もしもの時に備える!おすすめのがん保険ランキング5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

日本人に多い病気の一つに「がん」がありますが、いまや2人に1人は、がんに罹るといわれ、がんになると治療に莫大なお金が必要になります。

もしもの時にお金に困らないためにも、がん保険は加入しておいた方が良い保険です。

がん保険といってもその保障内容は保険会社によってさまざまです。数あるがん保険の中でもおすすめのものをご紹介します。がん保険はいざという時にすごく頼りになるので、自分のためにも家族のためにも加入を検討してみましょう。

目次

1.がん保険について

1.1 もしもの時の「がん」を保障する保険

1.2 現代では2人に1人、がんになるといわれている

1.3 がん保険の必要性とは

1.4 がん保険の特徴

2.がん保険で重視すること

2.1 通院保障がどれだけ手厚いか

2.2 免責期間がどれだけあるか

2.3 診断給付金内容をしっかりと確認する

3.がん保険のメリット・デメリット

3.1 がん保険のメリット

3.2 がん保険のデメリット

3.3 メリット、デメリットからみたがん保険

4.がん保険おすすめランキング5選!

4.1 東京海上日動あんしん生命 がん治療支援保険NEO

4.2 アフラック 新 生きるためのがん保険Days

4.3 オリックス生命 がん保険Believe

4.4 メットライフ生命 Guard X(ガードエックス)

4.5 アクサダイレクト生命 アクサダイレクトのがん終身

5.がん保険を賢く選ぶには

5.1 終身と定期でメリットとデメリットが異なる

5.2 保障内容をしっかりと確認する

5.3 支払い続ける保険料設定

5.4 給付金が支払われる条件を確認する

5.5 状況で判断する

6.保険選びは無料相談を活用しよう

6.1 保険の無料相談で専門的な意見を聞く

6.2 保険の見直しもできる

6.3 自分では気づかないことが気づける

6.4 こんな相談員・FPには要注意

7.まとめ

1.がん保険について

もしもの時のための保険にはいくつかの種類があります。

がん保険をはじめ、医療保険や死亡保険、学資保険、給与サポート保険などさまざまな種類に分かれ、自分が必要だと感じた保険に各々加入することができます。

保険の種類はたくさんあれど、今回は「がん保険」に焦点を当てて考えていきましょう。日本人に多いといわれている病気だからこそ、もしものがんに備えた保険に加入しておくと安心です。

がんになると多額の治療費が必要になります。自分たちの貯蓄だけでは賄えないからこそ、いざという時に自分たちを守ってくれる保険はとても頼りになります。

1.1 もしもの時の「がん」を保障する保険

がん保険とは原則として「がん(癌・ガン)」になったときに保障される保険のことです。

主に闘病生活を支えるための保障内容となっていて、がんと診断されたときに支給されるものや通院、手術時に支払われるものなど保障が多岐にわたります。

主に保障内容として軸になるのは以下の通りです。

  • 初めてがんと診断されたときに支払われる診断給付金
  • がんの治療や抗がん剤などの治療で通院した時に支払われる通院給付金
  • がんの治療で入院したときに支払われる入院給付金
  • がんの治療で各保険会社が定める手術したときに支払われる手術給付金

保障内容はこの4つの保障を軸としてさらに先進医療を受けたときに支払われる先進医療給付金などが付け加えられていることがあります。保険商品によって保障される内容も異なるので、まずは自分にとってどの保障が必要になるか明確にしておく必要があります。

保障が分厚いほど保険料も高くなるので、必要な保障だけを選ぶようにしましょう。

1.2 現代では2人に1人、がんになるといわれている

日本人に多い病気として知られているがんは、現代では約2リに1人ががんになるともいわれています。実は年々がんを発病する人は増加しており、その患者数は刻々と増え続けています。

がんといってもさまざまな種類があります。胃にできる胃がんや、女性特有の乳がんや卵巣がん、ピロリ菌に感染することで進行が進む大腸がんなどもありますね。その中でも多い発病率が高いといわれているのは肺がんです。喫煙者の増加や副流煙による被害によって肺にがんを患う人が増えています。

また近年では女性特有のがんにかかる人も多く、がんといってもさまざまな場所にできてしまうため日本人に多い病気として知られています。

1.3 がん保険の必要性とは

がんになる確率が高いともいえる現代では、がん保険に加入しておく方が安全ともいえます。

がんになってしまうと多額の治療費が必要になります。治療費を賄えるだけの貯蓄があれば良いですが、不景気が続いている現代では多くの家庭が治療費を貯蓄で賄うのは大変なことです。そのため万が一の時の治療費を補うためにも、がん保険は加入しておいた方が安心でしょう。

年々増えていっている患者数にいつ自分が含まれるか分かりません。いざという時のために備えておくことをおすすめします。

1.4 がん保険の特徴

がん保険の特徴といえば、がんに特化した保険ということです。

医療保険でもがんになったときに保障が下りるものがありますが、がん保険に比べると、がんになったときの保障が手厚いとはいえません。がんに特化した保険なので、がんと診断されたときや手術時にまとまった一時金が支払われたり、入院給付金の日数は無制限と医療保険よりもがんに対しての保障が手厚くなっています。

家系でがん患者が多い場合や健康に自信がない場合には、医療保険やがん保険に加入しておいた方が万が一の際には安心できるでしょう。

2.がん保険で重視すること

がん保険といえど、その保障内容や給付金額は保険商品によって異なります。

数あるがん保険商品の中でも重視することといえばどんなことでしょうか?商品どうしを比較することによって自分に最適なものを選ぶことができます。

直感で保険を選ぶのも良いですが、どうせなら自分に合ったものを選びたいですよね。保険選びで失敗しないためにも、保険を選ぶ際は必ず数ある商品を比べてみることをおすすめします。

保険の無駄はお金の無駄を生みます。無駄や損を生まないためにも、保険選びは慎重にいきましょう。

2.1 通院保障がどれだけ手厚いか

がん保険を見比べるときには通院保障がどれだけ手厚いかを確認しておきましょう。多くのがん保険は入院給付金に至っては無制限という制度を設けているところがほとんどです。

そのため入院給付金に焦点を当てても代わり映えしないように思えて、どれが自分にとって最適な保険であるか分からなくなってしまいます。がん保険を見比べる、選ぶときはまずはどれだけ通院保障が手厚いか比べてみましょう。

入院や手術前の通院は対象になるのか、通院の日数はどれくらいの制限があるのかなど保険商品によって違います。自分が必要だと思うほど保障があるのか確認していきましょう。

2.2 免責期間がどれだけあるか

免責期間というのは、待機期間とも言ってがん保険に加入してから決められた日数内にがんと診断されても給付金が支払われない期間のことです。これは自分でがんだと思った際に、給付金目当てでがん保険に駆け込み加入するのを防ぐ目的があります。

主に免責期間(待機期間)は約90日間の3ヶ月と決まっていますが、保険商品によってはこの日数が詳しく決められているものもあります。この期間中にがんと診断されても給付金が支払われないどころか、最悪の場合には契約が白紙になることもあります。

がん保険の保障が適用されるのは①保険の申込書の提出②自身の健康状態の告知③1回目の保険料の支払いの3つが済んで約90日間過ぎてからです。がんかもしれないと駆け込みで加入してから診断を受けても、この期間内では保障を受けることができないので覚えておきましょう。

2.3 診断給付金内容をしっかりと確認する

診断給付金とはがんと診断されたときに支払われるものですが、実はこの給付金は主に1回しか保証されないものがほとんどです。2回目以降の給付金はあるものとないものがあるので合わせて確認しておきましょう。

また2回目の給付金がある場合でも何年以内の診断では不適合など条件が付けられています。そういった内容もしっかりと把握しておくようにしましょう。

またがんにはいくつかのステージがあります。診断給付金の中には上皮内新生物(初期がん)が対象とならないものもあるので、上皮内新生物が対象になるものを選んだ方が全体的に見ても安全、安心でしょう。

がんの進行状態によって給付金が受け取れないケースもあるため、どういったときに給付金が受け取れるのかをよく理解しておきましょう。

3.がん保険のメリット・デメリット

がん保険のメリットとデメリットってなんでしょう?

メリットがないとお得だと感じないし、デメリットがあるとなんだかネガティブなイメージを持ってしまいますよね。

しかし保険にはメリットがあれば必ずデメリットが付いて回ります。大事なことはそのどちらをも知って、理解することです。メリットとデメリットを知っておくことは保険選びを有利に運ぶために必要なことです。デメリットを知っておくとその保険の弱点が分かります。

3.1 がん保険のメリット

がん保険のメリットはがんに特化した保険だからこそのものが大半を占めます。主にメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • がんと診断されたときにはまとまった一時金を受け取ることができる
  • 入院給付金の支払い日数制限がないのでどれだけ入院しても安心できる
  • 再発時にも診断給付金が支払われるものがある
  • 医療保険に比べてがんになったときの保障が手厚い
  • がんに特化しているので給付金も手厚いものになっている

がん保険はがんしか保証されないがゆえにその保障は手厚いものとなっています。特にがんと診断されたときに診断給付金が支払われるのはかなり大きなメリットでしょう。

3.2 がん保険のデメリット

がん保険のデメリットはがんしか保障されないことです。がん以外の病気と判断された場合でも、給付金などは一切受け取れないのが特徴です。主にデメリットとしてあげられるのは以下の通りです。

  • がん以外の病気に罹っても給付金が支払われない
  • 免責期間が決まっているのでその間にがんと診断されても給付金が支払われない
  • がんで死亡しても死亡給付金がない
  • 貯蓄性がないので途中で解約しても解約返戻金が発生しないので保険の損が生まれる

がん保険だけに加入していると他の病気に罹った際に給付金が支払われないため家計を圧迫する恐れがあります。かといってがん保険と医療保険どちらにも加入するとなると、保険料が多額になるので困ったものです。

またがん保険はがんの治療を保障するものなので、がんで亡くなったとしても死亡給付金が支払われることはありません。解約返戻金も発生しない保険が多いので、途中で解約すると損をする可能性が高いです。

3.3 メリット、デメリットからみたがん保険

がん保険の最大のメリットはがんと診断されたときの保障が手厚いことです。しかしこれはデメリットとしても挙げられ、他の病気に罹ったとしてもがんしか保障されないので自分の貯蓄や収入から医療費を支払っていくしかありません。

そのため他の病気にも備えるとしたら別途医療保険に加入するしかありません。メリットがデメリットにもなるがん保険ですが、がん患者が多い日本では需要性の高い保険ともいえます。

将来の不安を解消しておきたいならがん保険に加入しておくことをおすすめします。いざという時のための保障はとても心強いものです。

いつがんになるかもわからない現代だからこそ、備えは必要でしょう。

4.がん保険おすすめランキング5選!

数ある保険商品の中でも、筆者がおすすめだと感じるがん保険を5つご紹介します。

保険会社はどれも有名ですので安心感がありますが、大切なことは「自分に合った保険を見つけること」です。おすすめされているから、有名で安全な会社だからという見方も必要ですが、一番大切なことはどれだけ自分のニーズに合っているかです。

各保険商品のメリットとデメリットも合わせてご紹介するので、一つの目安として考えるようにしましょう。また保険商品は各保険の改正によって変化しますので、詳しい情報は各保険会社へ問い合わせるようにしましょう。

4.1 東京海上日動あんしん生命 がん治療支援保険NEO

基本情報

  • 契約可能年齢 0歳~75歳
  • 保険期間 終身・10年
  • 保険料免除制度 あり・悪性新生物と判断されたら以後の保険料払込免除特則がある
  • 上皮内新生物診断 あり 100万円(プランによって異なる※詳しくは保険会社へ問い合わせ)
  • 免責期間 90日
  • 掛け捨てタイプ

この保険の良いところは上皮内新生物診断給付金が支払われる点と重度のがんと診断されたときの保障が手厚いことです。診断給付金も上皮内新生物を除いて2年に1回であれば何度でも受け取れます(上皮内新生物は1回のみ)。

悪性新生物がんに対して手厚い保障制度を持っているので、がんの進行具合によってはとても頼りになる保険です。しかし悪性がんには手厚い保障ですが、その分比較的軽いとされる上皮内新生物の診断では給付金が1度しかおりないなどのデメリットがあります。また保険料もだいたい4000円~6000円の間と少々高めに設定されているので、がんの進行具合によっては他の保険商品の方が良いと感じる人もいます。

しかしがんの中でも悪性がんが一番怖いので、こうした保険はとても効率的で頼りになります。他の保険と比べても給付金額もプランによって高くなるので、がん家系であるなら入っておいた方が安心でしょう。全体的に保障の幅も広いので、悪性がんを手厚く保障して欲しいと思っているならおすすめです。

4.2 アフラック 新 生きるためのがん保険Days

基本情報

  • 契約可能年齢 0歳~85歳
  • 保険期間 終身
  • 保険料払込免除制度 なし
  • 上皮内新生物診断 あり 10万(プランによって異なる※詳しくは保険会社へ問い合わせ)
  • 免責期間 3ヶ月
  • 掛け捨てタイプ

この保険の良いところはそれなりの保険料でもトータルして安定した保障を受けられることです。旧商品である「生きるためのがん保険Days」から改良されており、保険料や保障がバージョンアップしています。

基本的な保障のみで良いならこちらの保険でも良いですが、もっと手厚い保障がほしいのであれば、少し保障に関して劣ってしまうのも事実です。しかし三大治療(手術・放射線治療・抗がん剤治療)の通院給付金が無制限になっているので、通院だけの治療になる際には心強いです。しかし入院後の通院になると365日経過すると無効となってしまうという弱点ももっています。

がんになるかは分からないし、高い保険料も払いたくない。けどそれなりの保障も欲しいならアフラックの保険も捨てがたいです。保険料は30代でだいたい男性3000円、女性2000円程度です。プランによって異なるので、まずはシミュレーションで計算してみると良いでしょう。

4.3 オリックス生命 がん保険Believe

基本情報

  • 契約可能年齢 0歳~85歳
  • 保険期間 終身
  • 保険料払込免除制度 なし
  • 上皮内新生物診断 あり 悪性がんと同額の保障
  • 免責期間 90日
  • 掛け捨てタイプ ただし被保険者が死亡したときに解約返戻金があれば契約者に戻ってくる

この保険の良いところは入院したら何度でも受け取れる(2年に1回)がん治療給付金があることです。入院給付金とは別に受け取れるので治療が長引いた際には心強い制度です(主契約に組み込まれている)。

また悪性がんでも上皮内新生物と診断された場合でも同額の保障を受けられるのでまとまったお金を受け取りたい人に向いている保険です。保険料はプランによりますが、30代男性で3000円程度、30代女性で2500円前後になっています。

特約付加で通院給付金がつけられます。全体的にバランスが良い商品ですが、治療給付金額が診断給付金よりも劣るのでお得かと問われればなんとも言えない点があります。しかし治療が長引く際にはとても心強い商品です。

4.4 メットライフ生命 Guard X(ガードエックス)

基本情報

  • 契約可能年齢 18歳~80歳
  • 保険期間 終身
  • 保険料払込免除制度 あり 悪性がんと診断された場合に以後の保険料が免除される
  • 上皮内新生物診断 特約付加で受取可能
  • 免責期間 90日
  • 掛け捨てタイプ

この保険の良いところはがん患者の生の声を元に作られているところです。他のがん保険と異なり、主契約は治療給付金で、これに特約を付加していくことで自分のニーズに合った保障内容にカスタマイズすることができます。

がん治療給付金はがんの三大治療(手術・放射線治療・抗がん剤治療)を受けたときに受け取れるので最初にまとまった金額が受け取れます。しかし上皮内新生物の場合は悪性がんの半分の給付金額となります。

この保険は他のがん保険で自分には不必要と思った保障を省き、自分のニーズに合ったモノにカスタマイズすることができるので人気があります。保険料もカスタマイズ次第になるので、保障を絞れば安い値段でがん保障が受けられます。

4.5 アクサダイレクト生命 アクサダイレクトのがん終身

基本情報

  • 契約可能年齢 20歳~69歳
  • 保障期間 終身
  • 保険料払込免除制度 あり 所定の高度障害状態に該当したとき、責任開始期以後に発生した所定の不慮の事故を直接の原因としてその日を含めて180日以内に所定の障害状態に該当したとき
  • 上皮内新生物診断 あり
  • 免責期間 90日
  • 掛け捨てタイプ

この保険の良いところは主契約が入院給付金と診断給付金の2つに絞られているため安い金額でがん保険に加入することができます。必要な保障が別にあるのであれば特約を付加することでカスタマイズが可能です。

がん診断給付金が100万円にもかかわらず月額保険料が1500円以下(30代)なので破格といっても良いでしょう。しかしこの安さ=保障の薄さとなており、診断給付金は1回のみ、先進医療特約も通算で500万円までと悪性がんになったときには保障の足りなさを感じます。

また保険料払込免除制度の対象ががんとは別の状態になったときなので、他の保険に比べるとデメリット部分が目立ちます。しかし安い値段で最低限の保証だけでも欲しいのであればおすすめします。

5.がん保険を賢く選ぶには

がん保険をさらに賢く選ぶためにはどうしたら良いのでしょうか?

ここでご紹介することは、がん保険に関わらずほとんどの保険でも同じようなことがいえます。そのため保険を賢く選ぶための術として考えていきましょう。

保険商品は無理をして選ぶと必ずどこかで綻びが生じます。保険選びに失敗すると今まで支払ってきた保険料も水の泡になってしまうこともあるので、保険選びは決して気分で選んだり、無理な保険料設定にしないようにしましょう。

保険は自分を守ってくれるものです。首を絞められないように気をつけましょう。

5.1 終身と定期でメリットとデメリットが異なる

保険の種類に終身保険と定期保険があります。主に終身は一生涯の保険といわれており、その分保険料も高めに設定されています。かわって定期保険は掛け捨てと呼ばれており、保険料が割安なのに対して保障は一定期間という特徴があります。

このような特徴を抑えながら、自分に合った保険を選びましょう。例えば、長い期間保障が欲しいのであれば高い保険料であっても終身保険にした方がもしもの時のために備えられます。また短い期間だけで良いのであれば定期保険でも良いのです。

しかし終身と定期ではメリットやデメリットが異なるので、よく商品内容を確認する必要があります。自分にとって必要な保障期間がどのくらいなのか明確にしておきましょう。

5.2 保障内容をしっかりと確認する

保障内容なんてどれも同じと思っているとあとで痛い目を見ることになるので絶対にやめましょう。

保障内容はきちんと最後まで確認するようにしましょう。特に保険会社のHPだけを確認している人はパンフレットまでを見ることをおすすめします。HP上の情報だけではその保険の弱点までを見抜くことができません。

HPなどではアピールしたいポイントを大々的に表しているので、デメリットや弱点となる部分については公表していないこともあります。自分が知らずに契約してしまう恐れもあるので、保険内容はしっかりと確認するようにしましょう。

5.3 支払い続ける保険料設定

保険料を設定するときは将来に渡って自分が支払い続けられる金額に設定するようにしましょう。今の生活を苦しめてまで高い設定にすることはありませんし、今は払い続けていけても、保険料が高いと将来がどうなるかわかりません。

途中で解約してしまうと保険内容によっては払い込んだ保険料が戻ってこないこともありますから、保険料は無理のない範囲で設定するようにしましょう。

早く支払ってしまいたいからと無理をしても、万が一の時に自分の首を絞めてしまいます。保険の無駄になってしまうので、保険料は無理のない範囲で決めましょう。

5.4 給付金が支払われる条件を確認する

保険を選ぶときは給付金が支払われる条件をよく理解しておきましょう。

保険商品によって支払われる条件が異なる場合があります。給付金が支払われる条件を理解しておくことで、保険会社との余計なトラブルを引き起こさずに済みます。

万が一支払われる条件をクリアーできなかったとしても、事前に条件を理解しておけば無駄に期待をすることもありません。自分の身を守るためにも給付金が支払われる条件は知っておきましょう。

5.5 状況で判断する

保険を選ぶときは自分の今の状況で判断することも必要です。

今必要としている保険があるのか、それともまだ必要でないかもよく見極めるようにしましょう。今の状況で必要でない場合には無理に加入することはありません。

将来に備えることは必要ですが、無理をして加入するとあとで解約することになってしまうので、自分の状況も合わせて確認しておくようにしましょう。

6.保険選びは無料相談を活用しよう

保険選びをするといっても自分には特別な知識も無いし、どれが良いのかもいまいち分からない…ということもありますよね。

そんな時は無料で相談できる「無料相談窓口」を利用してみましょう。無料相談窓口では保険のプロといわれるFP(フィナンシャルプランナー)と呼ばれる人たちが私たちの保険選びを手伝ってくれます。

保険に詳しい人の話を聞くことで自分では気づけないようなことが見えてきます。もし強引に商品をすすめられても担当のFPを変えてくれる制度があるお店もあるので、そういった制度を利用しながら最適な保険を選ぶようにしましょう。

6.1 保険の無料相談で専門的な意見を聞く

保険の無料相談に行くことで専門的な意見を聞くことができます。自分で保険のことを調べていても、どうしてもよく分からないことってありますよね。そんな時は保険のプロに聞くことで、分かりやすく説明してくれます。

保険の仕組みやメリット、デメリット、自分の健康状態で加入が可能な保険もすべて見つけてくれるので、基本的な知識が不足している場合でも保険のことが良く分かります。

6.2 保険の見直しもできる

今加入している保険がある場合っは、そのままでも良いのか時には心配になりますよね。そんな時も保険の無料相談に行けば保険の見直しをしてくれます。

今の保険証券や保険内容がわかる書類を持参することで話もスムーズに運ぶので、保険の見直しも兼ねたいのであれば忘れずに持っていくようにしましょう。今入っている保険と新しい保険を見比べることで自分に最適な保険を見つけ、保険の無駄を無くすことができます。

6.3 自分では気づかないことが気づける

保険のプロに話を聞くことで、自分では気づけなかったことに気が付けるようになります。

自分なりに勉強しているつもりでも、偏った意識を持つことがあります。他の人の意見を聞くことで新しい見方ができるようになるので、一つのアドバイスをもらいにいくと考えるのも良いでしょう。

保険の無料相談は必ずしも契約しなければいけないという決まりはありません。軽く意見を聞きたいときでもお気軽にとアピールしているお店もありますから、そういったお店を利用してみましょう。

6.4 こんな相談員・FPには要注意

しかし中には無理に契約を進めてくる相談員やFPもいないわけではありません。

もしこういった人たちに当たりたくない、無理に勧められたくない場合には、担当が無理な勧誘をしてきたら担当者を変えてくれる制度がある無料相談窓口を選ぶようにしましょう。

相談窓口に伺う前に一度口コミを参考にすると良いでしょう。また告知内容をごまかして申請するように言ってくる人にも要注意です。保険の相談員やFPに言われたからとそのまま申告しても、保険会社に見つかった場合には強制的に解約させられたり、給付金が支払われない恐れがあるので申告は必ず事実を申告するようにしましょう。

7.まとめ

がん保険といっても、その保障内容は保険会社によって異なります。

保障しているがんのステージや、特約の違い、払込免除制度があるかないかなど比べるべき点はたくさんあります。がん保険で良いとされる商品はたくさんありますが、一番大切なのは自分のニーズにあったものを選ぶことです。

保障の手厚さも大切ですし、保険料の安さも大切ですが、自分に合ったものをきちんと見つけましょう。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る