メットライフ生命は大丈夫?加入する前に知ってほしいポイント5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

医療保険を選ぶ時って、たくさんの保険会社や保険商品の中から1つに選べないという問題に直面してしまいますよね。

知り合いの保険会社さんに言われた通りに加入するのが一番らくかもしれません。医療保険がどのようなものかを知っていれば、自分自身にあった医療保険を選ぶことができます。

誰も教えてくれない医療保険のこと。外資系生命保険会社であるメットライフ生命の保険商品に加入する際に知っておいてほしいポイントをまとめました。保険加入に失敗しないことの手助けになればと思っています。

目次

1.保険ってなに?

1.1いろいろある保険商品

1.2医療保険の種類

1.2.1定期保険

1.2.2終身保険

1.2.3外貨建て保険

2.メットライフ生命とは

3.メットライフ生命の保険商品

4.メットライフ生命のポイント5選

5.巧みな話術に要注意!自分にあった保険商品の見つけ方とは

5.1加入を決めた理由

5.2自分にあった保険商品の見つけ方

6.失敗しない保険会社を選ぶ方法とは

6.1保険会社を比較

7.まとめ

1.保険ってなに?

gimon

皆さんは、保険と聞いてどのようなものを頭に思い浮かべますか?終身保険を始め、医療保険や個人年金保険、こども保険などの保険が頭に思い浮かんだと思います。

それでは、なぜ保険に加入するのでしょうか。

保険とは「もしものときに備えて同じような不安を持っている人たちが、お金を出し合ってもしものときには、みんなで助けようという」相互扶助の精神が元になっている制度のことをいいます。

すなわち、将来に備えてみんなでお金を出し合って助け合いましょうというものになっています。

保険に加入している人たちは「将来、病気になってしまったら…」とか「けがをして働けなくなったらどうしよう…」などの不安を出来るだけなくすために、保険に加入しています。

1.1いろいろある保険商品

保険とはどのようなものかというのがご理解いただけかと思います。

それではどのような不安が保険商品として現在発売されているのでしょうか。

大きく分類すると下記の3種類に分類されます。

  • 定期保険
  • 養老保険
  • 終身保険

いろいろな生命保険が3つに分類されました。それぞれの特徴をしっかりと掴むことが出来れば、生命保険に加入する際に迷わなくても加入できます。

それぞれの特徴に関しては、次項の「1.2医療保険の種類」にて詳しく説明していきます。

1.2生命保険の種類

%e7%84%a1%e9%a1%8c

前項「1.1いろいろある保険商品」で、生命保険の種類は大きく分けて3つあるとお伝えしました。それぞれの特性を活用することによって、保障の向き・不向きがあります。

例えば、保険料が加入した時に決まる終身保険については、医療保障やがん保障が向いています。

保険料が一生涯上がらないため、年齢が若い時に加入した方がいいというわけです。

更新がある定期保険は、死亡保障をつける際に向いている保険といえます。

更新期間が定められているため、生命保険を見直す際に有利になります。

ライフプランによって死亡保障の額を増やしたり、減らしたりすることができます。

以上のような保障に向いている生命保険が全く違います。

そのようなことを踏まえて、生命保険の特徴と、近年話題に上っている外貨建ての生命保険の特徴について詳しくご紹介していきます。

1.2.1定期保険

定期保険とは、その名のとおり一定期間のみの保障がある生命保険になっています。平準定期保険、逓減定期保険、逓増定期保険の3種類があります。

共通している特徴は以下のとおりです。

  • 掛け捨ての保険
  • 割安な保険料
  • 更新すると保険料が高くなる

定期保険は、掛け捨ての生命保険になっているため、途中で解約してもお金は戻ってこないのが特徴です。

この貯蓄部分の保険料を支払わなくてもよいため、保険料は割安になっています。

契約してから更新までは契約時の年齢における保険料を支払うことになりますが、更新をすると更新時の年齢における保険料を支払うため、保険料が高くなってしまいます。

平準定期保険は、保険期間中に死亡した場合や高度障害になってしまった場合に保険金が支払われます。

逓減定期保険は、保険金が年数が経つにしたがって減っていく保険になっています。そのため、今現在は手厚い保障が必要だが、年数が経つにつれて保障が必要なくなるという場合に加入すべき定期保険の種類になっています。

逓増定期保険は、逓減定期保険とは違い、年数が経つにつれて保険金が増えていく保険になっています。このタイプの保険は、法人で加入するのが一般的になっており、個人で加入する人はいません。

1.2.2養老保険

養老保険とは、一定の保障期間を定めた上で満期の時に死亡保障額と同じ額の満期金が支払われる保険となっています。

先ほど紹介した定期保険に貯蓄の性質がある生命保険というイメージです。

養老保険の特徴は以下のようなことがあげられます。

  • 保障期間内は死亡保障がある
  • 死亡給付金と同じ額の満期金を受け取れる
  • 定期保険に比べて保険料は割高になる

養老保険は、貯蓄も兼ねている生命保険になっているため、掛け捨ての定期保険に比べて、月々に保険料が割高になるのが特徴としてあげられます。

そのかわり、保健期間の満期がくると、死亡給付金と同じ額の満期金が受け取れます。

1.2.3終身保険

終身保険とは、保険期間を定めずに一生涯にわたって保障される保険となっています。

終身保険には貯蓄の性質もあり、解約した際には掛けた保険料が戻ってくる場合があります。

ただし、契約したばかりの終身保険を解約した場合は、戻ってくるお金はごくわずかになります。

終身保険の特徴は以下のようなことがあげられます。

  • 保険料は一生涯変わらない
  • 貯蓄を兼ねることができる
  • 一生涯保障が続く

終身保険は、加入した時から保険料の払い込みが終了するまで、ずっと保険料が変わらないのが特徴としてあげられます。

これは、定期保険や養老保険とは違い、更新がない為です。そして、養老保険と同様に貯蓄を兼ねている生命保険です

。そのため、終身保険に加入している人の目的は、老後の生活資金を貯めることを目的としている人や子供の学費を貯めている人、自分の葬式のお金を貯めている人などさまざまです。

長い間同じ終身保険に加入していると、保険料の払い込みが終了してからも一生涯保障が続くこともある生命保険になっています。

1.2.4外貨建て生命保険

2016年1月下旬に行われた日銀政策決定会合で、導入が決定された「マイナス金利」の影響で、今年は外貨建ての生命保険に注目が集まりました。

外貨建ての生命保険とはどのようなものなのでしょうか。

外貨建ての生命保険の特徴は、次のようなものになります。

  • 円建ての生命保険とは違い、為替の影響を受ける
  • 円建ての生命保険よりも、良い利率で運用される
  • 外貨から円へ両替する際に、手数料を取られる

外貨建て生命保険は、国内の生命保険会社をはじめ外資系生命保険会社に多く見られる保険商品になっています。

主に米ドルや豪ドル、ユーロで払い込んだ保険料を運用するため、為替の影響をもろに受けてしまいます。

しかし、外貨建て生命保険は長期間契約されることが前提となっているため、短期間の為替影響よりも受けにくくなっています。

日本では、バブルがはじけてから低金利時代に突入しています。

円建ての生命保険に加入した場合には、日本の国債を中心に運用がされますが、外貨建ての生命保険に加入した場合は、アメリカの国債やオーストラリアの国債と運用する通貨の国の国債を運用に使います。

そのため、外貨建て生命保険の方が良い利率で運用されます。

そのため、子どもが生まれた時に外貨建て終身保険に加入し、教育資金をこの外貨建て終身保険で貯めているという家庭もあります。

将来の為替が分からないというリスクが存在しますが、そのリスクを承知で利率の良い商品を希望される場合は加入してもいいかもしれません。

2.メットライフ生命とは

%e3%83%a1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e7%94%9f%e5%91%bd%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%84-300x270

最近、よく目にするメットライフ生命のコマーシャル。

スヌーピーのキャラクターたちが出てくるあのコマーシャルです。

メットライフ生命とはどのような保険会社なのでしょうか。

メットライフ生命は、アメリカにあるメットライフという保険会社の日本法人です。

1954年にアメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニーの日本支社が設立されて以来、60年以上も日本で保険販売を行っている外資系の生命保険会社です。

平成27年度決算では、保険料収入(1,631,353百万円)よりも経常利益(2,081,189百万円)の方が上回っており、本業の保険料収入以上の収入がある保険会社です。

予想外の災害などのリスクに対応できるだけの保険料支払い能力があるということになるソルベンシー・マージン比率も870%となっています。

一般的には、200%を超えていると健全とされているため、健全な経営を行っていることが分かります。

もし200%を下回ってしまうと、早期に200%を上回るよう、経営改善の行政指導を受けてしまいます。

3.メットライフ生命の保険商品

index_flexigold

メットライフ生命はどのような保険商品を販売しているのでしょうか。メットライフ生命のホームページによると、以下のような保険商品を販売しています。

  • 医療保険(終身)
  • 医療保険(介護)
  • 死亡保険(定期)
  • 死亡保険(終身)
  • 死亡保険(養老)
  • ガン保険
  • 個人年金保険
  • 団体保険

とても多くの保険商品を販売していることが分かります。

その中でも、医療保険(終身)と死亡保険(定期)、外貨建て保険について詳しく見ていきたいと思います。

医療保険(終身)

終身医療保険 フレキシィ [シンプルタイプ]という商品名で、医療保険(終身)を販売しています。

この商品の特徴は、入院給付金が1日目から給付されたり、先進医療も保障されるなどシンプルな基本保障にプラスして退院後の通院保障や七疾病での入院保障延長を付加することができます。

終身保険となっているため、入院・手術の保障が一生涯続くことはとてもありがたいですね。

入院基本日額も日額5,000円と日額10,000円の2種類から選ぶことができます。そのため、高額医療費の自己負担分額などを考えて自分自身にあった保障で加入することができます。

また、他社の終身医療保険とは異なり、基本的に掛け捨ての終身医療保険になっています。そのため、貯蓄部分の付加保険料がないため、他社の同じような保障がついた終身保険よりも割安な保険料で加入できます。

掛け捨ての保険はもったいないという方にも安心なプランもメットライフ生命には用意してあります。

5年ごとに健康祝い金が支払われるプランもあり、加入される人にとってもっとも最適のプランで加入できるような商品となっています。

死亡保険(定期)

item_logo_super

スーパー割引定期保険という商品名で、死亡保険(定期)を販売しています。

この商品の特徴は、メットライフ生命所定の健康基準をクリアしていると保険料が最大52.9%割引されるということです。

喫煙をしていない被保険者や、血圧も平常値、体重も平均ということにプラスして健康診断の結果も審査され、保険料が決められます。

メットライフ生命は、一般的な保険だと契約時年齢や性別で決まる保険料を、一人ひとり死亡リスクが異なっているということに着目し、この定期保険が生まれました。

このスーパー割引定期保険は、被保険者の健康リスクによって保険料が決まります。保険料の割引率は、非喫煙優良体(ファーストクラス)・非喫煙標準体(セカンドクラス)・喫煙優良体(サードクラス)・標準体(スタンダードクラス)と4つの区分があります。

他社にこのような保険商品があったでしょうか。通常の生命保険ですと、年齢によって保険料が決められます。

年齢による死亡率や健康リスクを見ているわけです。

しかし、考えてみてください。

年齢は同じでも、その人によって健康リスクは全然違います。

タバコを一日でたくさん吸う人いわゆるヘビースモーカーもいれば、全く吸わない人もいます。

体重に関しても、いわゆる肥満といわれる人や逆に痩せている人もいます。このように被保険者によって病気になるリスクが全然違います。

メットライフ生命に健康体だと認められた人は、保険料が健康リスクのある人に比べて、半額近く安くなるという画期的な保険商品になっています。

健康に自信のある人で、定期保険に加入を検討している人は是非このスーパー割引定期保険に加入をしてみてください。

A

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る