生命保険

どこから手をつける?あなたに合った"保険の見直し方"を教えます!

現在、約89.2%の世帯が、平均3.8件の保険に加入している(生命保険文化センター平成27年調査報告)とされています。では、あなたは自分が掛けている保険を把握していますか?また、加入してから保障を見直しをしましたか?

日本では、保険の加入率も高く、誰にとっても身近に存在するものであり、何となく加入したという方が多いのではないでしょうか。

しかし、保険は長期間にわたって保険料を支払う、大きな買い物です。そのため、保障内容をよく理解して、一度加入してからも見直しが必要なのです。

ここでは、そんな保険の見直しを行うには、何から始めれば良いのか?見直し方を基本からご紹介します。

保険の見直しは、結婚して子どもが産まれた、家を購入したなど、加入者の環境の変化に応じて行います。環境が変化する度に、備えるべきポイントは変わり、それに合った保険も異なります。

また、携帯や家電でも数年ごとに新商品が出るのと同じように、保険商品も時代と共に進化していきます。

保険で備えられる保障は、目には見えないもの。だからこそ、大切さも何が正しいのかも分かりづらい問題です。これを読んで、いざという時に頼りになる、安心感を手に入れてください。

目次

1.保険見直しのチェックポイント

1.1.保障額の見直し

1.2.保障期間、保険料払込期間の見直し

1.3.保険料の見直し

1.4.解約返戻金の見直し

1.5.受取人と被保険者の見直し

2.公的保障を確認する

2.1.国民年金

2.2.厚生年金

2.3.健康保険の傷病手当金

2.4.高額療養費制度

2.5.団信(団体信用生命保険)

3.必要保障額を考える

3.1.死亡保障の額

3.2.就業不能の保障額

3.3.入院日額

4.保険を見直すタイミング

4.1.結婚した時

4.2.子どもが生まれた時

4.3.家を買った時

4.4.子どもが独立した時

4.5.保険の更新の時

5.みんなの保険の相場は?

5.1.保険料の相場

5.2.死亡保障額の平均

5.3.平均入院日数

6.保険の仕組み、見直す方法

6.1.中途付加

6.2.転換

6.3.払い済み

6.4.解約

7.まとめ

続きを読む

自己負担になる差額ベッド代を拒否するためのポイントを簡単に解説

病気やケガで入院してしまった時にどのくらいのお金がかかるかご存知ですか?

医療費はもちろんですが実はベッド代や食事代、その他の雑費なども費用が掛かってきます。

その中で差額ベッド代が多くかかってしまい、困っている方も中にはいらっしゃるかもしれません。

設備が整った病院で快適な入院生活を送りたいという人にとっては特に問題がないかもしれませんが、あまり医療費をかけたくないと思っている人は出来るだけ差額ベッド代を支払いたくいないと思っているのではないのでしょうか?

本来、差額ベッド代は患者の方が希望した場合に請求されるものであって、患者の同意なしに支払を強制されるべきではありません。

入院費用を出来るだけ抑えるためには差額ベッド代がどのようなものでどのような時に支払わなければいけないのか見ていきましょう。

目次

1.入院費用の内訳

1.1 治療費

1.2 入院基本料

1.3 食材代

1.4 差額ベッド代

1.5 その他の費用

2.公的医療保険でどこまで保障されるの?

2.1 入院費用の多くは公的医療保険が適用される

2.2 公的医療保険が適用されない費用は?

2.3 入院している=仕事が出来ない=収入がない

3.入院費用はいくらくらいになるのか?

3.1 入院時の自己負担額は平均22.7万円

3.2 入院時の1日当たりの自己負担費用は平均21,000円

3.3 入院時の入院日数は平均19.7日

4.差額ベッド代とは?

4.1 差額ベッド代がかかる要件

4.2  差額ベッド代の条件

4.3 差額ベッド代が発生しない条件

4.4 差額ベッド代が発生する条件

5.差額ベッド代を払えない時に拒否する方法や未然にトラブルを防ぐには?

5.1 入院する時の状況や事情に注意する

5.2 差額ベッド代について未然にトラブルを防ぐために

5.3 もし差額ベッド代を支払ってしまったら返還を求める

6.差額ベッド代を拒否してトラブルが起きたら

6.1 厚生労働省の通知を根拠にして支払いを拒否する

6.2 自力で交渉すると看護師や医師との間に角が立つので注意

6.3 最終手段として地方厚生局に泣きつく

7.そうならないためにも給付金で賄う

7.1 給付金で入院の費用をどこまで賄える?

7.2 受取ることが出来る給付金額

7.3 給付機の支給日数は?

7.4医療保険の保険料を安く抑えるには?

8.まとめ

続きを読む

生命保険ってどこがいいの?…の前に、生命保険の基本から学び直そう!

生命保険って、どこがいいの?

でも、生命保険ってよくわからない。

そんな悩みを抱えている人は、大勢います。

それもそのはず、日本ではお金に関することを学校では教えてくれないのですから。

でも、安心してください。

これから生命保険の基本から公的社会保障と合わせた保険選びまで、生命保険初心者でもわかるように、やさしく説明していきますよ!

目次

1.生命保険の基本を知ろう

1.1生命保険って、何のためにあるの?

1.2公的社会保障制度にはどんなものがあるの?

1.3これだけは知っておきたい!生命保険の基礎用語

2.生命保険を選ぶには、どんな種類があるか把握してから

2.1生命保険の種類は、分類方法で覚えるのがコツ!

2.2保険期間別の生命保険の種類

2.3目的別の生命保険の種類

3.生命保険ってどこがいいの?賢く加入するためのポイントを教えて!

3.1何に対して備えるのか、対象をはっきりさせよう

3.2もしもの際の必要保障額を計算しよう

3.3公的社会保障との差額を埋められるもの、それが加入すべき生命保険!

4.生命保険に加入するには、どのルートで加入するのがいいの?

4.1昔ながらの対面方式、保険代理店や知り合いのセールス

4.2これからの時代はコレ!ネットで情報収集&シミュレーション

4.3無料でプロの意見が聞ける?保険ショップで相談

5.生命保険に加入するなら、どこがいいの?あなたにぴったりの医療保険は?

5.1保険料だけじゃダメ!医療保険を選ぶ際に気をつけたいポイント

5.2保障内容は、「特約」に注目

5.3医療保険はどこがいいの?FPおススメ商品ベスト3

6.まとめ

続きを読む

まさかの時のために夫婦はどんな保険に入るのがベストなの?詳細解説!

ご自分が単身者で早くから生命保険や医療保険等に関心を持ち、既に保険へ加入をしていた場合でも、このまま保険を継続していけば十分とはいえません。

結婚した場合には、ご自分に万が一のことがあった時、配偶者・子にも大きな経済的影響が及びます。

その際には、新規に保険へ加入したり、保険の見直しを行い手厚い保険へ加入したりすることも必要になるでしょう。

夫婦で保険に加入したい場合には、「夫婦型保険」というものも存在します。夫婦が被保険者となり保険証券も同一で、支払う保険料も別々の場合より安くなります。

しかし、現在の共働き世帯の増加や、各々のライフスタイルの尊重のために、むしろ夫婦が別々の保険に入ることが適切な場合もあります。

また、30代・40代等の夫婦の世代別でも、子供がいるか、いないかでも手厚くしなければならない保障内容は異なってきます。

そこで今回は、夫婦の各事情およびライフステージの変化に対応した、ふさわしい保険選びについて説明します。

この記事を読めば、夫婦の各世代で重視するべき保障内容、そして夫婦のための保険で悩んだしまった時の解決策について、理解を深めることができます。

目次

1.結婚した場合の保険加入・見直しについて

  • 1-1.保険の支払保険料の平均とは
  • 1-2.単身から夫婦になった時は保険加入・見直しは必須
  • 1-3.加入・見直しするべき保険商品とは?

2.夫婦型保険について

  • 2-1.夫婦型保険とは
  • 2-2.夫婦型保険のメリット
  • 2-3.夫婦型保険のデメリット

3.夫婦が別々の保険に加入する場合について:その1

  • 3-1.共働き夫婦は別々の保険に加入した方が良い
  • 3-2.子を持った場合は専業主婦も夫と別の保険に入るべきか?
  • 3-3.別々の保険に加入する際の注意点

4.夫婦が別々の保険に加入する場合について:その2

  • 4-1.子がおらず十分な貯蓄があるなら死亡保障は最低限でも良い
  • 4-2.夫婦で収入差がある場合は死亡保障は手厚くするべき
  • 4-3.子が独立した場合なら夫婦は医療・がん保障を重視すべき

5.各世代の夫婦の場合の保険加入例

  • 5-1.20代夫婦の場合
  • 5-2.30代夫婦の場合
  • 5-3.40代夫婦の場合
  • 5-4.50代夫婦の場合

6.夫婦のための保険で悩んだ時は

  • 6-1.保険代理店で相談してみる
  • 6-2.保険の相談窓口で相談できる
  • 6-3.無料・有料の保険相談窓口のメリット・デメリット

7.まとめ

続きを読む

保険の告知は重要です。告知のポイントを分かりやすく解説!

保険に加入する時に、保険屋さんから「告知をして下さい」と言われたことはありませんか?

民間の保険のほとんどは告知という手続きが必要になります。告知で何をどこまで書けばいいのか分からないし、嘘をつくとどうなってしまうのか不安ですよね。

ですが、告知は中身を知ってしまえば意外と簡単な仕組みなんです。この記事で保険に必要な告知のことを理解して、安心して保険に入れるようにしましょう!

目次

1.保険の告知ってなに?

1.1加入する人の健康を申告する

1.2保険契約を公平にするため

1.3告知義務がない無選択型保険

2.保険の告知をするとどうなる?

2.1契約を断られる

2.2条件を付けて加入する

2.3保険に加入できる

3.保険の告知義務違反をするとどうなる?

3.1保険金を請求した時に調査が入る

3.2保険金が支払われ、契約も続くケース

3.3保険金が支払われないが契約は有効なケース

3.4保険金は支払われるが契約は解除されるケース

3.5契約が取り消されるケース

4.告知義務違反をしても保険金をもらえる場合

4.1時効の場合

4.2保険会社の過失による場合

4.3不告知教唆の場合

5.保険告知はどうやって行うの?

5.1必ず書面で行う

5.2診断書などの書類が必要な場合

5.3分からないことは告知専用ダイヤルに相談

5.4告知漏れに気付いた時はすぐに相談する

6.生命保険の告知内容

6.1最近の健康状態

6.2病気やケガ

6.3健康診断の数値

6.4機能障害の有無

6.5女性の場合は妊娠の有無

6.6職業

6.7損害保険の告知内容

7.告知書の書く時のポイント

7.1そのままの症状を書く!

7.2治療や薬のことも正確に書く!

7.3場合によっては経過報告も書く!

7.4提出書類のコピーで確認をする!

8.まとめ

続きを読む

三大疾病に罹る確率と死亡する確率とは?備え方も解説します!

三大疾病とは日本人が罹りやすい三大疾病(ガン、心筋梗塞、脳卒中)のことです。

これは日本人が罹りやすい病気のベスト3となっており、この病気が原因で亡くなってしまう方も50%以上いるといわれています。

また例え生き延びたとしても治療を行う際に他の病気と比べて入院が長期化しやすい傾向にあります。

では実際に三大疾病にかかってしまう確率はどれくらいなのでしょうか?

年代別で三大疾病に罹ってしまう確率や、そのための備えについて紹介していきます。三大疾病の死亡する確率と備えについて徹底解説三大疾病の死亡する確率と備えについて徹底解説していきます。

目次

1.三大疾病とは

1.1 がん

1.2 心疾患

1.3 脳卒中

2.三大疾病の死亡率や入院日数、治療費はどれくらい?

2.1 三大疾病の死亡率

2.2 三大疾病の入院日数はどれくらい?

2.3 三大疾病の治療費は?

3.三大疾病の年齢別の発病確率は?

3.1 年齢別の発病数は?

3.2 何歳から保険に入るべきか検討する

3.3 三大疾病は50代以上から増える

4.三大疾病になってしまう原因

4.1 がんになる原因と完治するには

4.2 心筋梗塞の前兆とその予防をするために

4.3 脳卒中の特徴

5.女性も三大疾病保険に入っておくべき?

5.1 女性特有の病気とは?

5.2 女性特有の病気に陥る確率

5.3 女性特有の病気で怖いものは?

6.三大疾病に備えるために

6.1 医療費への備え

6.2 退院後の生活費や収入減少への備え

6.3 保険の対象となる三大疾病の範囲には注意が必要

7.三大疾病保険の必要性

7.1 三大疾病保険とは

7.2 三大疾病保険の落とし穴

7.3 三大疾病保険の仕組み

8.三大疾病保険の特約はつけるべき?

8.1 三大疾病保険の特約とは?

8.2 特約を付けるメリット

8.3 特約の注意点

9.まとめ

続きを読む

知っておくべき!生命保険の法人契約のメリットとデメリット

 

法人契約のメリット、デメリットは会社を経営してれば皆さんが気になるところ。
そのため、どの商品を選べばいいのか頭を悩ませてしまう。そんな経験ありませんか?
そこで、この記事では法人で契約する場合のメリット、デメリットから商品知識や難しい節税効果までをわかりやすく解説します。
この記事を読んで、あなたも生命保険の法人契約について詳しくなりましょう。

目次

1  知っておくべき!法人契約の目的

1.1  法人契約とは

1.2  法人税の軽減

1.2.1  逓増定期保険で保険料の半分を損金にする

1.2.2  定期保険で保険料を全額を損金にする

1.3  退職金の準備

1.3.1  逓増定期保険で早期に貯める

1.3.2  長期定期保険で長期で貯める

1.4  従業員の福利厚生

1.4.1  養老保険を活用して社員の死亡保障と退職金を貯める

1.4.2  がん保険を活用してがんの保障と退職金を貯める

1.5  事業継承対策

1.5.1  生命保険で相続税の納税資金を確保する

1.5.2  逓増定期保険で自社株評価の引き下げを行う

2  法人契約の選び方

2.1  法人契約の選び方のコツ

2.2  法人保険に詳しい営業マンに相談しながら選ぶ

2.3  複数の保険会社商品を比較して選ぶ

3  法人契約の種類

3.1  法人契約の種類とは

3.2  逓増定期保険

3.3  法人専用のがん保険

3.4 長期平準定期保険

3.5  養老保険

4  法人契約の3つのメリット

4.1  法人契約の3つのメリットとは

4.2  会社経営の安定化

4.3  退職金の積み立て

4.4  後継者の税金減

5  法人契約の2つのデメリット

5.1 法人契約の2つのデメリットとは

5.2  会社のキャッシュフローの悪化

5.3 解約のタイミングを間違えると・・・

6  徹底比較!法人契約の節税効果

6.1  法人契約の節税効果とは

6.2  ハーフタックスプラン

6.3  長期平準定期保険

6.4  逓増定期保険

7  まとめ

続きを読む

三大疾病とは?その保険の必要性と注意点をわかりやすく解説

三大疾病とはガン、急性心筋梗塞、脳卒中の3つの病気のことを指し、これらの病気は昔から長く日本人の死因の上位を占めており、生命保険においても三大疾病を保障する商品が販売されています。

もしかしてあなたも「三大疾病の保障は必要なのではないか?」、「どういう時に三大疾病保険は受けられるのか?」と疑問がわいているのかもしれません。

そこで三大疾病になったらどれくらいの医療費がかかるのか、どういった条件で保険金を受け取れるのか、三大疾病保険の選び方について紹介していきます。

ぜひこれから保険の加入を検討している人はぜひ参考にして頂ければと思います

目次

1.三大疾病とは?

1.1 ガン

1.2 急性心筋梗塞

1.3 脳卒中

1.4 日本三大疾病になりやすい人の共通点

1.5 動脈硬化の原因

2.三大疾病の平均的な治療費は?

2.1 ガンの場合

2.2 急性心筋梗塞の場合

2.3 脳卒中の場合

3.三大疾病保険の保障内容

3.1 保険金の金額

3.2 限度回数

3.3 医療保険などに三大疾病特約を付加する場合

3.4 保険料払込免除特約を付けることが出来る

4.三大疾病に関する保険には加入したほうが良いの?

4.1 三大疾病は治療費が高額

4.2 退院後の通院治療が長い

4.3 三大疾病になってすぐに保険金がもらえるわけではない

5.三大疾病保障付住宅ローンの基礎知識

5.1 三大疾病保障が適用される条件

5.2 三大疾病保障付住宅ローンの保険料

5.3 三大疾病保障付住宅ローンは必要?

6.住宅ローンの団信と三大疾病保険とガン保険

6.1 住宅ローンの団信に付帯する三大疾病の保障

6.2 団信の三大疾病保険と通常加入する疾病三大疾病保険はどちらがいい?

6.3 ガン保険と三大疾病保険であればどちらを選ぶ?

7.三大疾病保障付住宅ローンの注意点

7.1 条件がクリア出来ずに、保障が出ない場合もある

7.2 保険料が高い

7.3 中途解約できないことがある

7.4 保障されるのは住宅ローンのみ

8.まとめ

続きを読む

生命保険の保険料の支払方法にはどんなものがあるの?詳細に解説します

生命保険とは、加入契約者(被保険者)が亡くなったり、高度障害状態になったりした場合に、受取人(親族)へ保険金が支払われる保険商品です。

生命保険に加入すれば、大黒柱であるご自分がまさかの事態になっても、ご家族の経済的な困窮を防ぐことが期待できます。

そんな頼もしい備えである生命保険ですが、当然のことながら、その保障を継続するためには保険料を支払う必要があります。

この支払方法は各保険会社によって様々です。支払方法によっては保険料が割安になることもあるので、ご自分の経済状態に合った方法を選びましょう。

一方で、何らかの理由で保険料を支払うことが難しくなり、滞納するような事態も想定されます。最悪の場合は解約を検討しなければならないですが、解約せずに保険料を軽減できる方法もあります。

そこで今回は、生命保険の保険料の支払方法について説明します。この記事を読めば、生命保険の支払方法と、支払う手段、保険料を支払うことが難しい場合の負担軽減措置について、おわかりになることでしょう。

目次

1.生命保険について

  • 1-1.生命保険とは
  • 1-2.保険料の支払い方法は申込の際に決める
  • 1-3.保険会社の責任開始は第1回目の保険料支払が必須条件

2.生命保険の支払方法その1

  • 2-1.生命保険の支払方法は各保険会社によって様々
  • 2-2.月払い
  • 2-3.半年払い・年払い

3.生命保険の支払方法その2

  • 3-1.一時払いとは
  • 3-2.一時払いのメリット
  • 3-3.一時払いの注意点

4.生命保険の支払方法その3

  • 4-1.全期前納払いとは
  • 4-2.全期前納払いのメリット
  • 4-3.全期前納払いの注意点

5.生命保険の保険料を支払う手段

  • 5-1.支払う手段も保険会社によって様々
  • 5-2.支払う手段も変更できる
  • 5-3.保険料を滞納してもいきなり契約は失効しない

6.解約せずに保険料の支払を軽減する方法

  • 6-1.払い済み保険を活用する
  • 6-2.契約者貸付制度を活用する
  • 6-3.自動振替貸付制度を活用する

7.まとめ

続きを読む

生命保険の加入率はどのくらい!?失敗しないで生命保険に入る方法

生命保険に入った方が良いとは言われますが、ぶっちゃけどのくらいの人が加入しているのか、いくらくらい保険にお金を使っているのか気になりますよね!

そもそも年収の低い人が保険を検討した時、どの程度の人が死亡保障をつけているのかなども気になると思います。

なぜなら万が一何かあったときに保険会社から支払われる金額は恐ろしく低い可能があるからです。

今回は加入率だけに惑わされないように生命保険の見直しや選び方について紹介していきます。

目次

1.日本の生命保険加入率の割合

1.1 生命保険の加入率を年代別にみると

1.2 生命保険の中でも死亡保険に加入している人の割合は

1.3 都道府県別の加入率はどのくらい

1.4 海外での保険加入率は?

1.5 海外の生命保険の特徴

2.皆どのくらい保険料を支払っているの?

2.1 平均の保険料や保険金額を調べてみた

2.2 平均の支払い保険料について

2.3 保険会社の保険金支払などは

3.適正な保険金額の算出の仕方

3.1 生命保険の保障額は自分で決定できる

3.2 本当に必要なお金をしっかりと考える

3.3 生涯賃金を推計してみる

4.生命保険に加入する理由や目的は?

4.1 生命保険に加入する理由

4.2 生命保険に加入する目的

4.3 他の保険と加入率に差はある?

5.生命保険は何のために入るのか?

5.1 生命保険の背景や出来た理由

5.2 生命保険の必要性

5.3 保険は金融資産の1つ

6.生命保険が必要な場合

6.1 子育て世代の方

6.2 高齢のご両親がいる方

6.3 リタイヤ目前やあるいはリタイヤした方

6.4 独身にも生命保険は必要?

7.生命保険の必要性がある人

7.1 お金を残したい相手がいる

7.2 老後のお金を用意したいが貯金が苦手

7.3 一時的に保障が欲しい。

7.4 とにかく不安だから

8.生命保険に加入する時は貯蓄・保険料の計画的な設定をする

8.1 ライフサイクル表を作る

8.2 支払保険料の上限額を想定する

8.3 貯蓄もまた重要

9.まとめ

続きを読む

加入時にウソや黙っていて告知義務違反した医療保険!どうなる?

 

もし告知義務違反をしてしまうと、保険契約を解除される可能性があるのを御存知ですか?

医療保険などに加入する際に、健康状態や過去の入院歴や病歴を告知しなければいけません。

過去に入院経験があったり、健康診断の結果が思わしくなかったなど、告知に対して不安を感じると言う方も居るのではないでしょうか。

しかし、健康状態の告知を偽ったり、告知をしなかったりすると、告知義務違反となります。

今回は、医療保険などの告知義務違反について、告知義務違反はなぜいけないのか、告知義務違反になった場合、どの様な不利益を被るのかを解説していきます。

この記事を読んで、告知の大切さを知り、告知義務違反にならいないようにしましょう

目次

1.医療保険の告知義務違反とは

1.1医療保険の告知義務とは

1.2医療保険の告知書の内容

1.3医療保険の告知義務違反

2.告知義務違反をするとどうなる

2.1医療保険にはどうして告知義務があるのか

2.2知らずに告知義務違反をしてしまった場合

2.3告知後すぐに気が付いて訂正したい場合

3.告知違反による解除とは

3.1不告知教唆とは

3.2 契約解除になる告知義務違反とは

3.3契約解除にならない告知義務違反とは

4.告知義務違反の調査はどのように行われるのか

4.1保険会社の告知書に対する審査

4.2入院や手術など給付金請求があった時

4.3 同じ保険会社に追加で新規加入した時

5.告知義務違反の調査方法と対象について

5.1医療機関

5.2健康保険・国民保険

5.3健康診断

6.医療保険に加入するときに気をつけたい症状

6.1風邪

6.2過労

63高血圧

6.4その他

7.告知義務違反の時効について

7.1時効期間2年について

7.2時効期間が無期限の場合

7.3判例

8.まとめ

続きを読む

生命保険の更新は見直しをするタイミング?その理由とポイントを解説!

生命保険の更新では加入している保険の期間が終了しても、希望すれば更新前に契約していた保険内容で同じ保険に再び加入することが出来るのをご存知ですか?

実は更新の有無は加入している保険のタイプによって変わってきますが、更新する際に今の保険が自分に本当に適しているのか、保険料を払いすぎていないかなどを改めて確認することが出来るので、保険の見直しをする際にはとてもいい機会です。

また保険を更新する際に気を付けなくてはいけない点などもあります。

今回は生命保険の更新のタイミングやポイントについてまとめていきます。

目次

1.更新型の生命保険

1.1 定期保険とは

1.2 全期型生命保険

1.3 終身型生命保険

1.4 更新型生命保険

2.更新型、全期型、終身型の生命保険のそれぞれの違い

2.1 更新型の保険と終身型の保険の違い

2.2 更新型の保険と全期型の保険の違い

2.3 更新時の注意点

3.更新型の生命保険のメリットとデメリット

3.1 加入初期のうちは安い保険料で負担が少ない

3.2 更新の際に保障内容を見直しが出来る

3.3 満期が近づくほど保険料の負担が大きくなる

3.4 更新型には解約返戻金がない

4.生命保険の更新に知っておくこと

4.1 更新ごとに保険料が高くなる

4.2 保障内容を変えるべきかの判断方法

4.3 生命保険の更新をする際に検討すべき保険期間タイプ

4.4 1年更新の短期保険の場合は損?それとも得?

5.生命保険の更新時に保険料を抑えるポイント

5.1 更新の必要がない先の長い保険を選ぶ

5.2 保障額が徐々に下がっていく保険を選ぶ

5.3 複数の商品を比較して選ぶ

6.更新型生命保険の見直しのポイント

6.1 保険料の見直し

6.2 保障内容の見直し

6.3 更新型の生命保険を見直しする際の注意点

7.生命保険の転換

7.1 基本転換方式

7.2 定期保険特約転換方式

7.3 比例転換方式

8.生命保険の見直しや更新のタイミングは

8.1 結婚や出産を機に再検討する

8.2 住宅ローンと団体信用保険への加入

8.3 終身に付帯した生命保険の更新

8.4 新しい商品で改めて契約を交わす転換

8.5 解約返戻金と下取り

9.まとめ

続きを読む

法人が生命保険に加入するメリットとデメリットや節税対策を解説

起業や個人事業主から法人にして会社を経営される方は生命保険を法人契約で加入することを考えている方も中にはいるかと思います。

では生命保険を法人契約するとどんなメリットがあるのでしょうか?

生命保険を法人契約にすることによって生命保険で積み立てたキャッシュで経営危機を逃れたり、会社のキャッシュを守ったり、様々なメリットが実はあります。

今回は生命保険を法人契約にするメリットや節税対策などについて紹介していきます。

目次

1.法人で生命保険に加入するとどんな事がある?

1.1 法人での生命保険とは

1.2 法人税の軽減

1.3 退職金準備

1.4 社員の福利厚生

1.5 事業承継対策

2.法人契約で生命保険に加入した場合のメリット

2.1 万が一のことがあった場合でも会社の経営は安定する

2.2 退職金の資金が多く積み立てられる

2.3 世代交代の時、引き継ぐ人の税金が抑えられる

3.法人で生命保険に加入した際のデメリット

3.1 会社のキャッシュフローが悪くなる

3.2 保険の解約のタイミングを間違えると損をする

3.3 保険を使った節税は単なる税金の繰り延べに過ぎない

4.法人保険の種類

4.1 逓増定期保険

4.2 長期平準定期保険

4.3 養老保険

5.法人保険の経理処理でよく聞く「損金」とは

5.1会計上と税法事情の違いとは

5.2 法人保険でいくら損金に算入できるか

5.3 損金に出来る法人保険

5.4 損金算入する事のデメリット

6.会社法人以外でも法人保険を使った節税対策

6.1 個人事主の節税対策

6.2 学校法人の節税対策

6.3 その他の団体の節税対策

7.法人保険の名義変更とその時の経理処理は?

7.1 法人から個人に移す時

7.2 個人から法人に移す時

7.3 法人から法人に移す時

8.低解約返戻金型逓増定期保険の税務上の問題

8.1 逓増定期保険で名義プラン変更は「低解約返戻金型」を利用する

8.2 節税対策と認識されないようにする

8.3 キャッシュフローの状況を確認する

8.4 より確実に会社の資産を自分に移せるリスクの少ない方法とは

9.まとめ

続きを読む

生命保険、医療、年金など…身近な加入するべき「お得な保険」まとめ

保険加入を検討するとき、誰もが「お得な保険」に加入したいと思うものですよね?

その「お得な保険」を選ぶためには、まずネットで検索したり、資料請求をしてみたりと、苦労されている方も多いのではありせんか?

日本には、平成30年6月30日現在、41社の生命保険会社と、52社の損害保険会社(金融庁、免許・許可・登録を受けている業者一覧より)の計93社もの保険会社が存在します。そして、それぞれの保険会社に複数の商品・特約があり、プランの組み合わせは無限大です。身近に保険に詳しい方がいれば相談できますが、そうでなければ検討するだけで労力と時間もかかってしまいます。

保険は、住宅の次に大きな買い物と言われ、何年も継続して保険料を支払うため、時間をかけて選びたいところですが、加入が遅れてしまうとその分病気や死亡のリスクも上がり、年齢とともに保険料も上昇してしまうというデメリットもあるのです。

まずは、あなたに合った「お得な保険」とは何なのでしょうか?それを明確にしてから、保険選びを始めましょう。ここでは、そんな「お得な保険」選びのポイントをご紹介します。

生命保険はもちろん、医療保険、個人年金、学資保険などの身近な保険について、独身、世帯主、お子さんや高齢の方、それぞれにとって「お得な保険」を選ぶための、ヒントが詰まった内容となっています。これでアナタも、面倒な保険選びをスムーズに進められること間違いなし!

目次

1.生命保険の考え

1.1.そもそも生命保険とは

1.2.高額療養費制度

1.3.生命保険か貯蓄か

2.生命保険加入の基本

2.1.保険加入、見直しのお得なタイミング

2.2.「終身」でお得

2.3.「掛け捨て」でお得

2.4.「税制優遇」でお得

2.5.健康祝い金?ホントはお得でない商品

3.お得な生命保険の選び方

3.1.お得な生命保険とは?

3.2.独身者におすすめ

3.3.世帯主におすすめ

3.4.非喫煙者におすすめ

4.お得な医療保険の選び方

4.1.お得な医療保険とは?

4.2.女性におすすめ

4.3.がんへの備えにおすすめ

4.4.高齢者におすすめ

5.お得な個人年金の選び方

5.1.お得な個人年金とは?

5.2.おすすめランキング

5.3.解約返戻金でお得

5.4.終身保険でお得

6.お得な学資保険の選び方

6.1.お得な学資保険とは?

6.2.おすすめランキング

6.3.終身保険の活用

7.まとめ

続きを読む

保険はクーリングオフが可能?申請の条件と注意点について解説!

保険の営業マンに生命保険等への加入を勧誘されて、ご自分もその気になって承諾してしまった・・・・。そんな経験のある方々もいらっしゃることでしょう。

しかし、しばらく経ってから、「もう少しいろいろな保険を検討してから加入を判断したい。」と思い直すことはあるはずです。

そんなときに、いったん申込んだ後、一定の期間内であれば申込みを撤回できる制度があります。

それが、「クーリングオフ」制度です。クーリングオフができる条件に合致したならば、ご自分のもとへ支払ったお金は戻ってきます。

当然、生命保険等でもクーリングオフの対象となります。ただし、いかなる場合でも加入者がクーリングオフできるわけではなく、いろいろな制限もあります。

そこで今回は、生命保険等のクーリングオフについて説明します。この記事を読めば、クーリングオフの効果や、その行える期間、手続き方法、生命保険等をクーリングオフする際の注意点について、おわかりになることでしょう。

目次

1.クーリングオフについて

  • 1-1.クーリングオフとは
  • 1-2.クーリングオフ制度が成立した背景
  • 1-3.クーリングオフは保険等にも適用される?

2.クーリングオフを行う前に確認すること

  • 2-1.生命保険等は申し込めばすぐに契約が成立するわけではない
  • 2-2.生命保険等が成立する流れ
  • 2-3.生命保険等でクーリングオフをしなくても取り消しできる場合

3.クーリングオフの方法について

  • 3-1.クーリングオフの流れ
  • 3-2.クーリングオフの期限はどう判断する?
  • 3-3.クーリングオフの手続き方法

4.保険をクーリングオフする場合の注意点その1

  • 4-1.国民健康保険はそもそもクーリングオフできない
  • 4-2.生命保険・医療保険等でクーリングオフできない場合
  • 4-3.生命保険・医療保険等でクーリングオフできずに困ったら

5.保険をクーリングオフする場合の注意点その2

  • 5-1.自賠責保険はそもそもクーリングオフできない
  • 5-2.損害保険でクーリングオフできない場合
  • 5-3.自動車保険や火災保険のクーリングオフは慎重に

6.クーリングオフの際の疑問点と対応

  • 6-1.保険会社が独自のクーリングオフ制度を定めている
  • 6-2.クーリングオフしたがやはり再契約したい
  • 6-3.クーリングオフをしても返金されない

7.まとめ

続きを読む

告知義務違反をしたらどうなる?違反しないために注意するポイント

生命保険に加入する時は自分の健康状態についてありのままに伝えなければいけません。

このことを告知義務と言いますが、万が一嘘があった場合はどうなるのでしょうか?

意図的に嘘をつくのは論外なのですが実は知らぬ間に告知義務違反をしてしまっているケースというのもあるのです。

そこで今回は告知義務違反をした場合はどうなるのか?告知義務違反しないための注意点をご紹介していきます。

生命保険に加入する時に大変重要なポイントなのでぜひ参考にしてみてください。

目次

1.生命保険の告知とは

 1.1 保険加入時には必ずしなくてはいけない告知

 1.2 生命保険の告知には様々なパターンがある

 1.3 生命保険加入時に告知をする理由

2.生命保険を告知する方法

 2.1 告知書への記載

 2.2 生命保険面接士による診断

 2.3診察医による診断

3.告知義務違反とは

 3.1 告知書の主な質問事項

 3.2 告知義務違反をするとどうなるのか?

 3.3 保障が受けられなくなるが解約返戻金は受け取れる契約解除

 3.4 解約返戻金すら受け取ることが出来なくなる取り消し

4.告知義務違反に該当しない場合について

 4.1  2年以内に保険金の請求をしなかった場合の「時効」

 4.2 保険会社の過失

 4.3 保険会社の営業などが不正告知をすすめる「告知教唆」

5.告知義務違反が発覚するタイミング

 5.1 入院や手術など給付金請求があった時

 5.2 同じ保険会社に追加で新規加入した時

 5.3 ほとんどの場合告知義務違反はばれない?

6.生命保険会社の告知義務違反に対する調査方法

 6.1 医療機関への調査方法

 6.2 健康保険や国民年金保険への調査方法

 6.3 健康診断に対する調査方法

7.生命保険の告知義務違反は時効を過ぎれば安心というわけではない

 7.1 告知義務違反の時効期間は2年間

 7.2 2年経っても生命保険会社は調査を行い契約解除をすること出来る

 7.3 告知内容が限定的、または告知がない保険もある

 7.4 引受基準緩和型保険

 7.5 無選択型保険

8.告知義務違反をしないための注意点

 8.1 告知時は正確に申告する

 8.2 分からない部分は曖昧にせずに担当者や保険会社に質問する

 8.3 時効は2年だからといって不正告知してもばれないというわけではない。

9.まとめ

続きを読む

生命保険とは?生命保険がなぜ必要なのかを解りやすく解説!

あなたは生命保険についてどのくらいの知識がありますか?

あなたが保険会社に勤務しているならともかく、すでに加入している生命保険について、どんな保障をしてくれる保険なのか、仕組みはどうなっているのか漠然とした知識はあっても、全体像は理解できていないのではないでしょうか?

この記事は生命保険についての基礎から始まって生命保険のランキングまで、詳しくそして分かりやすく解説していますので、読んでいただくと、目からウロコが落ちるように、生命保険について知識を深めること間違いありませんから、是非 最後まで読んで下さいね。

目次

1.   生命保険について

   1.1生命保険とはどんな保険?

1.2生命保険と死亡

1.3 生命保険と医療保険の違いは?

2. 生命保険の選び方

   2.1生命保険の種類と特徴

2.2あなたに最適な保険を

3.  生命保険終身

   3.1生命保険の終身保険とは?

3.2終身保険のメリットとデメリット

3.3無料相談について

4. 生命保険の定期とは

 4-1定期型の生命保険とは

4-2定期型の生命保険の種類と保障内容

4-3定期型の生命保険に加入する目的とメリット

5. 生命保険の必要性

    5.1 生命保険の必要性の判断について

5.2 生命保険が必要な人

5.3生命保険が不要な人

5-4生命保険は大多数の人が必要

6.  生命保険の途中解約

    6-1生命保険の見直しについて

6-2生命保険の途中解約について

6-3生命保険の途中解約の危険性について

6-4生命保険の途中解約の注意点について

7.生命保険ランキング

  7-.1生命保険の人気ランキング

7-.2生命保険の種別ランキング

7-.3子供生命保険ランキング

8.まとめ

続きを読む

老後破産は決して他人事ではない!破産しないためのポイントとは

老後破産と言う言葉を知っているでしょうか?

定年まで会社勤めをして、さぁ悠々自適で楽しい生活を送ろうと思っている方や、もうすぐ迎える定年後の生活に夢を膨らませていると言う方も多いのではないしょうか?

しかし、退職金や年金だけでは、老後の悠悠自適な生活は困難になると言われたらどうでしょうか。

「そんなことは無い、貯金もしているし、持ち家だし、生活するのには困らない!」と思っている方が大半でしょう。

しかし、老後破産と言うモノは、確実に起こっている事で、決して他人事ではないのです。

そこでここでは、やみくもに怖がるのではなく、なぜ老後破産が起こるのかと言う原因をしっかりと把握し、どのように備えていくのかという所を解説していきます。

不安を完全に無くすことは出来ないでしょうが、知らないで怖がるよりも、しっかりと知ることで備えることは出来ます。

長年会社勤めをがんばってきたのに、最後になって老後破産をして生活が困窮しないために、今からでもしっかりと備えていきましょう。

目次

1.老後破産とは

2.老後破産の実態

2.1本人・配偶者が病気になるケース

2.2不慮の事故や災害などのケース

2.3子供が関わるケース

3.老後破産のリスク

3.1病気のリスク

3.2収入減のリスク

3.3その他のリスク

4.老後破産の防ぎ方

4.1収入と支出のバランス

4.2保険の備え

4.3リスク管理

4.4老後資金の三角形

5.老後資金の準備

5.1年金の把握

5.2個人年金など

5.3資金の運用

6.まとめ

続きを読む

個人年金はなぜおすすめ!?その理由と選び方を解説します!

みなさんは老後のことを考えて、なにか備えをしていますか?

個人年金は長い目線でお金を積み立てていくことで、ふつうの貯金よりもお得に資産を作れるおすすめの保険です。

「特に何もしていないけど、少し貯金もしているし、国から年金ももらえるし大丈夫でしょ。」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。ですが公的年金だけで生活を維持できるかは不確実です。

せっかく同じようにお金を貯めるならお得に貯めたいですよね。そこで今回はおすすめの個人年金についてご紹介させていただきます。

目次

1.個人年金について

1.1国の年金は相互扶助、個人年金は自助努力!

1.2定期預金よりお得!

1.3保険料払込控除が受けられる

2.個人年金に入る必要性

2.1公的年金だけでは備えは不十分!

2.2生命保険と違い解約が不要

2.3早く加入するほど節税効果が高い

3.個人年金で注意するポイント

3.1税金がかかる場合がある

3.2途中解約すると損をすることも

3.3早く亡くなってしまった場合

3.4インフレに対応できない

3.5保険会社が倒産した場合

4.個人年金の受け取り期間

4.1終身型年金

4.2夫婦年金

4.3有期型年金

4.4確定年金

5.個人年金の建て金の種類

5.1円建て個人年金

5.2変額個人年金

5.3外貨建て個人年金保険

6.個人年金は返戻率で選ぶのが基本!

6.1支払い方法、期間で選ぶ

6.2受け取り方法で選ぶ

6.3切り替えやすさで選ぶ

7.おすすめの個人年金は?

7.1 30歳から入る場合

7.2 40歳から入る場合

7.3 50歳から入る場合

8.まとめ

続きを読む

交通事故にあったとき生命保険は使える?注意点や手続きの流れを解説

生命保険と聞くと病気やケガになった時に使われる保険だと思われがちですが実は交通事故にあった時にも生命保険は使う事が出来ます。

なぜなら保険約款と呼ばれる保険契約上のルールが定められているからです。

保険約款の内容はご自身が加入している保険会社によって異なってきますが、基本的に保険約款のルールに準じている場合、それぞれの保険からの保険金が支払われることになります。

今回は交通事故に対する生命保険の使い方や手続き方法、自賠責保険と生命保険の違いについてまとめました。

今、保険を検討している方や保険の無駄を省きたいと考えている方はぜひ参考にして頂ければと思います。

目次

1.交通事故にあったときにもらえるお金
1.1 自分が被害者だった場合にもらえるお金
1.2 慰謝料
1.3 損害賠償
1.4 示談金
2.交通事故から示談が成立するまでの流れ
2.1 加害者の身元を確認する
2.2 警察への通報と実況見分による調書の作成
2.3加害者・被害者双方の保険会社への通知
3.生命保険は交通事故でも適用される
3.1 交通事故のけがに適用される特約とは
3.2 災害通院特約とは
3.3 特定損傷特約とは
4.生命保険以外に交通事故で使える保険一覧
4.1 自賠責保険とは
4.2 任意保険とは
4.3 労災保険とは
4.4 健康保険とは
5.損害保険と生命保険の違い
5.1 損害保険のメリット
5.2 生命保険のメリット
5.3 保険料を無駄にしないためにも
6.自賠責保険と生命保険は併用できる?
6.1 被害者に生命保険が支払われると損害賠償額に影響するのか?
6.2 加害者でも生命保険はおりる
6.3 生命保険を使っても保険料は上がらない
7.交通事故で生命保険を使う場合の手続き方法
7.1 交通事故証明書とは
7.2 交通事故証明書の交付申請方法
7.3 交通事故証明書の交付申請を出来る人の条件
8.交通事故の損害賠償で生命保険は損益相殺になる?
8.1 損益相殺とは
8.2 交通事故の損害賠償で損益相殺で控除対象になるもの
8.3 控除の対象にならないもの
9.交通事故で入院・通院した場合の注意点
9.1 加入している保険の通院保障の支給条件を確認すること
9.2 5日未満の入院は生命保険の入院保障が下りない場合が多い
9.3 交通事故で生命保険から保険金が出ない場合は?
10.まとめ

続きを読む