国民共済の評判ってどうなの?保障内容を分析してみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

みなさん、国民共済はご存知でしょうか?
こちらは全労災が出している有名な共済ですが、実際どうなの?って思う方は多いのではないでしょうか。

共済と言っても多種多様です。
しかし、一方、保険は将来のご自身や家族を守ってくれる大切な存在であるということ。今回は国民共済の評判と他保険とを見ながら、考察していきたいと思います。
是非ご覧ください。

目次

1. 国民共済とはどういうもの?
1-1 共済と保険の違いを分けておこう

2. 共済について
2-1 国民共済のプランはそれぞれ
2-2 国民共済の医療保障プラン

3. 共済制度と保険制度について
3-1 掛金の比較

4. 国民共済の特徴
4-1 「医療安心タイプ」の内容
4-2 「医療安心タイプ」のメリット
4-3 「医療安心タイプ」のデメリット

5. 国民共済の手続き
5-1 全労災の相互扶助

6. 国民共済の掛金と保障について
6-1 国民共済のメリット
6-2 国民共済のデメリット

7. 国民共済の評判はどう?
7-1 国民共済は掛け持ちが多い?

8. まとめ

1. 国民共済とはどういうもの?

全国労働者共済生活協同組合連合会(以下全労済)が運営する「共済」という保障事業は、保険と似た仕組みを取っています。保険では人や家・車等様々なものを保障の対象としていますが、こくみん共済(国民共済)は人の保障に重点を置いています。

加入者は医療や生命・賠償等の共済の中から必要な保障を選び、毎月決められた金額を掛金として支払います。そして、選んだ保障にかかる万が一のことが起こった際には共済金が支払われます。

多くの方が国民共済と呼んでいるようですが、実際に運営している経営母体は様々で、国内には様々な系列の共済が存在します。それらの中で一番有名なのが全労済だと個人的に考えていますが、地域によって違いがあるようです。

例えばJA共済の場合、加入者は農業を営む人が主な対象で、JF共済の場合には漁業に携わる関係者と成ります。これら以外にも生協系や県単位での共済もあり、私自身は広島県の県民共済に加盟しております。

通常、県民共済の場合には元受として全国生活協同組合連合会があり、主に銀行が窓口となっている場合が多いようです。ですが昨今は新聞紙のチラシ広告やネット広告、地域を絞ったDM等での新規加入者を募っている時を垣間見る事が多くなりました。

1-1 共済と保険の違いを分けておこう

全国のとりまとめを行っているのは、全国生活協同組合連合会ですが、地域毎の共済が独立性を持っているため、商品内容も地域により異なります。共済に加入するためには、その地域に居住しているか勤務していることが必要なので、他の地域の共済が良いと思っても加入することはできません。

したがって、共済を検討する場合には、まず居住地か勤務地の共済の内容を調べることになります。民間保険会社は「営利事業」で共済は「非営利事業」なので共済の方が安くて良いと説明しているものもありますが 、民間保険会社の中には「相互会社」もあり、相互会社は非営利法人なのでそのような単純な話ではありません。

保険と共済の違いは、あくまで監督官庁と根拠法令が違うだけで実質は変わらないと言っていいでしょう。もちろん、共済独自の特徴はあるので、その点は後述します。

共済は「県民共済」というネーミングからもあたかも地方自治体が関与しているような公共的なイメージがありますが、地方自治体から認可を受けているだけで県とは直接関係はありません。したがって、ネーミングに惑わせられずに商品の内容で比較検討するようにしましょう。

 

2. 共済について

全労済の「国民共済」と言えば、誰もが一度は耳にしたことがある有名な保険ですね。お手頃で身近な存在である「こくみん共済」は、昔から、社会人になったとき、結婚したとき、子どもが生まれたとき、など、人生の節目においてまず検討する保険とされてきました。最近ではテレビCMで国民共済を知ったという人も多いのではないでしょうか。

国民共済とは全労済が展開している保障の一つで、「医療安心タイプ」「総合保障タイプ」「キッズ満期金付プラン」からなります。国民共済以外にも全労済では賠償保障や住まいの保障なども扱っています。

全労済は、組合員からお金を集めて、そのお金を共同の財産とし、組合員にトラブルがあった場合には、その共同財産から経済的保障をするという「相互扶助の精神」で成り立つ協同組合です。民間保険会社もこの相互扶助の精神を基本としていますが、営利を目的としないという点で、協同組合は民間保険会社とは異なります。

協同組合は、農業や漁業、商工など、分野ごとに作られ、それらを担う人々が主に組合員となりますが、全労済では出資金を支払うことで、誰でも組合員になることができます。

2-1 国民共済のプランはそれぞれ

こくみん共済には多様なプランがあり、家族それぞれに向いた保障を選ぶことができます。その一部を紹介します。

  • パパ向け「総合タイプ」

総合保障とは、医療・死亡・障害に対する保障をカバーできるプランを指します。中でもこくみん共済の「総合タイプ」は比較的手頃な掛金で医療・死亡・障害に備えることができるため、家計を支えるパパ等に適していると言えます。

  • ママ向け「医療タイプ」

医療保障についても、ニーズに合わせてタイプを選ぶことができます。「医療タイプ」には通常の病気に加えて女性特有の病気への保障も付いているため、ママ等に向いた内容と言えます。

  • 子ども向け「キッズ満期金付プラン」

満0歳から加入できる、子ども向けの総合保障もあります。「キッズ満期金付プラン」は医療や死亡等の総合保障に加えて、進学のための資金も準備できるプランです。

  • シニア向け「シニア総合タイプ」

「シニア総合タイプ」は、満60歳以上の人が比較的手頃な掛金で加入できる保障です。入院が必要となった場合や、交通事故・けがなどで重度の障害が残った場合に備えることができます。

  • けがと賠償の保障「障害安心タイプ」

他人に被害を与えるリスクへの備えとなるのが「障害安心タイプ」です。自分自身の入院や通院に対する保障に加え、他人にけがを負わせたり他人の物を壊したりしてしまった場合の損害賠償も保障内容に含まれています。

2-2 国民共済の医療保障プラン

  • がん保険「がん保障プラス」

「がん保障プラス」はがんに特化した保障です。単独での取り扱いはなく、他の医療保障とあわせて加入することになります。がん(悪性新生物)や上皮内新生物等の診断を受けた際、がんによる入院や手術の際などには共済金が受け取れることがあります。

  • 終身保険「終身医療5000」

「終身医療5000」は、加入してから亡くなるまでの期間、入院や手術に備えることのできる保障です。掛金は加入時の満年齢や性別によって異なりますが、更新による掛金の上昇は原則としてありません。不慮の事故で高度障害となった場合には以降の掛金支払が免除され、保障は継続となります。

全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)のこくみん共済は、国民的な個人向けの定期保険です。
保障ニーズの多様化に対応するために、こくみん共済では数年に一度、大幅な改定が行われています。

全労済の「こくみん共済」は一年ごとの更新です。最高85歳まで加入することができます。また、毎年の決算で剰余が出れば、割戻し金が受け取れます。

こくみん共済では、2009年1月から、一生涯の医療保障の充実や中高年世代の保障に応じる新たなタイプが登場しました。

 

3. 共済制度と保険制度について

特に顕著なのが高額保障、長期入院に弱い点です。比較的小ぶりな少額保障が一般的なので、手厚い保障や長期での入院保障を望んでいる人には物足りないかもしれません。経済力に余裕がある人は、少額の負担で済む短期入院よりもむしろ長期入院を心配した方が良いという考え方もあり、この点も共済が万人受けではないなと思う点です。

ちなみに、今回は医療保障で比較していますが、死亡保障で比較した場合、この傾向はさらに強くなります。共済1本では不測の事態に備えられない人も出てくるかもなので、 やはり医療保険の上乗せ的な扱いが最も力を発揮すると思います。

3-1 掛金の比較

年齢性別の関係なく掛け金が一律であることから、保険料の支払いがしやすい点はメリットといえるでしょう。国民共済と民間保険の大きな違いは、加入した年齢で大幅に保険料が変わってくる点です。

安いものへ、安いものへ、と国民の目が向くと、製造業者もコストを下げて、安い価格の製品を作ろうと必死になります。製品の品質は落ちるし、製造する従業員の賃金も下げなければなりません。結果、従業員の士気は下がり、安いものしか買えなくなります。
この堂々めぐりを「デフレスパイラル」といいます。

尻切れトンボ状態の保障と知っていて加入しているのか、それとも知らずに加入しているのか、いずれにしても共済に加入している人は、一日でも早く見直しすることをおすすめします。見直しが遅れれば遅れるほど、共済に支払っていた掛金と、まともな生命保険の保険料の差が大きくなり、びっくりすることになります。

長年安いもので済ませてきたツケですが、当たり前の保険料の高さに驚いても仕方がありません。共済に長年頼ってきた人が、普通の生命保険に乗り換えようとするとき、それまで経過してきた年齢により、保険料が高額になることがネックです。

それでも経済的に余裕があって、保険料を支払うことができれば幸せですが、人によってはその年齢になるまでに経験した病気によって、保障に条件が付いたり、最悪の場合、謝絶(保険加入お断り)にもなりかねません。年齢が高くなればなるほど、条件が付いたり謝絶のリスクが増えるということを知っておいたほうがいいです。

 

4. 国民共済の特徴

特徴として押さえておくべき点は3点です。
1.掛け金が安い…元々は共済の精神で運営を始めていますから掛け金が民間の保険機関と比較した時に非常に安い設定です。一般の保健機関だと営業マンへの給料、事務経費など、掛かっていますが、共済の場合極力抑えた運営と成っています。

2.割戻がある…これは全ての共済に言える事では有りませんが、余過剰金が発生した場合には割り戻しをしてくれます。我が家の場合夫婦で4,000円のコースに加入していますが年間13,564円(2012年8月時点)ほど振り込みがありました。

3.手続きが早い…まだ実際に保険金の請求をしたことはありませんが、通常請求してから1~2日後には振り込まれると言う噂です。民間企業の場合はどのぐらいの日数が必要か不明ですが、掛け金を考えると早いと思います。

職業に制限がない

死亡保障のついた民間の生命保険等に加入する際には職業に関する告知が必要となる場合があり、加入希望者の職業によっては保障内容が減らされたり加入自体ができなかったりする場合もあります。しかし、国民共済では職業による加入時の制限が基本的に設けられていないため、幅広い職業の人が加入しやすいという一面があります。

保険料は一律

国民共済では、掛金が何パターンかの金額に決められています。年齢や性別によって金額が変わるわけではなく、更新によって掛金が増額されることも基本的にないため(一部商品を除く)、保険料の支払いは比較的しやすいと言えます。一方で、病気やけがのリスクが低い若い世代などにとっては、掛金が割高と感じられる可能性もあります。

保障される金額が少ない

掛金がシンプルである分、民間の保険会社の保険より保障される金額は少ない傾向にあります。保障が手厚いタイプでも死亡・高度障害の際の受取額が3,000万円となっており、子どもの多い家庭等にとっては十分と言えない場合があります。「民間の保険より低額の保険料で最低限の保障がほしい」というニーズには合った仕組みであると言えます。

保険の自由な組み合わせができない

民間の保険では、基本の保障に加えて必要な特約を付けることができますが、国民共済には特約というものが存在しません。そのため、保障内容を自由に組み合わせることは難しいと言えます。しかし、保障内容や金額が異なる多様なプランの用意があるため、その中から自分に合ったものを選択することは可能です。

4-1 「医療安心タイプ」の内容

医療安心タイプの保障内容は以下です。入院・手術はもちろんのこと、通院や先進医療、死亡・重度障害まで基本保障に含まれています。

入院したとき 入院日額6,000円給付。
※日帰り入院を含む入院1日目~180日まで。
手術したとき 1回につき60,000円給付。
※全労済所定の日帰り手術も保障。
通院したとき 通院日額2,000円給付。
※通院1日~90日分まで。
先進医療を受けたとき 最高600万円まで給付。
※入院共済金が支払われる場合。
死亡・重度の障害が残ったとき 50万円給付。
※障害は1級・2級と3級の一部。

医療安心タイプに加入できるのは、満0歳~満59歳までの健康な人です。保険料は何歳であっても一律2,300円/月。満60歳までなら、何歳で加入しても保険料は同じなので安心です。医療安心タイプの保障期間は最高満60歳の契約満了日までとなります。

60歳以降も保障が欲しいなら、満60歳~満65歳までは「医療安心60歳移行タイプ」、満65歳~満70歳までは「医療安心65歳移行タイプ」に契約更新をすることが可能です。(自動更新)

4-2 「医療安心タイプ」のメリット

医療安心タイプは先進医療にも最高600万円が保障され、日帰り入院や日帰り手術から保障されるのが特徴になっています。0~59歳の健康な人が加入でき、月々2,300円の掛け金で上記の表のような保障を受けることができます。また、医療安心H(ハーフ)タイプというものもあり、医療安心タイプの半分の掛け金で加入できますが保障額も半分になってしまうものになります。

毎年5月末に行われる決算の結果、掛け金を支払いすぎていると判断された場合、割戻金として戻ってきます。国民共済は、医師の診断書を提出する必要がありません。過去の病歴があることで民間保険に入れなかった方でも、加入しやすいといわれています。

また、民間保険の場合、高所作業者など危険を伴う職種を行っていることで加入できる保険が制限されることがありますが、こくみん共済にはこういった職業の制限が一切ありません。

4-3 「医療安心タイプ」のデメリット

保障額が少ない

こくみん共済は掛け金が安い反面、民間保険に比べて保障額が少ないデメリットがあります。1番手厚い大型タイプでも死亡・高度障害保障が3,000万円となっていますので、小さな子どもが2人以上いる家庭の場合は不十分と考えられることもあるでしょう。

若者にとっては割高

年齢や性別に限らず掛け金が一律であることから、病気をしにくい若い世代にとっては割高と感じる方もいます。

60歳を過ぎると保障内容が減る

こくみん共済の総合タイプを例にみてみましょう。総合タイプに加入した場合、満60歳までに交通事故で亡くなる・重度の障害が残った場合は1,200万円の保障がありますが、60歳を過ぎると、年齢ごとに300万から20万円にまで減額します。

また、入院保障も60歳を過ぎると減額していきますので病気や怪我をする可能性が高くなる高齢者にとっては保障内容が薄いと感じるかもしれません。

破綻したらお金が戻らない

民間保険にはセーフティネットと呼ばれる万が一破綻したときに保険加入者を守る制度がありますが、こくみん共済にはセーフティネットがないため、破綻した場合お金が一切戻らない可能性があります。

保険の組み合わせができない

民間医療保険には以下のような特約があるのをご存知でしょうか。

長期入院特約
三大疾病(入院・一時金・払込免除)特約
女性疾病入院特約
通院特約
先進医療特約
死亡・高度障害特約

民間保険には、大きな病気や長期入院時に給付金を上乗せしたり、保険料が免除になるような特約がありますが、こくみん共済には特約が一切ないため、保険を自由に組み合わせることができません

 

5. 国民共済の手続き

電話・口座・住所変更

電話番号・取引口座・住所などの変更は、以下の方法で行うことができます。

・Webか電話で書類請求をし、必要事項を記入の上で返送する
・共済ショップの窓口に行き、手続きをする
・マイページサービスに登録をし、インターネット上で手続きをする

いずれの方法についても、保障内容や組合番号・契約番号が確認できるもの(共済契約証書等)と、変更後の電話番号・口座番号・住所等がわかるものを手元に用意しておきましょう。

共済金の請求

共済金を請求する場合、まずは次のどちらかの方法で必要書類を送付してもらいます(個人賠償制度に関する受付は電話のみ)。

・受付専用フォームへ必要事項を入力する
・全労済共済金センターへ電話をする

どちらの場合も、保障内容・組合番号・契約番号が確認できるものが必要となるため、共済契約証書を手元に用意してください。書類が郵送されて来たら、必要事項を記入し返送します。全労済側で内確認を行い、支払いに該当すると判断されれば共済金が支払われます。

解約手続き

解約手続きには、次の2通りの方法があります。

・Webか電話で書類請求をし、必要事項を記入の上で返送する
・共済ショップの窓口に行き、手続きをする

他の手続きと同様、共済契約証書の用意が必要となります。なお、家族で加入していて1人だけが解約を希望する場合などには通常とは異なる手続きが発生する可能性があるため、事前に確認を行ってください。

5-1 全労災の相互扶助

全労済は、生損保を兼営していて、マイカー共済、自賠責共済、住まいる共済などの取り扱いもあります。

昭和29(1954)年に大阪で火災共済事業が実施されたのが、事業のスタートといわれています。

その後、全国に広がり、昭和32(1957)年に労済運動の全国組織として、「全国労働者共済生活協同組合連合会」(労済連)が結成されました。現在では全国レベルの全労済本部を頂点として、地方段階の地方労済本部、県段階の県本部の3段階組織で構成されています。

設立当時は、労働者による相互扶助が目的でした。

現在加入するには、職場を経由するか、あるいは、出資金を支払って組合員になる必要があります。出資金は1口100円で、1年間で1,200円(月払100円×12回)を掛け金に上乗せして支払います。

解約時に、出資金は全額返金される仕組みです。

加入手続きは、近くの全労済の窓口、金融機関に置いてあるパンフレットや申込書を使って金融機関窓口でも受け付けています。また、商品によっては郵送やコンビニエンスストアでも加入することができます。

 

6. 国民共済の掛金と保障について

全労済で一番身近な保険商品は、死亡・障害・入院などの保障がパッケージになっています。通信販売などで気軽に申し込むことができるため、加入者も多いですが、65歳以降は病気による入院の保障がなかったり、60歳以降は病気による死亡保障は100万円以下になっています。

このことに、60歳が到来したときに、気づいてほしくありません。60歳以降不足する保障額を新規で加入しようとしても、そのときの健康状態が問われるため、困難な可能性もあります。また、年齢が上がるにつれて、保険料もアップします。

6-1 国民共済のメリット

  • 掛け金が安い

最大のメリットは掛け金が安いことです。民間の保険に比べると保障内容の割に掛け金はかなり安くなっています。掛け金が安くなっているおおきな理由は、共済は非営利で運営されていることにあるでしょう。

  • 若い人には充分

保障内容は民間の保険と比較してしまうと劣ってしまいますが、病気などのリスクが少ない若い年代の人達には必要最低限の保障内容にはなっています。備えはあるに越したことはないですが、こくみん共済でも必要十分な保障はされます。

  • 割戻金がある

基本的にすべてのプラン・コースは掛け捨て型のものになっていますが、先述の通り共済は非営利で運営されているので決算時に余剰金が発生したら割戻金として掛け金の一部が返ってきます。少ない金額ではありますが全く戻ってこないよりかは良いですよね。

6-2 国民共済のデメリット

  • 保障内容が薄い

メリットにて若い人には保障内容はリスクに対して必要充分なものになっていると書きましたが、逆に年齢が高い世代にはリスクに対して保障内容が充分ではなく不安を抱えてしまうものになってしまいます。

  • 掛け捨て

メリットにて割戻金があると書きましたが、戻ってくる金額もたかが知れていて貯蓄型の民間の保険と比べてしまうと損している感覚になってしまいます。

  • 保障が先細り

ここまででお分かりいただけていると思いますが、こくみん共済の保障内容は年齢が上げれば上がるほど薄くなってしまいます。本来年齢が高くなるにつれて保障内容も手厚くなってほしいものですが、県民共済はその逆になってしまうのでここも大きなデメリットになってしまいます。

 

7. 国民共済の評判はどう?

年齢や性別に関わらず、非常にリーズナブルな掛け金で広く加入する事ができる全労済の「こくみん共済」。一般的な保険会社の保険よりも、保障の手厚さという面では一段弱くなるものの、それに見合うだけの掛け金の安さが人気のポイントにもなっています。

こくみん共済は、大きな括りで見ると「総合保障」「医療保障」「子供の総合保障」「シニアの傷害保障」などの目的に分かれていて、これらの中から掛け金に応じてより詳細なタイプのプランを選ぶ事ができるスタイルとなっています。

尚、全労済は消費生活協同組合法(生協法)に基づいて設立された共同組合という形式の組織のため、正式には保険ではなく共済という形でサービスを提供しています。また、全労済は営利目的の組織形態ではないため、加入者は組合員として組合に出資するという形を取る事になっています。

これらの条件だけで民間の保険企業と比較するには無理がありますが、考え方として「この共済という方法には、自分の身に何かがあった時のリスク分散という意味」も含めることが出来るでしょう。

多くの場合、健康でいる期間の方が長いので(余過剰金以外は)掛け捨てと成り、もったいないと言う精神が働くでしょう。また民間生保などの場合、満期になれば払い戻しがあります。

ですが一番の魅力は安い金額で保険がかけられると言う面ではないでしょうか? 少々高くても民間生保と言う考え方も素晴らしいでしょう。

7-1 国民共済は掛け持ちが多い?

国民共済をうまく活用するためにも、民間保険と掛け持ちすることをおすすめします。しかし、経済的に余裕がない場合、複数の保険に加入することは現実的ではないかもしれません。

そこでもう一度考えていただきたいのが、保険は将来のご自身や家族を守ってくれる大切な存在であるということです。安心した生活を送るためにも保険を掛けることは重要なことといえるでしょう。

国民共済の保険料は一律ですが、民間保険は加入する年齢によって保険料が異なりますので、掛け持ちを検討している場合は、できるかぎり早く民間保険に加入することをおすすめします。

・子供が去年産まれたのですが、その時に悩んで入りました(たまたまチラシが入ってきたのがきっかけです)。私は他の保険会社の学資保険に入った際、お手頃価格で医療保険にも入れるとの事だったのですが、こくみん共済の方が同じくらいの値段で医療保険の内容が充実しており、そこが契約の決め手になりました。

実際に子供が病気で入院し、こくみん共済へ電話したところ、どのような病状で入院になったかを伝えると、そこからはテキパキと対応してくれたので安心しました。その後は指示された通りに手続きを行い、数日後にはすぐ指定の口座へ入金してもらいました。一番低い金額の保険内容でしたが、子供医療費助成のおかげで、トータルの金額は少しプラスになりました。入っていて良かったです。これからもお願いしたいです。

29歳 女性 福島県

 

8. まとめ

いかがでしたでしょうか?心強い国民共済ですが、状況によっては国民共済だけでは不十分といえることもあるでしょう。共済の評判の良さは掛金のお手頃さ。共済制度は「相互扶助の精神に則った組合員の助け合い」で成り立つ非営利事業ですので共済は掛金のお手頃さが魅力です。

これから医療保険の見直しをしようと思っているなら、是非とも国民共済を検討してみませんか?

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る