医療保険

出産費用の支払いを大きく節約するテクニックを分かりやすく公開

赤ちゃんが出来ていたことを知った時、大きな喜びと、これから親になるという戸惑いが入り混じったような気持ちになると思います。

旦那さんも奥さん、子供など大切な人を支えていかなければ行けませんし、奥さんも親になり育児をしなければいけないという意識が徐々に芽生えてくるでしょう。

ですが実際に赤ちゃんが出来たのはうれしい事だけどその費用にかかる金額って知っていますか?

出産間近に迫って「え!?こんなにお金かかるの!?」と、慌てないようにしっかりと出産費用を節約する方法を学んでいきましょう。

出産するときの費用の流れやお得にする方法を知れば、精神的にも負担が少なくなりますし、出産に集中することが出来ます。

なので出産費用にかかる支払いやどのようにして、安く支払っていくのかしっかりとマスターしていきましょう。

目次

1.出産費用の支払いの平均相場は!?

        1.1 まずは出産費用の内訳を知っておこう

  1.2 入院日数の変動で平均費用は変わる

  1.3 出産費用の支払いは他にもかかる

  1.4 出産費用の支払いは保険が無効

2.どのようにして出産費用を支払っているのか

        2.1 貯金を切り崩しての支払い

        2.2 両親から借りる

        2.3 クレジットカードやカード枠を使う

  2.4   消費者金融で借りる

3.出産でもらえるお金の種類を知って出産費用を節約する

  3.1   出産手当金

  3.2   傷病手当金

  3.3   出産育児一時金

  3.4 医療保険

4.出産手当金を申請する流れ

       4.1 出産手当金を受け取れる条件は

      4.2 出産手当金を受け取れる期間

   4.3 支給額や計算方法をマスターしよう

5.傷病手当金の申請する流れを解説

   5.1   傷病手当金の支給条件や受け取れる金額はどのくらい

   5.2  傷病手当の申請方法をマスター

   5.3   傷病手当金の注意点とは

6.出産一時金で出産費用を抑えるための申請方法とは

      6.1 出産育児一時金は1人42万円もらええる

      6.2 出産育児一時金をもらうための条件

   6.3 出産育児一時金を受取る時期や受け取り方法

7.出産の支払いで医療保険は適用される

    7.1   医療保険が適用される種類

    7.2  医療保険が適用される出産費用

    7.3  医療保険に入るタイミング

8.出産費用を支払うときは医療保険を活用するポイント

    8.1   医療保険が適用される出産費用の範囲を知る

    8.2   医療保険に加入するなら27週目までに申し込む

    8.3   産後に医療費控除も申請しておく

9.医療費控除の申請の流れ

  9.1   出産時に医療費控除の対象になるものとならないものを知る

  9.2   医療費控除のメリット

  9.3   申請してから返付金を受け取るまでの流れ

10.その他助成金や出産祝い金など受け取れるお金

  10.1  妊婦検診の助成金

  10.2  出産手当の助成金

  10.3  出産祝い金

  10.4  育児休業給付金

11.まとめ

続きを読む

国民健康保険の出産一時金を正しく知って、妊娠/出産の経済的不安を解消しましょう!

待望の赤ちゃんを授かる幸せは、何物にも代えがたく、言葉では言い表せないものなのかもしれません。

しかしながら、そんな幸せな時間を迎えるにあたり、目をつぶって通り過ぎることが出来ないのが、出産費用です。

妊娠/出産も、「医療機関に通院/入院をする=医療費3割自己負担」だと、勝手に思い込んでいませんか?

実は妊娠/出産は疾病とはみなされていないため、全額自己負担を強いられることをご存知でない方は、少なくはありません。

「当事者になってみて初めて知る」と言った類の情報であることも、確かなのです。

しかしながら、ご安心ください。

そんな出産の経済的負担を軽減すべく、「出産育児一時金」と言う公的制度が、実は存在しています。

今回は、国民健康保険加入者が受けられる、出産一時金を含めた、出産に関わる様々な保障制度を、ご一緒に見てまいりましょう。

目次

1.国民健康保険とは
1.1公的医療保険の種類
1.2受けられる保障の種類
1.3医療費支払に活用出来る制度

2.出産育児一時金とは
2.1支給額
2.2申請方法

3.出産育児一時金直接支払制度とは
3.1仕組み
3.2申請方法

4.出産育児一時金受取代理制度とは
4.1仕組み
4.2申請方法

5.海外出産における出産育児一時金とは
5.1支給条件
5.2注意点と申請方法

6.海外療養費とは
6.1支給条件と必要書類
6.2注意点

7.産科医療補償制度とは
7.1目的と仕組み
7.2補償の対象と条件
7.3補償金額
7.4申請方法

8.妊娠/出産で活用すべき手段
8.1その他の公的制度
8.2私的制度

9.まとめ

続きを読む

出産一時金を申請するにはどうすれば良いの?詳細に解説します!!

ようやくご夫婦の間に授かった我が子。これから生まれてくる我が子への期待や、喜びそして不安は、特に母親となる奥様が一番感じていることと思います。

無事に子が生まれてきてくれるか、という不安が最も大きいことでしょう。しかし、その他に心配なことは出産にかかわる金銭的な負担です。

妊娠や出産は病気やケガではなく、健康保険の適用外となります。これは民間の医療保険も同じことです。もちろん帝王切開をはじめとした異常分娩の場合は、どちらも活用できます。

では正常分娩の場合に、何ら金銭的なサポートが受けられないのでしょうか?

結論から言えば、そうではありません。健康保険、国民健康保険等に加入していれば請求できる、頼もしい金銭的サポート制度があります。

それが、「出産(育児)一時金」制度です。この制度を活用すると、一時金としてまとまったお金が支給されます。

非常に頼もしい制度と言えますが、条件によっては、受け取る金額も異なり、また、受け取る方法によっても手続き過程に違いがあります。

そこで今回は、出産(育児)一時金の内容と条件、申請方法、そして出産(育児)一時金以外に頼りになる制度を説明します。

この記事を読めば出産(育児)一時金の基本的な知識と、出産を迎えたご夫婦が金銭的サポートの準備をする際、有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.出産一時金について

  • 1-1.出産一時金とは
  • 1-2.出産一時金の内容
  • 1-3.出産一時金の条件
  • 1-4.受け取り方法は数種類?

2.出産一時金の請求方法その1

  • 2-1.直接支払制度とは
  • 2-2.請求方法の流れ
  • 2-3.必要書類について

3.出産育児一時金の請求方法その2

  • 3-1.受取代理制度とは
  • 3-2.請求方法の流れ
  • 3-3.必要書類について

4.出産一時金の請求方法その3

  • 4-1.産後申請方式とは
  • 4-2.請求方法の流れ
  • 4-3.必要書類について

5.出産一時金の請求方法その4

  • 5-1.退職した方の申請方法とは
  • 5-2.退職後6ヵ月以内に出産する場合
  • 5-3.退職後に他の健康保険へ申請をする場合

6.出産一時金の他に知っておきたい制度

  • 6-1.医療費控除とは
  • 6-2.出産費貸付制度とは
  • 6-3.出産手当金とは
  • 6-4.産科医療補償制度とは

7.まとめ

続きを読む

5人に1人が帝王切開?!出産にまつわるお金の不安を生命保険で解消しましょう!

少子高齢化が進む中、出生率がじわじわと下降していることは、周知の事実です。

犯罪者の低年齢化や発生率の増加、核家庭による子育ての不安、教育機関における陰湿ないじめなど、悲しいことに様々な要因が、子供を生み育てる事を躊躇させてしまうと言っても、大げさではないでしょう。

中でも大きな要因として挙げられるのが、一子を妊娠/出産から成人に育て上げるまでの経済的負担です。

とりわけ妊娠/出産は、疾病とはみなされていないため、実費負担を強いられます。

そんな心身共に大きな負担が生じる出産ですが、近年5人に1人の妊婦さんが、帝王切開出産となっていることをご存知ですか?

そこで今回は、帝王切開を含めた妊娠/出産に対する経済的不安を解消するための情報と、その強力なバクアッププランとしての生命保険を、見てまいりたいと思います。

目次

1.近年に見る女性疾病
1.1女性の入院率
1.2女性の入院要因

2.帝王切開とは
2.1出生数における帝王切開数
2.2絶対的適応
2.3相対的適応
2.4社会的適応

3.妊娠から出産までの費用
3.1平均的な分娩費用(都道府県別)
3.2帝王切開での分娩費用
3.3分娩費用内訳
3.4赤ちゃんに掛かる費用
3.5オプションに掛かる費用

4.公的医療保障制度の活用
4.1出産育児一時金
4.2高額医療費
4.3妊婦検診補助
4.4医療費控除
4.5乳幼児医療費助成制度
4.6児童手当

5.社会保険制度の活用
5.1社会保険料の免除
5.2育児休業給付金
5.3出産手当金

6.女性保険とは
6.1しくみと特徴
6.2女性医療保険の種類

7.おすすめ女性保険
7.1おかあさん保険(ABC少額短期保険)
7.2フェミニーヌ(NKSJひまわり生命)
7.3新CURE Lady(オリックス生命)
7.4メディカルKit NEO(東京海上日動あんしん生命保険)
7.5エブリワン(エイ・ワン少額短期保険)

8.まとめ

続きを読む

出産一時金にまつわる疑問を一挙解決!出産一時金の基本〜活用法まとめ

出産時に誰もが受け取ることができる「出産一時金」。基本的に出産にかかる費用は保険の対象外となっていることから、出産一時金を頼りにしている方も多いはず。

ただ、待っていればもらえるものではなく申請が必要だったり、場合によっては申請先を自分で選択する必要も出てくることから出産一時金にまつわる疑問を抱えている人が多いのも現状です。

この記事では、出産一時金について寄せられた質問をもとに、出産一時金の基本的な情報から、上級者向けの活用方法をまとめて紹介していきます。ぜひ最後まで読んで出産一時金についてマスターしてみてくださいね!

目次

1.「出産一時金」って?

1−1.出産一時金とは?出産手当金との違いは?

1−2.出産一時金、どこからもらえる?

1−3.出産一時金、もらえない場合もある?

2.「出産一時金」3つの請求方法

2−1.直接支払制度

2−2.受取代理制度

2−3.産後申請方式

3.お悩み解決!パターン別申請先まとめ

3−1.会社を退職して夫の扶養に入る場合

3−2.会社を退職して国民健康保険に入る場合

3−3.夫が転職中の場合

4.知られざる出産一時金活用方法

4−1.出産費貸付制度とは?

4−2.クレカ払いで得ができちゃう?

4−3.余った場合はどうするの?

4−4.付加制度のある会社や自治体

5.出産費用ってどれくらい?出産一時金でカバーできる?

5−1.自然分娩の場合

5−2.無痛分娩の場合

5−3.帝王切開の場合

6.出産一時金以外にも出産でもらえるお金・返ってくるお金がある?

6−1.医療費控除

6−2.高額療養費制度

6−3.民間医療保険

7.まとめ

続きを読む

帝王切開も保険でカバーしてくれる!?妊婦に優しい保険とは?

新しい生命の誕生は、とても嬉しく楽しみですね。なんだか、ワクワクしながら誕生の準備をしている方も多いと思います。

でも…ちょっと待ってください。妊婦保険に加入していますか?

妊婦保険とは、妊婦さんの為の妊婦に優しい保険です。こちら、妊娠が分かった後でも加入は可能。そして今、増えている「帝王切開」についても備えてくれています。帝王切開を受ける人は増加傾向にあり、自分がそうなる可能性は高いです。

そこで、今回は帝王切開に関しての基礎知識、そして、帝王切開でも安心できる保険商品をご紹介していきます。妊娠中に不安になると胎児にもよくありません。今回は妊婦にやさしい、そして帝王切開にも備える為の保険をご紹介していきます。

これを読んだ後に、さっそく検討してみてください。

目次

1:帝王切開のこと

1-1:帝王切開とは

1-2:帝王切開の種類とは

1-3:意外と多い帝王切開人口

2:帝王切開の基本

2-1:帝王切開の流れ

2-2:がんばる時間はどのくらい?

3:帝王切開のお金

3-1:どのくらいの費用が必要??

3-2:国からの支援を活用しよう

3-3:医療費控除のイロハ

4:妊婦保険の必要性

5:検討するならこの保険。人気の商品はこれだ。

5-1:ABC少額短期保険 おかあさん保険

5-2:エイ・ワン少額短期保険 エブリワン

5-3:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 フェミニーヌ

6:まとめ

続きを読む

妻の保険について考える。本当に必要な保障は何か?どこがお勧めか。

男性と女性で比べると、どうしても保険料の支払い金額が少ない日本。どうしてそうなるでしょうか。

今の時代は女性が輝ける時代。すでに専業主婦は夢の世界とも言われています。そうした時代の中で女性が持つ責任は格段に増えてきています。

しかし、もしもの場合の備えをちゃんとしている人は意外と少ないのです。子育てや介護を頑張る女性だからこそ、「もしも」の備えもきちんとしていきたいもの。

そこで、今回は「妻に保険が必要かどうか」「どんな保障が必要なのか」についてをご紹介していきます。是非、妻でも安心できる備えをしていきましょう。

妻として、母として、娘として、女性だから担う大きな役割。その役割を果たしている女性におくる記事です。

目次

1:専業主婦は夢の世界?

1-1:減少する専業主婦割合

1-2:働く女性の収入分析

2:妻には保険が必要か?

2-1:なぜ、妻に保険が必要なのか?

2-2:必要な保険金の考え方

2-3:保険金受取額の目安

3:ここは知りたい皆の懐事情(保険料の世帯平均)

4:押さえておきたい「公的保障の違い」

4-1:妻は夫と違う

4-2:注意するのは「住宅ローン」

5:専業主婦でも保険は必要?

6:保険料の税金処理

6-1:支払い先を夫にする

6-2:生命保険控除の申請方法

7:こちらが大人気。妻にお勧めする保険商品

8:まとめ

続きを読む

就業不能保険の必要性とは?違えやすいポイントを2つ解説します

働けなくなった時のリスクに備えて、就業不能保険を検討していると言う人は、意外に少ないのではないでしょうか?

比較的新しい保険である就業不能保険に対して、その内容やメリット・デメリットを知らないと必要性も感じないでしょう。

また、間違いやすい「収入保障保険」や「所得補償保険」と混同している方も少なくないでしょう。

そこで、この記事では、就業不能保険の基本的な保障内容やその他の保険との違いを解説していきます。

ポイントは2つです。

就業不能保険とは、どのような保険なのか。

間違いやすい「収入保障保険」と「所得補償保険」との違い。

この2点を重点的に解説し、就業不能保険とはどんな保険なのか、そして本当に必要なのか?という事を読んでいる方自身が判断できる様になる記事にしていきます。

この記事を読んで、まわりの意見に流されずに、自分にはこの保険が必要なのか?という事を考えていきましょう。

目次

1.就業不能保険の基礎

1.1就業不能保険とは

1.2加入の目的

1.3就業不能保険の考え方

2.間違えられやすい保険

2.1収入保障保険

2.2所得補償保険

2.3その他の保険

3.就業不能保険の内容

3.1加入条件

3.2支払条件

3.3保障内容

3.4メリット・デメリット

4.加入率

4.1就業不能保険の加入率

5.就業不能保険の必要性とは

5.1実際に必要になるかどうか

5.2会社員の場合の必要性

5.3自営業の方の場合

6.商品の紹介

6.1アフラック(給与サポート保険)

6.2ライフネット生命(就業不能保険)

6.3チューリッヒ生命(くらすプラス)

6.4その他の保険商品

7.まとめ

続きを読む

帝王切開で医療保険がおりる!?妊娠希望女性の知っておきたいことまとめ

人生の一大イベントである妊娠・出産。嬉しいことである一方で、妊娠・出産にかかる費用の多くは自己負担であるため、お金の面での不安はつきないものですよね。

その中でも「帝王切開」は、手術をしたり入院期間が長くなることから自然分娩に比べて医療費が更に高額になりがち。でも実は民間の医療保険を上手に利用している方の中には「帝王切開をしたら出産費用が黒字になった!」という例もあるんです!

出産というイベントは、場合によっては医療保険に加入しているかしていないかで経済的な明暗が大きく分かれてきます。

この記事では、帝王切開の費用について確認したあとにどんな医療保険にどのタイミングで入るべきかということを見ていきます。保険会社による加入条件の違いも分かるので、これから妊娠を希望する方、すでに帝王切開を経験した方どちらにとっても知っておいて損のない情報が手に入れられるはず!さっそくチェックしてみましょう!

目次

1.帝王切開と自然分娩の違いは?

1−1.帝王切開になる確率とケース

1−2.帝王切開と自然分娩、その費用の差は?

2.妊娠中・出産時に使える公的制度にはどんなものがあるの?

2−1.妊娠中の公的制度

2−2.出産時の公的制度

3.帝王切開のときに役立つ民間医療保険とは?

3−1.月額いくらでどれくらいもらえる?

3−2.更なる上乗せも?!女性疾病特約とは?

4.民間医療保険に入るタイミングは?

4−1.これから妊娠を希望する場合は?

4−2.妊娠したら?

4−3.すでに帝王切開を経験した場合は?

5.妊娠中の方必見!保険会社別加入条件のちがいは?

6.帝王切開に関する医療保険|よくある質問まとめ

6−1.本人の希望による帝王切開でも保険はおりる?

6−2.トータルで黒字になってもいいの?

6−3.切迫流産から帝王切開。一入院としてカウントされる?

7.まとめ

続きを読む

通院保障ってなに!?通院保障を5つのポイントで解りやすく解説します!

医療保険やがん保険には必ず付いている保障と言える通院保障ですが、そんな通院保障でも、「通院保障ってどんな保障なの?」「通院保障って本当に必要なの?」「通院保障ってどんな通院でも給付金を受け取れるの?」など、様々な疑問があると思います。

そこで、この記事では、通院保障の基本的なところから、医療保険とがん保険での通院保障の違いなどから、傷害保険など通院と名前の付く保障があるモノすべてを解説していきます。

また、おすすめの商品などもその理由も含めて紹介していきますので、この記事を読んで何となくで、保険を選ぶのではなく、しっかりと通院に関する費用や公的な制度なども覚えて、通院保障が本当に必要なのかを判断できるようになってください。

そして、自分に合った保険を選べるようになりましょう。

目次

1.通院保障とは

1.1どのような保障

1.2給付条件

1.3公的制度

2.医療保険の通院保障とは

2.1医療保険の通院保障とは

2.2商品別の給付条件

2.3がん保険との違い

3.がん保険の通院保障

3.1がん保険の通院保障とは

3.2商品別の給付条件

3.3医療保険との違い

4.保険の選び方

4.1医療保険の場合

4.2がん保険の場合

4.3女性の場合

5.傷害保険の通院補償

5.1傷害保険の通院とは

5.2給付条件

5.3生命保険との違い

6.通院保障の必要性

6.1通院保障の必要性

6.2基本保障と特約

7.おすすめの商品

7.1オリックス生命(新CURE)

7.2損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(新・健康のお守り)

7.3アフラック(ちゃんと備える医療保険EVRE)

7.4オリックス生命(Believe)

7.5アフラック(生きるためのがん保険Days1)

8.まとめ

続きを読む

生命保険と医療保険、本当に両方必要?簡単にわかる保険選びのポイント

生命保険や医療保険に加入していますか?

「テレビを観ていると、最近保険のコマーシャルがたくさん流れている」「ショッピングモールに出かけると保険相談窓口の看板がよく目に入る」などの理由で生命保険や医療保険について真剣に考えたいと思う人が増えてきています。

その一方で、書店には「保険はいらない!」と主張する本が並んでいることもあり、あえて「保険に入らない」という選択をしている人もいるようです。

保険に関する情報が溢れかえっている現代。実は、しっかりとその情報を整理していくことで、あなたにとって保険が本当に必要なのかということが見えてきます。この記事では、ライフステージ別の保険の必要性を見極めるポイントや、保険選びのコツを解説していきます。

目次

1.生命保険と医療保険違いとは?

1−1.生命保険とは

1−2.医療保険とは

1−3.生命保険と医療保険の難しい言葉の定義

1−4.保険はセットで入るべき?

2.保険を選ぶ前に知っておきたいことは?

2−1.よくある疑問、「平均的な保険料」って?

2−2.死亡保険金の必要性とは?

2−3.医療費ってどれくらい?知っておきたいあなたを助ける公的制度

3.ライフステージ別保険の選びかた

3−1.独身者の場合

3−2.結婚して家族が増えたら?

3−3.主婦や子どもの保険はどうする?

3−4.退職は保険を見直すべきタイミング?

4.保険が出なくてトラブルになるパターン

5.持病がある場合の保険

5−1.告知の仕組み

5−2.緩和型保険とは?

6.保険相談ってどうやってするの?

7.まとめ

続きを読む

あなたの医療保険に通院保障はついていますか?知っておきたい通院あれこれ

万が一に備えて、医療保険を活用している方は年々増加傾向にあります。

なぜならば、インターネットを通じて様々な情報が入手可能な昨今、私たち日本人の主たる死亡要因が明確になり、それに対しての備えが重視されているからに他なりません。

しかしながら、私たちは疾病罹患による入院/手術などの医療費を、具体的にイメージ出来ているとは言い難いのが現状ではないでしょうか。

「医療費=高額」と言う漠然とした畏怖が、医療保険の加入増加へと繋がっているのも、また事実です。

このような背景のもと、様々なニーズに応えるべく、多種多様な医療保険が台頭しており、その内容は微に入り細を穿つ状況です。

端的に申し上げると、「分かりにくい」のです。

「医療保険=手術/入院/通院」と幅広く疾病をフォローしてくれると思いがちですが、実は契約内容によって、その保障範囲は大きく異なります。

中でも医療技術の進歩で、「通院治療」と言う新たな選択肢が生まれた昨今、この部分は決して無視できない、手厚くしておくべき保障と言えるでしょう。

そこで今回は、医療保険全般の基礎知識から、通院保障の必要性など、知っておくべきポイントを、ご一緒に押さえてまいりましょう。

目次

1.医療保険とは
1.1医療保険の種類

2.公的医療保険で受けられる保障
2.1医療費の自己負担割合
2.2自己負担限度額
2.3先進医療

3.私的医療保険とは
3.1入院給付金
3.2手術給付金

4.定期医療保険とは
4.1定期医療保険の種類と特徴
4.2メリット/デメリット

5.終身医療保険とは
5.1終身医療保険の種類と特徴
5.2メリット/デメリット

6.医療保険の特約
6.1治療全般への備え
6.2特定疾病への備え
6.3通院への備え
6.4備えに対する生命保険の考え方

7.通院保障付きプラン
7.1 30歳プラン例
7.2 40歳プラン例
7.3 50歳プラン例

8.まとめ

続きを読む

最強の県民共済!?埼玉県民の特権、埼玉県民共済の魅力と実力は?

ほぼ全ての都道府県で加入することができる「県民共済」。内容は全国どこでも同じだと思っている方も多いのではないでしょうか?

実はその保障やサービス内容は全国様々。その中で、最近注目を集めているのが「埼玉県民共済」です。

埼玉県は県民共済の発祥の地。全国の共済の中でも最も長い歴史を持ち、保障内容も全国トップクラス。今や埼玉県民の2.5人に1人が加入している人気の共済です。

病気や死亡の保障の充実だけではなく、若者たちの間では「県民共済で作ったスーツが最高!」「県民共済で結婚式を挙げたけど、安く素晴らしい式になった」「県民共済でお得に快適な家が建った」など共済のイメージとはかけ離れた会話が繰り広げられています。

他県民からも羨望の眼差しが向けられている埼玉県民共済。この記事では、埼玉県民共済の様々なサービス内容と、共済の最も重要な役割である「保障」の真の実力について徹底解説していきます。

目次

1.埼玉県民共済とその多様なサービスとは?

1−1.そもそも「共済」って何?

1−2.こんな時の保障があります

1−3.これが目的で加入する人も!?予想外のオプション内容

1−4.誰がどうすれば加入できる?

2.「医療・生命共済」とは?

2−1.保障内容は?

2−2.魅力的なポイントまとめ

2−3.実力やいかに?

3.2017年9月に新登場「新型・県民共済」とは?

3−1.保障内容は?

3−2.魅力的なポイントまとめ

3−3.実力やいかに?

4.「熟年型共済」とは?

4−1.保障内容は?

4−2.魅力的なポイントまとめ

4−3.実力やいかに?

5.「こども共済」とは?

5−1.保障内容は?

5−2.魅力的なポイントまとめ

5−3.実力やいかに?

6.「埼玉県民共済」気をつけたいことまとめ

7.まとめ

続きを読む

がん保険は一時金のみという選択肢もあり!必見のメリット・デメリット

がん保険に加入するなら、一時金のみという選択肢もあり!

がんは国民の3人に1人は掛かると言われている疾病で、がんに関する保障は考えておきたいですが、がんと一言でまとめて沢山の治療法があり、一部では保障できない治療も出てくる可能性があります。

そこで、一時金のみで加入するメリットがあり、この記事ではがん保険を一時金のみで加入するメリットやデメリット、おすすめのがん保険などについてご紹介しているので、がん保険を一時金のみで加入することを検討しているなら、絶対チェック!

目次

1.がん保険についておさらい

1.1 がん保険とは?

1.2  医療保険との違い

1.3 がん保険の必要性

2. 一時金だけじゃない!がん保険の保障について

2.1 入院給付金

2.2 手術給付金

2.3 一時金

2.4 その他の保障

3. がん保険を一時金のみで加入するメリット

3.1 がんで必要になる治療

3.2 新しい治療法も出ている

3.3 融通が効きやすい保障

4.がん保険を一時金のみにするデメリットは?

4.1 他の保険でのカバーが必要

4.2 入院になった場合に痛い

4.3 計画的な保険金の活用が必要

5. 一時金のみで加入するならお勧めのがん保険

5.1 がん保険days

5.2 がんベスト・ゴールドa 

5.3 ガードエックス

6.がん保険で必要になるかもしれない費用

6.1 短期的なもの

6.2 長期的なもの

6.3 先進医療

7.まとめ

続きを読む

今の医療技術には通院保険が必須?その理由を知って金銭的な負担を解消!

医療技術は日進月歩進歩しています。

そうした中で、入院日数が短くなっている事を知っていますでしょうか?現在の医療技術では、通院による治療が増えて来ています。

その事から、医療保険でも通院の保障が注目を浴びつつあります。

今回の記事では、医療保険の通院保障について基本的な所から解説していきます。

改めて医療保険の通院について考えて見ましょう。

目次

1:そもそも通院保険て何?

2:通院保険のメリット、デメリット

2-1:メリットとは?

2-2:デメリットとは?

3:通院保険は必要なの?

3-1:通院治療の現状

3-2:本当に必要かを検証

4:「がん治療」には通院保険!

4-1:がん治療は通院治療がメインの時代に

4-2:入院治療者数と通院治療者数の推移

4-3:がん保険と通院保険

4-3-1:基本的な保障

4-3-2:違いは「給付条件」にあり

4-3-2:もう1つの違い。「保障日数」

5:通院治療の税金処理

6:今人気の通院保険

6-1:オリックス生命 新CURE

6-2:メットライフ生命 終身医療保険フレキシィ

6-3:FWD富士生命(旧AIG富士生命) 医療ベスト・ゴールド

6-4:三井住友海上あいおい生命 &LIFE 新医療保険A(エース)プラス

6-5:東京海上日勤あんしん生命 メディカルkit NEO

7:まとめ

続きを読む

持病と諦めていた人に朗報。喘息でも加入できる保険を活用する!

「子供が喘息だから」「生まれつきの持病だから」といって保険を諦めていませんか?

実際に、保険に加入しようと思っても「喘息」だからという理由で保険を諦めた方も多いのはでないでしょうか?

確かに、保険商品への加入前には健康状態の告知があり、そこで難しいと言われる事もあります。しかし、だからこそ加入したいのが保険ではないですか?

そこで、今回は大人にも多い「喘息」でも保険に加入できる方法をご紹介していきます。

そして、それ以外にもある「持病」での保険加入についても一緒に整理をしていきますので、今一度、保険への加入を検討していきましょう。

目次

1:喘息とは

1-1:喘息という病気について

1-2:治療方法

1-3:大人喘息のこわさ

2:喘息で保険に加入する前に

2-1:保険に加入できるのか?

2-2:加入ポイント①|申告ノウハウ

2-3:加入ポイント②|条件付き契約

3:保険に入りにくい病気は何?

3-1:保険に加入しずらい病気とは?

3-2:入りにくい理由を理解しておこう

4:持病保険のメリット デメリット

5:持病ありでも加入できる保険の整理

6:お勧めの保険 「アフラック」

7:まとめ

続きを読む

都民共済の評判とは?最強コスパの魅力と内容から正体を暴く!

「都民共済」という言葉を聞いた事がありますか?

実際に加入されている方も多い「都民共済」ですが、内容を知らない方も実は多いのです。

都道府県単位で展開されている「都市共済」は最強コスパとも言われている商品です。保険商品のコスパは最も重要視されるポイントですが、噂は本当でしょうか?

ここでは、「都民共済」の正体を暴き内容を整理しつつも、コスパに関する噂の正体を突き止めていきます。改めて、都民共済について考えていきましょう。

目次

1:都民共済とは

1-1:組織の側面から大解剖

1-1-1:正式名称と団体の目的

1-1-2:どのような団体なの?

1-1-3:出資金は?

1-1-4:安全性は?

1-1-5:引っ越したら保障はどうなる?

1-2:制度について

1-2-1:「共済」って何?

1-2-2:「掛け捨て」は損?

1-2-3:安価に利用できる理由は?

1-2-4:割戻金とは何?

2:数字で見る都民共済

2-1:都民共済の支払い件数と金額

2-2:安くて安心の月掛金

2-3:共済のネットワーク

3:都民共済のメリット、デメリット

3-1:都民共済の魅力|メリット

3-2:都民共済の注意点|デメリット

4:都民共済のあれこれ

4-1:生命共済

4-2:火災共済

5:広がるサービス

5-1:スーツ??

5-2:ブライダル

6:まとめ

続きを読む

国民共済および県民共済が取り扱う医療保障について解説!

共済の商品は掛金が手ごろで、保障が優れていると言われています。この共済には主に国民共済(全労済)と県民共済があります。

この二つの共済が取り扱う商品の中には、医療共済をはじめ火災共済、自動車共済等に関する保障があり、新聞の折り込みチラシによく共済関係のものが入っています。

しかし、共済とはそもそも何なのか?いまいちよくわからない・・・・、という方も多いと思います。

また、医療保険に関心があり、ご自分や家族のための保険を検討している保護者の中には、共済の医療保障に興味がある方々もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、共済とは何か?共済が取り扱ういろいろな商品を紹介した上で、ご自分やご家族が病気やケガをした場合の備えとなる医療保障について説明していきます。

この記事を読めば、共済がどんな組織なのか、どんな商品を扱うのかについて基本的な知識を得ることができます。

そして、共済の医療保障について各ご家庭の加入目的にあった商品を選ぶ際に、良い参考資料になることでしょう。

目次

1.共済について

1-1.共済とは?

1-2.国民共済と県民共済

1-3.共済にはどんな商品がある?

2.国民共済(全労済)について

2-1.国民共済(全労済)とは

2-2.国民共済(全労済)の特色

2-3.国民共済(全労済)の商品の種類

3.こくみん共済の医療保障

3-1.こくみん共済の医療保障の概要

3-2.こくみん共済の医療保障保障内容

3-3.こくみん共済の医療保障注目点

4.こくみん共済の医療保障の口コミ

4-1.良い評価について

4-2.不満な点について

4-3.口コミの小括

5.都道府県民共済について

5-1.都道府県民共済とは

5-2.都道府県民共済の特色

5-3.生命共済の商品の種類

6.都道府県民共済(生命共済)の医療保障

6-1.都道府県民共済(生命共済)の医療保障の概要

6-2.都道府県民共済(生命共済)の医療保障保障内容

6-3.都道府県民共済(生命共済)の医療保障注目点

7.都道府県民共済の医療保障の口コミ

7-1.良い評価について

7-2.不満な点について

7-3.口コミの小括

8.まとめ

続きを読む

うつ病の入院費用で家計崩壊?!押さえておくべき公的制度と民間保険

今や15人に1人がかかると言われている「うつ病」。あなたの身近にもうつ病で通院や入院をしている方はいませんか?

職場の係替えや転勤など、ほんの少し環境が変わるだけでも、数ヶ月前まではバリバリ仕事をしてた人がうつ病で欠勤するようになるという事例も多いようです。

うつ病は一度かかってしまうと、長期化しやすい病気だと言われています。

その「長期化」という傾向が、今多くのうつ病患者を悩ませています。通院や入院の費用増加や、休業や退職などで収入源が途絶えてしまい家計崩壊につながることも珍しくないからです。

この記事では、うつ病治療に専念するためのお金にまつわる情報や、家計崩壊を防ぐ備えについて見ていきます。

目次

1.うつ病で入院することに。期間と費用の目安は?

1−1.入院期間はどれくらい?

1−2.入院にかかる費用は?

2.うつ病で通院することに。助けてくれる3つの制度

2−1.会社員なら受け取れる?「傷病手当」

2−2.通院が長期化したら利用したい「自立支援医療制度」

2−3.様々な割引が受けられる?「障害者手帳」

3.入院負担の強い味方「高額療養費制度」って?

3−1.高額療養費制度の仕組み

3−2.いざ請求するとなったら?

3−3.高額療養費制度のデメリットとは?

4.入っていれば安心!「民間医療保険」

4−1.高額療養費制度と併用できる?

4−2.請求方法は?

4−3.民間医療保険を使った場合のデメリットとは?

5.無保険なんです…うつ病の経験があっても入れる保険はありますか?

5−1.緩和型医療保険

5−2.無選択型医療保険

6.うつ病の入院費用による家計崩壊を防ぐためには?

6−1.所得補償保険

6−2.就業不能保険

7.これをやっておけばもう抜かりありません!「医療費控除」

7−1.医療費控除とは?

7−2.医療費控除の注意点

8.まとめ

続きを読む

安心の保険料でしっかり保障!今こそ都民共済を考えてみませんか?

万が一に備える為、多くの方が民間生命保険会社の商品を、ライフプランに組み込んでいらっしゃいます。

さかんに展開されるCMや公式ホームページ、保険比較サイトなどで、以前よりも格段にその選択肢が広がったばかりではなく、保障内容や保険料などの情報を、簡単に入手できるようになりました。

一方で、日本共済組合などで展開されている共済に関して、詳しくお分かりの方はそう多くはないでしょう。

「ポスティングされている資料」と言うイメージが強く、中々ブレイクダウンした情報にたどり着けていないのです。

そんな共済ですが、実は保険料、保障内容など、非常に優秀であることを、ご存知でしたか?

今回は生命保険の雄である都民共済について、その内容や有意性について、一緒に考えてまいりましょう。

目次

1.共済とは
1.2意味合い
1.3特徴
1.4共済と保険の違い

2.共済の主な種類
2.1火災共済
2.2生命共済
2.3傷害共済
2.4自動車共済

3.都民共済とは
3.1沿革と理念
3.2人気の秘密
3.3都民共済のラインナップ

4.生命共済こども型(0~17歳)
4.1特徴
4.2保障
4.3加入例
4.4加入条件
4.5請求手続き

5.生命共済(18~64歳)
5.1特徴
5.2保障
5.3加入例
5.4加入条件
5.5請求手続き

6.生命共済(65~69歳)
6.1特徴
6.2保障
6.3加入例
6.4加入条件
6.5請求手続き

7.加入者サービス
7.1ブライダル
7.2オーダースーツ
7.3オーダーシューズ
7.4ギフト
7.5旅行
7.6健康生活応援
7.7宅配便
7.8紳士服販売会

8.まとめ

続きを読む