プランニング自在な太陽生命の個人年金で、安心のシニアライフを手に入れよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マイナス金利や標準利率の引き下げにより、多くの保険で販売停止や、保険料の値上げ、予定利率の見直しなどが行われたことにより、私たち契約者にとってはありがたくないニュースばかりが耳に入ってきます。

かと言って、銀行金融商品に切り替えようにも、下がり続ける金利や銀行自体の存続を鑑みると、決して安心できる状況にありません。

健康寿命/平均寿命の上昇に伴い、以前に比べ、シニアライフの長さは決して短いものではなくなりました。

そんなバックグラウンドと景気低迷な現状を照らし合わせると、今こそ盤石な将来設計を立てておきたいのが、正直な心情かと思います。

そこで今回はどこよりもカスタマイズ可能な太陽生命などの個人年金を活用して、盤石なライフプランを構築するお手伝いをさせていただけたらと思います。

目次

1.なぜ個人年金に加入するのか
1.2公的年金年金制度
1.3セカンドライフに必要な金額

2.個人年金とは
2.1個人年金の種類

3.個人年金の特性
3.1確定年金とは
3.2終身年金とは
3.3有期年金とは

4.生命保険の現状
4.1マイナス金利による影響
4.2販売停止が相次ぐ貯蓄型生命保険

5.なぜ太陽生命なのか
5.1会社概要
5.2ビジョン

6.太陽生命の個人年金保険とは
6.1保険組曲Best
6.2特徴

7.保険組曲でのライフプランニングの構築
7.1選べる主契約
7.2選べる特約
7.3選べる期間

8.保険組曲の保険料シミュレーション
8.1保障内容
8.2資料請求

9.まとめ

1.なぜ個人年金に加入するのか

 

 

インターネットなどの情報収集ツールの発達に伴って、私たちの健康に対する意識は、以前に比べ非常に高まっています。

周りを見回してみると、昔の60歳と今の60歳とでは大きな違いがあり、若々しく健康な方々を見かけます。

そんな健康意識の高まりや、先端医療技術の進歩によって、私たち日本人の寿命は延び続け、シニアライフの考え方も大きく変化しています。

 

 

以前よりも長くなったセカンドライフを、より充実したものにしたいと考える方が増え、それに伴い老後資金の確保と言う、新たなライフイベントが発生するようになりました。

*年齢別平均余命一覧

年齢
平均余命(男) 平均余命(女)
2015年 2014年 前年との差 2015年 2014年 前年との差
0歳 81 81 0 87 87 0
5 76 76 0 82 82 0
10 71 71 0 77 77 0
15 66 66 0 72 72 0
20 61 61 0.27 67.37 67.16 0.21
25 56 56.05 0.26 62.43 62.23 0
30 51 51 0.25 57.51 57 0
35 47 46 0.24 52.61 52.42 0.19
40 41.8 41.57 0.23 47.73 47.55 0.18
45 37.05 36.82 0.23 42.9 42.72 0.18
50 32.39 32.18 0.21 38.13 37.96 0.17
55 27.89 27.68 0.21 33.45 33.28 0.17
60 23.55 23.36 0.19 28.83 28.68 0.15
65 19.46 19.29 0.17 24.31 24.18 0.13
70 15.64 15.49 0.15 19.92 19.81 0.11
75 12.09 11.94 0.15 15.71 15.6 0.11
80 8.89 8.79 0.1 11.79 11.71 0.08
85 6.31 6.24 0.07 8.4 8.35 0.05
90 4.38 4.35 0.03 5.7 5.66 0

 

そこで多くの方に選ばれている対策が、実は民間保険会社が販売している個人年金保険なのです。

そこで本章では、セカンドライフへの備えとして、年金の基本的な部分から、見てまいりましょう。

 

 

1.2公的年金年金制度

私的年金保険に加入する前にまず絶対に押さえておきたいのは、公的年金保障制度です。

 

 

公的年金制度は、現役世代が納める保険料を、高齢者などの年金に充当するという、世代対世代の支え合いの考え方に基づいた、システムです。

 

 

基本的に日本国内に居住する20~60歳の全ての方々が保険料を納め、後々年金を受け取ることになっています。

 

そんな公的年金ですが、「高齢にならないと受け取れない」と言うイメージが強いかと思われますが、実は下記の状況下でも年金の受け取りは可能となっています。

私たちが実際に受け取れる金額は、自身がそれまで納入してきた保険料などにより、それぞれ異なってきますので、まずは日本年金機構から送られてくる「ねんきん定期便」をチェックしてみましょう。

 

 

このお知らせによって、将来的に受け取れるであろう年金額を知ることが出来ます。

また、民間で運営されている年金シミュレーションサイトなどを利用して、自身の受け取れる年金額を押さえましょう。

1.3セカンドライフに必要な金額

さて、公的年金制度で受給できる金額は、前章で把握されたと思います。

そこで次に考えなければならないのが、セカンドライフに必要な生活費や娯楽費などの額を、把握することです。

 

 

健康寿命も伸びた現代では、リタイヤ後の自由な時間で、より充実したセカンドライフを送りたいと思われる方々が、年々増加しています。

では一体いくら用意しておけば、そのようなイメージ通りの生活が送れるのでしょうか。

下記は、現役時代と引退以降の家計の状況を、比較したものです。

リタイヤにより収入が立たれるので、公的年金が家計の柱となります。

 

 

当然のことながら、現役時代に割いていた支出の項目は、退職とともに下記の様に変化します。

定年によって不要となる 支出の例 住宅ローン(完済する場合)
会社員としての交際費食費
スーツ、ワイシャツ、ネクタイなど
ビジネス被服代
子供の教育扶養費用(成人独立の場合)
厚生年金保険料
雇用保険料
健康保険料
定年に関係なく発生し続ける 支出の例 食費や光熱水道代など生活費
家賃
住居費(固定資産税、リフォーム費用など)
生命保険や損害保険の保険料
介護保険料
定年によって発生する 支出の例 近所づきあいの交際費
趣味や生きがいのための費用
妻の国民年金保険料(妻が 60歳になるまで)
国民健康保険料

下記は、老後の日常に必要な最低生活費を、グラフ化したものです。

ご覧いただくと、最低でも20~25万円は必要だと考える方が多いのが、見て取れます。

 

 

次はある程度ゆとりを視野に入れた場合の、生活費です。

ご覧のように、30~35万円が最も多く、先ほどの最低生活費20~25万円に、10万円を上乗せした傾向にあると、考えられます。

 

 

最後は、上乗せした金額の使い道です。

やはり、リタイヤにより自身に使える時間が増えたことにより、旅行や交際などに使われるケースが多いことが分かります。

 

 

 

 

ここで、より具体的にイメージする為の、家計想定を見てまいりましょう。

1つ目が60歳/1世帯2名以上における家計、2つ目がが60歳単身者における家計のイメージ図です。

 

ここまでで、自身のセカンドライフプランニングの指標である、必要生活費などの算出が完了しました。

そこで見えてくるのが、この数式です。

公的年金額(収入)≧最低生活費+ゆとり(支出)

自身が思い描いている支出額が、収入額を上回った場合、当然家計はマイナスになり、遅かれ早かれ生活が困窮していくことが、予想だに難くありません。

そこで、不足部分を補うものとして、「民間保険会社の個人年金保険に加入する」と言う手段の活用を、次章より考えてまいりましょう。

 

2.個人年金とは

個人年金とは私的に加入する年金保険を指し、公的年金以外で老後資金の準備をしておくことを目的として加入する方が多い、貯蓄型生命保険に該当します。

年々、公的年金の支給開始年齢が引き上げられているため、退職後からその支給開始までの間は、収入が途絶えてしまう可能性があります。

また、たとえ受け取れるようになっても、支給分だけでは生活の維持が困難だと考える方々の不安を払拭してくれる保険商品の一つが、個人年金なのです。

 

 

2.1個人年金の種類

それでは、個人年金保険には、一体どのような種類があるのでしょうか。

現在展開されている個人年金保険の主だった商品は、下記の3種類になります。

確定年金
終身年金
有期年金

そこで次章より、これら個人年金のそれぞれが持つ特性などを、見てまいりましょう。

 

3.個人年金の特性

本章では、個人年金保険の特性などを、見てまいりましょう。

まずは、下記イメージ図をご覧ください。

 

個人年金とは、契約時に60歳や65歳と言った形で、年金受給開始年齢を定め、そこから5年や10年と言った一定期間もしくは一生涯にわたり、年金という形で保険金を受け取ることが可能な生命保険です。

確定年金や、保障期間付き有期年金(次章で解説)などで保障されている年金受取期間や、年金受給開始前に被保険者が死亡した際は、遺族が年金を受け取ることが可能です。

また、被保険者が年金受給開始前に死亡した際は、払い込んだ保険料相当額の死亡給付金を、遺族が受け取ることが可能です。

3.1確定年金とは

確定年金は、被保険者の生死にかかわりなく、契約時にあらかじめ定めておいた期間(10年や20年)に、年金を受け取ることが可能な生命保険です。

この年金受取期間に、被保険者が死亡した際、残りの設定期間に該当する年金もしくは一時金を、遺族が受け取ることが可能となります。

個人年金の種類 年金の受取期間 被保険者が死亡した場合 イメージ図
確定年金

被保険者(=年金受取人)の生死に関係なく、

契約時に決めた一定期間だけ年金受取可

遺族に年金が支払われる  

3.2終身年金とは

終身年金は、被保険者が生存する限り、その名の通り一生涯年金が受け取れる生命保険です。

ただし、契約時に有期の保障期間設定をした場合、年金受取人死亡とともに、以降の年金の受取は終了となるので、契約の際は慎重な検討が必要です。

個人年金の種類 年金の受取期間 被保険者が死亡した場合 イメージ図
終身年金 被保険者(=年金受取人)が生存している限り、一生涯年金を受取可 年金の支払いは終了
早期死亡の場合、元本割れや、返戻率が低くなるリスクあり
 

3.3有期年金とは

有期年金は、契約時に設定した10年や20年と言った一定期間に、被保険者が生存していた場合のみ、年金を受け取ることが可能な生命保険なので、被保険者死亡とともに、年金の受給は停止となります。

個人年金の種類 年金の受取期間 被保険者が死亡した場合 イメージ図
有期年金 被保険者(=年金受取人)が生存している限り、契約時に決めた一定期間だけ年金受取可 年金の支払いは終了
早期死亡の場合、元本割れや、返戻率が低くなるリスクあり
 

 

いかがでしたでしょうか。

まずはこの3本柱である商品から、自身のライフプランに適合するものを、検討しましょう。

 

4.生命保険の現状

銀行金融商品よりも比較的に優遇されてきた生命保険ですが、長引く不況の影響を受けざるを得ない時代へと、変化してしまいました。

相次ぐ金利や標準利率の引き下げにより、保険料は増加傾向にあり、逆に予定利率は減少を続け、最も貯蓄性の高い保険商品が、その影響を受ける形となっています。

つまり、この不況を乗り切るためには、私たち自身が生命保険を見直す必要があるということです。

対抗策を講じるため、まずは現状の把握をしてまいりましょう。

 

4.1マイナス金利による影響

各金融機関は日本銀行に資金を預けており、この資金に対して金利が設定されています。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る