生命保険

ソニー生命の学資保険「学資金準備スクエア」についてわかりやすく解説!

学資保険は、お子さんの教育資金を積み立てることを目的とする保険です。この保険に加入を検討している保護者の方々も数多くいらっしゃることでしょう。

将来の充実した教育のために学資保険に加入し、被保険者となるお子さんが一定の年齢になるまで資金をコツコツ積み立てていきます。

現在では大学の入学もあまり難しくはなくなり、大学進学を想定した早期の備えを考慮するべきです。

ただし、学資保険にはいろいろな保険商品があり、どのような保険を選ぶか迷われることもあるでしょう。

そこで今回は、ソニー生命の学資保険・学資プランである「学資金準備スクエア」を紹介します。学資金準備スクエアは、円建てプランと外貨建て(米ドル)プランに分けられ、加入契約者が好みのプランをオーダーメイドで設計できます。

この学資金準備スクエアの特徴とメリット・デメリット、プランのモデルケースや注意点等を説明します。

この記事を読めば、学資金準備スクエアの特色を理解することができ、学資保険選びをする際の有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.ソニー生命の学資保険について

  • 1-1.学資保険とは?
  • 1-2.ソニー生命とは?
  • 1-3.ソニー生命の学資保険について

2.学資金準備スクエアについて

  • 2-1.学資金準備スクエアの特徴
  • 2-2.学資金準備スクエアのプラン
  • 2-3.悩んだときはプランナーに相談を!

3.学資金準備スクエアのプランI型について

  • 3-1.中学から大学入学までの学資保険の活用
  • 3-2.プランI型のモデルケース
  • 3-3.プランI型の注意点

4.学資金準備スクエアのプランⅡ型について

  • 4-1.大学入学時の学資保険の活用
  • 4-2.プランⅡ型のモデルケース
  • 4-3.プランⅡ型の注意点

5.学資金準備スクエアのプランⅢ型について

  • 5-1.大学進学後から卒業までの学資保険の活用
  • 5-2.プランⅢ型のモデルケース
  • 5-3.プランⅢ型の注意点

6.学資金準備スクエアの米ドル建てプランについて

  • 6-1.外貨(米ドル)建てについて
  • 6-2.米ドル建てプランのモデルケースその1
  • 6-3.米ドル建てプランのモデルケースその2

7.まとめ

続きを読む

低解約返戻金型終身保険は学資保険になる?本当のところを解説します

子供のために学資保険を検討していると、低解約返戻金型の終身保険をすすめられたと言う経験はありませんか?

しかし、「本当に学資保険の代わりになるの?」と感じた方も多いのではないでしょうか。

近年では、保険ショップや代理店・ファイナンシャルプランナーなど、保険の相談が出来るところが増えましたが、アドバイスをする大半の方が、学資保険の代わりに低解約返戻金型終身保険をすすめるでしょう。

私も、保険の仕事をしている時は、学資保険代わりに低解約返戻金型終身保険をすすめていました。

しかし、商品改定をしたことで、すすめることが出来なくなり他社の商品をすすめていた時期もありました。

なぜ低解約返戻金型終身保険が、学資保険の代わりになるのかと言うのをハッキリと理解して加入している方はどれ程いるでしょうか。

今回の記事では、学資保険の基本的な考え方と、低解約返戻金型終身保険の特徴とメリット・デメリットを解説していきますので、どのような保険なのかを理解してください。

この記事を読んで、賢く・お得に、お子様の教育資金や自分の老後の資金などを準備できるようにしていきましょう。

目次

1.終身保険とは

1.1終身保険

1.2低解約返戻金型終身保険

1.3終身保険と低解約返戻金型終身保険の違い

2.低解約返戻金型終身保険の特徴とメリット・デメリット

2.1低解約終身型保険の特徴とは

2.2低解約終身型終身保険のメリット

2.3低解約返戻金型終身のデメリット

3.二大活用法

3.1老後資金の準備

3.2学資保険の代わり

4.保険商品の紹介

4.1オリックス生命(終身保険RISE(ライズ))

4.2損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(一生のお守り)

4.3三井住友海上あいおい生命(&LIFE積立利率変動型終身保険)

4.4マニュライフ生命(こだわり終身保険v2)

4.5住友生命(バラ色人生)

5.失敗例と販売方法

5.1失敗例

5.2販売方法(販売手法)

5.3販売手数料

6.保険の相談相手

6.1来店型ショップや代理店

6.2ファイナンシャルプランナー

7.まとめ

続きを読む

ゆうちょの学資保険の知られざる秘密を徹底解説!人気の理由はこれ!

子供の誕生と共に検討される学資保険。

数多くの商品が複数の保険会社から発売されています。

その中でも郵便局という安心の基盤により不動の人気を誇るゆうちょの学資保険。

民営化になった今も、その人気は変りません。なぜ、そんなに人気があるのでしょうか?ゆうちょの学資保険「かんぽの学資保険 はじめのかんぽ」には、人気となる秘密があります。

今回は、その秘密にターゲットを絞り商品の魅力をご紹介していきます。そして、これから学資保険を検討される方向けのポイントも整理していきましょう。

未来のお子様の為に加入する学資保険ですから、失敗しない満足のいく商品を選択していきたいですね。

そこで、今回はかんぽの学資保険だけではなく、色々な角度で学資保険についてご紹介していきます。

目次

1:かんぽの学資保険 はじめのかんぽ

1-1:商品の特徴

1-2:商品のメリット・デメリット

1-3:満期の受取り方

1-4:返戻率の状態は?

2:学資保険とは

2-1:学資保険の目的とは?

2-2:学資保険の選び方とは?

2-3:学資保険の仕組み

2-4:加入者の選び方

2-5:元本割れしない商品の選び方

2-6:学資保険の加入先の選び方

4:まとめ

続きを読む

こども保険と学資保険は違う?その魅力を知って賢く保険を選ぼう!

日々のニュースや新聞、日本の政治の中でも飛びだす言葉「こども保険」。

この「こども保険」とは何かをご存知ですか?

従来からあった学資保険との違いは如何でしょうか?

今、学資保険と同様に注目されている「こども保険」。実際には、どこかどう違うのかや、こども保険そのものを知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回は「こども保険」に注目してみました。

今、注目されているモノだけにその正体を掴み活用したいものです。

今回は、「こども保険」についての整理から、今、人気の商品までを大公開いたします。ぜひ、この記事を参考に「こども保険」を活用してください。

目次

1:こども保険とは?

1-1:こども保険のおさらい

1-2:こども保険のメリット・デメリット

1-3:政治もにぎわす理由

2:人気商品の紹介

2-1:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

2-2:三井住友あいおい生命

3:こども保険と学資保険の違いとは?

3-1:子供保険の特徴

3-2:学資保険と特徴

3-3:その違い

4:こども保険に加入するタイミングを知ろう

5:まとめ

続きを読む

アフラックのがん保険でがんに備える!3人に1人はがんになる時代!

現代病として上位を占める「がん」。

この「がん」という病気については、既に年齢に関係なく備えなければならない時代が到来したといえます。備えは必要と分かっていても、そもそも、がん保険は何を保障してくれているのか。これをご存知ない方もいらっしゃいます。

そこで、今回は「がん保険」という商品について、そして、不動の人気を誇る「アフラック」のがん保険についてもご紹介していきます。がん保険への加入についても、その必要性を含めてしっかりと整理していきますので、今後の加入の際に参考にしてください。

既に他人事では済まされない病気だけに、今からの備えをしっかりと行い、ご自身だけではなく、ご家族の安心も手に入れましょう。

目次

1:がん保険とは?

1-1:がん保険とは何?

1-2:がん保険の補償内容とは?

1-3:がん保険のメリット・デメリット

1-4:がん保険の選び方

2:アフラック がん保険の概要を整理

2-1:新 生きるためのがん保険Days

2-2:新 生きるためのがん保険レディースDays

2-3:生きるためのがん保険 寄りそうDays

3:がん保険の必要性を検証

3-1:がん患者の動向

3-2:がん患者の家計状況

3-3:がん保険の必要性

4:解約返戻金の仕組み

5:まとめ

続きを読む

比べてナットク!学資保険にも使える終身保険って?詳細解説します!

お子さんが誕生したら、すぐにでもスタートしたいのは、『教育資金』の準備ですよね!

『教育資金』の準備は、始めるのが、早ければ早いほど、「ラク」することができます。

中には、出産前から、すでに、「準備はバッチリ!」という方もおられるのではないでしょうか?

『教育資金』は、コツコツと、長い期間をかけて、少しづつ準備するのが、王道です。

ですから、ほぼ半数の方は、やっぱり、「学資保険」で準備することを選択されています。

ただ、最近では、学資保険のランキングの中に、「終身保険」が上位にランクインしていたり、実際に、保険ショップなどでも、「終身保険」を勧められたりして、びっくりされた方もおられるのではないでしょうか?

今回は、学資保険として終身保険がお勧めされる理由や、メリット・デメリットなどを、解説していきます。

もやもやをすっきりさせて、お子さんのための教育資金を、お得に準備しましょう!

目次

1.いくら必要?子供の教育費
1.1幼稚園にかかる費用
1.2義務教育にかかる費用
1.3高校進学時にかかる費用
1.4大学進学時にかかる費用

2.学資保険って?
2.1学資保険をおさらいしよう!

3.終身保険って?
3.1終身保険をおさらいしよう!

4.返戻率に注目!
4.1学資保険の返戻率って?
4.2終身保険の返戻率って?

5.学資保険の返戻率を比較!
5.1ソニー生命「学資保険」
5.2フコク生命「みらいのつばさ(ジャンプ型)」

6.オリックス生命終身保険RISE(ライズ)
6.1返戻率を高くするための3つのポイント!

7.まとめ

続きを読む

学資保険の保険料の平均額はどのくらい?くわしく解説します!

学資保険は、お子さんの教育資金の確保を目的とした保険です。お子さんの将来を考え、加入を検討する保護者の方々もたくさんいらっしゃることでしょう。

この保険は、加入の際にお子さんが何歳の時に満期金等の受取をするのかを決め、加入契約締結後は資金をコツコツと積み立てていきます。

現在では大学の入学もさほど難しくはなくなり、大学進学を想定して早期の備えが求められます。

そこで気になるのは、学資保険に加入した保護者がどれくらいの保険料を毎月支払い、お子さんが何歳の時に満期金等を受け取れるように契約しているのか、ではないでしょうか?

これから契約をしたい保護者の方は支払保険料や、保険料の払込期間、下りる満期金等のお金を加入契約時に決定しなければなりません。

その決定は保護者、何よりお子さんの将来にかかわるため慎重にならざるを得ない事でしょう。

そこで今回は、学資保険の保険料支払額の平均や、満期金の受取額を検証し、加入した保護者が学資保険をいつ必要としているのかを説明します。

この記事を読めば、学資保険へご加入の際の良い参考資料になることでしょう。

 

目次

1.学資保険について

  • 1-1.学資保険とは
  • 1-2.学資保険の特徴
  • 1-3.学資保険の種類

2.学資保険の平均額について

  • 2-1.学資保険の保険料支払額の平均はどれくらい?
  • 2-2.学資保険の受取額はどのくらい?
  • 2-3.保護者は学資保険をいつ必要としている?

3.大学入学の費用について

  • 3-1.大学に入り易くはなったけど
  • 3-2.大学4年間の学習費はこんなにかかる!
  • 3-3.自宅通学だけとは限らない

4.大学別の初年度学生納付金について

  • 4-1.私立大学について
  • 4-2.公立大学について
  • 4-3.国立大学について

5.学資保険の活用

  • 5-1.保護者は大学の初年度学生納付金を考慮している
  • 5-2.残りの大学の費用はどうする?
  • 5-3.学資保険を貯蓄だけで考えない

6.学資保険の商品の紹介

  • 6-1.フコク生命「学資保険 みらいのつばさ」
  • 6-2.ソニー生命「ソニー生命の学資プラン」
  • 6-3.かんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」

7.まとめ

続きを読む

子供に掛かる費用を知ることで、保険を有効活用してみよう!

核家族化が進む昨今、子供の人数は年を追うごとに減少傾向にあります。

そこには、地域ぐるみで子育てを行っていたかつての日本の姿はなく、国家は子育て環境の充実を懸命に働きかけていますが、実際には待機児童問題などを抱え、働きながら子育てを行う難しさばかりが先行しているからです。

しかも、少子化により子供の存在そのものが優遇され、教育費用などの恩恵が受けられるのかと言うと、現実はそんなに甘くは出来ていません。

そうは言っても、高度な教育を十分に受けさせてあげたいと言うのが、親心です。

そこで今回は、子供の養育に関する費用にスポットを当て、どのくらいの額をどのような方法で準備すべきかという事を、見てまいりたいと思います。

 

目次

1.ライフプランニングの必要性
1.1ライフプランとは
1.2公的保障制度
1.3私的保障制度

2.人生における必要額とは
2.1必要な3つの要素
2.2生活費
2.3教育費
2.4葬儀費

3.子供にかかる学習費とは
3.1学習費のイメージ
3.2学習費以外の費用

4.公立/私立で見る学習費用
4.1幼稚園
4.2小学校
4.3中学校
4.4高等学校
4.5大学

5.子供の費用に関する備え方
5.1銀行金融商品の活用
5.2私的保険の活用

6.子供の将来に備える私的保険
6.1定期保険
6.2収入保障保険
6.3学資保険

7.おすすめの保険
7.1定期保険
7.2収入保障保険
7.3学資保険

8.まとめ

続きを読む

ソニー生命の学資保険ってどうなの?人気の理由をひも解いていきます

学資保険の加入に際して、どれも同じだから「エイ!ヤ!」と決めていませんか?

実際に加入するのは生命保険と同じ様にシュミレーションが大事。

学資保険は生命保険と同様に長い期間をかけて付き合っていくものです。

確かに紹介される商品が多くて判断に悩む事もあるかもしれませんが、一度、人気商品を比較してみる事が大事です。その際には、しっかりとポイントを押さえてシュミレーション。

今回は、会社の選び方、シュミレーションのポイント、そして、人気の「ソニー生命」の学資保険についてもご紹介していきます。

商品が発売されてから高い人気を維持しているソニー生命の学資保険の人気の秘密が何か?紐解きながらご紹介していきましょう。

目次

1:注意すべき5つの法則

1-1:会社選びの基本

1-2:目的の整理

1-3:元本割れの注意

1-4:プラン別のシュミレーションの必要性

1-5:比較するならこの商品(今人気の商品をご紹介)

2:ソニー生命の学資保険について

2-1:商品の特徴

2-2:具体的なシュミレーション例

2-3:人気の秘密(メリットとデメリット)

3:ソニー生命の学資保険は解約できる?

3-1:加入前のチェックポイント

3-2:解約手続き

4:学資保険の注意点

4-1:健康上の問題がある場合

4-2:学資保険の契約名義人について

4-3:海外での加入について

5:まとめ

続きを読む

今人気の学資保険を比較し、その基準を知る事で賢い保険選びをしよう

学資保険は何を基準に選んでいますか?

なんとなく、紹介されたから…DMが届いたから…では危険です。

何を目的とするかを整理し、その基準を満たす学資保険を選択しなければいけません。

そこで、今回は学資保険の選び方から、今人気の学資保険を大公開します。悩むのは誰もが同じです。

そこで、悩んだ人が加入する学資保険の特徴を理解する事で自分たちにあった学資保険を再検討する事も出来ます。一度加入したら長い期間、お付き合いをする学資保険。子供の将来に備えて準備する学資保険。いずれにせよ、途中で何度も変更するのでは元本割れをしてしまう事もあります。

こうした事が起きない様に、加入前にしっかりと検討して後悔しない商品選択をしましょう。

目次

1:学資保険の目的を整理しよう

2:学資保険の選び方3つのポイント

POINT1:保障型よりも貯蓄型の学資保険を選ぶこと

POINT2:育英年金特約はいらない!?

POINT3:子供の医療費は安い!

3:人気商品を大公開

第1位:ソニー生命

第2位:JAかんぽ生命

第3位:日本生命相互会社

4:注意|返戻率の数字に迷わされるな

5:まとめ

続きを読む

知っていますか?学資保険と生命保険。今、選ぶならどっちがいいの?

皆さんが学資保険に加入する理由は、いくつもあります。

実際には「学資保険」と「生命保険」の両方に加入する場合もあれば、どちらか一方に加入するなど。それぞれのご家庭の考え方で選択肢は異なります。

ご家庭の事情もあれば、保険会社の営業さんに進められてなども。

しかし、ちょっと待って下さい。そもそも「学資保険」と「生命保険」の違いをご存知ですか?どちらの商品も数多く紹介されていますが、一度加入すると長期間のお付き合いになる商品です。

そこで、今回は、学資保険を軸に生命保険との違いや学資保険に関してよくある質問を整理してみました。それぞれの内容を理解して、自分にあった商品を選択して頂きたいと思います。長時間というよりも、一生といえる生命保険。そして、子供の進学に合わせた学資保険。どちらを選択しても、未来に向けた準備には変わりません。

ぜひ、この記事を参考にご家庭にあった商品選びの参考にしてくださいね。

目次

1:学資準備の必要性は?

1-1:学資保険のおさらい

1-2:誰のための保険として必要?

1-3:学資保険にかかる税金の種類

2:学資保険と生命保険の違いは?

2-1:学資保険と生命保険の違いについて整理しましょう

2-2:貯蓄性を備えたプランとは?

2-3:学資保険と医療保障の違いは?

2-4:どちらを選べばいい?

3:学資保険の控除あるの?

3-1:生命保険控除の仕組み

3-2:学資保険の控除手続きについて

4:よくある質問に答えましょう

4-1:教育資金の準備に「学資保険」を選ぶ理由は?

4-2:貯蓄あれば学資保険は不要?

4-3:学資保険の加入条件は?

4-4:学資保険の申込時に医師診断は必要ですか?

5:まとめ

続きを読む

低解約返戻金型終身保険は学資保険の代わりになるの?ズバリ解説!

現在の日本は低金利時代、子供の教育資金を保険で積み立てたいけれども、毎月保険料を支払うだけのメリットがあるのだろうか?

子供の教育資金を積み立てるための保険には、学資保険があります。しかし、学資保険は子供を被保険者とするため、資金の運用に制約があります。

その一方、子供の教育資金の積立で頼りになる保険として期待でき、運用の自由度が高い保険があります。

それが、「低解約返戻金型終身保険」と呼ばれる保険です。

この終身保険は生命保険としての役割はもちろんのこと、資金の運用性・貯蓄性を重視した保険であることが魅力です。

ただし、保険払込期間中に解約をしてしまうと、大きく元本割れを起こしてしまうリスクもあります。

今回は低解約返戻金型終身保険の特徴と注意点、教育資金として積み立てる場合、学資保険と比較して有利かどうかを説明します。

この記事を読めば、低解約返戻金型終身保険の基本的な知識を得ることができ、教育資金や、運用性・貯蓄性を重視した保険選びの有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.低解約返戻金型終身保険について

  • 1-1.低解約返戻金型保険とは何か?
  • 1-2.低解約返戻金型保険の終身型と定期型
  • 1-3.低解約返戻金型終身保険の概要

2.低解約返戻金型終身保険のメリット・デメリット

  • 2-1.低解約返戻金型終身保険の特徴
  • 2-2.低解約返戻金型終身保険のメリット
  • 2-3.低解約返戻金型終身保険のデメリット

3.学資保険について

  • 3-1.学資保険とは
  • 3-2.学資保険の特徴
  • 3-3.学資保険の注意点

4.低解約返戻金型終身保険と学資保険その1

  • 4-1.低解約返戻金型終身保険と学資保険の共通点
  • 4-2.万が一の時の保障について比較
  • 4-3.子の出生前に加入できるか?

5.低解約返戻金型終身保険と学資保険その2

  • 5-1.子の人生は親の思い通りにはいかない
  • 5-2.貯蓄以外のことに注目することも必要
  • 5-3.どちらを選ぶかは加入者各自の判断で!

6.低解約返戻金型終身保険商品の紹介

  • 6-1.オリックス生命「終身保険RISE[ライズ]
  • 6-2.損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「終身保険 一生のお守り
  • 6-3.住友生命「終身保険 バラ色人生」

7.まとめ

続きを読む

要注意!知らないと大変!!学資保険にも税金が…その名も「贈与税」

子供の保険と言えば「学資保険」を思い浮かべる人が多数ではないでしょうか?

任意の保険ではありますが、子供の成長に合わせて、積立をしている方、これからしようと思う人も多いと思います。

でも、少し待って下さい。この学資保険には「税金」が係るのをご存知ですか?

孫の為に…と思って積み立てている学資保険も満期で全額をプレゼントすると税金が係ります。喜んで欲しいからこそ、課税させる仕組み、そもそもの学資保険の活用方法を知って頂きたいのです。

そこで、今回は学資保険そのもののお話から課税の仕組み、そして、代替案までをご紹介しています。

せっかく積み立てる、プレゼントするのなら賢い方法で学資保険を活用していきましょう。喜ぶ顔を見たいから。準備もしっかりとしていきましょうね。可能性は無限大です。

学資保険を活用し、その可能性を限りなく広く、そして、子供の夢を実現できる方法を選択してください。

目次

1.学資保険とは?

  1-1.学資保険の仕組み

  1-2.学資保険の特徴

  1-3.学資保険の必要性

  1-4.一般的な加入率(いつ頃から開始してるの?)

2.学資保険の税金とは?

  2-1.学資保険に係る税金とは?「所得税」と「贈与税」

  2-2.加入者で変わる税金の仕組み。加入者変更を活用する。

3.賢い方法「教育資金贈与」の活用

  3-1.教育資金贈与とは?

  3-2.活用する際の注意点

  3-3.手続き方法とは?

4.(参考)学費とは、どれくらい必要?

  4-1.幼稚園 

  4-2.小学校

  4-3.中学校

  4-4.高校

  4-5.大学

5.提案|学資保険の代替案

6.まとめ

続きを読む

よそはどうしているの?学資保険の必要性と月々の積み立て金額の相場とは?

子供が生まれた!さぁ、学資保険に加入…の時代は終わりました

以前であれば、お子様の誕生と学資保険の開始はセットで考えられていました。

しかし、今は学資保険以外で資金を積み立てる方法もある為、本当に学資保険が必要かについては、ご両親の考え方次第になります。でも、まだまだ学資保険を活用しているご家庭も多いのは事実。

そこで、世間ではどの程度の金額を積み立てているか。について、ご紹介していきます。積み立てる金額も様々ですので、今回ご紹介する内容を未来を見据えた1つの参考にして頂きたいと思います。

子供の為に準備する進学(教育)資金です。各ご家庭のお財布事情にもよりますが、世間がどうかを知る事も計画をする上で重要な情報ではないでしょうか?

目次

1:学資保険とは何?

1-1:学資保険の目的は?

1-2:いつをターゲットにしている人が多い?

2:子供に係る費用は幾らなの?

3:積み立て金の相場

3-1:月々の積み立て金額の相場

3-2:金額別の積み立て目的

3-2-1:5千円~1万円

3-2-2:1~2万円

3-2-3:3万円以上

4:計画なくして積み立ては難しい

4-1:子供の教育プランの重要性

4-2:進路によって異なる金額

5:郵便局の学資保険について

5-1:特徴

5-2:選べるコース

5-3:コース内容別の返戻率と保険料とは?

5-4:加入の注意点

6:学資保険が必要か4つのポイントで整理

7:まとめ

続きを読む

悪性リンパ腫の治療費はいくらかかる?病気の基本や公的制度もご紹介

悪性リンパ腫という言葉は、ニュースなどで聞いたことがあっても、具体的にその病気については分からないことが多かったりします。

また、病気について分からないだけでなく、治療費や有効な治療法なども分からないことが多く悩ましい病気です。

しかし、そのような理解するのが難しい病気であっても、基本から知っていけば分かりやすくなります。

今回は、リンパが果たす体の役割から、病気についてまでを解説した後に、有効とされる治療法などをご紹介します。

それから、どれくらいの治療費が掛かるのか、また合わせて、治療費の負担を和らげる公的制度についてもご紹介します。

これらのことを知ることで、悪性リンパ腫にどう対処すればよいかが考えやすくなります。

目次

1.そもそもリンパって何?

  • 1.1リンパ球について
  • 1.2リンパ管とリンパ節について

2.悪性リンパ腫って何?

  • 2.1悪性リンパ腫とその分類について
  • 2.2症状について
  • 2.3リンパ節が腫れる病気は他にもある
  • 2.4検査方法について

3.治療方法の種類とその副作用

  • 3.1化学療法について
  • 3.2分子標的治療薬について
  • 3.3放射線治療について
  • 3.4造血幹細胞移植

4.治療に備える公的制度とは?

  • 4.1高額療養費制度について
  • 4.2傷病手当金について
  • 4.3健康保険組合なら付加給付が有ることも

5.治療費っていくらぐらい?

  • 5.1個々の平均的な治療費の調べ方
  • 5.2平均的な治療費の総額と高くなる理由
  • 5.3保険適用外の費用について

6.悪性リンパ腫に備えられる民間の保険とは?

  • 6.1通院や入院によらない保障をしてくれる
  • 6.2抗がん剤治療に対応している
  • 6.3まとまったお金が繰り返しもらえる

7.標準治療とサプリメントなどその他の治療法について

  • 7.1標準治療とは
  • 7.2標準治療以外の治療法に効果はあるの?
  • 7.3治療法などをセカンドオピニオンに相談する

8.まとめ

続きを読む

低解約返戻金型定期保険とは何!?その特徴と注意点をご紹介します!

現在の日本は低金利時代・・・・東京五輪が開催されると言ったって、今後5年や10年程度で劇的に市場が好転するものだろうか?

現状をみると、どんな保険も積み立てたお金の返戻率は低いまま、加入しても得になるのだろうか?

そんな低金利時代に頭を抱える方々へ、うってつけの保険があります。

それが、「低解約返戻金型定期保険」と呼ばれる定期保険です。

この定期保険は資金の運用性・貯蓄性を重視した保険であり、積立率が高いことが魅力です。

また、受け取れる金額は契約時から固定されているので、市場の変動に大きな影響を受けることもありません。

ただし、途中で解約をしてしまうと、解約時期によっては大きく元本割れを起こしてしまうリスクもあります。

今回は低解約返戻金型定期保険の特徴と注意点を説明します。この記事を読めば、低解約返戻金型定期保険の基本的な知識を得ることができ、運用性・貯蓄性を重視した保険選びの有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.低解約返戻金型定期保険について

  • 1-1.低解約返戻金型保険とは何か?
  • 1-2.低解約返戻金型保険の定期型と終身型
  • 1-3.低解約返戻金型定期保険の概要

2.低解約返戻金型定期保険のメリット・デメリット

  • 2-1.低解約返戻金型定期保険の特徴
  • 2-2.低解約返戻金型定期保険のメリット
  • 2-3.低解約返戻金型定期保険のデメリット

3.低解約返戻金型定期保険の活用

  • 3-1.定期保険なのになぜ解約返戻金が存在する?
  • 3-2.法人が低解約返戻金型定期保険にする意味
  • 3-3.学資保険代わりに活用することも

4.低解約返戻金型終身保険との比較

  • 4-1.低解約返戻金型終身保険とは?
  • 4-2.低解約返戻金型終身保険の活用例
  • 4-3.終身保険と定期保険の比較

5.長期平準定期保険との比較

  • 5-1.長期平準定期保険とは?
  • 5-2.長期平準定期保険の特徴
  • 5-3.長期平準定期保険と低解約返戻金型定期保険の比較

6.低解約返戻金型定期保険商品の紹介

  • 6-1.オリックス生命「ロングターム7(セブン)」
  • 6-2.フコクしんらい生命「低解約返戻金型長期定期保険」
  • 6-3.損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「低解約返戻金型定期保険」

7.まとめ

続きを読む

学資保険おすすめランキング5選!学資保険には加入すべき?

子供の将来を考えるなら、しっかりとチェックしたい学資保険。

学資保険は気になるけど、実際のところ加入すべきなのか?加入するならどこがおすすめなのか?など、学資保険についての疑問をお持ちの方は少なくないと思います。

実際、学資保険については税金なども関わってくるので、普通に貯蓄した方が良いかも?という意見も少なくありません。

しかし!この記事では、学資保険の基本的な部分や抑えたいポイント、おすすめの学資保険まで解説しているので、この記事を読めばきっと学資保険について掴めるはずです!

 目次

    1.学資保険って何?学資保険をおさらい!

        1.1 学資保険とは?

        1.2 学資保険って必要なの?

        1.3 こども保険と同じ?

 2.学資保険にも種類がある!

    2.1 学資保険にも種類があった! 

          2.2 貯蓄型

          2.3 保障型

 3. 学資保険を選ぶなら3つのココが重要!

        3.1 一つ目【返戻率】

        3.2 二つ目【保障】

        3.3 三つ目【特約】

 4.おすすめの学資保険5選!

       4.1  終身保険RISE

       4.2  ソニー生命の学資保険

      4.3 明治安田生命つみたて学資

      4.4 JAのこども共済

      4.5 ニッセイの学資保険

 5. 学資保険はおすすめできない?

         5.1 学資保険がおすすめできないのか?

         5.2 必要のない人はこんな人

         5.3 おすすめできるのはこんな人

6.学資保険の落とし穴!?税金と学資保険

       6.1 学資保険には税金がかかります

      6.2 税金の計算方法

      6.3 実際に課税されるケースは少ない

    6.4 生命保険料控除もチェックしたい

 7.まとめ

続きを読む

知らないと大変!公的年金と個人年金の控除とその仕組み

老後の蓄えとして、若いうちから積み立てていく年金。

この年金には公的な物と私的なものとがあります。

誰もがお世話になるのは公的なもの。でも、積み立てた金額 イコール もらえる金額でない事をご存知でしょうか?

実は、積み立てて受け取る際には税金がかかります。

この仕組みを知っておくことは、老後になった際に本当に受け取れる金額、つまり実収入金額を知る事になります。

実は、これがないと私的に蓄えておく必要のある金額が不明。結果として、老後資金が足りないという事態を生じさせてしまします。

これでは、せっかく一生懸命に働いてきた意味がありません。

そこで、今回は公的年金に絞り実際に手元に入る金額がどの程度なのか?どんな仕組みになるのかを見ていきましょう。

ここでご紹介する内容は、年金控除に関する概要でしかありません。まずは、その内容を知る事から始めていきましょう。

目次

1:年金控除とは

2:公的年金にかかる税金とは?その仕組みとは?

2-1:公的年金について

2-1-2:所得税について

2-1-2:住民税について

2-2:個人年金保険の税金(公的年金以外の年金に掛かる税金)

2-3:財形年金の税金

3:課税と非課税

4:年金控除 確定申告

4-1:年金控除 確定申告

4-2:年金受給者の負担を減らす「確定申告不要制度」とは?

5:参考1)公的年金と副収入の関係

 参考2)年金受給の高齢者と扶養家族に関する特例を見ておこう

6:まとめ

続きを読む

介護に掛かる費用と現実。知らないと危険な介護費用の基礎知識

いつか必ず、誰にでも訪れる老後の生活。老後は自由に、気ままなスローライフを…と思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、思った通りの楽しい生活が過ごせる方ばかりではありません。

どうしても、ついてくるのが健康の問題。そう介護の問題は、今まさに社会のテーマ!まだ、考え始めるには少し早いとか、自分とは関係ないと思っていませんか?

でも、数年後、数十年後には必ず訪れる問題です。

今回は、保険の仕組みから公的、そして民間の保険制度についてもご紹介いたします。今からできる準備が何かを見つけてください。

そして、家族も自分の楽しめる生活を手に入れましょう!まずは、その為に介護について知る事からはじめていきましょう。そこから、今後の自分や家族の為に何が出来るかを整理していく事が大事です。

まずは、基本的な事柄から整理していきましょう。そこから、今後の対策を立てるのが大切です!

目次

1:要介護認定基準について知ろう

  1-1:要介護認定基準の目的は?

  1-2:要介護認定基準の「基準」はどんなもの? 

      1-2-1:要介護認定等基準時間

      1-2-2:要介護認定等基準時間の分類

      1-2-3:要介護状態の状態像

  1-3:要介護認定を受けるにはどうすればいい?

2:要介護認定の流れ

  2-1:申請

  2-2:認定調査

  2-3:介護認定審査会での審査・判定(二次判定)

  2-4:自治体(市区町村)による認定

  2-5:認定基準を変更する際には?

3:要介護認定基準と介護保険

  3-1:要介護認定の基準の違いによる保険給付額の違い

  3-2:民間の介護保険はどのような保障がある?

  3-2-1:公的介護保険と民間の介護保険の違い

  3-2-2:民間介護保険のメリット

4:もしも要介護となったら

  4-1:介護の実情と費用

  4-2:介護期間

5:老後の備えに民間の介護保険は必要か

6:今から考えておくべきお金の備えと対処法

7:老後の備えに民間の介護保険は必要か

8:まとめ

続きを読む

学資保険って何!?その特徴とメリット・デメリットを詳細解説!

学資保険は、お子さんの教育資金の確保を目的とした保険です。こちらに加入を検討する保護者の方々もたくさんいらっしゃることでしょう。

お子さんたちの健やかな成長と充実した教育のために、この保険に加入し、お子さんが一定の年齢になるまで資金を積み立てていきます。

現在では大学の入学もさほど難しくはなくなり、大学進学を想定して早期の備えが求められます。

ただし、学資保険もいろいろなタイプがあり商品数も多く、どのような保険を選ぶか迷われるかもしれません。

また家庭の事情によっても加入する保護者を誰にするか、受取人は誰にするかを検討すること、保険料の払込をお子さんが何歳の時までに完了するか、満期金等の受取はいつにするかも、決定した上で加入しなければいけません。

そこで今回は、お子さんが進学するにつれて教育資金は概ねどの位かかるのかを検討した上で、学資保険の特徴、メリット・デメリット、注意点等を説明します。

この記事を読めば、学資保険の基本的な知識を得ることができ、学資保険選びの有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.学資保険について

  • 1-1.学資保険とは
  • 1-2.学資保険の特徴
  • 1-3.学資保険のメリット・デメリット

2.学資保険を活用しよう!

  • 2-1.高校卒業までの学習費の現状
  • 2-2.大学・短期大学の学習費の現状
  • 2-3.学資保険選びのポイント

3.学資保険のプラン選択

  • 3-1.学資保険には「貯蓄型」と「保障型」がある
  • 3-2.貯蓄型学資保険とは?
  • 3-3.保障型学資保険とは?

4.学資保険の加入、払込と受取について

  • 4-1.学資保険の加入のタイミングはいつ?
  • 4-2.学資年金の払込は何歳で完了する?
  • 4-3.学資保険の受取のタイミングについて

5.学資保険の注意点

  • 5-1.学資保険は保護者の誰が加入すべき
  • 5-2.受取人の指定は慎重に
  • 5-3.受け取りの方法にもご注意を!

6.学資保険の商品の紹介

  • 6-1.フコク生命「学資保険 みらいのつばさ」
  • 6-2.ソニー生命「ソニー生命の学資プラン」
  • 6-3.かんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」

7.まとめ

続きを読む