生命保険の終身保険

ファミリー

生命保険の終身保険ついて解説しています
 
生命保険の終身保険について紹介したいと思います。

生命保険の終身保険というのは、定期保険と同じように死亡したときだけ死亡保険金を受け取ることができるというタイプの生命保険になっています。

保険期間は、生命保険の定期保険とは少し違っていて、一定というわけではありません。一生涯死亡保障が付くというものです。ですから生命保険の満期保険金というのはありません。

この終身保険にはタイプがあって保険料の払い込みが決められた年齢や決められた期間で満了するという有期払込というタイプの生命保険と、一生支払いをするという終身払込のタイプの二種類があります。
 
契約したときの決められた期間の生命保険料を安くおさえて、その分、決められた期間が過ぎた後には、保険料を高くしていくというステップ払込むというシステムを導入しているところもあります。

生命保険の終身保険の中でも無選択型終身保険というのがあるのですが契約してかから2年など決められた時期に病気をしたり死亡したときには死亡保険金というのではなくてすでにいままでに支払った保険料のそれ相当の額が支払われる形になっている生命保険です。

生命保険の終身保険は一生涯の保障がついていることから加入している人が比較的多いのではないでしょうか。