『掛け捨てじゃない保険は損?得?』元保険外交員が損する人と得する人を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

掛け捨てじゃない保険(保障+貯蓄)と掛け捨ての保険は何度も話題に出るように、どちらが良いのか悩みますよね。

ネット情報でも『掛け捨てじゃない保険は損』とか、『保険料に安い掛け捨ての保険の方がお得』と書かれていますが、果たしてそれは本当なのか?

また、貯蓄を目的とした場合、銀行で貯金するのと掛け捨てじゃない保険で貯蓄するのとではどちらが得をするのでしょうか?

保険というのは基本的に、年齢や家族構成以外にも考え方によっても変わってくるのです。

掛け捨てが損すると思う人もいれば、掛け捨てじゃない保険が損をすると思う人もいるという事です。

ここでは、自分に合うのが掛け捨てなのか掛け捨てじゃないのか、また自分の考え方はどちらなのか悩んでいる人に、元保険外交員が損する人・得する人を解説していきます。

効率よく掛け捨てじゃない保険と掛け捨ての保険を使い分けるポイントや比較など情報満載!

少しでも保険料を無駄にしないために、この記事を参考にしていただけると嬉しいです。

目次

1.掛け捨てじゃない保険とは?
1.1.掛け捨ての保険と掛け捨てじゃない保険の違い
1.2.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険の種類

2.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険のメリット
2.1.貯蓄ができる
2.2.銀行で貯蓄するよりも増える
2.3.終身保険の場合、病気になっても保障が続きます

3.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険のデメリット
3.1.保険料が高い
3.2.見直しがしづらい
3.3.途中で解約すると損してしまう

4.掛け捨てじゃない保険(貯蓄型)保険で損する人
4.1.大きな保障が必要な人
4.2.短期間で解約する可能性のある人
4.3.貯蓄する必要がない人

5.掛け捨てじゃない(貯蓄型)保険で得する人
5.1.貯蓄もしたい人
5.2.長い期間解約する予定のない人
5.3.必要な保障額が少ない人

6.掛け捨てじゃない保険は本当に損をするのか?
6.1.生命保険の損得勘定とは?
6.2.目的に合わせて決めましょう
6.3.仕組みについての違いを知ることが大切です

7.組み合わせることで損することなく合理的にできます
7.1.掛け捨ての良さと掛け捨てじゃない保険の良さを組み合わせましょう
7.2.家族構成や年齢によって使い分けましょう
7.3.再度目的に合っているか確認しましょう

8.まとめ

1.掛け捨てじゃない保険とは?

1.1.掛け捨ての保険と掛け捨てじゃない保険の違い

まずは、掛け捨ての保険と掛け捨てじゃない保険の違いについてみていきましょう。

掛け捨ての保険というのは解約しても返戻金(戻ってくるお金)の無い保険の事を指し、保険期間を決めていざという時に備える保険です。

返戻金が無いので保険期間の途中で解約しても、当然ですが今まで払い込んだ保険料の返還はありませんし、保険期間が終わっても払い込んだ保険料は返還されません。

反対に掛け捨てじゃない保険は、保障に加えて貯蓄も備わっている保険なので保険料は掛け捨ての保険よりも高く設定されていますが、途中での解約や保険期間満了時に返戻金が受け取れます。

この返戻金は保険期間の途中で解約してしまうと払込んだ保険料の合計額よりも下回ってしまう事もありますが、ほとんどの場合は保険料相当額もしくは、実際に払い込んだ保険料よりも多く返ってくることがあります。

掛け捨ての保険は、何事もなければそれで終わってしまいますが、掛け捨てじゃない貯蓄も兼ね備えた保険では、保険金・給付金だけでなく、お祝い金や返戻金と言う形で戻ってくる商品もあります。

1.2.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険の種類

掛け捨てじゃない保険の種類は色々ありますので順番に見ていきましょう。

 

・終身保険


終身保険とは保険期間が一生涯続く保険で、一定期間経過後に解約した際は解約返戻金が実際に払い込んだ保険料の合計金額よりも上回る事から、老後のための貯蓄として活用している人も多い保険です。

・養老保険


契約時に期間を定めて、その期間中大きな死亡保障を準備できるとともに保険期間が満期を迎えた時には、死亡保険金と同じ額の返戻金を受け取る事のできる保険です。

・学資保険

お子様がいるご家庭がよく利用する貯蓄型の保険で、将来に必要な入学金などを準備するために活用されます。
また、契約者のお父様もしくはお母様にもしもの事があった場合は、死亡保険金として受け取ることができる保険もあるのでいざという時の保障にもなります。

・個人年金保険

退職後から国民年金を受け取るまでの期間の収入の代わりとして加入する人もいれば、国民年金では足りない分を補うために加入する人もいます。

・お祝い給付金付き保険
医療保険などの場合、病気や怪我もなく給付金を受け取るようなことが無かった時に、5年や10年ごとに健康祝い金として給付金を受け取る事のできる保険です。
また、学資保険のような保険にも、3年ごとや5年ごとなど期間を決めて給付金を受け取れるタイプもあります。

2.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険のメリット

2.1.貯蓄ができる

万が一の保障に加えて貯蓄機能も備わっているので、掛け捨ての保険と違い払い込んだ保険料が貯蓄として返ってきます。

そのため、貯蓄が苦手な人は保険料として毎月口座から引かれるようにして貯蓄を目的として加入する事もできます。

掛け捨ての保険の場合、保険料も安いですが無事に何事もなく保険期間が満期を迎えれば何も無かったことになりますが、掛け捨てじゃない保険は返戻金として保険料の一部もしくわ、相当額が返ってくることから、保険料を支払っているつもりで貯蓄をすることができるのです。

2.2.銀行で貯蓄するよりも増える

貯蓄と言えば銀行に預ける事をイメージすることが多いと思いますが、銀行に貯蓄をした場合ほとんどが預け入れた金額と相当額ですが、貯蓄も兼ね備えた保険を活用することで、払い込んだ保険料よりもプラスになった金額で受け取ることが可能です。

また返戻金 (戻ってくるお金)の割合を返戻率と言いますが、この返戻率が120%の場合、100万円の保険料でも120万円になって返ってくることから、とても利率が高いことが分かると思います。

なぜ返ってくるお金が、実際に払った保険料の合計額よりも高くなるのかと言うと、保険会社は預かったお金を運用して出た運用益を上乗せするからです。

契約期間が長いほど、預けておく期間も長いので返戻率は高くなってきます。

2.3.終身保険の場合、病気になっても保障が続きます

一般的な掛け捨ての定期保険の場合、保険期間が満期を迎えてしまうと保障がなくなってしまいますので、引き続き保障が必要な時には、新たに保険に加入する必要があります。

しかし、病気を発症していたり既往症があると新たに加入する事ができない可能性もありますが、掛け捨てではない終身保険であれば、万が一病気になってしまった時にも保障がずっと続くので保障されない期間が無く安心です。

掛け捨てじゃない保険の代表的ともいえる終身保険ですが、損や得以外にも保険としてのメリットはたくさんあります。

3.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険のデメリット

3.1.保険料が高い

掛け捨てじゃない保険と言うのは、貯蓄機能も備わっているため保険料の中には貯蓄のための積み立て金も含まれているので、保障の分の保険料だけで済む掛け捨ての保険に比べて保険料が高く設定されています。

なるべく保険料は安く抑えたい人や、月々の生活費から貯蓄が難しい人はいくら貯蓄機能が備わっているからといえ、家計を圧迫してしまう可能性もあります。

また、養老保険のように10年・20年などに契約期間を設定する場合は良いですが、終身保険のように長い期間契約する保険は、高い保険料を払い続ける事ができるのかも考えなくてはいけません。

銀行で貯蓄するよりも利率が高いからと契約していては、途中で保険料が支払えなくなってしまうと、銀行に預け入れているよりも損してしまうので注意が必要です。

3.2.見直しがしづらい

生命保険の保障内容は年々変化しているため定期的に見直しをして、その時々に合った保険に変えていくことが望ましいのですが、掛け捨てじゃない保険に加入する人の多くは、貯蓄も重要になってくるので契約期間中に解約をしてしまうと、払込んだ保険料よりも返ってくるお金の方が少なくなってしまうので、途中で解約することができません。

そのため、見直すために解約をするという事がしずらくなってきますので、貯蓄を目的とした掛け捨てじゃない保険はあまり保障内容の変化のない死亡保険にすることをオススメします。

3.3.途中で解約をすると損してしまいます

保険料を少しでも安く抑えるために低解約返戻型の保険に加入している場合、保険料の払込期間が終わる前に途中で予定よりも早くに解約してしまうと実際に払い込んだ保険料の合計額の約7割ほどしか戻ってこないため、損してしまうことがあります。

銀行で貯蓄する場合、いつでも引き出しができる事に加えて毎月預ける金額もその月の収入に合わせて決める事ができるというメリットがあるため、短い期間でまとまったお金が必要な時や途中で保険料が払い込めなくなることを考えると銀行での貯蓄がオススメです。

4.掛け捨てじゃない(貯蓄型)保険で損する人

4.1.大きな保障が必要な人

責任世代と言われる最も支出の高い年代の場合、保険で準備するべき必要な保障額はとても高額になってきます。

その大きな必要保障額は、お子様の成長や住宅ローンの返済年数が経過するとともに減っていくため常に一定の保険金額ではなく、家族の生活設計に合わせて少なくしていくことが保険料の無駄もなく合理的な選択とも言えます。

この年代の人が加入している保険の多くは、安い保険料で大きな保障を準備できる掛け捨ての定期保険で、掛け捨てじゃない保険でこの必要保障額を準備しようと思うとかなりの金額になってしまい、家計を圧迫してしまう事や一定の保障額を準備してしまう事になるので、保障額の面でも無駄になってしまいます。

そのため、大きな保障が必要な時期は掛け捨てじゃない貯蓄型のついた保険ではなく掛け捨ての定期保険や収入保障保険に加入することがオススメです。

収入保障保険とは?

必要な保障額はお子様の成長とともに下がっていくので、保険金も合理的に下がっていく保険の事を言います。

また収入保障保険の最大の特徴は、もしもの事があった場合に一家の大黒柱であるご主人に代わって毎月のお給料のように保険金が受け取ることができる年金月額受け取りが選択できる事です。

4.2.短期間で解約する可能性のある人

掛け捨てじゃない貯蓄型の保険で最も重要視される点は受け取る(戻ってくる)金額が、実際に支払った保険料の合計額よりもプラスされている事ですよね。

保険料と同額であれば銀行の貯蓄と同じになってしまいますが、保険で貯蓄を考えている人は利率が良いことにメリットを感じて加入していると思います。

しかし、決められた期間保険料を払い込むことで返戻金が保険料を上回る保険の場合、短期間で解約してしまうと払い込んだ保険料よりもマイナスになってしまうので損してしまいます。

そのため、保険料の払込期間が満了するよりも先にまとまったお金が必要になる時には掛け捨てじゃない貯蓄型の保険はあまりお勧めできません。

例えば、お子様の入学資金を準備する目的で掛け捨てじゃない貯蓄型の保険に加入することを検討しているとします。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る