ソニー生命の収入保障保険メリット・デメリットを分かりやすく徹底解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

生命保険の中で今人気の収入保障保険。

しかし、何処の保険会社のどういう保険が自分に合ってるか調べても情報が多すぎて、結局答えが見つからないままで疲れてしまいますよね。

実は、保険に対する考え方は十人十色。

もちろん年齢や家族構成、収入によっても違いますが、保険のプロであるファイナンシャルプランナーですら考え方が違えば勧める保険も変わります。

ここでは、ソニー生命の収入保障保険について、元保険外交員が分かりやすくメリット・デメリットを徹底解説します。

ご自分に合った保険の形が分かることで、本当に必要な無駄のない保険が見つかります。

収入保障保険の『なんで?』が『なるほど!』に変わる情報満載!

目次

1.ソニー生命の収入保障保険の仕組み
1.1.収入保障保険とは
1.2.ソニー生命の収入保障保険の特徴
1.3.主契約に特約をプラスして自分に合った保険を作る
2.収入保障保険のメリット・デメリット
2.1.【メリットその1】保険料の無駄を軽減できる
2.2.【メリットその2】保障期間が長い
2.3.【デメリットその1】解約返戻金がありません
2.4.【デメリットその2】税金が高くなる可能性があります
3.ソニー生命の収入保障保険に付加できる特約
3.1.傷害特約
3.2.入院総合保障特約
3.3.がん特約
3.4.保険料払込免除特約
3.5.災害死亡給付特約
3.6.成人病総合保障特約
3.7.リビング・ニーズ特約
4.収入保障保険が合う人・合わない人
4.1.お子様が小さく働き盛りの大黒柱
4.2.貯蓄が少なく貯金が苦手な人
4.3.大きな保障にとにかく安く加入したい人
4.4.掛け捨ての保険が嫌いな人
4.5.大きな保障が必要ない人
4.6.かなり高額な貯金がある方人
5.収入保障保険は考え方によって必要か不必要か変わります
5.1.ご家族と保険の必要性や保険に重点を置くものが何か考えましょう
5.2.将来の事も考えて加入しましょう
5.3.保険金をまとめて受け取るべきか、年金月額で受け取るべきか
6.ソニー生命の収入保障保険の注意点
6.1.保険期間満了時には少額になる
6.2.入院総合保障特約は日帰りは対象外
6.3.要介護状態は判定が変わる
6.4.収入保障保険と所得補償保険の違いに注意しましょう
7.特則や割引き制度を上手に使いましょう
7.1.ソニー生命の高額割引制度とは
7.2.非喫煙者割引特則とは
8.まとめ

1.ソニー生命の収入保障保険の仕組みsoni

1.1.収入保障保険とは

たくさんの生命保険会社で売り出されている収入保障保険。

今では多くの方が、この収入保障保険に加入しています。

働き盛りの世代をターゲットにお子様が小さい時ほど必要な保障額は高く、大きくなるにつれて必要な保障額は下がります。

必要保障額

ご加入当時はお子様も小さく、必要な保障額が5,000万円だとしても5年後10年後にはお子様も成長し必要な保障額も4,000万円、3,000万円と下がっていきます。

55d304cfd4da4

一般的な定期保険は、ずっと高額の保険金を準備しますので保険料が高くなってしまいますが、収入保障保険の場合必要な保障額に合わせて保険金も下がっていきますので、保険料が安くなります。

両方とも、同じ掛け捨てタイプであるなら本当に必要な保障額を準備出来て保険料も安い方が効率的ですよね。

また、収入保障保険はご主人様にもしもの事があった時、ご家族が生活に困らないように準備する保険なので、毎月のお給料のように保険金を受け取る事が出来ます。

1.2.ソニー生命の収入保障保険の特徴

ソニー生命の収入保障保険は、商品名「家族収入保険」として販売されています。

他社との比較で見つけたソニー生命の収入保障保険の特徴は…

【特徴1】保険金の受け取り方法が選べる

収入保障保険というと、まず思い浮かぶのが年金月額で保険金の受け取りがお給料のように毎月受け取る形だと思いますが、実際に受け取るときの状況によって受け取り方を変更したい場合、保険金全額を一括で受け取る『一括受け取り』や、保険金の一部だけを一括で受け取り、残りを年金月額で受け取る『一部一括受け取り』と選ぶことが出来ます。

【特徴2】保険金支払いの範囲が広い

被保険者にもしもの事があった場合はもちろんですが、ご契約に生活保障特則という特則を付加することによりソニー生命が決めた特定の障害状態の場合や、要介護の状態の時にもお支払いする事が出来ます。

【特徴3】非喫煙者割引特則により保険料が安くなる

非喫煙者割引特則とは、たばこを吸っていない方が受けられる割引制度のことで、ソニー生命の保険にご加入の際、たばこを吸っていない事を伝え、所定の健康診断でも健康と認められた場合に保険料が通常よりも安くなります。

たばこを吸っている人に比べ、保険金の支払いリスクが下がるため割引をできるという仕組みです。

1.3.主契約に特約をプラスして自分に合った保険を作る

主契約の部分とは、被保険者(保険の対象とする者)の方にもしもの事があった場合に支払われる死亡保険金になる部分ですが、この主契約に特約として医療保障やがん保険、また保険会社が決めた特定の状態に該当した時に保険料の支払いが免除される保険料免除特約などがあります。

このような特約をプラスして、自分に必要な保障を重点的に手厚くすることが出来ます。

特約には追加で保険料がかかるものと無料で付加出来るものがありますのでご加入の際は保険の担当者の方に説明してもらいましょう。

2.収入保障保険のメリット・デメリット

2.1.【メリットその1】保険料の無駄を軽減できる

184102

収入保障保険は、お子様の成長に合わせてご家族の必要な保障額が下がるとともに、階段のように保険金額も下がっていきます。

そのため、ご加入当初から保険期間が満了までずっと一定の高額な保険金を準備する定期保険と違い保険料がかなり安く設定されています。

また、基本的に定期保険や収入保障保険は解約返戻金が無いことが多いので保険料の高い定期保険に加入するよりも、効率よく保険金が準備できて保険料が安い方が無駄がないと考える方にはピッタリの保険です。

2.2.【メリットその2】保障期間が長い

一般的な定期保険は、保障の期間が5年・10年と短いものが多く、更新して継続させるため更新時期の年齢によって再度保険料の計算が行われ保険料が高くなります。

しかし、収入保障保険は60歳・65歳と長く保障が続くため見直しなどをせずそのまま続けた場合は、保険料は変わらず一定で保障を継続できるという魅力があります。

また、契約期間を65歳までに設定した時には、夫にもしもの事があった場合にも奥様が年金を受給されるまで保障が続くという形になりますので、無収入の期間が無く安心して生活することが出来ます。

2.3.【デメリットその1】解約返戻金がありません

ソニー生命の収入保障保険は、大きな保障を必要保障額に合わせて保険期間満了まで無駄なく準備できますが、無配当なので解約時に返戻金がありません。

そのため解約返戻金を利用して、保険期間満了時に老後の終身保険に備えようとお考えの方は注意が必要です。

2.4.【デメリットその2】税金が高くなる可能性があります

生命保険で受け取る保険金は残されたご家族の方に『相続』という形になり、相続税は控除が多くほとんどの場合が税金がかかりませんが、収入保障保険は年金月額として保険金を毎月受け取るので税金の種類が一時所得という分類に入ります。

そのため、毎月受け取る保険金額によっては毎年税金がかかってしまう可能性もありますので、ご加入の際に担当者の方に確認しましょう。

3.ソニー生命の収入保障保険に付加できる特約

3.1.傷害特約

被保険者が保険の保障期間中に不慮の事故で死亡した場合や、身体障害になってしまった時に保険金を受け取れる特約です。

不慮の事故が原因で死亡してしまった場合は『災害死亡保険金』、また身体障害も不慮の事故が原因で身体障害になってしまった場合、障害の状態によって限度額まで『障害給付金』を受け取れます。

どちらも、事故から180日以内に支払い事由が発生した場合のみ該当になります。

3.2.入院総合保障特約

骨折アイコン1

入院総合保障特約は、怪我や病気が原因で継続して5日以上の入院をした場合や、ソニー生命で定められる所定の手術を行った時に給付金を受け取れます。

ソニー生命の入院給付金は120日型で、これは一回の入院で120日まで保障しますという意味です。

例えば、長期の入院で150日入院した場合、そのうちの120日目まで給付金の対象になります。

また、継続して5日以上という内容なので、最初の4日は引かれますので実際には116日分が給付されます。

3.3.がん特約

ガンが原因で入院・手術を行った場合に給付金を受け取れます。

ソニー生命のがん特約は、入院した日数や手術の回数に制限がないので安心して治療を受けられます。

また、退院後も手厚い保障を受けられるのが特徴です。

その他にも、ガンと初めて診断された場合には一度だけ『がん診断給付金』を受け取ることが出来ます。

こちらも給付日額によって特約の保険料が変わりますので、保険料と給付日額を合わせてご検討することをお勧めします。

3.4.保険料払込免除特約

保険料払込免除特約とは、被保険者(保険の対象者)が三大疾病(ガン・心筋梗塞・脳卒中)・ソニー生命が定める所定の障害状態・要介護状態になった時に保険料のお支払いが免除される特約です。

この特約の注意点として、保険料のお支払いが免除されるのは契約者ではなく被保険者契約者が対象であることなので、契約者(保険料を支払う人)と被保険者(保険の対象者)が別の場合、契約者が上記の点で該当しても支払い続けなければいけないという事です。

また、保険を払い済み保険に変更した場合は保険料の支払いが無いのでこの特約は無くなります。

3.5.災害死亡給付特約

災害死亡給付特約とは、被保険者(保険の対象者)が不慮の事故が原因で死亡・高度障害状態になってしまった場合に『災害保険金』を受け取れます。

災害死亡給付特約も傷害特約と同様で、不慮の事故が原因で180日以内に支払い事由に該当した場合にのみ対象になりますのでご注意ください。

また、主契約の部分の保険金額を減額した場合には災害給付金額も減額しますので、必ず保険の担当者の方に確認しましょう。

3.6.成人病総合保障特約

成人病総合保障特約は、被保険者(保険の対象者)が成人病を治療するために入院・手術を行った場合に下記の給付金を受け取れる特約です。

治療のために継続して5日以上入院した場合、『成人病入院給付金』を日数に応じて限度額まで受け取れます。

治療のために手術を受けた場合、受けた手術の種類に応じて『成人病手術給付金』を受け取れます。
この時、複数の手術を同時に受けた時には、保険会社は給付倍率の高い方をお支払します。

治療のために入院してから退院した場合、『退院給付金』を受け取れます。

3.7.リビング・ニーズ特約

リビング・ニーズ特約とは、被保険者(保険の対象者)の余命が半年以内と診断された場合に、保険金額の一部又は保険金全額を死亡してしまう前に受け取る事の出来る特約です。

この特約は、特約保険料が無料のため、ほとんどの契約者が付加しています。

リビング・ニーズ特約を利用して保険金を全額受け取った場合、その時点で(正式には請求日にさかのぼって)主契約の部分が無くなりますので、この保険は消滅します。

また、更新型の保険は除きますが満期のある保険の場合、保険の期間が満了する1年以内はこの特約は使えませんのでご注意ください。

4.収入保障保険が合う人・合わない人

4.1.お子様が小さく働き盛りの大黒柱

 

【画像】http://www.hoken-buffet.jp/news/knowledge/cost_of_education

お子様が小さい時には学費や習い事、高校や大学などの入学金など将来のためにも、たくさんのお金が必要になります。

そこで一家の大黒柱であるご主人様にもしもの事があった場合、これからかかるお金をどうやって準備しようかと残されたご家族が悩んでしまわないように、毎月のお給料の代わりに保険金を受け取れる収入保障保険はいざという時に役に立ちます。

また毎月受け取る保険金の金額もご家族に合わせて設定することができるので、ソニー生命のファイナンシャルプランナーにご家族に合った必要保障額を計算してもらうと保険金の参考になるかもしれませんね。

4.2.貯蓄が少なく貯金が苦手な人

もしもの場合に備えて貯蓄をしていても、必要な保障額を準備するためには時に数千万円という大きな金額になってしまいます。

また、万が一ご主人様が亡くなってしまった場合、住宅ローンは団体信用保険に加入していれば支払いが無くなりますが、住宅にかかる維持費や自動車のローン、その他の支払いなど各ご家庭によって様々な支出があります。

収入保障保険は、まとめて一括で保険金を受け取ることもできますが、あまりお金の管理が得意ではない人が大きなお金を一度に受け取ってしまうと、計画的に使う事が出来るのか心配になってしまう事もあると思います。

そこで収入保障保険は、毎月のお給料のように受け取ることができるので将来のお金を使いすぎてしまう心配もありません。

4.3.掛け捨ての保険が嫌いな人

ソニー生命の収入保障保険は、解約しても返戻金がないため掛け捨て同様の保険です。

そのため保険金や給付金を使うことなく健康で保障の期間が満了した時に何も残ることなく保険は無くなります。

『保険はあくまで万が一の時のための安心を準備するもの』という考え方であればいいのですが、やはり保険料の総額を考えるとかなりの金額になります。

毎月5,000円の保険料で30歳から60歳までの保障を準備するために支払う総額は180万円にもなります。

そして掛け捨ての場合、この180万円は一切返ってきません。

・保険料が多少上がっても、解約した際に返戻金が欲しい…
・大きな保険の保障期間が終わった後の返戻金で老後の保険を準備する
・掛け捨ては保険料が無駄になってしまう気がする

など、保険に保障以外のものを必要とする場合には収入保障保険は向いていません。

追加で貯蓄タイプの保険にご加入するか、保障と貯蓄が両方備わった養老保険などがお勧めです。

4.4.大きな保障が必要ない人

illust2242

お子様が自立して責任世代と言われる年齢を過ぎ、これから老後に備えて保険を検討している方や、結婚しておらず大きな保障が必要のない方などは収入保障保険には向いていません。

収入保障保険は、名前の通り稼ぎ手であるご主人様にもしもの事があった場合に残されたご家族のためにご主人に代わって保険が今後の収入を保障するというものになりますので、そのご家族が既に自立していたり年金で収入を得ている場合には生活費を保険で準備する必要は無くなります。

そのため、万が一の保障を大きく持つよりも生きるために必要なお金(入院・手術を保障する医療保険など)の保障を充実させる保険を持つ方が大切かもしれません。

4.5.かなり高額な貯金がある人

必要保障額以上に貯金のある方は、収入保障保険は加入する必要がないかもしれません。

しかし、いくらの貯金があれば保険に加入する必要がなくなるかなどは一人ひとり違います。

実際に、ネットの書き込みなどで『いくら貯金があれば保険に入らなくても安心できる?』などの質問を見かけますが、その金額は一概にハッキリと出すことは出来ません。

ご家族構成の違い、年齢、最大なポイントは今後老後も健康で過ごせるか、またどんな病気にかかるかは分からないからです。

癌になってしまった場合、先進医療と言われる重粒子線治療を受けた時には約300万円程かかります。

一度の手術や入院などで治療が終わるのか、継続して治療を続けていかなければいけないのか、同時に違う病気になってしまった場合どうするのかなど可能性を上げだしたら、きりがありません。

なので、収入保障保険に限っては今後得られる予定の収入額総額が貯蓄としてあれば、加入しなくても大丈夫と言えるでしょう。

5.収入保障保険は考え方によって必要か不必要か変わります

5.1.ご家族と保険の必要性や保険に重点を置くものが何か考えましょう

書類を見る男女

人の考え方はそれぞれ違います。

保険のプロであるFPですら必要性について考え方が異なります。

ご加入者の年齢、家族構成、収入など保険を選ぶうえで必要な情報ですが、それに加え大切なのが『保険に対する考え方』です。

生命保険は、家計や財産にも関わってくる重要な位置にあります。

そのため、ご夫婦やご両親などと意見が合わずトラブルを起こしてしまう事もあります。

・子供が小さいから万が一に大きな保障を備えたい
・入院や手術の費用に備えたい
・ガン家系だからがん保険を手厚くしたい
・保障も必要だけど貯蓄もしたい

など、具体的に限られた保険料の中から何に重点を置くのか話し合いましょう。

それによって収入保障保険が必要かそうでないかが分かります。

5.2.将来の事も考えて加入しましょう

 

老後は大きな死亡保障よりも少しの死亡保障と医療保障が必要になってくることが考えられます。

無解約返戻型の収入保障保険や定期保険だけにご加入の場合、保障期間が終わってしまった後に、新たに医療保険に加入しなければいけません。

すると、保険料がかなり高いうえに、それまでに病気になってしまっていた場合ご加入を断られてしまう可能性も考えられます。

収入保障保険に加入する場合は、あくまで大きな保障を準備する目的として、保険料が安いうちに終身の医療保険にも別でご加入しておく事をお勧めします。

5.3.保険金をまとめて受け取るべきか、年金月額で受け取るべきか

ソニー生命の収入保障保険は、保険金の受け取り方が選べます。

お給料のように毎月受け取る形・保険金の全額を一括で受け取る形・保険金の一部をまとめて受け取り残りを毎月に分けて受け取る形と3種類あります。

全額を一括でまとめて受け取る場合は、一般的な保険金と同様税金が相続税になりますので、ほとんどの場合課税金額はありませんが、残りの2種類は一時所得として課税対象になる可能性があります。

課税対象といっても、あまり大きな金額の税金にはなりませんので、よほど高額な保険金でなければ心配はありません。

税金以外にも、計画的にやりくりすることが苦手な人は年金月額、葬儀代や残りのローンを保険金で支払う場合は一部一括受け取りで残りを年金月額で、など決めておくといいでしょう。

6.ソニー生命の収入保障保険の注意点

6.1.保障期間満了時には少額になる

収入保障保険は必要な保険金額を効率よく準備するために、ご加入当初は大きな保険金があっても、期間満了時には少額になります。

ソニー生命の収入保障保険は最低保証期間が2年・5年と選択でき、例えば最低保証期間を5年と選択し奥様も同じ年齢とすると60歳満了の保険でも59歳の時点で死亡してしまった場合は、59歳から5年間保険金を受け取る事が出来ますが、総額に換算するとかなり少額になってしまいます。

またご加入時の担当者の『万が一の場合、毎月〇〇万円が20年間にわたって保障されます。』という説明で、勘違いしてどのタイミングでも同じ保障が受けれると思ってしまう方もいますが、これはご加入当初の説明で契約後5年経過した時は保障期間が15年間、契約後さらに10年後は保障期間が10年間と、保障期間が経過年数と共に短くなり受け取れる保険金の総額も減っていきます。

一般的な定期保険のように、大きな保障がずっと続く保険ではないため、保険金がどのように下がっていくのかしっかりご加入前に確認しておきましょう。

6.2.入院総合保障特約は日帰りは対象外

骨折アイコン1

最近では、医療の発達も進み日帰り入院や日帰り手術など、あまり長い期間入院をしなくなりました。

しかし、ソニー生命の入院総合保障特約は『継続して5日以上の入院』をした場合に給付対象となりますので、注意が必要です。

日本の大手の生命保険の医療保険はその分、保険料が少し高めですが日帰り入院でも給付対象になり手厚い保障になっています。

日帰りとなると、差額ベッド代などの入院費用はそこまで高額にはならないため毎月の保険料を重視するか、もしくは日帰り入院でもご家族の交通費や入院のための日用品などのために備えとして手厚い保障内容を重視するかによって変わってきます。

そのため他社で手厚い医療保険を準備してソニー生命の収入保障保険では入院総合保障特約をつけないという方法もあります。

医療保険を選ぶ基準は、毎月の保険料や入院給付金もそうですが手術給付金の該当範囲が広いかどうかも重要になってきます。

以前は給付対象だった手術が対象外になったり反対に今まで対象外だった手術が該当範囲になったりと変わりますので、変更点や保険会社に確認するのもいいかもしれません。

6.3.要介護状態は判定が変わる

doctor_640

要介護状態というのは、基本的に国の改正により変わります。

今まで、要介護3の認定を受けていた人が改正により要介護2に下がったり、介護度はマニュアルはあるもののケアマネージャーさんの決めている事もありますので、判定が変わってしまいます。

ソニー生命のリビング・ニーズ特約の場合、介護度に関係なく介護認定を受けていて常時寝たきり、かつ決められた項目のいくつかが該当すれば対象になりますが、介護保険のように要介護状態2以上の判定でないと給付対象にならない場合、この要介護判定は改正により変わることがありますので注意が必要です。

6.4.収入保障保険と所得補償保険の違いに注意しましょう

収入保障保険は、被保険者が死亡・高度障害状態など万が一の事があった場合に残されたご家族に保険金が支払われます。

一方で所得補償保険は、被保険者が怪我や病気で働けなくなった場合に保険金が支払われます。

お給料の変わりという観点は同じですが、長期的に保険金が必要なのか、一時的に必要なのかによって変わってきます。

怪我や病気の場合、完治すれば再び収入を得られますが、万が一の事があり死亡してしまった場合は長期間にわたって保険金が必要になります。

そのため、似たような名前でも目的が違いますので注意しましょう。

7.特則や割引制度などを上手に使いましょう

7.1.ソニー生命の高額割引制度とは

Female Doctor Holding Piggy Bank

ソニー生命の収入保障保険では一定の条件を満たした場合に高額割引制度が適用されます。

この高額割引制度とは、収入保障保険の年金月額が10万円以上の場合に保険料が割引される制度です。

毎月払い続ける保険料が少しでも安くなると家計の負担が軽くなりますので、具体的にいくら安くなるのかをご加入の際に担当者の方に確認しましょう。

7.2.非喫煙者割引き特則とは

ソニー生命の特徴でもある非喫煙者割引特則は、多い時で毎月の保険料が1,000円以上安くなることがあります。

この非喫煙者割引き制度は主に3つの区分に分けられ

①非喫煙者優良体割引 ②非喫煙者標準体割引 ③喫煙者優良体割引 がありそれぞれ保険料率が変わります。

①非喫煙者優良体は喫煙歴と健康状態の2つの基準を満たしている方が該当

②非喫煙者標準体は更に詳しく規定がありそれを満たしている方が該当

③喫煙者優良体は健康状態の基準を満たしている方が該当

自分がどれに当てはまるかなどご自身では判断は出来ませんので、担当者の方に確認しましょう。

8.まとめ

yjimage

保険はとても難しいものです。

何度も保険の担当者に説明してもらっても、なかなか分かりませんよね。

保険に対する考え方も違えば、家族構成も今後の生活設計もそれぞれ違います。

今回は、たくさんある保険会社の中の一つであるソニー生命の収入保障保険についてまとめさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

収入保障保険は、一家の大黒柱である旦那様にもしもの事があった場合に、大切なご家族が生活に困ってしまわないようにご主人に変わって支えていく保険です。

そのために今ご加入の保険がご家族の形に合っているのか、無駄な保険料を払っていないか、もしもの時のためにきちんと備えられているかなど、ご家族と話し合い保険の重要性を再認識していただくきっかけになれば嬉しいです。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る