保険口コミ

保険で貯蓄っ!?できる?できない?スッキリ結論を出します!

みなさんの中には、「保険で貯蓄」ができるものだと思われて、ご契約された方も、意外に多くおられるかもしれませんね!

中には、そういった保険のセールス・ポイントに魅力を感じて、ついつい加入してしまったけれど、「本当のところはどうなんだ・・・」と、もやもやされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、大丈夫です!

今回は、保険で貯蓄ができるかどうかを、詳細に解説していきます。

その「もやもや」を、是非、ご一緒に、すっきりと解決させてしまいましょう!

目次

1.そもそも生命保険って?
1.1生命保険の役割
1.2生命保険の種類

2.保険と貯蓄の違いって?
2.1保険と貯蓄はまったく別もの!
2.2保険と貯蓄の税金って?

3.保険で貯蓄するなら

4.お金の貯まる保険の種類
4.1終身保険
4.2養老保険
4.3学資保険
4.4個人年金保険
4.5介護保険

5.保険で貯蓄する時に注意すべき点

6.保険で貯蓄するデメリットって?

7.保険で貯蓄する効果って?

8.まとめ

続きを読む

子宮頸がんの原因と治療法、そして治療費のサポートを徹底解説!

子宮がんは女性特有のがんであり、子宮下部の管状の部分に発症するがんを「子宮頸がん」、子宮上部の袋状の部分に発症するがんを「子宮体がん」と呼びます。

子宮頸がんは子宮がんのうちの約7割を占めているとされ、これから赤ちゃんを授かりたい女性には注意しなければいけない部位のがんといえます。

また、最近では20代や30代の若い女性が発症するケースも増えており、子宮頸がんへの正しい知識がいっそう求められます。

そして、子宮頸がんを発症した場合には焦りは禁物です。日本のがん検査・がん治療は世界で最高レベルといえます。しっかりと医療機関では子宮頸がんを状態を把握し、的確な治療法が行われます。

ただし、問題なのは治療費です。公的医療保険が適用される医療サービスもあれば、適用外のサービスもあります。

治療の際に予想外の金銭的負担が発生するケースもあり、万が一の事前の備えが必要となります。

そこで今回は、子宮頸がんの特徴と発症原因およびその治療法、そして治療費を賄う方法を説明します。

この記事をみれば、子宮頸がんの基本的知識と検査・治療の流れ、効果的な金銭的サポートを得るための方法がおわかりになることでしょう。

目次

1.子宮頸がんという病気

  • 1-1.子宮頸がんとは
  • 1-2.子宮頸がんの検査・治療の流れ
  • 1-3.子宮頸がんのステージ・生存率

2.子宮頸がんの原因

  • 2-1.ヒトパピローマウイルス(HPV)
  • 2-2.どうやって感染?
  • 2-3.子宮頸がんの初期症状

3.子宮頸がんの検査

  • 3-1.検査の流れ
  • 3-2.がん検診~精密検査の方法とは
  • 3-3.がんの広がりを見る検査の方法とは

4.子宮頸がんの治療方法

  • 4-1.手術治療について
  • 4-2.放射線治療について
  • 4-3.抗がん剤治療について

5.子宮頸がんの治療費を考える・その1

  • 5-1.公的医療保険の適用は?
  • 5-2.高額療養費制度とは
  • 5-3.高額療養費制度の上限額について
  • 5-4.高額療養費制度の申請方法

6.子宮頸がんの治療費を考える・その2

  • 6-1.がん保険とは
  • 6-2.子宮頸がんの入院日数と給付金
  • 6-3.がん一時金が必須?
  • 6-4.女性保険は入るべき?

7.まとめ

続きを読む

出産費用の支払いを大きく節約するテクニックを分かりやすく公開

赤ちゃんが出来ていたことを知った時、大きな喜びと、これから親になるという戸惑いが入り混じったような気持ちになると思います。

旦那さんも奥さん、子供など大切な人を支えていかなければ行けませんし、奥さんも親になり育児をしなければいけないという意識が徐々に芽生えてくるでしょう。

ですが実際に赤ちゃんが出来たのはうれしい事だけどその費用にかかる金額って知っていますか?

出産間近に迫って「え!?こんなにお金かかるの!?」と、慌てないようにしっかりと出産費用を節約する方法を学んでいきましょう。

出産するときの費用の流れやお得にする方法を知れば、精神的にも負担が少なくなりますし、出産に集中することが出来ます。

なので出産費用にかかる支払いやどのようにして、安く支払っていくのかしっかりとマスターしていきましょう。

目次

1.出産費用の支払いの平均相場は!?

        1.1 まずは出産費用の内訳を知っておこう

  1.2 入院日数の変動で平均費用は変わる

  1.3 出産費用の支払いは他にもかかる

  1.4 出産費用の支払いは保険が無効

2.どのようにして出産費用を支払っているのか

        2.1 貯金を切り崩しての支払い

        2.2 両親から借りる

        2.3 クレジットカードやカード枠を使う

  2.4   消費者金融で借りる

3.出産でもらえるお金の種類を知って出産費用を節約する

  3.1   出産手当金

  3.2   傷病手当金

  3.3   出産育児一時金

  3.4 医療保険

4.出産手当金を申請する流れ

       4.1 出産手当金を受け取れる条件は

      4.2 出産手当金を受け取れる期間

   4.3 支給額や計算方法をマスターしよう

5.傷病手当金の申請する流れを解説

   5.1   傷病手当金の支給条件や受け取れる金額はどのくらい

   5.2  傷病手当の申請方法をマスター

   5.3   傷病手当金の注意点とは

6.出産一時金で出産費用を抑えるための申請方法とは

      6.1 出産育児一時金は1人42万円もらええる

      6.2 出産育児一時金をもらうための条件

   6.3 出産育児一時金を受取る時期や受け取り方法

7.出産の支払いで医療保険は適用される

    7.1   医療保険が適用される種類

    7.2  医療保険が適用される出産費用

    7.3  医療保険に入るタイミング

8.出産費用を支払うときは医療保険を活用するポイント

    8.1   医療保険が適用される出産費用の範囲を知る

    8.2   医療保険に加入するなら27週目までに申し込む

    8.3   産後に医療費控除も申請しておく

9.医療費控除の申請の流れ

  9.1   出産時に医療費控除の対象になるものとならないものを知る

  9.2   医療費控除のメリット

  9.3   申請してから返付金を受け取るまでの流れ

10.その他助成金や出産祝い金など受け取れるお金

  10.1  妊婦検診の助成金

  10.2  出産手当の助成金

  10.3  出産祝い金

  10.4  育児休業給付金

11.まとめ

続きを読む

国民健康保険の出産一時金を正しく知って、妊娠/出産の経済的不安を解消しましょう!

待望の赤ちゃんを授かる幸せは、何物にも代えがたく、言葉では言い表せないものなのかもしれません。

しかしながら、そんな幸せな時間を迎えるにあたり、目をつぶって通り過ぎることが出来ないのが、出産費用です。

妊娠/出産も、「医療機関に通院/入院をする=医療費3割自己負担」だと、勝手に思い込んでいませんか?

実は妊娠/出産は疾病とはみなされていないため、全額自己負担を強いられることをご存知でない方は、少なくはありません。

「当事者になってみて初めて知る」と言った類の情報であることも、確かなのです。

しかしながら、ご安心ください。

そんな出産の経済的負担を軽減すべく、「出産育児一時金」と言う公的制度が、実は存在しています。

今回は、国民健康保険加入者が受けられる、出産一時金を含めた、出産に関わる様々な保障制度を、ご一緒に見てまいりましょう。

目次

1.国民健康保険とは
1.1公的医療保険の種類
1.2受けられる保障の種類
1.3医療費支払に活用出来る制度

2.出産育児一時金とは
2.1支給額
2.2申請方法

3.出産育児一時金直接支払制度とは
3.1仕組み
3.2申請方法

4.出産育児一時金受取代理制度とは
4.1仕組み
4.2申請方法

5.海外出産における出産育児一時金とは
5.1支給条件
5.2注意点と申請方法

6.海外療養費とは
6.1支給条件と必要書類
6.2注意点

7.産科医療補償制度とは
7.1目的と仕組み
7.2補償の対象と条件
7.3補償金額
7.4申請方法

8.妊娠/出産で活用すべき手段
8.1その他の公的制度
8.2私的制度

9.まとめ

続きを読む

死亡保険金の受取り人を誰にする?知らないと税金面で損!?

死亡保険金に関して考えを巡らせる際に意外に重要な受取人の指定。

ですが、実際のところ受取人の変化によって、何がどう変わるのか?自分達にはどのような受取り人が望ましいのか?など、税金が大きく関わってくる事もあり、簡単には決められないのも事実です。

しかし!この記事では、保険金受取人の種類やそれぞれの税制について解説しているので、死亡保険金に関する疑問がきっと解決するはず!

目次

1.死亡保険金の受取人って意外に重要

1.1 保険金とは

1.2 受け取り人とは

1.3 死亡保険金以外の給付金

2.保険金の受取人に指定できるのは?

2.1 配偶者

2.2 子供

2.3 親

2.4 本人

2.5 血縁関係がない場合

3.死亡保険金は税金とセットで

3.1 死亡保険金は課税対象

3.2 贈与税になるケース

3.3 相続税になるケース

3.4 所得税になるケース

4.法人と死亡保険金

4.1 法人でも死亡保険金を受け取れる

4.2  死亡保険金と税金

5.保険金を実際に受け取るには?

5.1 まずは連絡

5.2 必要事項と流れ

5.3 元から準備しておくと良いこと

6.死亡保険金の受取人についておさらい

 6.1 死亡保険金の受取人

 6.2 死亡保険金と税金

 6.3 受取りまでの流れ

7.まとめ

続きを読む

出産一時金を申請するにはどうすれば良いの?詳細に解説します!!

ようやくご夫婦の間に授かった我が子。これから生まれてくる我が子への期待や、喜びそして不安は、特に母親となる奥様が一番感じていることと思います。

無事に子が生まれてきてくれるか、という不安が最も大きいことでしょう。しかし、その他に心配なことは出産にかかわる金銭的な負担です。

妊娠や出産は病気やケガではなく、健康保険の適用外となります。これは民間の医療保険も同じことです。もちろん帝王切開をはじめとした異常分娩の場合は、どちらも活用できます。

では正常分娩の場合に、何ら金銭的なサポートが受けられないのでしょうか?

結論から言えば、そうではありません。健康保険、国民健康保険等に加入していれば請求できる、頼もしい金銭的サポート制度があります。

それが、「出産(育児)一時金」制度です。この制度を活用すると、一時金としてまとまったお金が支給されます。

非常に頼もしい制度と言えますが、条件によっては、受け取る金額も異なり、また、受け取る方法によっても手続き過程に違いがあります。

そこで今回は、出産(育児)一時金の内容と条件、申請方法、そして出産(育児)一時金以外に頼りになる制度を説明します。

この記事を読めば出産(育児)一時金の基本的な知識と、出産を迎えたご夫婦が金銭的サポートの準備をする際、有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.出産一時金について

  • 1-1.出産一時金とは
  • 1-2.出産一時金の内容
  • 1-3.出産一時金の条件
  • 1-4.受け取り方法は数種類?

2.出産一時金の請求方法その1

  • 2-1.直接支払制度とは
  • 2-2.請求方法の流れ
  • 2-3.必要書類について

3.出産育児一時金の請求方法その2

  • 3-1.受取代理制度とは
  • 3-2.請求方法の流れ
  • 3-3.必要書類について

4.出産一時金の請求方法その3

  • 4-1.産後申請方式とは
  • 4-2.請求方法の流れ
  • 4-3.必要書類について

5.出産一時金の請求方法その4

  • 5-1.退職した方の申請方法とは
  • 5-2.退職後6ヵ月以内に出産する場合
  • 5-3.退職後に他の健康保険へ申請をする場合

6.出産一時金の他に知っておきたい制度

  • 6-1.医療費控除とは
  • 6-2.出産費貸付制度とは
  • 6-3.出産手当金とは
  • 6-4.産科医療補償制度とは

7.まとめ

続きを読む

葬儀費用の平均は?万が一の時に困らないため知っておくべき基本知識

葬儀は人生で何度も経験するわけではありません。

そのため、葬儀にどのくらいの費用がかかるのか、何もわからないという方も多いのではないでしょうか?

結論から言えば、葬儀の平均費用は全国平均で約200万前後と言われています。

ただ、実際にはものすごく幅があるのが葬儀費用です。

安ければ20万、高ければ800万という場合もあります。

こんなに幅があるのでは、「一体葬儀にはいくらかかるのだろう?」と不安に感じるのではないでしょうか?

そこで、この記事では葬儀の種類からその費用まで徹底的に解説していきます。

この記事を読んで葬儀費用の知識を付け、万が一の時に慌てないようにしていきましょう!

目次

1.大体いくらなの?葬儀費用の平均

1.1葬儀費用全国平均

1.2一般葬の葬儀費用の平均について

1.3家族葬の葬儀費用の平均について

1.4自宅葬の葬儀費用の平均について

1.5火葬式の葬儀費用の平均について

2.何にお金がかかるの?葬儀費用の内訳

2.1葬儀一式の費用

2.2接待・飲食費用

2.3寺院費用

3.お布施?戒名?葬儀費用の用語解説

3.1お布施とは?

3.2戒名とは?

3.3祭壇とは?

3.4枕飾りとは?

3.5返礼品とは? 

3.6納棺とは? 

4.50万円以下でも可能!家族葬について

4.1家族葬って何?

4.2家族葬の葬儀費用の平均

4.3家族葬のメリット

4.4家族葬のデメリット

4.5家族葬で気を付けるべきこと

5.直葬?火葬式?金銭的に余裕がない時の方法

5.1直葬・火葬式って何?

5.2直葬・火葬式の葬儀費用の平均

5.3直葬・火葬式のメリット

5.4直葬・火葬式のデメリット

5.5直葬・火葬式で気を付けるべきこと  

6.葬儀費用の捻出の方法 

6.1だれが払う?葬式費用の負担者

6.2相続税対策に!相続財産から葬儀費用を支払う

6.3死亡保険金から捻出

7.生命保険の死亡保険金について

8.葬儀費用が用意できない時は

8.1葬祭費給付金制度

8.2相続財産から支払う

8.3故人の保険から支払う

8.4最低限の葬儀で済ませる

8.5生活保護受給者の場合

9.まとめ

続きを読む

5人に1人が帝王切開?!出産にまつわるお金の不安を生命保険で解消しましょう!

少子高齢化が進む中、出生率がじわじわと下降していることは、周知の事実です。

犯罪者の低年齢化や発生率の増加、核家庭による子育ての不安、教育機関における陰湿ないじめなど、悲しいことに様々な要因が、子供を生み育てる事を躊躇させてしまうと言っても、大げさではないでしょう。

中でも大きな要因として挙げられるのが、一子を妊娠/出産から成人に育て上げるまでの経済的負担です。

とりわけ妊娠/出産は、疾病とはみなされていないため、実費負担を強いられます。

そんな心身共に大きな負担が生じる出産ですが、近年5人に1人の妊婦さんが、帝王切開出産となっていることをご存知ですか?

そこで今回は、帝王切開を含めた妊娠/出産に対する経済的不安を解消するための情報と、その強力なバクアッププランとしての生命保険を、見てまいりたいと思います。

目次

1.近年に見る女性疾病
1.1女性の入院率
1.2女性の入院要因

2.帝王切開とは
2.1出生数における帝王切開数
2.2絶対的適応
2.3相対的適応
2.4社会的適応

3.妊娠から出産までの費用
3.1平均的な分娩費用(都道府県別)
3.2帝王切開での分娩費用
3.3分娩費用内訳
3.4赤ちゃんに掛かる費用
3.5オプションに掛かる費用

4.公的医療保障制度の活用
4.1出産育児一時金
4.2高額医療費
4.3妊婦検診補助
4.4医療費控除
4.5乳幼児医療費助成制度
4.6児童手当

5.社会保険制度の活用
5.1社会保険料の免除
5.2育児休業給付金
5.3出産手当金

6.女性保険とは
6.1しくみと特徴
6.2女性医療保険の種類

7.おすすめ女性保険
7.1おかあさん保険(ABC少額短期保険)
7.2フェミニーヌ(NKSJひまわり生命)
7.3新CURE Lady(オリックス生命)
7.4メディカルKit NEO(東京海上日動あんしん生命保険)
7.5エブリワン(エイ・ワン少額短期保険)

8.まとめ

続きを読む

役員の退職金は生命保険で積み立てるとお得?ズバリ解説します!

会社経営者とともに重い責任を担ってきた役員、彼らが退職する際には、その努力に報いてあげたいものです。

世間では、彼らの退職金として活用するお金として貯蓄よりも、生命保険が有利と言われています。特に生命保険の中で「法人向け」が人気といえます。

この法人向けの保険には、解約返戻金を退職金に充てることの他、法人税の節税にも役立つ保険商品があります。

ただし、法人向けの生命保険には、いろいろなタイプの保険商品があり、そのタイプごとにメリット・デメリットが存在します。

法人向けの生命保険を活用し、役員のための退職金を目的に積み立てる場合、その特徴を十分に理解することが必要です。

そして、ご自分の会社の経営状態にも気を配り、ベストな保険を選ぶことが大切です。

今回は、役員の退職金の積立に有利な、法人向け生命保険の種類と特徴、おすすめの保険商品をご紹介します。

この記事を読めば、法人保険の基本的な知識を得ることができ、役員の退職金のための保険選びに有力な参考資料となるはずです。

目次

1.法人保険について

  • 1-1.法人保険とは何か
  • 1-2.法人保険は役員にも会社にも役に立つ
  • 1-3.役員の退職金の積み立てに向いている法人保険

2.長期平準定期保険について

  • 2-1.長期平準定期保険とは
  • 2-2.役員の退職金にすると有利な点
  • 2-3.長期平準定期保険の注意点

3.長期平準定期保険のおすすめ商品

  • 3-1.東京海上日動あんしん生命保険「長割り定期」の概要
  • 3-2.長割り定期の特徴
  • 3-3.長割り定期の注目点

4.逓増定期保険について

  • 4-1.逓増定期保険とは
  • 4-2.役員の退職金にすると有利な点
  • 4-3.逓増定期保険の注意点

5.新逓増定期保険のおすすめ商品

  • 5-1.マスミューチュアル生命「新逓増定期保険」の概要
  • 5-2.新逓増定期保険の特徴
  • 5-3.新逓増定期保険の注目点

6.全額損金定期保険について

  • 6-1.全額損金定期保険とは
  • 6-2.役員の退職金にすると有利な点
  • 6-3.全額損金定期保険の注意点

7.全額損金定期保険のおすすめ商品

  • 7-1.FWD富士生命「生活障がい定期保険」の概要
  • 7-2.生活障がい定期保険の特徴
  • 7-3.生活障がい定期保険の注目点

8.まとめ

続きを読む

帝王切開も保険でカバーしてくれる!?妊婦に優しい保険とは?

新しい生命の誕生は、とても嬉しく楽しみですね。なんだか、ワクワクしながら誕生の準備をしている方も多いと思います。

でも…ちょっと待ってください。妊婦保険に加入していますか?

妊婦保険とは、妊婦さんの為の妊婦に優しい保険です。こちら、妊娠が分かった後でも加入は可能。そして今、増えている「帝王切開」についても備えてくれています。帝王切開を受ける人は増加傾向にあり、自分がそうなる可能性は高いです。

そこで、今回は帝王切開に関しての基礎知識、そして、帝王切開でも安心できる保険商品をご紹介していきます。妊娠中に不安になると胎児にもよくありません。今回は妊婦にやさしい、そして帝王切開にも備える為の保険をご紹介していきます。

これを読んだ後に、さっそく検討してみてください。

目次

1:帝王切開のこと

1-1:帝王切開とは

1-2:帝王切開の種類とは

1-3:意外と多い帝王切開人口

2:帝王切開の基本

2-1:帝王切開の流れ

2-2:がんばる時間はどのくらい?

3:帝王切開のお金

3-1:どのくらいの費用が必要??

3-2:国からの支援を活用しよう

3-3:医療費控除のイロハ

4:妊婦保険の必要性

5:検討するならこの保険。人気の商品はこれだ。

5-1:ABC少額短期保険 おかあさん保険

5-2:エイ・ワン少額短期保険 エブリワン

5-3:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 フェミニーヌ

6:まとめ

続きを読む

妻の保険について考える。本当に必要な保障は何か?どこがお勧めか。

男性と女性で比べると、どうしても保険料の支払い金額が少ない日本。どうしてそうなるでしょうか。

今の時代は女性が輝ける時代。すでに専業主婦は夢の世界とも言われています。そうした時代の中で女性が持つ責任は格段に増えてきています。

しかし、もしもの場合の備えをちゃんとしている人は意外と少ないのです。子育てや介護を頑張る女性だからこそ、「もしも」の備えもきちんとしていきたいもの。

そこで、今回は「妻に保険が必要かどうか」「どんな保障が必要なのか」についてをご紹介していきます。是非、妻でも安心できる備えをしていきましょう。

妻として、母として、娘として、女性だから担う大きな役割。その役割を果たしている女性におくる記事です。

目次

1:専業主婦は夢の世界?

1-1:減少する専業主婦割合

1-2:働く女性の収入分析

2:妻には保険が必要か?

2-1:なぜ、妻に保険が必要なのか?

2-2:必要な保険金の考え方

2-3:保険金受取額の目安

3:ここは知りたい皆の懐事情(保険料の世帯平均)

4:押さえておきたい「公的保障の違い」

4-1:妻は夫と違う

4-2:注意するのは「住宅ローン」

5:専業主婦でも保険は必要?

6:保険料の税金処理

6-1:支払い先を夫にする

6-2:生命保険控除の申請方法

7:こちらが大人気。妻にお勧めする保険商品

8:まとめ

続きを読む

活用するなら生命保険の貯蓄型。保障と貯蓄の2つを手に入れる!

「生命保険で貯蓄をする。」少し前までは、こんな考えは定着していませんでした。

でも、時代は変わり普通に預けていても金利は安く増えない時代となりました。それと同時に定年までの期間も長くなり、一生現役の人も大活躍する時代。だからこそ、現役時代にしっかりと貯蓄をしたいと思うものです。

そこで、今回は保険の貯蓄性について考えていきたいと思います。保険を使って本当に貯蓄ができるのか。そして、どういう仕組みとなっているかについてもご紹介していきます。

生命保険で保障を得ながらも貯蓄をする。こんな一石二鳥の方法が本当にあるのか?興味深々の方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな秘密をしっかりと見ていきましょう。

目次

1:今はやりの生命保険の貯蓄型

1-1:生命保険の貯蓄型とは?

1-2:貯蓄型保険の仕組み

2:生命保険の貯蓄型には種類がある

2-1:死亡保障(終身保険)

2-2:介護保険

2-3:学資保険

3:掛捨てと貯蓄性

4:選ぶなら自分にあったものを

4-1:生命保険を兼ねるなら低解約返戻金型終身保険

4-1-1:安心できる このプラン

4-1-2:メリット、デメリット

4-2:老後資金が目的なら個人年金

4-2-1:リスクが少ない商品だから

4-2-2:メリット、デメリット

5:生命保険の貯蓄型と預貯金の違い

6:本当に貯まるのか?

7:選ぶならこれ。人気の商品をご紹介!<オリックス生命>

8:まとめ

続きを読む

就業不能保険の必要性とは?違えやすいポイントを2つ解説します

働けなくなった時のリスクに備えて、就業不能保険を検討していると言う人は、意外に少ないのではないでしょうか?

比較的新しい保険である就業不能保険に対して、その内容やメリット・デメリットを知らないと必要性も感じないでしょう。

また、間違いやすい「収入保障保険」や「所得補償保険」と混同している方も少なくないでしょう。

そこで、この記事では、就業不能保険の基本的な保障内容やその他の保険との違いを解説していきます。

ポイントは2つです。

就業不能保険とは、どのような保険なのか。

間違いやすい「収入保障保険」と「所得補償保険」との違い。

この2点を重点的に解説し、就業不能保険とはどんな保険なのか、そして本当に必要なのか?という事を読んでいる方自身が判断できる様になる記事にしていきます。

この記事を読んで、まわりの意見に流されずに、自分にはこの保険が必要なのか?という事を考えていきましょう。

目次

1.就業不能保険の基礎

1.1就業不能保険とは

1.2加入の目的

1.3就業不能保険の考え方

2.間違えられやすい保険

2.1収入保障保険

2.2所得補償保険

2.3その他の保険

3.就業不能保険の内容

3.1加入条件

3.2支払条件

3.3保障内容

3.4メリット・デメリット

4.加入率

4.1就業不能保険の加入率

5.就業不能保険の必要性とは

5.1実際に必要になるかどうか

5.2会社員の場合の必要性

5.3自営業の方の場合

6.商品の紹介

6.1アフラック(給与サポート保険)

6.2ライフネット生命(就業不能保険)

6.3チューリッヒ生命(くらすプラス)

6.4その他の保険商品

7.まとめ

続きを読む

長期平準定期保険の特徴は何?そのメリット・デメリットを詳細解説!

会社経営者の中には、経営者や役員の死亡保障や退職金の準備は、貯蓄からではなく生命保険を活用することに、興味がある方々もいらっしゃることでしょう。

生命保険を活用する場合に、最も頼りになる保険の種類が法人保険です。法人向けの保険は、経営者や役員が万が一、退職前に死亡したり高度障害状態になったりした場合に保険金が受け取れます。

その他、保険会社へ支払う保険料の一部または全部を「損金(=経費)」として、法人税の節税に役立てたり、解約返戻金を利用して経営者や役員の退職金に充てたりすることができます。

この法人保険の中でも、保険期間が非常に長期で、解約返戻金の返戻率のピークが長いタイプの保険があります。それが、「長期平準定期保険」です。

今回は、長期平準定期保険の特徴と、メリット・デメリット、そしておすすめの保険商品をご紹介します。

この記事を読めば、長期平準定期保険の基本的な知識を得ることができ、法人向けの保険商品を選ぶ際の有効な参考資料になるはずです。

目次

1.法人保険とは何か?

  • 1-1.法人保険とは
  • 1-2.長期平準定期保険とは
  • 1-3.その他の人気のある法人保険

2.長期平準定期保険のメリットについて

  • 2-1.長期平準定期保険は保険期間が長い
  • 2-2.長期平準定期保険と解約返戻金
  • 2-3.長期平準定期保険と損金

3.長期平準定期保険のデメリットについて

  • 3-1.全額損金保険との比較
  • 3-2.逓増定期保険との比較
  • 3-3.解約返戻率のピークが長くとも

4.三井住友海上あいおい生命「長期平準定期保険」

  • 4-1.三井住友海上あいおい生命とは
  • 4-2.長期平準定期保険の概要
  • 4-3.長期平準定期保険の注目点

5.東京海上日動あんしん生命「長割り定期」

  • 5-1.東京海上日動あんしん生命とは
  • 5-2.長割り定期の概要
  • 5-3.長割り定期の注目点

6.日本生命「長期定期保険」

  • 6-1.日本生命とは
  • 6-2.長期定期保険の概要
  • 6-3.長期定期保険の注目点

7.まとめ

続きを読む

銀行預金より有利!?貯蓄性の高い保険の活用術を徹底解説!

「景気は回復傾向にある」とした内閣政府の発言がありますが、実際の生活を送っている私たちにとっては、それを肌で実感できることはありません。

月々の収入が増えるどころか、減収してしまうこともある上、生活に必要な様々なものが、リーズナブルになっているわけでもないのです。

これでは「一体どこが景気回復なのか、教えてくれ」と言いたいのが、正直なところではないでしょうか。

このような経済的背景を基に先々のことを考えると、まさに暗澹たる思いですが、そこで講じておくべきが、自己防衛手段である「貯蓄」です。

しかしながらマイナス金利導入による影響で、各金融商品は軒並み0.00%までその利率を下げている為、なかなか効率的な資産増が見込めません。

そこで着目したいのが、貯蓄性の高い生命保険商品です。

「生命保険=万が一の為の備え」と言うイメージが先行していますが、実は貯蓄と言う観点から見た場合、一部の生命保険商品は非常に効率よく資産増を図ることが出来るのをご存知ですか?

今回はそんな貯蓄性を優先とした生命保険のあれこれを、ご一緒に見てまいりましょう。

目次

1.貯蓄とは
1.1貯蓄の種類
1.2銀行金融商品
1.3生命保険商品

2.生命保険に求めるもの
2.1保障ごとのニーズ
2.2活用方法で見る生命保険

3.解約返戻金で見る生命保険
3.1解約返戻金のあるなし
3.2解約返戻率の上げ方

4.終身保険の活用
4.1仕組みと特徴
4.2無配当型終身保険
4.3利率変動型終身保険
4.4変額終身保険
4.5外貨建て終身保険
4.6低解約型終身保険

5.養老保険の活用
5.1仕組みと特徴
5.2契約例

6.学資保険の活用
6.1仕組みと特徴
6.2保障型学資保険
6.3貯蓄型学資保険

7.個人年金の活用
7.1受取別で見る個人年金
7.2形態別でみる個人年金
7.3保険料払込別でみる個人年金

8.まとめ

続きを読む

帝王切開で医療保険がおりる!?妊娠希望女性の知っておきたいことまとめ

人生の一大イベントである妊娠・出産。嬉しいことである一方で、妊娠・出産にかかる費用の多くは自己負担であるため、お金の面での不安はつきないものですよね。

その中でも「帝王切開」は、手術をしたり入院期間が長くなることから自然分娩に比べて医療費が更に高額になりがち。でも実は民間の医療保険を上手に利用している方の中には「帝王切開をしたら出産費用が黒字になった!」という例もあるんです!

出産というイベントは、場合によっては医療保険に加入しているかしていないかで経済的な明暗が大きく分かれてきます。

この記事では、帝王切開の費用について確認したあとにどんな医療保険にどのタイミングで入るべきかということを見ていきます。保険会社による加入条件の違いも分かるので、これから妊娠を希望する方、すでに帝王切開を経験した方どちらにとっても知っておいて損のない情報が手に入れられるはず!さっそくチェックしてみましょう!

目次

1.帝王切開と自然分娩の違いは?

1−1.帝王切開になる確率とケース

1−2.帝王切開と自然分娩、その費用の差は?

2.妊娠中・出産時に使える公的制度にはどんなものがあるの?

2−1.妊娠中の公的制度

2−2.出産時の公的制度

3.帝王切開のときに役立つ民間医療保険とは?

3−1.月額いくらでどれくらいもらえる?

3−2.更なる上乗せも?!女性疾病特約とは?

4.民間医療保険に入るタイミングは?

4−1.これから妊娠を希望する場合は?

4−2.妊娠したら?

4−3.すでに帝王切開を経験した場合は?

5.妊娠中の方必見!保険会社別加入条件のちがいは?

6.帝王切開に関する医療保険|よくある質問まとめ

6−1.本人の希望による帝王切開でも保険はおりる?

6−2.トータルで黒字になってもいいの?

6−3.切迫流産から帝王切開。一入院としてカウントされる?

7.まとめ

続きを読む

通院保障ってなに!?通院保障を5つのポイントで解りやすく解説します!

医療保険やがん保険には必ず付いている保障と言える通院保障ですが、そんな通院保障でも、「通院保障ってどんな保障なの?」「通院保障って本当に必要なの?」「通院保障ってどんな通院でも給付金を受け取れるの?」など、様々な疑問があると思います。

そこで、この記事では、通院保障の基本的なところから、医療保険とがん保険での通院保障の違いなどから、傷害保険など通院と名前の付く保障があるモノすべてを解説していきます。

また、おすすめの商品などもその理由も含めて紹介していきますので、この記事を読んで何となくで、保険を選ぶのではなく、しっかりと通院に関する費用や公的な制度なども覚えて、通院保障が本当に必要なのかを判断できるようになってください。

そして、自分に合った保険を選べるようになりましょう。

目次

1.通院保障とは

1.1どのような保障

1.2給付条件

1.3公的制度

2.医療保険の通院保障とは

2.1医療保険の通院保障とは

2.2商品別の給付条件

2.3がん保険との違い

3.がん保険の通院保障

3.1がん保険の通院保障とは

3.2商品別の給付条件

3.3医療保険との違い

4.保険の選び方

4.1医療保険の場合

4.2がん保険の場合

4.3女性の場合

5.傷害保険の通院補償

5.1傷害保険の通院とは

5.2給付条件

5.3生命保険との違い

6.通院保障の必要性

6.1通院保障の必要性

6.2基本保障と特約

7.おすすめの商品

7.1オリックス生命(新CURE)

7.2損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(新・健康のお守り)

7.3アフラック(ちゃんと備える医療保険EVRE)

7.4オリックス生命(Believe)

7.5アフラック(生きるためのがん保険Days1)

8.まとめ

続きを読む

倒産防止共済は頼りになるの?倒産防止共済の特徴と注意点を詳細解説!

倒産防止共済とは、あなたの会社の取引先が倒産したことによって、連鎖的にあなたの会社が倒産または経営難に陥らないようにする共済制度です。

ある日突然、取引先が倒産して売掛金が回収不能になってしまうこともあります。頼りにしていた売掛金が回収できず、その結果、買掛金を支払えなくなってしまう緊急事態が発生するかもしれません。

そんな不測の事態に備えて、倒産防止共済に加入していれば、売掛金等の回収が困難になった場合、共済金の貸付が受けられることになります。

この共済は公的な団体が運営しており、あなたの会社が前述した事態に陥ったときに非常に役に立つ共済です。

倒産防止共済は、中小企業を対象にしており、加入要件は製造業・卸売業・サービス業・小売業等の各業種によって、資本金・従業員数の範囲が決められています。

そこで今回は、倒産防止共済の加入資格や申込み手続きの方法、共済の特徴や注意点について説明します。

この記事を読めば、倒産防止共済の基本的な知識を得ることができ、事前の備えとして加入するかどうかを検討する際、良い参考資料の一つになるでしょう。

目次

1.倒産防止共済について

  • 1-1.倒産防止共済とは
  • 1-2.怖い「連鎖倒産」
  • 1-3.倒産防止共済を扱う機構について

2.倒産防止共済に加入したい!

  • 2-1.加入資格
  • 2-2.申込手続きについて
  • 2-3.手続きに必要な書類

3.倒産防止共済の特徴その1

  • 3-1.貸付とは
  • 3-2.取引先が倒産した場合
  • 3-3.急な資金が必要になった場合

4.倒産防止共済の特徴その2

  • 4-1.掛金とは
  • 4-2.掛金の損金算入
  • 4-3.解約した場合に掛金はどうなる?

5.倒産防止共済の注意点その1

  • 5-1.倒産防止共済と法人保険
  • 5-2.共済に足りない点
  • 5-3.共済と法人保険に双方に加入する

6.倒産防止共済の注意点その2

  • 6-1.その他の注意点
  • 6-2.解約のタイミングを考える
  • 6-3.取引先の倒産で共済金を借りる前に

7.まとめ

続きを読む

生命保険と医療保険、本当に両方必要?簡単にわかる保険選びのポイント

生命保険や医療保険に加入していますか?

「テレビを観ていると、最近保険のコマーシャルがたくさん流れている」「ショッピングモールに出かけると保険相談窓口の看板がよく目に入る」などの理由で生命保険や医療保険について真剣に考えたいと思う人が増えてきています。

その一方で、書店には「保険はいらない!」と主張する本が並んでいることもあり、あえて「保険に入らない」という選択をしている人もいるようです。

保険に関する情報が溢れかえっている現代。実は、しっかりとその情報を整理していくことで、あなたにとって保険が本当に必要なのかということが見えてきます。この記事では、ライフステージ別の保険の必要性を見極めるポイントや、保険選びのコツを解説していきます。

目次

1.生命保険と医療保険違いとは?

1−1.生命保険とは

1−2.医療保険とは

1−3.生命保険と医療保険の難しい言葉の定義

1−4.保険はセットで入るべき?

2.保険を選ぶ前に知っておきたいことは?

2−1.よくある疑問、「平均的な保険料」って?

2−2.死亡保険金の必要性とは?

2−3.医療費ってどれくらい?知っておきたいあなたを助ける公的制度

3.ライフステージ別保険の選びかた

3−1.独身者の場合

3−2.結婚して家族が増えたら?

3−3.主婦や子どもの保険はどうする?

3−4.退職は保険を見直すべきタイミング?

4.保険が出なくてトラブルになるパターン

5.持病がある場合の保険

5−1.告知の仕組み

5−2.緩和型保険とは?

6.保険相談ってどうやってするの?

7.まとめ

続きを読む

あなたの医療保険に通院保障はついていますか?知っておきたい通院あれこれ

万が一に備えて、医療保険を活用している方は年々増加傾向にあります。

なぜならば、インターネットを通じて様々な情報が入手可能な昨今、私たち日本人の主たる死亡要因が明確になり、それに対しての備えが重視されているからに他なりません。

しかしながら、私たちは疾病罹患による入院/手術などの医療費を、具体的にイメージ出来ているとは言い難いのが現状ではないでしょうか。

「医療費=高額」と言う漠然とした畏怖が、医療保険の加入増加へと繋がっているのも、また事実です。

このような背景のもと、様々なニーズに応えるべく、多種多様な医療保険が台頭しており、その内容は微に入り細を穿つ状況です。

端的に申し上げると、「分かりにくい」のです。

「医療保険=手術/入院/通院」と幅広く疾病をフォローしてくれると思いがちですが、実は契約内容によって、その保障範囲は大きく異なります。

中でも医療技術の進歩で、「通院治療」と言う新たな選択肢が生まれた昨今、この部分は決して無視できない、手厚くしておくべき保障と言えるでしょう。

そこで今回は、医療保険全般の基礎知識から、通院保障の必要性など、知っておくべきポイントを、ご一緒に押さえてまいりましょう。

目次

1.医療保険とは
1.1医療保険の種類

2.公的医療保険で受けられる保障
2.1医療費の自己負担割合
2.2自己負担限度額
2.3先進医療

3.私的医療保険とは
3.1入院給付金
3.2手術給付金

4.定期医療保険とは
4.1定期医療保険の種類と特徴
4.2メリット/デメリット

5.終身医療保険とは
5.1終身医療保険の種類と特徴
5.2メリット/デメリット

6.医療保険の特約
6.1治療全般への備え
6.2特定疾病への備え
6.3通院への備え
6.4備えに対する生命保険の考え方

7.通院保障付きプラン
7.1 30歳プラン例
7.2 40歳プラン例
7.3 50歳プラン例

8.まとめ

続きを読む