生命保険

養老保険の解約返戻金でお困りの方は必見!その疑問にお答えします

「養老保険の解約返戻金って、複雑でわからない!」そんな悩みを抱えている方はいませんか?

今でこそ、日本の金利低下によって養老保険の魅力は減ってしまいましたが、過去には「養老保険はたくさん増やせて魅力的!」そんな時代がありました。

また、郵便局の窓口という多くの方にとって馴染みある場所で加入することができることからも、養老保険に入っている方は現在も少なくありません。

しかし、いざ解約したいとなったときにわからないことがたくさんあって困っている人が多いのも事実。

この記事では、養老保険の解約返戻金の悩みの種になりやすい「税金の扱い」「解約返戻金の再運用」について見ていきます。一緒に養老保険の疑問をスッキリさせましょう!

目次

1.そもそも養老保険って何?

1–1.養老保険はこんな保険

1–2.養老保険のメリット

1–3.養老保険のデメリット

2.【税金の悩み①】長期運用の結果、増やすことができました!

2–1.一時所得とは

2–2.具体的に一時所得をシミュレーションしてみましょう

2–3.自分で確定申告するの?しないの?

3.【税金の悩み②】短い間でしたが、解約したいです・・・!

3–1.利益が出ている場合の税金の取扱い

3–2.元本割れ?利益が出ていないなら・・・

4.【税金の悩み③】特殊なパターン2つ。やっぱり税金はややこしい?

4–1.「契約者」≠「保険金受取人」の場合

4–2.死亡保険金を受け取ることになったら?

5.養老保険の解約返戻金を再運用!そのときどうする?

5–1.死亡保険もあれば安心!?そんな方には一時払い生命保険

5–2.楽しみながら増やす?資産運用という選択肢もあります

6.これから養老保険を考えるなら・・・検討したい2つの保険

6–1.「養老保険」vs.「終身保険」

6–2.「養老保険」vs.「定期保険」

7.【おまけ】養老保険の解約お役立ち情報

7–1.解約返戻金額を確認する

7–2.解約すると決めたら、こんな手続きが待っています

7–3.解約返戻金はいつ受け取れる?

8.まとめ

続きを読む

安心の保険料でしっかり保障!今こそ都民共済を考えてみませんか?

万が一に備える為、多くの方が民間生命保険会社の商品を、ライフプランに組み込んでいらっしゃいます。

さかんに展開されるCMや公式ホームページ、保険比較サイトなどで、以前よりも格段にその選択肢が広がったばかりではなく、保障内容や保険料などの情報を、簡単に入手できるようになりました。

一方で、日本共済組合などで展開されている共済に関して、詳しくお分かりの方はそう多くはないでしょう。

「ポスティングされている資料」と言うイメージが強く、中々ブレイクダウンした情報にたどり着けていないのです。

そんな共済ですが、実は保険料、保障内容など、非常に優秀であることを、ご存知でしたか?

今回は生命保険の雄である都民共済について、その内容や有意性について、一緒に考えてまいりましょう。

目次

1.共済とは
1.2意味合い
1.3特徴
1.4共済と保険の違い

2.共済の主な種類
2.1火災共済
2.2生命共済
2.3傷害共済
2.4自動車共済

3.都民共済とは
3.1沿革と理念
3.2人気の秘密
3.3都民共済のラインナップ

4.生命共済こども型(0~17歳)
4.1特徴
4.2保障
4.3加入例
4.4加入条件
4.5請求手続き

5.生命共済(18~64歳)
5.1特徴
5.2保障
5.3加入例
5.4加入条件
5.5請求手続き

6.生命共済(65~69歳)
6.1特徴
6.2保障
6.3加入例
6.4加入条件
6.5請求手続き

7.加入者サービス
7.1ブライダル
7.2オーダースーツ
7.3オーダーシューズ
7.4ギフト
7.5旅行
7.6健康生活応援
7.7宅配便
7.8紳士服販売会

8.まとめ

続きを読む

教育費の貯蓄が難しい!?絶対役立つ計画と実行のコツ、教えます!

子どもの教育費の貯蓄、始めていますか?子どもが生まれると日々の生活の中で何かと出費が増えますよね。

「生活費だけでも大変なのに、教育費のことまで考えられない!」そんな家庭も多いのではないでしょうか。

でも、教育費はとっても膨大。進学直前にすぐに貯められるものではありません。

また、教育費の貯蓄をすでに始めている家庭でも「だいたいこれくらいあれば足りるかな?」と具体的な教育費の目安を調べずに毎月の貯蓄額を決めている例も少なくありません。この場合も直前に足りなかったと気づくことになってしまします。

この記事を読めば、「教育費が足りない!間に合わない!」とならないための目標金額や、それを貯める仕組み作りのコツが分かるはず。教育費の貯蓄のコツを知って、心のゆとりを手に入れましょう!

目次

1.まずは何より目標設定!小学校〜高校までの教育費、いくらかかるの?

1−1.公立・私立で学費にどれくらいの差があるの?

1−2.意外とかかるおけいこ代。塾って本当に必要ですか?

2.最大の出費!大学進学に必要な費用っていくら?

2−1.文系・理系で何百万の差?大学費用はこれだけかかります

2−2.下宿代にアパート代、更には仕送り…もうお手上げ!?

3.教育費、具体的にいくら貯めたら良いの?パターン別目標金額はこれ!

3−1.小学校から大学まで国公立の場合

3−2.大学だけ私立の場合

3−3.中学校から大学まで私立の場合

4.効果的な貯蓄方法は?貯まる仕組みを作ってしまいましょう!

4−1.ザ・正統派?「学資保険」で貯める

4−2.「積立定期」や「一般財形」。先取り貯金で貯める

4−3.低金利時代のいま、「つみたてNISA」で賢く貯める

5.教育費が足りない!?そんなときは◯◯◯を見直す!

5−1.もう見直した?スマホを変える

5−2.払いすぎてるかも?保険料を見直す

5−3.パパにとっては究極の選択…車を手放す

6.しっかり把握しておいて損はない!自治体の支援制度

6−1.児童手当はどれくらいもらえる?

6−2.あなたの町はどんな制度?子ども医療費助成制度

7.いざというときに助けてくれる?奨学金って一体どんなもの?

7−1.日本学生支援機構の奨学金って?

7−2.知っておきたい奨学金のリスク

8.まとめ

続きを読む

頭の悪い人向けの保険入門!基礎的なところから徹底的に教えます!

頭の悪い人向けの保険入門と言えば、面白いサイトがありとてもキャッチ―な説明をして、話題になりましたが、この記事ではしっかりと保険の基礎的なところからわかりやすく説明していきます。

「保険ってよくわからないな」と思っている方や、「保険ってすごく複雑なのでしょ?」と思っている方にとって、そのイメージを払拭できるように、出来るだけ基礎的なところを解説していきます。

保険は、基礎的なところさえ理解できれば、誰でもわかる物なのです。

もともと、勉強もそこまで得意ではなかった私が、保険と出会ってその重要性や必要性と、不要性も理解できたように、より多くの方にとって、保険が日々の生活の味方になる様に解説していきます。

この記事を読んで、保険を少しでも理解して、日々の生活をより豊かなものに変えていきましょう。

目次

1.保険とは

1.1保険が無いとどうなる?

1.2保険の意味

1.3保険の種類

2.損害保険

2.1自動車保険

2.2火災保険

2.3傷害保険

3.生命保険

3.1死亡保険

3.2医療保険

3.3がん保険

3.4貯蓄のための保険

3.5定期保険と終身保険

4.主な保険会社

4.1東京海上日動火災保険

4.2損害保険ジャパン日本興亜損保

4.3MS&ADホールディングス

4.4日本生命

4.5住友生命

4.6明治安田生命

4.7太陽生命

4.8アフラック

5.言葉の意味

5.1補償

5.2保障

5.3保証

6.基本用語

7.まとめ

続きを読む

学資保険ってメリットあるの?簡単に分かる今どきの学資保険事情

「子どもが生まれたら、まずは学資保険」こんな話、親から聞いたことありませんか?

私たち子育て世代の親の時代は学資保険の利率も高く、子どもが生まれたら学資保険に加入するのは半ば当然のような時代でした。

でも今はマイナス金利の時代。学資保険の利率も低くなりどんどん魅力が落ちてしまっているのが現実。

「魅力が低くなったとはいえ、本当に学資保険に入らないで良いの?」「子どもの教育資金はどうやって貯めたら良いの?」などと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

この記事を読めば、あなたも今どきの学資保険事情をしっかり把握できるはず。是非、将来の教育資金の不安を解消してください!

目次

1.学資保険が敬遠される3つのデメリット

1−1.利率が低い!「増やす」効果が少なくなった

1−2.急な出費が必要?元本割れのリスクも

1−3.あくまでも保険商品。保険会社が破綻したら…?

2.それでもやっぱり大きい!学資保険のメリット

2−1.堅実が一番!確実に教育資金が貯まる!

2−2.考えたくないけど…万が一の時にも教育資金を確保できる

2−3.比較が大事!ちょっとだけ増やすことならできるかも?

3.学資保険を申し込む前に必ず知っておきたいこと

3−1.大学進学にはどれくらいお金がかかる?

3−2.学資保険に入るタイミングはいつ?うちの子まだ入れる?

3−3.12年?それとも18年?何年で払込を終了させたらいいの?

4.学資保険の相談〜いざ保険会社へ!提案されるかもしれない2つのもの

4−1.学資保険の代わりに「終身保険」に加入する?

4−2.学資保険の代わりに「外貨建て保険」に加入する?

5.学資保険の相談〜いざ銀行へ!銀行にはこんな選択肢も!

5−1.学資保険の代わりに「積立定期預金」を始める?

5−2.学資保険の代わりに「個人向け国債」!?

5−3.学資保険の代わりに「積立NISA」を強くおすすめされる?

6.学資保険にまるわる3つの税制

6−1.年末調整や確定申告で嬉しい!「生命保険料控除」

6−2.満期金を受け取るときに税金はかかる?

6−3.万が一のときの受け取り時に税金はかかる?

7.【番外編】少しでもお得に学資保険に入れる?おすすめする3つの方法

7−1.月払?年払?払込方法でお得にする!

7−2.口座引き落とし?クレカ払い?ポイントでお得感を出す!

7−3.契約者は誰?夫婦で比較してみよう!

8.まとめ

続きを読む

学資保険の保険料は控除対象!?きちんと知って賢く節約しましょう!

お子さんの未来に向けて、学資保険の検討/加入をなさる方は非常に多く、数ある生命保険の中でも根強い人気があります。

金利低迷で銀行預金などでの学資金貯蓄法はBESTとは言えない昨今、より利率の高い生命保険商品に、その方法がシフトされる傾向にあるのです。

しかしながらその利率の高さ故に、学資保険も含めた貯蓄型生命保険の保険料は、高めの設定がなされています。

有意性が高く高利率である反面、月々の保険料支払いは、少なからず家計の負担とならざるを得ないのも、また事実なのです。

でも、ちょっとお待ちください。

実は学資保険の保険料が、生命保険料控除対象だとご存知ですか?

お子さんの将来の為の大切な準備金だからこそ、少しでも何がしかの控除があるのであれば、受けない手はありません。

そこで今回は、保険料控除の基礎知識から控除の受け方までを、徹底解明してまいりますので、ご一緒にお子さんの将来への礎を築いてまいりましょう。

目次

1.学資保険とは
1.1特徴
1.2仕組み

2.控除とは
2.1一般的な所得控除
2.2その他の所得控除

3.保険料控除とは
3.1社会保険料控除
3.2生命保険料控除
3.3損害保険料控除

4.生命保険料控除とは
4.1生命保険料控除の種類
4.2控除対象外の保険

5.生命保険料控除額の目安
5.1生命保険控除額
5.2生命保険料控除限度額
5.3生命保険料控除の手続き

6.学資保険にかかる税金とは
6.1契約者との関係性
6.2所得税
6.3雑所得
6.4贈与税

7.学資保険における保険料控除の受け方
7.1控除に必要な書類
7.2企業勤務者の控除申請方法(年末調整)
7.3自営業者の控除申請方法(確定申告)
7.4確定申告不要なケース

8.まとめ

続きを読む

明治安田生命の学資保険の『底力』を徹底解説いたします!

『子供の成長』は、親にとって、間違いなく喜びのうちの一つですが、お子さんの成長とともに、気がかりなのが、「教育費の問題」ですよね。

みなさんの中には、お子さんにかかる将来の教育費は、「学資保険を利用して準備する」といった方や、まわりの人から、「学資保険をかけておいたほうがいいよ」などの、アドバイスをされたりして、現在、ご検討中という方も多くおられるのではないでしょうか?

でも、いざ調べ始めると、いろいろ検討するべきことがあって、いったい、どの商品がいいのか、選ぶべきなのか、本当に、悩んでしまいますよね。

そういう時こそ、基本を大切に、シンプルに徹するのも、ひとつの方法ではないでしょうか?

今回は、とてもシンプルな学資保険である、明治安田生命の学資保険について、詳しく解説していきます。

学資保険選びに迷ったら!

今一度、基本にたちもどって、是非、一緒に、検討していきましょう!

目次

1.明治安田生命の学資保険『つみたて学資』ってどんな保険?

2.明治安田生命の学資保険『つみたて学資』の基本スペック!
2.1明治安田生命の学資保険『つみたて学資』の「基準保険金額」って?
2.2明治安田生命の学資保険『つみたて学資』の「高額割引適用」って?

3.明治安田生命の学資保険『つみたて学資』~基本のプラン(I型)
3.1加入できる年齢の範囲
3.2保険期間(保険での契約期間)
3.3保険料払込期間(保険料を払い込む期間)
3.4保険料の払込免除
3.5解約返戻金

4.明治安田生命の学資保険『つみたて学資』~がん診断確定時保険料免除付き(II型)

5.明治安田生命の学資保険『つみたて学資』の返戻率に注目!

6.他の「学資保険」とは、どう違う?
6.1ソニー生命『学資保険(無配当)』とは、どう違う?
6.2日本生命『ニッセイ 学資保険』とは、どう違う?

7.まとめ

続きを読む

東京都の各自治体の子育て支援事業について詳細に解説します!

現在の日本では少子高齢化が進展し高齢者が増加する一方、出生率は低減し回復しない状況となっています。

その背景には、核家族化の進展や日本人のライフスタイルの変化、貧困のため子供を出産し育てることが難しい等、子育てが非常に難しい面があります。

そこで、政府も「子ども・子育て関連3法」を制定し、保護者により子育てしやすい環境を整備し、保護者も子も健やかに成長できる社会の創出のため、色々な施策を提言しています。

一方、地方自治体では条例を制定し、より地域の実情に合わせた数々の支援事業を行っています。

取り組みの中には、子ども・子育て関連3法に則り地域の実情を考慮した制度や、その地域独自の制度を設け子育て支援を行う地方自治体もあります。

今回は東京都の各地方自治体が行う子育て支援事業について説明します。この記事を読めば、東京都が行う子育て支援事業の基礎的な知識を得ることができ、ご夫婦が子育て支援を受ける際の有効な資料となることでしょう。

目次

1.子育て支援制度について

  • 1-1.少子高齢化が進展した日本
  • 1-2.子ども・子育て関連3法とは
  • 1-3.東京都の子育て支援事業について

2.子ども・子育て関連3法について

  • 2-1.子ども・子育て支援法とは
  • 2-2.認定こども園法の一部を改正する法律
  • 2-3.関連法律の整備等に関する法律

3.妊婦健診公費負担について

  • 3-1.妊婦健診公費負担の意味
  • 3-2.妊婦健診公費負担の内容
  • 3-3.妊婦健診公費負担の手続きって?

4.乳幼児医療費助成制度について

  • 4-1.乳幼児医療費助成制度の意味
  • 4-2.乳幼児医療費助成制度の内容
  • 4-3.乳幼児医療費助成制度の手続きって?

5.認可外保育施設の援助について

  • 5-1.認可外保育施設の援助の意味
  • 5-2.認可外保育施設の援助の内容
  • 5-3.認可外保育施設の援助の手続きって?

6.私立幼稚園等保護者補助について

  • 6-1.私立幼稚園等保護者補助の意味
  • 6-2私立幼稚園等保護者補助の内容
  • 6-3.私立幼稚園等保護者補助の手続きって?

7.その他の支援制度

  • 7-1.地域全体で子どもを育む仕組みについて
  • 7-2.ショートステイ・トワイライトステイについて
  • 7-3.東京都特定不妊治療費助成について

8.まとめ

続きを読む

県民共済はデメリットあり?必見!県民共済のメリット・デメリット

掛け金が安い!県民共済が気になる今日この頃・・・

掛け金があそこまで安いと、何か裏があるのでは?と探ってしまいますよね。

その勘は当たっており、県民共済にははっきりとメリット・デメリットが存在します。

しかし!この記事では、県民共済の概要はもちろん、メリット・デメリットや民間との保険の比較もしているので、きっと参考になるはずです!

目次

1.そもそもの共済保険についておさらい

1.1 共済とはどんなもの?

1.2 民間の保険会社との違い

1.3 県民共済とはどんな保険?

1.4 その他の共済保険についても!

2.県民共済とは?どんなもの?

2.1 手続きの方法は?

2.2 どんな都道府県でも中身は同じ

3.県民共済の特徴とは?

3.1 掛け金が圧倒的に安い

3.2 安心感がある

3.3 高齢者の保障が厚い

4.県民共済のメリット・デメリット、比較

4.1 県民共済のメリット

4.2 県民共済のデメリット

4.3 県民共済は年齢が重要

4.4他の共済と比較

5.引っ越しの際はどうなる?

  5.1 中身は同じ

5.2 引き継ぎは可能

5.3 具体的な手順

6. 県民共済のおさらい

6.1 県民共済の概要

6.2 県民共済のメリット・デメリット

6.3 民間との比較

7まとめ

続きを読む

養老保険は本当におすすめ?その内容を比較してみました!

養老保険という保険はご存知でしょうか?
万一のときの保障と満期のときの楽しみを兼ね備える養老保険。

無事に満期を迎えたときには満期保険金をお受け取りいただけるので、将来に向けた計画的な資産づくりの手段としても役立てられます。

今回は養老保険のおすすめについて解説してみました!是非、ごらんください。

目次

1. 養老保険はどういうもの?
1-1 養老保険と個人年金保険の違い

2. 一時払い養老保険とは?
2-1 一時払い養老保険はおすすめなのか?

3. ソニー生命の養老保険
3-1 他の養老保険との比較

4. かんぽ生命の養老保険
4-1 おすすめのプラン
4-2 生命保険料控除の対象!
4-3 指定代理請求制度について

5. 明治安田生命の養老保険

6. 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の養老保険

7. 養老保険の満期保険金
7-1 積立タイプと一括払いタイプ
7-2 養老保険は元本割れする?

8. 養老保険はすぐに解約してはいけない?
8-1 養老保険のメリット
8-2 養老保険のデメリット
8-3 養老保険のリスク

9. まとめ

続きを読む

がん保険の診断給付金のみとは?そのポイントと注意点を教えます

みなさんは、「がん保険」に加入されていますか??

がん保険と一言で言っても、保障内容は商品によって大きく異なります。

がん治療に特化した保険や、一時給付金に特化した保険や、両方のバランスがとれた保険もあります。

その中でも今回は、保障内容がシンプルで、保険料も割安な「診断給付金のみのがん保険を解説していきます。

診断給付金のみのがん保険は、一度に高額の給付金が貰える事で人気の商品なんですよ。

将来、何が起こるかわからない方のために、医療保険と組み合わせてみてもいいかもしれません。

今回は、がん保険の診断給付金についてお教え致します!

目次

1. そもそもがん保険はどういう保険?
1-1 医療保険との違い?

2. 診断給付金
2-1 手術給付金
2-2 入院給付金
2-3 がん先進医療給付金

3. がん特約もあります!
3-1 がんの治療費はいくらかかるのか?

4. 診断給付金で判断してみよう
4-1 診断給付金の給付は何回あるか
4-2 上皮内がんは違う?

5. がん保険加入時の注意点とは?
5-1 誰でも入れる訳ではない?
5-2 高額療養費制度を知っておこう

6. 最適な診断給付金の金額とは
6-1 がんになった場合の入院日数
6-2 がん手術のための手術費用と入院費用の平均

7. がん診断給付金の支払い条件を必ず確認!
7-1 診断給付金のみのがん保険のメリット
7-2 診断給付金のみのがん保険のデメリット

8. まとめ

続きを読む

誰もが知っている「国民共済」。中身も知って賢く活用していこう!

誰もが知っている「国民共済」。

保険の定番中の定番も言える商品ですが…名前を知っていても、その中身を知らない人も多いのが実情。

確かに、保険商品は数多くあるので中身を押さえていないこともシバシバです。

そんな方に朗報です。世間でも知名度の高い「国民共済」の概要から比較される県民共済との関係、そしてどんな人にお勧めかなどまでの、基本から活用までを一気に公開していきます。

内容を知らないと賢く利用することが出来ません。せっかくであれば、思い切り活用したいですよね。

そんな方には、ぴったりの内容をご紹介していきましょう。

目次

1:国民共済とは何?

1-1:国民共済の仕組み

1-2:国民共済の特徴

1-3:国民共済のメリット・デメリット

2:国民共済の年末調整について

3:国民共済と県民共済の違い

4:国民共済と県民共済に向く人とは?

5:国民共済のタイプ別特徴

5-1:総合保障

5-2:医療保障

5-3:けがと賠償の保障

5-4:子どもの総合保障

5-5:シニアの保障

6:まとめ

続きを読む

共済はどこがおすすめ?比較して自分に合ったものを選ぼう!

共済は保険と違ってあまりよくわからない・・・そういうイメージがあります。
共済は割安な保険料でライトな保障を得ることができます。掛金の安さ(保険料の安さ)はやはり大きなメリットです。

特に、若い年齢層の方にはお得な保障と言えるでしょう。
この共済について大手共済の内容を比較してみました!

今後の参考にしてみてくださいね!

目次

1. 共済について
1-1 共済保険はたくさんあるんです!

2. 共済保険のメリット
2-1 共済保険のデメリット

3. 全労災の共済
3-1 都道府県民共済
3-2 コープ共済
3-3 JA共済

4. 共済と保険の比較
4-1 同じ共済でも割戻金が異なる?

5. 大手共済の比較について
5-1 共済と民間の医療保険の違い

6. 掛金を比較
6-1 保障内容を比較
6-2 加入前後の比較

7. 共済はどのように使うべき?
7-1 リスクについて

8. まとめ

続きを読む

国民共済の評判ってどうなの?保障内容を分析してみました!

みなさん、国民共済はご存知でしょうか?
こちらは全労災が出している有名な共済ですが、実際どうなの?って思う方は多いのではないでしょうか。

共済と言っても多種多様です。
しかし、一方、保険は将来のご自身や家族を守ってくれる大切な存在であるということ。今回は国民共済の評判と他保険とを見ながら、考察していきたいと思います。
是非ご覧ください。

目次

1. 国民共済とはどういうもの?
1-1 共済と保険の違いを分けておこう

2. 共済について
2-1 国民共済のプランはそれぞれ
2-2 国民共済の医療保障プラン

3. 共済制度と保険制度について
3-1 掛金の比較

4. 国民共済の特徴
4-1 「医療安心タイプ」の内容
4-2 「医療安心タイプ」のメリット
4-3 「医療安心タイプ」のデメリット

5. 国民共済の手続き
5-1 全労災の相互扶助

6. 国民共済の掛金と保障について
6-1 国民共済のメリット
6-2 国民共済のデメリット

7. 国民共済の評判はどう?
7-1 国民共済は掛け持ちが多い?

8. まとめ

続きを読む

明治安田生命、学資保険の全容と口コミをずばりチェック!

子供の誕生を機に、将来に向けた何がしかの貯蓄を考えるのは、親御さんからお子さんへの最初のプレゼントではないでしょうか。

誰しもわが子には、健康で可能性に満ちた人生を送って欲しいと願うものです。

その礎として、十分な教育を受けせてあげたいと言うのも、至極当然な流れです。

しかしながら少子高齢化の波が、私たちひいては日本の未来をもネガティブな方向へと、押し流しています。

少子化によって、少なくはない高校や大学が定員割れを起こす中、教育費は減少するどころか、増加傾向にあります。

そこで今回は、口コミでも人気の高い、明治安田生命の学資保険を含めた、生命保険による学資準備について、ご一緒に考えてまいりましょう。

目次

1.子供の学資とは
1.1養育費の目安
1.2学習費の目安
1.3学習外費の目安

2.子供の学資への備え方
2.1銀行金融商品
2.2生命保険商品

3.学資保険とは
3.1特徴
3.2仕組み

4.学資保険の注意点
4.1加入年齢と保険料の関係性
4.2特約
4.3支払条件
4.4受取総額
4.5解約

5.明治安田生命とは
5.1企業概要
5.2信頼性

6.明治安田生命つみたて学資とは
6.1仕組みと特徴
6.2プラン
6.3口コミ

7.プロが勧める学資保険
7.1終身保険ライズ(オリックス生命)
7.2学資保険(ソニー生命)
7.3未来のつばさ(フコク生命)
7.4夢見るこどもの学資保険(アフラック)
7.5こどもの保険 げ・ん・き(日本生命)V

8.まとめ

続きを読む

コープ共済の口コミから見るメリットとデメリットを解説します!

みなさんは共済保険には加入していますでしょうか?保険加入は、一定期間の保障を買う行為です。いくつも保障内容やプランが異なる共済保険は選ぶのが大変!

今回は、共済保険の中でもコープ共済にフォーカスして分析してみました。
内容の分析だけでなく、利用者の口コミを交えて客観的にポイントを押さえてみませんか?きっと自分に合ったニーズが見つかるでしょう!

それでは、ごらんください。

目次

1. コープ共済をご存知でしょうか?
1-1 コープ共済の保険は?
1-2 どんな年齢の方向け?

2. 共済と医療保険の違いを抑えておこう!
2-1 保険会社の医療保険
2-2 コープ共済の保障内容

3. コープ共済の共済保険
3-1 あいぷらす
3-2 たすけあい
3-3 ずっとあい

4. コープ共済で老後は?
4-1 保障内容が少ない?
4-2 老後の保障は厳しい

5. コープ共済の特徴はどう?
5-1 コープ共済のメリット
5-2 コープ共済のデメリット

6. 医療保障と死亡保障がポイント
6-1 コープ共済に入るなら?

7. コープ共済加入者の口コミ
7-1 コープ共済の大きなポイント
7-2 口コミによる必要性

8. まとめ

続きを読む

学資保険VS終身保険!比較とあなたにおすすめの保険はどっち?

教育資金の備えをしようと思って、保険屋さんに行ったら終身保険を進められた。。。

教育資金=学資保険のはずなのに、なぜ終身保険が出てくるのか分からない!

教育資金の備えをする際に、選択肢としては学資保険と終身保険がありますが、両者の違い、比較をした際にどんなメリット・デメリットが出てくるのか分かりづらいですよね。

ですが、この記事では学資保険と終身保険の違い、両者のメリット・デメリット、あなたにあった保険を選ぶ方法もご紹介しているので、きっと自分にあった保険を選び事が出来るようになります!

目次

1.教育資金をどう工面する?

1.1 将来的に必要になる教育資金

1.2 選択肢として現れるのは学資保険・終身保険

1.3 両者一長一短あり

2. 学資保険とは?学資保険の概要

2.1 学資保険の目的

2.2 学資保険には種類あり

2.3 学資保険の特徴

3. 終身保険とは?終身保険の概要

3.1 終身保険の概要

3.2 終身保険の特徴

3.3 低解約返戻金型とは?

4.学資保険VS終身保険・比較してみる

4.1 返戻率

4.2 保障内容

4.3 払込と給付

5.  学資保険と終身保険のメリット・デメリット

5.1 終身保険のメリット・デメリット

5.2 学資保険のメリット・デメリット

5.3 教育資金一択なら学資保険

6.あなたにおすすめなのはどっち?

6.1 どんな保障が欲しいのか

6.2 既に加入している保険の確認

6.3 将来的な計画

7まとめ

続きを読む

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」を徹底解説します!

学資保険は、お子さんの教育資金を積み立てることや、お子さんの医療保障等を目的した保険です。現在、加入を検討中の保護者の方々も数多くいらっしゃることでしょう。

学資保険の中に、将来の充実した教育のため、お子さんが一定の年齢になるまで資金をコツコツ積み立てていくタイプの保険があります。

それが、「貯蓄型学資保険」です。このタイプの学資保険は非常に人気が高く、数多くの保険商品が販売されています。

ただし、たくさんの保険商品が販売されている分、どのような保険がベストなのか迷われることもあるでしょう。

そこで今回は、フコク生命の学資保険である「みらいのつばさ」を紹介します。この保険は、2種類のプランがあり、加入契約者が好みのプランで将来の教育資金の受け取り方を選ぶことができます。

この学資保険みらいのつばさ」の特徴やプラン別のモデルケース、加入者の口コミを取り上げます。

この記事を読めば、学資保険みらいのつばさ」の特色を理解することができ、学資保険選びをする際の有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.学資保険について

  • 1-1.学資保険とは?
  • 1-2.貯蓄型の学資保険は人気が高い
  • 1-3.フコク生命について

2.子の教育資金はどのくらいかかる?

  • 2-1.幼稚園~高校の教育資金
  • 2-2.大学進学の教育資金
  • 2-3.兄弟がいると・・・

3.学資保険「みらいのつばさ」について

  • 3-1.みらいのつばさの概要
  • 3-2.みらいのつばさの保険内容
  • 3-3.その他の注目点

4.みらいのつばさS(ステップ)型について

  • 4-1.S(ステップ)型とは
  • 4-2.S(ステップ)型の保険料を考える
  • 4-3.事例をあげてシュミレーションしてみる

5.みらいのつばさJ(ジャンプ)型について

  • 5-1.J(ジャンプ)型とは
  • 5-2.J(ジャンプ)型の保険料を考える
  • 5-3.事例をあげてシュミレーションしてみる

6.学資保険「みらいのつばさ」の評価について

  • 6-1.肯定的な意見
  • 6-2.批判的な意見
  • 6-3.口コミを参考にする際の注意点

7.まとめ

続きを読む

医療保険はどの共済がいいの?保障内容を比較してみよう!

保険はみなさん加入していると思いますが、どこの保険を利用していらっしゃいますか?果たしてご自身に合った内容なのでしょうか?

一般的に保険料が安く加入しやすいイメージのある共済ですが、民間の医療保険と何が違うのでしょうか?

よく聞く名前の共済の保障の幅や種類は様々あるので、わかりづらい面があると思います。今回は医療保険の中でも共済にフォーカスして解説してみました。

是非、ごらんください。

目次

1. 医療保険とはどんなものがあるの?
1-1 共済について
1-2 共済と保険の明確な違い

2. 共済の特徴
2-1 共済のメリット
2-2 共済のデメリット

3. 共済の種類はたくさん!
3-1 都(道・府・県)民共済(全国生協連)
3-2 全労済
3-3 COOP共済(日本生活協同組合連合会)

4. 保障内容の比較をしよう
4-1 掛け金は安い?保障が弱い?

5. 通院保障の重要性
5-1 医療保険が必要な4つの理由
5-2 医療保険が不要な4つの理由

6. 医療保険の違い
6-1 終身医療保険
6-2 定期医療保険
6-3 引受緩和型医療保険

7. 「共済の医療共済」と「民間の医療保険」との違い
7-1 「医療共済」の特徴
7-2 民間の医療保険の特徴

8. まとめ

続きを読む

30代になったら個人年金を!おすすめの個人年金は?

人間だれしも年を取るもの。老後の生活は考えていますでしょうか?
もし30代の方でいらっしゃるならば、是非とも個人年金を検討してみてはいかがでしょうか。

老後のお金は早く準備するほど有利になりますので、30代のややお金に余裕のある時期に準備を始めることで、年金を受け取る60代以降だけでなく、子供の教育費などの負担が重くなる40代50代の保険料負担を楽にすることもできます。

運用期間が長くなれば必然的に戻り率も高くなりますので、月払いの個人年金の場合には、なるべく早いうちに加入しておきたいですね。

今回は30代から始める個人年金について解説致します!

目次

1. 個人年金ってどういうもの?
1-1 年金開始は60歳からが定番?
1-2 給付期間はどう?

2. はじめての個人年金なら30代から
2-1 個人年金のメリット
2-2 個人年金のデメリット

3. 個人年金の種類と大きな特徴とは?
3-1 確定年金について知ろう
3-2 終身年金はずっと受け取れる
3-3 変額年金は運用次第
3-4 外貨建て年金はどうなの?

4. 30代に合った個人年金
4-1 保険料の支払い方法について
4-2 個人年金の返戻率

5. 個人年金は保険料控除を受けられる?
5-1 個人年金保険料控除の申請方法

6. 老後にはいくらぐらいの費用がかかる?
6-1 老後はどれくらいの貯蓄が必要なのか

7. 30代のうちに始めておけば資産運用に
7-1 30代の個人年金保険の加入率

8. まとめ

続きを読む