子供の医療保険は必要か?知っておきたい事とおすすめの保険4選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

子供の医療保険って必要なの?どんな医療保険がおすすめ?

こどもの医療保険ってそもそも必要なのかも判断しずらいですし、種類も多くて、ややこしいですよね。

子供の医療保険の種類は、初めから子供の医療保険を目的として作られた保険があったり、通常の医療保険などを少し改変したり、組み込まれたりなど、、

今回の記事では、そんな分かりにくい子供の医療保険について、子供の医療保険ってそもそもどんなもの?っというところから、子供の医療保険の種類やおすすめの保険、入るタイミングなど、子供の医療保険の疑問の答えをご紹介しています!

これで、あなたにあった子供の医療保険が見つかります!

目次

1. 子供の医療保険とはどんなものなの?

1.1 こどもの医療保険って大体こんなもの

1.2 人によってはあまり意味がないかも?

1.3   将来への投資でもある

2.子供の医療保険にはどんな種類が?3種類ある

2.1     こどもの医療保険と言っても種類は様々

2.2     子供の医療保険のタイプ①【ノーマルタイプ】

2.3     子供の医療保険のタイプ② 【学資もある!学資と医療タイプ】

 2.4  子供の医療保険のタイプ③ 【こんなものをつけて自分好みに保険を作る!】

3.子供の 医療保険って必要?不必要?

3.1   子供の医療保険必要性は人それぞれ

3.2 こんな人には必要かも?

3.3    こんな人には不必要かも

4. これがおすすめ!子供の医療保険4選

4.1 ①子供の医療保険の王道!?都道府県民共済

4.2   ②厚い保障!JA共済

4.3   ③アフラック ちゃんと応える医療保険EVER

4.4   ④オリックス生命医療保険新CURE

5. 子供の医療保険に入るならどのタイミング?

5.1 子供の医療保険は入るタイミングが難しい

5.2 みんなが子供の医療保険に入るタイミング

5.3 おすすめのタイミングはここ!

6.     実際に子供の医療保険を受けるには?

6.1 保険を使えるタイミング

6.2 手術の場合は?

6.3 保険金の支払いはいつ?

7.  子供の医療保険じゃない!他の保険3選

7.1  親なら一度は目を通したい保険まとめ

7.2   入っておくべき?!生命保険

 7.3   学資保険

8.まとめ

1. 子供の医療保険とはどんなものなの?

この記事では、おすすめできる子供の医療保険についてや、子供の医療保険の必要性などについてご紹介します。

そもそも子供の医療保険ってどんなもの?について理解しておかないと、本当に自分の子供に合った医療保険を選べません。

その事から、まず「子供の医療保険ってどんなもの?」っという疑問に対しての説明や、子供の医療保険が人によっては、意味がないものになるかもしれない話から、将来を見据えた保険になり得るかもしれない話など、子供の医療保険って大体こんなものかという枠組みをご紹介していきます。

 

1.1 子供の医療保険って大体こんなもの

「子供の医療保険って大体こんなもの!」と、かなりざっくりしていますが、この疑問を解決していこうと思います。

子供の医療保険っと一括りにしても、実はたくさんの種類があり、ゼロから子供のためだけに作った子供の医療保険などもあります。元々は普通の医療保険だったものを、子供向けに改造した様な子供の医療保険も存在します。

子供の医療保険はあくまで、医療保険なので主に子供の病気や怪我などを焦点に当て、医療費などに保険を掛ける子供の医療保険などが多いです。

しかし、子供の経済的リスクは医療費だけではなく、例えば「子供が外で遊んでいる途中に、誰かに損害を与えてしまった」などの場合にも、保険が適用されるような保険も多数存在します。

その事から、子供の医療保険とは「医療保険」っと一括りに出来るようなものではなく、子供がこれから起こしそうなリスクについて、総合的に保険を掛けるものなんです。

様々なニーズに対応している分、しっかりと吟味すれば子供にあった保険を選ぶ事が出来るという利点がありますが、一方でこの選択肢の多さが子供の医療保険をややこしくしているのです。

1.2 人によってはあまり意味がないかも?

「子供の医療保険は人によってはあまり意味がないものになる?」この疑問は、後に扱うトピックである「子供の医療保険についての必要性について」というトピックとかぶりますが、少しだけ触れておきます。

子供の医療保険は人によってはあまり意味のないものになるのでしょうか?これは、子供の医療保険に関する情報を見て、総合的に判断すると全く意味のない子供の医療保険は存在しないです。

というのも、子供の医療保険は医療費などの負担軽減のみではなく、様々な子供のリスクについての保険が存在するので、全く意味のないという人は見つける方が難しいです。

もし、ある人にとってあまり意味のない子供の医療保険が存在するとしたら、それは子供の医療保険自体の問題ではなく、その方にとって必要ない子供の医療保険であり、保険自体の種類はたくさんあるので、選択の問題です。

なので尚更、子供の医療保険は自分にあったものを選ぶ必要が出てくるのです。

1.3   将来への投資でもある

子供の医療保険は将来に対して有望な投資になります。

というのも、例えばもし子供が大きくなったタイミングで、子供が「大病にかかってしまった。そのためこれから保険に入りにくい」のようなリスクをすでに保険に加入しているので避けることが可能です。

また、このような大病などにかかるリスクのみならず、もしも子供がこれから何らかの病気にかかってしまい、その持病が原因で、これから保険に入るのが困難になるというリスクも避けることが可能です。

このようなリスクを避けるための保険のみならず、「20代払込終了」というタイプの保険を選ぶことで、子供が大人になり、巣立つタイミングに保険があれば、かなり心強い親・もしくは祖父母からの贈り物になることは間違いないです。

もちろん、「20代払込終了」タイプの保険は保険料が割高にはなります。その影響かは分かりませんが、このようなタイプの保険は現役世代の両親は勿論ですが、祖父母から贈られる事も少なくないです。

2. 子供の医療保険にはどんな種類が?3種類ある

次に子供の医療保険の種類・タイプについてご紹介しようと思います。

先程、子供の医療保険は色々なタイプの保険があり、一括りにはできないというお話をご紹介させて頂きましたが、それはこの子供の医療保険の種類というトピックでも同じです。

なので、主な子供の医療保険の種類についてご紹介していきたいと思います。

2.1     子供の医療保険と言っても種類は様々

子供の医療保険と言っても、種類は本当に様々です。なのでここでご紹介させて頂く、子供の医療保険は主な医療保険の種類に過ぎず、異なるタイプの保険もあることもご理解頂いた上で、ご覧いただければと思います。

今回、ご紹介させて頂く主な子供の医療保険の種類は、「ノーマルタイプの子供の医療保険」、「医療保険と学資保険」、「こんな保障を混ぜてくるタイプ」などです。

2.2 子供の医療保険のタイプ①【ノーマルタイプ】

まず、はじめにご紹介したい子供の医療保険の種類は、ノーマルタイプです。

ノーマルタイプは言葉の通りで、普通の医療保険です。このタイプは特にここが「子供の為の医療保険!」という事ではなくて、普通の終身医療保険に、子供も加入できるというものです。

実はこの終身医療保険は、少し前まで年齢制限が存在していて、幼い子供は加入できなかったのですが、現在では0歳からつまり生まれてすぐの子供でも加入する事が出来るようになりました。

なので、保険の内容も特に子供のここに手が届く!みたいな保障はなく、一般の終身医療保険と同様で、一定額を生涯のために支払うというものです。

そのため、子供が小さい頃から加入すれば、年齢が低ければ低いほど、保険料の負担軽減に繋がりますし、先ほどご紹介させて頂いた「20代払込終了」のように、払い込みの期間を予め決めておくことも可能です。

保険の商品によってルールは様々ですが、中には中途解約が出来るものや、契約の途中で新しいオプションをつける事も可能です。

2.3     子供の医療保険のタイプ② 【学資もある!学資と医療タイプ】

次にご紹介したいのは、「これぞ子供の医療保険!」っと言われそうな「学資保険」と「医療保険」をセットにしたタイプの子供の医療保険です。

やはり、子供!っというのが特徴である「学資保険」と「医療保険」を組み合わせたタイプが、子供の医療保険では選ばれる事が多いみたいです。

学資保険とは、子供がこれから学ぶためのお金を確保するための保険の事で、決まった保険料を月々支払っていき、子供がある程度の年齢になって「高校や大学に入学する際などのお金を毎月コツコツ確保していきましょう」という保険です。

教育に掛けるお金というのは子供ならではなので、子供の医療保険と一緒に学資保険も入れるような商品が多いそうです。

しかし、子供のための学資保険と医療保険を兼ね備えたタイプと言っても、内容は商品によって様々です。

例えば、商品によっては学資に焦点を当てているような商品もありますし、商品によっては医療保険におまけ程度に学資保険をつけているような保険もあります。

なので、「学資保険」と「医療保険」をセットにしたタイプの保険であっても、自分にあった保険というものをしっかりと吟味する必要性があります。

2.4  子供の医療保険のタイプ③ 【こんなものをつけて自分好みに保険を作る!】

最後は、特約についてご紹介します。

先程、ご紹介させて頂いたような保険に特約という形で、様々な保障をオプションのように付け加える事が可能です。

なので、このオプションを付け加える事で、自分好みに保険を作り込む事が可能で、本当に親と子にあった保険を受けることが可能という事です。

一部ではありますが、代表的なオプション(特約)についてご紹介したい思います。

まず、はじめにご紹介したいオプションは、「育英資金」というもので、親が子供が育っている途中で、亡くなってしまった場合に、一定の年齢まで経済面で支援してくれるというものです。(一年間決められた金額)

この一定の年齢というのは、一般的に大学を卒業する22歳である場合が多いみたいです。なので、もし22歳になるまでに親が亡くなってしまった場合は、22歳になるまで経済面で毎年お金を受ける事が可能です。

その他にもこんな特約があります。

特約の名前 保障内容
個人賠償責任保険 個人賠償責任保険はもし子供が他人に賠償する責任が発生した際に、必要になる賠償額を保障してくれる保険です。
死亡時保険金 死亡時保険は育英資金の逆で、本人が死亡・高度障害などを負った場合保険金が支払われます。

保険金は様々で0から1000万円と商品によって開きがあるみたいです。

第三者による加害行為に対する保障 この特約は、交通事故や暴行などによる被害に保険金が支払われる特約です。

商品によっては、ストーカーなどの行為に対しても、保険金が支払われるみたいです。


3.子供の
医療保険って必要?不必要?

先程までは、子供の医療保険についての大まかなご紹介をさせて頂きました。しかし、ここで1つ大きな疑問が浮かび上がります。

「子供の医療保険って本当に必要なの?正直、ウチの家族には必要ないかも?」という疑問、これから重要なトピックの1つである子供の医療保険の必要性についてご紹介しようと思います。

3.1   「子供の医療保険」必要性は人それぞれ

子供の医療保険の必要性は人それぞれです。

先程、意味のない子供の医療保険というものは存在しないとご紹介しましたが、「必要性は人それぞれです。」と聞くと、矛盾しているように聞こえるかもしれないです。

しかし、先程の意味ない子供の医療保険は存在しないというのは、あくまで意味がないものは存在しないという意味で、少しでも意味がある=必要性があるという事にはならないです。

仮にもし、意味のある保険は加入する必要性があると、この世の中にあるほぼ全ての保険に加入する必要性が出てきてしまいますが、そんな事不可能です。

なので、たくさんある商品の中から子供の医療保険を本当に必要としている場合は、加入しておく必要があります。

今回は、これだけでは少し分かりにくいので、具体的にどんな人に子供の医療保険が必要なのか、どんな人に子供の医療保険は必要ないのかをご紹介したいと思います。

3.2 こんな人には必要かも?

子供の医療保険が必要そうな方をご紹介しようと思います。

まず、子供の医療保険の必要性はどこにあるのかというと、主に公的なものではカバーしきれない部分にあります。

例えば、子供が入院になってしまった場合です。

入院と聞くと、医療費が膨大にかかってしまうイメージがありますが、実際入院してみると医療費は公的な医療保険によってカバーする事が可能です。

しかし、入院となるとかかる費用は、医療費のみではなく、例えば入院のベッド代などや食事代などです。

もし、病院に通う際に必要となる交通費が高くついてしまった場合なども、子供の医療保険によってカバーする事が可能なので、かなり心強いです。

医療費等の保障のみではなく、保険によっては、他人に対しての損害に対しての保障を受ける事などが保障の内容に含まれており、この部分は公的な援助は望めないリスクでもあります。

上記させて頂いた内容が主に、子供の医療保険に加入する際のメリットで、このメリットに大きな安心感を感じる場合は、あなたにとって子供の医療保険は必要性があると言えます。

しかし、メリットだけみてしまうと、必要性のみを感じてしまう可能性があるので、子供の医療保険によるデメリットを、見てから必要性のバランスを取ると、本当に子供の医療保険が必要なのか?を見極める事が可能なはずです。

3.3    こんな人には不必要かも

もし、今から上げる子供の医療保険のデメリット、不必要になる要素を見た時に、「これなら子供の医療保険なんて必要ない!」と強く思った場合は、あなたにとって子供の医療保険は必要ない可能性が高いです。

まず、はじめにご紹介したい点は、医療費を援助してくれる公的な制度が多数存在します。(地域によっては、かなり手厚い援助を行っている地域もある)

例を挙げると小児医療費助成制度、児童手当、義務教育就学児医療費助成制度などです。

しかし、小児医療費助成制度などはローカルで行っている公的な医療保障のため、お住いの地域によって保障内容は異なります。

また、「子供の医療保険は不必要!」という議論の中に必ずとも行ってもいい程、出てくるのは子供の入院率についてです。

fsdfだs
厚生労働省・年齢階級別にみた受療率

この表を見ていただければわかりますが、1~19歳までの成人するまでの子供の入院数は、他の年代に比べてかなり少ない事が分かります。(10万人あたり)

そして、もう1つ確認しておきたいデータがあり、先程ご紹介させて頂いてた表は、年齢別に見た入院についてですが、次は外来についての表です。

 


厚生労働省・年齢階級別にみた受療率

この表は外来の10万人あたりの外来の数を集めた表です。(年齢の順は、先程の表と同じです。)

この表を見てみてると、外来になると子供の受療率は高くなる事が分かり、他の世代と変わらない、むしろ20代や30代に比べると多いことが分かります。

2つの表を比べて分かる事は、子供は一般的に外来に行くことが多くても、入院が要するような病気には掛かりにくいという事です。

考えてみると、たしかに「インフルエンザ」や「風邪」などで、病院に行く子は多いですが、子供の内に入院を経験する子供ってそこまで多くない印象です。

また、外来などの医療費は小児医療費助成制度などで保障されるケースが多く、そこまで負担が掛かりにくい医療費でもあります。

そう考えると、「子供の医療保険不必要!」という意見にも一理ありますが、あくまで子供の医療保険は「もしも大病かかったら?」などの状況になった際に、訪れるあらゆるリスクを回避するためのものです。

ここまで来ると、もう一概に「子供の医療保険は絶対に必要!」のような意見や、「子供の医療保険なんて不必要!」という両極端な話ではなく、子供が育っていく内にどういうリスクがあるのか?それにどう対処していくのか?という家庭それぞれの問題です。

子供の医療保険が必要なのか、そうではないのかはあなた次第なのです。

4. これがおすすめ!子供の医療保険4選

お待たせしました!先程までは、子供の医療保険の概要や子供の医療保険の必要性についてご紹介させて頂きましたが、これからおすすめの子供の医療保険についてご紹介しようと思います。

もちろん、これからご紹介する子供の医療保険以外にも、存在するのであくまで一部という事をご了承頂いてから、御覧ください!

4.1 ①子供の医療保険の王道!?都道府県民共済

保険料(掛金) 主な保障内容 ポイント
1,000円から

(月々)

入院した場合一日5,000円

怪我での通院一日2,000円

その他、損害賠償を100万円まで保障

(保険料1,000円の場合)

保険料が安い

手続きが簡単

 

まず、はじめにご紹介したいのは、都道府県民共済についてです。

都道府県民共済は、子供の医療保険の王道とも言える保険で、保険料が安価な事が主に人気な理由です。

確かに、月1,000円でこれから子供がこれから育っていく中でのリスクを回避出来ると思うと安いですし、都道府県民共済のポイントの一つである手続きが簡単というのは、大きなメリットです。

保険金を受ける取るのって、どこか難しく感じますが、都道府県民共済はこの点手続きが、簡単で給付もすぐなので、使いやすさというのも人気の秘訣のようです。

また、18歳になると同じ保険金で総合保障型という保険に移行されるので、この点も都道府県民共済が使いやすい、簡単と言われる訳なのかもしれないです。

気になる都道府県民共済の保障内容ですが、最低1,000円の保険金で、病気や怪我での保障は勿論ですが、他人への損害賠償を最大100万円までというのも、心強いです。

また、上記させて頂いた内容は、保険金が1,000円の場合ですので、もしもっと詳しい内容が知りたい場合はお住い・勤務している都道府県民の共済をご確認してみると、詳しい内容をチェックする事が可能です。

ここから、全国の共済を調べることが可能です。都道府県民共済

 

4.2 ②厚い保障!JA共済

保険料(掛金) 主な保障内容 ポイント
0~5歳 月2,300円

6歳~ 月5,000円

(月々)

入院した場合一日5,000円

入院見舞金 25,000円

(0~5歳の場合。6歳の場合は上記の2倍)

入院での厚い保障

放射線治療などの保障

 

次にご紹介したい子供の医療保険は、JA共済です。

JA共済のポイントは、都道府県民共済に比べると、保険料は高くつきますが、入院をする際などに受ける事の出来る厚い保障です。

というのも、入院日数365日というプランがあり、入院日数が無制限という入院での厚い保障がありますし、そのプランを選択しない場合でも、入院をすると見舞金が入ったり、一日あたり高額の保障を受ける点などもです。

また、JA共済の1つのポイントとして、放射線治療などの治療なども保障してくれるポイントをあげました。

放射線治療では、10万円~20万円程度の保障を受ける事が可能で、手術の場合でも同額の保障を受ける事が可能です。

入院の際のリスクや、大病に掛かった際のリスクに備えるための子供の医療保険として、かなり厚い保障を受ける事の出来る保険だと思います。

もっと詳しい情報はこちらで   JA共済

4.3 ③アフラック ちゃんと応える医療保険EVER

保険料(掛金) 主な保障内容 ポイント
約950円~1,400円

(月々、保険金は性別や年齢によって変化)

入院した場合

5日間一律25,000円

以降、一日5,000円

放射線治療・手術に対する保障

手続きが簡単で、保険金の受取も早い

 

次にご紹介したい子供の医療保険は、アフラックのちゃんと応える医療保険EVERです。

この保険のポイントは、保険料が安いという点と、放射線治療などの治療が手厚い点、保険金が早ければ3日程度で申請するともらえる点です。

保険料が安いので、安かろう悪かろうと思ってしまいますが、医療部分に関してしっかりと保障されており、安くても最低限の保障がほしいという方に向いている保険です。

しかし一方で弱点もあり、都道府県民共済などの保険に比べると、医療以外の保険に関しては、弱いと言えます。

というのも、例えば都道府県民共済だと、保険金月々1,000円で医療費は勿論ですが、損害賠償を100万円まで保障していますし、死亡保障などもカバーしています。

しかし、アフラックちゃんと応える医療保険EVERだと、カバー出来る部分はありますが、特約が必要となり保険料が高くつく可能性があります。

では、アフラックちゃんと応える医療保険EVERはおすすめ出来ない保険なのでしょうか?いえ、そんな事はないです。

アフラックちゃんと応える医療保険EVERは、特約を数百円プラスすることにより、どんな怪我や病気、治療にも、対応できる万能な保険にする事が可能です。

やはり、これが営利団体強さかもしれませんが、使いやすいシミュレーターにより、WEB上で簡単に年齢や性別等を入力する事で、基本的な保険料を計算する事が可能で、特約についてもそのシミュレーターで加えた上での保険料を計算する事が出来ます。

通院プラン、通院なしプランなど、シミュレーターで細かく作り込むことが可能なので、子供の医療保険を作り込めるところにアフラックちゃんと応える医療保険EVERの強みがあります。

やはり、資料請求やお問い合わせなどをせずに、WEB上で気軽に保険料を計算出来るのは大きな強みでもありますし、手続き後最速3日で保険金も支払われるので、この点も使いやすさという点では1つ抜き出ています。

また、大人になってもそのままこの保険の保障を受ける事が出来るので、保険料が上がらない事も魅力の1つです。

詳しくここ! アフラック

4.4 ④オリックス生命 医療保険 新CURE

保険料(掛金) 主な保障内容 ポイント
約1,000円程度

(月々、詳しくは資料請求が必要)

入院のした場合

一日5,000円

3代疾患の場合、制限なし

3代疾患にとにかく強い!

最後におすすめしたいのは、オリックス生命 医療保険 新CUREです。

オリックス生命医療保険新CUREは、少し他の保険とは一線を引いた存在です。

というのも、「死亡保障や損害賠償に関する保障」、「通院の保障」がありませんし、保険料も保障の範囲が狭いのに、他の利用保険と比べると割高になってしまいます。

では、オリックス生命医療保険新CUREの強みは何かというと、とにかく3代疾患に強いです。(3代疾患とはガン、心筋梗塞、脳卒中の事)

3代疾患により入院することになっても、入院の支払いが無期限ですし、3代疾患を治療する際に必要となる先進医療の保障が手厚く、2,000万円まで受け取る事が可能です。

これ1つで、いろんなリスクにバランスよく対応出来ると言ったような保険ではありませんが、3代疾患が手厚く保障されている点は十分に魅力的です。

またこれも、大人になったとしても安い保険料のまま加入しておくことが可能なので、民間が作った保険の強みの一つですし、この保険もWEB上から簡単にシミュレーションする事が可能です。

オリックス生命医療保険新CURE

ここまで、4つの医療保険をご紹介させて頂きましたが、先程からご紹介させて頂いたのは、医療的な部分の保険のみです。

しかし、この保険にプラスして学資保険を付け加える事も可能なので、学資保険の加入も検討している場合は、そのあたりとの調整も必要となります。

5.子供の医療保険に入るならどのタイミング?

おすすめの保険や子供の医療保険の概要は大体分かったけど、そもそもいつから加入すればいいのでしょうか?これからその疑問について、みんなのタイミングやおすすめのタイミングご紹介しようと思います。

5.1 子供の医療保険は入るタイミングが難しい

子供の医療保険に入るタイミングって難しいです。

というのも、学資保険などこれから明確に確保していく必要性のある保険に関しては、早ければ早いほどいいという事が簡単に判断できますが、医療保険というのは、起こるか分からない事に備える事でもあるので、悩ましいです。

それに加えて、親がもっと頭を悩まされる原因になるのは、医療に関しては自治体が様々な保障を既に用意している点です。

すでに保障があるものに、早くから加入する必要があるのか?入るとしたら、生まれてすぐがいいか、ある程度大きくなっていろんなリスクが増えた段階がいいのか?いろんな疑問が出て来るのは当然です。

5.2 みんなが子供の医療保険に入るタイミング

「みんなはいつぐらいから医療保険に入ってるの?」この疑問ですが、これは人によりけりです。

しかし、タイミングが早まったり、保険に加入する必要性が高まるケースがあるようで、主に公的な保障が受けづらい・保障があまりなされていない地域にいる場合や、生まれてすぐに疾患の可能性がある場合などは、加入のタイミングが早まる事が多いです。

上記のケースでは、通常医療保険に入るタイミングが早まるみたいですが、公的な医療保障が手厚い地域だと、対象年齢外になってから医療保険を検討する事も少なくないそうです。

5.3 おすすめのタイミングはここ!

「っで、結局いつ加入するのがおすすめ?」そんな声が聞こえてきそうなので、おすすめのタイミングをご紹介します。

おすすめのタイミングというよりは、早ければ早いほどいいのです。

というのも、子供の医療保険は、そもそも入院する事や大病にかかるリスクに対して保険を掛ける部分が大きいので、もし検討をするなら、早ければ早いほどいいです。

いつ、どんな病気にかかるか分かりませんし、その病気に掛かった影響で、保険に入りにくくなるっと言った事を避けるためにも、何が起こるか分からないので、検討をする場合は早いほうがいいです。

また、子供の医療保険は加入するのが早ければ早いほど、保険料が安くなります。(特に民間の保険だと)

このような事から考えても、もし加入すると決めているのなら、早いほうがいいです。

6.     実際に子供の医療保険を受けるには?

ここまで来るとなんとなく、子供の医療保険に関することが少しずつ掴みかけていると思います。

今回はもうちょっと、子供の医療保険を詳しくイメージするために、実際に保険金を受取る工程などをご紹介しようと思います。

勿論の事ですが、保険金を受取る申請や保障を受ける際の工程は、保険の商品によって様々ですが、ここは一例として共済保険の保障を受けるまでの工程をご紹介しようと思います。(地域によって、多少の差がある可能性があります。)

6.1 保険を使えるタイミング

まず、はじめに保険金などの請求を出来るタイミングとその対象をご紹介しようと思います。

今回は入院をしたという設定で、話を進めていこうと思います。

まず、保険を使えるタイミングつまり、保険金(給付金)等を請求できるタイミングは、仮に入院した場合だと、退院したあとにしか請求する事が出来ないですが、入院が長期に渡った場合は、入院をしている途中でも請求する事が可能です。

ちなみに、保険金を受取る際はまず、保険会社などに連絡する必要があり、連絡後に、請求を作成するための書類を発送してくれる、もしくは担当者が持ってきてくれるので、そこから請求書を作成し、診断書とともに提出します。(診断書が必ずと言ってもいい程必要です!)

6.2 手術の場合は?

手術の場合でも同様で、手術後にしか請求する事が出来ないです。

基本的に、医療保険は保障の対象となるものが起こったあとにしか請求出来ないので、保険金で病院の料金を支払おうと考えている方は少し注意です。

ですが、仮にお金を持っていなくても、分割にしたり、高額になった場合は、役所などから貸し付けてもらえる制度があるので、仮にすぐ医療費が支払えないから訴えられるみたいな事は、通常起こらないので安心しても大丈夫です。

6.3 保険金の支払いはいつ?

保険金の支払いのタイミングについては、保険会社によりかなり異なるみたいですが、基本的には請求から1週間もすれば、自分の口座にお金が入っているケースが多いみたいです。

保険金の支払いについては、どうしても保険会社によって差が出てしまうので、気になる方は予め調べて置く必要があります。

7.  子供の医療保険じゃない!他の保険3選

先程まで、子供の医療保険についてのみご紹介してきましたが最後はおまけ程度に、親なら一度は目を通しておきたい保険をご紹介しようと思います。

7.1  親なら一度は目を通したい保険まとめ

親なら医療保険の他に、一度は目を通したおきたい保険は、「生命保険」と「学資保険」です。

学資保険については、少しすでに触れていますが、もう少し詳しい内容と、殆どの親御さんが加入を検討するであろう生命保険についてもご紹介しようと思います。

 7.2   入っておくべき?!生命保険

もし子供のが出来たら、加入するか検討する保険の上位に入ってくるのが、生命保険だと思います。

生命保険は、もしものとき(怪我や死亡など)生じる経済的な損失を、保障してくれる商品で、もし親御さんがなくなった際に、子供に経済的な保障を与える事が可能です。

もし、親御さんのどちらかが、特に大黒柱である父親が亡くなってしまうと、精神的なものはもちろんですが、経済的にもかなり苦しい状況になってしまいます。

もし、これが配偶者と加入者のみの家族なら、配偶者はまだ働くことが出来ますが、子供だとそうは行かないはずです。

子供が出来たらまず、生命保険の加入を検討する必要があります。

 7.3 学資保険

次に検討したい保険は学資保険です。

先程から、ちょこちょこ出てきていた学資保険ですが、学資保険の基本的な考えは、これから教育にかかるお金を毎月コツコツ確保していきましょうという保険です。

これだけだと、自分でコツコツ貯金して行くことで積み立てる事も可能なので、あまり必要性を感じないかもしれないですが、銀行に置いておくよりも利回りが高い事や、節税対策にもなるので、教育資金を予め貯めておこうと計画しているのなら、学資保険はおすすめです。

8 まとめ

今回は子供の医療保険についてご紹介させていただきました。

これは、子供の医療保険のみならずに、他の保険を検討する際にも言える事ですが、素人だけで検討するにはやはり限界があるので、ぜひ相談できる人を見つけて、保険のプロに相談する事をおすすめします。

しかし、保険に加入するのは相談相手ではなく、今この記事をご覧になっているあなたなので、相談をする前の予備知識程度にこの記事をしっかりと読んで頂くと、何を相談したいのか、自分はどうしたいのかが見えてくると、思います。

予め準備をしておけば、相談も早く進むので、この記事をもう一度しっかりご覧になって、相談する準備をしてみてください!きっと、自分に一番あった保険を見つける事が可能だと思います!

 

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る