個人年金保険とは?意外と知らない落とし穴を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個人年金保険は老後の資金作りとして加入する人の多い保険の一つですが、この保険がどんな仕組みを持っていて、どんな特徴があるか知っていますか?個人年金保険といえど、紐解いてみると色んな種類があるためどれも同じというわけではありません。

他の保険同様に個人年金保険にも落とし穴というものが存在します。知らないで契約をするよりも、個人年金保険のことを良く知ってから契約した方がリスクは低くなります。保険で大きな失敗をしないためにも、個人年金保険のことについてよく基礎から落とし穴のことをご紹介します。

目次

1.個人年金保険とはどんな保険?

1.1 個人年金保険とは

1.2 個人年金保険の特徴

1.3 個人年金保険はこんな人たちが利用している

2.個人年金保険の仕組みとは?

2.1 個人年金保険の仕組み

2.2 個人年金保険はいくつかの種類に分かれる

2.3 年金を受け取ると税金がかかる?

2.4 変額年金と定額年金の違いは?

3.個人年金保険のメリットとデメリット

3.1 個人年金保険のメリット

3.2 個人年金保険のデメリット

3.3 個人年金保険の総合評価

4.知っとかなきゃ損をする?!個人年金保険の落とし穴

4.1 途中解約は損!

4.2 保険によっては損をする

4.3 保険会社の破綻には要注意!

4.4 定額年金はインフレに弱い!

4.5 商品によってはリスクが高い!

5.個人年金保険を選ぶときはどう選べば良いの?

5.1 まず自分にとって必要か判断しよう

5.2 次に年金の種類を選ぼう

5.3 種類が決まったら期間を選択する

5.4 数ある商品の中から自分に合ったものを選択する

5.5 保険料の支払い方法の選択

6.個人年金保険で得をするために知っておきたいことは?

6.1 個人年金保険料税制適格特約を付加して条件を満たそう

6.2 保険料を安く抑えたいなら月払いよりも年払い

6.3 口座振替ならクレジットカード払いの方がお得?

7.まとめ

1.個人年金保険とはどんな保険?

将来のことを考えると、老後の資金作りやライフプランなどさまざまな課題があると思います。その中でも老後の資金作りのためにと国の年金や養老保険などに加入する・している人もいるでしょう。

将来の資金作りのための保険に「個人年金保険」というものがあります。これは国から支払われる年金とは別に、将来受け取れる年金を保険で積立てておくものです。若いうちから個人年金保険に加入しておくことで、将来国から貰える年金にさらにプラスしてお金を受け取りたい人が加入します。

それでは、この個人年金保険とは具体的にどんな保険なのでしょうか?

保険は種類によって特徴や扱いが違います。国の年金と区別するためにも、他の保険と区別するためにも個人年金保険のことを基礎から知っておきましょう。

1.1 個人年金保険とは

個人年金保険とは、国の年金とは別に個人で老後の資金の用意のための保険です。そのため基本的な考え方は国の年金と変わりませんが、その仕組みや保障内容は保険商品によって変わります。

個人年金保険も一定の年齢を迎えると積立ててきた(払い込んできた)保険料を原資として、決まった金額が受け取れます。もし受け取る前に死んでしまった場合は受取人に対し死亡保険金が支払われます。

保障内容は老後の資金作りとなるため「将来の生活資金のための貯蓄型保険」となります。

1.2 個人年金保険の特徴

個人年金保険は基本的に「誰でも加入ができる保険」に属します。そしてその特徴は公的年金同様に一定の年齢が来たら一定の期間(定めた期間)年金が受け取れます。万が一受け取り期間前に死亡してしまっても、払込保険料相当額が遺族受取人に支払われるため遺族のためにお金を残したいなどの時にも加入すると良いでしょう。

加入から払込期間終了までの間は死亡給付金として、払込期間終了後からは年金として受け取れる保険です。そのため老後の資金が心もとない場合などは個人年金保険の加入も視野に入れてみましょう。

1.3 個人年金保険はこんな人たちが利用している

個人年金保険を利用しているのは主に公的年金が少ないといわれている自営業の人や老後の生活資金を増やしたい人が利用しています。自営業の人は原則厚生年金の加入・支払がないため個人年金を利用して不足する生活資金を補います。

また専業主婦も同様です。専業主婦も公的年金が国民年金のみとなるため、夫の年金が高くない限りは生活資金が不足してしまいます。将来のことを考えるのであれば個人年金の加入をしておいた方が賢明といえるでしょう。

2.個人年金保険の仕組みとは?

それでは、そんな個人年金の仕組みとはどのようになっているか。

名前は聞いたことがあるけれど、仕組みが解らないと言う方も多くいるのではないでしょうか。

そこで、個人年金保険の仕組みを書いていこうと思います。

2.1 個人年金保険の仕組み

個人年金保険はいくつかの種類に分かれ、それぞれ特徴があります。

個人年金保険は一つの括りから選択するのではなく、個人年金保険の種類によって自分で選択し加入する必要があります。しかし自分がどんな目的で加入したい、どんな方法で年金を受け取りたいのかさえしっかりと明確に分かっていれば難しいことはありません。

最初は種類が複数あるため頭がこんがらがってしまうかもしれませんが、自分の目的さえ見失わなければ、自分に合った個人年金保険を選ぶことができます。

では個人年金保険の仕組みをご紹介しましょう。

2.2 個人年金保険はいくつかの種類に分かれる

個人年金保険は年金を将来どのように受け取るかで大きく3つの種類に分かれます。

  • 終身年金 被保険者が生きている限り年金が受け取れる。しかし死亡した場合には年金の支払いが終了するので遺族に年金は支払われない。
  • 有期年金 被保険者が生きている限り一定期間年金が受け取れる。しかし死亡した場合には遺族に年金は支払われない。
  • 確定年金 被保険者の生死に関係なく一定期間年金が受け取れる。被保険者が死亡した場合には残りの期間分は遺族に支払われる。

それぞれ違った特徴があり、それぞれのリスクも異なります。例えば終身年金と有期年金の場合、早期に被保険者が死亡した場合は受け取れる年金があったとしても遺族にその年金が支払われることはありません。

また終身年金と有期年金は保障期間がついている保証期間付終身年金と保障期間付有期年金もあります。これは保障期間中は生死に関係なく年金を受け取れます(死亡したとしても)が保障期間を過ぎると年金の支払いは終了し、遺族に年金は支払われません。

自分がどの期間の保障が欲しいのか、もし死亡した場合には遺族にも年金を受け取って欲しいのかで加入する年金保険を選択します。

2.3 年金を受け取ると税金がかかる?

B

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る