生命保険

高額介護サービス費!負担を軽減するシステムを知って利用しよう

皆さん『高額介護サービス費』と言う言葉を聞いたことありますか?

パソコンやモバイルを使いこの記事を見ている方の中には、今現在、介護が必要なご家族がいらっしゃって、知っている方も当然いると思います。

そういう方たちは、家族の誰かが介護状態になった時、金銭的、精神的に家庭での負担は大きい物だという事を実感してるはずです。

『高額介護サービス費』は、長寿社会の日本で知っていて欲しい制度のひとつでもあります。

介護が必要となるご家族(親族)がいらっしゃらないご家庭では、聞きなれない『高額介護サービス費』ですが、

これを機会に是非知って頂きたいと思い、今回はいつか利用するかもしれないこの制度の内容を、分かりやすく説明していきたいと思います。

目次

1.『高額介護サービス費』って知っていますが?
1-1.『高額介護サービス費』制度の仕組み
1-2.『高額介護サービス費』公的介護保険とは
1-2-1.公的介護のサービスには何がある?
1-3.『高額介護サービス費』段階で費用金額が変わる
1-3-1.自己負担・支給限度額
1-3-2.『高額介護サービス費』の限度額
1-4.2017年8月改定『高額介護サービス費』
2.『高額介護サービス費』対象
2-1.介護老施設の『高額介護サービス費』
2-1-1.高額な『介護老人保健施設』費用
2-2.住居サービス『高額介護サービス費』
2-3.併せて利用『高額介護サービス費』
3.『高額介護』合算!療養費制度
3-1.『高額医療』と『高額介護』払戻し
3-2.高額介護合算療養費・自己負担額
3-3.施設利用での控除
4.高額な介護費用の負担軽減
4-1.世帯分離は得?
4-2.生活保護者の場合
4-3.バリアフリー住宅へ改修!控除
5.家族の介護・なる前のフロー
5-1.『介護認定』介護保険を使う前に
5-2.家族で介護の心構え
5-2-1.役割分担
5-2-2.要介護者の心
5-3.自己負担超過!本人死亡後!は?
6.『高額介護サービス費』 申請は?
6-1.介護レンタルの領収書
6-2.『高額介護サービス費』の時効!
7.まとめ

続きを読む

個人年金の控除で節税ってなに?初歩からわかる6つのポイント

実は個人年金保険で支払っている保険料で税金が安くなるって知っていますか?

しかし、税と聞いただけで何だか小難しいそうで縁遠く感じるし、節税できるかもしれないけど面倒くさくて、別にいいやってなると思います。

そこで、今回紹介する個人年金の保険料での控除というのは、理解してしまえば案外簡単できるものなんです!

むしろ、個人年金を勧められる時は、この節税方法が一緒になって紹介されたりします。

なので、今回は個人年金の控除について、控除の対象になる個人年金、仕組み、計算方法、配偶者がいる場合、特に注意すべきこと、申請方法までを順に詳しく解説していきます。

これさえ理解してしまえば、個人年金の控除の受け方が分かって、節税への道が開かれます。

また、それだけでなく個人年金を考える際の1つのヒントにもなりますよ!

目次

1. 実は全ての個人年金が控除の対象ではなかった!?

  • 1.1 そもそも、どんな個人年金があるの?
  • 1.2 これが控除を受け取れる個人年金の条件
  • 1.3 控除を受けられるかは、ここを確認すべし!
  • 1.4 個人年金保険料税制適格特約って何?

2. 個人年金で控除が受けられる仕組みって?

  • 2.1 個人年金の控除は生命保険料控除の1つ
  • 2.2 受けられる控除は所得税と住民税でどれくらい?
  • 2.3 個人年金の控除と他の保険料控除の関係性って?

3. これが個人年金の控除についての計算方法!

  • 3.1 これが計算式!
  • 3.2 具体的に計算してみた!
  • 3.3 つまり節税できる大体の値はこれくらい

4. 配偶者の個人年金って控除の対象になるの?

  • 4.1 まずは、契約者、被保険者、年金受取人を理解しよう!
  • 4.2 配偶者に収入がない場合
  • 4.3 配偶者に収入がある場合

5. 特に注意すべき個人年金の控除の4つのポイント

  • 5.1 子供は控除の対象にならないの?
  • 5.2 個人年金を受け取るときには雑所得になる!
  • 5.3 途中で解約したらどうなるの?
  • 5.4 平成23年12月31日以前に契約された方は要注意!

6. 個人年金の控除の申請方法を2つの職種でご紹介

  • 6.1 会社員の場合
  • 6.2 自営業の場合
  • 6.3 控除証明書を無くしてしまった!そんな時は?

7. まとめ

続きを読む

他人事ではない介護!万が一の介護費用にそなえよう!

先進医療技術の目覚ましい進歩や、インターネットで広がる健康に関する知識などを背景に、私たち日本人は世界有数の長寿国家となりました。

しかしながら一方で少子高齢化が進み、老齢世代を支える側も、また老齢と言う、なんともやるせない現実が、私たちの前に横たわっています。

中でも介護に関する問題はとても深刻で、「老々介護」「介護者不在による孤独死」などと、心痛むニュースが決して珍しいものではなくなってきました。

今は健康でも、一体いつどの様な形で介護が必要になるのかなど、誰も知ることは出来ませんし、避けられない現実の一つとなる可能性があります。

そこで今回は、介護の実態や公的介護制度などの情報を踏まえながら、リスクに備える手法としての、私的介護保険の情報などを見てまいりましょう。

目次

1.介護とは
1.1介護への不安

2.介護や支援が必要となるケースとは
2.1要介護度別認定者の推移
2.2年代別人口に占める要支援/要介護認定者の割合
2.3介護にかかる年数

3.公的介護保険制度とは
3.1概要
3.2介護認定の流れ
3.3介護認定の判断基準
3.4保険料
3.5利用可能な介護サービス

4.健康保険被保険者証で受けられる公的支援とは
4.1訪問看護医療費
4.2高額介護合算療養費

5.公的制度による介護費軽減制度とは
5.1高額介護サービス費支給制度
5.2施設の食費/居住費の軽減制度
5.3社会福祉法人による費用軽減制度
5.4家族介護慰労金制度
5.5ホームヘルプサービス等の利用者負担助成制度

6.介護や支援に掛かる費用とは
6.1介護保険サービスの自己負担額
6.2有料老人ホームの費用
6.3要介護度別介護費用

7.民間の介護保険とは
7.1目的
7.2概要

8.民間で販売中の介護保険
8.1人気の貯蓄型介護保険一覧
8.2人気の掛捨て型介護保険一覧

9.まとめ

続きを読む

公的介護保険制度って?将来の自分のために制度を知っておこう

将来自分が介護を必要とするかもしれない…と考えると将来のことに不安を感じますよね。誰かに迷惑はかけたくない、介護に支払うだけの大きなお金も無いと、心配や不安ばかりが募ります。しかし、そういった不安を少しでも軽減させようと国はきちんと対策をとっています。

公的介護保険制度はみんなで介護を助け合っていこうとする制度です。一人で抱え込むことのないように、いざという時のためにも、公的介護保険制度について知っておきましょう。

目次

1.公的介護保険制度とは

1.1 いつから、誰が対象となるのか

1.2 どんな保障やサービスを受けられるのか

1.3 保険料はいくらなのか

2.公的介護保険制度を受けるにはどうしたら良いのか

2.1 要介護認定を受ける必要がある

2.2 要支援状態って?

2.3 要介護状態って?

2.4 申請方法は?

3.公的介護保険制度で受けられるサービスについて

3.1 サービスにはどんなものがある?

3.2 サービスは要支援・要介護で支給限度基準額が異なる

3.3 自己負担は何割?

3.4 自己負担額が大きくなると軽減措置が取れる

4.民間の介護保険は必要?

4.1 公的介護保険制度だけで将来の介護は賄えるのか?

4.2 公的介護保険制度との違いは?

4.3 民間の介護保険はいつ保険金が受け取れるの?

4.4 必要かどうかは将来のことをよく考えて決めよう

5.介護について

5.1 現代の介護状況について

5.2 介護する側もされる側も大変なんです

5.3 介護には大きなお金が必要になる

5.4 介護は一人の問題ではないし、一人で抱え込まない

6.公的介護保険制度のまとめ

6.1 利用には認定を受け、認められなければいけない

6.2 自分の年齢によって保険料やサービスを受けるための原因が異なる

6.3 利用には自己負担が必要になる

6.4 民間の介護保険は自分が必要と感じた場合に加入する

7.まとめ 

続きを読む

体外受精に保険は適応される?安心し不妊治療に臨むための知恵袋

今、お子様がほしいとお考えですか?少子高齢化といわれる時代であり、子供を、そもそも結婚事自体を望まない人が増えてきている時代ですが、どうしても子供がほしい!!授かりたいと悩んでいる方もいらっしゃいます。

こうした悩みを解決していく努力として「体外受精」という治療方法を検討される方もいらっしゃいますが、どうしても【きつい】【高い】というイメージがついて回ります。

そこで、今回は【高い】というWordに焦点をあてて、解決策をご紹介したいと思います。まずは、始める前に、悩む前にこちらを確認してみてください。

目次

1:体外受精とは

  1-1:体外受精の基礎知識

  1-2:対象となる方

  1-3:対象となる基準

2:体外受精の大まかな流れ

3:病院選びのポイント!!

4:凄く気になる費用はどのくらい??

5:知っておこう国の支援

  5-1:不妊治療の助成金 体外受精でも受け取れる?

  5-2:不妊治療の助成金を受け取る条件は?

  5-3:助成金の申請方法は?

  5-4:不妊治療での助成金はいくら補助されるの?

6:具体的な支給事例

  6-1:東京都の不妊治療に対する助成金

  6-2:京都府の不妊治療に対する助成金

  6-3:大阪府の不妊治療に対する助成金

7:これは医療費控除を申請できるの?

8:体外受精と保険の考え方

  8-1:2つの「保険」の関係

  8-2:保険会社の「医療保険」  

9:保険会社の「医療保険」の活用方法

10:人気商品をご紹介

11:まとめ

続きを読む

マイナス金利の時代!保険料改定は私たちの生活にどう影響する?」

昨年から生命保険の見直しや商品の販売中止などで驚かれているのではないでしょうか?実は、昨年から今年は本当に大きな改革の時期でした。

この現象は何が理由で起きているかご存知ですか?実は、新聞やニュースをにぎわしている「マイナス金利」というWORDが深く関係しているのです。

つまり、マイナス金利は投資家だけの問題ではなく、ごく普通に生活をしている私たちの生活に密着しているといえます。このマイナス金利では、私たちの備えである生命保険に大きな影響が出ています。

そこで、どんな影響が出ているのか、今後はどうなるのか…について、整理していきましょう。

目次

1:今、何が起きている?

1-1:マイナス金利とは?

1-2:特殊な状況で起きるマイナス金利

1-3:政策として実施されるマイナス金利

1-4:日銀が行うマイナス金利政策

2:私たちの生活との関係

2-1:私たちにとってのマイナス金利とは一体何なのか?

2-2:マイナス金利を導入は、どう影響するの?

2-3:その他、生活に影響することとは?

2-4:働く環境に与える影響とは?

3:もっと具体的に…私たちの家庭と生活に何が起きるのか?

3-1:なんと貯蓄性の高い生命保険が販売停止に…

3-2:逆に…借りる立場になればオトク!?

4:現在…生命保険に大きな影響が出ている

5:でもどうして?生命保険商品に変動が起きるのか?

5-1: 日銀のマイナス金利で金利が下がる

5-2: 日々の運用影響を出す!

5-3: 保険金が払えなくなる

5-4: 保険の見直し(販売停止や保険料の値上げ)

6:生命保険の種類によって影響度は変化する

7:生命保険に対する影響…現状と今後では?

7-1:これまでにの傾向

7-2:今後の予測

8:では、どうしていくか?

8-1: これから保険に入る人

8-2: 今は考えていない人

9:まとめ:あわてず冷静に、そして、すばやい判断を

続きを読む

販売停止になったアフラックの個人年金、解約したらどうなる?

景気低迷が続く中、いずれ訪れるセカンドライフを迎えるにあたり、私的備えを行う人が増えています。

中でも個人年金保険は、銀行金融商品よりもはるかに利率が良いため、セカンドライフに備える一つのツールとして、とても人気があります。

しかしながらマイナス金利の導入以降、各保険会社の責任準備金が増額されたことを背景に、販売停止や保険料の増額が始まることとなりました。

中でも人気のあったアフラックの個人年金も、販売停止へと追い込まれました。

そこで気になるのが、解約したらどうなるかと言う事です。

今回はアフラックの個人年金を例にとり、解約すべきか否か、解約した場合どうなるのか、解約後に選ぶべき他の個人年金商品はどれかなどを、考えていきましょう。

目次

1.なぜ個人年金が必要なのか
1.1公的年金制度の仕組みと現状

2.セカンドライフとは
2.1セカンドライフの現状

3.個人年金とは
3.1 3大個人年金
3.2体系別に見る個人年金概略
3.3個人年金の現状

4.アフラックの個人年金とは
4.1アフラックの個人年金の概略
4.2加入年数と返戻率の関係

5.解約とは
5.1解約返戻金のしくみ
5.2解約返戻金の特徴
5.3解約返戻金のパターン
5.4解約返戻金と税金
5.5解約時期の検討

6.アフラックで備えたい場合
6.1未来の自分が決めるWAYSとは
6.2特徴と概略

7.その他の人気個人年金
7.1人気の個人年金一覧

8.まとめ

続きを読む

退職が無い自営業の年金は不利ばかり?商売人の厚生年金加入の仕方

第二の人生の糧として楽しみにしているのが年金ですよね。しかしご自身で商売をしている人の年金ってどのくらい貰えるか知っていますか?

退職と言う決まった年齢が無いからこそ『自営業』なのですが、その人たちの中で、老齢年金を期待しなくても十分生活できる人は一体どのくらいいるのでしょうか。

儲けが多くても、公的年金の受給額が変わらない『自営業』者は、お勤めしているサラリーマンの厚生年金を羨ましいと、いう人もいると思います。

今回は実際に「自営業者が厚生年金に加入出来たらどうなるのか」や「自営業者の厚生年金加入の仕方」など、皆さんと一緒に見て行きたいと思います。

目次

1.基礎年金の基礎
1-1.年金の始まり
1-2.なぜ違う!自営業者と勤め人の年金
1-2-1.『基礎』のみの国民年金
1-2-2.『基礎』がプラスされる厚生年金
1-3.『公的年金』国民・厚生年金の損と得
2.自営業者の公的年金
2-1.自営業者が老後に備える基礎年金
2-2.保険料納入の仕組みをしって得を
3.自営業・法人成りで何が得する
3-1.個人商店主からいっそ法人に
3-1-1.個人事業『社会保険』加入
3-1-2.それでも厚生年金に加入できない?
3-2.法人化でのメリット
3-4.法人化での負担は
4.自営業者の老後は厚生年金に代わるもの
4-1.基礎年金にプラスアルファ―
4-2.控除で得する年金制度
5.法人が得か?自営業が得か?
5-1.自営業と法人では社会保険料に違いが
5-2.自営業と会社員の夫婦・子供の扶養
6.自営業者のセカンドライフは?
6-1.公的年金保険料が払えない
6-2.自身で退職金を用意しよう
7.自営業者の国民年金
7-1.保険料を経費にできる?
7-2.未納分・扶養家族(子供)分を払った場合は?
8.まとめ

続きを読む

個人年金の節税はどんな効果がある?有利な節税方法を教えます

個人年金に加入する際に注目しておきたいのは、年金が増えるだけではなく、節税対策にもなるということですよね。将来的にお金が増えて返ってくるのに加えて、今支払う税金が減るということで、保険加入を検討している方も多いのではないでしょうか。
保険料控除による節税が有名かもしれませんが、実はそれだけではなく、他にも相続税が免除されるなど様々な節税制度が整っています。この記事では、そんな個人年金の節税はどのようなところで効力を発揮するのかを見ていきたいと思います。

目次

1.保険料控除が節税対策につながるのはどうしてなの?
1.1所得に応じて税金が加算されるから
1.2保険料控除は所得の額面を減らしてくれる
2.税金に対して控除額って一体いくらくらいになるの?
2.1旧制度は2011年までの契約が対象になる
2.2新制度は2012年からの契約が対象になる
2.3個人年金保険の場合は条件に当てはまっていなければいけない
3.控除によって保険自体の返戻率が上がるのって本当なの?
3.1節税された分だけ被保険者は得をしている
3.2節税分は支払い免除だと考えるので支払保険料総額は減る
4.個人年金保険料控除を受けるためには一体どうすればいいの?
4.1会社員ならば手続きは自社内で行う
4.2自営業の人は確定申告が必要になる
5.節税目当てで個人年金保険に加入するのはリスクがあるって本当なの?
5.1インフレの可能性は必ずある
5.2現在の日本では超低金利で損をしてしまう
5.3倒産する可能性も考えておきたい
6.個人年金の控除以外に考えられる節税対策ってどんなものがあるの?
6.1変額個人年金保険なら相続税は非課税になる
6.2変額個人年金保険なら運用収益も節税になる
7.最後に注意しておきたい税制上のポイントってどんなものがあるの?
7.1年金を受け取る時には税金がかかる
7.2配偶者控除は人によっては受けられないことがある
8.まとめ

続きを読む

個人年金の控除上限はいくら?仕組みを知ってよりお得に備えよう!

将来の備えのためにと個人年金保険を利用する人は多いですが、年末調整や確定申告で税金の控除が受けられるとご存知でしょうか?すべての個人年金保険が対象ではありませんが、知っておくだけでも節税対策ができます。

今回は個人年金保険で控除を受けるための方法や上限額、計算方法などを紹介します。

特にこれから個人年金保険の加入を考えているのであれば、是非個人年金保険料控除を受けるべく行動してはいかがでしょうか?

目次

1.個人年金保険とは

1.1 老後に備えるための保険

1.2 個人年金保険は別枠で保険料控除が受けられる

2.生命保険料控除について

2.1 個人年金控除に入る前に生命保険料控除について知ろう

2.2 生命保険料控除とは

2.3 現行の生命保険料控除は大きく分けて3つ

2.4 自分がどの保険に加入しているか確認をしておく

2.5 生命保険料控除全体で限度額が決まっている

3.個人年金控除について

3.1 すべての個人年金保険が控除対象じゃない!

3.2 個人年金控除のみの限度額は?

3.3 限度額は4万、だけどこの金額が還付されるわけではない!

3.4 控除額と所得税の計算方法

3.5 控除額は自分の年収が変わると変化する

4.個人年金控除の申請方法について

4.1 控除申請はどうやって行う?

4.2 必要な書類はいつ届く?

4.3 必要な書類を失くしてしまった場合

4.4 妻の契約も合わせて申請できる?

5.個人年金保険の控除の基本について

5.1 控除を受けるには個人年金保険料税制適格特約を付加すること

5.2 控除を受けるには条件をクリアーすること

5.3 控除は年収が高いほど高額控除になる

5.4 控除額は傍目から見たら少ないが、毎年と考えると大きい

5.5 控除申請のための書類は失くさないこと

6.個人年金について

6.1 自分に合った個人年金の加入を

6.2 控除を受けたいなら条件や特約付加について知識を

6.3 将来自分が必要になるお金の計算を

6.4 明確なライフプランを立てておこう

7.まとめ

続きを読む

個人年金保険料控除で節約する方法など元保険外交員が徹底解説!

節税のひとつとして個人年金保険に加入する人も増えている今、個人年金保険で具体的にどのように節税に繋がるかご存知ですか?

保険屋さんに節税になると勧められて加入したけどよく分からずそのままだったり、個人年金保険料控除の適用条件が分からず、対象外の契約内容にしてしまって損していたりするケースも少なくないと思います。

せっかく個人年金保険料控除という制度があるのに、知らなかったということで節税できるお金を無駄にしてしまっていませんか?

そこで今回、個人年金の保険料控除についての基礎知識や計算方法、具体的な適用条件などを元保険外交員が分かりやすく解説いたします。

個人年金保険の保険料と税金の関わり、生命保険料控除の新旧制度の違いや個人年金保険料税制適格特約の適用条件、また注意点など情報満載です。

これから個人年金保険に加入しようと検討している方や、現在加入していてあまり節税について分からない人なども是非この記事を参考にしてみてくださいね。

目次

1.個人年金保険料控除の基礎知識
1.1.個人年金保険とは
1.2.個人年金保険料控除とは
1.3.個人年金保険料税制適格特約とは

2.控除を受けるために『個人年金保険料税制適格特約』を付加しましょう
2.1.個人年金保険料税制適格特約を付加するための条件
2.2.保険料払込期間10年以上
2.3.年金受け取り開始年齢60歳以上
2.4.年金受け取り開始期間10年以上
2.5.契約形態の条件

3.保険料控除の制度について
3.1.平成22年の税制改正に伴い変更になった保険料控除
3.2.保険料控除と所得税
3.3.保険料控除と住民税

4.個人年金保険料控除の申告方法
4.1.毎年送付される『保険料控除証明書』を確認しましょう
4.2.会社員と個人事業主では違います
4.3.『保険料控除証明書』の種類
4.4.万が一保険料控除証明書を紛失した場合の対処法

5.個人年金保険料控除の計算方法
5.1.控除される金額の計算方法
5.2.控除によって節税できる金額の計算方法

6.個人年金保険料控除を受ける前に知っておきたい個人年金保険の注意点
6.1.解約すると損してしまいます
6.2.年金を受け取る際に税金がかかります
6.3.保険料は計画的に決めましょう
6.4.インフレに対応できない場合があります

7.個人年金保険料税制適格特約の注意点
7.1.適用条件にみたさなくなったら控除されなくなります
7.2.中途解約の場合も控除されなくなります
7.3.年金額を減額しても解約返戻金が無いことがあります

8.まとめ

続きを読む

自営業者の受け取る年金を増やす方法をわかりやすく教えます

自営業者には会社員と違い自由な時間が多くある反面に、定年と言う言葉もありません。

その上、自営業には「自衛」と言う言葉があるくらい自分の事は自分で何でもしなければいけません。

老後の年金もその一つと言えるでしょう。

多くの自営業者の方は、自分の老齢基礎年金額がいくらなのか解っている方も多くいらっしゃると思いますが、少しでも増やしたいと思っている事でしょう。

今回の記事では、基本的な増やし方から意外な方法まで、わかりやすく解説するので、節税の事も考えながら、自分に合った年金の増やし方を見つけてみてください。

目次

1.自営業者が受け取ることのできる公的年金ってどのくらいなの?
1.1会社員と比較すると当然減少してしまう
1.2受け取ることができる公的年金は国民年金のみ
2.自営業者が年金を増やすためには一体どのようなことができるの?
2.1国民年金の支給額を少しでも増やす
2.2年金制度や、年金保険などを活用するようにする
2.3法人化して、厚生年金を受け取るようにする
3.国民年金を増やすためにできる付加年金って一体どういった制度なの?
3.1計算上2年で元が取れる制度
3.2少し上乗せして国民年金料を支払うことになる
3.3国民年金基金に加入していたら加入はできない
4.受取年齢を遅らせれば国民年金は更に増加するの?
4.1支払期間が足りなければ、60歳になってからでも任意加入ができる
4.2老後でまとまったお金があるならば前納制度の利用がおすすめ
5.自営業者ができる国民年金以外の年金制度って何があるの?
5.1誰でも加入することができる国民年金基金
5.2自営業者のために作られた、小規模企業共済
5.3上限がないためいくらでも増やせる個人年金保険
6.保険料によって税金を減らす方法とは?
6.1国民年金などが対象になる社会保険料控除
6.2確定拠出型年金が対象になる小規模企業共済等掛金免除
6.3個人年金保険が対象になる生命保険料控除
7.国民年金は魅力的に見えなくても実はメリットがたくさんあるの?
7.1生きている限りは国民年金を受け取ることができる
7.2障害になっても生活費を受け取ることができる
7.3もし早く死んでも子供にお金を残すことが出来る
8.まとめ

続きを読む

日本生命はなぜグランエイジと言う商品を発売したのか!

日本生命が発売した「グランエイジ」と言う保険をご存知でしょうか?

この保険は、死亡保障を無くす事で、保険料を安くし老後資金を貯めると言う商品です。

しかし、他の保険と違う所は、その加入年齢なのです。

この保険に加入できる年齢は、50歳~87歳となっており、他の商品よりも高齢の方向けの商品だと言えます。

それでは、なぜ日本生命がこの保険を販売するようになったのでしょうか。

この記事では、グランエイジとはどのような保険なのか、なぜこの年齢の方を対象とした保険を販売したのかなど、基本的な所から説明しますので、様々な事を知って有利かつ効果的に老後資金の準備が出来る様になっていただければと、思います。

目次

1.セカンドライフの備え
1.1セカンドライフとは
1.2公的年金制度の現状
1.3セカンドライフの実情

2.生命保険の基本
2.1三大保険とは

3.個人年金の必要性
3.1仕組み
3.2特徴

4.個人年金の現状
4.1販売停止が相次ぐ貯蓄型生命保険
4.2契約開始年齢から見る個人年金
4.3利率/解約返戻率から見る個人年

5.トンチン性とは
5.1仕組み

6.グランエイジとは
6.1コンセプト
6.2商品性
6.3仕組み
6.4特徴
6.5契約のバリエーション

7.日本生命とは
7.1沿革
7.2グループ
7.3決算状況
7.4保険金/給付金支払状況
7.5日本生命への問い合わせ
7.6電話/窓口相談
7.7ホームページから相談
7.8資料請求
7.9見積請求

8.まとめ

続きを読む

年金受給額は世代で変わる!受給額を思考して将来に備えよう

皆さん、自分の老後に受取れる『年金受給金額』のこと、どれくらい把握していますか?

「今の生活を維持する程の、金額が貰えない」なんて話もよく耳にしますが、聞くだけでしっかりと確認してみいない事には、老後の計画も出来ませんよね。

大体このくらいだろうと予想はしていても、制度や計算方法を良く見てみると自分の『年金受給金額』に意外と知らない落とし穴があったりして、後悔してしまう事もあるかもしれません。

今回は、知っておきたいけど、面倒だからその時が来てからで良いと思ってる人に『年金受給金額』は「何歳からどうやって、いくら受け取れるか」など、将来の生活の為に知っておくべきことを一緒に見て行こうと思います。

目次

1.受給できる年金の種類はコレ!
1-1.国民年金
1-2.厚生年金
1-3.個人年金
2.年金受給額はどうやって決めている?
2-1.年金受給金額・基礎年金のケース
2-2.年金受給金額・厚生年金のケース
2-3.年金受給金額・配偶者はどうなの?
3.年金受給額 推移
3-1.年金受給額変動!
3-2.年金受給金額・物価スライド
3-3.年金受給金額・マクロスライド
4.年金受給額いくら?計算式
4-1.自営業者の年金受給額の低さ
4-2.会社員の年金受給額・ボーナスも関係する
5.年金受給額いつから?
5-1.年金受給・団塊世代
5-2.年金受給・現在の若者
6.年金受給の勘違いとは?
6-1.年金受給・収入があると貰えない?
6-2.注意!受取時効って?
7.年金受給額・手続き
7-1.年金受給・何もしないと貰えない!
7-2.年金受給・請求の仕方
8.まとめ

続きを読む

日本生命の個人年金保険は本当に魅力的な商品なのか徹底解剖します!

保険会社と言えば、まず最初に日本生命を思い浮かべると言う方も多いのではないでしょうか。

生命保険や、損害保険で、お世話になっている方も多いかと思います。
老後の心配をしている方の中には、自分が信頼できる保険会社で資産を運用していきたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

日本生命でも、そんな方々のために個人年金保険を販売しています。

日本生命の個人年金保険は、他の保険会社の個人年金保険と比較しても保険的機能を際立たせた商品だと考えられています。

その為、人によっては非常に得をしたり、損をしたりすると言われています。

それでは一体、日本生命の個人年金保険とは一体どういったものなのかを見ていきましょう。

目次

1.日本生命って一体どういった会社なの?
1.1契約者数、売上高が日本国内で最大の保険会社
1.2個人年金保険は2種類を扱っている
2.日本生命が扱っている個人年金保険には一体どういった種類があるの?
2.1期間を自分で決めることができるみらいのカタチ年金保険
2.2長生きをすれば得をすることが出来るGran Age(グランエイジ)
3.みらいのカタチって一体どういった個人年金保険なの?
3.1年金の受取期間が3段階に分かれている確定年金型
3.2他の個人年金保険と比較すると、貯蓄率は高いといえる
3.3状況に応じて条件の変更などを行うことができる
4. Gran Age(グランエイジ)って一体どういった個人年金保険なの?
4.1 50歳以降からも加入することが出来る
4.2場合によっては元本割れするリスクがある
4.3人によっては終身年金のため損をする可能性もある
4.4状況に応じて条件を変更することができる
5.個人年金保険に加入するデメリットって一体どういったものなの?
5.1返戻率が超えるためにはある程度長生きをしなければいけない
5.2総合して保険料は高いといえる
6.個人年金保険に加入するメリットって一体どういったものなの?
6.1日本生命は大きな会社なので、倒産リスクが低い
6.2年金の支払い繰り延べなどをすることができる
6.3三大疾病などになると保険料免除になることもある
7.個人年金保険に加入する時に気をつけておきたいことって一体どういったことなの?
7.1利率は本当に正しいのかどうかを考える
7.2他の金融商品と比較して、自分のライフプランと合っているのかどうかを確認する
7.3わからないことはきちんとプロに相談する
8.まとめ

続きを読む

個人年金の確定申告で、保険料控除や還付金を受けよう!

人口減少や不況を背景に、公的年金制度が傾きつつある中、私たちは自分自身でセカンドライフを守らなければならない時代となりました。

そんな中、老後資金の確保手段として、近年生命保険会社と私的に契約する個人年金保険が、人気を博しています。

そんな個人年金ですが、月々支払っている保険料が、生命保険料控除対象となっているのをご存知ですか。

また、既に年金を受け取っていらっしゃる方々も、確定申告を行うことで、還付金を受け取れる可能性があることをごぞんじですか。

今回は、老後の生活安定を図る為に加入している個人年金で行うべき、確定申告のあれこれを、一緒に見てまいりましょう。

 目次

1.確定申告とは
1.1確定申告が必要な条件
1.2確定申告が不要な条件
1.3確定申告忘れのペナルティ

2.個人年金での節税(保険料編)
2.1払込保険料で受けられる控除
2.2控除額算出方法

3.個人年金での節税(受取年金編)
3.1契約者/受取人で見る税金の種類
3.2必要経費/雑所得/納付税額の算出

4.確定申告方法の選択
4.1 e-Taxでの申請
4.2書面での申請

5.確定申告
5.1確定申告の流れ
5.2作成の際の書き方の注意

6.確定申告の準備
6.1事前に準備すべき所得関連書類
6.2事前に準備すべき所得控除関連書類

7.確定申告書の作成
7.1申請書の種類

8.確定申告書を作成
8.1確定申告書Aの作成方法

9.まとめ

続きを読む

年末調整で気になる個人年金の控除額はどれぐらいか教えます!

年末調整や確定申告をすると、〇〇控除・〇〇控除と控除の欄が気になりませんか?

色々な節税方法があり、税金をよりやすくしたいと思う方もいらっしゃると思います。

そこで、近年の税法改定により追加された、個人年金保険料控除を今回は詳しく説明していきます。

「個人年金保険に加入しているが、これは対象になるのか?」や、「これから加入を考えているけれども、注意しないといけない事はあるのか?」など多くの疑問があると思いますので、契約の仕方から控除額など、これさえ把握していれば、大丈夫と言う記事になりますので、これを読んで個人年金保険料控除とはどういったものなのかを、知っていただければと思います。

目次

1.個人年金って一体どういったもののことをいうの?
1.1公的年金をカバーし、2つの種類に分かれている保険のことを言う
1.2家計に優しい控除などがついている
2.個人年金保険料控除はすべての人に適応するわけではないの?
2.1保険に特約がついていないと適応範囲外になる
2.2定められた条件が満たされていないといけない
3.生命保険料控除って一体どういった制度のことを言うの?
3.1所得に合わせて控除される事を言う
3.2生命保険料控除には3種類がある
3.3加入している保険に応じて値段は変動する
4.生命保険料控除は途中で制度が変わったってどういうことなの?
4.1加入時期によって適応される制度が変わる
4.2控除額の上限がより高く設定されている旧制度
4.3計算式が変わった新制度
5.個人年金保険料控除って一体どういった面がメリットだといえるの?
5.1節税効果がかなり高いということが出来る
5.2他の保険料とはまた別枠で所得控除を受けることが出来る
6.気をつけておきたい個人年金保険のデメリットって一体どういったものなの?
6.1個人年金保険料控除を満たさない内容変更は難しい
6.2途中で減額しても解約返戻金は戻ってこない場合がある
6.3途中解約すると損をする場合がある
7.個人年金保険がおすすめな人って一体どういった人なの?
7.1あくまでも控除はおまけで保険を重要視出来る人
7.2安定的な収入がある人
7.3ローリスク・ローリターンで運用したい人
8.まとめ

続きを読む

太陽生命ってどんな保険会社?商品詳細や口コミから実態を探る!

太陽生命は自由に保険を組み合わせられるオーダーメイド保険として有名な会社ですが、その実態は一体どうなんでしょうか?

巷ではあまり良くない噂も耳にしますが、今回は「太陽生命」の保険の特徴や、どんな商品を取り扱っているかご紹介します。

どんなメリットやデメリットが潜んでいるのか、口コミを参考にしながら伝えていきます。利用者の言葉は嘘を付かない。鵜呑みは危険ですが、参考にして、アナタにとって良い保険が見つかると良いですね。

目次

1.太陽生命ってどんな会社?

1.1 会社概要

1.2 取扱商品一覧

1.3 人気がある商品は?

2.太陽生命の保険について

2.1 保険組曲bestシリーズについて

2.2 終身生活介護年金保険について

2.3 わくわくポッケについて

2.4 健康に自信がない人でも加入できる保険について

2.5 その他の取り扱い保険について

3.太陽生命の口コミに迫る!

3.1 太陽生命って実際のところどんなイメージ?

3.2 太陽生命は悪い評判ばかり?

4.口コミからまとめた太陽生命のメリット・デメリット

4.1 メリット①商品について

4.2 メリット②会社について

4.3 デメリット①商品について

4.4 デメリット②会社について

5.生命保険の選び方で失敗しないために

5.1 まずは自分の加入する保険の種類を選ぶ

5.2 謳い文句にだまされるな!商品詳細はよく確認して

5.3 保険料は無理のない範囲で

5.4 迷ったら口コミを参考に

5.5 ライフプランを綿密に立てて

6.太陽生命の保険で失敗しないために

6.1 分からないことは逐一確認をしよう

6.2 納得したうえで契約すること

6.3 保険会社のデータだけでなく、口コミも参考にして

6.4 保険金支払いや適用事例についてもよく確認を

7.まとめ

続きを読む

認知症に備える保険の選び方を元保険外交員が分かりやすく徹底解説!

『認知症と保険』と聞いてパッと頭に浮かぶと言ったら介護保険だと思いますが、公的の介護保険でどこまで認知症に備えられるかご存知ですか?

漠然と「認知症になっても介護保険があるから大丈夫」と思っている事も多いのではないでしょうか?

公的の介護保険と民間の認知症保険の違いが分からなかったり、認知症に備えられる保険に入りたいけど、どの保険に入ればいいのか分からないという人も少なくないと思います。

そこで今回、認知症になったらどれだけの費用がかかるのか、認知症の保険は保険会社によってどのような違いがあるのかなど、現在介護の現場とも多くの関りを持つ福祉用具専門相談員で、かつ元保険外交員が『認知症と保険』について分かりやすく解説いたします。

一言で認知症と言っても症状によって様々な違いがあります。

そのため、将来の分からない不安を保険で少しでも安心に変えられるようにお手伝いができたらと思っていますので、ぜひこの記事を参考に保険選びの役に立ててもらえると嬉しいです。

目次

1.認知症と保険の関わり
1.1.認知症と公的介護保険の関わり
1.2.認知症と民間の保険の関わり
1.3.公的介護保険と民間の認知症保険の違い
1.4.民間の認知症保険の仕組み

2.認知症に備える保険とは?
2.1.認知症になると費用はどのくらいかかるのか?
2.2.民間の認知症保険でどんな保障が必要なのか?
2.3.認知症保険だけでなく損害保険も大切

3.認知症に備える保険の選び方
3.1.保険会社によって異なる保障内容をしっかり理解しましょう
3.2.保険金の受け取り方を決めましょう
3.3.保障内容と保険料を納得したうえで加入しましょう

4.保険会社比較『太陽生命』
4.1.保障の範囲の広い太陽生命の『ひまわり認知症治療保険』
4.2.『ひまわり認知症治療保険』のメリット
4.3.『ひまわり認知症治療保険』のデメリット

5.保険会社比較『朝日生命』
5.1.介護に手厚い朝日生命の『あんしん介護認知症保険』
5.2.『あんしん介護認知症保険』のメリット
5.3.『あんしん介護認知症保険』のデメリット

6.保険会社比較『三井住友海上あいおい生命』
6.1.掛け捨てじゃない『積立利率変動型終身保険』
6.2.『積立利率変動型終身保険』のメリット
6.3.『積立利率変動型終身保険』のデメリット

7.認知症保険の注意点
7.1.公的介護保険の要介護度は変わることがあります
7.2.保険会社によって保障内容がかなり違うのできちんと内容を把握しましょう
7.3.保険料の払込期間は計画を立てて決めましょう

8.まとめ

続きを読む

国民年金の満額はいくら?公的年金と生命保険でダブルで備えよう!

老齢世代を支える若い世代の人口は、ご存知のように減少傾向にあります。

これにより、シニア1人を支える現役世代の人数は年々少なくなり、その負担額は決しておざなりにできない額となっています。

この状態が続くと、現役世代が老齢世代に突入した際、その受給資格や受給年齢の変更が余儀なくされ、セカンドライフに暗い影を落とすことは、もはや回避できない、重要な問題となっています。

そこで今回は、公的年金制度である国民年金の保険料/受給額などを、正しい情報で理解し、来るセカンドライフへの備えをどうすべきかを、一緒に見てまいりましょう。

 目次

1.公的年金制度とは
1.1公的年金のしくみ
1.2公的年金の種類

2.国民年金とは
2.1国民年金のしくみ

3.国民年金の保険料とは
3.1国民年金保険料の算出方式
3.2実際の保険料額
3.3制度改正による平成29年度までの保険料

4.国民年金の受給とは
4.1受給可能な国民年金の種類
4.2受給の条件
4.3受給月額の算出方式
4.4実際の受給額目安

5.受取年金受給額を増やすには
5.1後納制度
5.2付加年金
5.3国民年金基金
5.4iDeCo
5.5受給年齢の繰り上げ

6.セカンドライフとは
6.1セカンドライフの実情
6.2セカンドライフに必要な資金

7.セカンドライフへの備え
7.1銀行などの金融商品による備え
7.2生命保険による備え

8.生命保険の活用術
8.1セカンドライフ向けの生命保険とは
8.2保険の比較サイトの活用

9.まとめ

続きを読む