医療保険

生命保険の見直しで注意すべき点は何?わかりやすく説明します!

生命保険とは、加入契約者(被保険者)が亡くなったり、高度障害状態になったりした場合に、受取人(親族)へ保険金が支払われる保険商品です。

この保険に加入すると、働き盛りのサラリーマン等の方々ならば、自分がまさかの事態になっても、ご家族が経済的に困窮しないための頼りになる備えとなることでしょう。

そんな生命保険も一度加入すれば、ずっと保険を継続すれば良いと一概に言えない場合があります。

ご自分が、結婚したり、子が生まれたり、昇進したりと様々なライフステージの変化に合わせて、保険内容を再考した方が良い場合もあるのです。

一方で、加入している保険内容を見ると、このまま変えない方が良いケースもやはり存在します。

そこで今回は、生命保険の見直しの注意点を説明します。こちらでは、生命保険の見直しをすべき人や見直しの方法、逆に見直しは待った方が良いケースの紹介、その他、見直しをすべきかどうか判断に迷った際の解決方法をわかりやすく解説します。

目次

1.生命保険について

  • 1-1.生命保険とは
  • 1-2.一度加入すれば一生安心か?
  • 1-3.生命保険の見直しで考えるべきこと

2.生命保険の見直しについて

  • 2-1.見直しをすべき人とはどんな人?
  • 2-2.生命保険の「切り替え」とは
  • 2-3.生命保険の「減額」とは

3.生命保険の解約について

  • 3-1.生命保険の解約の流れ
  • 3-2.生命保険の解約の手続き
  • 3-3.解約の際は無保険となる期間に注意!

4.生命保険の見直しの注意点その1

  • 4-1.加入中の契約内容を考慮する
  • 4-2.保障金額に見合った保険料を払っているか?
  • 4-3.遺族年金や障害年金から生命保険を考える

5.生命保険の見直しの注意点その2

  • 5-1.加入中の保険の利率を考慮する
  • 5-2.「お宝保険」は安易に解約してはならない
  • 5-3.解約返戻金がどのくらいか確かめてみる

6.生命保険の見直しに困ったら

  • 6-1.保険の相談窓口を利用しよう
  • 6-2.有料の保険相談窓口のメリット・デメリット
  • 6-3.無料の保険相談窓口のメリット・デメリット

7.まとめ

続きを読む

学資保険のメリット/デメリットを知って、教育資金を確保しよう!

お子さんの将来に思いをはせる時、切っても切り離せない大きなポイントが、教育資金だと思います。

なぜならば、子供に十分な教育を受けさせてやりたいのは、古今東西問わずの親心だからです。

そこで皆さんが真っ先に思い浮かべる教育資金の確保手段は、銀行などの積立商品や学資保険ではないでしょうか。

しかしながら皆さん既にご承知の通り、銀行金利は低迷を続けており、こつこつと積み立てたところで、いくらも利息が付きません。

そこで有力候補として検討されるのが、学資保険です。

学資保険は養老保険と並んで、貯蓄を優先した際に選ばれ続けてきた、人気の商品でもあります。

でも実際に、お子さんをお持ちになって初めて向き合うことになる方がほとんどなので、情報に明るくないと言うのも事実です。

そこで今回は、学資保険の何たるかを、メリット/デメリットも含め、様々な角度がらご一緒に勉強してまいりたいと思います。

目次

1.子供に掛かる費用
1.1養育費
1.2教育費
1.3教育費以外の学習費

2.学資保険とは
2.1生命保険における位置づけ
2.2学資保険の仕組み
2.3返戻率の考え方

3.学資保険の種類
3.1保障型学資保険のメリット/デメリット
3.2貯蓄型学資保険のメリット/デメリット
3.4活用のポイント

4.生命保険での学資確保
4.1貯蓄性の有無
4.2終身保険
4.3養老保険

5.明治安田生命の学資保険
5.1仕組みと特徴
5.2保険料シミュレーション

6.ニッセイの学資保険
6.1仕組みと特徴
6.2保険料シミュレーション

7.フコク生命の学資保険
7.1仕組みと特徴
7.2保険料シミュレーション

8.ソニー生命の学資保険
8.1仕組みと特徴
8.2保険料シミュレーション

9.かんぽ生命の学資保険
9.1仕組みと特徴
9.2保険料シミュレーション

10.まとめ

続きを読む

保険の見直しのポイントとタイミングと選び方を知って大きな節約を!

現在あなたがご加入なさっている保険は本当に「今のあなた」のニーズに適切で保障内容に見合った保険料が設定されているのでしょうか?

「昔、加入したまま放置している。どのような保障内容だったかよく覚えていない。」というような保険があったらぜひ見直しておくべきです。

保険には更新の際に見直すのが当然ですが、終身保険も数年おきにあるいはライフステージに大きな変化が合ったタイミングで見直しすることでいざというときに必要十分な保障を受けることが出来るでしょう。

また見直しによって保険料が節約できる場合があるので今回は保険見直しのポイントについて紹介していきます。

目次

1.保険を見直すべき理由

1.1 目的にあった保険に備えるため

1.2 保険料を節約するため

1.3 ライフステージの変化に対応するため

1.4 医療の進歩や社会の変化に対応するため

2.生命保険を見直すタイミング

2.1 結婚した時

2.2 子供が生まれた時

2.3 住宅を購入した時

2.4 子供が独立した時

3.医療保険を見直すタイミング

3.1 ライフステージの節目

3.2 収入、支出に大きな変化があった時

3.3 法律や制度・経済状況に大きな変化があった時

3.4 保険の更新時

4.学資保険の見直しをする際のポイント

4.1 返戻率の見直し

4.2 保険金の受け取り時期はいつになっているか

4.3 子供自身の医療保障特約の有無

4.4 貯蓄型と保障型のどちらが良いか?

5.生命保険見直しの3つのポイント

5.1 生命保険に加入した目的を考える

5.2 保険料を支払いすぎていないか考える

5.3 生命保険金の額が適切かどうかを考える

6.生命保険見直しを行う際のおすすめ対応

6.1 保障額が少ないとなら定期保険の上乗せや特約を付加する

6.2 保障額が多すぎるなら保険金額を減額するか優先順位の低い生命保険を解約する

6.3 生命保険料に負担を感じるなら延長保険や払済保険で対応する

7.がん保険見直しのポイントとは?

7.1 自分のニーズに合っているかどうか

7.2 保障金額をチェックする

7.3 給付条件も細かくチェックする

7.4 診断給付金で判断する

8.保険を見直す際の注意点は?

8.1 お宝保険とは

8.2 健康状態により加入できない可能性

8.3 前記型医療保険の注意点

9.生命保険の見直しで解約しても良い保険、ダメな保険

9.1 見直し時に解約してもいい生命保険

9.2 見直し時に解約してはいけない生命保険

9.3 貯蓄性の高い保険を解約させるプランナーに注意

9.4 貯蓄性の高い保険は払い済み、減額することも出来る

10.まとめ

続きを読む

生命保険に加入しにくい職業は?加入条件や審査の甘い保険会社を紹介

90%以上の人が加入しているといわれている生命保険。

生命保険に加入することによって万が一死亡した場合に家族にお金を残すことが出来て、経済的に困る家族を守ってくれます。

それ以外にも貯蓄機能や相続に関して税金を減らせたりなど何かと加入しておくとメリットもたくさんあります。

ですが生命保険はすべての人が加入できるわけではありません。

審査の中には職業があり、業務に危険の伴う職業の人は加入できない可能性が高いです。

これは保険会社によって基準が違うので複数社問い合わせることによって加入できる確率があがあります。

ではどんな職業が生命保険に加入できないのでしょうか?

生命保険が加入しにくい職業や条件、金額などをピックアップし、比較的保険の審査が甘い、保険会社をこれから紹介していきます。

もし自分が当てはまっている人も条件などを確認してこれからどうすれば良いのか参考にしてみて下さい。

目次

1.生命保険の審査

1.1 健康状態の審査

1.2 職業の審査

1.3 道徳上の審査

1.4 審査は通常1週間から2週間で結果が出る

2.医療保険の特別条件付契約

2.1 特定部位不担保

2.2 割増保険料

2.3 特定疾病不担保

2.4 保険金削減

3.生命保険に入れない職業

3.1 職業によって保険に加入できないことがある

3.2 加入するときに一定の制限を受ける職業

3.3 無職でも生命保険は入れる?

3.4 主婦や海外赴任の人は保険に加入できる?

4.生命保険に加入できる条件

4.1 加入できる年齢や上限

4.2 病気持ちでも加入できる?

4.3 治療中の場合

4.4 過去に治療していた場合

4.5 高血圧の場合

5.生命保険の審査結果での判断方法

5.1 承諾

5.2 不承諾

5.3 条件付き承諾

5.4 一度断られても再度加入可能か?

6.生命保険の審査が通らなかった場合、どうすれば良いのか?

6.1 他の保険会社にあたってみる

6.2 特定部位不担保・割高保険料の条件での加入を交渉する

6.3 引受緩和型や無選択別の保険を検討する

6.4 審査結果が悪くてもあきらめない

6.5 団体信用生命保険とは

7.審査が比較的緩いといわれている保険会社を紹介

7.1 ソニー生命

7.2 エイ・ワン

7.3 メットライフ生命

7.4 オリックス生命

8.まとめ

続きを読む

高血圧でも諦めないで!高血圧でも加入できる保険あれこれを徹底解明!

ある程度の年齢になると、日常会話の中でも頻繁に、「最近、血圧が高いって言われてて。」と言う言葉が出てきます。

それまで健康に自信があった方も、市区町村や企業が行う、定期的な健康診断の結果を見て、自分が高血圧もしくはその予備軍と知り、びっくりされる方も少なくはありません。

なぜならば、高血圧の症状は自覚しにくく、当人の知らぬところで静かに進行してしまう疾病だからです。

健康診断などで気づければ幸いなのですが、心臓血管系の疾病に倒れて、その時初めて自分が高血圧だったと知るパターンも、少なくはありません。

そんな高血圧は、様々な疾病の原因ともなり得る為、万が一に備えた生命保険に加入しようとしても、持病や既往歴と判断されてしまい、契約が成立しないケースも、多々存在します。

しかしながら、そんな生命保険加入を諦めていた方に朗報となる、高血圧であっても加入が出来る、生命保険の存在をご存知ですか。

今回は、予後を左右する情報を含め、高血圧の何たるかを知り、加入できる生命保険の情報を、ご一緒に探ってまいりたいと思います

目次

1.高血圧とは
1.1病状
1.2高血圧の上と下
1.3高血圧とされる値
1.4高血圧がもたらす疾病

2.高血圧の判断基準
2.1二次性高血圧
2.2本態性高血圧
2.3診断基準
2.4危険因子
2.5降圧剤治療の基準

3.高血圧への対策
3.1塩分選摂取量
3.2肥満改善
3.3飲酒
3.4運動
3.5カリウム摂取
3.6ストレス管理
3.7その他

4.生命保険の基礎知識
4.1主契約で見る生命保険
4.2ニーズで見る生命保険

5.告知義務
5.1告知義務
5.2告知義務違反
5.3高血圧告知のポイント

6.無選択型保険(持病があっても!終身保険)
6.1仕組みと特徴
6.2その他の商品群

7.引受基準緩和型保険(持病があっても!終身保険)
7.1仕組みと特徴
7.2その他の商品群

8.まとめ

続きを読む

入院保険は必要?給付金を受け取るための手続きなども解説

働いていてケガや病気になり、入院して働くことが出来なくなった場合、治療費はもちろん必要ですが、収入を補わなければ生活していくことが出来ません。

特に家族の場合は一家の大黒柱が病気になったら、将来の不安を感じてしまうと思います。

その時に必要になってくるのが入院保険です。

入院保険は、入院した時に給付金が出て、仕事が出来なくても最低限の収入は保障されます。

入院保険の手続きやどんな時に必要になるのかを今回は紹介していきます。

人生の転機に入院保険に加入しようと考えている方、または保険の基礎知識を知りたい方はぜひ最後までお読みいただいて今後の保険選びに役立ててください。

目次

1.入院保険とはいったいどんな保険?
1.1 入院保険とは
1.2 入院保険の給付金とは
1.3 入院保険の必要性
2.入院保険は本当に必要?それとも不要?
2.1 入院保険が必要な理由
2.2 入院保険が不要な理由
2.3 入院保険はいつから保障されるの?
3.医療保険はどんな時に必要になるの?
3.1 病院での治療を受けるとき
3.2 入院患者が増えるのは何歳くらいから?
3.3 必要になってからで入るのでは遅すぎる
4.医療保険の保険金を請求する手続き方法
4.1 医療保険を請求するタイミングは?
4.2 医療保険の手続き方法
4.3 保険会社によっては「簡易請求」もある
5.入院給付金はいくらが適切?
5.1 入院給付金っていくらにすれば良いの?
5.2 給付金の支給日数を知る
5.3 保険に特約は必要?
6.病院の診断書のもらい方
6.1 診断書の料金は?
6.2 診断書のもらい方
6.3 診断書をもらい時の注意点は?
7.入院費用が払えないとどうなる?
7.1 未払いの入院費用はどうなるのか?
7.2 入院費用を払えない場合の社会保障制度
7.3 貸付金はどうやって返済するの?
8.まとめ

続きを読む

生命保険は不要!?仕組みを知って人生設計に役立てよう

多くの人が加入している生命保険ですが、入っていると損だ!という話を聞いたことはありませんか?

生命保険って国の保険や保険会社の保険など色々あるけど、どう違うか分からない・・・。

でも、保険屋さんの熱心な話ぶりに押されて、よく分からないまま契約してしまった、という方もいらっしゃると思います。

しかし、いざ毎月保険料を支払うと意外にも家計を圧迫してしまい、「本当に生命保険が不要なら、解約したいな。」と悩んでしまうものです。

生命保険が本当に不要かどうかは、一人一人の人生設計によって違います。

今回は、生命保険を仕組み、不要という方の意見を解説した上で、あなたの人生設計に、本当に生命保険が必要かどうかを一緒に考えていきたいと思います。

目次

1.生命保険ってなに?

1.1保険の基本は「相互扶助」

1.2生命保険は人の死への備え

1.3公的保険との違い

2.生命保険の種類

2.1掛け捨て型

2.2貯蓄型

2.3両方の性質をもった養老保険

2.4様々なオプション(特約)

3.最近の生命保険の相場は?

3.1生命保険は3つ予測を元に設定される

3.2予定死亡率

3.3予定利率

3.4予定事業費率

3.5毎月かかる保険料は平均1.64万円

4.生命保険不要論とは

4.1貯蓄型保険より普通に貯蓄がいい

4.2生命保険は早く入るほど損!?

4.3日本は公的保険制度が充実

4.4必要な時、必要な保険に入る

5.それでも生命保険が必要と言われる理由

5.1節税効果は生命保険ならでは

5.2生命保険は人生設計がしやすい

5.3公的保険制度も変わるリスクがある

5.4現在の保険加入状態

6.生命保険が不要か人生設計で考える

6.1貯蓄ができるなら不要

6.2健康状態に自信があるなら不要

6.3養う家族がいないなら不要

6.4他の保険に入っているなら不要

7.まとめ

続きを読む

生命保険料控除の上限っていくら? 節税は税の仕組みを理解することから!

毎年、年末になると会社から配布される、年末調整の書類。

「毎年何のために生命保険料控除をするんだろう?」「上限って、いくらなの?」、わからずに書いている人も多いハズ。

書類の記入を、経理課や給与センターの人に代行してもらっている・・・なんて人もいるのでは?

税に対する知識がないと、払わなくてよいものも払うハメになります。

所得の仕組みをしっかり学んで、生命保険料控除の上限ギリギリまで控除し、少しでも税負担を軽くしましょう。

今年の年末調整は、もう困りません!

目次

1.知らない者は、損をする!税のしくみを理解しよう

1.1「所得」と「給与」の違い、知ってた?

1.2自分の「所得」はいくら?源泉徴収票の見方

1.3知らない者は、損をする

2.所得税と住民税の仕組み

2.1住民税と所得税は、「所得」にかかる!

2.2所得税の計算の仕方

2.3収入がなかったことになるワザ、それが所得控除

3.年末調整って何のために行うもの?

3.1年末調整で提出する「生命保険料控除」って、何ですか?

3.2保険料控除区分は3種類!自分の保険は、どれに入る?

3.3生命保険料控除の上限は、いくら?

4.今年の年末調整はもう、困らない!実際の記入方法をマスターしよう

4.1年末調整の生命保険料控除に必要なもの

4.2「給与所得者の保険料控除申告書」記載例

4.3実際に記入するのは、どこ?

5.生命保険料控除の上限は、新旧制度の違いも抑えるべし

5.1新制度・旧制度って、何?

5.2生命保険料控除の上限額、新旧制度でどう違うの?

5.3新旧どちらも加入している場合は、どうなるの?

6.みんなも困った!生命保険料控除に関するQ&A

6.1妻が契約者で夫が保険料の支払いをしている場合、夫の控除対象となりますか?

6.2途中で解約して、解約一時金を受け取った場合はどうなるの?

6.3生命保険料控除証明書を失くしてしまった・・・どうしたらいい?

7.まとめ

続きを読む

保険加入前に!生命保険、がん保険加入でも受けられる“控除”とは?

今や、日本人の2人に1人が死ぬまでにかかると言わている「がん(悪性新生物)」ですが、なんと年間約37万人もの方が亡くなっています。年齢別に見ても、40歳代〜80歳代までと幅広く死因の第1位を「がん」が独占しています。

この、誰もがなりうる可能性のある病気について、保険に加入して備えている方は多いのではないでしょうか?「がん保険」は、そんながん治療への備えに特化した医療保険です。

また、「がん保険」と合わせて、がん以外の傷病についての入院や通院治療に備えた「医療保険」、万が一の死亡保障を備えた「生命保険」、さらに将来の年金生活への貯蓄「個人年金」、子どもの学費を補う「学資保険」など様々な保険があり、日本では約80%もの方が公的保険だけに頼るのではなく、「生命保険」に加入しているのです。

そんな様々な「生命保険」ついて、まず保険に加入することが先決なのですが、保険加入後に税制優遇を受けられることを知っていましたか?その税制優遇の中で、保険契約者であれば毎年関わってくるのが、「生命保険料控除制度」です。

また「生命保険料控除制度」については、加入を検討している段階から深く関わり、賢い保険選びに繋がることもあるのです!ここでは、そんな加入前に知っておきたい「生命保険料控除制度」について詳しくご紹介していきます。

近年、保険は営業からの提案を受けて加入するのではなく、自分で調べて加入する時代になってきました。ネット販売や、代理店での保険加入が増えているからこそ、自ら保険にまつわる事柄について調べ、知っておかなければならないのです。

また、保険の見直しを考えている方でも、目先の保険料節約のために大切な保障を削ってしまう前に、「生命保険料控除制度を最大限に利用できているか。」について見直してみてはいかがでしょうか?

目次

1.生命保険料控除とは

1.1.控除を受けられる人

1.2.控除の対象期間

2.生命保険料控除の対象となる保険

2.1.一般生命保険料控除

2.2.介護医療保険料控除

2.3.個人年金保険料控除

2.4.対象外の保険

3.生命保険料控除、新・旧制度の違い

3.1.旧制度の生命保険料控除

3.2.新制度の生命保険料控除

3.3.新制度と旧制度の混在契約

4.生命保険保険料控除の計算

4.1.一般生命保険

4.2.介護医療保険

4.3.個人年金保険

5.生命保険料控除を受ける

5.1.会社員やパートタイマー

5.2.申告書の書き方

5.3.自営業者

6.保険料控除を受ける際の注意

6.1.控除証明書の紛失

6.2.保険料が給与天引きの場合

6.3.保険料が月払いでない場合

6.4.申告を忘れてしまったら?

7.医療費控除とは

7.1.医療費控除とは

7.2.医療費控除額

7.3.保険金と医療費控除

7.4.申請方法

8.まとめ

続きを読む

生命保険は必要?家庭別の生命保険の必要性と目的を解説

生命保険は万が一死亡した場合に、家族にお金を残すための保険ですが中には「生命保険は不要だ!」という方もいらっしゃいます。

ですが生命保険には、遺族にお金を残すためのものではなく、貯蓄機能や相続、節税などの機能もあります。

なので独身であったり、若い人であっても実は生命保険を活用できるケースや活用した方が良いケースというのがあるのです。

なので今回は、生命保険が必要な人や不要な人はどんな人なのかを紹介しながら、実は不要と見えるけれども生命保険に入っていたほうがお勧めする生命保険の必要性について紹介していきます。

目次

1.生命保険は本当に不要なのか?

1.1 必要なのか不要なのかを判断するには生命保険の役割を知る

1.2 自分の収入っで家族の生活を支えている人は生命保険が必要不可欠

1.3 生命保険が不要な人のケースを紹介

1.4 世の中の多くの人は生命保険が必要

2.生命保険が不要な人でも生命保険を活用できるケース

2.1 老後資金を貯めるために活用する

2.2 相続税対策として活用する

2.3 遺産を確実に渡すために活用する

3.生命保険に加入時と非加入時のシミュレーション

3.1 元気で老後まで暮らせた場合のシミュレーション

3.2 ご主人様に万が一あった場合のシミュレーション

3.3 生命保険に加入していた場合のシミュレーション

3.4 生命保険は万が一の時の家族の生活を守るために絶対に必要

4.生命保険の必要額の目安はどのくらい?

4.1 必要保障額とは?

4.2 生命保険必要額を実際に計算してみた

4.3 必要保障額が分かることで他のことにお金が回せる

5.妻には生命保険は必要?不要?

5.1 妻の生命保険の必要性と選び方を紹介

5.2 子供のいない家庭の場合の妻の生命保険の必要性

5.3 子供のいる家庭の場合の妻の生命保険の必要性

6.50代から生命保険を見直すポイントを徹底解説

6.1 50代の生命保険加入者の実態

6.2 生命保険で必要な保障額はどのくらい?

6.3 保険見直しのポイントとは?

7.独身の方が生命保険に加入する必要性

7.1 本当に独身でも生命保険に加入したほうが良いの?

7.2 独身で貯蓄があれば保障は不要?

7.3 生命保険選びのポイント

8.まとめ

続きを読む

厚生労働省の定める「先進医療」実績の多い技術内容と、落とし穴!?

保険会社のCMなどで、「先進医療」という言葉を耳にしたことがありますか?

CMなどで「先進医療」は高額だというイメージを持っている方も多くいらっしゃることでしょう。しかし、本当に「先進医療」を受けるには高額な医療費がかかるのでしょうか?

また、自分や家族が病気やケガをした時、治療を受けるなら最先端の治療が良い!ということは誰もが思うはずです。その万が一の時「先進医療」を受けられるように、保険で備えているという方もいらっしゃると思います。しかし、本当に「先進医療」は最先端の優れた治療なのでしょうか?

「先進医療」については、理解が足らず誤った認識をしている方も多く、注意しなければならないポイントいくつもあるのです。ここでは、そのぼんやり認識していた「先進医療」について、はっきりした認識を持って頂けるような内容となっています。

これを見て頂けている方は、保険加入や見直しを考えていて「先進医療特約」の必要性を考えている、またはご自身やご家族の治療として「先進医療」を受けようと調べている場合が多いのではないでしょうか。ぜひ、この記事を読んで「先進医療」を知ることで、広告などに惑わされない保険選びを、そして傷病治療の予備知識として役立ててください。

目次

1.厚生労働省の認める先進医療とは

1.1.先進医療とは

1.2.費用は全額自己負担

1.3.先進医療の種類

1.4.先進医療の実施医療機関

2.先進医療とその他の療養制度

2.1.先進医療を受けるには

2.2.混合診療

2.3.評価療養と選定療養

2.4.保険外併用療養制度

3.先進医療の実績報告

3.1.実績報告データの推移

3.2.実施件数の多い技術内容とは

3.3.先進医療の技術料

4.白内障治療での先進医療

4.1.白内障の主な治療法

4.2.多焦点眼内レンズとは

4.3.水晶体再建術

5.がん治療での先進医療

5.1.がんの主な治療法

5.2.陽子線治療

5.3.重粒子線治療

5.4.先進医療の対象部位

6.先進医療にまつわる落とし穴

6.1.先進医療は最先端の優れた医療ではない

6.2.先進医療は高額なのか?

6.3.高額療養費制度と先進医療

7.保険の先進医療特約

7.1.先進医療特約とは

7.2.先進医療特約の必要性

7.3.自由診療に備える保険

8.まとめ

続きを読む

年末調整を視野に、保険料控除上限を知って、お得に生保をフル活用しよう!

毎年10月に入ったころから、契約中の保険会社からお手元に、「保険料控除証明書」が送られて来るかと思います。

それを目にすると「もう今年も終わりか」と言う思いと、「年末調整の資料を揃えなきゃ」という思いが頭に浮かびます。

ちょっとした、季節の風物詩と言ったところでしょうか。

しかしながら、保険会社から送付される書類や葉書などは、難解で面倒なのですぐに開封せずに、ついつい後回しにしてしまいがちです。

でも、少々お待ちください。

皆さんご存知のように、保険会社から送付される「保険料控除証明書」は、年末調整に活用すると、還付金が受け取れる可能性がとても大きいのです。

しかしながら、控除対象と認められる保険料には、必ず条件が設けられています。

これを知れば、「いくらの保険料で、どこまでの保障を求めるか。」と言った、保険選びの基礎知識が得られるので、保険選びがより一層スマートになること請け合いです。

そこで今回は、生命保険料控除額の上限を知って、いくらまでの保険料であれば還付が望めるのかを、ご一緒に見てまいりたいと思います。

目次

1.年末調整とは
1.1概要
1.2対象者
1.3控除の種類

2.確定申告との違い
2.1概要
2.2対象者

3.生命保険料控除とは
3.1概要
3.2新旧対比表
3.3生命保険料控除限度額

4.控除対象となる保険とは
4.1生命保険
4.2介護保険
4.3個人年金保険

5.生命保険料控除額とは
5.1適用限度額イメージ
5.2生命保険料控除額(新契約)
5.3生命保険料控除額(旧契約)
5.4生命保険料控除額(新/旧契約)

6.シチュエーションで見る保険料控除
6.1契約者が妻の場合
6.2年の途中で解約/一時金受取をした場合
6.3元妻が受取人になっている場合

7.申告書の書き方
7.1使用する書式
7.2生命保険料
7.3介護保険料
7.4個人年金保険料
7.5添付書類

8.まとめ

続きを読む

保険料控除を活用して税金を安くするための節税テクニック

生命保険料や地震保険料を支払っている場合、生命保険料控除・地震保険料控除の手続きをすると、払い込んだ保険料によって一定の金額がその年の所得から差し引かれます。

税率をかける前の所得が低くなることで所得税と住民税の負担が軽減されるので所得税と住民税が安くなる税法上の特典となります。

なので生命保険料控除の申請方法や条件を知って少しでも税金を安くしておきましょう。

目次

1.それぞれの保険料控除

1.1 生命保険料控除とは

1.2 地震保険料控除とは

1.3 社会保険料控除とは

1.4 保険料控除はいつ手続きするの?

1.5 生命保険料控除の効果

2.生命保険料控除の種類

2.1 一般生命保険料控除

2.2 介護医療保険料控除

2.3 個人年金保険料控除

3.それぞれの保険料控除の対象となる条件や期間

3.1 生命保険の控除の対象となる期間や条件

3.2 社会保険料控除を受けるための条件

3.3 対象となる社会保険料

4.生命保険料控除の控除額の上限と計算方法

4.1 新契約の場合の生命保険料控除の計算方法

4.2 旧契約の場合の生命保険料控除の計算方法

4.3 新契約・旧契約の両方の場合の生命保険料控除の計算方法

4.4 生命保険料控除は契約日によって異なる

4.5 生命保険料控除の限度額は12万円

5.生命保険料控除を活用するポイント

5.1 控除は契約者ごとに受けられる

5.2 契約者と保険料を支払う人が異なる場合

5.3 生命保険料控除の申告方法の違い

5.4 生命保険料控除の確定申告に必要な書類

6.それぞれの保険料控除証明書の書き方

6.1 生命保険料控除の書き方

6.2 地震保険料控除の書き方

6.3 社会保険料控除の書き方

7.共働きの年末調整や生命保険控除はどうすれば良いのか?

7.1 共働きの場合の生命保険料控除はどうする?

7.2 生命保険料控除は夫婦で振り分けて申告しても良いのか?

7.3 フルタイムで働く妻は自分で生命保険料控除を受けるのがお勧め

8.年末調整で保険料を控除できなかった場合

8.1 生命保険料控除の申告書類の申請期限はいつまでに提出する?

8.2 保険料控除のし忘れ、書き忘れ、追加を確定申告でできる

 8.3 確定申告に控除をし忘れてしまったらどうなるの?

 8.4 働き口が変わって旧職場の期限内に源泉徴収票を受取れない場合はどうなる?

9.まとめ

続きを読む

高度先進医療に対する備えは必要? 生命保険の特約は、つける価値アリ!?

医学が発達するに伴い、保険診療ではない高度先進医療や自費診療が増加しています。

もし、あなたや家族が高度先進医療の適応と言われたら、どうしますか?

高額な治療費を、用意できますか?

高度先進医療の基本から費用体系、意外に多い身近な歯科・眼科領域の対象疾患までまとめて紹介します。

生命保険に先進医療特約をつけるかお悩みの方、必見です!

目次

1.高度先進医療って何なの?

1.1高度先進医療と、民間療法との違い

1.2高度先進医療の医療費は保険+自費の総額

1.3高度先進医療の種類と全国の指定医療機関の一覧

2.高度先進医療でよく耳にする陽子線って、どんな治療方法!?

2.1陽子線治療の特徴

2.2陽子線治療の実際の流れ

2.3陽子線治療の適応

3.誰もが受けられるわけじゃない!?陽子線治療の実際

3.1陽子線治療の適応、例えば肝臓ならこうなる

3.2陽子線治療にかかる費用は、200万!?

3.3陽子線の治療成果は「90%が消失または縮小」、生存率は?

4.歯科領域の高度先進医療、バイオリジェネレーション法って?

4.1驚愕の事実、現代人の7割以上は歯周病!

4.2歯周病による骨の欠損を再生!!バイオリジェネレーション法

4.3気になるバイオリジェネレーション法の費用は?

5.高度先進医療を受けるなら、眼科領域の可能性が最も高い?

5.1白内障治療の高度先進医療、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術

5.2多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術は、クリニックで受けられる!?

5.3多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術、気になる費用は?

6.高度先進医療特約は、果たしてお得なのか?

6.1高度先進医療特約をつけると、保険料はどのくらい上がるのか?

6.2特約だけの契約はできません!医療保険から加入の是非を考えるべし

6.3先進医療を受ける可能性・受けられる可能性は?

7.まとめ

続きを読む

先進医療の種類と費用を知って、療養費の不安を解消しましょう!

「先進医療=最先端医療技術」

皆さん、このようなイメージを持たれていませんか?

勿論、それもあながち間違いではないのですが、実は先進医療には厳密な規定が厚生労働省によって定められています。

受診可能な医療機関が限定されていたり、思ってもみなかった治療法が先進医療に含まれていたり、知れば知るほど驚くことばかりなのです。

そして一番の驚きは、先進医療が全額自己負担と言う厳しいルールです。

これから治療に臨む患者さん、それを支えるご家族の心痛はいかばかりかと思う状況に、まるで追い打ちをかけるかのごとく、治療費と言う大きな負担がのしかかるのです。

こんなことをお聞きになると、不安ばかりが募ってしまうことだと思いますが、一度冷静になってみましょう。

いかなるリスクに対しても言えることですが、闇雲に恐れるのではなく、正しい情報を事前に入手しておけば、備え方も見えてまいります。

そこで今回は、先進医療とは一体どのような種類があり、いくら用意しておけばいいのかと言った情報を交え、先進医療に対するリスクマネージメントに関して、ご一緒に見てまいりたいと思います。

目次

1.先進医療とは
1.1先進医療の歴史と理念
1.2先進医療の実績

2.先進医療の種類
2.1先進医療A
2.2先進医療B

3.疾病別に見る先進医療の種類
3.1がん/悪性腫瘍/悪性新生物に関する技術
3.2歯/口腔に関する技術
3.3検査/試験/診断に関する技術
3.4先天疾患に関する技術
3.5その他の医療技術

4.先進医療を受けるには
4.1実施可能な医療機関
4.2先進医療受診の流れ

5.先進医療に掛かる費用
5.1自己負担額
5.2保険外併用療養費
5.3費用例

6.公的保障制度
6.1保障の種類
6.2ケース別に見る保障の実情

7.先進医療に備える保険
7.1医療保険の仕組みと特徴
7.2先進医療対応の終身医療保険

8.まとめ

続きを読む

先進医療の一覧とは?治療方法から医療機関まで徹底解説します!

先進医療という言葉を聞いたことはありますか?

もしかしたら、医療保険を契約する際に耳にしたことがあるかもしれません。

しかし、先進医療とはどんな医療?と聞かれると、答えられるでしょうか。

先進医療とは厚生労働省が認めた医療行為であり、その種類は毎年異なります。

この記事では、そんな先進医療の治療方法から、先進医療を受けることが出来る医療機関を解りやすく解説します。

意外に身近な治療も先進医療に入っているかもしれません。

この記事を読んで、先進医療とはどんな医療なのかを理解して、万が一に備えましょう。

目次

1.先進医療の概要

1.1普通の医療とどう違う?

1.2先進医療=新しい、有効と認められた医療

1.3先進医療の安全性

1.4先進医療を受ける方法と税金の控除

2.先進医療の一覧について

2.1病院の技術AB

2.2先進医療の一覧

2.3先進医療は病気の症状なども関係

3.先進医療を実施する病院の一覧について

3.1病院の一覧

3.2先進医療を受ける病院の探し方

3.3先進医療の更新で「先進医療」を受けられなくなるケース

4.先進医療の負担費用は?

4.1先進医療の費用は全額自己負担

4.2先進医療の種類ごとにかかる費用

4.3保険外療養併用制度について

4.4高額療養費制度で負担を減らす

5.特約付の医療保険で先進医療を受けられる

5.1先進医療付き医療保険とは

5.2先進医療付き医療保険にかかる費用

5.3先進医療付き医療保険で保障される治療費

5.4特約付きがん保険の場合は一部のがん治療が対象

5.5先進医療の特約は後付けが難しい

6.先進医療の保険に入った方がいい?

6.1特約のない医療保険加入者は貯蓄もアリ

6.2先進医療の一部も、一般診療になる

6.3先進医療の多い病気

6.4両方の保険に入った場合のメリット

6.5先進医療で一番利用されている治療

7.まとめ

続きを読む

結婚後の保険の見直しが急増中!?最適な生命保険の選び方を解説

大きな転機となるのが結婚であり、結婚は第2の人生ともいえるでしょう。

なぜなら自分中心の生活から子供や大切なパートナーが中心となった生活をこれから送っていくからです。

その中でも結婚後に保険に加入するという方も沢山います。

それは自分を守ることから家族を守ることに考え方がシフトしていくからです。

今回は結婚後にどのような保険に入るのがお勧めなのか、保険の見直しのポイントを分かりやすく紹介していきます。

目次

1.そもそも生命保険とはどんな保険か理解しよう

1.1 生命保険の定義とは

1.2 生命保険の種類は?

1.3 どのくらいの人が生命保険に加入している?

2.生命保険に加入するメリットは?

2.1 万が一の事態に備えられる

2.2 保険次第では保険金が必ず受け取れる

2.3 保険次第では解約時に返戻金が発生するので貯蓄できる

3.生命保険に加入するデメリット

3.1 終身保険の場合は保険料が高い

3.2 定期保険は保険金が受け取れない可能性がある

3.3 保険次第では解約時に返戻金が発生しない

4.結婚したらなぜ保険の加入・見直しをするのか?

4.1 結婚直後に保険に入りたい人は半分以上

4.2 結婚したら必ずしも保険に入らなければいけないというわけではない

4.3 保険に入る本当の意味は「生きるお金」を考えること

5.結婚後の保険の見直しする流れを説明

5.1 まずはお互いの加入状況を確認する

5.2 将来子供が何人欲しいのか?など結婚後のライフプランを考える

5.3 万が一の時はどのくらいのお金が必要なのか考える

5.4 二人の家計に合った保険料を考える

6.結婚後の生命保険の手続きは?

6.1 名義変更の手続き

6.2 結婚による改姓のための改印の手続き

6.3 結婚によって住所が変わった場合は?

6.4 銀行口座の名義変更も必要

7.結婚後に生命保険へ加入する時の選び方

7.1 夫婦のどちらも共働きのケース

7.2 結婚後に妊娠が分かったケース

7.3 生命保険を選ぶ際は比較を絶対に行う

8.結婚後の生命保険でおすすめの保険は?

8.1 結婚後も共働きのケース

8.2 結婚後に妻が専業主婦のケース

8.3 結婚時に子供がいるケース

9.結婚後に生命保険を解約する時の注意点は?

9.1 生命保険を解約する時の解約返戻金とは?

9.2 生命保険を解約するときの解約返戻金の3つの形は?

9.3 解約返戻金の計算方法は?

10.生命保険を解約するときの手順

10.1 生命保険の解約に必要な書類は?

10.2 生命保険会社のコールセンターに電話をして解約する

10.3 生命保険を解約せずに保険料を抑える方法

11.まとめ

続きを読む

生命保険でお悩みの方必見!生命保険の必要性を見極めるコツを大公開!

死亡時に残された家族に資産を残すことができる生命保険。

家族のためにしっかりと備えをしている方がいる一方で、「どれくらいの保障額が必要なのかわからないから・・・」「そのうち考えればいいかな・・・」「生命保険の必要性がわからない・・・」などと保留にしてしまっている方も多いことでしょう。

生命保険の必要性や保障額というのは実は正解がなく、家族構成や年代などによっても大きく変化してきます。

それゆえに考え始めると、泥沼にはまってしまい、結局「考えるのはまた今度」となってしまうケースが非常に多いんです。

しかし、そうは言っても生命保険の必要性や保障額を考える上での一定の基準やコツは存在します。この記事では、それらを徹底的に解説していきます。

今度は泥沼にはまらずに生命保険の必要性をじっくり考えることができるはず!保険の見直しにも活用できるので、「すでに生命保険に入っているけれど毎月の保険料が苦しいわ!」という方もぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

1.生命保険とは

1−1.貯蓄と保険の違い

1−2.死亡率ってどれくらい?

2.一家の大黒柱が亡くなったら家族はどうなる?

2−1.遺族年金とは

2−2.持ち家あり・なしで変わる家族の運命

2−3.教育資金はどれくらいの備えが必要?

3.独身者の生命保険

4.家族ができたら・・・?

4−1.結婚のタイミングでの保険の選び方のコツは?

4−2.子どもが生まれるタイミングでの保険の選び方のコツは?

5.退職後の生命保険

6.生命保険にはこんな使い方も!生命保険の意外な役割とは?

6−1.老後資金の貯蓄

6−2.相続時の節税対策

6−3.相続時の「争族」対策

7.生命保険が必要な人・不要な人

7−1.生命保険が必要な人

7−2.生命保険が不要な人

8.まとめ

続きを読む

いざという時に慌てない!傷病手当金の条件を知って、就業不能に備えよう!

今は元気で想像だにしていなくても、いつどんな疾病に罹患するか、突然の事故に見舞われるか、その可能性は決してゼロではなく、また予測の立てようもありません。

これらの状況に追い込まれた時、多くが療養に時間を費やし、会社を休職したり、退職せざるを得ない局面などを迎えます。

当然、それまで受け取れていた給与は減滅するばかりでなく、更に療養費などがかさみ、心身ともに不安に苛まれることも想像に難くありません。

皆さんは、そんな状況をサポートする為に設けられている「傷病手当金」の存在を、ご存知ですか?

今回は、傷病手当金の支給条件や支給額などの情報を細かくチェックして、「公的保障+α」で就業不能状態に備える方法を、ご一緒に見てまいりたいと思います。

目次

1.医療保険とは
1.1医療保険の種類
1.2私的医療保険
1.3公的医療保険

2.公的医療保険とは
2.1公的医療保険の種類
2.2公的医療保険で受けられる保障

3.傷病手当金とは
3.1支給条件
3.2支給期間
3.3支給額
3.4継続給付
3.5支給停止(支給調整)

4.傷病手当金申請方法
4.1自身で記入する書類
4.2事業主の証明
4.3療養担当者の意見書
4.4添付書類

5.保険商品での備え
5.1就業不能状態への備え方
5.2特徴

6.ライフネット生命/働く人への保険2
6.1特徴
6.2プラン
6.3保障内容
6.4注意点
6.5保険料シミュレーション

7.チューリッヒ生命/くらすプラス
7.1特徴
7.2保障内容
7.3保険料シミュレーション

8.アフラック/給与サポート保険
8.1特徴
8.2保障内容
8.3保険料シミュレーション

9.T&Dフィナンシャル生命/働くあなたにやさしい保険
9.1特徴
9.2プラン別契約シミュレーション

10.まとめ

続きを読む

社会保険に加入している会社員は、これで安心!?もしものときの休業補償

社会人なら、「社会保険」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

求人広告にもよく「社会保険完備」と書かれているのを目にすることがありますよね?

けれども、保険料を支払っている会社員でも、社会保険とは何か理解している人は少ないのでは?

そこで、社会保険の基本から、病気やケガで休業したときに使える休業補償をやさしく解説します。

給与から天引きされる社会保険料でどんな休業補償を受けられるのか、これで完璧!!

目次

1今さら聞けない社会人の常識、社会保険ってどんな保険?

1.1社会保険って、そもそも何?

1.2健康保険に労災保険、雇用保険・・・対象はどう別れるの?

1.3健康保険と労災保険、同じ治療でも何が違うの!?

2社会保険で病気になったときに受けられる休業補償は、何があるの?

2.1健康保険で受けられる給付はこの5つ!使える休業補償は何?

2.2労災保険で受けられる給付はこの6つ!ただし難易度高!?

2.3どうしても辛くて退職してしまった場合は・・・雇用保険で休業補償!

3社会保険に加入しているなら、まずは傷病手当金で休業補償を受けよう

3.1傷病手当金とは、どんな制度?

3.2傷病手当金の支給条件、ポイントは「待機3日間」

3.3傷病手当金が支給される期間は、意外に長い?

4労災保険は、どんな補償が受けられるの?

4.1労災給付の枠組み

4.2労災保険なら費用負担ゼロ!?

4.3業務上の病気・ケガか、そこが問題

5障害を抱えて長期に仕事ができなくなったら?使える制度は何がある?

5.1障害を抱えた場合は休業補償ではなく、障害年金を検討しよう

5.2会社員は、障害年金も2階建て!!

5.3障害年金の請求と給付は、高い壁!?

6急増しているうつ病を始めとしたメンタルヘルスの問題、社会保険でどう対応する?

6.1パワハラが原因のうつ病を労災として申請したい!労災保険の認定基準は?

6.2労災と認められるのは、1/4未満!?

6.3ようやく労災に認定、電通社員の過労自殺

7まとめ

続きを読む