保険口コミ

高額介護サービス費!負担を軽減するシステムを知って利用しよう

皆さん『高額介護サービス費』と言う言葉を聞いたことありますか?

パソコンやモバイルを使いこの記事を見ている方の中には、今現在、介護が必要なご家族がいらっしゃって、知っている方も当然いると思います。

そういう方たちは、家族の誰かが介護状態になった時、金銭的、精神的に家庭での負担は大きい物だという事を実感してるはずです。

『高額介護サービス費』は、長寿社会の日本で知っていて欲しい制度のひとつでもあります。

介護が必要となるご家族(親族)がいらっしゃらないご家庭では、聞きなれない『高額介護サービス費』ですが、

これを機会に是非知って頂きたいと思い、今回はいつか利用するかもしれないこの制度の内容を、分かりやすく説明していきたいと思います。

目次

1.『高額介護サービス費』って知っていますが?
1-1.『高額介護サービス費』制度の仕組み
1-2.『高額介護サービス費』公的介護保険とは
1-2-1.公的介護のサービスには何がある?
1-3.『高額介護サービス費』段階で費用金額が変わる
1-3-1.自己負担・支給限度額
1-3-2.『高額介護サービス費』の限度額
1-4.2017年8月改定『高額介護サービス費』
2.『高額介護サービス費』対象
2-1.介護老施設の『高額介護サービス費』
2-1-1.高額な『介護老人保健施設』費用
2-2.住居サービス『高額介護サービス費』
2-3.併せて利用『高額介護サービス費』
3.『高額介護』合算!療養費制度
3-1.『高額医療』と『高額介護』払戻し
3-2.高額介護合算療養費・自己負担額
3-3.施設利用での控除
4.高額な介護費用の負担軽減
4-1.世帯分離は得?
4-2.生活保護者の場合
4-3.バリアフリー住宅へ改修!控除
5.家族の介護・なる前のフロー
5-1.『介護認定』介護保険を使う前に
5-2.家族で介護の心構え
5-2-1.役割分担
5-2-2.要介護者の心
5-3.自己負担超過!本人死亡後!は?
6.『高額介護サービス費』 申請は?
6-1.介護レンタルの領収書
6-2.『高額介護サービス費』の時効!
7.まとめ

続きを読む

体外受精に保険は適応される?安心し不妊治療に臨むための知恵袋

今、お子様がほしいとお考えですか?少子高齢化といわれる時代であり、子供を、そもそも結婚事自体を望まない人が増えてきている時代ですが、どうしても子供がほしい!!授かりたいと悩んでいる方もいらっしゃいます。

こうした悩みを解決していく努力として「体外受精」という治療方法を検討される方もいらっしゃいますが、どうしても【きつい】【高い】というイメージがついて回ります。

そこで、今回は【高い】というWordに焦点をあてて、解決策をご紹介したいと思います。まずは、始める前に、悩む前にこちらを確認してみてください。

目次

1:体外受精とは

  1-1:体外受精の基礎知識

  1-2:対象となる方

  1-3:対象となる基準

2:体外受精の大まかな流れ

3:病院選びのポイント!!

4:凄く気になる費用はどのくらい??

5:知っておこう国の支援

  5-1:不妊治療の助成金 体外受精でも受け取れる?

  5-2:不妊治療の助成金を受け取る条件は?

  5-3:助成金の申請方法は?

  5-4:不妊治療での助成金はいくら補助されるの?

6:具体的な支給事例

  6-1:東京都の不妊治療に対する助成金

  6-2:京都府の不妊治療に対する助成金

  6-3:大阪府の不妊治療に対する助成金

7:これは医療費控除を申請できるの?

8:体外受精と保険の考え方

  8-1:2つの「保険」の関係

  8-2:保険会社の「医療保険」  

9:保険会社の「医療保険」の活用方法

10:人気商品をご紹介

11:まとめ

続きを読む

マイナス金利の時代!保険料改定は私たちの生活にどう影響する?」

昨年から生命保険の見直しや商品の販売中止などで驚かれているのではないでしょうか?実は、昨年から今年は本当に大きな改革の時期でした。

この現象は何が理由で起きているかご存知ですか?実は、新聞やニュースをにぎわしている「マイナス金利」というWORDが深く関係しているのです。

つまり、マイナス金利は投資家だけの問題ではなく、ごく普通に生活をしている私たちの生活に密着しているといえます。このマイナス金利では、私たちの備えである生命保険に大きな影響が出ています。

そこで、どんな影響が出ているのか、今後はどうなるのか…について、整理していきましょう。

目次

1:今、何が起きている?

1-1:マイナス金利とは?

1-2:特殊な状況で起きるマイナス金利

1-3:政策として実施されるマイナス金利

1-4:日銀が行うマイナス金利政策

2:私たちの生活との関係

2-1:私たちにとってのマイナス金利とは一体何なのか?

2-2:マイナス金利を導入は、どう影響するの?

2-3:その他、生活に影響することとは?

2-4:働く環境に与える影響とは?

3:もっと具体的に…私たちの家庭と生活に何が起きるのか?

3-1:なんと貯蓄性の高い生命保険が販売停止に…

3-2:逆に…借りる立場になればオトク!?

4:現在…生命保険に大きな影響が出ている

5:でもどうして?生命保険商品に変動が起きるのか?

5-1: 日銀のマイナス金利で金利が下がる

5-2: 日々の運用影響を出す!

5-3: 保険金が払えなくなる

5-4: 保険の見直し(販売停止や保険料の値上げ)

6:生命保険の種類によって影響度は変化する

7:生命保険に対する影響…現状と今後では?

7-1:これまでにの傾向

7-2:今後の予測

8:では、どうしていくか?

8-1: これから保険に入る人

8-2: 今は考えていない人

9:まとめ:あわてず冷静に、そして、すばやい判断を

続きを読む

個人年金保険料控除で節約する方法など元保険外交員が徹底解説!

節税のひとつとして個人年金保険に加入する人も増えている今、個人年金保険で具体的にどのように節税に繋がるかご存知ですか?

保険屋さんに節税になると勧められて加入したけどよく分からずそのままだったり、個人年金保険料控除の適用条件が分からず、対象外の契約内容にしてしまって損していたりするケースも少なくないと思います。

せっかく個人年金保険料控除という制度があるのに、知らなかったということで節税できるお金を無駄にしてしまっていませんか?

そこで今回、個人年金の保険料控除についての基礎知識や計算方法、具体的な適用条件などを元保険外交員が分かりやすく解説いたします。

個人年金保険の保険料と税金の関わり、生命保険料控除の新旧制度の違いや個人年金保険料税制適格特約の適用条件、また注意点など情報満載です。

これから個人年金保険に加入しようと検討している方や、現在加入していてあまり節税について分からない人なども是非この記事を参考にしてみてくださいね。

目次

1.個人年金保険料控除の基礎知識
1.1.個人年金保険とは
1.2.個人年金保険料控除とは
1.3.個人年金保険料税制適格特約とは

2.控除を受けるために『個人年金保険料税制適格特約』を付加しましょう
2.1.個人年金保険料税制適格特約を付加するための条件
2.2.保険料払込期間10年以上
2.3.年金受け取り開始年齢60歳以上
2.4.年金受け取り開始期間10年以上
2.5.契約形態の条件

3.保険料控除の制度について
3.1.平成22年の税制改正に伴い変更になった保険料控除
3.2.保険料控除と所得税
3.3.保険料控除と住民税

4.個人年金保険料控除の申告方法
4.1.毎年送付される『保険料控除証明書』を確認しましょう
4.2.会社員と個人事業主では違います
4.3.『保険料控除証明書』の種類
4.4.万が一保険料控除証明書を紛失した場合の対処法

5.個人年金保険料控除の計算方法
5.1.控除される金額の計算方法
5.2.控除によって節税できる金額の計算方法

6.個人年金保険料控除を受ける前に知っておきたい個人年金保険の注意点
6.1.解約すると損してしまいます
6.2.年金を受け取る際に税金がかかります
6.3.保険料は計画的に決めましょう
6.4.インフレに対応できない場合があります

7.個人年金保険料税制適格特約の注意点
7.1.適用条件にみたさなくなったら控除されなくなります
7.2.中途解約の場合も控除されなくなります
7.3.年金額を減額しても解約返戻金が無いことがあります

8.まとめ

続きを読む

日本生命はなぜグランエイジと言う商品を発売したのか!

日本生命が発売した「グランエイジ」と言う保険をご存知でしょうか?

この保険は、死亡保障を無くす事で、保険料を安くし老後資金を貯めると言う商品です。

しかし、他の保険と違う所は、その加入年齢なのです。

この保険に加入できる年齢は、50歳~87歳となっており、他の商品よりも高齢の方向けの商品だと言えます。

それでは、なぜ日本生命がこの保険を販売するようになったのでしょうか。

この記事では、グランエイジとはどのような保険なのか、なぜこの年齢の方を対象とした保険を販売したのかなど、基本的な所から説明しますので、様々な事を知って有利かつ効果的に老後資金の準備が出来る様になっていただければと、思います。

目次

1.セカンドライフの備え
1.1セカンドライフとは
1.2公的年金制度の現状
1.3セカンドライフの実情

2.生命保険の基本
2.1三大保険とは

3.個人年金の必要性
3.1仕組み
3.2特徴

4.個人年金の現状
4.1販売停止が相次ぐ貯蓄型生命保険
4.2契約開始年齢から見る個人年金
4.3利率/解約返戻率から見る個人年

5.トンチン性とは
5.1仕組み

6.グランエイジとは
6.1コンセプト
6.2商品性
6.3仕組み
6.4特徴
6.5契約のバリエーション

7.日本生命とは
7.1沿革
7.2グループ
7.3決算状況
7.4保険金/給付金支払状況
7.5日本生命への問い合わせ
7.6電話/窓口相談
7.7ホームページから相談
7.8資料請求
7.9見積請求

8.まとめ

続きを読む

年金受給額は世代で変わる!受給額を思考して将来に備えよう

皆さん、自分の老後に受取れる『年金受給金額』のこと、どれくらい把握していますか?

「今の生活を維持する程の、金額が貰えない」なんて話もよく耳にしますが、聞くだけでしっかりと確認してみいない事には、老後の計画も出来ませんよね。

大体このくらいだろうと予想はしていても、制度や計算方法を良く見てみると自分の『年金受給金額』に意外と知らない落とし穴があったりして、後悔してしまう事もあるかもしれません。

今回は、知っておきたいけど、面倒だからその時が来てからで良いと思ってる人に『年金受給金額』は「何歳からどうやって、いくら受け取れるか」など、将来の生活の為に知っておくべきことを一緒に見て行こうと思います。

目次

1.受給できる年金の種類はコレ!
1-1.国民年金
1-2.厚生年金
1-3.個人年金
2.年金受給額はどうやって決めている?
2-1.年金受給金額・基礎年金のケース
2-2.年金受給金額・厚生年金のケース
2-3.年金受給金額・配偶者はどうなの?
3.年金受給額 推移
3-1.年金受給額変動!
3-2.年金受給金額・物価スライド
3-3.年金受給金額・マクロスライド
4.年金受給額いくら?計算式
4-1.自営業者の年金受給額の低さ
4-2.会社員の年金受給額・ボーナスも関係する
5.年金受給額いつから?
5-1.年金受給・団塊世代
5-2.年金受給・現在の若者
6.年金受給の勘違いとは?
6-1.年金受給・収入があると貰えない?
6-2.注意!受取時効って?
7.年金受給額・手続き
7-1.年金受給・何もしないと貰えない!
7-2.年金受給・請求の仕方
8.まとめ

続きを読む

日本生命の個人年金保険は本当に魅力的な商品なのか徹底解剖します!

保険会社と言えば、まず最初に日本生命を思い浮かべると言う方も多いのではないでしょうか。

生命保険や、損害保険で、お世話になっている方も多いかと思います。
老後の心配をしている方の中には、自分が信頼できる保険会社で資産を運用していきたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

日本生命でも、そんな方々のために個人年金保険を販売しています。

日本生命の個人年金保険は、他の保険会社の個人年金保険と比較しても保険的機能を際立たせた商品だと考えられています。

その為、人によっては非常に得をしたり、損をしたりすると言われています。

それでは一体、日本生命の個人年金保険とは一体どういったものなのかを見ていきましょう。

目次

1.日本生命って一体どういった会社なの?
1.1契約者数、売上高が日本国内で最大の保険会社
1.2個人年金保険は2種類を扱っている
2.日本生命が扱っている個人年金保険には一体どういった種類があるの?
2.1期間を自分で決めることができるみらいのカタチ年金保険
2.2長生きをすれば得をすることが出来るGran Age(グランエイジ)
3.みらいのカタチって一体どういった個人年金保険なの?
3.1年金の受取期間が3段階に分かれている確定年金型
3.2他の個人年金保険と比較すると、貯蓄率は高いといえる
3.3状況に応じて条件の変更などを行うことができる
4. Gran Age(グランエイジ)って一体どういった個人年金保険なの?
4.1 50歳以降からも加入することが出来る
4.2場合によっては元本割れするリスクがある
4.3人によっては終身年金のため損をする可能性もある
4.4状況に応じて条件を変更することができる
5.個人年金保険に加入するデメリットって一体どういったものなの?
5.1返戻率が超えるためにはある程度長生きをしなければいけない
5.2総合して保険料は高いといえる
6.個人年金保険に加入するメリットって一体どういったものなの?
6.1日本生命は大きな会社なので、倒産リスクが低い
6.2年金の支払い繰り延べなどをすることができる
6.3三大疾病などになると保険料免除になることもある
7.個人年金保険に加入する時に気をつけておきたいことって一体どういったことなの?
7.1利率は本当に正しいのかどうかを考える
7.2他の金融商品と比較して、自分のライフプランと合っているのかどうかを確認する
7.3わからないことはきちんとプロに相談する
8.まとめ

続きを読む

個人年金の確定申告で、保険料控除や還付金を受けよう!

人口減少や不況を背景に、公的年金制度が傾きつつある中、私たちは自分自身でセカンドライフを守らなければならない時代となりました。

そんな中、老後資金の確保手段として、近年生命保険会社と私的に契約する個人年金保険が、人気を博しています。

そんな個人年金ですが、月々支払っている保険料が、生命保険料控除対象となっているのをご存知ですか。

また、既に年金を受け取っていらっしゃる方々も、確定申告を行うことで、還付金を受け取れる可能性があることをごぞんじですか。

今回は、老後の生活安定を図る為に加入している個人年金で行うべき、確定申告のあれこれを、一緒に見てまいりましょう。

 目次

1.確定申告とは
1.1確定申告が必要な条件
1.2確定申告が不要な条件
1.3確定申告忘れのペナルティ

2.個人年金での節税(保険料編)
2.1払込保険料で受けられる控除
2.2控除額算出方法

3.個人年金での節税(受取年金編)
3.1契約者/受取人で見る税金の種類
3.2必要経費/雑所得/納付税額の算出

4.確定申告方法の選択
4.1 e-Taxでの申請
4.2書面での申請

5.確定申告
5.1確定申告の流れ
5.2作成の際の書き方の注意

6.確定申告の準備
6.1事前に準備すべき所得関連書類
6.2事前に準備すべき所得控除関連書類

7.確定申告書の作成
7.1申請書の種類

8.確定申告書を作成
8.1確定申告書Aの作成方法

9.まとめ

続きを読む

年末調整で気になる個人年金の控除額はどれぐらいか教えます!

年末調整や確定申告をすると、〇〇控除・〇〇控除と控除の欄が気になりませんか?

色々な節税方法があり、税金をよりやすくしたいと思う方もいらっしゃると思います。

そこで、近年の税法改定により追加された、個人年金保険料控除を今回は詳しく説明していきます。

「個人年金保険に加入しているが、これは対象になるのか?」や、「これから加入を考えているけれども、注意しないといけない事はあるのか?」など多くの疑問があると思いますので、契約の仕方から控除額など、これさえ把握していれば、大丈夫と言う記事になりますので、これを読んで個人年金保険料控除とはどういったものなのかを、知っていただければと思います。

目次

1.個人年金って一体どういったもののことをいうの?
1.1公的年金をカバーし、2つの種類に分かれている保険のことを言う
1.2家計に優しい控除などがついている
2.個人年金保険料控除はすべての人に適応するわけではないの?
2.1保険に特約がついていないと適応範囲外になる
2.2定められた条件が満たされていないといけない
3.生命保険料控除って一体どういった制度のことを言うの?
3.1所得に合わせて控除される事を言う
3.2生命保険料控除には3種類がある
3.3加入している保険に応じて値段は変動する
4.生命保険料控除は途中で制度が変わったってどういうことなの?
4.1加入時期によって適応される制度が変わる
4.2控除額の上限がより高く設定されている旧制度
4.3計算式が変わった新制度
5.個人年金保険料控除って一体どういった面がメリットだといえるの?
5.1節税効果がかなり高いということが出来る
5.2他の保険料とはまた別枠で所得控除を受けることが出来る
6.気をつけておきたい個人年金保険のデメリットって一体どういったものなの?
6.1個人年金保険料控除を満たさない内容変更は難しい
6.2途中で減額しても解約返戻金は戻ってこない場合がある
6.3途中解約すると損をする場合がある
7.個人年金保険がおすすめな人って一体どういった人なの?
7.1あくまでも控除はおまけで保険を重要視出来る人
7.2安定的な収入がある人
7.3ローリスク・ローリターンで運用したい人
8.まとめ

続きを読む

太陽生命ってどんな保険会社?商品詳細や口コミから実態を探る!

太陽生命は自由に保険を組み合わせられるオーダーメイド保険として有名な会社ですが、その実態は一体どうなんでしょうか?

巷ではあまり良くない噂も耳にしますが、今回は「太陽生命」の保険の特徴や、どんな商品を取り扱っているかご紹介します。

どんなメリットやデメリットが潜んでいるのか、口コミを参考にしながら伝えていきます。利用者の言葉は嘘を付かない。鵜呑みは危険ですが、参考にして、アナタにとって良い保険が見つかると良いですね。

目次

1.太陽生命ってどんな会社?

1.1 会社概要

1.2 取扱商品一覧

1.3 人気がある商品は?

2.太陽生命の保険について

2.1 保険組曲bestシリーズについて

2.2 終身生活介護年金保険について

2.3 わくわくポッケについて

2.4 健康に自信がない人でも加入できる保険について

2.5 その他の取り扱い保険について

3.太陽生命の口コミに迫る!

3.1 太陽生命って実際のところどんなイメージ?

3.2 太陽生命は悪い評判ばかり?

4.口コミからまとめた太陽生命のメリット・デメリット

4.1 メリット①商品について

4.2 メリット②会社について

4.3 デメリット①商品について

4.4 デメリット②会社について

5.生命保険の選び方で失敗しないために

5.1 まずは自分の加入する保険の種類を選ぶ

5.2 謳い文句にだまされるな!商品詳細はよく確認して

5.3 保険料は無理のない範囲で

5.4 迷ったら口コミを参考に

5.5 ライフプランを綿密に立てて

6.太陽生命の保険で失敗しないために

6.1 分からないことは逐一確認をしよう

6.2 納得したうえで契約すること

6.3 保険会社のデータだけでなく、口コミも参考にして

6.4 保険金支払いや適用事例についてもよく確認を

7.まとめ

続きを読む

認知症に備える保険の選び方を元保険外交員が分かりやすく徹底解説!

『認知症と保険』と聞いてパッと頭に浮かぶと言ったら介護保険だと思いますが、公的の介護保険でどこまで認知症に備えられるかご存知ですか?

漠然と「認知症になっても介護保険があるから大丈夫」と思っている事も多いのではないでしょうか?

公的の介護保険と民間の認知症保険の違いが分からなかったり、認知症に備えられる保険に入りたいけど、どの保険に入ればいいのか分からないという人も少なくないと思います。

そこで今回、認知症になったらどれだけの費用がかかるのか、認知症の保険は保険会社によってどのような違いがあるのかなど、現在介護の現場とも多くの関りを持つ福祉用具専門相談員で、かつ元保険外交員が『認知症と保険』について分かりやすく解説いたします。

一言で認知症と言っても症状によって様々な違いがあります。

そのため、将来の分からない不安を保険で少しでも安心に変えられるようにお手伝いができたらと思っていますので、ぜひこの記事を参考に保険選びの役に立ててもらえると嬉しいです。

目次

1.認知症と保険の関わり
1.1.認知症と公的介護保険の関わり
1.2.認知症と民間の保険の関わり
1.3.公的介護保険と民間の認知症保険の違い
1.4.民間の認知症保険の仕組み

2.認知症に備える保険とは?
2.1.認知症になると費用はどのくらいかかるのか?
2.2.民間の認知症保険でどんな保障が必要なのか?
2.3.認知症保険だけでなく損害保険も大切

3.認知症に備える保険の選び方
3.1.保険会社によって異なる保障内容をしっかり理解しましょう
3.2.保険金の受け取り方を決めましょう
3.3.保障内容と保険料を納得したうえで加入しましょう

4.保険会社比較『太陽生命』
4.1.保障の範囲の広い太陽生命の『ひまわり認知症治療保険』
4.2.『ひまわり認知症治療保険』のメリット
4.3.『ひまわり認知症治療保険』のデメリット

5.保険会社比較『朝日生命』
5.1.介護に手厚い朝日生命の『あんしん介護認知症保険』
5.2.『あんしん介護認知症保険』のメリット
5.3.『あんしん介護認知症保険』のデメリット

6.保険会社比較『三井住友海上あいおい生命』
6.1.掛け捨てじゃない『積立利率変動型終身保険』
6.2.『積立利率変動型終身保険』のメリット
6.3.『積立利率変動型終身保険』のデメリット

7.認知症保険の注意点
7.1.公的介護保険の要介護度は変わることがあります
7.2.保険会社によって保障内容がかなり違うのできちんと内容を把握しましょう
7.3.保険料の払込期間は計画を立てて決めましょう

8.まとめ

続きを読む

人によって変動する厚生年金の受給額って自分は一体いくら受け取れるの?

皆が同じ金額を受け取ることが出来る国民年金とは違い、厚生年金の場合は給与によって受給額は変動するようになっています。

また、人によっては定年後も働き続ける人もいるので、そうなると65歳を過ぎても厚生年金を支払い続ける場合もあります。

これらは、人によって違うため、自分でどのくらい受給できるのかを計算する必要がありますが、非常にその計算は複雑になっています。また、途中で主婦になったり、一時期だけは仕事を辞めていた人などは特に計算がややこしいものになります。

この記事では、そんな厚生年金の受給額は一体どのようにして計算すればいいのかを、紹介していきたいと思います。

目次

1.厚生年金って一体満額だといくら受け取ることが出来るようになっているの?
1.1厚生年金は給与によって満額が変動する
1.2一般的に考えられる厚生年金の満額はあくまでもシュミレーション上
2.厚生年金がいくら受け取ることが出来るのかはどのようにして計算すればいいの?
2.1毎月の給与から計算される報酬比例年金額
2.2少し計算がややこしい経過的加算
2.3配偶者や子供がいると加算される加給年金額
3.厚生年金って平均では一体どのくらい受給されているの?
3.1国民年金と比較すると圧倒的に厚生年金が高額
3.2男性の方が女性よりも受給を受けている
4.主婦になった場合、厚生年金は受け取ることが出来るようになっているの?
4.1働いたことがないと国民年金は受け取ることが出来る
4.2結婚前のみ働いていたとしても多少は厚生年金を受け取ることが出来る
4.3一時期のみ専業主婦をすると、夫とあまり働いた年数が変わらなくても受給額が変わる
5.大幅に受給額が増える特例って一体どういうことなの?
5.1厚生年金保険についている特例は2種類の受給を受けることができる
5.2特例の対象はいくつか条件を満たしていないといけない
5.3特例によってかなりの年金額が増額される
6.厚生年金って一体加入期間はどのくらいのものなの?
6.160歳から65歳までは在職老齢年金を利用することが出来る
6.265歳から70歳までも厚生年金は払い続けなければいけない
6.3加入期間が足りなければ高齢任意加入被保険者になることができる
7.まとめ

続きを読む

国民年金の満額はいくら?公的年金と生命保険でダブルで備えよう!

老齢世代を支える若い世代の人口は、ご存知のように減少傾向にあります。

これにより、シニア1人を支える現役世代の人数は年々少なくなり、その負担額は決しておざなりにできない額となっています。

この状態が続くと、現役世代が老齢世代に突入した際、その受給資格や受給年齢の変更が余儀なくされ、セカンドライフに暗い影を落とすことは、もはや回避できない、重要な問題となっています。

そこで今回は、公的年金制度である国民年金の保険料/受給額などを、正しい情報で理解し、来るセカンドライフへの備えをどうすべきかを、一緒に見てまいりましょう。

 目次

1.公的年金制度とは
1.1公的年金のしくみ
1.2公的年金の種類

2.国民年金とは
2.1国民年金のしくみ

3.国民年金の保険料とは
3.1国民年金保険料の算出方式
3.2実際の保険料額
3.3制度改正による平成29年度までの保険料

4.国民年金の受給とは
4.1受給可能な国民年金の種類
4.2受給の条件
4.3受給月額の算出方式
4.4実際の受給額目安

5.受取年金受給額を増やすには
5.1後納制度
5.2付加年金
5.3国民年金基金
5.4iDeCo
5.5受給年齢の繰り上げ

6.セカンドライフとは
6.1セカンドライフの実情
6.2セカンドライフに必要な資金

7.セカンドライフへの備え
7.1銀行などの金融商品による備え
7.2生命保険による備え

8.生命保険の活用術
8.1セカンドライフ向けの生命保険とは
8.2保険の比較サイトの活用

9.まとめ

続きを読む

20代で個人年金に加入する事はおすすめなの?その理由を徹底解説します!

仕事を始めて、家族も増えて…20代の間に、様々な環境が変わっていったという方も多いのではないでしょうか。

それによって、自分が守りたい大切な人が増えたり、自分の将来に対して責任感を感じている方もいるかと思います。

そういった方にとっては、老後のことを考えるというのも非常に重要なことではないでしょうか。特に、公的年金などは20代の初めは学生ということで免除されており、それにともなって未納付という方も多いかと思います。

しかし、老後は何十年も先のことですが、個人年金の性格を考えると実は今から加入を検討するほうが良いとも言われています。
この記事では、そんな個人年金はどうして20代から加入するのがおすすめなのかをメリットとデメリットを見ながら解説していきたいと思います。

目次

1.20代から考えておきたい老後に対する問題って一体どういったものがあるの?
1.1公的年金だけでは老後の生活が賄えるか心配
1.2公的年金に未加入だったり納付しておらず老後を考えていない
1.3個人年金だけを検討しており公的年金は考えていない
2.個人年金って一体どういったもののことをいうの?
2.1保険とついていても金融商品の一種
2.2投資として考えなければリスクは高くなる
2.3老後資金を作ることができる
3.個人年金保険に加入したほうがいい人って一体どういった人なの?
3.1所得がある程度高く高額な税金を納めている人
3.2ローリスクでも堅実にお金を増やしたい人
4.個人年金保険を20代から始めるとどんなメリットがあるの?
4.1長期間で積み立てることで得が出来る
4.2長い期間税金控除を受けることが出来る
4.3普通に貯金をするよりもコストパフォーマンスが良い
5.個人年金保険のデメリットって一体どんなものがあるの?
5.1長期間自分の資産を好きに使うことができなくなってしまう
5.2物価が上がるインフレリスクに対して対策が難しい
5.3保険会社自体が破綻する恐れがある
6.20代で個人年金保険を考えるならまずはどうすればいいの?
6.1家計やライフプランから加入するかどうかを考えてみる
6.2貯蓄を増やす方法としてポートフォリオを作成してみる
6.3分からないことはFPなどの専門家に尋ねてみる
7.まとめ

続きを読む

老後資金の心配は今から考えておこう!貯めるためのポイントご紹介

『老後』の事を考えるとき、皆さん何をまず思い浮かべますか?

『老後資金』が足りなくて苦しい生活をしている自分など出来るなら想像したくないと思います。

出来るなら、孫に囲まれて幸せに暮らしている自分、念願の夫婦旅行を楽しんでいる自分、時間に追われる事無く好きなことに没頭する自分など楽しく暮らしていきたいものです。

しかし現実は厳しく公的年金だけでは、それらの楽しみだけじゃなく食べる事さえ困難になるかもしれません。

そうならない為に今回は『老後資金』で困らない為の、お金を貯めるポイントを考えて行きたいと思います。

目次

1.『老後資金』の前に『老後』とはを考える!
1-1.老後ってなに?
1-2.老後の家族とは
1-3.寿命・年齢・病気のリスク
2.『老後資金』とはを考える!
2-1.『老後資金』が無くても!
2-1.子供と同居してみる?
2-2.老齢になる前に
3.『老後資金』目標金額
3-1.老後・何にどのくらい掛かる?
3-2.貯められる?3000万円『老後資金』
3-2.どのくらい貯めればいいの?
3-2-1.夫婦ふたり
3-2-2.一人暮らし
3-2-3.自営業者なら
4.老後に必要な金額の不思議
4-1.『老後資金』だれが支える?
4-2.『老後資金』破産
5.『老後資金』貯め方
5-1.貯める金融商品はある?
5-2.生命保険なら
5-3.個人年金で『老後資金』
6.今すぐ行動すること
6-1.我が家のプランニング
6-2.好きな事でスキルアップ
6-3.健康でいること
7.まとめ

続きを読む

積立年金保険を利用して老後の心配をなくすのは可能なの?

積立年金保険という言葉は聞いたことがあるけれど、実際にそういった名前の保険は少なく、一体積立年金とはどういったものなのか、また、積立年金保険とはどれに加入するべきなのかと考えている方もいるかと思います。
しかし、実は積立の文字が入っていなくても積立年金の要素を含んでいる保険も存在しています。
この記事では、そんな積立年金とは一体どんなものなのか、また、どうして老後の貯蓄におすすめされているのかをご紹介していきたいと思います。

目次

1.積立年金って一体どういったもののことを言うの?
1.1国が運営している公的年金
1.2加入も解約も自由な個人年金
1.3自分の負担が軽くなる確定拠出年金
2.個人年金と確定拠出年金って一体どういった点が違うの?
2.1積立てていく支払い保険料が決まっているかどうか
2.2 将来受け取れる保険金が決まっているかどうか
3.個人年金と確定拠出年金はどのように使い分ければいいの?
3.1ローリスクローリターンで運用する個人年金
3.2他の年金制度が振るわなくてもカバーできる確定拠出年金
3.31つに集中するのではなく、分散することが大切
4.積立年金って一体どういうメリットを意味しているの?
4.1長期間で積み立てることでインフレリスクを避けることができる
4.2長い期間かけることで、複利の力により投資が成功しやすい
4.3焦ることなく安心して年金を作ることが出来る
5. よく聞く拠出型企業年金保険と企業型確定拠出型年金は同じではないの?
5.1保険料を誰が支払うのかが違う
5.2加入や契約が自由かどうかが違う
5.3税制度がどのようになっているのかが違う
6.年金制度は節税対策になるのは本当なの?
6.1全ての年金保険が対象になっているわけではない
6.2契約者が異なっても控除が可能な場合がある
7.最後に確認しておきたい積み立てて作る個人年金保険が人気の理由とは?
7.1自動的に目標額分のお金を貯めることができるから
7.2貯めたお金を無駄遣いしなくてもすむから
7.3税金控除を受けることができるから
8.まとめ

続きを読む

個人年金保険の比較サイトを活用して、ライフプランニングを始めよう!

インターネット隆盛の現代社会、私たちは様々な恩恵を、そのネットワークから受けています。

スマホ/PCさえあれば、ありとあらゆる情報を、どこにいても手軽に収集できるようになり、その範疇は全世界に及びます。

しかしながらその情報量の多さばかりでなく、整合性の確認できない情報、キャッシュとして残り続ける過去の情報などがあまりにも多く氾濫し、その信ぴょう性は時として懐疑的にならざるを得ないのも、インターネットの持つ側面です。

とりわけ商品数が多く、煩雑な生命保険商品を検索しようとすると、その数のあまりの多さに、閲覧する前に気が萎えてしまいます。

そこで今回は、インターネットの利点をフル活用して、生命保険商品の情報を収集するのにうってつけな、比較サイトのあれこれを見てまいりたいと思います。

特に先行きの見えない経済状況に置かれているわが日本では、将来の備えとしての個人年金保険に熱い視線が注がれています。

まずは自身のライフプランを具体的にイメージしていただくためのノウハウから、選ぶべき個人年金の情報、活用すべき生命保険比較サイトを順に見てまいりましょう。

確かな情報を発信する優良サイトを活用して、今すぐ盤石なライフプランを構築していきましょう。

 

目次

1.ライフプランをシミュレーションしよう
1.1ライフイベントとは
1.2イベントごとに必要な経費

2.将来に向けた貯蓄とは
2.1備えは2種類
2.2銀行金融商品とは
2.3生命保険会社の保険商品とは

3.そもそもセカンドライフとは
3.1公的年金の現状
3.2セカンドライフの現状

4.様々な体系別にみる個人年金
4.1受取種類別個人年金
4.2形態別個人年金
4.3保険料払込別個人年金

5.新しい形の公的年金とは
5.1イデコiDeCo

6.個人年金ランキング
6.1利率/返戻率でみる個人年金

7.インターネットを駆使しよう
7.1個人年金保険比較サイトとは

8.代表的な個人年金保険比較サイト
8.1価格.com
8.2保険市場
8.3 i保険
8.4保険比較ライフィ
8.5保険比較
8.6保険チャンネル
8.7自身にあったサイトを探そう

9.まとめ

  続きを読む

個人年金のデメリットを徹底検証!お得な個人年金とは何か!

皆さん『個人年金』についてどの程度知っていますか?デメリットもきちんと理解しているでしょうか?

第2の人生となる老後をその『個人年金』で、豊かにゆっくりと楽しみたいと思っている方がほとんどだと思います。

公的年金の不安や心配もなく、十分な『個人年金』が用意できれば安心して老後を過ごせる事とでしょう。

しかし現在の日本の経済状況を見ると本当に安心できる物なのか、不安になってきませんか?

今、自分の老後の為の『貯蓄』を『個人年金』で用意しているとていう人は、どんな種類の個人年金で、どのくらいの受取金額にしていますか?はたしてそれらは本当にゆとりをもたらしてくれるのでしょうか?

今回は、個人年金の種類によっては、将来デメリットとなるかもしれない、個人年金のデメリットを考えながら、お得な『個人年金』とはどのようなものかを、見て行きたいと思います。

目次

1.個人年金のこと
1-1.個人年金って何?
1-2.私的年金にはこんなものが
1-2-1.〇〇基金
1-2-2.確定拠出年金
1-2-3.生命保険
2.個人年金 デメリットの理由
2-1.デメリットな個人年金
2-1-1.老後資産が減る?
2-2.個人年金・定期預金
2-3.個人年金と公的年金
2-4.個人年金・貯蓄型生命保険
3.個人年金 デメリット・注意
3-1.個人年金 デメリット・インフレ
3-2.個人年金保険・『損』減額
3-3.個人年金 デメリット税金
3-3-1.受け取り方法
4.個人年金 デメリット・対策
4-1.個人年金・入らない
4-1-1.会社員
4-1-2.自営業者
4-2.個人 年金・入るタイミング
4-3.何歳までカバーするか
5.個人年金「イデコ」とは
5-1.個人型確定拠出年金(iDeCo)
5-2.個人型確定拠出年金・増やし方
5-3.個人型確定拠出年金の注意点
6.個人年金のお得なポイントを考える
6-1.お金が貯められない人
6-2.個人年金保険の税制適格特約
6-3.国民年金・加入するメリット
7.まとめ

続きを読む

ソニー生命の個人年金保険って?変額保険との違いも含め解説します!

年金を貯めることを検討し、情報を集めたけれど、個人年金保険が次々に販売停止になり、どうすれば良いのか分からなくなっていませんか?
私も、様々な情報を収集したにもかかわらず、販売停止になった商品は多くあります。
その中でもソニー生命は、元々2種類の個人年金保険を扱っていましたが、今は変額個人年金保険のみに統一されて販売を継続していますが、変額保険と変額個人年金と似たような2種類の保険が販売されている事で、少し解り辛いです。
この記事では、ソニー生命の扱っていた個人年金保険はどのようなものなのか、そして現在扱われている変額保険と変額個人年金保険はどういった商品でどのような違いがあるのかと言う事から、他社の保険と比較してどのようなメリットがあるのかなどを変わりやすく解説していきます。
この記事を読んで、より有利に老後の資金の準備をしませんか?

目次

1.ソニー生命の個人年金保険ってどのような種類があるの?
1.1受け取れる年金の額が決まっている、5年ごと利差配当付個人年金保険
1.2運用実績に応じて年金の総額が変動する、変額個人年金保険
2.ソニー生命の5年ごと利差配当付個人年金保険のメリットってどういう所なの?
2.1支払った保険料が返ってくる返戻率が高い
2.2保険料が支払われない障害になった時に払込免除がついている
3. ソニー生命の5年ごと利差配当付個人年金保険のデメリットってどういう所なの?
3.1基本的に支払いは口座振込のみ
3.2サイトからシュミレーションなどで詳しい情報を得られない
3.3簡単に申し込むことは難しい
4. ソニー生命の変額個人年金保険のメリットってどういう所なの?
4.1物価が上昇するインフレリスクに対応することができる
4.2自分の運用次第で多くの年金を受け取ることができる
5. ソニー生命の変額個人年金保険のデメリットってどういう所なの?
5.1特別勘定をよく理解しないと運用が難しい
5.2最低保証がないため、損したら年金の額が減ってしまう
6.すでに運用をしている人にとって変額個人年金保険が魅力的な理由って?
6.1金利が高く、運用成績があるファンドに投資することができる
6.2制限されることなく運用成績のよいものだけに投資することができる
6.3生命保険料控除を受けることができ、節税対策ができる
7.ソニー生命と他の会社の個人年金保険の違う部分とはどこなの?
7.1契約の上限年齢が明確に決まっており、払込開始年齢の設定は細かい
7.2苦情率はそこまで高いわけではない
7.3運用利回りは悪くない
8.まとめ

続きを読む

個人年金とは!その基礎知識と必要性!老後の余裕はまず知識から

『個人年金とは?』と、問われたら皆さんどう答えますか?

ほとんどの人が「自分自身で公的年金にプラスアルファ―し、余裕ある老後資金を確保するもの」と言う答えだと思います。

ではなぜ個人で年金を用意しなくてはいけないのでしょうか?

公的な年金が、確実に65歳から十分受け取れるのなら何の心配もいりませんが、日本のお財布事情や年齢構成のアンバランスを見ると、現在の30歳代や40歳代は心配になってきますよね。

そこで『個人年金』を考える訳ですが、大事なお金の事なのでそのメリットや注意しなければいけない事をよく知っておかなくてはいけません。

今回は『個人年金とは?』という素朴な疑問を解決し、しっかりとした『個人年金』の知識を見て行こうと思います。

目次

1.個人年金とは何?
1-1.個人年金とは・貯金のような
・1-1-1.その他の公的年金
1-2.個人年金とは・公的年金に相対(そうたい)
1-3.個人年金とは・公的年金の不安・未払い
2.私的な選択とは
2-1.国民年金基金とは
2-2.確定給付年金(確定給付型企業年金)とは
2-3.iDeCo(個人確定拠出年金)とは
2-4.生命保険会社『個人年金保険』分類とは
3.公的年金に無い生保の増額年金・増加年金とは?
3-1.増額年金
3-2.増加年金
4.個人年金保険とは
4-1.一般の生命保険料と個人年金保険料の違いとは
4-2.個人年金保険・税
4-3.年末調整・書き方・トクする金額
4-4.ちょっと心配インフレと個人年金保険
5.皆はどのような個人 年金保険を使っている?
5-1.個人 年金の受給開始年齢は
5-2.個人 年金保険料は
5-3.個人 年金の年額は
5-4.個人 年金の受給期間は
6.個人年金VS〇〇とは
6-1.定額貯金とは
6-2.確定拠出年金とどちらが有利
7.個人年金保険の元本割れとは
7-1.変額個人年金・外貨建て個人年金保険
7-2.個人年金の必要性とは
8.まとめ

続きを読む