『掛け捨てじゃない保険は損?得?』元保険外交員が損する人と得する人を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

掛け捨てじゃない保険(保障+貯蓄)と掛け捨ての保険は何度も話題に出るように、どちらが良いのか悩みますよね。

ネット情報でも『掛け捨てじゃない保険は損』とか、『保険料に安い掛け捨ての保険の方がお得』と書かれていますが、果たしてそれは本当なのか?

また、貯蓄を目的とした場合、銀行で貯金するのと掛け捨てじゃない保険で貯蓄するのとではどちらが得をするのでしょうか?

保険というのは基本的に、年齢や家族構成以外にも考え方によっても変わってくるのです。

掛け捨てが損すると思う人もいれば、掛け捨てじゃない保険が損をすると思う人もいるという事です。

ここでは、自分に合うのが掛け捨てなのか掛け捨てじゃないのか、また自分の考え方はどちらなのか悩んでいる人に、元保険外交員が損する人・得する人を解説していきます。

効率よく掛け捨てじゃない保険と掛け捨ての保険を使い分けるポイントや比較など情報満載!

少しでも保険料を無駄にしないために、この記事を参考にしていただけると嬉しいです。

目次

1.掛け捨てじゃない保険とは?
1.1.掛け捨ての保険と掛け捨てじゃない保険の違い
1.2.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険の種類

2.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険のメリット
2.1.貯蓄ができる
2.2.銀行で貯蓄するよりも増える
2.3.終身保険の場合、病気になっても保障が続きます

3.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険のデメリット
3.1.保険料が高い
3.2.見直しがしづらい
3.3.途中で解約すると損してしまう

4.掛け捨てじゃない保険(貯蓄型)保険で損する人
4.1.大きな保障が必要な人
4.2.短期間で解約する可能性のある人
4.3.貯蓄する必要がない人

5.掛け捨てじゃない(貯蓄型)保険で得する人
5.1.貯蓄もしたい人
5.2.長い期間解約する予定のない人
5.3.必要な保障額が少ない人

6.掛け捨てじゃない保険は本当に損をするのか?
6.1.生命保険の損得勘定とは?
6.2.目的に合わせて決めましょう
6.3.仕組みについての違いを知ることが大切です

7.組み合わせることで損することなく合理的にできます
7.1.掛け捨ての良さと掛け捨てじゃない保険の良さを組み合わせましょう
7.2.家族構成や年齢によって使い分けましょう
7.3.再度目的に合っているか確認しましょう

8.まとめ

1.掛け捨てじゃない保険とは?

1.1.掛け捨ての保険と掛け捨てじゃない保険の違い

まずは、掛け捨ての保険と掛け捨てじゃない保険の違いについてみていきましょう。

掛け捨ての保険というのは解約しても返戻金(戻ってくるお金)の無い保険の事を指し、保険期間を決めていざという時に備える保険です。

返戻金が無いので保険期間の途中で解約しても、当然ですが今まで払い込んだ保険料の返還はありませんし、保険期間が終わっても払い込んだ保険料は返還されません。

反対に掛け捨てじゃない保険は、保障に加えて貯蓄も備わっている保険なので保険料は掛け捨ての保険よりも高く設定されていますが、途中での解約や保険期間満了時に返戻金が受け取れます。

この返戻金は保険期間の途中で解約してしまうと払込んだ保険料の合計額よりも下回ってしまう事もありますが、ほとんどの場合は保険料相当額もしくは、実際に払い込んだ保険料よりも多く返ってくることがあります。

掛け捨ての保険は、何事もなければそれで終わってしまいますが、掛け捨てじゃない貯蓄も兼ね備えた保険では、保険金・給付金だけでなく、お祝い金や返戻金と言う形で戻ってくる商品もあります。

1.2.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険の種類

掛け捨てじゃない保険の種類は色々ありますので順番に見ていきましょう。

 

・終身保険


終身保険とは保険期間が一生涯続く保険で、一定期間経過後に解約した際は解約返戻金が実際に払い込んだ保険料の合計金額よりも上回る事から、老後のための貯蓄として活用している人も多い保険です。

・養老保険


契約時に期間を定めて、その期間中大きな死亡保障を準備できるとともに保険期間が満期を迎えた時には、死亡保険金と同じ額の返戻金を受け取る事のできる保険です。

・学資保険

お子様がいるご家庭がよく利用する貯蓄型の保険で、将来に必要な入学金などを準備するために活用されます。
また、契約者のお父様もしくはお母様にもしもの事があった場合は、死亡保険金として受け取ることができる保険もあるのでいざという時の保障にもなります。

・個人年金保険

退職後から国民年金を受け取るまでの期間の収入の代わりとして加入する人もいれば、国民年金では足りない分を補うために加入する人もいます。

・お祝い給付金付き保険
医療保険などの場合、病気や怪我もなく給付金を受け取るようなことが無かった時に、5年や10年ごとに健康祝い金として給付金を受け取る事のできる保険です。
また、学資保険のような保険にも、3年ごとや5年ごとなど期間を決めて給付金を受け取れるタイプもあります。

2.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険のメリット

2.1.貯蓄ができる

万が一の保障に加えて貯蓄機能も備わっているので、掛け捨ての保険と違い払い込んだ保険料が貯蓄として返ってきます。

そのため、貯蓄が苦手な人は保険料として毎月口座から引かれるようにして貯蓄を目的として加入する事もできます。

掛け捨ての保険の場合、保険料も安いですが無事に何事もなく保険期間が満期を迎えれば何も無かったことになりますが、掛け捨てじゃない保険は返戻金として保険料の一部もしくわ、相当額が返ってくることから、保険料を支払っているつもりで貯蓄をすることができるのです。

2.2.銀行で貯蓄するよりも増える

貯蓄と言えば銀行に預ける事をイメージすることが多いと思いますが、銀行に貯蓄をした場合ほとんどが預け入れた金額と相当額ですが、貯蓄も兼ね備えた保険を活用することで、払い込んだ保険料よりもプラスになった金額で受け取ることが可能です。

また返戻金 (戻ってくるお金)の割合を返戻率と言いますが、この返戻率が120%の場合、100万円の保険料でも120万円になって返ってくることから、とても利率が高いことが分かると思います。

なぜ返ってくるお金が、実際に払った保険料の合計額よりも高くなるのかと言うと、保険会社は預かったお金を運用して出た運用益を上乗せするからです。

契約期間が長いほど、預けておく期間も長いので返戻率は高くなってきます。

2.3.終身保険の場合、病気になっても保障が続きます

一般的な掛け捨ての定期保険の場合、保険期間が満期を迎えてしまうと保障がなくなってしまいますので、引き続き保障が必要な時には、新たに保険に加入する必要があります。

しかし、病気を発症していたり既往症があると新たに加入する事ができない可能性もありますが、掛け捨てではない終身保険であれば、万が一病気になってしまった時にも保障がずっと続くので保障されない期間が無く安心です。

掛け捨てじゃない保険の代表的ともいえる終身保険ですが、損や得以外にも保険としてのメリットはたくさんあります。

3.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険のデメリット

3.1.保険料が高い

掛け捨てじゃない保険と言うのは、貯蓄機能も備わっているため保険料の中には貯蓄のための積み立て金も含まれているので、保障の分の保険料だけで済む掛け捨ての保険に比べて保険料が高く設定されています。

なるべく保険料は安く抑えたい人や、月々の生活費から貯蓄が難しい人はいくら貯蓄機能が備わっているからといえ、家計を圧迫してしまう可能性もあります。

また、養老保険のように10年・20年などに契約期間を設定する場合は良いですが、終身保険のように長い期間契約する保険は、高い保険料を払い続ける事ができるのかも考えなくてはいけません。

銀行で貯蓄するよりも利率が高いからと契約していては、途中で保険料が支払えなくなってしまうと、銀行に預け入れているよりも損してしまうので注意が必要です。

3.2.見直しがしづらい

生命保険の保障内容は年々変化しているため定期的に見直しをして、その時々に合った保険に変えていくことが望ましいのですが、掛け捨てじゃない保険に加入する人の多くは、貯蓄も重要になってくるので契約期間中に解約をしてしまうと、払込んだ保険料よりも返ってくるお金の方が少なくなってしまうので、途中で解約することができません。

そのため、見直すために解約をするという事がしずらくなってきますので、貯蓄を目的とした掛け捨てじゃない保険はあまり保障内容の変化のない死亡保険にすることをオススメします。

3.3.途中で解約をすると損してしまいます

保険料を少しでも安く抑えるために低解約返戻型の保険に加入している場合、保険料の払込期間が終わる前に途中で予定よりも早くに解約してしまうと実際に払い込んだ保険料の合計額の約7割ほどしか戻ってこないため、損してしまうことがあります。

銀行で貯蓄する場合、いつでも引き出しができる事に加えて毎月預ける金額もその月の収入に合わせて決める事ができるというメリットがあるため、短い期間でまとまったお金が必要な時や途中で保険料が払い込めなくなることを考えると銀行での貯蓄がオススメです。

4.掛け捨てじゃない(貯蓄型)保険で損する人

4.1.大きな保障が必要な人

責任世代と言われる最も支出の高い年代の場合、保険で準備するべき必要な保障額はとても高額になってきます。

その大きな必要保障額は、お子様の成長や住宅ローンの返済年数が経過するとともに減っていくため常に一定の保険金額ではなく、家族の生活設計に合わせて少なくしていくことが保険料の無駄もなく合理的な選択とも言えます。

この年代の人が加入している保険の多くは、安い保険料で大きな保障を準備できる掛け捨ての定期保険で、掛け捨てじゃない保険でこの必要保障額を準備しようと思うとかなりの金額になってしまい、家計を圧迫してしまう事や一定の保障額を準備してしまう事になるので、保障額の面でも無駄になってしまいます。

そのため、大きな保障が必要な時期は掛け捨てじゃない貯蓄型のついた保険ではなく掛け捨ての定期保険や収入保障保険に加入することがオススメです。

収入保障保険とは?

必要な保障額はお子様の成長とともに下がっていくので、保険金も合理的に下がっていく保険の事を言います。

また収入保障保険の最大の特徴は、もしもの事があった場合に一家の大黒柱であるご主人に代わって毎月のお給料のように保険金が受け取ることができる年金月額受け取りが選択できる事です。

4.2.短期間で解約する可能性のある人

掛け捨てじゃない貯蓄型の保険で最も重要視される点は受け取る(戻ってくる)金額が、実際に支払った保険料の合計額よりもプラスされている事ですよね。

保険料と同額であれば銀行の貯蓄と同じになってしまいますが、保険で貯蓄を考えている人は利率が良いことにメリットを感じて加入していると思います。

しかし、決められた期間保険料を払い込むことで返戻金が保険料を上回る保険の場合、短期間で解約してしまうと払い込んだ保険料よりもマイナスになってしまうので損してしまいます。

そのため、保険料の払込期間が満了するよりも先にまとまったお金が必要になる時には掛け捨てじゃない貯蓄型の保険はあまりお勧めできません。

例えば、お子様の入学資金を準備する目的で掛け捨てじゃない貯蓄型の保険に加入することを検討しているとします。

入学資金が必要になるのが15年後なのに、保険料が安いからと保険期間を20年にしてしまうと早く解約することになり損をしてしまうという事です。

返戻率が120%の保険はいつ解約しても120%と言うわけではなく、決められた期間保険料を払い続けたら120%の返戻率がありますという事なので、契約する前に必ず必要な時期に返戻率が100%を超えているか確認しなくてはいけません。

4.3.貯蓄をする必要がない人

既に十分な貯蓄があり、あえて保険で貯蓄をする必要がない人は、保険に加入する目的は、もしもの備えになると思いますので、積み立ての分の保険料も含まれる掛け捨てじゃない保険に加入するよりは純粋に保障だけの掛け捨ての保険に加入する方が保険料も安く見直しもしやすいのでオススメします。

しかし、掛け捨てじゃない保険のひとつである終身保険の場合、貯蓄以外にも一生涯同じ保険料で保障を継続できるなどメリットがたくさんありますので特徴を知ったうえで判断しましょう。

5.掛け捨てじゃない(貯蓄型)保険で得する人

5.1.貯蓄もしたい人

掛け捨てじゃない貯蓄型の保険のメリットは何といっても安全に増やすことができるという事。

この先10年後20年後がインフレ化が進んでいるのかデフレ化が進んでいるのかを想定する事は難しいですが、銀行よりも利率が悪くなることは今のところは考えにくいですし変額保険や外貨建て保険のようにハイリスク・ハイリターンのようなものでない限り目的に合わせて安全に増やすことができます。

また、保障も必要だが掛け捨ての保険はもったいないと考えている人は、貯蓄機能の備わった掛け捨てじゃない保険であれば一定の期間が経過すれば銀行で預けるよりもプラスになるのでオススメです。

5.2.長い期間解約する予定のない人

貯蓄型の保険に加入する際に、一番注意が必要なのが解約する時期です。

養老保険のように10年20年と一般的な定期保険と同じような期間の場合は良いのですが終身保険のように60歳や70歳を払い込み満期に設定した保険の場合だと、保険期間がとても長くなってきますので、その間に解約する予定のない人は、返戻率が高くなりますので払い込んだ保険料よりも多く返ってきますので金銭面では得をする可能性が大きくなります。

そのため、特に短期間で使う予定もなく契約期間通りに保険料を払い続けられる人は銀行で預けるよりも良いでしょう。

5.3.必要な保障額が少ない人

先ほどにも述べたように、大きな保障が必要な人は貯蓄型の保険だと掛け捨ての保険よりも保険料が高いので、あまりお勧めできませんが、老後の葬祭費用などを目的とした貯蓄や一時的なお子様の入学資金などを目的とした貯蓄であれば、保障を重視した保険ではないため保障額は少ないと言えます。

なので、大きな保障は掛け捨ての定期保険をメインで準備して、貯蓄を目的とした保険は保障額が少額の掛け捨てじゃない貯蓄型の保険にサブで加入する方法がオススメです。

そもそも必要な保障額と言うのは、被保険者にもしもの事があった場合に残されたご家族のために必要な金額の事で、ご家族構成や年齢によって変わってきます。

その必要な保障額が多ければ、保険で準備する保険金額が多く必要になりますので、比較的保険料の安い掛け捨ての保険に加入している人が多いのはそのためです。

6.掛け捨てじゃない保険は本当に損するのか?

6.1.生命保険の損得勘定とは

生命保険に何を求めるかは人それぞれ違います。

数多くいる保険屋さんやFPでも考え方が違い、加入している保険の種類もそれぞれ違うため勧められる保険は異なってきます。

冒頭にも書かせていただいた通り、掛け捨ての保険は保険料が返ってこないので損していると考える人もいれば、掛け捨てじゃない保険は、途中で解約できないので損してしまうという人もいます。

そのため、生命保険の損得勘定は人によって違うという事です。

掛け捨てじゃない保険が本当に損になってしまうケースのほとんどは、保険期間の途中で解約してしまうような事があった時で貯蓄を目的として加入している場合です。

預けた金額よりも下回ってしまう時には当然損になってしまいますが、上回って返ってこれば得になりますよね。

しかし、貯蓄ではなくもしもの時の備えが目的の場合は、定期的に見直しができて合理的、かつ保険料が安い方が得と感じます。

このように、生命保険に対して何を求めるかで決まってくるのです。

保険に加入する時に、勧められるがままに加入してしまうと多少の返戻金があると思って保険料を支払っていても解約した時に返戻金が全くない掛け捨ての保険だと知ったら今まで支払ってきた保険料が損したと思ってしまう事もあるため、必ず掛け捨ての保険か掛け捨てじゃない保険かを確認しておきましょう。

6.2.目的に合わせて決めましょう

保障が重視なら掛け捨ての保険で貯蓄も目的として考えるなら掛け捨てじゃない保険と目的に合わせて保険の種類を決めましょう。

生命保険と言うのは、毎月の保険料は安いものの総額にするととても高い商品になり、また『安心』という目に見えない商品なのでとても注意が必要な買い物になります。

加入する目的が、保障なのにいざという時に役に立たなかったでは意味がなく今までの保険料が無駄になってしまいます。

そのため、いつどんな時に必要になってくるのか、何を目的として加入するのかなどを考えて加入することをオススメします。

例えば、お子様の高校や大学の入学資金のために学資保険に加入するのであれば、返戻金の金額がきちんと目的の額に合っているか、そして必要な時期に受け取れるように契約期間を設定します。

また、老後の年金の備えとして個人年金保険に加入する場合は、収支のバランスも考えて年金額が多すぎていないか、反対に少なすぎていないかなど計画を立てて決めましょう。

そして、責任世代など保障を目的とした場合は、掛け捨ての保険で比較的安く大きな保障を準備した方が良いこともありますのでご自身の必要保障額に合った保険に加入することをオススメします。

このように、生命保険は目的に合わせて決めるようにするのが一番損をしない良い方法だと言えるでしょう。

6.3.仕組みについての違いを知ることが大切です

掛け捨てじゃない保険とよく比較をされる掛け捨ての保険ですが、この2つの違いを知ることで良い保険選びができると言えるでしょう。

なぜ掛け捨ての保険の保険料が安く設定されているのか、また掛け捨てじゃない保険はなぜ貯蓄が出来るのかなど、それぞれ仕組みを解説していきます。

掛け捨ての保険

掛け捨ての保険と言うのは定期の死亡保険を指し、もしもの場合に備えて大きな保障を準備する事を目的として加入しますが、責任世代と言われる働き盛りのご主人や、お子様の小さいご家庭の方が加入する保険です。

この時期は、将来の事も含めて必要になってくる保障額が大きいが、保険会社側にとって保険金を支払うリスクは高齢者に比べて低いため保障に対する保険料は安く設定されています。

毎月の保険料は安いものの解約した時の返戻金がないので、お守りのような保険です。

掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険

貯蓄機能も備わった掛け捨てじゃない保険は、もしもの事があった場合には死亡保障に代わり、何事もなければ返戻金としてお金が戻ってくるため保険会社側にとってはどちらにしても必ず支払わなければいけないため保険料の中から積み立てをしていく必要があるので、保障部分の保険料+返戻金のための積み立て部分の保険料を貰わなくてはいけません。

また、保障部分の保険料も含まれているのに返戻金がなぜ払い込んだ保険料の合計額よりも多く返ってくるのかと言うと、積立金を運用し、得た利益を上乗せすることで多くなる仕組みになっているのです。

そのため、掛け捨ての保険料に比べると高いですが、貯蓄が苦手な人や長期間に渡り銀行で貯蓄を考えている人には向いています。

 

このように、保険料ひとつとっても仕組みが違い、目的によっては損する事も得する事もあるという事です。

そして一番の損は、掛け捨ての保険か貯蓄型の保険かという事ではなく保障内容を知らずに加入してしまう事であるということが分かりますよね。

7.組み合わせることで損することなく合理的にできます

積み立て

7.1.掛け捨ての良さと掛け捨てじゃない保険の良さを組み合わせましょう

ここでいう掛け捨ての良さと言うのは、安い保険料で大きな保障を準備できる事をいい、必要保障額が大きい時期は掛け捨ての定期保険でお子様の成長に合わせた保険の形にすることができるという事です。

また、掛け捨てじゃない保険の良さは実際に保険料という形で捻出した金額よりも多く受け取れるほか、終身保険の場合だと年齢の若いうちに加入していれば保険料も比較的安く、ずっと変わらない保険料で保障が続くため年齢とともに保険料が上がる心配もなく収支の計画を立てやすいとも言えます。

これらを組み合わせて、老後も現在も合理的に目的に合わせて加入することで理想的な保険になります。

例えば今現在、必要な保障額が5,000万円だった場合、終身保険で200~300万円(葬儀費用の相場の額)の死亡保険に加入して、残りの4,800万円を掛け捨ての定期保険で準備をする。

約200万円の終身死亡保険であれば、払込期間が終身で30歳で加入しても毎月約3,000円の商品もあるため掛け捨ての定期保険の保険期間が終わってから加入するよりも同時に組み合わせて加入した方が安くなります。

このように、掛け捨ての保険と掛け捨てじゃない保険を組み合わせることで合理的に準備できるケースもありますので、様々な視点から見て保険を考えるといいと思います。

7.2.家族構成や年齢によって使い分けましょう

生命保険と言うのは主に家族構成や年齢によって種類が変わってきます。

例えば、独身の人よりもお子様のいるご家庭の方が必要な保障額が大きくなる事や、被保険者の契約時の年齢によって毎月の保険料の金額が異なります。

目的に合わせて、異なる種類の保険に加入できる場合は良いのですが、あまり保険料に家計を圧迫されたくないと考える時は、その時に一番必要な保障内容の保険に加入することが大切です。

収支のバランスを考えて、保険料を最低限に抑えたい時など今本当に必要なのは保障なのか貯蓄なのかです。

毎月収入がバラバラである人が、貯蓄をするために掛け捨てじゃない保険に加入していても、毎月の保険料が払える月と払えない月があっては困ってしまいますよね。

そういった場合は、余裕のある月は1万円で余裕のない月は5,000円など自分のペースで決められる銀行の貯蓄の方が良いこともあります。

そのため、小さいお子様がいるご家庭などでは無理に貯蓄型の保険に加入せずご家族のための保険にしましょう。

保険料の払込期間が長ければ長いほど、保険料は安くなりますので若いうちに加入すると月々の負担も少なくなりますが、貯蓄型の場合保険料の払込期間も重要になってきます。

定年退職に合わせて60歳で払込を終わっておくように設定したり、受け取りたい年数に合わせたりします。

例えば、終身保険の場合、退職後は収入も減ってしまう事から保険料の払込が負担になって解約をしないうように、前もって60歳以降は保険料を払い込まなくても保障が続くようにする人も多く、他にも老後の資金であれば個人年金や終身保険で保険料の払込期間を60歳までとできますが、お子様のための積み立てとなると比較的早めに返戻率がよくなる学資保険の方が15年後20年後と設定できるので、受け取る予定の年齢によっても保険の種類を使い分けるといいでしょう。

7.3.再度目的に合っているか確認しましょう

掛け捨てじゃない保険は、払い込んだ保険料の合計額よりも多く返ってくることを前提として加入している事が多いので、途中で解約をしてしまうと保険料の総額よりも返ってくる返戻金が少なくなってしまいますので損をしてしまいます。

しかし、見直しなどで何度も解約をしていれば、身も蓋もありません。

そのため、掛け捨てじゃない保険に加入する際は加入前に再度、本当に目的に合っているのか確認をする必要があります。

保険料は払い続けられる金額なのか、返戻金が保険料の合計額よりも多くなる時期は目的に合っているか、受け取る金額は多すぎていないか反対に少なすぎていないか、など様々な視点から見て確認しましょう。

8.まとめ

掛け捨てじゃない保険と言うのは、主に解約した時に返戻金としてお金が戻ってくる保険の事を指しますが、この掛け捨てじゃない保険にも当然メリットがあればデメリットもあります。

銀行よりも返戻率が良いことや、貯蓄だけでなく保障機能も備わっているため解約から数年でもしもの事があった場合には、保険金が受け取れないこと、反対に掛け捨ての保険よりも保険料が高いデメリットや途中で解約してしまうと損をする事など、それぞれのメリットやデメリットを理解したうえで加入することがとても大切です。

保険外交員として仕事をしていた時にお客様とお話をしていてよく言われた言葉が『よく分からないから面倒。』と保険の目的も『万が一のための保障』としか考えておらず、万が一の時にどのような保障が必要なのかまでは難しすぎて面倒だから任せるという人がとても多かったのです。

よく分からない保険に、毎月保険料を支払っていて、いざという時に役に立たない保険という事が、一番の損になると思いますので面倒でも自分や家族のために今入っている保険やこれから加入しようとしている保険についてはしっかりと学びましょうね。

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る