プロが入りたい医療保険ランキングを紹介!医療保険のタイプ別に詳細解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

医療保険には様々なタイプの医療保険がありますが、どんな医療保険を選ぶべきなのでしょう?

なかなか保険を選ぶ際には悩む所ではあります。

医療保険には、すべてのケガや病気を保障できる万能の商品はありません。

医療保険はタイプ別にメリット・デメリットが必ず存在します。

良い医療保険とは、タイプ別のメリットを最大限に生かし、デメリットを補うのが優れた保険商品と言えます。

今回は医療保険をタイプ別に分け、メリットを生かし、デメリットを補っている保険商品をランキングしてご紹介します。

この記事を読んだ後は、ご自身が医療保険を選ぶ際の良き参考資料となることでしょう。

目次

1.プロが入りたい医療保険ランキングについて

  • 1-1.医療保険とは?
  • 1-2.医療保険の特徴
  • 1-3.医療保険の色々なタイプについて

2.定期型医療保険について

  • 2-1.定期型医療保険とは?
  • 2-2.定期型医療保険の特徴
  • 2-3.定期型医療保険の注意点

3.定期型医療保険ランキング

  • 3-1.定期型医療保険ランキング紹介
  • 3-2.アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの定期医療
  • 3-3.メディケア生命 メディフィット医療定期
  • 3-4.ネオファースト生命 ネオdeちりょう

4.終身型医療保険について

  • 4-1.終身型医療保険とは?
  • 4-2.終身型医療保険の特徴
  • 4-3.終身型医療保険の注意点

5.終身型医療保険ランキング

  • 5-1.終身型医療保険ランキング紹介
  • 5-2.オリックス生命 新CURE[キュア]
  • 5-3.メットライフ生命 終身医療保険フレキシィ
  • 5-4.AIG富士生命 医療ベスト・ゴールド

6.女性向け医療保険について

  • 6-1.女性向け医療保険とは?
  • 6-2.女性向け医療保険の特徴
  • 6-3.女性向け医療保険の注意点

7.女性向け医療保険ランキング

  • 7-1.女性向け医療保険ランキング紹介
  • 7-2.オリックス生命 新CURE[キュア・レディ]
  • 7-3.アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの終身医療女性プラン
  • 7-4.東京海上日勤あんしん生命 メディカルkit NEO 女性プラン

8.まとめ

1.プロが入りたい医療保険ランキングについて

保険会社の医療保険は、インターネット、テレビCM、折り込みチラシ等、様々な広告媒体を通して大々的に宣伝されています。

そうはいっても一体どんな保険商品が優れているのか?加入する価値があるのか?種類がたくさんあって良くわからない・・・・。

悩んでおられる方もいらっしゃると思います。

まずは、そもそも医療保険とは何なのか?どんなタイプに分かれているのかをご説明します。

1-1.医療保険とは?

医療保険とは、前もって加入希望者が生命保険会社と契約し、病気・ケガの手術・入院時に給付金を受け取ることで、医療費等の金銭的な負担を軽減する商品のことです。

加入者は、健康な時にコツコツと保険料を支払い、日頃から、病気やケガをした場合の金銭的な備えを行っていくことになります。

1-2.医療保険の特徴

①民間の医療保険は、公的医療保険を補完する役割

日本には、事業所に勤務する従業員が加入する健康保険、自営業、フリーランス、無職者が加入する国民健康保険と、国民であるなら必ず公的医療保険に加入していなければなりません。

この公的医療保険は、通常3割が患者の自己負担となりますが、公的医療保険が適用されるのは、保険診療に関係する医療サービスに限られています。

つまり、差額べット代、食事代、通院の際の交通費、先進医療の費用、自由診療の費用等は、公的医療保険の適用外とされています。

この適用外の医療サービスを受ける時には全て自己負担となりますので、その金銭的な負担を抑える役割が民間の保険商品に期待されています。

②支払われる給付金・一時金は医療費のためだけにあるのではない

手術・入院をした際に保険会社から支払われる給付金や一時金は、かかった医療サービスにのみに充てられるわけではありません。

加入者が家庭を持っていたときには、ご自身の手術・入院で休職した場合の収入減による家計の圧迫を防ぐために、給付金や一時金を配偶者や子の生活費に充てることもできます。

このため、潤沢な貯蓄の無い家庭や、自分が入院中に家族の生活の方が心配である方は、民間の医療保険への加入は有効な備えの一つとなります。

1-3.医療保険の色々なタイプについて

保険会社の扱う医療保険には大きく分けて二つのタイプの保険商品があります。

それは、一定期間の保障のみを扱う「定期型医療保険」と、一生涯にわたり保障が継続する「終身型医療保険」です。双方とも一長一短があり、ご自身の年齢やライフステージの変化によっても、どちらのタイプがご自身にあった保険商品となるかが変わっていく場合もあります。

定期型医療保険と終身型医療保険の特徴を表にすると以下のようになります。

定期型医療保険 終身型医療保険
保障される期間 一定の期間内(例えば5年間、10年間等) 一生涯
支払う保険料 比較的安い 比較的高い
注意点 契約を更新する場合には保険料が値上がりし、その度に負担感が増す 保険料は上がらないが、保障内容が最新の医療技術等についていけなくなる可能性がある

また、近年では女性だけが発症してしまう深刻な病気や、出産の際のトラブルに対応すべく、女性専用の医療保険のタイプである「女性向け医療保険」も続々と登場しています。

こちらの保険商品は、通常の医療保険と比較し女性特有の疾病をした際に手厚いサポートが期待できます。

2.定期型医療保険について

医療保険のタイプは大きく分けて定期型医療保険と終身型医療保険がり、女性には専用の医療保険のタイプである女性向け医療保険があることはわかった。

だが、定期型医療保険という商品は、一定期間しか保障されないのなら、もしかしたら終身型医療保険よりも保障内容が劣ってしまうのではないだろうか?

こちらでは、定期型医療保険のメリットやデメリットを紹介していきます。

2-1.定期型医療保険とは?

定期型医療保険とは、一定の期間内でのみ保障してくれる保険商品のことです。

支払ったお金は戻ってきませんが、毎月の支払う保険料は割安な場合が多く、経済的な負担をそんなに感じることなく、将来の手術や入院に備えることができます。

ただし、契約を更新する場合はその度に保険料が値上がりすることになり、負担が徐々に大きくなってしまいます。

2-2.定期型医療保険の特徴

①毎月の支払う保険料が安く特に若い世代の方に有利

定期型医療保険の中には、20代・30代の時点で加入する場合、毎月の支払う保険料が1,000円未満の商品も登場し、若くて健康ではあるものの、万が一に備えたいと言う方にはうってつけの商品です。

保険料が安いので保障内容が充実していないのかと言えばそうではありません。保障期間は5年や10年と定められているものの、保険会社の所定の条件に該当すれば、通常の病気やケガの他にがん治療が主契約となっていて給付金を受け取れたり、給付金(日額)では1日につき5,000円~15,000円程度が保険会社から支払われたりする等、充実した保障内容を提供している保険会社もあります。

②医療保険の見直しが容易

一定の期間内でのみ保障されるということは、保障期間が終了する時期ごとに医療保険の見直しができると言うことです。

現在の医療技術は加速度的に進歩し、かなり長期に渡って加入している保険の場合、手術・薬物治療に関係する給付内容と、現在で既に一般化している手術・薬物治療をはじめとした医療内容とに、齟齬が生じる恐れがあります。

つまり、ご自身の受けた治療方法が、加入中の医療保険では想定されていない治療方法であったために、条件に該当せず一時金または給付金が下りないと言うこともあり得るのです。

これは、加入中の保険が既に「時代遅れ」になったことを意味します。

そのため、定期に医療保険の見直しを図ることが大切で、保障期間が終了する時期を利用して、最新の医療保険に乗り換えることでより確かな安心が保障されることになります。

2-3.定期型医療保険の注意点

定期型医療保険は、支払う保険料が安く、保険の定期的な見直しが行いやすい反面、支払ったお金は戻っては来ません。

いわゆる「掛け捨て」と呼ばれるタイプが多いのが定期型医療保険であり、健康であり続けることは大切な事なのですが、結局、病気やケガをしないままで保障期間が満了すれば、やはり戻ってくるお金は皆無ということになります。

そのため、定期型医療保険を選ぶ際に大事なのは、①支払う保険料が安く加入を継続しやすい、②お金が戻ってこない分、保障が手厚いかどうか、と言う点が目安となります。

3.定期型医療保険ランキング

定期型医療保険のデメリットをカバーできるだけの、少ない負担で続けられる保険料と、手厚い保障内容を兼ね備えている保険商品が上手く見つかれば良いなぁ・・・。

こちらでは、安い保険料で、利用者が十分に安心できる内容を約束している保険会社・保険商品をランク分けします。

定期型医療保険を選ぶ際の参考にしてください。

3-1.定期型医療保険ランキング紹介

定期型医療保険のメリットである①毎月の支払保険料の安さ、②保障内容の充実、③その他に保険商品を取り扱う保険会社として評価できる部分、をランキングすると以下のような表になります。

ランキング 生命保険会社名 保険商品
1位 アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの定期医療
2位 メディケア生命  メディフィット医療定期
3位 ネオファースト生命  ネオdeちりょう

3-2.アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの定期医療

①毎月の支払保険料

(男女とも:20代)670円~とかなり安く、保険は10年で満了となります。

②保障内容

・保障金額は病気やケガで入院したとき1日につき疾病・災害入院給付金が5,000円~15,000円までと1,000円単位で選ぶことができます。入院給付金は1入院が60日まで、通算では1,095日まで受け取ることができます。

・病気やケガで所定の手術したときは、1回につき手術給付金が5万円~15万円まで、契約期間中は回数無制限で受け取ることができます。

③その他

・無料付帯サービスとして、日本を代表する名医のセカンドピニオンによる治療方法の意見を聞けます。

・医師・看護師に健康相談・育児相談・医療機関の相談をいつでも電話ですることができます。

[評価]

手術給付金が、契約期間中は回数無制限で受け取ることができるのは助かります。また加入者の安心に配慮したサービスとして、名医のセカンドピニオンや、健康相談・育児相談も気軽に電話で質問できるのは魅力です。

3-3.メディケア生命 メディフィット医療定期

①毎月の支払保険料

(男性:20代)840円~、(女性:20代)1,030円~となっています。保険は10年で満了となります。

②保障内容

・保険金額は病気やケガで入院したとき、1日につき入院給付金が5,000円、10,000円のプランで選ぶことができます。入院給付金は1入院が60日まで、通算では1,000日まで受け取ることができます。なお、がんによる入院は支払日数無制限です。

・病気やケガで所定の手術したときは、1回につき手術給付金が入院時に5万円、10万円プランを、外来の場合は2.5万円、5万円プラン選ぶことができます。契約期間中は回数無制限で受け取ることができます。

・主契約として放射線治療・骨髄移植の給付金も該当し、所定の治療をしたとき1回につき給付金は5万円、10万円プランを選ぶことができます。

③その他

・先進医療に関しても特約として、給付金や一時給付金を付加することができます。

[評価]

がんに手厚い補償内容で、主契約として放射線治療・骨髄移植の給付金が受け取れるのは魅力的です。今は健康でも、自分の親族にがんで亡くなった方、闘病中の方が多いことで心配の方にお勧めの商品です。

3-4.ネオファースト生命 ネオdeちりょう

①毎月の支払保険料

(男性:20代)994円~、(女性:20代)1,117円~となっています。保険は80歳まで10年毎に満了となり、81歳~85歳は終身となります。

②保障内容

・保険金額は病気やケガで入院したとき、1ヶ月間の入院治療および外来治療給付金を合わせて10万円~30万円までのプランで選ぶことができます。通算では360万円までが支払限度額となります。

・入院治療一時給付金が1回の入院につき1万円~10万円が受け取れます。契約期間中に通算50回まで受け取りが可能です。

③その他

・契約期間中に健康であれば入院治療無事故給付金が、入院治療一時給付金と同額で受け取れます。

[評価]

契約期間中に入院治療一時給付金が支払われる入院が無かった場合、契約期間の満了時に入院治療一時給付金と同額を受け取れるのは、掛け捨てが基本の定期型医療保険にはありがたいサービスです。

4.終身型医療保険について

定期型医療保険は、保険料が安いが保障期間中は手厚い保障内容や、各社オリジナルのサービスを提供していることはわかった。

では、終身型医療保険はどんな特徴でどんな保険商品があるのだろう?

こちらでは、まず終身型医療保険の特徴と注意点を説明します。

4-1.終身型医療保険とは?

終身型医療保険とは、保障期間が一生涯で、いつ入院しても保障を受けられる保険のことです。

この保険は、加入した後は一生涯支払う保険料は変わることはないので、支払う保険料が比較的安い20代・30代の時期に加入しておけば、加入者が高齢になっても支払う保険料をずっと安く抑えることができます。

ただし、保険料をはじめ保障内容も変更されないまま続いて行くため、保険加入後に登場した商品の方が、加入者に合った内容の商品という場合もあり得ます。

4-2.終身型医療保険の特徴

①お支払方法は様々

毎月の保険料支払い方は、加入者が亡くなるまで保険料を払い続ける「終身払い」、所定の年齢に達すると保険料が払い終わり、保障が亡くなるまで続く「有期払い」、加入者が亡くなるまで保険料は払い続けますが、一定の年齢に達すると保険料の半額だけを支払う「将来半額払い」の、いずれかを選ぶことになります。

②給付金の支払い限度日数がある

病気やケガで手術をして入院することになると、入院日数に関係なく給付金(日額)等が無限に受け取れるのかと言えばそうではありません。

1回の入院でおよそ30日や60日までと保険各社とも限定されていることが通常です。また、通算でも支払い限度日数があります。この限度日数も保険各社によって様々ですが700日~1,000日程度を上限としている場合が多いです。

4-3.終身型医療保険の注意点

一生涯保障と言うからには、加入した医療保険と長く付き合える保障内容となっていなければなりません。

そのため、日本人に多い生活習慣病や、特にがん・心筋梗塞・脳梗塞をはじめとする加齢になるほど発症するリスクが高まる「三大疾病」を、手厚く保障する内容であることが求められます。

また、長期入院に対応できるだけの給付金の支払い限度日数が備わっている必要があります。

終身型医療保険を選ぶ際には、①一生涯付き合えるような保障内容の充実、②給付金等の1回の入院による支払い限度日数や、通算の支払い限度日数の長い保険であるかどうか、が目安となります。

5.終身型医療保険ランキング

終身型医療保険のメリットである、一生涯付き合えるような手厚い保障内容を備えている保険商品が上手く見つかれば良いが・・・。

こちらでは、給付金の支払限度日数が長く、利用者が十分に安心できる内容の保険商品を提供している保険会社・保険商品をランク分けします。

終身型医療保険を選ぶ際の参考にしてください。

5-1.終身型医療保険ランキング紹介

終身型医療保険のメリットである①一生涯付き合えるような保障の充実、②給付金の支払限度日数が長さ、③その他に保険商品を取り扱う保険会社として評価できる部分、をランキングすると以下のような表になります。

ランキング 生命保険会社名 保険商品
1位 オリックス生命 新CURE[キュア]
2位 メットライフ生命 終身医療保険フレキシィ
3位 AIG富士生命 医療ベスト・ゴールド

5-2.オリックス生命 新CURE[キュア]

①毎月の支払保険料

(男性:20代)1,222円~、(女性:20代)1,427円~となっています。

②保障内容

・保障金額は病気やケガで入院したとき、1日につき疾病・災害入院給付金が5,000円、10,000円コースを選ぶことができます。入院給付金は1入院が60日まで、通算では1,000日まで受け取ることができます。ただし、七大生活習慣病で入院した場合は120日まで、三大疾病の場合は、無制限で入院給付金が受け取れます。

・病気やケガで所定の手術したときは、1回につき手術給付金が入院時に10万円(外来の場合は2.5万円)または20万円(外来の場合は5万円)コースを選ぶことができます。契約期間中は回数無制限で受け取ることができます。

・先進医療による療養を受けた場合には、通算2,000万円を限度として給付金が受け取れます。

③その他

・無料のサービスとして、医師のセカンドピニオンサービス、24時間電話健康相談サービス、糖尿病や介護・認知症に関する相談・サポートサービスが利用できます。

[評価]

生活習慣病や、三大疾病に関して特に手厚い保障が期待できます。更に加入者の安心に配慮したサービスとして、セカンドピニオンや、健康相談、糖尿病、介護・認知症について気軽に電話で質問できるのは魅力です。

5-3.メットライフ生命 終身医療保険フレキシィ

①毎月の支払保険料

(男性:20代)1,741円~、(女性:20代)1,901円~となっています。

②保障内容

・保障金額は病気やケガで入院したとき、1日につき疾病・災害入院給付金が5,000円または10,000円となります。入院給付金は1入院が60日まで、通算では1,095日まで受け取ることができます。

・病気やケガで所定の手術したときは、1回につき手術給付金を入院時に10万円(外来の場合は2.5万円)または20万円(外来の場合は5万円)受け取ることができます。

・なお、放射線治療も骨髄ドナーも主契約として保障の対象であり、放射線治療は1回につき10万円または20万円、骨髄ドナーは5万円または10万円の給付金が受け取れます。

③その他

・加入しても健康に過ごせば、5年ごとに5万円または10万円の健康祝金が受け取れます。

[評価]

主契約として放射線治療・骨髄ドナーを対象とした給付金が受け取れるのは魅力的です。また、健康祝金があるので健康に気をつけている加入者に対しても特典があります。

5-4.AIG富士生命 医療ベスト・ゴールド

①毎月の支払保険料

(男性:20代)1,121円~、(女性:20代)1,156円~となっています。

②保障内容

・保険金額は病気やケガで入院したとき1回につき2日以上の疾病または災害入院一時金が10万円または20万円となります。また、日帰り入院は5万円または10万円となります。一時金の支払限度回数は50回となっています。

・七大生活習慣病で入院した場合は回数無制限で一時金が受け取れます。

③その他

・加入しても健康に過ごせば、5年ごとに無事故給付金や、ヘルスカウンセラー(専任のスタッフ)の相談・手配等のサービスを受けることができます。

[評価]

給付金(日額)のサービスはありませんが、日帰り入院の場合も一時金が保障されます。また、ヘルスカウンセラーにセカンドオピニオンの手配や、医療機関への受け入れ確認、受診の手配・紹介を任せることもでき、加入者には便利なサービスがあります。

6.女性向け医療保険について

定期型、終身型のそれぞれのお勧めの商品はわかった。

しかし、女性特有の疾病や妊娠をサポートしてくれる保険について、その特徴と、優れた保険商品を知りたい・・・。

ここでは、女性向け医療保険の特徴と注意点を説明していきます。

6-1.女性向け医療保険とは?

女性特有の疾病の子宮内膜症、子宮がん、乳がん等、帝王切開、異常分娩による出産等を対象とした保険のことを言います。

女性特有の病気になった場合に、通常の医療保険よりも手厚い保障が受けられますが、加入する保険によりその保障内容は異なります。

6-2.女性向け医療保険の特徴

①女性特有の疾病等である場合に保障が手厚い

女性特有の病気なると、給付金(日額)が通常の医療保険の2倍、女性特有のがんになった時は50万円~100万円程度の一時金が支払われる、5年ごとに生存祝金を受け取れる等が挙げられます。

②女性向け医療保険は若干割高?

女性特有の病気に手厚く保障する反面、毎月の支払う保険料が通常の医療保険よりも若干割高になる傾向があります。ただし、保険各社とも数百円程度高い商品がほとんどです。

6-3.女性向け医療保険の注意点

女性特有の病気等に特化した保険商品のため、女性特有の病気以外の、男女とも共通する病気に保障が適用されないケースもあります。

そのため、①女性特有の病気をしっかりサポートする保障内容で、かつ②通常の病気やケガにも十分に対応し得る保険商品か否かが、保険選びの目安になります。

7.女性向け医療保険ランキング

女性特有の病気等に特化した保険商品はありがたいが、男女に共通した病気やケガにも対応し得る保険商品を選びたい。

良い保険商品が見つかれば良いが・・・・。

こちらでは、女性特有の病気に手厚い保障も行いつつ、通常の病気やケガによる手術・入院も安心な保険会社・保険商品をランク分けします。

女性向け医療保険を選ぶ際の参考にしてください。

7-1.女性向け医療保険ランキング紹介

女性向け医療保険のメリットである①女性特有の病気をしっかりサポートする保障内容、②通常の病気やケガにも十分に対応し得る保障内容、③その他に保険商品を取り扱う保険会社として評価できる部分、をランキングすると以下のような表になります。

ランキング 生命保険会社名 保険商品
1位 オリックス生命 新CURE[キュア・レディ]
2位 アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの終身医療女性プラン
3位 東京海上日勤あんしん生命 メディカルkit NEO 女性プラン

7-2.オリックス生命 新CURE[キュア・レディ]

①毎月の支払保険料

(女性:20代)1,697円~となっています。

②保障内容

・この保険は主契約の「新CURE[キュア]」に、女性疾病特約を付加する形で保障を厚くすることができ、病気やケガで通常入院したときに受け取る給付金(日額)に5,000円を上乗せする保障となります。入院給付金は1入院が60日まで、通算では1,000日まで受け取ることができます。ただし、七大生活習慣病で入院した場合は120日まで、三大疾病の場合は、無制限で入院給付金が受け取れます。

・病気やケガで所定の手術したとき、1回につき手術給付金を入院時に10万円(外来の場合は2.5万円)または20万円(外来の場合は5万円)コースを選ぶことができます。契約期間中は回数無制限で受け取ることができます。

・主契約の「新CURE[キュア]」と同様に、先進医療による療養を受けた場合には、通算2,000万円を限度として給付金が受け取れます。

③その他

・こちらも新CURE[キュア]と同じく、無料のサービスとして医師のセカンドピニオンサービス、24時間電話健康相談サービス、糖尿病や介護・認知症に関する相談・サポートサービスが利用できます。

[評価]

女性疾病特約を付加することで、女性特有の疾病になった際に給付金をより多くもらえて、生活習慣病や、三大疾病に関して特に手厚い保障が期待できます。更に加入者の安心に配慮したサービスとして、セカンドピニオンや、健康相談、糖尿病、介護・認知症も気軽に電話で質問できるのは魅力です。

7-3.アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの終身医療女性プラン

①毎月の支払保険料

(女性:20代)955円~となっています。

②保障内容

・主契約の「アクサダイレクトの終身医療」に女性疾病特約を付加する形で保障されます。保障金額は病気やケガで入院したとき1日につき通常の疾病・災害入院給付金が5,000円~15,000円までと、女性特有の病気になった時は、基本の入院給付金と同額の女性疾病特約を更に付け加えて受け取ることができます。入院給付金は1入院が60日まで、通算では1,095日まで受け取ることができます。

・主契約と同様に、病気やケガで所定の手術したとき1回につき手術給付金が5万円~15万円まで、契約期間中は回数無制限で受け取ることができます。

③その他

・主契約と同様同じく無料付帯サービスとして、日本を代表する名医のセカンドピニオンによるアドバイス、医師・看護師に健康相談・育児相談・医療機関の相談をいつでも電話で聞くができます。

[評価]

入院給付金が女性疾病特約を付けた上で女性特有の疾病で入院すると、2倍の給付金を受けることができるのは魅力です。また、手術給付金が、契約期間中は回数無制限で受け取ることができることは助かります。

7-4.東京海上日勤あんしん生命 メディカルkit NEO 女性プラン

①毎月の支払保険料

(女性:20代)2069円~となっています。

②保障内容

・主契約の「メディカルkit NEO 」に女性疾病特約を付加する形で保障されます。保障金額は病気やケガで入院したとき1日につき通常の疾病・災害入院給付金が5,000円または10,000円タイプがあり、女性特有の病気になった時は、基本の入院給付金に5,000円上乗せされます。入院給付金は1入院が60日まで、通算では1,095日まで受け取ることができます。

・さらに、女性疾病特約を付加した後、乳がんにより乳房を再建する必要のある方は、「乳房再建給付金」として一時金100万円を受け取ることができます。

③その他

・給付金は医師の指示による自宅療養の場合でも受け取ることができます。

[評価]

この保険は、特に乳がんに関する保障が手厚いのが特徴です。親族の中で乳がんになった人がいて、ご自身も心配な場合には加入を検討してみることをお勧めします。

8.まとめ

このランク別は参考として活用できますが、ご自身の人生設計や、健康状態、ライフステージの変化によって、加入するとベストな保険商品は変わっていくと思います。希望の保険に加入した場合でも、定期的な見直し、検討は行っていくべきことです。

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る