医療保険とがん保険どっちを選ぶべき!?わかりやすく検討します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

医療保険とがん保険、いずれもまさかの時のために備えておきたい保険です。

ただし、医療保険とがん保険のどちらを選ぶべきか迷われている方もいらっしゃると思います。

金銭的に余裕があるなら、医療保険とがん保険の両方を選ぶことも有効な方法です。

しかし、健康状態や経済事情、ライフステージについては、加入を検討する方それぞれが異なる状況であることは事実です。

そこで、今回は医療保険とがん保険の特徴、共通点、相違点を比較しつつ、がんの現状等も考慮しながら、医療保険とがん保険のどちらを選ぶべきなのかを検討していきます。

この記事を読み終わった後は、医療保険とがん保険の基本的な特徴と、ご自分がどちらの保険を選ぶべきかを判断する、良い参考資料となることでしょう。

目次

1.医療保険とがん保険

  • 1-1.医療保険とは
  • 1-2.がん保険とは
  • 1-3.公的医療保険との関係

2.医療保険とがん保険の共通点

  • 2-1.医療保険とがん保険の上位ランキング
  • 2-2.終身型保険とは
  • 2-3.掛け捨て型保険とは

3.医療保険とがん保険の相違点

  • 3-1.免責期間とは?
  • 3-2.免責期間の意味
  • 3-3.一時金の重要性

4.医療保険とがん保険どちらを選ぶべきか?

  • 4-1.がんのリスクで考えてみる
  • 4-2.がん治療の現状
  • 4-3.保険はこう選ぶ

5.医療保険商品の紹介

  • 5-1.オリックス生命「新CURE」
  • 5-2.アクサダイレクト生命「終身医療」
  • 5-3.ライフネット生命 終身医療保険「新じぶんへの保険」

6.がん保険商品の紹介

  • 6-1.アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん終身」
  • 6-2.チューリッヒ生命 「終身ガン治療保険プレミアム」
  • 6-3.オリックス生命 「がん保険ビリーブ」

7.まとめ

1.医療保険とがん保険

保険選びの際に、医療保険とがん保険どちらを選ぶべきか?

まずは医療保険とがん保険の特徴と、公的医療保険との関係について知りたい・・・・・。

こちらでは、医療保険、がん保険とは何か、公的医療保険との関係性を説明します。

1-1.医療保険とは

医療保険とは、病気やケガをした際に、保険会社の決めた所定の条件に該当すれば給付金等が受け取れる保険商品のことです。

入院すれば入院給付金、手術をすれば手術給付金という形で給付金が受け取れ、万が一にも加入者が亡くなった場合には死亡保障金(保険金)がもらえる商品もあります。

幅広い病気・ケガの保障を内容とし、「特約」で三大疾病(がん・心疾患・脳疾患)、女性特有の疾病等の保障を手厚くできる等、加入者が保険内容をカスタマイズすることも可能です。

1-2.がん保険とは

がん保険とは、がんに関する幅広い保障を目的とする保険商品のことです。

医療保険と同様に給付金や、死亡保障金が受け取れますが、医療保険と異なり、契約してから90日間程度の「免責期間」が存在し、医療保険とは違う条件で保障が開始される場合が多いです。

また、がんに該当しない病気はもとよりケガをしても保障の対象にはなりません。

がん保障に特化したがん専門の保険といえます。

1-3.公的医療保険との関係

公的医療保険とは、日本国内に在住する方が手頃な費用負担で、質の高い医療を受けられるための保険です。

この公的医療保険には、主に事業所の従業員等が加入する「健康保険」、それ以外の方が加入する「国民健康保険」に大別され、誰でも必ずいずれかの公的保険に加入しなければなりません。

公的医療保険は原則、患者が3割負担で保険診療を受けられます。公的医療保険の適用内の医療サービスであれば、それを超える費用負担は必要ありません。

ただし、公的医療保険が適用されない医療関連のサービスが存在し、入院の際の食事代、差額ベッド代、先進医療、自由診療は全額自己負担となります。

一方、生命保険会社等の医療保険、がん保険は任意で加入する保険であり、加入希望者が必要と感じた時に入る保険商品です。

そのため、生命保険各社とも保障サービスを競い、公的医療保険ではカバーできない金銭的サポートを提供する等、いろいろな工夫を凝らした保険商品が登場しています。

これら保険商品の金銭的サポートは、公的医療保険が適用される費用負担を賄うだけではなく、適用外のサービス費用にも充てることができます。

民間会社の医療保険、がん保険には公的医療保険を補完する役割があるといえます。

2.医療保険とがん保険の共通点

医療保険、がん保険と分かれているが、給付金等が受け取れることの他に何か共通点があるのだろうか?

現在、利用者に人気の保険商品で共通している傾向があれば、保険選びの際の参考にしたいのだが・・・・。

こちらでは、医療保険・がん保険で人気のある保険商品を比較し、その共通する部分を検討します。

2-1.医療保険とがん保険の上位ランキング

多くのサイトで上位にランキングされている医療保険・がん保険については概ね以下の表にまとめた通りです。

○医療保険

医療保険 商品名
1位 オリックス生命「新CURE」
2位 アクサダイレクト生命「終身医療」
3位 ライフネット生命 終身医療保険「新じぶんへの保険」
4位  メットライフ生命「Flexi S」シンプルタイプ
5位  アフラック ちゃんと応える医療保険「EVER」

○がん保険

がん保険 商品名
1位 アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん終身」
2位 チューリッヒ生命 「終身ガン治療保険プレミアム」
3位 オリックス生命 「がん保険ビリーブ」
4位  ライフネット生命「がん保険」
5位 アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん定期」

5位までにランキングされている人気の医療保険、がん保険の商品は、ほぼ共通して「終身型」であり「掛け捨て型」の保険であることがあげられます。

2-2.終身型保険とは

終身型保険とは、加入者が生涯にわたり、いつ入院しても保障を受けられる保険商品のことです。

このタイプの保険は、一度保険契約を結ぶと生涯支払う保険料は変わることはありません。

そのため、支払う保険料が比較的安い20代・30代の頃に加入しておけば、加入者が解約するか亡くなるまで支払う保険料を安く抑えることができます。

医療保険・がん保険共に一生涯保障の強みがある終身型が人気といえます。

ただしこのタイプの保険は、保険料と同じく保障内容も固定化されたまま継続するため、後から登場した保険商品の方が、より充実した内容だったということもあります。

2-3.掛け捨て型保険とは

医療保険を解約した場合、加入者が亡くなった場合でもお金が戻ってこない保険商品のことです。

生命保険会社側は、お金を返す必要が無い分、毎月の保険料の支払額を安く抑えること、保障の内容を充実させることができ、加入者に人気になっているタイプの保険と言えます。

医療保険・がん保険共にお金は戻ってこないものの、支払う保険料が安く、実際に入院や手術をした場合の保障に厚い、掛け捨て型が主流といえます。

掛け捨てである以上、何十年も長期にわたって保険料を支払っても解約して戻ってくるお金は1円もありません。

ただし、保険商品によっては死亡保障金を設け、加入者が亡くなった場合に遺族が受け取れるサービスもあります。

3.医療保険とがん保険の相違点

医療保険・がん保険も「終身型」で「掛け捨て型」の商品が人気であることがわかった。

では、医療保険とがん保険との相違点には、その保障範囲以外に何があるのだろうか?

こちらでは、医療保険には無いがん保険の特異な条件について説明します。

3-1.免責期間とは?

実は医療保険もがん保険も、保険会社と契約したら、いきなり契約した保障内容がその日のうちに適用されるというわけではありません。

医療保険もがん保険も、およそ保障が開始されるまでに次のような過程をたどります。

[加入者と保険会社が契約]

↓↓↓

  • 契約後、保険加入者から第1回目の保険料の払込を保険会社が確認
  • 保険加入者に関する告知が保険会社に提出された

医療保険・がん保険もこの過程は同じですが、上記のどちらか遅い時点(払込または告知)から医療保険の保障が開始されます。これを「責任開始日」と言います。

一方、がん保険の場合はこの過程だけでは足りず、上記の過程を含め約90日間が経過した上で、91日目から責任開始日となります。

91日目にならなければ、たとえこの日以前に加入者が医師からがんと診断確定され、入院・治療を受けたとしても、保険会社から1円も給付金や一時金が下りません。この仕組みを「免責期間」と言います。

3-2.免責期間の意味

では何故がん保険には免責期間が設けられているのでしょうか?

そもそも、がんは自覚症状が無い場合が多く、加入者自身が気づいていないことが多い病気です。

生命保険会社としては、がん保険に入ってすぐに加入者に保障を認めるのではなく、その加入者が、がんに罹患しているのかいないのか、しばらく様子をみたいという理由から、免責期間を設けているのです。

なぜなら、がん保険は生命保険・医療保険と同じく、たくさんの保険加入者が、保険料を出し合うことで成り立つ制度だからです。

これは、支払う保険料が加入者各自の保険料分として、区別し管理・運営されているわけではないことを意味します。

つまり、 相互に保障による保険加入者全員分の財源として、保険料は管理・運営されているのです。

もしも、保険に入ってすぐに保障が適用されてしまうのならば、ある加入者が契約した直後にがんと診断されると、給付金・一時金が保険会社から支払われるケースもあり得ます。

そうなると、健康管理をしっかり行っている大多数の保険加入者と比較すれば、著しく不公平な事態になってしまいます。

免責期間は、がん保険加入者全体の公正・公平性を乱す事態を防止するための措置として設けているのです。

3-3.一時金の重要性

前述した免責期間に関して、がん保険の中には免責期間が無く、医療保険と同様の責任開始日から保障サービスを受けられる商品もあります。

ただし、免責期間の無いがん保険商品の場合は、通常のがん保険で保障されている「がん診断給付金」という一時金のサービスが無いことがあります。

このがん診断給付金は、保険の責任開始日後にがんと医師から診断確定されただけでお金がもらえる仕組みであり、およそ50万円~200万円程度が生命保険各社から支払われます。

がん治療の特徴としては、公的医療保険が適用されるとしても総費用は数十万円~数百万円と、がんの深刻度、発症した部位、治療方法により、相当高額になる場合があります。

そのため、診断確定時点からまとまった金額を受け取ることができる一時金のサービスは、患者やその家族にとっては非常に有難いサービスです。

特に、がんと診断され入院・治療が必要とされる時に、貯蓄があまり無い状態の場合には頼もしい金銭的サポートといえます。

逆にいえば、この一時金のサービスがなければ入院給付金(日額)や手術給付金等から、費用を補填しなければいけない状況になります。

4.医療保険とがん保険どちらを選ぶべきか?

医療保険とがん保険、責任開始日にこれほどの違いがあるとは・・・・。

免責期間は、がんという厄介な病気に対応するためにはやむを得ない条件ということか・・・・。

では、医療保険とがん保険とで、どちらの加入を優先すべきなのだろう?

こちらでは、がんのリスクを考慮した上で、その現状を踏まえ、いずれの保険へ優先的に加入すべきかを検討します。

4-1.がんのリスクで考えてみる

がんとは、人体を構成する細胞が変異して増殖し、その変異した細胞が他の正常な細胞を攻撃し破壊・増殖していく厄介な病気です。

がんを発症する時に自覚症状はほとんどなく、生活習慣の乱れや遺伝による原因がある等、色々な面から発症原因が指摘されています。

日本人の全死因における、がんの割合については次のようになっています。悪性新生物(がん)の死亡率は全死因の3割近くを占めるなど、生命に深刻なリスクとなる病気であることがわかります。

○全死因:死亡率順位(平成28年度)

平成28年度 死因 死亡率(100%)
1 悪性新生物(がん) 28.5%
2位 心疾患 15.1%
3位 肺炎 9.1%
4位 脳血管疾患 8.4%
その他 38.9%

(厚生労働省「平成28年 人口動態統計月報年計(概数)の概況」を参考に作成)。

4-2.がん治療の現状

現在のがん治療における部位ごとの入院日数および治療費に関しては以下の表をご覧ください(厚生労働省「医療給付実態調査 報告書 平成27年度 第3表」を参考に作成)。

○がん治療における部位ごとの入院日数・治療費(平均)

部位 入院日数 治療費 患者の自己負担額
胃がん 約12.5日 約61万円 約18.3万円
大腸がん 約11.3日 約59万円 約17.7万円
直腸がん 約12.6日 約73万円 約21.9万円
肝臓がん 約11.7日 約58万円 約17.4万円
肺がん
気管がん
約12.9日 約64万円 約19.2万円
乳がん 約9.6日 約58万円 約18.3万円
子宮がん 約11日 約60万円 約18.0万円
悪性リンパ腫 約17日 約91万円 約27.3万円
白血病 約19.9日 約74万円 約22.2万円
その他
悪性新生物
約12.8日 約62万円 約18.6万円
良性新生物及び
その他の新生物
約9日 約55万円 約16.5万円

この表からみると、血液のがんの一種である「白血病」が入院の平均日数としては約19.9日と最長です。

いずれの部位のがんについても公的医療保険が適用されるため、実際に患者が支払う治療費に関しては、「患者の自己負担額」で表示した金額が目安となります。

ただし、表示された入院日数を経ればがんが完治するというわけでは無く、通院による治療が長期にわたる場合があります。

また、公的医療保険が適用外となる差額ベッド代、入院時の食事代、先進医療等の医療サービスを利用した場合は、表で示した金額をはるかに上回り、多額の費用負担になる可能性があります。

4-3.保険はこう選ぶ

がんを発症したことによる生命のリスクと多額に上る治療費を賄うために、がん保険は近年非常に注目されています。

がん保険への加入率は年々増加し、平成28年度では37.8%に上ります(公益財団法人生命保険文化センター 平成28年度「生活保障に関する調査」)。

がん以外にも難病は存在しますが、身近でかつ、深刻な病気であるがんは、日頃の規則正しい生活習慣を守ると共に、健康な内から十分な備えをしておくことが必要であるといえます。

そのため、がん保障に特化し、その手厚いサポートが期待できるがん保険の加入を優先するべきです。

①家族・親類にがんで闘病している方、亡くなった方がいる場合は要注意

がんの発症原因に遺伝的な側面もあり得ることはよく指摘されていることです。

ご自分のご家族・親類にがんで闘病中の方がいる、先祖代々にわたって大概亡くなっている死因はがん、という場合にはがん保険の加入を特にお勧めします。

現在、ご自分の健康状態に問題は無くても、年齢を重ねる中に免疫力も、体力も減退していきます。周囲にがんで亡くなった方がいる、がん患者がいるという場合には、がんを発症しやすい家系なのかもしれない、ということを念頭に若いうちから安いがん保険に加入し、最低限の備えをしておくのも良い方法です。

②家族・親類にがんで闘病している方、亡くなった方がおらずご自分も健康な場合なら

ご家族・親類にがんで亡くなった方、がんで闘病中の方がおらず自身も健康で、良い生活習慣を継続している方なら、広範囲な病気やケガに備えた医療保険の加入を優先しても差し支えありません。

ケガ自体は健康な方であっても十分想定されるアクシデントですので、健康状態が全く良好だけれども、将来に何が起こるかわからないから、そのための一応の備えがほしいという方は、保障内容が広い医療保険を選ぶことも正しい選択といえます。

③お金に余裕があるなら両方加入もあり

ある程度毎月の収入に余裕があり、保険へお金を多めに回せることが可能なら、医療保険とがん保険両方に加入することも間違いではありません。

医療保険に加入する場合は、がん特約を付加して保障を厚くすることが可能ですが、やはりがん保障に特化したがん保険よりは「浅い保障」になってしまいます。

医療保険に加入する場合は20代の方なら、毎月1,000円前後の支払保険料で保障を受けられ、がん保険ならば毎月の支払保険料が600円程度の極めて安い商品を選ぶこともできます。

医療保険・がん保険もいろいろなオプションを付加すれば、それだけ保険料は高くなりますが、定期に保険内容を見直しすることで、自分の現状に合った保障内容にカスタマイズし、まさかの時に備えるというやり方も有効な方法の一つです。

5.医療保険商品の紹介

生命のリスクや治療費の負担を考えると、がん保険は優先されるべきだ。

ただし、がん以外の病気やケガをしないという保証はない。

医療保険選びも重要なはずだ・・・・。

こちらでは、前述した上位ランキングの医療保険商品の3位までをご紹介します。

保険選びの参考にしてください。

5-1.オリックス生命「新CURE」

こちらは終身型の医療保険で、保険料が手頃、入院給付金の支払い日数が長い(通常の病気・ケガによる入院:1入院60日、通算で1,000日)ことが特徴です。入院給付金の日額5,000円コース、日額10,000円コースに分かれています。

加入開始年齢別の支払保険料については以下の表の通りです(日額5,000円:終身払)。

性別

男性

女性

20歳 1,222円~ 1,427円~
30歳 1,582円~ 1,707円~
40歳 2,187円~ 2,022円~
50歳 3,172円~ 2,772円~
60歳 4,677円~ 4,007円~

○入院給付金

日額で5,000円または10,000円が受け取れます。

手術給付金

(入院中の場合)1回につき10万円または20万円が受け取れます。

(外来の場合)1回につき2.5万円または5万円が受け取れます。

先進医療給付金

先進医療(※1)にかかった費用と同額の給付金が受け取れます。通算で2,000万円を限度です。

(※1)先進医療・・・厚生労働大臣より認定された医療機関で、同大臣が認めた最先端の技術を活用した医療行為のことです。本来は公的医療保険の適用外なので全額自己負担となりますが、医療保険に加入していれば、この自己負担分も保障されます。

○その他

三大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)に関する各一時金の支給を、特約を付加することで受け取ることができます。

5-2.アクサダイレクト生命「終身医療」

こちらは保険料がかなり安く、若い方が入りやすい医療保険と言えます。通常の疾病・災害入院給付金の場合は、日額で5,000円~15,000円を選ぶことができます(1入院が60日まで)。

加入開始年齢別の支払保険料については以下の表の通りです(日額5,000円:終身払)。

性別

男性

女性

20歳 605円~ 690円~
30歳 850円~ 840円~
40歳 1,230円~ 1,090円~
50歳 1,905円~ 1,570円~
60歳 3,140円~ 2,390円~

○入院給付金

日額で5,000円~15,000円が受け取れます。

手術給付金

(入院中の場合)1回につき5万円~15万円が受け取れます。

(外来の場合)1回につき2.5万円または7.5万円が受け取れます。

○死亡給付金

保険加入者が死亡した場合に5万円~15万円を遺族が受け取ることができます。

○その他

健康祝金特則として、保障期間中に給付金等を受け取らなければ、3年毎に5万円を受け取ることができます。

5-3.ライフネット生命 終身医療保険「新じぶんへの保険」

こちらは短期の入院時に給付金が受け取り易いことが魅力です。給付金は日帰り入院から保障され、入院日数が5日以内でも、入院給付金(日額)の5日分が受け取れます。

加入開始年齢別の支払保険料については以下の表の通りです(日額5,000円:終身払)。

性別

男性

女性

20歳 1,102円~ 1,169円~
30歳 1,470円~ 1,463円~
40歳 2,000円~ 1,807円~
50歳 2,721円~ 2,357円~
60歳 3,690円~ 3,137円~

○入院給付金

日額で5,000円~15,000円が受け取れます(1入院60日まで)。

手術給付金

入院給付金(日額)の10倍の手術給付金が受け取れます。

○その他

特約を付加すると、がんと診断されたら入院給付金日額の100倍のがん治療給付金や、先進医療にかかった費用と同額分が支給される先進医療給付金が受け取れます。

6.がん保険商品の紹介

医療保険では良心的な保険料が設定され、手厚い保障や工夫をしている保険商品が人気のようだ。

では、がん保険はどんな商品に人気が集まっているのだろう?

こちらでは、前述した上位ランキングのがん保険商品の3位までをご紹介します。

保険選びの参考にしてください。

6-1.アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん終身」

こちらは診断給付金が最大で200万円受け取れ、治療前の金銭的サポートの重要性を理解している保険商品と言えます。また、上皮内新生物(※1)も保障の対象になります。

加入開始年齢別の支払保険料については以下の表の通りです(日額5,000円:終身払)。

性別

男性

女性

20歳 595円~ 530円~
30歳 855円~ 720円~
40歳 1,275円~ 955円~
50歳 1,930円~ 1,225円~
60歳 2,880円~ 1,585円~

(※1)上皮内新生物・・・初期のがんであり、がんが上皮内に止まり、基底膜を超えず間質細胞を浸潤していない状態を指します。初期のがんでも放置すれば深刻な事態となりますが、この段階できちんと治療を受ければ、転移や再発の危険はほぼ0と言われています。

○がん入院給付金

日額で5,000円~20,000円が受け取れます(入院日数無制限保障)。

○がん診断給付金

50万円~200万円の手術給付金が受け取れます。

○その他

抗がん剤治療特約、がん手術給付特約、がん先進医療特約、がん退院療養特約等を付加することで、より保障が手厚くなります。

6-2.チューリッヒ生命 「終身ガン治療保険プレミアム」

こちらは特約として付加すれば、初回は医師よりがんと診断された時、2回目以降は前回の診断給付金の支払事由に該当した日から2年を経過した日の翌日以後に、がん治療を目的に入院した場合、一時金が受け取れます。つまり所定の条件にさえ合えば、何度でも診断給付金が受け取れます。

加入開始年齢別の支払保険料については以下の表の通りです(自由設計プラン)。

性別

男性

女性

20歳 580円~ 550円~
30歳 680円~ 630円~
40歳 860円~ 730円~
50歳 1,230円~ 780円~
60歳 1,840円~ 780円~

放射線治療給付金

放射線治療を受けた場合、治療を受けた月ごとに10万円~60万円(給付金の受け取り回数は無制限)が受け取れます。上皮内新生物も保障に含まれます。

抗がん剤・ホルモン剤治療給付金

薬物治療を受けた場合、入院または通院し、投与・処方を受けた月ごとに10万円~60万円(給付金の受け取り回数は無制限)が受け取れます。上皮内新生物も保障に含まれます。

○その他

特約が非常に豊富です。所定の条件にさえ合えば何回でも受け取れるガン診断給付金(50万円~100万円)をはじめ、ガン入院給付金、ガン通院給付金、ガン手術給付金、ガン診断後ストレス性疾病給付金等、計8種類を選び、保険をカスタマイズして保障を厚くすることができます。

6-3.オリックス生命 「がん保険ビリーブ」

こちらは10,000円コースを選ぶと、初回は医師よりがんと診断された時に100万円のがん初回診断一時金が、2回目以降はがん治療を目的に入院した場合、50万円のがん治療給付金が受け取れます。つまり所定の条件にさえ合えば、何度でも診断給付金が受け取れます。

なお、50歳~75歳限定で5,000円コースもあります。

加入開始年齢別の支払保険料については以下の表の通りです(10,000円コース:終身払)。

性別

男性

女性

20歳 1,800円~ 1,570円~
30歳 2,480円~ 2,070円~
40歳 3,610円~ 2,750円~
50歳 5,400円~ 3,510円~
60歳 7,950円~ 4,330円~

○初回診断一時金

初回は医師よりがんと診断された時に100万円が受け取れます。上皮内新生物も保障に含まれます。

○がん治療給付金

2回目以降はがん治療を目的に入院した場合、50万円が受け取れます。上皮内新生物も保障に含まれます。

○がん入院給付金

日額で10,000円が受け取れます(入院日数無制限保障)。

手術給付金

1回につき20万円の手術給付金が何度でも受け取れます。

先進医療給付金

先進医療にかかった費用と同額の給付金が受け取れます。通算で2,000万円を限度です。

○がん退院一時付金

がんで10日以上の継続入院後に退院した場合、1回につき10万円が何度でも受け取れます。

○その他

がん通院給付金を特約で付加することで保障を厚くすることができます。

7.まとめ

深刻な事態となるがんという病気の特性を考えれば、がん保険による手厚い保障が優先されるべきと言えます。

ただし、保険選びをする際に最も大事なことは、ご自分の健康状態、家族・親族の現状、ご家庭の経済状況を踏まえて、がん保険または医療保険どちらに加入するか、それとも両方に加入するかの判断をじっくりと慎重に検討していくということです。

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る