放射線治療の費用は50万円を超える?!絶対抑えておきたい放射線治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

がん治療の一つである、放射線治療ですが、その技術は目まぐるしく進歩しています。
そのために、高額な費用が掛かるイメージがありませんか?
そこで、放射線治療の内容や費用から、高額医療費制度など公的な制度を知っておくことはとても重要な事になります。
また、放射線治療に掛かる費用は50万円を超えるとも言われており、しっかりと備えて置く必要がるとも言えます。
この記事では、がん治療の放射線治療のあれこれを解説しているので、この記事を読んで、放射線治療の疑問・不安を一気に解決しましょう!

目次

  1. 放射線治療は超高額!?がんと放射線治療

  1.1 放射線治療が超高額になるかも?

  1.2 放射線治療の内容

  1.3 こんな疾病の治療にも!

  1.  部位別の放射線治療と費用は?

  2.1 乳がんの放射線治療

  2.2 肺がんの放射線治療

  2.3 前立腺がんの放射線治療

  2.4 そのほかの部位

  1. 放射線治療の負担は?公的な保障はないの?

  3.1 放射線治療の費用の負担を軽くするために

  3.2 自己負担額はいくらぐらいになる?

  3.3 民間による保障

  1. 後期高齢者の放射線治療は?

  4.1 後期高齢者と放射線治療

  4.2 後期高齢者の場合は負担が軽くなるかも

  4.3 利用出来る期間は?

 5. 放射線治療って大丈夫?放射線治療の安全性

  5.1 放射線治療は安全なのか

  5.2 放射線治療の副作用

  5.3 それでも安全な理由

  1.  放射線治療だけじゃない!がんと医療費

   6.1 放射線治療だけじゃない!がんと治療

     6.2 入院した場合の費用

    6.3 通院の場合の費用

   7. 放射線治療もしっかり保障!おすすめのがん保険

        7.1 アクサダイレクトのがん終身

        7.2 ガードエックス

        7.3 がん保険はしっかり考えたい!

      8まとめ

1. 放射線治療は超高額!?がんと放射線治療

がんの三大治療と言えば「手術」、「抗がん剤治療」、「放射線治療」ですが、今回は放射線治療について詳しくご紹介したいと思います。

が、その前に基本的な放射線治療についてや、放射線治療の内容などや、がん以外にも放射線治療が使われている疾病についてなどをご紹介したいと思います。

1.1 放射線治療が超高額になるかも?

まず、はじめに触れておきたいのは、がん保険やがん治療について考える時は、放射線治療についてしっかりと考える必要があるという事です。

がんの三大治療は「手術」、「抗がん剤」、「放射線治療」ですが、その中でも放射線治療は比較的新しい治療法であり、一般的に最も治療費が掛かる治療法と言えます。

というのも、手術は難しい手術や費用の掛かる手術でも100万円以内20万円以下で、収まる事が多く、抗がん剤治療もコースにはよりますが、通常安い場合だと10万円程度で、治療を受ける事が可能なケースが多いです。
ですが、放射線治療は保障が聞く場合でも、100万円を超えるケースが多く、新しい治療法であるため、そもそも民間・公的な保障を受ける事が難しいケースが多いのです。

また、最近のがん治療の特徴として、以前まではがんに罹ると入院や手術というケースが多かったのに対して、現代のがん治療は通院による治療で、抗がん剤や放射線治療などを用いて、がんを治療していくという治療法が多くなってきています。

そのため、がん保険を選ぶ際・がんに対する経済的なリスクを考える際は、最新の治療法である放射線治療についてしっかりと考える必要があり、放射線治療について無視をした保険の設計を立てていると、のちに放射線治療による高額の請求がされ、なんのためのがん保険か分からないという事になりかねません。

なので、放射線治療をしっかりと考えるという事は、同時にがん治療やがん保険についてしっかりと考えるという事なのです。

1.2 放射線治療の内容

放射線治療と言っても、実際に何をするのでしょうか?放射線治療と聞くと何故か分からりませんが、少し危なそうな治療の様な気がしてしまうものですが、放射線治療を一言でまとめると「放射線を使って、がんを倒す治療」です。

これだけだと、少しイメージが沸きにくいですが、放射線治療は主にがん細胞が増えるのを防止したり、がんの再発を防ぐために使用され、「放射線治療」っと言っても数種類あり、がんの発症した部位、用途などによって使い分けます。

実際に治療する方法は、外側から治療する「外部照射」という方法と、内側から治療する「内部照射」があり、外部照射は体の上から放射線を照射し、内部照射は体の内側から放射線を放射し、こちらも用途などによって使い分けます。

上記の左が外部照射のイメージで、右が内部照射のイメージです。

放射線治療のメリットは、放射線を照射するだけでがん細胞を治療する事が可能なので、手術などによってメスを入れて臓器を傷つけるリスクや、臓器を摘出する必要性がなく、再発防止などにも使用する事が可能な点です。

そのため昨今のがん治療では、放射線治療を要する事が多く、がん保険などを考える際は放射線治療の保障についてもしっかりと考える必要があります。

1.3 こんな疾病の治療にも!

先ほど、放射線治療ががん治療にとってかなり有用な治療法である事を、ご紹介させて頂きましたが放射線治療が有用なのは、がん治療のみではなく、他の疾病にも活用されています。

主に免疫抑制療法として、輸血用の血液製剤に使用したり、良性の増殖性疾患などの治療にも使用されています。

しかし、主にはやはり現代の放射線治療の用途はがんで、以前までは結核性リンパ節炎の治療などにも、使用されていたみたいです。

2.  部位別の放射線治療と費用は?

先程、放射線治療はがん治療には有効な治療法で、現代のがん治療では使用される事が多いことなどをご紹介させて頂きましたが、これから気になる放射線治療の費用についてご紹介していこうと思います。

しかし、放射線治療の費用っと一言で言っても、部位によって使用される放射線治療法の種類や期間が異なり、そのような要因によって放射線治療の医療費もかなり大きく上下します。

なので、今回は気になる放射線治療の費用を部位別でご紹介したいと思います。

2.1 乳がんの放射線治療

まずはじめに、女性が注意したい・気になるがんである乳がんの放射線治療について詳しくご紹介して行きたいと思います。

乳がんの放射線治療を知るにはまず、乳がんの治療法について詳しく知っておく必要があり、乳がんの主な治療法は手術を用いて治療し、放射線治療は手術後の再発防止のために使用されます。

乳がんの手術では主に2つの手法が用いれられ、1つは病巣を取り除き、乳房を残しておく手法と、乳房をすべて取り除く方法があり、がんが発生した場所や進行状況など様々な要素が考慮され、使い分けされます。

その後に放射線治療によって、再発を防止し、主に治療期間は4~7週間程度と言われています。

また、決まった照射方法などがなく、様々な照射方法が使用され、乳房全体に放射線治療を施し、乳がんの放射線治療は、がんを無くすという用途より、再発防止という側面が強いみたいです。

乳がんによる放射線治療は、入院の場合全部合わせると50万円~55万円程度が相場みたいです。

2.2 肺がんの放射線治療

次にご紹介したいがんの放射線治療は、肺がんになった際の放射線治療で、肺がんは最も日本人に発生する可能性の高いがんの1つです。

肺がんには2つの種類があり、その種類によって治療法も異なります。

まず、1つの目の種類は小細胞肺がんというもので、この小細胞肺がんというのはまだがんが広がっていない早期発見が出来た際に多く、用いられる治療法も、放射線治療と抗がん剤治療が用いられます。

この際の放射線治療は主に6週間ほど行われ、主にSRTという照射方法が用いられます。

二つ目の肺がんは、肺がんがリンパ節にまで広がってしまった際に、使用される方法で、主に放射線治療を使用して治療します。(状態によっては、抗がん剤の使用もある)

照射方法は体幹部定位照射という照射方法が用いれられ、この体幹部定位照射というのは、主に肺がんのみに使用される照射方法で、肺がんに高い効果を発揮します。

肺がんに放射線治療を用いた際の費用は、入院の場合60万円~70万円程度が相場みたいです。

2.3 前立腺がんの放射線治療

次にご紹介したい放射線治療が使用されるがんの部位は、前立腺がんで、前立腺は男性しか持っていない器官なので、男性が注意したい部位のがんです。

前立腺がんは50代を過ぎると、リスクが高くなると言われていますが、前立腺がんは主に放射線治療で治療を施すケースが多いみたいです。

前立腺がんで放射線治療を施す際は、主に2つの照射方法があり、早期発見の場合は、内側から数日間の入院をして放射線治療を施す事が多いみたいです。

もしも、前立腺がんが進行していた場合は、IMRTという照射方法を使用し、ホルモン療法とセットで治療をすることが多いみたいで、治療期間は状態によって開きがありますが、6週間から9週間程度のケースが多いみたいです。

前立腺がんの治療費は、入院の場合40万円~60万円ほどと言われており、治療法や進行状況によってかなり開きがあるみたいです。

2.4 そのほかの部位

先程、部位別にポピュラーながんの部位の治療費や期間・照射方法などを、ご紹介させて頂きましたが、その他にもがんが発生する部位があり、部位によって費用が大きく異なります。

なので、部位別の費用などをまとめてみました。

部位別 費用
胃がん 50万円~60万円
子宮がん 60万円~70万円
直腸がん 70万円~80万円
肝がん 50万円~60万円

やはり、がんの治療にはお金が掛かりますね。

3.放射線治療の負担は?公的な保障はないの?

先程、部位別の放射線治療の費用についてご紹介させて頂きましたが、どれも50万円~60万円ほどが相場で、かなり医療費が高額であることが分かります。

高額の医療費を見て、少し気が引けた方も居ると思いますが、実はこの高額な医療費は、一人で負担する必要はなく、公的な保障を受けることが可能で、負担を軽くする事が可能なケースが多いです。

なので、高額な放射線治療の医療費を負担してくれる可能性のある公的な保障などをご紹介します。

3.1 放射線治療の費用の負担を軽くするために

放射線治療の治療費は、入院の場合40万円~60万円ほど掛かり、通院の場合は、一回あたりの放射線治療だけで2~4万円ほど掛かり、その治療が一ヶ月~二ヶ月ほど続き、どちらにせよかなり高額な医療費がかかります。

また、この医療費の目安は放射線治療のみの医療費なので、この医療費にプラスして、入院に掛かった費用や通院による治療の場合は、併用して使用される事の多い抗がん剤治療の医療費もかかってきます。

この放射線治療を始めとしたがんに掛かった医療費による、負担を軽減する方法はないのでしょうか?

実はそんな事なくて、高額療養費制度を始めとした公的な保障やがん保険を始めとした民間の保障などが存在します。

3.2 自己負担額はいくらぐらいになる?

公的な保障を利用した場合の自己負担額はいくらぐらいになるのでしょうか?この疑問を解決するには、まず公的な保障について知っておく必要があります。

まず、初めにチェックしておきたい公的な保障は、高額療養費制度で、この制度を利用すると一ヶ月ある一定額を超える医療費を、支払った場合に、負担を軽くしてくれる制度です。

この一定額や、保障の額は所得(年収)によって異なり、このような額になります。

所得 一ヶ月あたりの自己負担額
年収600万円~(高所得者) 15万円+(医療費-50万円)×0.001
住民課税~600万円未満(一般) 8万100円+(医療費-26万7000円)×0.01
住民税非課税(低所得者) 3万5400円

もしも、この自己負担額を超えそうな場合は、予め限度額適用認定証を、交付する必要性があります。

限度額適用認定証の交付を申請するには、加入している医療保険に申請する必要性があり、加入している保険証を確認し、「組合」、「協会」、「共済組合」等が最後に記載されている場合は、その団体等に連絡、保険証に市町村が記載されている場合は、該当する市町村に連絡すると、交付に関しての案内を受ける事が可能です。

また、がんに限らず、医療費が高額になりそうにな疾病に診断された際は、高額療養費制度の仕組みをうまく利用するのは、手続きが複雑で、難しいので予め診断された段階で、加入している保険を運営している組織に問い合わせて置くと、後々が楽です。

3.3 民間による保障

公的な保障の交付の仕方などをご紹介させて頂きましたが、放射線治療の負担を減らしてくれる民間の保障はあるのでしょうか?もちろんあり、主に保険に予め加入しておく事で、保障を受ける事が可能です。

放射線治療の負担を軽くする方法は主に医療保険とがん保険に加入する事で、特に放射線治療が用いられる事が多いがんを、保障するがん保険に関しては、放射線治療に関して特約などを用いて特に保障を、手厚くする事などが可能です。

また、医療保険でも基本的な医療費に関して一定額の保障が受ける事が可能なので、がん保険ほど直接的ではありませんが、微力ながら保障を受ける事が可能です。(最近では、三大疾病の特約などが用意されたがんに強い医療保険もあります。)

4.後期高齢者の放射線治療は?

次に触れていきたいテーマに、後期高齢者に掛かる放射線治療の医療費です。

後期高齢者とは、一般的に75歳~を差し、後期高齢者医療制度では、健康な場合は75歳から、動くのが困難な場合などの場合は65歳以上を指す事みたいです。

もしも、この記事を読んでいる読者のお母様やお父様が70歳以上の場合は、高確率で特別な保障を受ける事が出来る可能性が高いです。

4.1 後期高齢者と放射線治療

後期高齢者とがんに掛かる医療に行く前に、後期高齢者と放射線治療について触れていきたいと思います。

一概には言えないですが、定期型の保険の場合は、更新の年が50歳~を超えたあたりから、保険料がかなり高くなり、60歳、70歳と年齢が上がれば、上がるほど疾病に侵されるリスクが高まっていきます。

また、特に75歳を超えたあたりから、がんを含めた沢山の疾病に侵される危険性が特に上がっていき、そのような統計があるせいか「高齢者の医療の確保に関する法律」という法律が2006年に成立、2008年には75歳以上専用の健康保険も登場しました。

また、がんに関してもやはり前期高齢者(65歳~74歳)を超えたあたりから発症率が高くなっていき、もちろん同じように、放射線治療を用いた治療を要する事が多くなっていきます。

そのため、自分が該当するまたはお母様・お父様が該当する場合は、しっかりと後期高齢者の高額療養費制度について調べておく必要があります。

4.2 後期高齢者の場合は負担が軽くなるかも

後期高齢者の場合は、後期高齢者医療制度の対象となり、高齢者専用の保障を受ける事が可能です。

後期高齢者医療制度に加入するには、特にこれといって必要な手続き等は必要なく、後期高齢者医療制度の対象となる前月に市区町村役所から、郵送や取りに行く場合は、手渡しで受け取る事が可能です。

4.3 利用出来る期間は?

利用できる期間自体にこれといって制限はありませんが、利用できるようになる年齢自体には制限があります。

というのも、後期高齢者医療制度の対象に入る後期高齢者とは、75歳以上の高齢者で、前期高齢者は後期高齢者医療制度の対象には入らないのです。

しかし、動くことが出来ない(寝たきり)等の場合に限っては、前期高齢者である65歳から後期高齢者医療制度の保障を受けることが可能で、保障対象なのか?という点については、状態や自治体によって事なるので、確認が必要です。

具体的にどんな保障を受ける事が後期高齢者医療制度によって可能かと言うと、医療費の自己負担額が一割程度なり、現役と変わらないぐらいの所得がある場合は、3割になります。

この割合は、高額療養費制度よりも低いものになり、治療を受ける時に後期高齢者の場合は、しっかりと各自治体に確認をとっておきましょう。

ここまでご紹介したのは、後期高齢者の保障ばかりですが、後期高齢者だけしか特別な保障を受けられないわけではなく、実は前期高齢者にはいる70歳から高額療養費制度を利用した際の自己負担額の割合が、70歳未満と異なり軽くなっています。

所得 自己負担額
一般 ・入院の場合は約4万5000円

・外来の場合は約1万2000円

現役 ・外来の場合は約4万4000円

・入院の場合は8万100円+(医療費-26万7000円)×1%

住民税非課税

(低所得)

・外来の場合は8000円

・入院の場合は約1万5000円~約2万5000円

そのため、前期高齢者である70歳を超えたらまず自分がどの自己負担額の割合に入るのかの確認、75歳になったらしっかりと後期高齢者医療制度を利用して、医療費の負担を軽くしましょう。

5. 放射線治療って大丈夫?放射線治療の安全性

放射線治療は、主に放射線を照射してがんの治療やがんの再発を防止したりなど、様々な用途で活躍し、安全性が高いっというが一般的な意見ですが、人間なのでやはり少し「放射線」という言葉を聞くと、反応してしまう事だと思います。

また、国柄というのも、強く影響しているはずです。

というのも、東日本大震災際の原発、広島や長崎など放射線や放射能という言葉を聞くと、拒否反応が出てしまう日本人が少なくても、不思議ではないです。(放射能・放射線は別物という議論は置いといて)

なので、これから放射線治療の安全性についてご紹介していこうと思います。

5.1 放射線治療は安全なのか

放射線治療は安全なのでしょうか?結論から申し上げてしまうと「安全」です。

その理由は、後ほどもう少し詳しく、ご紹介しますが、なぜ放射線治療が怖そうに聞こえる・見えるのか?という点と、その事柄の解説をしたいと思います。

まず、放射線治療が怖く見えてしまう大きな原因の1つに治療方法にあると思います。

というのも、放射線治療をする際に手法にもよりますが、赤いレーザーのようなものを発し、これが人間の目に見えて恐怖を植え付ける原因になっていると推測します。

きっとこの光を見たことがある大抵の人は「放射線のレーザーだ」という感想をお持ちになったと思います。

しかし、放射線は人間の目に見えるようなものではなく、見えてしまえるほど大きいものではありません。

では、あの赤いレーザーはなんのための光なのでしょうか?実はあの光は、放射線を照射する機械が位置を確認するためのもので、ただ光が当たっているのとなんの違いもないのです。

また、放射線を照射されると、漫画やドラマ・映画などの影響でなんとなく、痛くなったり、熱くなったりするイメージをお持ちの方もいますが、そのレベルの放射線を照射していたら、生命の維持が難しくなるほど強烈な照射がされている事になります。

一般的に、放射線治療に使用されている放射線レベルだと、視認することはおろか、痛くも痒くもないです。

5.2 放射線治療の副作用

先程、放射線治療が痛くとも痒くもなく、視認する事が出来ないほどのものであることはご紹介させて頂きましたが、副作用なども発生しないのでしょうか?ここは「しない」と言いたい所ですが、実際のところ副作用はあります。

どんな副作用が出るのか?という点に関しては、放射線を照射する位置によって異なるのですが、例えば女性が気をつけたいがんの1つである乳がんの場合は、放射線治療を施し、照射したあたりが治療後に少しの間、痒くなったり、痛くなったりと多少の違和感を覚える場合があるみたいです。

また、男性が気をつけたい前立腺がんですが、前立腺がんの場合は、尿の回数が少なくなるもしくは多くなる等の副作用が出る場合があり、通常は数週間程度で収まりますが、症状が長期・重い場合は薬を服用する必要があります。

また、全体の5~10%程度ではありますが、治療から半年くらいで腸から出血する事もあるそうです。

いずれの場合も、薬等で対処でき、大事に至る事はごく稀ですが、どの部位のがんにも副作用はあるという事は、しっかりと確認しておきたい所です。

5.3 それでも安全な理由

先程、副作用があるという事をご紹介させて頂き、特に「腸から出血」という前立腺がんの副作用を見てしまうと、やはり「放射線治療って危ないものじゃないの?」っと思ってしまいます。

しかし、それでも放射線治療は安全と声を大にしていえます。

もちろん、科学というものは日々進化していくもので、今日の常識が明日の非常識になっている可能性は十分にありえますが、放射線治療と聞くと、最近生まれた技術だと思ってしまいがちで、比較的新しい技術ではありますが、それでも100年以上の歴史があります。

もしも、本当に危険ならもう既に多数の被害を受けた方が出てきていますし、そもそも医療に副作用はつきものです。

例えば、薬は薬の種類にもよりますが、体にとって悪影響を与える成分が入っている事も少なくありません。

では、なぜ「薬を取る必要があるのか?」というと、健康な体にとっては、悪影響ですが病気に対しては有効な場合に服用されます。

「毒をもって毒を制す」という言葉がありますが、放射線治療も抗がん剤治療も、何かしら副作用があり、時にそれは痛みを伴う事もありますが、それでもがんを治療するためには必要で、なおかつがんを体に放置しておくよりは、長生きできるのです。

6.放射線治療だけじゃない!がんと医療費

これまで放射線治療について詳しくご紹介させて頂きましたが、放射線治療が主に用いられる疾病はがんで、がんは放射線治療以外にも手術を用いられたり、抗がん剤治療などが使用されます。

そのため必然的に、がん全体の治療費というのも、放射線治療の費用のみではなく、高額になっていきます。

なので、これからがんと治療や入院や通院の場合の医療費について詳しくご紹介していこうと思います。

 6.1 放射線治療だけじゃない!がんと治療

がん治療は放射線治療のみではないことは既にご存知だと思いますが、具体的にどんな治療が用いられるのか?という事について、しっかりとした理解をしている方は少ないはずです。

なので、がん三大治療に関して少しだけ触れていきたいと思いますが、まずがんの三大治療というのが、がんの治療においては重要になってきます。

まず1つ目の治療は「手術」で、手術を用いるがんというのは主にそこまでがんが広がっておらず、原発巣(がんが発生したところ)を中心的に、がんを取り除いていきます。

副作用としては、臓器の一部を取り除く等の処置が取られる可能性もあるので、臓器の働きが悪くなる等の副作用があります。

次に2つめの治療は「抗がん剤」で、主に抗がん剤という物質を使って、がんが増えるのを防ぎ、がんを無くす治療法です。

抗がん剤の手法は主に注射による液体での注入と、薬による服用という方法があり、がんが全身に転移している可能性がある時に使用されることが多いです。

副作用としては、がん細胞を倒すことに関しては有効な治療ではありますが、一方で体にとって悪性ではない細胞まで破壊してしまう可能性があり、吐き気や髪の毛が抜けたりなど、ドラマなどでよくがん患者に見られる描写が現れます。

最後は、この記事で長らくご紹介した放射線治療で、主にがん細胞の破壊や再発防止に用いられ、副作用は部位によって様々です。

  6.2 入院した場合の費用

がんで入院した場合の費用は、期間や治療内容によりますが、平均をみると200万円~100万円程度みたいです。

おもったより少なかったでしょうか?多かったでしょうか?日本人は心配性なのか、300万円~300万円以上という予想が多かったみたいですが、その額からすると以外に少ないという額です。

しかし、一概には言えず、入院が長引く・症状などが強い場合は、300万円を超えるケースや、退院後の通院の費用などを合わせると、200万円を超えるケースが多く見られるみたいです。

 6.3 通院の場合の費用

通院の場合の費用はどのくらいなのでしょうか?こちらも平均値になりますが、100万円~50万円というケースが多く、また50万円以下というケースがあるみたいです。

通院の場合は、入院費用がかからないため、やはり入院した場合よりは少額で済みますが、通院のケースでも治療が長期間に及ぶ場合は、やはり100万円以上医療費がかかってくるケースが多いみたいです。

   7. 放射線治療もしっかり保障!おすすめのがん保険

最後に放射線治療もしっかりと保障してくれるおすすめのがん保険をご紹介したいと思います。

これまで、放射線治療の内容や費用、がん治療に際して掛かる医療費をご紹介させて頂きましたが、高額になる事が多く、保険の必要性が分かります。

なので、これからおすすめのがん保険を2つご紹介したいと思います。

 7.1 アクサダイレクトのがん終身

保険料(30代男性の場合) 特徴 保障内容

月々2360円

(条件により、上下します。)

・がん保険ランキングで一位!

(価格.com)

・終身型で一生涯の保障!

 

診断一時金

100万円

入院給付金

1万円/一日

まず、初めにご紹介したいがん保険は、「アクサダイレクトのがん終身」で、アクサダイレクト生命から出ているがん保険です。

このがん保険の特徴は、リーズナブルな保障で一生涯安心の保障を受ける事が出来る点で、もしも表の通り30代からずっと加入していれば、60代になっても、70代になっても保険料は変わらないです。

また、がんにならず健康のままだったら、三年毎に祝い金のような給付金を受け取る事が可能で、「30代でまだ、がんに掛かる可能性も少ないのに、あまり保険料を払いたくない」という方には、かなりおすすめのがん保険です!(5~10万円の給付金)

 7.2 ガードエックス

保険料

(30代男性の場合)

特徴 保障内容

月々約2000円

(条件により、上下します。)

・がん治療給付金が魅力的!

(三大治療のいずれかで、

100万円!)

診断一時金

50万円

入院給付金

5000円/60日まで

1万円/61日以降~180日

 

次にご紹介したいがん保険は「ガードエックス」で、メットライフ生命から出ているがん保険です。

このがん保険の特徴は何と言っても、がん治療給付金という給付金がある点で、給付金の対象となるのは三大治療の「手術」、「抗がん剤」、「放射線治療」を受けた場合で、表の保険料だと一括で100万円の給付金を受け取る事が可能です。

また、その他にもがんで入院した場合は、支払い制限がなく、60日までは5000円、それ以降は1万円の保障を受ける事が可能です。

放射線治療や抗がん剤を中心としたがん治療が増えてきている中、がん治療給付金はかなり魅力的な保障です。

 7.3 がん保険はしっかり考えたい!

がんに掛かった場合の予算を平均50万円~200万円とご紹介させて頂きましたが、あくまで平均でありがんの進行状況や治療方法などにより、かなり治療費が上下するので、貯蓄のみでがんのリスクに対応するというのは、少し対策としては不安が残ります。

そのため、やはりがん保険への加入というのは、しっかりと考えておきたいですし、自分にあったがん保険とはなにか?というのをしっかりと考えた上で、加入しましょう。

8まとめ

今回は放射線治療の内容や、費用、保障などについてご紹介させて頂きましたが、がんの三大治療は放射線治療以外にもまだ、「抗がん剤」と「手術」があります。

なので、放射線治療の治療費のみではなく、そこから手術や抗がん剤の治療費などを考慮するとがん保険にはしっかりと入っておきたいものです。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る