利率が高い個人年金って本当にお得なの?その正体を教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個人年金保険に加入しようかどうか迷っている人の中には、国民年金では生活が不安なので、老後安心するために少しでもお得な個人年金の形成をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
しかし、実は利率が高い個人年金というのは、仕組みによって亡くなったら遺族に何も残らない場合などもあります。
そのため、この記事では本当にお得なのはどういった個人年金なのかを仕組みと一緒にご紹介していきたいと思います。

目次

1.個人年金保険ってどのようにして年金を受け取ることができるの?
1.1生きている限りずっと受け取れる終身年金
1.2契約した期間だけ受け取れる有期年金
1.3亡くなっても期間中は遺族に残せる確定年金
2.年金受取を考えるのに保証期間って重要な事なの?
2.1保証期間がついていれば、その間は年金を受け取ることができる
2.2保証期間以降も受け取れるかどうかは年金の種類による
3.国民年金以外にも加入できる公的年金って一体どういったものがあるの?
3.1個人でも加入できる確定拠出年金
3.2会社により加入ができる財形年金
3.3国民年金に加入していれば加入が可能な国民年金基金
4.個人年金保険よりも利率が高いと話題の低解約返戻金型保険って一体どんなメリットがあるの?
4.1保障を甘受しながら貯蓄の効果も期待できる
4.2解約返戻金が抑えられている分保険料は格安
4.3安心して積立ができる
5. 気になる個人年金の利率って一体どういうことなの?
5.1 契約者に支払われる予定の予定利率
5.2保険料に対して受け取れる年金がどの位かを表した返戻率
6.利率が高いと話題の保険ってどういったものがあるの??
6.1据え置きをすることで更に年金額が増えるたのしみワンダフル
6.2配当があることもある年金かけはし
6.3他の保険と掛け持ちしやすい 太陽生命個人年金保険
7.考えておきたい返戻率の数字に騙されないポイントって?
7.1払込保険料の総額はどうなのかに注目する
7.2安易に一括払いをしない
7.3しっかりとわからない所は質問をする
8.まとめ

1.個人年金保険ってどのようにして年金を受け取ることができるの?

老後のことを考えた上で、個人年金保険に加入しているという方も多いのではないでしょうか。

そういった方は、今は先々のことを考えて準備しているかと思いますが、いざ受け取るという時、どのくらいの期間年金を受け取ることができるのか、イマイチよく分かっていない方もいるかもしれません。

実は、保険によっては契約満期になっていなくても、被保険者が死亡した時点で保険金を支払わなくても良くなる場合もあります。そうなると、保険料を損してしまいますよね。

一体どういった保険が、どのような支払制度なのかを見ていきたいと思います。

1.1生きている限りずっと受け取れる終身年金

終身保険という名前はよく聞くという方も多いのではないでしょうか。「終身」という言葉がついている通り、終身年金は、年金を受け取る契約者自身が生きている限りずっと年金を受け取ることができるようになっています。そのため、より長生きをしたほうがお得になります。

反対に、年金が支払われる前に亡くなってしまったり、早くに亡くなってしまった場合には支払った保険料のほうが受け取った保険金より高くなってしまう元本割れなどが起こるリスクがあります。また、注意しておきたいのは亡くなっても遺族に年金は支払われることはないということです。

もちろん最近では、平均年齢が上がっていたり、年金を受け取る年齢をあげることで年間の受取利率が高くなるということがあるので、それらを利用して年金の受取期間をあえて短くするという方もいます。しかし、その場合は自分が亡くなったら払われることがないというリスクを考え、保証期間付きにする場合もあるようです。

1.2契約した期間だけ受け取れる有期年金

次に見ていきたいのが有期年金です。これは、契約をする時に事前に5年や10年といった一定期間を設け、年金受取日からその一定期間がすぎるまでは年金を受け取ることができるようになっています。

しかし、有期年金は終身年金と同じく、一定期間内に被保険者が亡くなってしまった場合には年金の支払いが終わってしまいます。また、この場合も遺族に年金は残らないため、場合によっては元本割れを起こしてしまうリスクが有ると言われています。

終身年金に比べると年金受取期間が定まっているため、ある程度は保険金が受け取ることができると安心することができます。しかし、それでもやはり死亡リスクは考えられるので、そのリスクをカバーするために保証期間付きの商品も販売されています。

1.3亡くなっても期間中は遺族に残せる確定年金

最後に見ていきたいのが、確定年金です。これは、有期年金と同じく最初の契約時に定めた期間のみ年金を受け取ることができるようになっています。

しかし、これまで紹介した2つの保険と大きく違う点は、契約期間内にもし死亡したとしても、年金は遺族に支払われるという点です。そのため、元本割れをすることはなく、安心して積立や、保険加入を継続することができるようになっています。

しかし、その代わりに保証期間がついていない他の保険と比べると、保険会社が必ず被保険者か遺族に年金を支払うということなので、保険料が割増になっている場合もあります。これは、死亡リスクがないためですが、それをよいか悪いかは、人によって違うのでしっかりと考えておくことが大切です。

2.年金受取を考えるのに保証期間って重要な事なの?

年金保険の加入をする時に、いつどのくらいの期間年金を受け取れるのかは注目するかと思いますが、保証期間に関してはあまり考えず、ひとまず保証期間がついているものを選んでしまったという方もいるかと思います。

しかし、実際のところ保証期間というのは一体どういった制度なのかイマイチ理解できていないという方も多いのではないでしょうか。それでは早速、保証期間というのはどういうことなのかを見ていきたいと思います。

2.1保証期間がついていれば、その間は年金を受け取ることができる

終身保険の場合、被保険者が生きている限りはずっと年金を受け取ることができます。しかし、加入者にとって怖いのは、年金受取期間が始まって一年ほどで死亡してしまったら、年金の支給がなくなり、支払った保険料がほとんど無駄になってしまうということではないでしょうか。

そのため、終身保険を始めとした保険には保証期間という期間がついています。これは、もし被保険者がなくなったとしても、定められた保証期間の間は保険金として年金が遺族に支払われるという制度です。

確定年金に、その他の年金保険を合わせたこの形は、保険料をムダにすることがないので、安心できると言われています。しかし、保証期間をつけた分保険料が割増になり、長生きをした場合には保証期間が無駄になってしまう場合もあるので、それらを踏まえてどちらを選ぶのかは非常に重要な問題にもなってきます。

2.2保証期間以降も受け取れるかどうかは年金の種類による

保険料が無駄にはならないと言われている保証期間付き年金保険ですが、実は、保証期間が終わっても年金が受け取れるかどうかというのは年金の種類によって変わってきます。

終身年金や、有期年金の場合、保証期間中は確かに遺族に年金が支払われます。しかし、保証期間が終了すると年金も支払われなくなります。しかし、確定年金の場合は保証期間が、年金受取期間と一緒の場合は年金受取期間が終わるまで、支払われるようになっています。

様々な種類があるので、どの保険に加入するべきか悩んでしまう方はたくさんいるかと思います。しかし、保険料を見る前に、まずは自分が亡くなった後に遺族に個人年金保険からでも年金を残したいのか、それとも、保険料は掛け捨てのものとして諦めるのかを考えましょう。

それらを考えた後に、どのくらいの期間自分が保険金を受け取りたいのかを考えるとスムーズに決めることができます。場合によってはグレードアップやグレードダウンなどもできるため、老後の事を一気に想定するのではなく、段々考えていくのも方法の1つです。

3.国民年金以外にも加入できる公的年金って一体どういったものがあるの?

年金がどのくらい支払われるのかが分かってきたところで気になるのが、保険会社はもしかしたら破綻するかもしれないということですよね。特に利率が高いような保険は人気商品なので、その分加入者が増え、将来的に保険金を支払うことが難しくなり破綻するかもしれないと考えている方もいるかもしれません。

そういった方にとって安心できる存在というのは、国が運営している公的年金ではないでしょうか。国民年金や厚生年金は非常に話題になっていますが、実はそれ以外にも公的年金はあります。こちらのグラフはそういった公的年金の一部です。それでは早速どういったものがあるのかを見ていきましょう。

保険の種類 確定拠出年金 財形年金 国民年金基金
対象者 誰でも
(最近では専業主婦や個人事業主も可能)
財形年金を運用している
企業の勤務者のみ
自営業者のみ
内容 自分で運用先を選択し、掛け金を運用する。
運用成績によって年金が変動する
給料から天引きされ、貯蓄する
運用した掛け金が退職金のような形で支払われる
国民年金と同様に掛け金を毎月支払われる
利率 運用成績によっては利率が高くなる 利率はそこまで高くない 公的年金の中でも標準程度

3.1個人でも加入できる確定拠出年金

確定拠出年金は、先日までは個人や、専業主婦は加入することができませんでしたが、現在は本来の対象であったサラリーマンや公務員以外にもほぼ誰でも加入することができるようになっています。

確定拠出年金は、企業型の場合には、企業が掛け金を支えてくれます。しかし、途中で退職したり、転職した場合には、個人型に変えることも可能です。

確定拠出年金は他の保険と違い、自分で運用する方法を選ぶことができる制度になっています。運用する金融商品はリスクもリターンもバラバラなものになっていますが、場合によっては元本保証のものもあるので、金融についての知識があまりない方でも安心して積み立てることができます。

また、リターンが大きければその分年金として返ってくるお金も大きいので、人によってはかなり特をすることができるとも言われています。基本的に確定拠出年金の支払額は全額所得控除を受けることができるので、かなりの節税効果にもつながると言われています。

3.2会社により加入ができる財形年金

昔からある制度の1つである財形年金は、会社で積み立てることができるようになっているので、貯金が苦手な人であっても計画的に将来に対して貯金ができるといわれています。これは、給料が支払われる前に天引きで抜き取られるためです。

昔は誰でも加入していましたが、現在は利率がかなり低くなっていたり、転職をする可能性が高かったりと、あまり人気な商品ではありません。しかし、コツコツと貯めたいと考えている方にはおすすめです。

3.3国民年金に加入していれば加入が可能な国民年金基金

国民年金基金という言葉は聞き慣れないという方もいるかもしれません。これは、サラリーマンなどは厚生年金に加入することができますが、それらに加入できない自営業者の為に作られている年金制度のことをいいます。

国民年金に加えて、国民年金基金が支払われることによって老後の生活も安心して過ごせると言われています。受け取ることができる総額は加入した時点で確定しているので、予めそれを見越して他の資産も準備することができます。

また、掛け金は全額所得控除なので、確定拠出年金のように節税効果が高いと言われています。

4.個人年金保険よりも利率が高いと話題の低解約返戻金型保険って一体どんなメリットがあるの?

利率を期待することができると話題の個人年金保険ですが、個人年金保険に加入するよりも、低解約返戻金型保険に加入するほうが利率の面ではよいと言われています。

低解約返戻金型保険というのは、そういう名称の保険ではなく、生命保険や、医療保険において、解約返戻金が低い金額で抑えられている反面、保険料も安いという保険商品のことを指しています。それでは一体どうしてこういった保険商品が利率が高いと言われているのかを見ていきましょう。

4.1保障を甘受しながら貯蓄の効果も期待できる

個人年金保険を考えているけれども、最近では貯蓄型の個人年金保険が減っていると感じている方もいるかと思います。そういった方々にとっては、老後までは死亡保障をつけながら、老後を迎えたら年金としてまとまった金額を受け取り、いつ死んでもいいように老後の生活に充てるという方もいるかもしれません。

そういった方々にとっては、元気な間は保障を備えつつ、老後を迎えたら保険を解約して、解約金を受け取ることができる保険は魅力的です。また、途中解約することを考えていないので、それで保険料を安く抑えられるのならば非常によいと考えられています。

4.2解約返戻金が抑えられている分保険料は格安

B

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る