保険業法改正によって私たちにどのようなメリットがあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

保険のトラブルをよく耳することで、騙されないか少し心配する事で、あまりいいイメージがないという方もいるのではないでしょうか。

これまでは法規制の関係上、保険会社が有利な契約もされてきました。

しかし、2016年5月に施行された保険業法の改正により、顧客にとって必要なサービスを受けることができるように法律は改正されました。

そこで、今回は保険業法の改正では、どこがどのように変わったのかという事と、それに伴い、私達の保険選びにどのような関係があるのかを書いていきます。

そして、法改正しても油断できないあなたには、騙されないためにはどうすれば良いのかという事をご紹介していきたいと思います。

目次

1.保険業法が改正されて変わった内容とは??
1.1保険の勧誘などの保険募集の定義が明確にされた
1.2募集プロセスの中で保険募集に入らないものが新しく定義された
1.3より顧客に寄り添う意向把握業務が追加された
1.4情報提供の義務に対応する為の実務が追加された
1.5保険を募集する人の規制が厳しくなった
2.そもそも保険業法って一体何なの?
2.1保険を扱う機関を監督する、保険業法
2.2前保険業法では顧客に不利なトラブルが増加していた
3.新しく加えられた注目したい意向把握業務って一体どんなものなの?
3.1第三者に委託する際は厳正な管理、監督が求められる
3.2店の形態ごとに独自に意向を把握していく
3.3保険代理店などは意向把握に対して新たな整備が必要になる
4.複数の保険会社が入っている場合複雑な情報提供義務って一体どんなものなの?
4.1顧客の意向に沿って行うなら比較対象も紹介しないといけない
4.2代理店の意向に沿って行うなら比較はないが商品の細かい説明が必要
4.3信頼性のある情報のために一定のルールが必要になる
5.保険会社にだまされないために覚えておきたいポイントって?
5.1事前に保険の状態や会社について調べてみる
5.2質のいい保険相談を行うようにする
5.3 プロであるFPと共に保険の見直し相談を行う
6.自力で保険についての知識を得るためにはどうすればいいの?
6.1お金のプロであるFPに相談を行う
6.2保険について書かれている書籍を読む
6.3良質な情報を得ることで騙されない
7.実際の保険契約手続きをする際にはどのような段取りになるの?
7.1書面などで今までに比べて抜けのない情報掲示
7.2面談やチェックシートなどによる意向の把握
7.3商品説明をし、最終確認を行う
8.まとめ

1.保険業法が改正されて変わった内容とは??

2016年より、改正保険業法が発表されました。保険商品が経済発展していくにおいて複雑になっていったり、販売形態が多様化していくのに合わせて、これまでの保険業法ではカバーすることが難しかった部分や、これまでに加えて新しくでてきた問題を解決する為の法案になっています。

これらは、保険業者だけではなく、被保険者にとっても関わりのある部分になっています。それでは、改正保険業法の5つの改訂部分を見ていきたいと思います。

1.1保険の勧誘などの保険募集の定義が明確にされた

保険業法では元々保険募集、すなわち保険契約をする際の代理人であったり、媒介を行うことは非常に抽象的で、どこまでが該当するのかは明確化されていませんでした。しかし、改正保険業法ではこの保険募集をより明確に定義することで違法行為や保険会社に有利な締結がなされないようになっています。

まず、改正保険業法では、保険契約の締結の勧誘、また、勧誘の為に行う保険商品の内容説明や申込み受付などが保険募集として定義されると言われています。もちろんこれらの他にも商品や会社によっては保険募集なのか微妙な部分があることがあります。

その為、保険会社、もしくは保険募集人から報酬を受け取る立場であるか、保険会社もしくは保険募集人と資本関係などがある場合など、保険募集を行うことによって一体となって利害関係が生まれる場合には具体的な報酬水準や説明の程度などから、保険募集になると判断されると言われています。

保険募集と言っても、高額な保険の勧誘や、客の不当な紹介などは保険募集に含まれるのかどうかと思う方もいるかと思います。しかし、税理士や金融機関と言った、顧客の財政状況を知っている個人や機関と保険会社が不当に関係を持たないように、改正監督指針では定められています。

また、これは保険の顧客紹介ビジネスの全てが禁止されているわけではなく、詐欺や不正につながりやすいものにのみ、そう決められています。

これまでは明確に保険の勧誘が定められていなかったので、勧誘と称して詐欺まがいの違法行為すれすれのことなどを行うことができていましたが、これによって定められた範囲内の中で保険勧誘がなされるようになりました。

1.2募集プロセスの中で保険募集に入らないものが新しく定義された

保険契約の際に、顧客を探すところから、契約を成立するまでの保険募集のプロセスの間でも保険募集に該当しないところを募集関連行為と改正保険業法では定義されることになりました。

募集関連行為とは、保険商品の推奨や説明をせずに契約見込み客の情報のみを保険会社や保険募集人に提供することです。これは、保険会社や保険募集人と言った、保険をそのまま扱い販売する機関だけではなく、これらの機関が第三者に委託することもできるようになっています。

しかし、第三者に委託する場合には、支払手数料の設定や、不適切な行為を行わないように管理監督をすることが定められています。これは、手数料の合意が出来なかったり片方に不満があると、より高額な手数料をもらうために過剰な保険を紹介する可能性があるからです。

また、他にも改正前は設定されていなかった保険商品の比較サイトについても監督が定められています。商品情報について商品の説明が誤っていないか、また、商品が適切に評価されているのかどうかなどもきちんと確認されていないといけないことになっています。

 

これまでは保険の募集に入らない顧客を見つけたり誘導する部分が定義されていなかったため、最近台頭してきた比較サイトはアフィリエイトの値段によって点数がつけられる事もありましたが、それらが防止され、本当に人気であったりおすすめな商品の説明を受けることができるようになりました。

1.3より顧客に寄り添う意向把握業務が追加された

これまでは、保険契約の際には商品の説明などは行われていました。しかし、顧客の考えや方針などはFPなどに相談した上で決めるなど、保険加入の際に尊重されたり、活用されることはあまりありませんでした。

しかし、改正保険業法においては、保険契約を行ったり、勧誘を行う際にチェックシートや口頭などで顧客の意向を把握したり、その意向に沿った保険プランを提案し、最終的に契約を行うときにも最後に顧客の意向を確認するなど、より自分の願いや方針にそった保険加入に入りやすいようなプロセスが義務付けられるようになりました。

1.4情報提供の義務に対応する為の実務が追加された

保険会社は、これまでは契約情報や加入する際の情報などを全て出すことは義務付けられていませんでした。その為、都合の悪い情報などは小さい文字で書かれていたり、言われない限り出さないということもありました。

その為、改正保険業法では、保険会社は、保険契約をする際や、契約を検討している顧客に対しては契約や加入の判断をするのに必要な情報を提供することが義務付けられ、これにより、全ての情報を消費者はきちんと受け取ることができるようになりました。

1.5保険を募集する人の規制が厳しくなった

これまでの保険業法は、保険会社を中心として義務付けていました。その為、保険会社は保険募集をする人の把握や管理などをする権限を持っており、保険会社の意向を自然に受けるような設備になっていました。その為、保険募集人はどうしても保険会社のおすすめの保険などを優先的に紹介することが多くなっていました。

しかし、改正保険業法では保険募集人独自であっても体制を整備することができるようになっているため、決して保険会社を中心とした保険紹介をすることなく、より、顧客によりそった保険紹介をすることができるようになりました。

これにより、保険代理店は保険募集人の管理や監督に責任を持たないといけなくなったため、保険募集人の質が上がると予測されています。

2.そもそも保険業法って一体何なの?

保険業法がどのように改正されていったのかは分かりましたが、一体保険業法という難しい法案がどういったものなのかというのはいまいち分からないですよね。

まずは、保険業法とはどういったことを制定しているのか、私達被保険者にどのように関わりがあるのかを見ていきたいと思います。

2.1保険を扱う機関を監督する、保険業法

海運保険から始まった保険は、損害保険、生命保険などの様々な保険商品として販売されています。しかし、これらの保険を販売することができるのは、主に保険会社、そして保険代理店です。これらは保険を扱うことができる特権を持っていますが、その代わりに好き勝手なことをしないように監督する目的で定められたのが、保険業法です。

この保険業法という法律は、元々は保険会社を始めとした保険を扱う機関の保険販売を規制し、また、保険契約者が正当な権利として守られるために制定されました。実は、1900年に初めて施行され、その後1939年にいちど、1996年にもいちど、法律改正が行われています。その後も一部改正が何回か行われています。

今回施行される改正保険業法は、元々2014年の5月に成立していました。これは、一部改正に過ぎず、その内容は5つの項目に分かれています。この保険業法が定められることによって、健全に保険が運営されること、そして、契約者の利益が守られるようになっています。

2.2前保険業法では顧客に不利なトラブルが増加していた

現代社会はIT革命とも呼ばれ、インターネットと連動した様々な商品が台頭しています。これは、保険も例外ではなく、最近では保険が訪問して販売するよりも、Webサイトから手軽に契約することができる保険など、手軽に契約できるようになっています。

また、インターネットなどを使用した比較サイトが運営されたり、乗合代理店によって気軽に複数の保険商品を同時に比較できるようになりました。自分の身近な人に聞かなくても口コミなどをみて判断することができるため、非常に便利になっている一方で、トラブルも増加していました。

これは、偏った保険を紹介することによって、高額な紹介料や手数料を得ていたり、キャンペーンを目的にして保険を勧めるなどと言った悪質な、顧客にとっては非常に迷惑で不利益な業者などが出てきてしまったからです。

今回の改正保険業法では、これらのトラブルを減らすために改正された点も多くあります。

 

3.新しく加えられた注目したい意向把握業務って一体どんなものなの?

初めて保険に加入する年齢の平均は

加えられた5つの改正法ですが、これら5つの中でも、複雑であり、これからの保険販売が変わってくると言われているのが意向把握業務です。これまではそこまで聞かれることがなかった保険加入を希望している顧客のニーズをその場で聞き込み、それにあった保険を提案することが義務付けられています。

それでは一体意向把握業務というのはどういった業務なのかを見ていきましょう。

3.1第三者に委託する際は厳正な管理、監督が求められる

保険に入る人を募集する時に、保険会社は自社でやる他に、サイトや代理店などに委託します。まずはこの第三者に委託する時には、支払手数料を両者が納得するように設定することが求められています。これは、どちらかが納得していない場合には、顧客に沿った保険提案ではなく、自分の利益に合った保険を提案する可能性があるため、必ず慎重に行わないといけないからです。

また、その他にも保険会社は委託した第三者に対して管理や監督が必要とされています。

比較サイトなどの複数の人間が手軽に情報にアクセスし、どのような保険があるのかといった商品情報を得ることができるさーびすの場合には、取り上げられている商品情報が適切な説明なのか、また、口コミなどの評価はきちんとその商品の総合的な評価になっているのかどうかという所を監督するように決められています。

他にも、保険契約につなげる時に、個人情報保護についての顧客の同意についてなどの手続きはきちんと双方の合意の元に行われているかどうか、また、紹介などにおいて節税対策などが行われるなどの不正行為につながっていないかどうかなどもきちんと管理するように定められています。

3.2店の形態ごとに独自に意向を把握していく

意向把握業務においては、店の形態によって、推奨されている把握方法が変わってきます。主に二種類あるので、どう違うのか、またどの段階で確認されていくのかを見ていきたいと思います。

まず、保険ショップなどでは最初にアンケートなどの簡単な意識調査で保険契約者の意向を確認していきます。そのチェックシートやアンケートなどを元に、個別に保険加入プランを提案していきます。また、その際にはどうしてこのプランを提案するのかといった意向との関係を説明することになっています。

それを経て、最終的に保険契約について最終意向を確認していきます。また、最初の意向と最終意向に相違点が合った場合には、確認をし、納得するまでの説明を行った上で、紹介している保険の契約内容がきちんと意向と合致している確認を行います。それにより最終的に契約を行うことになっています。

また、顧客の性格や生活環境などの個人情報によって意向を推定した上で提案していくビジネスの場合は段取りが少し変わってきます。

まずは、顧客の性格、今の生活環境などからどのような保険加入を望んでいるのかと言った意向を独自に推定します。その上で、その以降にあった個別プランを提案し、どのような意向を推定し、どうしてこのプランが提案されたかを説明します。

その後、顧客自身の意向を確認し、最終確認を行います。その時に事前に確認した意向と最終意向に相違点が合った場合には、確認をし、納得するまでの説明を行った上で、紹介している保険の契約内容がきちんと意向と合致している確認を行います。それにより最終的に契約を行うことになっています。

意向把握といっても、一体どういった保険に入りたいのかなんて聞かれても知識もないし答えられないのではないかと思う方もいるかと思います。しかし、その時に把握するべき情報も定められています。

主に、どのような分野の保障を希望しているのか、貯蓄機能は必要なのか、保障期間や保険料、保険金額の希望、また、投資の意向などといった一般的な事項の把握を行うように例が挙げられています。

これらの意向把握は、これまで書面などで確認していた意向とほぼ内容自体は変わりがありません。また、例として記載されているものの通りに行わなくても、工夫してより意向把握しやすいようにしてもよいとされています。通販やネットなど、直接対面で説明することができなかったとしても、意向把握は、顧客の誤解を防ぐためにも推奨されています。

また、パンフレットを顧客が自分で選び、そこから申込んだ場合などには場合によっては意向把握を行わなくても良いと判断される場合もあるとされています。

3.3保険代理店などは意向把握に対して新たな整備が必要になる

これまでと違い、保険契約の際に保険の意向が必要になってきました。その為、保険代理店では、新たに対応が必要とされています。

特に、意向把握をどのような方法で行うか、また、確認はどのようにするかといった手順などを社内で規則として、定めそれを販売員が行うことができるように、適切な教育や研修などを通して指導していくことが要求されています。

また、成約されなかった場合には意向把握を行った際の帳票などの保存は法律としては必要が無いと定められています。

 

 

4.複数の保険会社が入っている場合複雑な情報提供義務って一体どんなものなの?

情報提供業務というのは、比較サイトなどが台頭していったため、保険会社から支払われる手数料によって、評価が変動することがないように定められた箇所になっています。これは、複数の保険会社が関わっている場合にはどの目線で運営するのかなどと言った点で非常に難しい問題になってきます。

しかし、これが整備されることによってより消費者目線の比較や評価の情報を得ることができるようになると言われています。それでは一体情報提供業務とはどういったものなのかを見ていきたいと思います。

4.1顧客の意向に沿って行うなら比較対象も紹介しないといけない

比較を行って販売をする時には、消費者が損をすることがないように適切に比較をし、推薦することができるように乗合代理店には情報提供業務が定められました。乗合代理店というのは、複数の保険会社が所属している代理店であり、まずは、代理店に来た顧客に比較ができる同じ種類の保険商品を紹介する場合を見ていきたいと思います。

比較ができるような同じ種類の保険商品の場合には、これらの保険はどういったものなのかという概要を説明し、なぜ提案したかという理由を必要とされています。また、比較として代表的な2つを例示するのではなく、比較化膿することができる条件内の全ての商品を示す必要があります。

また、同じような商品が多数ある場合には商品の特徴で絞り込んだ上で選別して提案していきますが、その場合には客観的に商品の特性から選択したという基準の説明と、商品をすすめる理由も説明しなければなりません。

4.2代理店の意向に沿って行うなら比較はないが商品の細かい説明が必要

比較して販売を行わない場合に、乗合代理店が予め決めていた商品の特性や、保険料の水準など、一般的に定めることができる基準で保険商品を選別することもできます。

この保険商品を提案する時には、提案理由だけが必要とされています。その為、他の種類の保険の概要は説明する必要はないものの、どうしてこの商品を提案するのかと言った理由なども必要になってきます。もちろんその理由には特定の保険会社の資本関係や、経営方針上の理由なども許可されているものの、具体的に例示されることが要求されています。

4.3信頼性のある情報のために一定のルールが必要になる

商品をきちんと示し、すすめるためにはこれらの保険を勧める理由や証拠が必要とされると同時に、そのために社内での一定のルールが必要になってきます。これは、代理店に所属している個人が勝手に推奨をしたり理由づけすることは許可されていないからです。

また、記録や証拠などのの保存は定期的に確認し、検証することが要求されています。公平性や中立性を明示している乗合代理店の場合には商品の絞込理由などは客観的なものになっていなければならない為、顧客目線で考えられているものが要求されます。

5.保険会社にだまされないために覚えておきたいポイントって?

改正されたと言っても、保険業法の内容は難しくて、実際は自分がどんどん変わっていく保険の販売にだまされないようにするのにはどうすればいいのかよくわからないという方もいるかと思います。

そんな方には、まずは、保険に加入する前に、保険に加入する事を検討するのならば考えておきたいポイントをご紹介していくので、ぜひ確認してみてくださいね。

5.1事前に保険の状態や会社について調べてみる

まずは、保険代理店や保険会社に行く前に、自分が今加入している保険を見直してみましょう。結婚した前と後では自分がなぜこの保険に加入しているのか必要ないという場合も出てくるかと思います。また、家族で合わせて保険料はどのくらいで、なにが起こったら保険金を得ることができるのかまで全て確認できれば十分です。

それが完了したら、自分が入りたい保険について調べてみましょう。国内の保険会社や、外資系、ネット系など様々な形態の会社から比較してみて、値段を重視するのか、サービスを重視するのか自分の意向をまとめておきましょう。

忘れないように紙に書いたり、よく分からない疑問もメモしておくのがおすすめです。

5.2質のいい保険相談を行うようにする

保険相談をする場合には、何よりも質を重視するようにしましょう。何も知らない状態から始まるので、相談はどうしても時間がかかります。最低でも2回は行うようにしましょう。

この時に、保険相談を短くするためには、加入を考えている保険の資料を事前に請求しておくことです。それらを見せ、自分の状況に合わせたものはどれがよいのか、メリットやデメリットなどを客観的なプロの目線から説明してもらいましょう。

5.3 プロであるFPと共に保険の見直し相談を行う

保険の見直しをする時には、お金が勿体無いからと自分だけで行ってしまう方もいますが、プロであるFPに相談をすることがおすすめです。もちろん様々なサービスを活用することでリスクなどを考えることもできますが、どうしても客観的に判断をすることは難しくなってきます。その為、時間を短縮し、質の良い判断のためにもFPがおすすめです。

しかし、FPといってもベテランFPと、新米FPの場合もあります。その為、人づてに評判の良い人を探したり、サービスを活用するなどして自分にあったFPを見つけるようにしましょう。

 

6.自力で保険についての知識を得るためにはどうすればいいの?

どんなに調べても、自分自身にある程度の保険についての情報がないと最終判断も難しくなってしまいますよね。そうならないためには、自発的に自分で学ぶことも必要になってきます。

それでは、家族や自分を守るために、どのように保険について学んでいけばよいのでしょうか。

6.1お金のプロであるFPに相談を行う

何もわからない状態であれば、まずは資産管理のプロである、FPに相談してみましょう。人に聞くことで、自分の現在の保険はどういったものなのかを効率よく学ぶことが出来ます。

また、自分の保険が分かってくることで、抜けている点はどこなのかと言ったことも確認することができます。

6.2保険について書かれている書籍を読む

保険についてもっと体系的に学んだり、広いところで学びたいという方は、書籍を読むのがおすすめです。一冊ではなく、いくつか入門書から始めて読んでみましょう。

何冊か読むことで、段々保険について重要な知識をつけることができますよ。

6.3良質な情報を得ることで騙されない

ネットなどで騒がれている情報をすべて信じないようにしましょう。勉強をする時には何よりも、触れる情報を全て正しいものにするのが大切です。

どちらかに偏った情報ではなく、中立的であったり客観的な位置から判断することができるような情報を選ぶようにしましょう。

7.実際の保険契約手続きをする際にはどのような段取りになるの?

改正保険業法によって、これまでと保険の契約の手順も変わってきました。それでは最後に、保険契約は一体どのような流れで行われるのかを確認しておきたいと思います。

7.1書面などで今までに比べて抜けのない情報掲示

これまでは名刺などで済まされていた保険の取扱保険会社は書面で提示されることになりました。また、この時に代理店は水晶の保険会社を提示することは許可されています。

ただ、その時にはなぜ会社で推奨しているのかの理由も説明しなければなりません。

 

7.2面談やチェックシートなどによる意向の把握

面談やチェックシートを通して、一体どういった保障や、保険期間、保険料などを望んでいるのかをヒアリングしていきます。この際に記録した書類は、証拠として保存されていきます。

また、保険代理店はその意向にあった保険を提案していきますが、最終意向と最初の意向は合っているかをきちんとチェックシートで確認していきます。

7.3商品説明をし、最終確認を行う

最終的に顧客からの合意を取ることが出来たら、商品についての設計書によって説明を行っていきます。説明を行った後に最終的に保険契約についての確認を行います。

最終確認が終わったら、契約に移ることになっています。

 

8.まとめ

保険業法という、普段の被保険者にとってはあまり馴染みのない法律ではありますが、消費者が搾取されないように定められている大切な法律です。

時代が変わっていくのにおいて、保険の販売方法なども変動しています。その為、今回はそれらに合わせた消費者の利益を守るために改正が行われました。

全く無関係なことではないので、これから保険加入や見直しを検討していく方は、ぜひどのような点が改正されたのかを確認して見てくださいね。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る