安さが怖い?ネット保険のメリットとデメリット加入するポイントって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

ネット社会になりましたが、最近では保険もインターネット上で販売されています。その中でも、店頭に行くことなくサイトから加入できる保険商品がネット保険と呼ばれています。
店頭販売よりも安価なこともあり、一時期は非常に話題になりました。しかし、ネット保険に加入するか悩んでいる方の中には何だか怪しいイメージがあるという方も多いのではないでしょうか。
ネット保険が一体どういった商品なのか分かれば、疑うことなく自分にあった保険販売を選択することが出来ます。この記事では、ネット保険のメリットとデメリットや、入るのにおすすめの人とはどんな人なのかをご紹介していきたいと思います。

目次

1.ネット保険って一体どういった商品なの?
1.1保障内容は店頭販売の商品と変わりはない
1.2ネットのみで契約を行うことができる
1.3店頭販売よりも安い
2. 気になるネット保険に加入することでおこるメリットってどんなものなの?
2.1せかされることなく自分のペースで加入できる
2.2保障内容が単純で比較しやすい
3.気になるネット保険に加入することでおこるデメリットってどんなものなの?
3.1保険の種類は店頭に比べると少ない
3.2ネットでの手続きは非常に複雑
3.3ある程度保険の事を理解していないといけない
4.店頭とネットでの加入って一体どこが違うの?
4.1保険加入の際に自分で全ての責任を持つかどうか
4.2保険見直しの際にサポートがついているかどうか
4.3保険金請求の際に自分で全て行うかどうか
5.ネット保険が安いのって一体どうしてなの?
5.1ネットで契約する分人件費が抑えられているから
5.2ネット保険が最安値でないこともある
5.3店頭保険の中には割引サービスなどもある
6.ネット保険に加入するのを止めておいたほうがいい人って一体どんな人なの?
6.1保険商品についてよく理解していない人
6.2分からないことがある時に調べるより聞くほうが理解できる人
7.ネット保険に加入する時に注意しておきたいポイントって?
7.1手続きをする時に間違えていないかどうか
7.2説明をされていない状態で本当に保険内容を理解しているかどうか
7.3保険請求の方法を理解しているかどうか
8.まとめ

1.ネット保険って一体どういった商品なの?

ネット保険というと、安くて、店頭にも行かなくてよいけれど、その反面なんだか胡散臭いイメージもある保険商品ですよね。特に、最近は様々な保険会社がネット保険を導入していることもあり、どれがよいのか分からないと思っている方も多いのではないでしょうか。

まずは、ネット保険というのは一体どういった保険なのかを見ていきたいと思います。

1.1保障内容は店頭販売の商品と変わりはない

ネット保険を紹介するのに、よくその加入方法などから新しい保険という表現をよく聞くという方も多いのではないでしょうか。確かにこれまでは店頭に行かなければ加入することが難しかった保険が、家にいても加入できることから新しい保険というのは間違いではありません。

しかし、決して保険の保障内容も新しいわけではありません。これまで販売されてきた保険と同様に、病気や怪我に備える保険や、入院や手術に対して備える保険、がんや、もしもの時に備える保険などが扱われていますが、これらの保障はたいてい店頭販売と変わりないものになっています。

1.2ネットのみで契約を行うことができる

ネット保険の一番の売りが、これまでは店頭販売のみされてきた保険がネット上でも行うことができるという点です。特に忙しい方などは保険に入りたいという需要はあったものの、休みの日が合わなかったり、中々検討する時間や相談できるほどの暇がなかったりと入ることが難しい状態でした。

しかし、ネットでも申込みができるということで、わざわざ店頭に行き、長い時間をかけて説明を聞かなくてもサイト上で詳細なプランや保険料を各社比較することができるようになりました。

また、サイト上で申し込みができるのは便利だけれども、本当にそれで保障内容や契約内容を理解できる自信がない方でもしっかりと対策が作られています。電話サービスなども有るため、わからない時にはしっかりと疑問点を聞くことで解決することができます。

 

1.3店頭販売よりも安い

店頭販売に比べると、ネット保険の場合は安価だと言われています。もちろん、大幅に安いわけではないのに加え、最近はネット保険に対抗して店頭販売型の保険も価格を見直したり、割引を行ったりしています。

しかし、ネットだけで加入することができる便利さに加えて、接客などの人件費や、オフィスの土地代などが浮いているため、その分やはり安くなっています。年間保険料でいうと、1万円から2万円は安くなることが多いようです。

少ないように感じますが、保険は一年二年だけではなく、長期間入り続けるものなので、長い目で見ればかなりお得になるということが出来ます。

2.気になるネット保険に加入することでおこるメリットってどんなものなの?

収入保障保険ランキング

ネット保険というのは一体どういった保険なのかは分かりましたが、果たして本当に自分が加入するのに向いているのかどうかはしっかりとその商品の良さと悪さを見極めた上で決めていきたいところですよね。

しかし、そうはいってもネット保険に入っている人は周りに少ないし、ネットの評判はよく分からないし、と悩んでしまうかもしれません。

その場合はきちんと客観的にメリットとデメリットを見ることが大切になってきます。

それでは、一体ネット保険のメリットとはどのようなものなのかを見ていきたいと思います。

2.1せかされることなく自分のペースで加入できる

保険に加入することを検討する場合、大抵の方は保険代理店などに行くことで、営業マンから保険の説明などを受けるかと思います。しかし、保険についての知識があまりない場合、営業マンのすすめる保険にそのまま加入してしまったり、説明されていないところをきちんと確認できずに加入がうまくいかない場合もあるかと思います。

しかし、ネット保険の場合は自分が調べたい時にサイトを開けばいいので、気長に検討することができます。また、保険代理店などでは様々な商品を比較することはできますが、それらを説明するのは営業マンです。しかし、複数のサイトで自分で比較するほうが安心できますよね。

また、近くに保険代理店がない方や、忙しい方にはネット保険が特におすすめです。いつでも説明を読むことが出来ますし、加入するのも自分のペースで行うことが出来ます。

2.2保障内容が単純で比較しやすい

保険の保障内容や、適応する条件などは本来とても複雑なものです。もちろんある程度理解しておくのに越したことはありませんが、保険のパンフレットを見てもどの点が違うのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

そういった方は、ネット保険に加入しようとする時に違いが分からず選べないのではないかと心配してしまうかもしれません。しかし、そういった方がいることも配慮して、ネット保険では店頭販売の保険よりも非常にシンプルな内容になっています。

そのため、説明も分かりやすく、他社の商品と比較しやすく選択しやすいようになっています。

3.気になるネット保険に加入することでおこるデメリットってどんなものなの?

家族で話す

いい面ばかり見ても、入ってみれば実は自分には向いていなかったという場合があるかもしれません。また、悪い面だけを見たとしても、実は自分に非常に向いているという場合もあります。保険にどのように加入するのかというのは、未来を安心するためにも非常に重要なポイントになってきます。

それでは、保険加入をどのように行うのかを冷静に判断するためにも、ネット保険に加入することで起こるデメリットとはどういったものなのかを見ていきたいと思います。

3.1保険の種類は店頭に比べると少ない

ネット保険は元々シンプルで分かりやすい内容が売りになっています。これは、営業マンが直接説明できないため、お客様だけでも理解できるようにするためです。

しかし、シンプルな反面、値段が高かったり少し不便だとしても様々な保障やサービスを受けたいと考えている方にとっては物足りない場合があります。特に、保険に対しての知識がある程度ある方にとっては、シンプルなサービスすぎてもう少し選択肢がほしいと思う場合もあります。

また、取り扱われている保険自体も店頭販売型に比べると少ないため、選択する幅は狭かったり、必要最低限の保険にしか加入することが出来ない場合もあります。

 

3.2ネットでの手続きは非常に複雑

ネット保険の場合、手続きが非常に複雑になってくる場合があります。もちろんネット上だけで契約をすることは可能です。しかし、店頭販売の場合に比べると、必要な書類を郵送しないと行けない場合があったり、いくつもの情報を記入しないといけない場合もあります。

また、頑張って入力したとしても、保険の審査が下りるのは申込者の情報が送られてからなので、せっかく書いたのに加入することが出来ない場合もあります。

反対に、店頭販売の場合には担当者にその場で確認することもできますし、もしも加入することが難しい場合であったとしても、代替案として出してもらうこともできます。また、記入する書類もそこまで多くないため、意外と契約をする時は素早く終えることができます。

 

3.3ある程度保険の事を理解していないといけない

ネットで簡単に加入することができるという反面、自分で全て保険について選ばないといけないのはネット保険の大きなデメリットです。もちろん自分が明確に入りたい保険があり、保障内容や保険料などの希望もある方の場合には選びやすいかもしれませんが、膨大な情報から絞り込むのは大変な作業です。

また、保険についての知識があまり無い場合には、生命保険と損害保険の違いや、どのような人が入るのがいいのかなどが案外分かりません。そうなってくると、ネット保険に加入するためにまずは保険についてある程度の知識や常識を学ぶことが必要になってきます。

しかし、忙しい人の場合にはそういった暇がなかったり、保険について理解をしていたとしても、いざ自分の求めている保険商品が思うように見つからない場合があります。また、会社を選択しても、本当にその会社が信頼できるかなどの調査も必要になってくるため、非常に手間になる場合があります。

4.店頭とネットでの加入って一体どこが違うの?

収入保障保険とは

ネット保険のメリットとデメリットがわかった所で、そうはいっても店頭販売とネットでの加入のどちらがいいのか決めづらいという方もいるのではないでしょうか。確かに、どちらにも良い点はあるので決めづらい所がありますよね。

そんな方には、店頭販売とネット加入の場合はどういった点が違うのかを見ていくのがいいかもしれません。それでは早速、店頭販売とネット加入の違いを見ていきましょう。

4.1保険加入の際に自分で全ての責任を持つかどうか

保険に加入することを考えた時に、まずは自分が加入するべき保険はどういった種類なのかを選択しなければいけません。また、それに加えて、契約内容はどういったものなのかなどの細かい部分は、保険加入をする際にネット保険であっても、店頭販売型の保険であっても理解していないといけません。

しかし、店頭販売型の保険に比べて、ネット保険の場合は加入するべき保険が明確に決まっていたとしても様々な保険の内容について調べることが必要になってきます。もちろんそれを見越した上でのシンプルな保障内容が準備されているものの、その内容が理解しづらかったりすると自分で調べたり、問い合わせたりすることも必要です。

店頭販売型の保険の場合には自分がある程度入りたい保険についての希望があれば、比較的スムーズに保険加入にまで進みます。もちろん営業マンが保険を勧めてくれるからですが、任せることによって、本来は自分が加入する必要がないオプションが付いたり、割高なものに加入してしまって損してしまう場合もあります。

4.2保険見直しの際にサポートがついているかどうか

保険に加入したら、その保険にずっと加入し続けることはありません。独身時代に加入していたら、結婚を期に保険金をグレードアップさせたり、労働保険に加入したり、子どもができたらまた新たに生命保険に加入する場合もあるかもしれません。もちろんそんな面倒くさいことはしないと考えている方もいるかもしれませんが、人生の節目で保険を見直していくほうが、結果的にお得になる場合が多いと言われています。

店頭では、販売員に相談をすることによって気軽に保険の見直しを行うことができます。自分でわざわざ調べることなく、試算をしてもらうことができる一方で、見直しされた内容が自分には不適切なものであったり、保険会社が有利になるような内容になってしまう場合もあります。

一方でネット保険の場合には見直しはいつでも行うことができます。また、保険の見直しをする際は自分で独自に行なったり、FPに相談する事も可能です。その場合は別途料金がかかってきます。しかし、自分が信用しているFPならばより自分の状況にあった保険に乗り換えることが出来ます。また、サイトなどにも保険料などの計算ソフトが用意されているため、比較的かんたんに試算することができます。

4.3保険金請求の際に自分で全て行うかどうか

保険に加入している以上、万が一の事が起こり、保険金を請求することが必要になってきます実は、これは保険会社に請求しない限り自動的にもらうことはできません。

ネット保険の場合には、被保険者や、保険金受取人が保険会社に直接請求を行わないといけません。そのため、その時にどのような方法で申請を行うのか、また、保険証券はどこに保管されているのかをきちんと把握している必要があります。それに加えて契約内容などもきちんと理解していることが必要になってきます。しかし、ただでさえ非常事態に冷静に保険の申請をするのが難しいという難点もあります。

 

店頭販売型の保険の場合は、どのような事が起こり、対応してほしいという内容を連絡をとることは必要になってきます。しかし、それ以降は担当が代行してくれるため、自分で色々な対応をするのが難しい場合であったとしても、きちんと保障を受けることができます。しかし、担当者がきちんと理解していない場合に食い違いや、保険金の未請求などものトラブルもある場合があります。

5.ネット保険が安いのって一体どうしてなの?

ネット保険のウリの1つに、店頭販売型の保険と比較すると保険料が安くすむというものがあります。しかし、いくら店頭がないから人件費がうくからと言っても、同じような契約内容なのにどうして値段が変わってくるのか疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

保険料の値段は、保険加入の際の重要な判断材料の1つです。それでは、ネット保険がどうして安い値段で提供されているのかを見ていきましょう。

5.1ネットで契約する分人件費が抑えられているから

保険の料金というのは、いざという時に支払われる保険金の為に積み立てられ、保険会社によって運用される純保険料と、それ以外の保険会社の経費や、手数料などと言った保険会社を運営する際に必要になってくる付加保険料の2種類によってなりたっています。

純保険料の部分は、ある程度はその保障内容によって決まってくるため、保険会社が変わったとしてもその値段自体は保障内容が似ていれば同じような値段に集約されていきます。しかし、その一方で付加保険料は各保険会社ごとに異なっていきます。

特に手厚いサービスを売りにしていれば付加保険料は高くなりますし、ほとんどを機械化にしていれば当然付加保険料は安くなります。そのため、ネット保険の場合は人件費を始めとした付加保険料が少なくなると言われています。

しかし、ネット保険であってもサービスを一定以上に保つためにコールセンターを運営したり、サイト自体の管理や、保険加入手続きに必要な人は必要なので人件費はどうしてもかかってくる部分です。

 

 

5.2ネット保険が最安値でないこともある

ネット保険は安価だと言われていますが、しかし、数ある保険の中で確実に一番安いという訳ではありません。もちろん保険会社と比べれば安い場合もあります。ただ、場合によってはネット保険と同じような値段に近づけている努力をしている会社も有るため、一概にネット保険が最安値であるということはできません。

しかし、保険に詳しくない人の場合にはむしろ何も調べなくても相談料として少し上乗せして支払っていけば手厚いサービスを受けることができる店頭販売型の保険の方がよいと考える人もいるため、保険会社によってはあえて値段は変えずにサービスに力を入れている場合もあります。

 

5.3店頭保険の中には割引サービスなどもある

しかし、ネット保険の方がやはり普通の保険商品と比較すると安くなっている場合がほとんどです。そのため、店頭販売型の保険によっては健康体割引などと言った割引をしている場合があります。

これは、喫煙習慣や、身長体重などの情報から死亡する確率や病気のリスクが低い方に限っては、保険金を支払うリスクも低いため、保険料を安くしてくれる割引です。これが適用された場合には人によっては保険料がネット保険と比べても安く住む場合があります。

 

6.ネット保険に加入するのを止めておいたほうがいい人って一体どんな人なの?

収入保障保険ポイント

ネット保険も店頭販売型の保険も良い点と悪い点があります。その中でも、ネット保険に安いからといって加入しようとするのはあまりおおすすめしません。特に、保険は一度入ると抜けるのには時間がかかるため、きちんと入る前に考えることが必要です。

それでは、ネット保険に入るのをあまりおすすめしない人とはどういった人なのでしょうか。早速みていきましょう。

6.1保険商品についてよく理解していない人

保険とはどういうものなのかをしっかりと認識していない人はネット保険に入ることをあまりおすすめしません。特に、保険に対してあまり知識がないと、安易に値段などから選びがちです。そのため、プロに選んでもらうよりもネットで自分で加入するほうがオトクなのではないかと思う方もいるかと思います。

しかし、保険についてよく知識がない場合には、どの保険に入るのが自分にとって良いことなのかをきちんと認識していない為、保険商品を絞りきるのが難しくなってしまいます。また、比較するのも大変な作業です。

しかし、担当者にしっかりと状況を聞いてもらい、それを元にアドバイスをしてもらうほうが長い目で見ると時間も短縮され、ストレスもなく加入にまで進むことができます。また、不安なところなどもすぐに聞いてもらうことができるので、おすすめです。

 

6.2分からないことがある時に調べるより聞くほうが理解できる人

保険の商品というのはシンプルにしてあったとしても、細かい部分は複雑になっている部分が多くあります。しかし、わからない所が合った時に、自分で調査して、それが本当にあっているのかどうか理解することができる人はネット保険に向いています。

しかし、自分で調べるよりも、詳しい人にとことん相談して、それによって理解するほうが良いという人もいます。これは好みの問題になってきますが、そのほうが理解できるし納得できる場合は、販売員がいるような店頭販売型の保険に加入することをおすすめします。

 

7.ネット保険に加入する時に注意しておきたいポイントって?

所得補償保険ポイント

メリットもデメリットも理解した上でやっぱりネット保険に自分は加入しようと考えている方もいるかと思います。もちろんどちらに入るかは個人の選択なので、自分が決めたのならぜひ色々な商品を見て検討していくことが大切になってきます。

しかし、ネット保険は加入する時に全てを自分で行っていくので、もし少しでも間違っていたら加入することが難しくなってしまう場合もあります。そのため、最後にネット保険に加入する時に注意しておきたいポイントをご紹介していきたいと思います。

7.1手続きをする時に間違えていないかどうか

ネット保険で契約をする時には、本人確認の書類をスキャンしたりして、アップロードする必要があります。また、必要な物は自分でダウンロードして、必要に応じてそれを印刷して手元においておくことも必要です。これらは非常に根気がいる作業なのに加えて、これらがきちんと終わったとしても、署名や捺印をした上で書類を送信するのが必要な場合もあります。

せっかく忙しいからネット保険を選んだのに、これならば普通に保険代理店に行ったほうが早かったのではないかと思う方もいるかもしれません。販売店での契約の場合には、書類はその場で全て記載するため、加入する保険が決まっていればすぐに終わりますし、後から郵送などの手間も必要ありません。そのため、自分の性格を考えた上でもう一度考えてみましょう。

7.2説明をされていない状態で本当に保険内容を理解しているかどうか

ネット保険に加入する時には、自分自身で保険の契約内容を理解しないといけません。営業マンがいる場合は重要な部分は線を引くなどして説明してくれますが、ネット保険にはそういうことがありません。そのため、膨大な文章を一人できちんと読んで理解することが必要になってきます。

特に、保険料はどう変動していくのか、保障内容や保険金、加入期間などはどのようなものなのか、また途中解約した場合はどのようになるのかなどの細かい部分を理解しないといけません。他の会社と比較するのはもちろんですが、その会社独自の制度などはしっかりと理解しておくことが必要です。

そのため、保険加入をいきおいで決めるのではなく、ある程度時間をかけて絞り込み、客観的にもきちんと理解することによって加入するようにしましょう。

7.3保険請求の方法を理解しているかどうか

保険は自分自身で請求しない限り、保険にどんなに加入していても保険金を受け取ることは出来ません。実は請求漏れというのは割りと多く、どんなにきちんと非常事態に備えていたとしても、大切な時に大切なものを受け取れなかったということはあります。

もちろんこれはネット保険であったとしなくても、起こりうることがありますが、ネット保険の場合は請求する敷居が高くなる場合があります。これは、保険代理店などでは万が一のことがあればそこに行くことでどうにか解決されることがありますし、重要な書類がなくなっていても、そこで契約したことを証明することができるため、保障を受けることができます。

しかし、ネット保険の場合は保険証券によって保険に加入していたことを証明されるため、それをなくしてしまっていれば必要な保障が受けられないことがあります。また、どの保険に加入していたか本人以外の人がいまいちわからなかったり、複雑な請求ができなかったりすると、せっかくの保険が無駄になってしまいます。

そのため、契約をした時には保険だけの専用ファイルを作ったりして管理をすることで請求漏れを防ぐようにしましょう。特に、万が一の時はどこに電話をかければいいのか、また、どのような保障を受けることができるかなどの細かいことは、家族全体がすぐに分かるようにノートなどにまとめてわかり易い場所に保管しておくのもおすすめです。夫婦間、家族間でも共通理解ができるようにしましょう。

 

8.まとめ

これまでの店頭販売型の保険と比較して、値段も安く、シンプルでいつでも加入することができると話題のネット保険は、最低限の保険にだけ加入したい方や、営業マンはノルマの達成のためにあえて高額であったり、一番最適な保険を紹介してくれないのではと考えていた方にとっては非常に魅力的だと考えられています。

しかし、その一方で店頭販売型では行われていたその人のライフプランに合わせた細かい料金設定や、保険の見直し、また、数ある商品から本当に必要な保障内容に絞り込む作業などを自分でしないといけないため、むしろネット保険で加入するほうが損をしてしまう場合もあるとも言われています。

これらのリスクはもちろん自分が保険について勉強していくことで解消していくことができることもありますが、しかし、それが大変だからと考えている方もいます。ネット保険に加入するか悩んでいる場合には、自分の性格や、人生計画にはどちらがよりあっているのかを考えた上で加入するかを決定するようにしましょう。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る