時、自分の保険の担当者がどこに行ったのか分からない状態になってしまったり、近くに店舗が無くなってしまう可能性もありますよね。

すると加入している保険がどうなってしまうのか心配になってしまいます。

コールセンターに直接確認したところ、ご自宅から一番近い店舗に引き継ぎ担当者も同じ店舗の場合はそのまま同じ担当者ですが、違う店舗に異動した場合は担当者も変わるとのことでした。

保障内容・契約内容等は、もちろん今までと変わりなく継続していきます。

5.4.【Q4】どこまでが無料ですか?

無料で相談できると思って行ったのに、『ここからは有料になります。』なんて言われたら困ってしまいますよね。

そこで、どこまでが無料なのか調べてみました。

皆さんの知っている自宅や職場に訪問して営業している保険屋さんと同じように、相談・見積もり・提案など有料になることは無く、全てにおいて無料で進めてくれます。

予約をキャンセルした際のキャンセル料や、相談は2時間まで無料なんて決まりもありませんし、『ここからの詳しい話は有料になります』なんてもちろんありません。

これは、確認した店舗でも総合受付のコールセンターでも同じ回答でしたので、保険見直し本舗自体がそういった方針なのだと思います。

6.『保険の窓口』と『保険見直し本舗』はどう違う?

6.1.全国に設置されている店舗数が違います

保険見直し本舗は保険の窓口よりもスタートが遅かったためか、店舗数にかなりの違いがあります。

保険見直し本舗が全国で約230店舗ですが、保険の窓口は倍以上の500店舗以上!

より身近に、店舗が存在するという事です。

それだけ会社の信用性や実績があるという事につながるかもしれませんね。

6.2.取り扱っている保険会社の数が違います

保険の窓口は公式ホームページにも記載してあるように、取り扱っている保険会社は約35社。

保険見直し本舗は40社以上と、保険会社の取扱数は保険見直し本舗の方が少し多いようです。

保険会社を比較してみると、保険見直し本舗は保険の窓口に比べ国内の保険会社を多く取り扱っており、反対に保険の窓口は外資系や通信販売を多く取り扱っていました。

全体的に見て、国内の保険会社は保障内容がしっかりしているがその分保険料は少し高く、外資系や通信販売の保険は国内の保険会社に比べ保障内容の充実性は少し欠けますが、保険料が割安に設定されています。

それぞれの特性を活かし、保険料を重視して外資系を選ぶならよりたくさんの商品を取り扱っている保険の窓口で、保障内容の充実を選ぶなら国内の保険会社をたくさん取り扱っている保険見直し本舗がオススメです。

もちろん両社とも国内・外資系・通信販売など取り扱っているので、両方の店舗で診断・提案してもらい比較してみるのもいいかもしれません。

6.3.どちらも接客の口コミは同じ意見が多数

驚くことに、ほとんどと言って良いほど接客に対しての口コミに書かれている内容が同じものが多く、販売員の知識や質に当たりはずれがあることが分かりました。

もちろん『女性の販売員』とか『FPの資格を持っている販売員』と選ぶ事は出来るが、接客の態度が良いか悪いかはその時点では分かりません。

それに、あまり知らない販売員に『あなたは嫌なので違う方に変わってください』とも言えませんよね。

話をしている最中によほど悪い態度を取られたら、変更してもらう事も可能ですが嫌な思いをした時点でもうその店舗には行きたくなくなってしまいます。

また、販売員の話し方によっても感じ方は変わるので『この保険の方がオススメですよ』と言われても、押し売りされたと感じてしまう方や、反対に自分に合う商品を提案してくれたと感じる方などそれぞれです。

そのため、両社とも複数の販売員と比較してより自分に合った販売員を選ぶことが重要だと思います。

7.保険見直し本舗で加入する際の注意点

7.1.必ず納得してから加入しましょう

保険と言うのは、実際に手に取って確認することもできない上に、かなり高額な買い物になります。

そして、年齢や健康状態によっても金額は変わり、年齢を重ねるごとに保険料は上がっていきます。

しかし、内容を理解せずに勧められたからと加入していては、また保険を見直さなくてはいけなくなる可能性もある事に加え、いざという時に役に立たないという事も出てきてしまいます。

例えば、医療保険でも保険料が安いからと提案されて契約したが、いざ入院した時に『5日未満の入院は対象外です。』なんて事になったら大変です。

「ある程度貯蓄があるため短期入院の場合は給付金が出なくても大丈夫と考えて保険料を重視して加入した。」と言う人と、「保険料が安いからと進められて保障内容は分からなかったが加入した。」という人では、いざという時に大きな差が出来てしまいます。

少し保険料が上がっても日帰り入院対応の保険に加入していれば良かった。と後悔してしまっていては意味がありません。

自分の保険は自分で決める!という気持ちで保障内容に納得してから加入をしましょう。

7.2.ある程度の知識を持っていきましょう

生命保険の必要性や基本的な生命保険の形など、ある程度理解したうえで相談に行くことで話がスムーズに進みます。

また、保険に対する自分の考えを持つことで、一層自分に合った保険が見つかりやすいのです。

死亡保険でも、一般的な定期保険のように保険期間満了まで同じ保険金額が必要なのか、子供の成長に合わせて保障金額が逓減していく収入保障保険が合っているのか、残されたご家族のために毎月どれだけの収入を準備したいのかなどザックリでもいいので、事前に知識を入れておきましょう。

医療保険では、日帰り入院でも対応できる内容が充実した保険の方がいいのか、少しの金額であれば貯金から費用を支払う事ができるから少しでも安い保険料を重視したいのかなど希望に合わせて加入できるように医療保険の違いなどを学んでおくのも大切です。

詳しい内容までは、各保険会社によっても変わり複雑でなかなか理解が難しいかもしれませんが、ザックリとした知識であればネットでも気軽に調べる事ができます。

7.3.担当者が異動になってしまう可能性もあります

せっかくいい担当者に出会えたのに移動して他の担当者に変わってしまうのは少し心配もありますよね。

しかしたくさんの店舗があるため、可能性が無いとは言い切れません。

女性の担当者の場合は、既婚者であれば可能性は低くなりますが男性の場合は異動してしまう事が多いかもしれません。

保険の内容や、各種変更手続きなどは今までと変わりありませんので、心配はいりません。

加入後担当者が変わる可能性があるという事は、理解しておきましょう。

7.4.なるべく即決は避けましょう

保険に詳しく、その場で保障内容を理解している場合は別ですが、あまり詳しくない方は販売員の言う通りに契約してしまうというケースが多々あります。

しかし、本当に提案されている内容が自分に合っているのか判断するためには、他の販売員の話も聞いてみる必要があります。

たくさんの保険会社の商品を取り扱っている保険ショップは基本的に保険会社から契約手数料を貰う事で成り立っています。
そのため、あってはいけない事ですが契約手数料の高い保険会社の商品を販売したいと思っている販売員も存在するかもしれません。

私たちにはそれを判断することが難しく、その商品が本当に自分たちに合っていればいいのですが、それよよももっと合っている保険もあるかもしれません。

それらを踏まえて、一度の説明では具体的な内容までは理解できない事・提案された保険には販売員の考え方が含まれる事・本当に最適な保険を見つけるために比較することなど様々な点からその場で即決してしまう事は避けるべきだと思います。

7.5.新しい保険の保障が開始してから古い保険を解約しましょう

販売員からも説明があるかもしれませんが、新規加入の場合は別にして見直しの際、良い保険が見つかったからと今までの保険をサッサと解約してしまう事はとても危険です。

万が一、今までの保険を解約後に新しい保険の保障が始まる前に怪我をしてしまったら、どこにも治療費や入院費用を請求できませんし、そんな時に限って突然病気が発症してしまったら、新しい保険会社が加入を断ってくるかもしれません。そうなると、今後の入院・手術・通院などの治療費は請求できません。

これらの事は、短期間であっても絶対に無いとは言い切れませんので、必ず新しい保険の保障が開始してから解約する事をお勧めします。

8.まとめ

いかがでしたか?

来店型保険ショップならではのメリットで、たくさんある保険会社を比較できるのは、とても良いですよね。

しかし、保険は複雑でなかなか理解が難しく、いざという時に役に立たないと困ってしまいます。

分かりやすく説明してくれて相性のいい担当者に出会うのも簡単な事ではありません。

また、無料ほど怖いものはないと躊躇している人もたくさんいると思います。

そのため、たくさんの口コミを元に決める人も多いと思いますが、果たして口コミが全て本当なのかは疑問に思うところです。

口コミの多くは、体験した方が感想や意見を書いているもので全ての口コミばかりを鵜呑みにしてしまうのもあまり良いとは言えません。

そこで、口コミを元に検証してみましたが、口コミは正しくもあり考え方の違いもあることが分かりました。

口コミはあくまでも参考に、そういう経験をした人も実際に居るという事を知ったうえで相談に行くといいかもしれません。

良い保険探しのお手伝いとして、この記事が少しでも多くの皆様のお役に立てれば嬉しいです。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る