共済はどこがおすすめ?比較して自分に合ったものを選ぼう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

共済は保険と違ってあまりよくわからない・・・そういうイメージがあります。
共済は割安な保険料でライトな保障を得ることができます。掛金の安さ(保険料の安さ)はやはり大きなメリットです。

特に、若い年齢層の方にはお得な保障と言えるでしょう。
この共済について大手共済の内容を比較してみました!

今後の参考にしてみてくださいね!

目次

1. 共済について
1-1 共済保険はたくさんあるんです!

2. 共済保険のメリット
2-1 共済保険のデメリット

3. 全労災の共済
3-1 都道府県民共済
3-2 コープ共済
3-3 JA共済

4. 共済と保険の比較
4-1 同じ共済でも割戻金が異なる?

5. 大手共済の比較について
5-1 共済と民間の医療保険の違い

6. 掛金を比較
6-1 保障内容を比較
6-2 加入前後の比較

7. 共済はどのように使うべき?
7-1 リスクについて

8. まとめ

1. 共済について

共済とは、営利を目的とせず、地域や職場の組合員同士が経済的に助けあうという理念のもとに協同組合や労働組合などが行う保障制度のことで、組合員に万一のことがあったときや入院したときの保障を行う生命共済や、組合員の家や家財などが火災等によって受けた損害を保障する火災共済などがあります。

共済事業を実施している主な団体としては厚生労働省認可の、全国生活協同組合連合会(都道府県民共済・全国共済)や日本コープ共済生活協同組合連合会(CO・OP共済)、全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)などがあり、農林水産省認可では、全国共済農業協同組合連合会(JA共済)などがよく知られています。神奈川県では、神奈川県認可の神奈川県民共済生活協同組合(県民共済)があります。

1-1 共済保険はたくさんあるんです!

共済は、全国的な組織が運営するものから自治体単位で運営するものまでさまざまです。共済の主な種類は役割ごとに、以下の通りに分かれます。

  • 生命共済

死亡や後遺障害など、人の生命に関係したリスクに対して保障を用意する共済です。基本的には生命保険のような役割をしますが、なかには貯蓄目的で利用できる(老後のお金・教育資金など)ものもあります。

生命共済を運営している団体には、農業協同組合・漁業協同組合・生活協同組合・事業協同組合などがあります。共済名は、生命総合共済、乗組員公正共済、定期生命共済や子供共済といったものになります。共済名になると聞いたことがあるのではないでしょうか。

  • 火災共済

火災共済は火災保険のように、建物や家財などに損害を受けた場合の保障を用意しておくものです。火災や落雷のほか、地震や水害・雪害などの自然災害の保障をしてくれるものもあります。共済名は、火災共済、団体建物火災共済、火災風水害等共済といったものがあります。

  • 自動車共済

自動車保険のような共済です。自動車事故を起こした場合に、損害を与えてしまった相手方への賠償、共済の加入者やご家族の保障などをしてくれる共済です。共済名は、自動車共済、自賠責共済などになります。

  • 傷害共済

事故・ケガ、また事故を原因とする死亡などを保障する共済です。共済名は、傷害共済、交通災害共済、交通事故共済といったものがあります。

  • 年金共済

老後の生活資金を積み立てる共済です。一定の年齢になった時点から、積み立てた金額を年金形式で受け取れるものです。

 

2. 共済保険のメリット

  • 安い掛け金で保障が受けられる
  • 掛け金は年齢に関係なく一律・保障も一律
  • 割戻金がある
  • 保険金の請求手続きが簡単

共済のメリットは、なんといっても民間の保険に比べて一般的に安い掛け金で保障が受けられるという点でしょう。その他に掛け金が年齢で上がらないことが多いという点も大きなメリットです。

民間の保険商品は、被保険者の年齢などによってその人が病気になるリスクを細かく設定しています。そしてそのリスクが高いほど保険料も高くなります。

共済では、そうしたリスクごとの掛け金の設定がないものが多いでしょう。そのため年齢によって上がることがなく、30代40代以降からも加入しやすいといえます。そのほかに割戻金があることが多く、掛け金が実質的に抑えられるということも嬉しい点といえます。

2-1 共済保険のデメリット

共済には多くのメリットがあるように感じますが、それだけで保障は十分といえません。共済のデメリットは保障が一律である分、加入者に合わせた保障や手厚い保障が受けづらいという点にあります。

特に共済の死亡保障の金額は、数百万円などのプランが多く上限も3,000万円程度です。これは保険会社で取り扱っている生命保険の死亡保障上限である3億円に比べると、少ないでしょう。

子供がいる家庭などは教育費用などを考えると心もとないかもしれません。結婚や出産を機に手厚い保障を求めるのであれば、保険と併用して加入するという方法がおすすめです。

 

3. 全労災の共済

全労済は『全国労働者共済生活協同組合連合会』の略であり、労働組合員や勤労者の福利厚生を保障するための事業を行っています。基本的には所属している労働組合経由で加入することになりますが、各都道府県にある共済生協の本支部からでも加入できます。

また、次項以降での保障内容比較でも取り上げますが、全労済では『こくみん共済』と呼ばれる総合保障の共済保険などが主な商品です。保険の保障の面でのこくみ共済の大きな特徴は、保障の一部を重点的に手厚くしたい人に向けた商品が充実しています。

例えば、

・家族に要介護の方がいる場合、重度障害を手厚く保障してくれるコースが用意されている

・もしもの時に残された家族のために、死亡保障を手厚く保障してくれるコースが用意されている

さらに、こくみん共済には、団体向けの保険商品の取り扱いもあります。中には、慶弔共済といった、慶弔に関わる保障を取りそろえたおもしろい保険もあります。種類が豊富だから、どれかに入っておけば間違いないとも思う人もいると思いますが、中には、共済だけれども、掛金(保険料)が民間の保険と同等に高い商品もあります。

3-1 都道府県民共済

県民共済や都民共済と呼ばれている保険は、全国生活協同組合連合会(全国生協連)が元受になっています。都道府県ごとに分かれている生活協同組合を全国生活協同組合連合会が取りまとめていることになりますが、地域ごとに提供している生命共済や火災共済の保障内容は多少違うこともあります。

全国共済ならではの特徴は、

・日本国民の8人に1人が加入しており、4大共済の中で一番加入者数が多い

・割戻金の返戻率が一番高い

・入院するだけで、日帰り検査入院に関わらず、入院一時金2万円がもらえる

全国共済に惹かれる最大の魅力は、年齢に関係なく、一律の月掛金(保険料)で高い保障が得られることだと言われています。さらに、毎年無償で、保障はグレードアップし続けているのも、魅力の一つなのでしょう。そんな全国共済で最も人気の高いのは、総合保障2型+医療特約=3,000円です。

実は、民間の医療保険の保障よりも、保障が手厚いとさえ言われているそうです。加入者数が4大共済NO.1 だからこそできる割戻金返戻率30%は、加入者から集めた月掛金(保険料)が最も多いので、その分加入者に還元できるからだそうです。

つまり、この先注目度の高い全国共済が加入者数を増やし続けるのであれば、割戻金の返戻率や、保障のグレードアップの質もさらに高まるのではないかと予想できますね。

3-2 コープ共済

コープ(CO・OP)共済については、日本コープ共済生活協同組合連合会(コープ共済連)が元受になります。主に生命共済や火災共済などを取り扱っていますが、下記図の通りコープ共済を実施する生協に加え、全労済と日本生協連が合わさったような共済団体であるため、全労済の商品を組み合わせた共済保険もあるようです。

コープ共済は、4大共済の中で、病歴のある人は一番加入しやすい保険だと言われています。病歴がある人にとっては、検討する前にはじめから保険への加入をあきらめている人も多いと思いますので、朗報ではないでしょうか?しかし、注意するべきことがあります。

それは、加入しやすい分、保障が半減するリスクがあるということです。せっかく、加入できても、保険の保障が薄いからそこまで加入するメリットが無いかもしれないと感じる人もいるでしょう。そこも踏まえた上で、加入をするかしないか検討する必要性があることを忘れないでおくことが賢明だと思われます。

3-3 JA共済

JA共済ならではの珍しい保障とは、

・車の保険がある

・積立型の終身保険がある

実は、JA共済には車を対象とした保険も完備しているんです。共済ですから通常の民間の車保険と比べると、低掛金で保障が手厚いかもしれないので、是非検討してみる価値はあるかと思います。

また、貯蓄を目的とした積立型終身保険があるのは、月々の掛捨てタイプの保険に入るのは勿体ないと考える人にとっては、とても魅力的な情報ではないでしょうか?

4大共済の中でも珍しい保障をしているJA共済ですが、実は、他の共済と比較すると、掛金(保険料)が割高であるとも言われていますので、加入の検討の時にはそこも踏まえて考えた方が良いでしょう。

 

4. 共済と保険の比較

共済は「消費生活協同組合法(こくみん共済、コープ共済、都民共済(県民共済)」や「農業協同組合法(JA共済)」などによって規定されていますが、保険は「保険業法」が根拠法令となっています。

根拠となる法律が異なるため、共済と保険は全くの別物でありますが、ほぼ類似商品となります。

  • 共済は非営利事業である

最も大きな違いといえるのが共済は組合員の相互扶助(お互いの助け合い)のための制度となっているという点があります。営利を目的としておらず、集めた共済家掛金(保険料に相当)が余った場合には還元されます。

生命保険会社も同じように相互会社という形態をとっており非営利団体であるという建前がありますが、実質的にそうであるとは言い難く、近年は国内最大の生保である日本生命が株式会社化するなど、保険会社は営利を目的としているという点に大きな違いがあります。

  • 共済は小さな保障を割安な共済掛け金(保険料)で入れる

共済は組合員の助け合いのための保障制度です。そのため、高額な補償ではなく、ほどほどの小さな保障を割安な共済掛け金(保険料)で加入することができるという点が大きなメリットであるとされています。

こちらが共済に加入する最大のメリットといえるでしょう。

  • 共済に加入するには組合員となる必要がある

こちらはデメリットといえる部分ですね。
共済は組合に加入する人のためのセーフティーネットであるため、組合員でないと加入することができません。

  • パッケージ商品が多く細かいカスタマイズができない

こちらもデメリットですね。生命共済(生命保険)などは補償が内容がある程度セットにになっているプランが多いです。そのため、特定の保障だけが欲しいという人にはちょっと向いていない部分もあります。

小さな保障がたくさんついているという感じになっています。たとえば病気入院日額1500円といったように保障としては半端過ぎない?といった内容がセットになっています。

  • 若い人は掛け金が壮年者と比べて割高

たとえば代表的な共済である「こくみん共済」は共済掛け金を年齢別に分けていますがその幅が広く(満15歳~満60歳)としています(年齢群団方式)。

この年齢の人はすべて同じ掛金で同じ保障となります。その一方で実際に病気になるリスクなどは年を取っている人の方が高いです。20歳代の人と50歳代の人とでは病気(大病)になるリスクは大きく差があります。このため、若い人10代、20代、30代くらいまでの人は40代、50代の人の分の保険料をやや負担しているという構図になります。

4-1 同じ共済でも割戻金が異なる?

共済制度は「相互扶助の精神に基づいた組合員の助け合い」で成り立つ事業のため、掛金(保険料)が安いです。しかし、保障商品の選択が少ないという面があります。

こくみん共済の加入者数は、1,385万人と言われ、4大共済の中では、第2位にあたる加入者数です。

(※第1位全国共済=1730万人、第3位JA共済=1014万人、第4位コープ共済=837.9万人)

そして、第2位なので、加入者から集めた掛金(保険料)から共済金と事業費を差し引いた還元率は、当然、第2位に昇るくらい高い還元率だと思う人もいるでしょう。

ですが、同じ共済でも、共済金は加入者が利用して支出した割合ですからどうしようもありませんが、事業費や収支残のやりくりによって、どれくらい加入者に還元されるか大きく変わるのです。

割戻金の仕組み:余剰金

共済の販売時に経費を抑え、保険料を安くしていますが、利益(余剰金)が出た場合に、割戻金という形で契約者(組合員)に還元します。一般的な保険会社より割戻率は共済の方が高めです。割戻金は、加入している共済や保障タイプ、契約期間により変わってきますので、あなたの加入している共済に確認をしてみると良いのではないでしょうか。

配当金と割戻金どっちがお得?

配当金は、予定率と実際の率との間に差があり、余り(剰余金)が発生して時に、契約者に分配されます。共済は先ほど書いた通りですが、一般の保険会社よりは割戻金は多めです。割戻金や配当金の大きさを中心に生命保険を考えるなら共済を選ぶかもしれません。

しかし、配当金を中心に考える人は、ごく少数派と言えるのではないでしょうか?なぜなら、生命保険は、あなた自身やご家族に何かあった時に役立つ保険だからです。共済は安い代わりに、保障内容の選択肢が少なく、一般の保険会社の生命保険は、保険料は高い代わりにあなたに合った保障内容の選択肢が広いと言えます。

保険会社も共済もメリット・デメリットが存在しますから、加入を考える場合は、生命保険会社と共済の両方の説明を聞き、保障内容なども含めて、総合的にあなたの条件に合った保険会社に加入することをオススメします。

 

5. 大手共済の比較について

例えば、3社のいくつかのプランを比較してみると、

比較対象の
共済保険プラン
《都民共済》
生命共済
総合保障2型
《全労済》
こくみん共済
総合保障 総合タイプ
《コープ共済》
《たすけあい》
医療コース V2000円コース
月々の共済掛金 2,000円 1,800円 2,000円
加入年齢 18歳~64歳 15歳~59歳 0歳~64歳
保障期間 18歳~65歳 15歳~60歳 0歳~65歳
入院日額
(事故の場合)
1日 5,000円
(最大184日)
1日 5,000円
(最大180日)
1日 5,000円
(最大184日)
入院日額
(病気の場合)
1日 4,500円
(最大124日)
1日 1,500円
(最大180日)
1日 5,000円
(最大184日)
通院日額
(事故の場合)
1日 1,500円
(14日~90日まで)
1日 1,000円
(最大90日)
1日 1,500円
(最大90日)
手術 +1,000円の掛金で
最大20万円
最大8万円
入院一時金 +1,000円の掛金で
20,000円
長期入院 30万円
介護保障 400万円
後遺障害
(交通事故)
最大660万円
(18歳~60歳)
最大500万円
(60歳~65歳)
最大540万円 最大100万円
後遺障害
(不慮の事故)
最大400万円
(18歳~60歳)
最大300万円
(60歳~65歳)
最大360万円 最大100万円
死亡or重度障害
(交通事故)
1,000万円
(18歳~60歳)
700万円
(60歳~65歳)
1,200万円 110万円
死亡or重度障害
(不慮の事故)
800万円
(18歳~60歳)
530万円
(60歳~65歳)
800万円 110万円
死亡or重度障害
(病気の場合)
400万円
(18歳~60歳)
230万円
(60歳~65歳)
400万円 10万円
先進医療特約 +1,000円の掛金で
150万円まで保障
別のプラン(新総合医療共済)で対応可 +100円の掛金で
1,000万円まで保障
住宅災害 最大30万円

都民共済における医療保障

都民共済の生命共済(総合保障2型)は死亡時や後遺障害における保障や入院費などはそれなりに高い共済金額が設定されていますが、手術費や先進医療特約を付けるには医療1型特約(月々の共済掛金:1,000円)が必要になるため負担が大きくなります。

全労済における医療保障

全労済のこくみん共済(総合保障総合タイプ)も都民共済と同等の保障内容であり、死亡時に支払われる共済金額は高めですが、先進医療特約のオプションを付けるには新総合医療共済のプランにする必要があるようです。

コープ共済における医療保障

コープ共済の《たすけあい》医療コース(V2000円コース)については加入年齢の幅が広く、住宅災害における損失もカバーすることができますが、死亡保障が比較的乏しいと思われます。

5-1 共済と民間の医療保険の違い

「医療共済」の特徴
医療共済にも「定期タイプ」と「終身タイプ」がある

  • 定期タイプ

定期型の多くが、一定の年齢まで一律の掛金で、同じ保障内容で加入することができますが、高齢期(60歳や65歳)には保障が減少するプランもあります。多くの場合、60歳くらいまでは、新規加入で検討する場合に、加入年齢による掛金のアップを考えなくても済むといえます。

しかし、共済によっては、特定の年齢から掛金はそのままで、高齢期用のプランに移行したり、保障内容が小さくなったりする場合があるので注意が必要です。

  • 終身タイプ

終身型の場合、民間の医療保険と同じように、加入時の年齢や性別により掛金が変わります。保障内容は、一部の特約を除き一生涯同一の保障内容となります。終身型を取り扱う共済は増えてきていますが、すべての共済が終身型の医療共済を扱っているわけではないため、各共済に確認するようにしてください。

年1回の「割戻金」がある

多くの共済では、毎年の支給した共済金と必要経費の実績に応じ、剰余金が出た場合に「割戻金」が支給されます。
もともと「共済」は非営利団体であるため、発生した剰余が還元される仕組みになっています。ただし、あくまでも「剰余」の還元ですから、必ず約束されているわけではなく、金額も毎年変動します。

民間の医療保険の特徴

民間の医療保険の「定期タイプ」と「終身タイプ」

民間の医療保険の多くは、タイプにかかわらず、加入時の年齢や性別により保険料が変わります。民間の医療保険の「定期タイプ」と「終身タイプ」の大きな違いは、保険期間が一生涯続くかどうかということです。定期型は、保険期間が一定期間または一定年齢までに定められており、満了時に自動更新するプランと、しないプランがあります。更新する際には、その時の年齢や保険料率で新たに保険料が計算されるため注意が必要です。

 

6. 掛金を比較

医療保険「入院日額10,000円」を基準とした比較した場合を比較しました。

民間の保険 都民共済
入院保障2型
保障期間 終身 60歳まで
掛け金 3,432円 2,000円
入院日額 10,000円 10,000円
入院限度日数 1入院60日
(三大疾病は無制限)
1入院124日
通算入院限度日数 1000日 なし
通院日額
手術 5万・20万 2.5万・5万・10万
先進医療 通算2000万 1~150万
死亡保障 10万

病気になるリスクなどは年を取っている人の方が高いです。20歳代の人と50歳代の人とでは病気(大病)になるリスクは大きく差があります。このため、若い人10代、20代、30代くらいまでの人は40代、50代の人の分の保険料をやや負担しているという構図になります。

掛金を支払うことで、毎月どの程度の負担があるのか、気になるかとは思いますが、掛金の安さをだけで加入を決めてはいけません。どれだけ安い掛け金であっても結局はあなた自身を守る保障に変わるわけですから、安かろう悪かろうでは意味がないのです。そうならないためにも、掛金と保障内容のバランスをみながら決める必要があるといえますね。

6-1 保障内容を比較

大手3社の子供向け保険の保障について比較しました。

県民共済 コープ共済 全労済
コース名 生命共済
こども1型
たすけあい
ジュニア18コース
(J1000円コース)
キッズタイプ
リンク 公式サイト
(都民共済)
公式サイト 公式サイト
月掛金 1,000円 1,000円 900円
割戻率
(2011年度)
22% 15.9% 15.5%
実質の月掛金
(割戻率を考慮した掛金)
780円 850円 760円
保障期間
(保険期間)
0~18歳 0~19歳 0~18歳
入院 事故

病気
1日当たり
5,000円(1~360日目まで)
1日当たり
6,000円(1日目から360日分)
1日当たり
5,000円(1日目から365日分)
通院 事故 通院1日当たり
2,000円(1~90日目まで)
1日当たり
2,000円(1日目から90日分)
1日当たり
2,000円(1日目から90日分)
がん診断 50万円
2016年4月より新設
手術 2・5・10・20万円 5・10・20万円
長期入院
(270日以上連続した入院)
36万円
先進医療 2016年4月以降
1~150万円※2016年3月までは
1~50万円
2016年9月以降
月額100円の
特約
で付加可
最高1,000万円
第三者への損害賠償 最高
100万円
月額170円の
特約
で付加可
最高
100万円
後遺
障害
交通事故 12~300万円 14~350万円 12~270万円
不慮の事故 8~200万円 8~180万円
死亡

重度障害
交通事故 500万円 150万円 600万円
不慮の事故 400万円 400万円
病気 200万円 100万円 200万円

扶養者

死亡・重度障害

事故 2016年4月以降
500万円※2016年3月までは
350万円
100万円 350万円
病気 50万円 30万円

6-2 加入前後の比較

共済や保険は、加入後の対応が非常に重要なポイントです。掛け金が銀行口座から落ちていない時の連絡や、入院時の請求に関する対応、保障内容の確認や変更など、迅速かつ丁寧に対応してもらいたいものです。

共済の代理所や保険の代理店が近くにある場合は対応が早くなる傾向はあります。しかし、加入後の対応に関しては、共済と保険という大きな比較というよりも、各窓口の担当者の対応が大きなウェイトを占めるため、一概にどちらが良いとはいえません。信頼できる担当者がいることが加入後の安心感につながります。

 

7. 共済はどのように使うべき?

共済は性別や年齢に関係なく固定された保障になっている場合が多く、民間の医療保険のように個々のライフプランに応じて保障内容をカスタマイズすることが難しい傾向があります。共済は比較的少額な保障が一般的なので、手厚い保障や長期での入院保障を望んでいる人には不足することもあります。

医療共済は基本的に定期保障タイプで、決められた年齢を過ぎると保障が減るか、無保障になるため、終身で入りたい人には向きません。CO・OP共済やこくみん共済には終身保障の医療共済もありますが、各種特約が民間の医療保険に比べて少ないため、ライフスタイルに合わせてアレンジすることは難しいでしょう。

保障内容をシンプルなものにしたい場合は医療共済、自分なりにアレンジしたい場合は民間の医療保険を選べば良いでしょう。

7-1 リスクについて

医療保険、医療共済について様々な角度から比較をしましたが、医療共済にも複数の運営元がありますし、医療保険については大手からネット生保まで実に多くの保険会社と商品があります。

医療保険は自動車保険と異なり、重複して加入することができます。そのため、選び方としてはどちらか一方だけを加入するということに縛られず、両方を組み合わせることも有効です。

終身型は民間の医療保険をベースに子供が独立するまでは医療共済を上乗せという形も考えられますし、逆に医療共済をベースに医療保険を上乗せすることも考えられます。

 

8. まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまで大手会社の共済を比較しましたが、共通する部分も多くあります。ポイントとしては、低掛金で加入することが可能なので、世代問わず、加入しやすいというのも選ばれる理由の一つなのでしょうね。

以上を踏まえて4大共済を徹底検証してみましたが、もちろんそれぞれの共済には独自の魅力があります。あなたに合った共済を探す時に、この記事を参考にしてみてくださいね!

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る