葬儀費用の準備は保険?預金?どちらがいいのか教えます!

よく自分の葬式代だけは、子どもに残しておきたいという声を耳にします。

自分が死んでしまった後まで子どもに迷惑を掛けたくないと言うことですよね。

しかし、銀行などの金融機関では、預金者が亡くなったと分かるとすぐに口座を凍結して預金を引き出せなくなってしまいます。

そうなってしまうと、相続の手続きをしなくてはならず、葬式に間に合わないということにもなりかねません。

そのような事態を防ぐために、知っておきたい葬式に掛かる費用と、その費用を子どもに残す1番ベストな方法を紹介していきますので、残された家族が困らないように準備をしておきましょう。

目次

1.葬式を行うといくらかかるの?

1.1葬式代の平均費用

1.2いろいろかかるその他の費用

2.相続税について

2.1概要

2.2平成27年の改正内容

2.3改正後に必要な備え

3.金融機関の相続手続き

3.1相続とは

3.2相続時に必要な書類

3.2.1遺言書のある場合

3.2.2遺言書がなく遺産分割協議書がある場合

3.3.3遺言書も遺産分割協議書もない場合

4.相続税を減らすには?

4.1相続税対策

4.2暦年贈与の考え方

5.生命保険の活用

5.1相続時の非課税枠

5.2生命保険を受け取る際の税金

6.葬儀保険とは?

7.葬式代にお金を残しておくのは預金?生命保険?

7.1預金の場合のメリット・デメリット

7.2生命保険を使う場合のメリット・デメリット

8.まとめ
続きを読む

死亡保険金と3つの税とは?家族にしっかり遺したい人の2つの鉄則

生命保険に入るとき、あなたは死亡保険金にかかる税金について考えていますか?

自分に万が一のことがあったときに、遺される家族の負担を軽くするために入るのが生命保険です。

生命保険とは、いわば家族への最後の愛情であり、そんな想いで遺した死亡保険金が税金で目減りしてしまうと考えると、悲しくなりますよね。

受取人を誰にするかによって、死亡保険金にかかる税金を抑えることができます。

今回は、節税意識の高い人が当たり前にやっている〈節税になる死亡保険金の遺し方〉をご紹介します。

賢く保険に入って、家族にしっかり遺しましょう。

目次

1. 死亡保険金にかかる税って?3つの税と保険の関係

1.1. 死亡保険金にかかる税金とは

1.2. 契約の形によって税金の種類が違う

2. 非課税枠アリ!相続税の対象となるケース

2.1. 死亡保険金には非課税枠がある

2.2. 死亡保険金は「みなし相続財産」

2.3. 計算のしかた

2.4. 遺産全体に対する基礎控除

2.5.納税のしかた

3. 給与とまとめて!所得税の対象となるケース

3.1. 死亡保険金は「一時所得」

3.2. 税額は給与等とまとめて計算される

3.3. 計算のしかた

3.4. 納税のしかた

4. 税率が高いので注意!贈与税の対象となるケース

4.1. 死亡保険金は贈与とみなされる

4.2. 計算のしかた

4.3. 納税のしかた

5. 契約名義・受取人はこう決める!節税の2つの鉄則

5.1. 【鉄則1】相続税の対象になるようにする

5.2. 【鉄則2】契約者が保険料を支払う

5.3. 「受取人を孫にすると税金を節約できる」は本当か

6. 知らなきゃ損する!?死亡保険金と相続の関係

6.1. 死亡保険金は相続財産に含まれる?

6.2.「争族」対策としての死亡保険金

6.3. 死亡保険金は遺留分に含まれないってほんと?

6.4. 法定相続人以外が受け取ることも可能

7. 保険金トラブル発生!こんな時どうする?

7.1. 受取人が離婚した妻の場合

7.2. 受取人が未成年の場合

7.3. 受取人が既に死亡している場合

7.4. 相続放棄しても、保険金は受け取れるの?

8. まとめ
続きを読む

マニュライフ生命保険とは?気になるあの商品を考察します

 

みなさまはマニュライフ生命保険会社、という保険会社を知っているでしょうか。

日本国内においてはかんぽ生命や日本生命といった昔からある保険会社の知名度が高く、外資系保険会社であるマニュライフ生命保険会社という会社名を聞いたことがない人もいるのではないでしょうか。

私が、この保険会社名前を聞いたのは最近でした。

今回は、そんなマニュライフ生命保険について解説します。

マニュライフ生命保険はどのような特徴を持っている会社なのか、またマニュライフ生命が取り扱っている保険についても解説し、加入を検討するべきかどうかの評価も行います。

マニュライフ生命保険という会社を知らなかった人や、外資系の保険会社に加入しても大丈夫かなどの疑問を持っている人は、この記事を読むことでその疑問を解決することが出来ますよ。

目次

1 聞いたことある?マニュライフ生命保険ってどんな会社?

1-1 マニュライフ生命は日本の会社ではない

1-2 マニュライフ生命の経営状態は大丈夫?

2 マニュライフ生命保険の商品は役に立つのか?気になるあの商品を解説します

2-1 マニュライフ生命の『こだわり収入保障』

2-2 マニュライフ生命の『こだわり終身保険V2』

2-3 マニュライフ生命の『こだわり個人年金』

2-4 マニュライフ生命の『こだわり医療保険 with PRIDE』

3 マニュライフ生命の保険は評価とは?

3-1 マニュライフ生命の『こだわり収入保障』評価は?

3-2 マニュライフ生命の『こだわり終身保険V2』評価は?

3-3 マニュライフ生命の『こだわり個人年金(外貨建て)』評価は?

3-4 マニュライフ生命の『こだわり医療保険 with PRIDE』評価は?

3-5 マニュライフ生命保険は結局加入すべきか?

4 外資系の保険会社に加入するメリットとは?

4-1 そもそも外資系保険会社とは?

4-2 保険料がお得な場合が多い

4-3 シンプルな保険が多い

4-4 オーダーメイドの保険に加入できる

5 外資系の保険会社に加入するデメリットとは?

5-1 日本撤退の可能性がある

5-2 自分で保険について勉強する必要あり

6 国内保険会社のメリットとデメリットとは?

7 加入するならどっち?外資系保険会社と国内保険会社

8 まとめ
続きを読む

低解約返戻金型終身保険を賢く選んで、貯蓄をしながら万が一に備えよう

銀行金利も思わしくない上、なかなか景気低迷から抜け出せずにいる日本経済を鑑みると、貯蓄の重要性は増すばかりです。

そんな中注目されているのが、低解約払戻金型終身保険だということをご存知でしょうか。

限られた資金・資産の中、手軽な保険料で万が一にも備えられる上に、貯蓄性も兼ね備えた商品として、今脚光を浴びています。

今日はそんな低解約払戻金型終身保険を、ご一緒に見てまいりましょう。

目次

1.生命保険における2大商品
1.1終身保険
1.2定期保険

2.終身保険とは
2.1終身保険の特徴
2.2終身保険の種類
2.3積立利率変動型終身保険
3.4変額型終身保険
2.5外貨建て終身保険
2.6低解約払戻金型終身保険

3.定期保険とは
3.1定期保険の特徴
3.2定期保険の種類
3.3更新型定期保険
3.4全期型定期保険

4.低解約払戻金型終身保険とは
4.1低解約払戻金型終身保険の特徴

5.保険会社における低解約払戻型終身保険商品
5.1商品一覧

6.オリックス生命
6.1「終身保険ライズの特徴」

7.アフラック
7.1「未来の自分が決める保険 WAYS」の特徴

8.アクサダイレクト生命
8.1「アクサダイレクト生命の終身保険」の特徴

9.損保ジャパン日本興和ひまわり生命保険
9.1「一生のお守り」

10.マニュライフ生命保険
10.1「こだわり終身保険v2」

11.まとめ
続きを読む

マニュライフ生命の口コミとは?口コミから保険の実態を探る

保険選びをするにあたって必要となるのは情報を集めることだと思いますが、いくら情報を集めたとしても実際はどうなんだろう…?と実際の保険内容や会社の対応などが気になってしまい契約に至るまでにならない…なんてこともありますよね。

そんな時は口コミを活用することで、実際に加入している人の声や加入を考えた人の声が分かるというもの。全て鵜呑みにするのは危険な行為といえますが、参考にするくらいなら問題ないはず。

マニュライフ生命の保険加入を考えてはいるけど今一つ契約に踏み込めない、そんなあなたのためにマニュライフ生命の保険について、マニュライフ生命の口コミについてまとめましたので参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

1. マニュライフ生命について学びましょう

1.1 マニュライフ生命の基本情報

1.2 マニュライフ生命の保険商品一覧

1.3 マニュライフ生命の保険商品について

2. マニュライフ生命の保険概要

2.1 総合保障保険

2.2 終身保険

2.3 医療保険

2.4 ガン保険

2.5 収入保障保険・個人年金保険

2.6 その他の保険

3. マニュライフ生命の良い口コミ

3.1 保険商品についての口コミ

3.2 対応についての口コミ

3.3 働く側から見た口コミ

4. マニュライフ生命の悪い口コミ

4.1 保険商品についての口コミ

4.2 対応についての口コミ

4.3 働く側から見た口コミ

5. マニュライフ生命のおすすめの保険

5.1 総合保障保険 マニュフレックス

5.2 終身保険 こだわり終身保険v2

5.3 医療保険 こだわり医療保険with PRIDE

6. マニュライフ生命について思うこと

6.1 保険内容について

6.2 会社の対応について

7. まとめ 
続きを読む

デメリットから理解しよう!収入保障保険を知らないと損をする

皆さんは、どんな時に生命保険を考えたり、見直したりしますか?

もっとも大きな理由としては、夫(世帯主)が亡くなった後の、子供の学費や残された家族(妻)などの生活費の保障ですよね。
そして次に多いのが、事故でのケガや病気などの入院(治療費)を支えてくれる保障です。

そうなると、医療保障付きの『終身保険』or『定期保険』が思い起こされますが、『終身保険』は月々の掛け金が高い事や、『定期保険』の、継続(更新)の見直しや解約が待ち受けていて、突き詰めていくと、年代ごとに保険を毎回見直さなければいけなくなったりします。

そういった生命保険の「デメリット」な部分をしっかり押さえて居なければ、結局は、保障内容が無駄だったり、不足したりと、活躍しないままで、安心を買った(用意した)事にはなりません。

そこで、この2種類の保険内容の「デメリット」を補う形にもなっている『収入保障保険』を検証していきます。「長い期間にわたる保障で合理的な保険」と言われていますが、実際はどのような物なのか、良い面ばかりじゃなく、良くない面も含めてしっかりと見て行きたいと思います。

皆さんの家庭の中で起こりうるさまざまな予測を「プラス、マイナス」して、出来るだけ「プラス」になる生命保険を見つけられるお役に立てれば幸いです。

目次

1.『収入保障保険』が他の生命保険と違うものは?

1-1終身保険、定期保険、『収入保障保険』はどう違う

1-2『収入保障保険』と所得補償保険って同じ?
1-3マイナス面はこれ
1-4合理的な面は?

2.子供のライフステージから見る『収入保障保険』
2-1収入保障保険に合っている人
2-2収入保障保険に合っていない人
2-3設定は自由、受け取る年金額はどのくらいにがいい?

3.インフレに弱い『収入保障保険』の対策
3-1インフレの仕組みを知っておく
3-2インフレでも強い生命保険
3-3保険料の見積もりは?
3-4団信生命保険で十分かも?

4.『収入保障保険』人気ランキング
4-1アクサダイレクト生命
4-2ソニー生命
4-3マニュライフ生命

5.『総合収入保障保険』とは『収入保障保険』と同じ?
5-1『総合収入保障保険』の説明
5-2三井住友海上あいおい生命の「&LIFE収入保障保険」
6.所得税も?!『収入保障保険』が課税対象
6-1受取人によって変わる税金
6-2なぜ所得税がかかる?
6-3年金払いの所得税計算
7.まとめ

続きを読む

住宅ローンを借りるときに加入する団体信用生命保険のギモンを徹底解説します!

憧れのマイホーム!手にいれるにあたって、ほとんどの方はなんらかの形で住宅ローンを利用されるかと思います。

もしかしたら、銀行で住宅ローンの借入れを申込んだときに、健康状態をチェックする用紙にも記入をさせられて、面くらったという方もいらっしゃるかもしれませんね!

「ダンシン」「ダンシン」と言われている団体生命保険ですが、「実は、よくわからないままに加入してしまって、なんだかモヤモヤしている」という方もおられるかもしれません。

この機会に、団体生命保険の”ワカラナイ”についてスッキリさせてみませんか?

もしかしたら、ローンの返済がちょっぴりおトクになるかもしれません!?

目次

1.団体信用生命保険ってなに?
1.1団体信用生命保険について

2.住宅ローンと団体信用生命保険の関係は、3パターン
2.1金融機関が保険料を全額負担
2.2住宅ローンを借りる人が保険料の一部を負担する
2.3住宅ローンを借りる人が保険料の全部を負担する

3.団体信用生命保険の特徴
3.1ご家族に住宅ローンを残さない
3.2特約料は年払い
3.3受け取り人は金融機関

4.団体信用生命保険のメリットデメリット
4.1団体信用生命保険のメリット
4.2団体信用生命保険のデメリット

5.団体信用生命保険のかわりに生命保険でカバーできる?
5.1収入保障保険
5.2逓減定期保険
5.3代用するときの注意点

6.団体信用生命保険と相続税の関係

7.団体信用生命保険に入れない場合の対処法

8.団体信用生命保険に加入したら、保険を見直すといいって、ホント?

9.まとめ
続きを読む

ライフネット生命のデメリットとは?加入を検討している方必見です

 

生命保険に加入するのであれば、誰でも絶対に損したくないと思いますよね。しかし、どの生命保険にもメリットがあればデメリットもあります。

今回解説するのは、ライフネット生命についてです。

ライフネット生命に関しては様々な評判があり、本当に加入してもよいのか分かりにくくなっていると思います。

そこで今回は、ライフネット生命にはどのようなデメリットや特徴があるのかを解説します。

また、ライフネット生命が販売している商品に着目しながら、デメリットよりもメリットの方が上回る商品があるのかも考察します。

ライフネット生命に加入しようとしている人や加入を迷っている人は、ぜひこの記事を読んでライフネット生命の特徴を理解して、生命保険選びに役立ててください。

目次

1 ライフネット生命ってどんな保険会社?

1-1 元々はネット保険から始まった

1-2 ネット生保とは?

2 ネット生保にはどんな特徴があるの?

2-1 基本的に保険料が割安

2-2 いつでも申し込みが可能

3 知らないと怖い!ネット生保のデメリットとは?

3-1 保険の知識を身に着ける必要あり

3-2 保険料が割高なことがある

3-3 商品の種類が少ない

4 ライフネット生命の特徴は?

4-1 保険料の内訳を公開している

4-2 保障内容が分かりやすい保険が多い

4-3 電話やメールで相談可能

5 ライフネット生命のデメリットとは?

5-1 保険料はそこまで安くない

5-2 保障内容がシンプルすぎる

5-3 新規契約数が減少し続けている

6 加入する前に知っておきたい!ライフネット生命の4つの商品を解説!

6-1 ライフネット生命の就業不能保険『働く人への保険2』

6-2 ライフネット生命の定期保険『かぞくへの保険』

6-3 ライフネット生命の終身医療保険『新自分への保険』

6-4 ライフネット生命の終身医療保険『新自分への保険レディース』

7 ライフネット生命はデメリットが大きいの?ライフネット生命が良いか悪いか解説します

7-1 ライフネット生命の就業不能保険『働く人への保険2』の評価は?

7-2 ライフネット生命の定期保険『かぞくへの保険』の評価は?

7-3 ライフネット生命の終身医療保険『新自分への保険』の評価は?

7-4 ライフネット生命の総合的な評価は?

8 まとめ
続きを読む

安心できる健全経営保険会社を選ぶ3つのポイント

生命保険に加入する際に、保険会社が潰れないかと心配になる方はどれほどいるでしょうか。

保険商品は、もちろん保険を選ぶ際に重要な要素ですが、保険会社の経営状態も保険を選ぶ重要な要素の一つですよね。

今回は、40社の保険会社の経営状態を分析し、経営状態を指す指数である、ソルベンシー・マージン比率が信用できるのか、また健全な経営状態はそのようにしてできるのかを検証しました。

この記事を読んで頂き、保険会社の経営状況を見極めて、より安心して保険選びが出来る様になればと思います。

目次

1.生命保険会社の健全経営内容とは?

1-1 あなたの保険会社を選ぶ基準は何ですか?

1-2 保険会社を選ぶ基準は「健全経営」

1-3 「健全経営」は、どんな基準で判定するのか?

1-4 損益計算書の「入り」と「出」を家計言葉になぞらえると・・・

1-5 AIGがAIG富士生命から撤退した理由に健全経営基準が見える

2.健全経営保険会社の販売形態と商品揃えは?

2-1  資産運用と営業職員が豊富な商品を販売する保険会社は健全経営

2-2 インターネット販売系保険会社は健全経営か?

2-3  販売先とユニークな商品開発をした保険会社は健全経営

3.強力な営業力の保険会社は健全経営

3-1 日本社生保で営業力が強い保険会社はどこか?

3-2 外国社生保で営業力が強い保険会社はどこか?

3-3 株式会社と相互会社、経営健全から見て何が違のか?

4.健全経営を損益数字率で判定すると

4-1 健全経営の損益数字率はこれだ

4-2 ソルベンシー・マージン比率は健全経営基準になるか

4-3 生命保険契約者保護機構は契約を守る最後の砦

5.まとめ
続きを読む

ソニー生命の収入保障保険メリット・デメリットを分かりやすく徹底解説します!

生命保険の中で今人気の収入保障保険。

しかし、何処の保険会社のどういう保険が自分に合ってるか調べても情報が多すぎて、結局答えが見つからないままで疲れてしまいますよね。

実は、保険に対する考え方は十人十色。

もちろん年齢や家族構成、収入によっても違いますが、保険のプロであるファイナンシャルプランナーですら考え方が違えば勧める保険も変わります。

ここでは、ソニー生命の収入保障保険について、元保険外交員が分かりやすくメリット・デメリットを徹底解説します。

ご自分に合った保険の形が分かることで、本当に必要な無駄のない保険が見つかります。

収入保障保険の『なんで?』が『なるほど!』に変わる情報満載!

目次

1.ソニー生命の収入保障保険の仕組み
1.1.収入保障保険とは
1.2.ソニー生命の収入保障保険の特徴
1.3.主契約に特約をプラスして自分に合った保険を作る
2.収入保障保険のメリット・デメリット
2.1.【メリットその1】保険料の無駄を軽減できる
2.2.【メリットその2】保障期間が長い
2.3.【デメリットその1】解約返戻金がありません
2.4.【デメリットその2】税金が高くなる可能性があります
3.ソニー生命の収入保障保険に付加できる特約
3.1.傷害特約
3.2.入院総合保障特約
3.3.がん特約
3.4.保険料払込免除特約
3.5.災害死亡給付特約
3.6.成人病総合保障特約
3.7.リビング・ニーズ特約
4.収入保障保険が合う人・合わない人
4.1.お子様が小さく働き盛りの大黒柱
4.2.貯蓄が少なく貯金が苦手な人
4.3.大きな保障にとにかく安く加入したい人
4.4.掛け捨ての保険が嫌いな人
4.5.大きな保障が必要ない人
4.6.かなり高額な貯金がある方人
5.収入保障保険は考え方によって必要か不必要か変わります
5.1.ご家族と保険の必要性や保険に重点を置くものが何か考えましょう
5.2.将来の事も考えて加入しましょう
5.3.保険金をまとめて受け取るべきか、年金月額で受け取るべきか
6.ソニー生命の収入保障保険の注意点
6.1.保険期間満了時には少額になる
6.2.入院総合保障特約は日帰りは対象外
6.3.要介護状態は判定が変わる
6.4.収入保障保険と所得補償保険の違いに注意しましょう
7.特則や割引き制度を上手に使いましょう
7.1.ソニー生命の高額割引制度とは
7.2.非喫煙者割引特則とは
8.まとめ
続きを読む

オリックス生命の収入保障死亡保険「キープ」に加入して、安心な人生を

ファミリー

インターネット隆盛の昨今、多数の保険会社から多岐にわたる保険商品が販売されています。

とりわけ死亡保険の重要性は高く、社会における認知度も当然上がってきています。

そんな数ある死亡保険の中で、オリックス生命から販売されているKeep/キープという死亡保険商品が、注目を浴びているのをご存知ですか?

今回は、万が一に備えて収入保障がなされるオリックス生命の死亡保険Keep/キープを考察したいと思います。

目次

1.オリックスグループとは
1.1グループ概要
1.2グループ実績

2.オリックス生命とは
2.1オリックスグループにおけるオリックス生命の位置づけ
2.2会社概要
2.3沿革
2.4実績
2.5外部評価と顧客評価
2.6顧客満足への取り組み

3.オリックス生命の販売チャンネル
3.1保険代理店による販売
3.2金融機関による販売
3.3コンサーブアドバイザーによる対面販売
3.4通信販売

4.オリックス生命の死亡保険商品
4.1定期保険ファインセーブ
4.2定期保険ブリッジ
4.3収入保障保険キープ
4.4終身保険ライズ
4.5終身保険ライズ・サポート

5.収入保障保険の必要性
5.1所得補償保険
5.2収入保障保険

6.オリックス生命の収入保障保険とは
6.1収入保障保険キープの加入者の傾向
6.2収入保障保険キープ特徴
6.3収入保障保険キープ保証内容
6.4収入保障保険キープ特約
6.5収入保障保険キープ解約払戻金
6.6契約可能年齢と保険期間
6.7保険料
6.8保険引受の条件
6.9加入例

7.オリックス生命のインターネット申込
7.1申込の流れ
7.2注意事項
7.3申込から保障開始までのスケジュール
7.4保険料支払方法

8.オリックス生命の郵送申込
8.1申込の流れ
8.2注意事項
8.3申込から保障開始までのスケジュール
8.4保険料支払方法

9.保険相談サービス
9.1対応可能なリクエスト
9.2相談サービス利用の流れ
9.3紹介先

10.まとめ
続きを読む

ソニー生命はクレジットカード払いが出来ない!?知らないと損する保険料をお得にする方法とは?

 

みなさまは保険料を支払う時どのような方法を使っているでしょうか。

銀行振り込みやコンビニ振り込みなどなど、たくさんの支払い方法があります。

支払方法の数が多いため、どの支払方法が良いのか迷ってしまうのではないでしょうか。

その中で最もお得な支払方法だと思われるのは、クレジットカードを利用して保険料を支払うことです。

しかし、すべての生命保険会社がクレジットカード払いに対応しているわけではありません。

ソニー生命も、そんなクレジットカード払いに対応していない生命保険会社の一つなのです。money-256314_640

では、クレジットカードで保険料支払えないからと言ってソニー生命が検討に値しないかといえば、そんなことはありません。

確かに支払い方法に柔軟性はありませんが、その保険商品はとても魅力的です。

本記事では、そんなソニー生命の魅力ある商品をいくつか紹介します。

また、どうすれば保険料の支払いを抑えることが出来るのかについても解説します。

この記事を読んで、あなたが支払う保険料をお得にしてしまいましょう。

目次

1 ソニー生命はクレジットカードで保険料を支払えないのか?

1-1 ソニー生命は初回だけクレジットカード払いが出来る

1-2 ソニー生命の保険料の支払い方

1-3 他にもある?クレジットカード払いが出来ない生命保険会社

1-4 なぜクレジットカードで支払うことが出来ないのか?その理由を考察します

2 ソニー生命に加入するのは損なのか?

2-1 財務基盤が盤石で倒産の危険は低い

2-2 オーダーメイドの保険を選べる

3 ソニー生命で絶対におすすめできる保険を2つ紹介

3-1 ソニー生命の学資保険『学資保険スクエア』

3-2 ソニー生命の変額保険『バリアブルライフ』

4 クレジットカードで保険料を支払える保険会社を紹介します

4-1 オリックス生命

4-2 日本生命

4-3 ソニー損保

5 クレジットカードを使って保険料を支払うメリットとは?

5-1 ポイントがもえらえる

5-2 お金の管理が楽になる

5-3 保険料の未払いを防げる

6 クレジットカードを使って保険料を支払うデメリットは?

6-1 保険契約者名義のカードしか使えない

6-2 カードが止められている場合は支払いが出来ない

6-3 支払い時期を調整できない

7 支払う保険料を劇的に抑える6つの方法

7-1 一度に払う保険料を多くする

7-2 たくさんの保険商品を見比べる

7-3 自分の加入している保険が適切か調べてみよう

7-4 生命保険の保険料控除を利用する

7-5 健康体割引を使って生命保険に加入しよう

7-6 知識を持った人に相談してみよう

8 まとめ
続きを読む

掛け捨ての医療保険は損なのか?知っておきたい医療保険の基本

 

医療保険への加入を検討する時に誰もが必ず疑問に思うこと、それは「掛け捨てと貯蓄型医療保険ってどちらがお得なのか?」ということではないでしょうか?

最近、保険会社はこぞって保険料の安い終身保険を宣伝しており、その大半は掛け捨ての保険です。

しかし、保険に加入することは車一台購入するくらいの買い物ですから、誰だって保険選びで失敗したくありませんよね?

今回は、様々な保険商品を分析・検討してきた私が、保険選びをするために最低限押さえておくべき基本事項をはじめ、「掛け捨て」と「貯蓄型」医療保険の違いについて詳しく説明するとともに、どちらの医療保険を選ぶべきなのか、その秘訣をお教えします。

この記事を読んで、あなたに最も適した保険選びをしましょう!

目次

はじめに:どのような医療保険が適しているかは人によって違うもの

1.医療保険ってそもそも必要なの?

1.-1 病気によって生じる様々なリスク

1.-2 押さえておきたい公的医療保険

2.公的医療保険と民間医療保険

2.-1 公的医療保険によってカバーできる部分

2.-2 足りない部分を民間医療保険でカバー

3. 医療保険にはどんな種類があるの?

3.-1 定期医療保険

3.-2 終身医療保険

4.医療保険の掛け捨てと貯蓄型、何が違うの?

4.-1 掛け捨てと貯蓄型、それぞれの保険のメリット、デメリット

4.-2 掛け捨て医療保険のメリット、デメリット

4.-3 貯蓄型医療保険のメリット、デメリット

5. どちらがお得?掛け捨てと貯蓄型医療保険の保険料徹底比

5.-1 掛け捨てと貯蓄型、保険料はどのくらい違うのか?

5.-2 貯蓄型医療保険は貯蓄なのか?

5.-3 貯蓄型医療保険の賢い使い方

6. これで納得!自分に合った医療保険の選び方!

6.-1 必要な保障内容を無理のない支払保険料で

6.-2 将来の環境変化も考慮した保険選びをすべし!

7.まとめ:保険選びはライフプラン設計そのもの
続きを読む

女性が備える保険は?絶対知ってほしい保険の選び方6つのポイント

最近の保険は、販売している商品も会社も大変多くあり、自由度が広くて良いですが、逆に家族みんなを安心させる保険選びとなると苦労をします。

ともすると、私(妻)の保険はかなり簡単な物しか入ってない!なんて事があります。

果たして自分以外の女性たちは、どのような備え(保険)を考えているのか気になりませんか?

現代、女性が子育ても含め幅広く、あらゆるフィールドで活躍している時代になってきました。それと同時に、女性だからこそ抱える悩みも増えて来ている中、最近多く聞かれるのが、女性特有の疾病に対する備えの不安です。

女性特有の疾病は、老いから来るものだけではなく、10代、20代にさえ他人事じゃない問題になってきています。
今回は、もし貴女が生命保険を選んだ後に、もっとこうして置けば良かったと後悔しない為に、女性に特化した保険の選び方の、重要視するポイントを、女性ならではの疾病も交えご説明していきます。
これを読んで、女性の備えがどのくらい必要なのか、しっかり把握していただけたら幸いです。

目次

1. 保険会社を選ぶ前にタイプ(種類)を知っておこう   

1-1生命保険と損害保険

1-2分類!生命保険のタイプ

2. ランキイングから見るお得な「保険会社選び」

2-1終身・医療保険が得な保険会社

2-2保険会社の本音はこれ!

3. 女性に保険は本当に必要か?

3-1必要な理由
3-2保険に入っておくべき人
3-3女性に多い疾病はどのくらいある?

4. 女性の保険、自由に選ぶ程の保険会社はあるの?

4-1おすすめ!女性だけの「生命保険」
4-2結婚・出産前後
4-3女性一人で生き抜くためには

5. 必要な保障は?特約って何

5-1本気の選び方は手厚い保障
5-2付けるならこんな特約がおすすめ

6. 老後に女性も備えよう

6-1平均寿命は?保険料満期

6-2先を読むには、親を見よう

7. まとめ

続きを読む

収入保障保険とは?人気の収入保障保険5選を紹介!

ケガや病気で働けなくなってしまったら・・・と考えるだけでぞっとする不安がありませんか。それは働けなくなるとお金が入ってこないイコール生活できないということからそのような不安になっています。

生命保険にはほとんどの人が加入していると思いますが、収入保障保険に加入している人はどのくらいいるでしょうか。あまり馴染みのない保険商品かもしれませんが、加入していると万が一の時に困らなくて済むようになります。

残された家族が路頭に迷わないように加入を検討してみてください。このサイトでは。様々な生命保険会社の販売している収入保障保険をランキング形式で紹介させていただきます。

また、収入保障保険のメリットやデメリット、公的保障でどのくらいまかなえるかも紹介していきますので、収入保障保険に加入する前は是非ご覧ください。

目次

1.収入保障保険とは?

1.1概要

1.2保障を使える場面

2.生命保険とは違うの?

2.1定期保険

2.2収入保障保険

3.そもそも収入保障保険って必要なの?

4.収入保障保険のメリット・デメリット

5.保険に関する税金

5.1一般の生命保険料控除

5.2介護医療保険料控除

5.3個人年金保険料控除

5.4保険料控除の計算方法

6.働けなくなった時の公的保障

6.1亡くなってしまった場合

6.2高度障害に練ってしまった場合

7.人気の収入保障保険5選

8.まとめ
続きを読む

終身保険よりおトク!?オリックス生命FineSave(ファインセーブ)を調査

あなたが生命保険に求めるものはなんでしょうか。

誰もが思うのは「少ない掛け金で、充実した保障を」ということですよね。

とはいえ、「掛け金が少ないのに、保険金が高くて、保険期間が長くて、見直しもしやすくて、貯蓄性もあって……」なんていう夢のような保険は存在しません。

保険を選ぶ時は、こういったメリットとデメリットの兼ね合いに頭を悩ませるものですよね。

今回は、貯蓄性をバッサリ切り捨てることで安い保険料を実現した、オリックス生命のFineSave(ファインセーブ)をご紹介します。

オリックス生命のFineSave(ファインセーブ)は、節約上手な人に選ばれ続けている人気の保険です。

その人気の秘密は、安い保険料だけではないようです。この記事では、ファインセーブのメリットや、ファインセーブを活用した上手な保険の掛け方をご紹介します。

賢い保険の掛け方を知って、保険料の節約と安心の保障を実現しましょう。

目次

1.オリックス生命FineSave(ファインセーブ)とは

1.1.保障内容・特約

1.2.契約可能年齢・保険期間・更新

1.3.保険料例

1.4.保険料の支払方法

2.ファインセーブのココがすごい!6つの特長

2.1.割安な保険料

2.2.最長90歳までの長い保険期間

2.3.最大5,000万円までの保険金

2.4.医師の診査が不要だから、入りやすい

2.5. 病気でも事故や災害でも、同額の保障

2.6. 重い障害を負ったら保険料免除

3.気を付けよう!ファインセーブの注意点3つ

3.1.貯蓄性は無い

3.2.年満了の場合、自動更新毎に保険料が上がる

3.3.非喫煙者割引がない

4.こんなあなたにおすすめ!ファインセーブの活用法

4.1.終身保険より安く、長期の保険をかけたい人

4.2.ライフスタイルに合わせて保険を見直したい人

5.ファインセーブの利点を120%活かす契約のしかたとは

5.1.保険料を抑えて、長い安心を

5.2.必要な時に必要なだけの保障を

6.何が違う?オリックス生命Bridge(ブリッジ)との比較

6.1.保険料の違い

6.2.ファインセーブのメリット

6.3.結局どちらが良い?

7.同条件の優良保険を探せ!他社商品との比較

7.1.アクサ生命ピュアライフ

7.2.ライフネット生命かぞくへの保険

7.3.メディケア生命メディフィット定期

7.4.一番おトクな保険は?

8.まとめ
続きを読む

アフラックのWAYSを徹底解説!将来のニーズに合わせて変えられる保険とは?

アフラックといえばアヒルが目印の保険会社で、がん保険や医療保険のイメージが強い保険会社だと思います。

しかし、今「未来の自分が決める保険WAYS」に注目が集まってきているのをご存知でしょうか?
「未来に自分が決める保険」とはいったいどのような保険なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、死亡保険である、「未来の自分が決める保険WAYS」の特徴と将来選べる保険の内容などを徹底的に解説をしていきます。
将来の自分の為になる保険であれば、損をする事もないでしょう。

この記事を見て、少しでも将来の事を考えてみてはいかがでしょうか?

目次

1. アフラックってどんな会社なの?

1.1 アフラックの基本情報

1.2 アフラックの保険商品

1.3 アフラックといえば「がん保険や医療保険」だけど…

2. アフラックの「未来の自分が決める保険WAYS」

2.1 基本情報

2.2 加入条件

2.3 解約返戻金について

2.4 未来の自分が決めるって?

2.5 どんなところがおすすめなの?

2.6 逆にこんな落とし穴があります

3. アフラックのもう一つの終身保険と比較

3.1 保険料の比較

3.2 加入可能年齢や保障額の比較

3.3 解約返戻金の比較

3.4 その他 気になるところについて

4. アフラック「未来の自分が決める保険WAYS」の口コミ

4.1 良い口コミの声

4.2 悪い口コミの声

5. アフラックWAYS 4つのコースについて

5.1 医療保障コース

5.2 介護年金コース

5.3 年金コース

5.4 死亡保障コース

6. 死亡保険について

6.1 死亡保険とは

6.2 他の保険と比べてメリットやデメリットはあるの?

7. まとめ 
続きを読む

話題の収入保障保険を解説!必要か不要かなどの悩みを一気に解決させます!

 

 

突然ですが、みなさんはご自身が1ヶ月いくらで生活していのるか、その金額を即答できますか?

「だいたい○○円くらい」と、おおよその見当はつく方、「たぶん、赤字?黒字?‐しょーじき、どんぶり勘定!」の方、色々いらっしゃるかと思います。

とあるシンクタンクが、子どものいる既婚女性にアンケートをとったところ、きっちり家計簿をつけて家計を把握されている方は、ほぼ半数との結果であったそうですから、答えられなくても、普通のことかもしれませんね。

でも、生活費はわからなくても、その『お金』が入ってこなくなったら、とたんに生活に困る!という方は、ほぼ全員ではないでしょうか?

お子さまがおられるご家庭でしたら、なおさらですよね。

そういった事態に、いかにして備えればいいのか?

もし、大切なご家族に万が一のことが起きた時に、そこからさきの生活の保障を確保できる収入保障保険を、一緒に見ていきませんか!?

目次

1.収入保障保険ってナニ?
1.1.収入保障保険とは
1.2収入保障保険の特徴
1.3保険料が割安な理由~仕組みに秘密あり!

2.はいるべき?そうでもない?タイプ別にみてみよう!

3.収入保障保険の考え方
3.1必要保障額について
3.2必要保障期間について

4.収入保障保険と定期保険との違い

5.収入保障保険と就業不能保険との違い

6.収入保障保険のメリットデメリット

7.収入保障保険の受け取り方
7.1年金方式
7.2一括受取

8.収入保障保険と税金の関係

9.まとめ

続きを読む

ネットで契約OKな安心のアクサダイレクト生命で色々な生命保険を考えよう

驚異的なインターネットの発達によって、私たちが保険に加入する手段は、昔ながらの保険外交員との保険契約から、インターネットの世界へとシフトされるようになりました。

WEB上で保険の比較検討が行えたり、新たに加入したり、保険内容を見直したりと、様々なことが家にいたままで、できるようになったわけです。

そこで注目したいのが、日本で初めてインターネットでの保険加入を可能にした、アクサダイレクト生命です。

アクサグループの中でもとりわけ生命保険商品が手厚く、充実した内容を誇るアクサダイレクト生命で、様々な保険を見直してみませんか。

目次

1.アクサダイレクトグループとは
1.1アクサダイレクトグループ概要
1.2アクサダイレクトグループ実績
1.3日本におけるグループの事業

2.日本におけるアクサセダイレクト生命とは
2.1企業情報
2.2沿革
2.3業績評価

3.生命保険とは
3.1生命保険の必要性

4.一般的な生命保険の種類と特徴
4.1死亡保障
4.2医療保障
4.3老後・貯蓄保障

5.アクサダイレクト生命の医療保険とは
5.1医療保険の目的
5.2医療保険の特徴と保証内容

6.アクサダイレクト生命保険のがん保険とは
6.1がん保険の目的
6.2がん保険の特徴と保証内容

7.アクサダイレクト生命の引受基準緩和型とは
7.1引受基準緩和型の目的
7.2引受基準緩和型の特徴と保証内容

8.アクサダイレクト生命の定期保険とは
8.1定期保険の目的
8.2定期保険の特徴と保証内容

9.アクサダイレクト生命の損害保険とは
9.1損害保険の目的と種類

10.アクサダイレクト生命でのネット契約
10.1特徴
10.2申込方法
10.2申込時に必要なもの

11.契約内容変更方法
11.1インターネットでの手続き
11.2お電話での手続き
11.3保険金・給付金請求手続き

12.まとめ

続きを読む

生命保険にかかる相続税とは?知って得する相続税対策を徹底解説

 

「相続税」と聞くと難しいと思う人が多いのではないでしょうか。

自分には関係ないとおもっているそこのあなた、もしかするとあなたも相続税について知る必要があるかもしれませんよ。

なぜならば、相続税についての改正が行われたため、より多くの人が課税対象になったからです。

特に、生命保険に加入し、保険金を受け取る可能性がある人は要注意です。

本記事では、そんな難しいと思われがちの相続税についての基本を分かりやすく解説します。

また、生命保険を使って、支払う税金を抑えるためのコツや注意するべき点などを同時に紹介します。

この記事を読めば、相続税について知るだけではなく、生命保険を使った税金対策についても詳しくなれます。

生命保険と税金のことについて詳しくなり、よりあなたの生活を豊かに出来るように役立ててみてください。

目次

1 生命保険に相続税はかかるの?まずは相続税の基本を知ろう

1-1 生命保険に相続税がかかる場合がある

1-2 生命保険を受け取るときには非課税枠がある

1-3 非課税になるのはどれぐらい?事例を使って紹介します

2 生命保険を使って相続税対策をするメリットはあるのか?

2-1 非課税枠を活用して相続税をお得に出来る

2-2 遺産分割を楽に行える

2-3 葬儀費用などの確保が出来る

2-4 銀行に預けるよりも資産運用に向いている

3 絶対に知っておきたい生命保険で相続税対策をする場合の注意点

3-1 受取人によって税率が変わる

3-2 加入する生命保険にも気を配ろう

3-3 確定申告が必要な場合がある

3-4 そもそも生命保険に加入出来ない可能性も

4 生前贈与にも生命保険を活用しよう

4-1 生前贈与とは何か?

4-2 生命保険を使って生前贈与を行う具体的な方法

4-3 生命保険を使って生前贈与を行うメリット

4-4 生前贈与を相続税対策に用いる時の注意点

5 一時払い終身保険は相続税対策に向いているのか?その理由を徹底解説

5-1 一時払い終身保険とは何か?

5-2 一時払い終身保険に加入するメリットとは?

5-3 一時払い終身保険に加入するときに知っておきたいデメリット

5-4 一時払い終身保険に加入するのが向いている人とは?

6 絶対におすすめの終身保険を3つ紹介します

6-1 アフラックの終身保険『WAYS』

6-2 オリックス生命の終身保険『ライズ』

6-3 AIG富士生命の終身保険『E-終身』

7 まとめ
続きを読む