生命保険

年末調整で気になる個人年金の控除額はどれぐらいか教えます!

年末調整や確定申告をすると、〇〇控除・〇〇控除と控除の欄が気になりませんか?

色々な節税方法があり、税金をよりやすくしたいと思う方もいらっしゃると思います。

そこで、近年の税法改定により追加された、個人年金保険料控除を今回は詳しく説明していきます。

「個人年金保険に加入しているが、これは対象になるのか?」や、「これから加入を考えているけれども、注意しないといけない事はあるのか?」など多くの疑問があると思いますので、契約の仕方から控除額など、これさえ把握していれば、大丈夫と言う記事になりますので、これを読んで個人年金保険料控除とはどういったものなのかを、知っていただければと思います。

目次

1.個人年金って一体どういったもののことをいうの?
1.1公的年金をカバーし、2つの種類に分かれている保険のことを言う
1.2家計に優しい控除などがついている
2.個人年金保険料控除はすべての人に適応するわけではないの?
2.1保険に特約がついていないと適応範囲外になる
2.2定められた条件が満たされていないといけない
3.生命保険料控除って一体どういった制度のことを言うの?
3.1所得に合わせて控除される事を言う
3.2生命保険料控除には3種類がある
3.3加入している保険に応じて値段は変動する
4.生命保険料控除は途中で制度が変わったってどういうことなの?
4.1加入時期によって適応される制度が変わる
4.2控除額の上限がより高く設定されている旧制度
4.3計算式が変わった新制度
5.個人年金保険料控除って一体どういった面がメリットだといえるの?
5.1節税効果がかなり高いということが出来る
5.2他の保険料とはまた別枠で所得控除を受けることが出来る
6.気をつけておきたい個人年金保険のデメリットって一体どういったものなの?
6.1個人年金保険料控除を満たさない内容変更は難しい
6.2途中で減額しても解約返戻金は戻ってこない場合がある
6.3途中解約すると損をする場合がある
7.個人年金保険がおすすめな人って一体どういった人なの?
7.1あくまでも控除はおまけで保険を重要視出来る人
7.2安定的な収入がある人
7.3ローリスク・ローリターンで運用したい人
8.まとめ

続きを読む

太陽生命ってどんな保険会社?商品詳細や口コミから実態を探る!

太陽生命は自由に保険を組み合わせられるオーダーメイド保険として有名な会社ですが、その実態は一体どうなんでしょうか?

巷ではあまり良くない噂も耳にしますが、今回は「太陽生命」の保険の特徴や、どんな商品を取り扱っているかご紹介します。

どんなメリットやデメリットが潜んでいるのか、口コミを参考にしながら伝えていきます。利用者の言葉は嘘を付かない。鵜呑みは危険ですが、参考にして、アナタにとって良い保険が見つかると良いですね。

目次

1.太陽生命ってどんな会社?

1.1 会社概要

1.2 取扱商品一覧

1.3 人気がある商品は?

2.太陽生命の保険について

2.1 保険組曲bestシリーズについて

2.2 終身生活介護年金保険について

2.3 わくわくポッケについて

2.4 健康に自信がない人でも加入できる保険について

2.5 その他の取り扱い保険について

3.太陽生命の口コミに迫る!

3.1 太陽生命って実際のところどんなイメージ?

3.2 太陽生命は悪い評判ばかり?

4.口コミからまとめた太陽生命のメリット・デメリット

4.1 メリット①商品について

4.2 メリット②会社について

4.3 デメリット①商品について

4.4 デメリット②会社について

5.生命保険の選び方で失敗しないために

5.1 まずは自分の加入する保険の種類を選ぶ

5.2 謳い文句にだまされるな!商品詳細はよく確認して

5.3 保険料は無理のない範囲で

5.4 迷ったら口コミを参考に

5.5 ライフプランを綿密に立てて

6.太陽生命の保険で失敗しないために

6.1 分からないことは逐一確認をしよう

6.2 納得したうえで契約すること

6.3 保険会社のデータだけでなく、口コミも参考にして

6.4 保険金支払いや適用事例についてもよく確認を

7.まとめ

続きを読む

認知症に備える保険の選び方を元保険外交員が分かりやすく徹底解説!

『認知症と保険』と聞いてパッと頭に浮かぶと言ったら介護保険だと思いますが、公的の介護保険でどこまで認知症に備えられるかご存知ですか?

漠然と「認知症になっても介護保険があるから大丈夫」と思っている事も多いのではないでしょうか?

公的の介護保険と民間の認知症保険の違いが分からなかったり、認知症に備えられる保険に入りたいけど、どの保険に入ればいいのか分からないという人も少なくないと思います。

そこで今回、認知症になったらどれだけの費用がかかるのか、認知症の保険は保険会社によってどのような違いがあるのかなど、現在介護の現場とも多くの関りを持つ福祉用具専門相談員で、かつ元保険外交員が『認知症と保険』について分かりやすく解説いたします。

一言で認知症と言っても症状によって様々な違いがあります。

そのため、将来の分からない不安を保険で少しでも安心に変えられるようにお手伝いができたらと思っていますので、ぜひこの記事を参考に保険選びの役に立ててもらえると嬉しいです。

目次

1.認知症と保険の関わり
1.1.認知症と公的介護保険の関わり
1.2.認知症と民間の保険の関わり
1.3.公的介護保険と民間の認知症保険の違い
1.4.民間の認知症保険の仕組み

2.認知症に備える保険とは?
2.1.認知症になると費用はどのくらいかかるのか?
2.2.民間の認知症保険でどんな保障が必要なのか?
2.3.認知症保険だけでなく損害保険も大切

3.認知症に備える保険の選び方
3.1.保険会社によって異なる保障内容をしっかり理解しましょう
3.2.保険金の受け取り方を決めましょう
3.3.保障内容と保険料を納得したうえで加入しましょう

4.保険会社比較『太陽生命』
4.1.保障の範囲の広い太陽生命の『ひまわり認知症治療保険』
4.2.『ひまわり認知症治療保険』のメリット
4.3.『ひまわり認知症治療保険』のデメリット

5.保険会社比較『朝日生命』
5.1.介護に手厚い朝日生命の『あんしん介護認知症保険』
5.2.『あんしん介護認知症保険』のメリット
5.3.『あんしん介護認知症保険』のデメリット

6.保険会社比較『三井住友海上あいおい生命』
6.1.掛け捨てじゃない『積立利率変動型終身保険』
6.2.『積立利率変動型終身保険』のメリット
6.3.『積立利率変動型終身保険』のデメリット

7.認知症保険の注意点
7.1.公的介護保険の要介護度は変わることがあります
7.2.保険会社によって保障内容がかなり違うのできちんと内容を把握しましょう
7.3.保険料の払込期間は計画を立てて決めましょう

8.まとめ

続きを読む

国民年金の満額はいくら?公的年金と生命保険でダブルで備えよう!

老齢世代を支える若い世代の人口は、ご存知のように減少傾向にあります。

これにより、シニア1人を支える現役世代の人数は年々少なくなり、その負担額は決しておざなりにできない額となっています。

この状態が続くと、現役世代が老齢世代に突入した際、その受給資格や受給年齢の変更が余儀なくされ、セカンドライフに暗い影を落とすことは、もはや回避できない、重要な問題となっています。

そこで今回は、公的年金制度である国民年金の保険料/受給額などを、正しい情報で理解し、来るセカンドライフへの備えをどうすべきかを、一緒に見てまいりましょう。

 目次

1.公的年金制度とは
1.1公的年金のしくみ
1.2公的年金の種類

2.国民年金とは
2.1国民年金のしくみ

3.国民年金の保険料とは
3.1国民年金保険料の算出方式
3.2実際の保険料額
3.3制度改正による平成29年度までの保険料

4.国民年金の受給とは
4.1受給可能な国民年金の種類
4.2受給の条件
4.3受給月額の算出方式
4.4実際の受給額目安

5.受取年金受給額を増やすには
5.1後納制度
5.2付加年金
5.3国民年金基金
5.4iDeCo
5.5受給年齢の繰り上げ

6.セカンドライフとは
6.1セカンドライフの実情
6.2セカンドライフに必要な資金

7.セカンドライフへの備え
7.1銀行などの金融商品による備え
7.2生命保険による備え

8.生命保険の活用術
8.1セカンドライフ向けの生命保険とは
8.2保険の比較サイトの活用

9.まとめ

続きを読む

40代から備えよう!おすすめの個人年金保険で豊かな老後を!

人生も中盤に差し掛かり、心身ともに充実した毎日を送っているのが、いわゆる40代ではないでしょうか。

子育ても幼児期の大変さから少し解放され、仕事でも中堅と呼ばれるようになり、今までの人生やこの先の人生を考えるだけのゆとりが、ようやく持てる世代だとも言えるでしょう。

そのゆとりは経済的なものだけではなく、セカンドライフも視野に入れた、ライフプランニングの必要性をも、考えることが出来る年齢だとも言えます。

そこで活用したいのが、経済的メリットと万が一のリスク対応に特化した、個人年金保険です。

その有効性を漠然とわかっていながらも、情報として知り得ているのはごく一部な為、イメージがわきにくいと言う方が、大半だと思います。

今回はそんな個人年金の基礎知識を踏まえながら、40代から始められるおすすめの個人年金を見てまいりたいと思います。

目次

1.個人年金の必要性
1.1公的年金制度のしくみ
1.2受け取れる年金
1.3受給の条件
1.4受給開始年齢

2.セカンドライフとは
2.1セカンドライフの理想と現実
2.2セカンドライフへの備え

3.個人年金とは
3.1個人年金のしくみ
3.2個人年金の種類
3.3個人年金のメリット

4.個人年金に関する世情
4.1年齢で見る加入率
4.2年金額平均
4.3給付開始年齢
4.4給付期間

5.年金かけはし/明治安田生命
5.1しくみと特徴
5.2商品シミュレーション

6.たのしみ未来/住友生命
6.1しくみと特徴
6.2商品シミュレーション

7.個人年金保険/三井住友海上あいおい生命
7.1しくみと特徴
7.2商品シミュレーション

8.こだわり個人年金/マニュライフ生命
8.1しくみと特徴
8.2商品シミュレーション

9.たのしみワンダフル/住友生命
9.1しくみと特徴
9.2商品シミュレーション

10.まとめ

続きを読む

20代で個人年金に加入する事はおすすめなの?その理由を徹底解説します!

仕事を始めて、家族も増えて…20代の間に、様々な環境が変わっていったという方も多いのではないでしょうか。

それによって、自分が守りたい大切な人が増えたり、自分の将来に対して責任感を感じている方もいるかと思います。

そういった方にとっては、老後のことを考えるというのも非常に重要なことではないでしょうか。特に、公的年金などは20代の初めは学生ということで免除されており、それにともなって未納付という方も多いかと思います。

しかし、老後は何十年も先のことですが、個人年金の性格を考えると実は今から加入を検討するほうが良いとも言われています。
この記事では、そんな個人年金はどうして20代から加入するのがおすすめなのかをメリットとデメリットを見ながら解説していきたいと思います。

目次

1.20代から考えておきたい老後に対する問題って一体どういったものがあるの?
1.1公的年金だけでは老後の生活が賄えるか心配
1.2公的年金に未加入だったり納付しておらず老後を考えていない
1.3個人年金だけを検討しており公的年金は考えていない
2.個人年金って一体どういったもののことをいうの?
2.1保険とついていても金融商品の一種
2.2投資として考えなければリスクは高くなる
2.3老後資金を作ることができる
3.個人年金保険に加入したほうがいい人って一体どういった人なの?
3.1所得がある程度高く高額な税金を納めている人
3.2ローリスクでも堅実にお金を増やしたい人
4.個人年金保険を20代から始めるとどんなメリットがあるの?
4.1長期間で積み立てることで得が出来る
4.2長い期間税金控除を受けることが出来る
4.3普通に貯金をするよりもコストパフォーマンスが良い
5.個人年金保険のデメリットって一体どんなものがあるの?
5.1長期間自分の資産を好きに使うことができなくなってしまう
5.2物価が上がるインフレリスクに対して対策が難しい
5.3保険会社自体が破綻する恐れがある
6.20代で個人年金保険を考えるならまずはどうすればいいの?
6.1家計やライフプランから加入するかどうかを考えてみる
6.2貯蓄を増やす方法としてポートフォリオを作成してみる
6.3分からないことはFPなどの専門家に尋ねてみる
7.まとめ

続きを読む

老後資金の心配は今から考えておこう!貯めるためのポイントご紹介

『老後』の事を考えるとき、皆さん何をまず思い浮かべますか?

『老後資金』が足りなくて苦しい生活をしている自分など出来るなら想像したくないと思います。

出来るなら、孫に囲まれて幸せに暮らしている自分、念願の夫婦旅行を楽しんでいる自分、時間に追われる事無く好きなことに没頭する自分など楽しく暮らしていきたいものです。

しかし現実は厳しく公的年金だけでは、それらの楽しみだけじゃなく食べる事さえ困難になるかもしれません。

そうならない為に今回は『老後資金』で困らない為の、お金を貯めるポイントを考えて行きたいと思います。

目次

1.『老後資金』の前に『老後』とはを考える!
1-1.老後ってなに?
1-2.老後の家族とは
1-3.寿命・年齢・病気のリスク
2.『老後資金』とはを考える!
2-1.『老後資金』が無くても!
2-1.子供と同居してみる?
2-2.老齢になる前に
3.『老後資金』目標金額
3-1.老後・何にどのくらい掛かる?
3-2.貯められる?3000万円『老後資金』
3-2.どのくらい貯めればいいの?
3-2-1.夫婦ふたり
3-2-2.一人暮らし
3-2-3.自営業者なら
4.老後に必要な金額の不思議
4-1.『老後資金』だれが支える?
4-2.『老後資金』破産
5.『老後資金』貯め方
5-1.貯める金融商品はある?
5-2.生命保険なら
5-3.個人年金で『老後資金』
6.今すぐ行動すること
6-1.我が家のプランニング
6-2.好きな事でスキルアップ
6-3.健康でいること
7.まとめ

続きを読む

積立年金保険を利用して老後の心配をなくすのは可能なの?

積立年金保険という言葉は聞いたことがあるけれど、実際にそういった名前の保険は少なく、一体積立年金とはどういったものなのか、また、積立年金保険とはどれに加入するべきなのかと考えている方もいるかと思います。
しかし、実は積立の文字が入っていなくても積立年金の要素を含んでいる保険も存在しています。
この記事では、そんな積立年金とは一体どんなものなのか、また、どうして老後の貯蓄におすすめされているのかをご紹介していきたいと思います。

目次

1.積立年金って一体どういったもののことを言うの?
1.1国が運営している公的年金
1.2加入も解約も自由な個人年金
1.3自分の負担が軽くなる確定拠出年金
2.個人年金と確定拠出年金って一体どういった点が違うの?
2.1積立てていく支払い保険料が決まっているかどうか
2.2 将来受け取れる保険金が決まっているかどうか
3.個人年金と確定拠出年金はどのように使い分ければいいの?
3.1ローリスクローリターンで運用する個人年金
3.2他の年金制度が振るわなくてもカバーできる確定拠出年金
3.31つに集中するのではなく、分散することが大切
4.積立年金って一体どういうメリットを意味しているの?
4.1長期間で積み立てることでインフレリスクを避けることができる
4.2長い期間かけることで、複利の力により投資が成功しやすい
4.3焦ることなく安心して年金を作ることが出来る
5. よく聞く拠出型企業年金保険と企業型確定拠出型年金は同じではないの?
5.1保険料を誰が支払うのかが違う
5.2加入や契約が自由かどうかが違う
5.3税制度がどのようになっているのかが違う
6.年金制度は節税対策になるのは本当なの?
6.1全ての年金保険が対象になっているわけではない
6.2契約者が異なっても控除が可能な場合がある
7.最後に確認しておきたい積み立てて作る個人年金保険が人気の理由とは?
7.1自動的に目標額分のお金を貯めることができるから
7.2貯めたお金を無駄遣いしなくてもすむから
7.3税金控除を受けることができるから
8.まとめ

続きを読む

個人年金保険の比較サイトを活用して、ライフプランニングを始めよう!

インターネット隆盛の現代社会、私たちは様々な恩恵を、そのネットワークから受けています。

スマホ/PCさえあれば、ありとあらゆる情報を、どこにいても手軽に収集できるようになり、その範疇は全世界に及びます。

しかしながらその情報量の多さばかりでなく、整合性の確認できない情報、キャッシュとして残り続ける過去の情報などがあまりにも多く氾濫し、その信ぴょう性は時として懐疑的にならざるを得ないのも、インターネットの持つ側面です。

とりわけ商品数が多く、煩雑な生命保険商品を検索しようとすると、その数のあまりの多さに、閲覧する前に気が萎えてしまいます。

そこで今回は、インターネットの利点をフル活用して、生命保険商品の情報を収集するのにうってつけな、比較サイトのあれこれを見てまいりたいと思います。

特に先行きの見えない経済状況に置かれているわが日本では、将来の備えとしての個人年金保険に熱い視線が注がれています。

まずは自身のライフプランを具体的にイメージしていただくためのノウハウから、選ぶべき個人年金の情報、活用すべき生命保険比較サイトを順に見てまいりましょう。

確かな情報を発信する優良サイトを活用して、今すぐ盤石なライフプランを構築していきましょう。

 

目次

1.ライフプランをシミュレーションしよう
1.1ライフイベントとは
1.2イベントごとに必要な経費

2.将来に向けた貯蓄とは
2.1備えは2種類
2.2銀行金融商品とは
2.3生命保険会社の保険商品とは

3.そもそもセカンドライフとは
3.1公的年金の現状
3.2セカンドライフの現状

4.様々な体系別にみる個人年金
4.1受取種類別個人年金
4.2形態別個人年金
4.3保険料払込別個人年金

5.新しい形の公的年金とは
5.1イデコiDeCo

6.個人年金ランキング
6.1利率/返戻率でみる個人年金

7.インターネットを駆使しよう
7.1個人年金保険比較サイトとは

8.代表的な個人年金保険比較サイト
8.1価格.com
8.2保険市場
8.3 i保険
8.4保険比較ライフィ
8.5保険比較
8.6保険チャンネル
8.7自身にあったサイトを探そう

9.まとめ

  続きを読む

個人年金のデメリットを徹底検証!お得な個人年金とは何か!

皆さん『個人年金』についてどの程度知っていますか?デメリットもきちんと理解しているでしょうか?

第2の人生となる老後をその『個人年金』で、豊かにゆっくりと楽しみたいと思っている方がほとんどだと思います。

公的年金の不安や心配もなく、十分な『個人年金』が用意できれば安心して老後を過ごせる事とでしょう。

しかし現在の日本の経済状況を見ると本当に安心できる物なのか、不安になってきませんか?

今、自分の老後の為の『貯蓄』を『個人年金』で用意しているとていう人は、どんな種類の個人年金で、どのくらいの受取金額にしていますか?はたしてそれらは本当にゆとりをもたらしてくれるのでしょうか?

今回は、個人年金の種類によっては、将来デメリットとなるかもしれない、個人年金のデメリットを考えながら、お得な『個人年金』とはどのようなものかを、見て行きたいと思います。

目次

1.個人年金のこと
1-1.個人年金って何?
1-2.私的年金にはこんなものが
1-2-1.〇〇基金
1-2-2.確定拠出年金
1-2-3.生命保険
2.個人年金 デメリットの理由
2-1.デメリットな個人年金
2-1-1.老後資産が減る?
2-2.個人年金・定期預金
2-3.個人年金と公的年金
2-4.個人年金・貯蓄型生命保険
3.個人年金 デメリット・注意
3-1.個人年金 デメリット・インフレ
3-2.個人年金保険・『損』減額
3-3.個人年金 デメリット税金
3-3-1.受け取り方法
4.個人年金 デメリット・対策
4-1.個人年金・入らない
4-1-1.会社員
4-1-2.自営業者
4-2.個人 年金・入るタイミング
4-3.何歳までカバーするか
5.個人年金「イデコ」とは
5-1.個人型確定拠出年金(iDeCo)
5-2.個人型確定拠出年金・増やし方
5-3.個人型確定拠出年金の注意点
6.個人年金のお得なポイントを考える
6-1.お金が貯められない人
6-2.個人年金保険の税制適格特約
6-3.国民年金・加入するメリット
7.まとめ

続きを読む

夫婦2人の老後資金はいくら必要?考え方と貯め方を教えます!

子どもを育て上げて、仕事を終えたら夫婦でゆっくりと老後の生活を楽しんでいきたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、自分がいつ死ぬのかは分からないし、年をとったら思うように働けないのを考えたらきちんとお金を貯めておきたいと思う方も多いと思います。
しかし、いざ老後資金を貯めようと思っても、住宅資金や、教育資金などが必要だったり、いくら貯めればいいのかよく分からなかったりと、なかなか取り掛かれないという方も多いのではないでしょうか。
そういった方に、この記事では老後資金をどのように考えていけばいいのか、そして、老後資金を貯める方法についてご紹介していきたいと思います。

目次

1.気になる夫婦の老後資金って一体どのように考え始めればいいの?
1.1無収入になる老後どのくらいの貯金が必要になるのかを考える
1.2退職金や個人年金はどのくらいなのかを確認する
1.3夫婦で毎月どのくらいの額の収入があるのかを考えてみる
1.4夫婦で毎月どのくらいの額の支出があるのかを考えてみる
2.老後資金になるのって一体どのような金融商品なの?
2.1誰でも受け取ることできる公的年金
2.2早期加入で安心できる個人年金保険
2.3自分でコツコツ貯めていく貯蓄
3.支払い保険料に合わせて支給される国民年金の受給を増やすにはどうすればいいの?
3.1受取開始日を繰り下げて月々の受取額を増やす
3.2任意加入をすることで、本来受け取れなかった年金を受け取る
3.3自営業なら国民年金を増やせる付加年金
4.加入できる制限が広がった確定拠出年金はどうして老後資金に役立つの?
4.1所得控除で所得税や住民税が割り引かれるから
4.2確定拠出年金による利息は税金が課税されないから
4.3 確定拠出年金を受け取るときにも税金が減税されるから
5. 貯金だけで夫婦の老後資金が不安な理由とは?
5.1厚生年金の支払額が減ったり、支払われない可能性があるから
5.2インフレが起こる可能性があるから
5.3低金利状態で利回りが非常に低いから
6.老後資金を保険で増やすためにはどのような人がおすすめなの?
6.1保険の加入も検討している人
6.2お金を自発的に貯めたり運用するのが上手くない人
6.3ローリスクでお金を貯金したい人
7.老後資金を貯めるのにおすすめな保険とは一体どんなものがあるの?
7.1決まった額の年金が受け取れる低解約返戻金型終身保険
7.2節税効果があり簡単に貯蓄ができる個人年金保険
7.3加入者が増えている運用次第で得をする変額保険
8.まとめ

続きを読む

ソニー生命の個人年金保険って?変額保険との違いも含め解説します!

年金を貯めることを検討し、情報を集めたけれど、個人年金保険が次々に販売停止になり、どうすれば良いのか分からなくなっていませんか?
私も、様々な情報を収集したにもかかわらず、販売停止になった商品は多くあります。
その中でもソニー生命は、元々2種類の個人年金保険を扱っていましたが、今は変額個人年金保険のみに統一されて販売を継続していますが、変額保険と変額個人年金と似たような2種類の保険が販売されている事で、少し解り辛いです。
この記事では、ソニー生命の扱っていた個人年金保険はどのようなものなのか、そして現在扱われている変額保険と変額個人年金保険はどういった商品でどのような違いがあるのかと言う事から、他社の保険と比較してどのようなメリットがあるのかなどを変わりやすく解説していきます。
この記事を読んで、より有利に老後の資金の準備をしませんか?

目次

1.ソニー生命の個人年金保険ってどのような種類があるの?
1.1受け取れる年金の額が決まっている、5年ごと利差配当付個人年金保険
1.2運用実績に応じて年金の総額が変動する、変額個人年金保険
2.ソニー生命の5年ごと利差配当付個人年金保険のメリットってどういう所なの?
2.1支払った保険料が返ってくる返戻率が高い
2.2保険料が支払われない障害になった時に払込免除がついている
3. ソニー生命の5年ごと利差配当付個人年金保険のデメリットってどういう所なの?
3.1基本的に支払いは口座振込のみ
3.2サイトからシュミレーションなどで詳しい情報を得られない
3.3簡単に申し込むことは難しい
4. ソニー生命の変額個人年金保険のメリットってどういう所なの?
4.1物価が上昇するインフレリスクに対応することができる
4.2自分の運用次第で多くの年金を受け取ることができる
5. ソニー生命の変額個人年金保険のデメリットってどういう所なの?
5.1特別勘定をよく理解しないと運用が難しい
5.2最低保証がないため、損したら年金の額が減ってしまう
6.すでに運用をしている人にとって変額個人年金保険が魅力的な理由って?
6.1金利が高く、運用成績があるファンドに投資することができる
6.2制限されることなく運用成績のよいものだけに投資することができる
6.3生命保険料控除を受けることができ、節税対策ができる
7.ソニー生命と他の会社の個人年金保険の違う部分とはどこなの?
7.1契約の上限年齢が明確に決まっており、払込開始年齢の設定は細かい
7.2苦情率はそこまで高いわけではない
7.3運用利回りは悪くない
8.まとめ

続きを読む

個人年金とは!その基礎知識と必要性!老後の余裕はまず知識から

『個人年金とは?』と、問われたら皆さんどう答えますか?

ほとんどの人が「自分自身で公的年金にプラスアルファ―し、余裕ある老後資金を確保するもの」と言う答えだと思います。

ではなぜ個人で年金を用意しなくてはいけないのでしょうか?

公的な年金が、確実に65歳から十分受け取れるのなら何の心配もいりませんが、日本のお財布事情や年齢構成のアンバランスを見ると、現在の30歳代や40歳代は心配になってきますよね。

そこで『個人年金』を考える訳ですが、大事なお金の事なのでそのメリットや注意しなければいけない事をよく知っておかなくてはいけません。

今回は『個人年金とは?』という素朴な疑問を解決し、しっかりとした『個人年金』の知識を見て行こうと思います。

目次

1.個人年金とは何?
1-1.個人年金とは・貯金のような
・1-1-1.その他の公的年金
1-2.個人年金とは・公的年金に相対(そうたい)
1-3.個人年金とは・公的年金の不安・未払い
2.私的な選択とは
2-1.国民年金基金とは
2-2.確定給付年金(確定給付型企業年金)とは
2-3.iDeCo(個人確定拠出年金)とは
2-4.生命保険会社『個人年金保険』分類とは
3.公的年金に無い生保の増額年金・増加年金とは?
3-1.増額年金
3-2.増加年金
4.個人年金保険とは
4-1.一般の生命保険料と個人年金保険料の違いとは
4-2.個人年金保険・税
4-3.年末調整・書き方・トクする金額
4-4.ちょっと心配インフレと個人年金保険
5.皆はどのような個人 年金保険を使っている?
5-1.個人 年金の受給開始年齢は
5-2.個人 年金保険料は
5-3.個人 年金の年額は
5-4.個人 年金の受給期間は
6.個人年金VS〇〇とは
6-1.定額貯金とは
6-2.確定拠出年金とどちらが有利
7.個人年金保険の元本割れとは
7-1.変額個人年金・外貨建て個人年金保険
7-2.個人年金の必要性とは
8.まとめ

続きを読む

個人年金は必要?セカンドライフをより良くするポイントとは?

長引く景気低迷で、私たちは漠然とした不安を、セカンドライフに対して抱えています。

特に公的年金制度の存在そのものを訝しむ声や、受給資格、受給額に対する具体的不安も、一向に減る気配をみせません。

そこで今回は、私的年金の雄である個人年金の存在や必要性などを、あらゆる角度から知ることによってもたらされる恩恵を、見てまいりたいと思います。

また、現在年金を受給されている方が見落としがちになっている、確定申告を利用した還付金受給の可能性も、併せて検証してまいります。

きちんとした情報をもとに、堅牢なセカンドライフを迎える準備を始めましょう。

目次

1.公的年金制度
1.1概略
1.2公的年金の支給額目安

2.セカンドライフとは
2.1セカンドライフの実情
2.2セカンドライフに用意すべき金額
2.3セカンドライフへの備え

3.私的個人年金とは
3.1個人年金の概略
3.2個人年金の必要性

4.個人年金の種類
4.1受取期間別
4.2年金形態別
4.3保険料払込別

5.個人年金のデータ解析
5.1個人年金加入率
5.2加入している個人年金の種類
5.3個人年金保険料の相場
5.4個人年金の受取開始年齢
5.5個人年金の受取期間

6.個人年金契約での節税
6.1契約者と受取人の関係性
6.2所得税と住民税の控除限度額
6.3個人年金保険料控除の手続き

7.受け取っている個人年金に掛かる税金
7.1契約者と受取人の関係性
7.2贈与税の計算と税率
7.3所得税の速算表

8.受取個人年金を確定申告で還付
8.1個人年金の雑所得計算式
8.2年金受取開始後に被保険者死亡の場合
8.3年金受取開始前に被保険者死亡の場合
8.4申告書の記入方法

9.まとめ

続きを読む

住友生命の個人年金の評判は?加入時に注意するべき点を徹底解説!

住友生命の個人年金は、返戻率が高いとネットなどでも話題になっていますが、実際に加入するとなるとどうなのでしょうか?

返戻率は個人年金の加入を決めるうえでとても重要ですが、他にも『住友生命の評判は?』『個人年金のメリット・デメリットは?』『住友生命の個人年金はどんな特徴があるの?』など様々な視点から選びたいですよね。

住友生命の営業員に個人年金を勧められたけど、いまいち内容も難しくて分からないし、また年金額は自分に合っているかなど知らない事も多くて悩んでいる人も少なくないと思います。

そこで今回は、住友生命の個人年金保険について仕組みや特徴、加入時の注意点など、元保険外交員が分かりやすく徹底解説していきます。

現在加入しようか悩んでいる人や、これから個人年金に加入しようと比較・検討中の人など、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

目次

1.住友生命の個人年金の特徴
1.1.まずはじめに個人年金保険とは?
1.2.たのしみワンダフルの特徴
1.3.たのしみキャンバスの特徴
1.4.住友生命独自の『たのしみランク』の特徴

2.付加できる特約
2.1.指定代理請求特約とは?
2.2.個人年金保険料税制適格特約とは?
2.3.保険料払込免除特約とは?

3.気になる住友生命の個人年金保険の評判は?
3.1.貯蓄性が高い
3.2.年金以外でも使える
3.3.年金の受け取り回数を選択できて便利
3.4.保険料払込免除特約を付けると返戻金が下がってしまう

4.税金の節約ができる『個人年金保険料税制適格特約』を付けよう
4.1.個人年金保険料税制適格特約を付加する事をオススメします
4.2.所得控除を受けるには様々な契約条件があります
4.3.平成24年度から個人年金保険料の所得控除額が変わりました

5.個人年金保険のメリット
5.1.老齢年金を受け取るまでの生活資金を準備できる
5.2.据え置く期間を作ることでより返戻率が上がります
5.3.所得控除を使って税制対策ができます

6.個人年金保険のデメリット
6.1.保険料の払込期間が長期間あります
6.2.銀行の預金と違って、引き出し自由ではありません
6.3.死亡保障がありません

7.住友生命の個人年金保険の注意点
7.1.途中で解約してしまうと元本割れを起こします
7.2.契約後10年間は払済保険に変更できません
7.3.保険料は払い続けられる金額にしましょう

8.まとめ

続きを読む

年金の支払や支給の月額を正しく理解して、セカンドライフの備えを固めよう。

50代以上の生命保険料の平均相場

政府の公示や新聞紙面は、ちらほらと景気回復の到来を告げていますが、実際に生活を送る私たちにとって、とても景気回復がなされているとは、考えにくい状況下にあります。

そんな中、健康寿命の上昇と共に、充実かつ安心なセカンドライフを迎えるべく、多くの方が以前よりも早い時期から、ライフプランニングを模索するようになりました。

私たちはセカンドライフの、いちツールとして、月々納めている年金保険料による相互扶助制度に、ある程度の信頼を置き、年金自体を「いずれ受け取れるもの」と考え、アバウトに捉えていることが多くはないでしょうか。

しかしながら少子化や景気低迷が続く現在、果たして本当に年金の支給を受けることが出来るのか、年金システム自体に不安を感じる方も少なくはないでしょう。

そこで今回は、年金そのものの基礎を振り返りながら、セカンドライフをどうやって盤石にすべきなのか、生命保険をバックアッププランとして、老後のプランを検証してまいりたいと思います。

目次

1.公的年金制度の基礎知識
1.1種類と概要

2.国民年金とは
2.1国民年金保険料計算方法
2.2実際の保険料額
2.3制度改正後の保険料
2.4後納制度

3.厚生年金とは
3.1厚生年金保険料計算方式
3.2標準報酬月額

4.国民年金/厚生年金の共通情報
4.1ねんきん定期便
4.2原則
4.3年金の選択
4.4変動

5.老齢年金とは
5.1種類
5.2支給の条件
5.3支給開始年齢
5.4年金額

6.セカンドライフとは
6.1実情
6.2用意すべき資産

7.生命保険におけるバックアップ
7.1定期保険
7.2終身保険
7.3養老保険
7.4個人年金保険

8.まとめ

続きを読む

これでわかる!個人年金保険-税控除から各貯蓄性商品との比較まで

定年退職して収入がなくなる老後の生活のために、自衛手段として民間の金融商品を検討される方もいるでしょう。
いろいろ検討しているなかで、個人年金保険が気になってちょっと調べてみたけれど、結局なんだかよくわからない、ということはありませんか?
老後の平均年金収入や生活費についてや他の金融商品との比較もしながら、個人年金保険の内容をわかりやすく紹介しています。
公的資料や実績なども交えて説明しているので、個人年金以外にも読者様の将来の参考としていただけば幸いです。
今回の記事をご覧になれば、自分に合う個人年金保険がどんなものか迷わず選べるようになるでしょう。

目次

1 個人年金保険の概要
1-1 みんなが個人年金保険に入る訳
1-2 個人年金保険のメリット
1-3 個人年金保険のデメリット

2 実際に老後に必要な費用を考えてみる
2-1 政府統計からみる毎月の老後の平均支出
2-2 定年後の収入の概算をみてみよう
2-3 定年退職から平均寿命までの生活費をトータルすると?

3 他の長期の資産形成に適した金融商品
3-1 元本割れの恐れがない定期預金
3-2 ある程度リスクをとってリターンを目指す投資信託
3-3 掛け金が所得控除でお得な確定拠出年金

4 個人年金保険の種類と特徴
4-1 年金の受取期間が決まっている確定年金保険
4-2 存命中は年金が受け取れる終身年金保険
4-3 利率が有利でも為替リスクのある外貨建て年金保険
4-4 運用実績で受け取り額が変わる変額年金保険

5 個人年金保険の選びかた
5-1 はじめに個人年金保険の種類を選ぶ
5-2 受け取りたい年金額と払える保険料のすり合わせ
5-3 保険会社の選びかた

6 個人年金保険料と所得控除
6-1 税額控除が受けられる特約とは
6-2 個人年金保険料税制適格特約の注意点
6-3 税額控除を受ける方法

7 個人年金保険の注意点
7-1 個人年金保険と告知
7-2 保険会社が破たんしたら
7-3 経済情勢の変化によるリスク

8 まとめ

続きを読む

年金はいくらもらえるの?将来の不安を減らす方法って?

少子高齢化社会になっている日本において、働いている世代がどんどん減少していくと、将来自分が年をとった時に受け取ることができる年金の額はどうなるのか気になる方も多いのではないでしょうか。
特に、今きちんと年金を積立てて支払っている方は将来自分がどの位年金を受け取ることができるのかは気になるところですよね。
また、会社員の方は従来の厚生年金以外にも確定拠出年金などの導入が始まり、どれが自分に向いているのか、自営業の方は厚生年金がないため、本当に家計が老後も支えられるのかと様々な心配があるかと思います。
この記事では、まずは基本的な年金はどのような種類があるのか、また、いくら受け取ることができるのかを自分のライフプランに合わせて想像できようにご紹介していきたいと思います。

目次

1.日本にある年金制度って一体どのようなものがあるの?
1.120歳から60歳までの国民全員が対象の国民年金制度
1.2会社員が加入する厚生年金制度
2.国民年金って一体どのような制度なの?
2.1国民が強制加入することになっている
2.2一定期間の間加入していないといけない
2.3国民年金に加えて自営業者が年金を増やす方法もある
3.厚生年金って一体どのような制度なの?
3.1収入が減少していくリスクに備えるための保険
3.2会社などの法人に所属している人しか加入できない
3.3保険料は加入者だけで負担するわけではない
4.年金はいつから受け取ることができるの?
4.1基本的には65歳から受け取ることができる
4.2支給開始年齢は自分で選ぶことができる
5老後の生活の要でもある年金はいくらもらうことができるの?
5.1給料とボーナスから計算される、厚生年金
5.2加入期間から計算される、国民年金
5.3国民年金より厚生年金の平均受給額の方が多い
6. 確定拠出年金と厚生年金ってどう違うの?
6.1年金の額が決まっているか決まっていないか
6.2保険料をどのように運用するかは自分次第
6.3転職しても支払った保険料分は年金を受けとることはできる
7.年金に所得税はかかるの?
7.1所得金額によっては税金がかかる
7.2年令によって計算方法は変わる
7.3確定申告がいらないときもある
8.まとめ

続きを読む

個人年金で老後に備える時代だからこそ、住友生命の「たのしみワンダフル」!

年率GDPが0.5%上昇と言う内閣府の発表を見ても、景気上昇の兆しも、その恩恵も実感できない現代、もはや老後の備えを公的年金制度に頼る時代は終焉を迎え、私たち自身で備えをするべき時代の到来を迎えているのが、常識となりつつあります。

かと言って、低迷する銀行金利では潤沢な預貯金を構築することは難しいのが実情と言わざるを得ず、私たちの貯蓄手法は、銀行などの金融商品から、生命保険会社の保険商品へと、シフトしてきました。

中でも老後の備えとしてえ着目されているのが、生命保険会社販売の、個人年金保険です。

今回は個人年金の基礎知識を得つつ、中でも注目されている個人年金アイテムの1つである、住友生命の「たのしみワンダフル」を、見てまいりたいと思います。

目次

1.なぜ今個人年金なのか
1.1公的年金制度
1.2老後の実情

2.私的年金での備え
2.1個人年金保険とは
2.2定額個人年金と変額個人年金

3.特徴別にみる定額個人年金の種類
3.1円建て
3.2外貨建て

4.注目されている個人年金
4.1年金かけはし
4.2こだわり個人年金

5.なぜ「たのしみワンダフル」が着目されるのか
5.1販売している住友生命とは
5.2ビジョン
5.3保有契約高なのど会社実績

6.「たのしみワンダフル」とは
6.1特徴
6.2しくみ
6.3保険料
6.4特約

7.もっと知りたい「たのしみワンダフル」
7.1契約者死亡の場合
7.2年金受取開始時期
7.3年金受取回数
7.4年金受取による雑所得税
7.5選べる支払方法

8.まとめ

続きを読む

安さが怖い?ネット保険のメリットとデメリット加入するポイントって?

ネット社会になりましたが、最近では保険もインターネット上で販売されています。その中でも、店頭に行くことなくサイトから加入できる保険商品がネット保険と呼ばれています。
店頭販売よりも安価なこともあり、一時期は非常に話題になりました。しかし、ネット保険に加入するか悩んでいる方の中には何だか怪しいイメージがあるという方も多いのではないでしょうか。
ネット保険が一体どういった商品なのか分かれば、疑うことなく自分にあった保険販売を選択することが出来ます。この記事では、ネット保険のメリットとデメリットや、入るのにおすすめの人とはどんな人なのかをご紹介していきたいと思います。

目次

1.ネット保険って一体どういった商品なの?
1.1保障内容は店頭販売の商品と変わりはない
1.2ネットのみで契約を行うことができる
1.3店頭販売よりも安い
2. 気になるネット保険に加入することでおこるメリットってどんなものなの?
2.1せかされることなく自分のペースで加入できる
2.2保障内容が単純で比較しやすい
3.気になるネット保険に加入することでおこるデメリットってどんなものなの?
3.1保険の種類は店頭に比べると少ない
3.2ネットでの手続きは非常に複雑
3.3ある程度保険の事を理解していないといけない
4.店頭とネットでの加入って一体どこが違うの?
4.1保険加入の際に自分で全ての責任を持つかどうか
4.2保険見直しの際にサポートがついているかどうか
4.3保険金請求の際に自分で全て行うかどうか
5.ネット保険が安いのって一体どうしてなの?
5.1ネットで契約する分人件費が抑えられているから
5.2ネット保険が最安値でないこともある
5.3店頭保険の中には割引サービスなどもある
6.ネット保険に加入するのを止めておいたほうがいい人って一体どんな人なの?
6.1保険商品についてよく理解していない人
6.2分からないことがある時に調べるより聞くほうが理解できる人
7.ネット保険に加入する時に注意しておきたいポイントって?
7.1手続きをする時に間違えていないかどうか
7.2説明をされていない状態で本当に保険内容を理解しているかどうか
7.3保険請求の方法を理解しているかどうか
8.まとめ

続きを読む