生命保険と預金の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

dentaku

生命保険と預金の違いとバランス
 
預金と生命保険の特徴

生命保険は契約したその日から、死亡などの場合に保険金の全額が支払われますが
預金の場合には必要な資金が貯まるまでには長い期間を必要とします。

いつ起こるかわからないリスクには生命保険、期日のわかるリスクには預金と言えます。

預金と生命保険~解約の時の損得は?
 
預金を解約した場合には、元本と利息もどりますが、生命保険の場合には全く戻ってこない掛け捨てや一部しか戻ってこない場合があります。

これは、生命保険では契約から解約までの間、もしも死亡した場合に保険金を受け取り事が出来るというサービスを受けていたわけであり、この代価の分が戻ってこないということがいえます。

解約を考えた場合、生命保険に加入する時は預金と違ってかなり慎重になる必要があります。

利息と保険金について

預金者は必ず全員に利息が付きますが保険金は全員が受け取れるわけではありません。

その代わり万が一の場合に受け取れる保険金額が多いのです

預金と生命保険のバランス

お金を預金に回した方がいいのか、生命保険にした方がいいのかではなく、要は生命保険と預金のバランスです。

自分に合ったバランスを見つけましょう。

C

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る