ソニー生命を徹底解析!ソニー生命のおすすめの保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

インターネットの活用で格段に集客を伸ばしたソニー生命をご存知でしょうか。今人気の商品をそろえており、若い世代を中心に需要を伸ばしてきています。そこで、今回はソニー生命が人気を伸ばしたおすすめの保険をご紹介していきましょう。ソニー生命は比較的、若い世代に人気の秘密もここできっとご理解頂けるはずです。

1:ソニー生命とは

soni

 

 

 

まずは、ソニー生命についてご紹介していきましょう。漠然と名前を知っているだけよりも、ソニー生命のコンセプトなどをご理解頂けるとより共感を得て頂ける方が多いのではないでしょうか。

1-1:保険業界に新風を巻き起こした革命児

ソニー生命は1981年に、「きょうから生命保険が変わる。ライフプランナーが変える。」の言葉を大きく掲げて営業を開始した比較的若い保険会社です。

コンサルティングによる「オーダーメイドの生命保険」というコンセプトのもと、従来ではないスタイルで日本の生命保険業界に新風を吹き込こんだ革命児です。そして、そののスタイルは今、現在もも受け継がれています。 多様化する、個々人の高度なニーズに応えられる合理的な生命保険をご提案する「高質なサービス」が多くのお客さまから支援され、年々、契約件数を伸ばしてきています。当時は「オーダーメード生命保険」という考え方はありませんでした。そこで、日本にある従来の保険商品のスタイルに沿っていけるのか、受け入れるかの疑問視の声もありました。しかし、コンセプトを徹底して追及した結果、独自の路線で顧客数を確実に伸ばしてきた今があります。

1-2:選び抜かれたライフプランナーの存在

019-%e2%91%a0%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e4%bf%9d%e9%99%ba%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%9c%e5%ae%89%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%9f

ソニー生命では、保険の営業に携わる者は、常にお客さまの価値観やニーズを把握し、その方お一人お一人の人生設計(ライフプラン)を支える責任と能力を有するべきという社内育成の考え方があります。ソニー生命のライフプランナーには、厳格な社内採用基準をクリアすする事を筆頭に、さらには独自のカリキュラムによる徹底した教育と訓練を受ける必要があります。結果として、真のプロフェッショナルと呼べる人こそがソニー生命のライフプランナーを名乗る事が出来ます。お客さまの心の思いをお聴きし、ライフプランを守るための保障を提案する。結果として、その保障が最適な状態であるよう、お客さまの人生に寄り添い、一生涯にわたってサポートする事が出来る人財を輩出しています。この人財こそが、ソニー生命の財産であり、生命線と言えるのです。このこだわりが、結果としてお客様(保険加入者)に満足頂き、納得と安心を提供するオーダーメイドの生命保険を作り出す事に繋がるのです。

1-3:心からの満足 オーダーメードの生命保険

保険商品と言えば、基本的に商品の内容は一律で、そこに特約などを如何につけるか。保障金額をどの程度にするかで組み合わせていくのが普通となります。しかし、ソニー生命ではあくまで「オーダーメイド」という言葉に拘りをもっています。このオーダーメード生命とは、個々人のニーズを聞いて設計されるまさしく夢のようなプランの事です。もちろん、希望を言えばいっただけ具体的なプランを提案してくれます。このプランこそがオーダーメードです。人とは違い、自分の希望する内容をプランニングしてくれるという事は、自分の生涯を任せにに至る商品ではないでしょうか。そして、そでだけではなく定期的に見直す事、相談する事でその時々にあった見直しプランも提案してくれるのです。そして、相談料はもちろん無料です。他の商品を選ぶ前にこのオリジナルプランをぜひ作成してみましょう。

2:ソニー生命お勧め保険とは

前述したオーダーメイドは当然ながら、ソニー生命にはいくつものお勧め商品があります。ここでは、その商品のラインナップを一気にご紹介させて頂きます。

2-1:学資保険

0i9a351215032114onepoint_tp_v

ソニー生命の代名詞ともいえる学資保険。この商品には、他が追従できない魅力が秘められています。

学資保険は返戻率の高いものを選ぶ

短期払いで返戻率アップをめざず!このキーワードに魅力を感じて頂けませんか?将来に渡る教育資金を確実準備するために、子供が生まれたら考える学資保険(こども保険)を利用している人も多いことでしょう。ゆうちょを始め、各社で学資保険を取り扱っていますが、どの保険にも言える事があります。それは、支払った保険料に対して受け取れる総額の割合(「返戻率」といいます)が、返戻率は、保険会社や商品によって異なっています。また、同じ会社の同じ商品でも、設定する保険金額や条件によって変わっくる事を予め理解しておきましょう。その上で、これからのご説明したいのが、下記の内容です。

ソニー生命の新製品

従来の学資保険と比べて、貯蓄性をさらに重視した新商品学資保険があります。従来の商品「5 年ごと利差配当付学資保険」に加えての、ラインアップの位置づけです。具体的な例としては、 大学進学後から毎年、教育資金を受け取れる「学資保険(無配当)III型」の返戻率でその魅力を見ていきましょう。

■「学資保険(無配当)III型」のプラン例

  • 契約者 30歳男性
  • 被保険者 0歳
  • 月払い(保険料払込期間 18歳)
  • 学資金支払年齢 18~22歳
  • 基準学資金額 40万円
  • 総受取保険金額 200万円
  • 返戻率 114.1%

これを保険料払込期間10 歳にすると   返戻率 121.2%

さらに全期前納払いにすると      返戻率 123.24%    と高い返戻率になります。

これは、資金的に余裕があるうちに払い込みを終わらせたいという方のために、払込期間のバリュエーションを増やす意味あいで作られた商品です。その他にも10歳払済が可能な学資保険があり、貯蓄性を重視しただけではなく早期に支払いを完了させる事が出来る為、比較的、お金のかからないうちに将来の準備をしておきたいという方には、ぴったりの商品となります。この商品であれば、子供が小さい間に支払いを完了するため、共働きでない間には多少、難しい場合もありますが貯蓄が多少でもある場合には、比較的スムーズに学資資金の準備を完了するといえるでしょう。

最近は、こちらのタイプが人気となっています。これは、将来的に公立の大学に進むか、私立のが抱くに進むか不明である場合に最低限必要な資金を準備しておき、不足分を追加で準備する等の進学に応じた対応が可能となるためです。また、両親の万が一に備えるという意味あいでも人気があります。しかし、短期間で準備をするために支払いをしている期間中は割高になる点がデメリットともなります。学資保険は子供の将来にかかわるものですので、支払いができるかどうかについても充分に検討していきましょう。

2-2:シングル向け『総合医療保険』

%e7%94%b7%e6%80%a7_%e3%83%9a%e3%83%b3

ソニー生命の特徴として、自分の状況にあった保険を選ぶ事ができます。その1つが、この保険です。

実質負担を少なく|独身者向け保険

<特徴>最近では少数派になった掛け捨てではない医療保険
ソニー生命の「総合医療保険」。これは、月々に支払う保険料は定期医療保険や掛け捨てタイプの終身医療保険よりも、やや割高になります。しかし、実質負担(最終的に支払う保険料と解約返戻金または死亡給付金との差額)を抑えることが可能なのです。入院給付金・手術給付金・死亡給付金以外の保障については選択が可能となっているからできるサービスなのです。この特徴は、ソニー生命独特の特徴ともいえます。では、実際にどんな人にお勧めなのかを見ていきましょう。

<こんな人にこそ>実質負担が少ない医療保険を希望する「独身者」
この保険のポイントは「独身者」というキーワードです。例えば、掛け捨ての医療保険の加入はいまいち、でも実質負担をできるだけ抑えた医療保険を希望したい。そして、保険料を短期間で払い終えてしまいたいなどの欲張りな希望に向いているのがこの保険なのです。ただし、月々の保険料は掛け捨てタイプよりも割高になる点に注意しましょう。このため、比較的に保険料が家計において負担と思いにくい30歳~40歳代くらいの独身お勧めなです。医療保険の解約返戻金は、解約するまでに入院給付金などを受け取ったことがあっても減額されることがないのという大きな特徴も持ち合わせています。

<ポイント>解約したら解約返戻金、死亡したら死亡給付金
ソニー生命の「総合医療保険」では、先進医療技術保障や入院初期段階の保障を付加しない選択や保険料の払込期間を短くしたりする方法をとる事で実質的な負担をより抑えることが可能になります。死亡給付金額は入院給付金日額の100倍ですが、解約返戻金が死亡給付金を上回る際には、解約返戻金と同額の死亡給付金が支払われることになります。例えば、35歳女性が主契約(入院給付金日額1万円60日型・手術・死亡)を組み保険料払込期間を55歳とした場合には(払込保険料約265万円)となり、80歳時点での死亡給付金は約215万円になるので、自分の葬式代として残す方法としてもいきてきます。しかし、解約返戻金が支払った保険料を上回ることはありませんので注意しておきましょう。

2-3:シングル向け『バリアブルライフ(終身型)』

%e9%9b%bb%e5%8d%93%e5%a5%b3%e6%80%a7_

その他にもシングル向けの保険として、代表的な商品があります。それが、このシングル向け『バリアブルライフ(終身型)』という商品です。この商品には、先程ご紹介した保険とは違う魅力があります。それをこちらでご紹介していきましょう。

コンセプト:30歳代独身におすすめしたい運用する保険

このコンセプトがソニー生命自体が紹介しているフレーズです。このフレーズから若生様に30歳代を中心にお勧めしたいという事で作られた商品なのです。30歳代に特化した商品として、どうして作成されたのかについても、ここでご紹介していきましょう。

<特徴> 株や債券での運用で保険金や解約返戻金が変動する
「バリアブルライフ(終身型)」は、簡単に言うと投資信託のような機能をもった生命保険商品となります。国内外の株や債券で運用していきます。その結果として、死亡保険金や解約返戻金が増えたり減ったりします。投資信託と同じですね。ただ、死亡保険金については、運用に関わらず契約時の基本保険金額が最低保証されますので、通常の投資信託と比べて担保する部分は担保するという事が出来るという事になります。純粋な投資信託では、最終的に「0」という事も考えれますが、こうした不安要素がないというのは安心できるという事になります。ただし、積み立てた金額を確実に受け取れるという事ではありませんので、他の保険商品と比べて最終的な受取金額が多い場合もあれば、反面として少なくなる場合もあるという事です。少ない場合には、最終的な解約返戻金を学資保険に利用する等の計画が実施できない場合もあるという点では、考慮をしておく事も大事になります。

<こんな人こそ>投資経験を重ねていきたいと考える独身
「バリアブルライフ(終身型)」には、株や債券で運用・管理する特別勘定が8つ(株式型・債券型・総合型等)あります。加入時に、自分のお金をどの方法で運用するかは自分で選択する事ができます。この際、方法は1つでも複数に分けることも可能となっていますし、後々変更することも可能になります。通常の投資信託を同じ様に運用報告書を見たり特別勘定の状況を確認したりすることで投資を学ぶ方法としても確実に、かつ積極的に投資をしていきたい30歳代以降の独身にとっては利率の良い商品と言えます。自分の将来を見据えて、如何に運用していくかについては、自分自身に掛かっているという点では、ある程度の余裕があり自由がある年代だからこそ活用できる商品と言えます。

<活用のポイント>運用が上手くいけば解約、逆なら保障
「バリアブルライフ(終身型)」は基本保険金額が最低保証されています。資産形成の手段として期待しながらも、死亡保障としても考えているなら、商品の運用の失敗を恐れることなく自由な運用で挑戦することができます。運用が上手くいった際には、将来の生活費の足しとして、解約して家族や自分で利用するのも良いかもしれません。払込期間は短いほど運用効率は良くなりますが、投資信託と同じ様に株や債券相場の影響をより受けやすくなってしまいます。注意しないといけないのは解約返戻金には最低保証がないという事です。つまり、最悪は「0」になる可能性があるという事です。こうした商品を利用する場合には、良い場合と悪い場合の両方を予め念頭においておく必要があるでしょう。しかし、いつでも運用がうまくいくとは限りません。投資をする場合には、人はどうしても良い時のイメージをします。そして、悪い場合には焦ってしまうものです。生命保険商品の場合には自分の未来を、家族の未来を如何にして守るかが大事になります。こうした点は、通常の投資商品とは異なりますので注意しておきましょう。

2-4「個人年金保険」を徹底分析

%e9%9b%bb%e5%8d%93

次に見ていくのは、「個人年金」です。今後の年金制度の見直しなどにより、公的年金の支給が厳しいと考える方も多くなってきています。そこで、老後の資金を働いている間に貯蓄していく制度がこの個人年金保険です。ソニー生命の商品は、確定年金もしくは終身年金制度で、運用実績によって配当がつき増額される可能性があります。その為、こちらの商品は他の商品と比べやすいベーシックな個人年金保険をみていきましょう。ソニー生命では、各種保険の保障プランは個別に担当者が設計、前述している通りオーダーメイドで設計してくれます。個人年金の場合にも他の商品と同じ様に、払込み期間や受取開始年齢など、個別のプランを設計してくれます。特約を組み合わせてカスタマイズするのであればほかの他社商品と同じ様になりますが、個人年金保険に関しては特に特約がない事を予め理解しておきましょう。

【参考事例】

詳細
契約可能年齢 20歳~55歳
払込回数 月払・半年払・年払
払込方法 口座振替・カード払
保障内容 5年・10年・15年確定年金
+運用実績により増額年金あり
払込期間中に死亡した場合、死亡給付金(払込保険料相当額)
おもな特約 指定代理請求特約など

保険料・返戻率例

契約者 年金開始年齢 月額保険料 払込総額 年金額 返戻率
男性30歳 60歳 2万8,104円 1,011万7,440円 120万円 118.6%
女性30歳 60歳 2万8,140円 1,013万400円 120万円 118.5%
男性40歳 60歳 4万4,640円 1,071万3,600円 120万円 112.0%
女性40歳 60歳 4万4,652円 1,071万6,480円 120万円 112.0%

※10年確定年金の場合

払込み免除つき!障害状態になった場合は保険料が免除となる。

この商品には、保険料払込免除というサービスがついています。所定(契約時に予め定められた)の高度障害状態・身体障害の状態になれば、それ以後の保険料の支払いは不要となります。それだけではなく、これとは別に、保険料が高額なった場合は、割り引きしてくれる特則があるため。保険料の負担に配慮された内容になっています。こうした設計もオーダーメイドができるソニー生命の特徴と言えます。

<<デメリット>>

この商品についても、デメリットは存在します。デメリットもしっかりと理解しておきましょう。

加入にあたっは担当者との相談が…

デメリットという括りが正確かは不明ですが、ソニー生命の商品はすべてがおーだメイド商品です。その為、じっくりと担当者とお話しをする事が必要になります。この「じっくり」が手間という方もいらっしゃいます。現在は、インターネットで保険商品に加入できる時代です。手軽さが売りになるのに反しているだけに、どうしてもここが面倒という方には不向きになると言えます。でも、個人年金は未来の自分の為への投資といえます。こうした事を考えるとじっくりと時間をかけて検討したい商品ではないでしょうか?じっくりと考えるなら、担当者との相談も苦にはならないはず!!

2-5:総合的側面でお勧め「終身介護保障保険」

「終身介護保障保険」とはソニー生命が募集・販売する介護保険です。この商品は、ソニー生命ならでわの魅力があります。市場環境(主に債券)の状況次第で配当金が受け取れるだけではなく、解約返戻金があるだけではなく、さらに5年ごと利差配当型も存在する。図で他社との比較をしてみましょう。

他社比較表(ソニー生命HPより引用)▼

ソニー生命 終身介護保障保険の仕組みと保障内容・保険料・介護年金・特約など

この保険の支給要件としては、「要介護2」以上の要介護状態となると介護一時金が受け取れます。また、生涯に渡って介護年金を受け取ることができます。他社の介護保険になると一時金が無いものもがあります。急な対応に必要となる一時金があるのは加入者にとっては非常にありがたい保障となります。ここで支給される一時金は介護で必要となる家の一部リフォーム(トイレや階段に手すりを付けるなど)で費用が必要となる際に大いに役立つからです。しかし実際には、介護年金・介護一時金の使用については自由度は低くなります。用途が定められる場合があるからです。また、死亡保険金は介護年金の5~10倍まで増額させることが可能なのも魅力の1つですが、ある程度の調整をかける場合もありますので、加入時や見直し時の相談が必要となります。そして、特約には介護一時金特約という制度があります。この介護一時金は、加入方法により上乗せする事も可能です。付加しについては、あくまで上乗せされるのは介護一時金のみである事を理解しておきましょう。

次に介護保険を、加入できる年齢・保険料払い込み期間・保障が介護のみか死亡を含むか・保険金の支払い基準・介護一時金及び年金の金を比較してみました。参考までに苦情率(苦情数÷契約数 ※生命命保険協会公表)を算出し、顧客満足度と自分が苦情を言う可能性も考慮しています。保険料は男性で40歳・50歳・60歳の月額と返戻率で比較した。その際には80歳で介護状態となり85歳で死亡した場合で考慮しています。

名称 明治安田
介護ささえ
メットライフ
ロング
アフラック
Vタイプ
太陽生命
My介護
ソニー
介護
AIG富士
愛する
コープ
介護
住友生命
ふるL
東京海上
長生き
年齢 40~80歳 18~70歳 18~60歳 15~75歳 20~85歳 40~70歳 40~69歳 15~75歳 15~55歳
保険料
払込期間
終身 60~70歳 終身 55~85歳 55~85歳
終身
終身 1年更新
(79歳)
60~65歳 60・65歳
保障 介護
死亡
介護
死亡
介護 介護
死亡
介護 介護 介護 介護
死亡
死亡
介護
支払基準 要介護3 ADL障害
認知症
認知症
寝たきり
要介護2 要介護2 要介護4 要介護2 要介護3? 要介護2
介護
一時金
300万※ 60万 120万 300~1000万 500~700万 195~296万 200~2000万
介護
年金
60万 50~700万 60万 12万~ 60万
年金支払
日数
一生涯 一生涯 10年 一生涯
(10年保証)
一生涯 1回 1回 1回 1回
特約 軽度特約
払込免除
健康祝い金 4プラン 年金支払 年金支払
健康祝金
苦情率 0.24% 0.44% 0.41% 0.05% 0.29% 0.21% 0.36% 0.15%
40歳保険料
返戻率
\3,780
165.3%
\9,580
87.0%
\4,248
323.7%
\19,524
128.0%
\3,960
221.0%
\3,000
347.2%
\150※
316.3%
\10,000
123.6%
\10,548
197.5%
50歳保険料
返戻率
\5,178
160.9%
\15,965
86.9%
\6,282
291.8%
\22,208
112.6%
\5,880
198.4%
\4,400
315.7%
\480※
321.4%
\20,000
116.9%
\22,308
186.8%
60歳保険料
返戻率
\7,512
166.4%
\27,415
76.0%
\9,964
275.4%
\46,473
107.6%
\6,950
299.8%
\1,800※
339.9%
\30,000
108.4%

ソニー生命の介護保険については図の通り契約できる年齢の上限が他社より高い85歳となっています。確かに85歳から契約考えたり、加入する方は実際には少ないでしょう。しかし、その際には契約からの責任開始時期と介護状態が180日継続しないと保険金が受け取れないなどの注意点があります。注目したいのは、苦情率が低い点でしょう。苦情が少ないという事は、加入者の満足度が高いということですので、安心度は高くなります。その他にも「返戻率」で比較するとトップ勢には及ばないものの優秀な部類に入っています。その分、またも安心率が高まるということです。総合的に判断すると、他社と比べてトップに入る事はありませんが、確実な安心度を保てるという点で満足できる商品と判断できます。

まとめ|ソニー生命の魅力

a0002_009090_m

ここまでの内容は如何だったでしょうか?ソニー生命については、何と言っても「オーダーメイド」保険が特徴中の特徴と言えます。インターネットで加入できる手軽な保険商品が人気を増す中で、じっくりと、そして、しっかりと相談できる方法が魅力としてソニー生命の人気を不動の物としているとも言えます。こうした事は、選び抜かれたライフプランナーが居るからこそのサービスでしょう。便利性と確実性という面で両極端となりますが、どこに重きを置くかということになりますが、将来をかけて高額となる投資であり、将来の自分や家族を支える商品としては、納得がいける事が大事だという点も忘れないで頂きたいと思います。

今回のソニー生命の魅力として人気のある商品がずらりと並んでいますが、最終的に必要な保険が何かを整理する事が大事です。年齢が比較的若い内から保険に加入する事で毎月の保険料を格安になる事は、他の商品と同様です。しかし、実際には若い内から将来の病気や入院という事を想定して、保険の相談をする方は実際には少ないと言えます。自らの将来をどう考えるかという事にもなりますが、大学を卒業したての新入社員が年金の事を考える事は少ないという事です。ある程度の規模であれば、会社が保険加入を勧めてくれるため、何となくでも加入をする方もいらっしゃいます。こうした紹介制度を設けている企業は、企業側の保障も手厚い事が多いと言えます。会社の保障と加入した保険や年金の制度で充分な保障を得れると同時に、給与からの天引き制度などにより、無理なく、意識なく貯めれるという方法も同時に兼ね備えていますので、気が付くと充分な保障が貯まっていたという事もあり得るでしょう。

しかし、個人事業主や中小企業の場合にはこうした制度や保障はまずないと言えます。こうした企業が実は、日本社会のほとんどを占めています。こうした企業に就職した場合には、自分自身で準備を充分にしておく事が大切になります。こうした場合には、自分自身で如何に考え、行動していくかが大事となります。そうした際には、今加入すべきか、加入するならどんな商品が良いかをしっかりと選別できる、そして提案してくれるソニー生命の保険商品がぴったりとなります。

難しく考える場合には、相談したら加入しなければいけないのか?という事ではないでしょうか。ここも安心してください。相談は無料、もちろん断る事もできます。相談をする際に一番悩むのがここの場合がほとんどですが、それも安心して大丈夫。ライフプランナーは決して結論を焦らせません。これは、将来への投資であり、最終的に高額となる商品であるだけではなく、加入者の納得度合いが最大のポイントであるという事を理解しているからです。その為、結果をせかす事は禁止されています。こうした事もソニー生命の特徴でもあり、利点でもあります。こうした部分も是非、参考にして頂きたいと思います。

生命保険商品とは、数多くあります。しかし、商品がありすぎる事でどの商品を選ぶかに時間をかける事も多々あります。せっかく加入(契約)するのであれば、如何に納得ができるかを最大のポイントにしてください。この納得は、毎月の保険料も保障内容もすべて含んでです。当然ながら、年数を重ねる事で見直しをする必要性もあります。しかし、最初から見直しを想定するのではなく、できるだけ生涯かけて変わらない保険商品を選びたいものです。こうした事も踏まえて、ぜひ、自分が納得し将来に不安を除ける保険商品を選び、加入していきましょう。今回ご紹介した記事が少しでも、今後の保険選びに参考になれば幸いです。是非、後悔しない保険選びをしてください。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る