保険口コミ

転ばぬ先の杖!障碍者年金を正しく理解して、万が一に備えよう!

今は健康でも、予期せぬ事故や疾病により、障碍を負うことになる可能性が0%な方はいらっしゃいません。

つい他人事と捉えてしまいがちですが、脳疾患系の疾病やメンタルヘルス系の疾病に罹患される方は年々若年化し、いつ自身に降りかかって来てもおかしくはありません。

当然罹患による治療を余儀なくされると、仕事を休まざるを得なくなったり、場合によっては退職と言う道を選ばざるを得ない状況も出てまいります。

そんな状態をフォローしてくれるのが、公的年金制度の一環である「障碍者年金」ですが、実はあまり知られていないのが現実です。

人間と言うものは問題に直面していみないと、難解になりがちな法整備部分には手を出す気になれないのが常です。

しかしながらことが起こってからでは遅いので、今回は障碍年金に関する情報をきっちりと入手して、万が一に対抗する方法を見てまいりましょう。

目次

1.公的年金制度とは
1.1公的年金のしくみ
1.2公的年金の種類
1.3受給可能な年金の種類

2.障碍年金とは
2.1障碍年金の種類

3.障碍基礎年金とは
3.1概要
3.2受給に必要な条件
3.3障碍などの等級
3.4障碍認定基準
3.5障碍認定時
3.6年金額
3.7請求
3.8請求の手続き
3.9所得制限
3.10支給期間

4.障碍厚生年金とは
4.1概要
4.2受給に必要な条件
4.3障碍などの等級
4.4障碍認定基準
4.5障碍認定時
4.6年金額
4.7請求
4.8請求の手続き
4.9支給期間

5.精神障碍の場合①
5.1障碍認定基準
5.2障碍認定日
5.3障碍等級

6精神障碍の場合②
6.1傷病別に見る認定
6.2統合失調症
6.3気分障碍
6.4てんかん
6.5知的障碍
6.6発達障害

7.生命保険によるフォロー
7.1メンタル疾患への備え
7.2働けなくなった時への備え

8.まとめ

続きを読む

結婚したら保険の見直しは必須なの!?見直しのコツを解説します!

結婚を機に、これまで未加入だった保険を検討し始めたり、子どもの頃に親がかけてくれていた保険の見直しをするという方が増えています。

結婚とは幸せと同時に、家族への「責任」も背負うことだからです。

特に、一家の大黒柱として、配偶者やこれから生まれる子どもの生活を支えなければならないという場合には、保険は避けて通ることができないものですよね。

しかし、保険の見直しをする家庭が増えている一方で、入籍の手続きや挙式の準備、新生活のスタートなどやるべきことが多くて保険のことはついつい後回しになってしまうケースも少なくありません。

独身時代は何も保険に入っていなかったという方は特に、初めて保険について考え始めるとなると何から考え始めて良いのかわからず、余計に時間と労力がかかってしまいます。

「後回しにしているうちにすっかり頭から保険のことが抜けてしまっていた」というのも無理もない話かもしれません。

この記事では、なぜ結婚のタイミングで保険の見直しが大切になってくるのかということや、家族の状況別にどんな保険にフォーカスを当てるのが良いのかということを解説していきます。

「保険の知識はあまりないよ!」という方でも「医療保険とは?」や「生命保険とは?」といった基本的な部分も合わせて説明していくので、保険初心者の方もぜひ読んでみてくださいね!

目次

1.なぜ、結婚時に保険の見直しが必要なのか?

1−1.どんなリスクがあるのか?

1−2.保険に入る目的を考えよう

1−3.家族の状況によって変化する見直しのポイント

2.片働きの場合の保険の備え

2−1.片働きの場合のリスク

2−2.優先すべきは医療・がん保険

3.子どもができた場合の保険の備え

3−1.子ども一人育てるのに一体いくらかかる?

3−2.重要なのは生命保険

4.マイホームを購入した場合の保険の備え

4−1.団信とは?

4−2.教育費や老後の備えにシフトチェンジ!?

5.保障も貯蓄も一挙両得!こんな方法もオススメ

5−1.低解約返戻金型生命保険とは?

5−2.年末調整で節税効果あり!?

6.老後の備えは保険だけじゃない!?iDeCoという選択肢

7.まとめ

続きを読む

傷病手当金の素朴な疑問を解決します!公的制度との関係性とは?

病気で長期間会社を欠勤することになったときに社会保険に加入していれば「傷病手当金」を受給することができることをご存知ですか?

これまで健康であった方であれば傷病手当金とは無縁だったはずなので、いざ受給申請をしようとしたときに色々と疑問が出てくることでしょう。

そしてその謎は長期化すればするほど深まるばかり。病気が長期化した場合には、出産手当金、障害年金、失業手当など傷病手当金以外の様々な公的給付金を受けるケースも出てくるからなんです。

「ダブル受給はできるの?」「ほかの公的給付を受けた場合には傷病手当金を返さないといけないの?」などなど様々な疑問が飛び交っています。

この記事では、傷病手当金と他の公的給付金の関係を解説していくと同時に、近年増加している「うつ病」にまつわる支援制度や、傷病手当金の対象でない方のための病気の備えについて解説していきます。一緒に傷病手当金の疑問を解決していきましょう!

目次

1.傷病手当金とは?

1−1.傷病手当金の給付条件とは?

1−2.支給金額と期間はどれくらい?

1−3.待機期間の数え方

2.傷病手当金と出産手当金、どちらが優先?

2−1.出産手当金とは?

2−2.調整が必要になるのはこんなケース

3.傷病手当金と障害年金、どちらが優先?

3−1.障害年金とは?

3−2.調整が必要になるのはこんなケース

4.傷病手当金と失業保険、どちらが優先?

4−1.失業保険とは?

4−2.調整が必要になるのはこんなケース

5.うつ病と傷病手当金

5−1.うつ病にまつわる民間保険の実態

5−2.うつ病になったときの社会保障

6.国民健康保険に加入している場合は・・・?

6−1.国民健康保険とは?社保にあって国保にないもの

6−2.就業不能保険で備える?

6−3.所得補償保険で備える?

7.まとめ

続きを読む

小規模企業共済のデメリットを把握して、退職金のベストな準備方法を考えよう!

小規模な企業を経営されている方や個人事業主の方は、企業にお勤めの方と異なり、公的年金制度で得られる保障額が少ないのをご存知でしょうか。

経営に頭を悩ませ、顧客満足度を得るために日夜努力をし、従業員を思いやり、苦労を積み重ねて自身の城、社員、家族を守り抜く。

そんないばらの道を歩んできた先に、退職金のようなまとまったお金が手元に残らない状況は、やるせないばかりでなく、生活そのものへの不安が募ることでしょう。

そんな方々の為に創設されたのが小規模企業共済ですが、中々難解な契約内容であるがゆえ、「結構みんな入っているし」「税理士さんも勧めてたし」「安心の為なら」と、安易に掛金を支払っていたりしませんか?

今回は、本当に小規模企業共済が有益なのか、メリット/デメリットを様々な角度から検証し、備えるべき未来への道をご一緒に検討してまいりたいと思います。

目次

1.小規模企業共済とは
1.1沿革
1.2基本概念
1.3概要
1.4加入実績

2.小規模企業共済のメリット1
2.1掛金の選択肢
2.2納付方法の選択肢
2.3納付例
2.4増減の選択肢
2.5前納の選択肢
2.6節税対策

3.小規模企業共済のメリット2
3.1共済金の種類①
3.2共済金の種類②
3.3共済金の種類③
3.4共済金の受取金額
3.5共済金の受取方法
3.6共済金受取に伴う税区分
3.7契約者死亡時の受取人

4.小規模企業共済のメリット3
4.1貸付金制度の種類
4.2一般貸付
4.3傷病災害時貸付
4.4創業転業時/新規事業展開貸付
4.5廃業準備貸付
4.6緊急経営安定貸付
4.7福祉対応貸付
4.8事業継承貸付

5.加入に関する情報
5.1加入資格
5.2手続き
5.3試算

6.小規模企業共済デメリット
6.1元本割れ
6.2保障
6.3運用
6.4課税

7.貯蓄性の高い生命保険での備え
7.1終身保険の活用
7.2養老保険の活用
7.3個人年金の活用

8.まとめ

続きを読む

障害年金の所得制限を徹底解説!年収が高かったり、扶養でももらえるのか?

障害年金をご存知ですか?

障害年金は病気やけがによって生活や仕事に制限される人が受け取ることが出来る、国の公的な年金です。

ですが「所得が高いと障害年金がもらえないのではないか?」、「どうすれば障害年金を受け取ることが出来るのか?」など悩んでいる人もたくさんいらっしゃいます。

今回はそういった悩みを持っている方のために、障害年金の所得制限はどういったケースなのか、どういった条件を満たせば障害年金を受け取ることが出来るのか説明していきます。

目次

1.障害年金の基礎知識

1.1 障害年金とは?

1.2 障害年金を受給している人の数

1.3 障害年金の受給資格は?

1.4 障害年金の初診日とは?

2.障害年金の種類の違いを理解しておこう

2.1 障害年金をもらうにはどんな病気が対象?

2.2 障害年金の種類や障害の程度(等級)によって受け取れる金額が違う

2.3 実際に障害年金はいくらもらえるのか?

3.障害年金受給までの流れ~医師から診断書を受取るまでの手順~

3.1 障害年金を受けるために初診日を思い出す

3.2 年金事務所や役場で書類を入手する

3.3 医師に診断書を作成してもらう

4.障害年金受給までの流れ~診断書を受取ってからの手順~

4.1 病歴や就労状況等申込書を作成する

4.2 年金請求書を作成する

4.3 年金決定通知書等の送付

5.所得が高くても障害年金はもらえるのか?所得制限を解説

5.1 障害年金は原則的に所得制限はない

5.2 障害年金の所得制限があるケースとは

5.3 どのくらい所得があると障害年金の支給は停止するのか?

6.実は精神疾患でも障害年金を受けられる?

6.1 条件をクリアすれば障害年金を受給できる!

6.2 精神の障害に関する認定基準は?

6.3 一人暮らしの場合の注意点

6.4 仕事をしている場合の注意点

7.障害年金を受給している人は夫(または妻)の扶養に入れるのか?

7.1 障害年金を受給している人に会社勤めの配偶者がいれば扶養に入れる?

7.2 障害年金を受給しても老齢を減らさない方法がある

7.3 収入が180万円を超えると扶養から外れることがあるので注意

8.まとめ

続きを読む

生命保険と医療保険って違うもの?!2つの違いについて詳細解説します!

ひとくちに、生命保険といっても、本当にいろんな種類があって、混乱してしまいますよね!

ちゃんと、生命保険にはいっていたのに、いざという時になって、アテにしていた金額が手元に入ってこない・・・なんてことになってしまったら、元も子もないですよね!

そんな事態に陥らないためにも、今回はなにかと混同してしまいがちな、生命保険と医療保険の違いについて、初歩の初歩から詳しく解説していきます。

ご自身にとって、本当に必要な保険に加入できているかどうか、今一度、是非、一緒にチェックしていきましょう!

目次

1.生命保険と医療保険はどう違う?

2.そもそも生命保険って?

3.生命保険の種類って?
3.1定期保険
3.2終身保険
3.3養老保険

4.そもそも医療保険って?

5.医療保険の種類って?
5.1終身医療保険
5.2定期医療保険

6.公的な支援はある?
6.1遺族への公的な保障って?
6.2社会保険の役割って?

7.「生命保険」と「医療保険」の注意点って?

8.まとめ

続きを読む

働いているともらえない?!障害基礎年金の所得制限の疑問を徹底解説!

病気や障害を持ったときや、子育てでお金がかかるときに受けることができる様々な社会保障給付。児童手当や高額療養費制度など、所得が高いと制限を受けるものがたくさんありますよね。

一定の基準を満たす障害となってしまったときに受けとることができる「障害基礎年金」ですが、この制度の所得制限については、多くの方が「自分は給付対象となるのか?」「働いているともらえなくなってしまうのではないのか?」「所得制限の所得ってどの金額を対象としているのか?」などなど様々な疑問を抱えています。

結論から言うと、所得制限はあるのですが、その制限の対象となってくるのは非常に限定的です。

この記事では、年金制度や障害年金の種類などを整理していきながら、障害基礎年金の所得制限の仕組みについて徹底解説していきます。

悩める皆さんから寄せられる質問にもお答えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

1.まずは年金制度について確認しておこう!

1−1.国民年金とは?

1−2.厚生年金とは?

2.障害年金は誰がどれくらいもらえるの?

2−1.障害基礎年金の仕組み

2−2.障害厚生年金の仕組み

3.所得制限はあるの?

3−1.障害基礎年金は一部所得制限アリ!

3−2.20歳未満での障害の場合

3−3.特別障害給付金の対象者の場合

4.所得制限の「所得」って何!?

5.「所得」についてもっと踏み込んでみよう!

5−1.こんなとき所得制限はいくら?

5−2.保険の満期で大金をもらえることになったら・・・?

6.よくある質問

6−1.貯蓄は所得制限に影響しますか?

6−2.妻の所得は関係ありますか?

6−3.一度所得制限を受けるとどうなりますか?

6−4.児童手当は所得に入りますか?

7.まとめ

続きを読む

小規模宅地の特例を使って相続税対策をして不動産資産を守ろう!

小規模宅地の特例ってご存知ですか?

小規模宅地の特例を使えば相続税を大幅に減額することが出来て、多くの相続税を支払う必要もなくなります。

相続によって宅地を相続する場合はこの小規模宅地の特例が当てはまらないかをしっかりと把握することで節税することも出来ます。

でも実際に小規模宅地の特例の条件や申請方法が全く分からない人がたくさんおり、せっかく条件に当てはまっていても相続税を減額させることなくそのまま払ってしまう方もいます。

なので今回は相続時に重要になってくる小規模宅地の特例の仕組みや計算方法、節税方法や手続きのやり方をそれぞれ紹介していきます。

目次

1.小規模宅地等の特例とは

1.1 小規模宅地等の特例の概要

1.2 小規模宅地等の特例の効果

1.3 特例の対象範囲となる宅地とは

2.小規模宅地等の特例の適用条件

2.1 居住用宅地の適用条件とは

2.2 事業用宅地の適用条件とは

2.3 不動産貸付用宅地の適用条件とは

2.4 事業用宅地の場合は注意が必要

3.小規模住宅地等の特例を使った控除額の計算方法

3.1 特定居住用宅地等(住宅で使っている土地)の減額計算方法

3.2 貸付事業用宅地等(人に貸している土地)の減額計算方法

3.3 特定事業用宅地等(会社で使っている土地)の減額計算方法

4.小規模宅地等の特例は老人ホームの場合どうなるのか?

4.1 老人ホーム入居前に同居親族がいない場合

4.2 老人ホーム入居前に同居親族がいる場合

4.3 老人ホーム入居していた被相続人が自宅と賃貸アパートを所有していた場合

5.小規模宅地等の特例の様々なケース

5.1 老人ホームに入居した場合、「住居に住んでいた」と言えるのか

5.2 小規模は一体どこまでが小規模?

5.3 二世帯住宅に住んでいる場合は「同居」になる?

6.小規模宅地等の特例の流れ

6.1 小規模住宅地等の特例が適用されるのか調べる

6.2 小規模住宅地等の特例を使うための申告書を記載する

6.3 小規模宅地等の特例の必要添付書類を提出する

7.小規模宅地等の特例の平成30年改正ポイントとは?

7.1 家なき子の特例の適用要件を厳格化

7.2「家なき子」が認められなくなる可能性も

7.3相続直前のアパート建設は特例の対象外に

8. まとめ

続きを読む

【必見】終身保険の貯蓄性は?終身保険は本当にお得なのか徹底解説

もしもの時のためにも、貯蓄するためにも魅力的に見える終身保険。

その一方で、終身保険にも種類があったり、他の貯蓄方法と比べた時に本当にお得なのかなど、悩ましい事も多いですよね。

しかし!この記事では、終身保険の「貯蓄」という観点に焦点を当て、終身保険の貯蓄性や良し悪しをご紹介しているので、終身保険の貯蓄に関してのお悩みは一発解決するはず!

目次

1. 終身保険で貯蓄は可能なのか?

1.1 終身保険の概要

1.2 終身保険で貯蓄が出来る訳

1.3 こんな人が終身保険に加入する 

2.終身保険には何種類ある?

2.1 低解約返戻金型終身保険

2.2 積立利率変動型終身保険

2.3 変額保険

2.4 外貨建て保険

2.5 どれがおすすめ?

3. 本当に貯蓄に使えるのか?

3.1 ネックになりやすい保険料

3.2 一定のハードルはある

4.ポイントはここ!何のための貯蓄なの?

4.1 老後の貯蓄

4.2 教育資金

4.3 もしもの時のお金

5. 貯蓄性の高い終身保険3選

5.1 終身保険RISE

5.2 アクサダイレクトの終身保険

5.3 アフラックの「WAYS」

6.解約するとどうなるのか?

 6.1 基本的には解約すると損

  6.2 加入期間がミソ

 6.3 1つのデメリットになりえる

7 まとめ

続きを読む

医療保険不要論が続出!?終身医療保険の真の必要性を徹底解析!

「病気で手術や入院が必要になったときに金銭的な心配をしたくない」「家族に経済的な負担をかけたくない」などの理由で医療保険に加入している方は多いのではないでしょうか?数ある保険の中で生命保険と同様に多くの方が「当たり前」のように加入しているのが医療保険だと思います。

しかし、最近巷でよく話題になっているのが「医療保険不要論」。生涯の安心のために「終身医療保険」に入るという一部の人たちの常識と真っ向から対立する声が聞こえてくるようになりました。

医療保険を不要とする声はどのような根拠に基づいているのか気になりますよね。

この記事では、医療保険不要論の根拠を取り上げたあとに、実際に終身医療保険に加入しないリスク・加入するリスクなどを検証し、その必要性について考えてみたいと思います。

今、医療保険に入ろうかどうか迷っている方も、加入してしまったけれど「医療保険不要論」に惑わされてその必要性を疑い始めている方も、ご自身にとって終身医療保険が必要なのかそうでないのか、一緒に考えてみましょう!

目次

1.終身医療保険ってどんな保険?

1−1.医療保険の種類

1−2.医療保険で保障される内容

1−3.医療保険の特約とは?

1−4.医療保険の支払い方法3つ

2.なぜ今、「医療保険不要!」の声が多いのか?

2−1.なかなか優れてる!?日本の公的医療制度

2−2.日々進歩の医療技術

2−3.物価上昇実現も近い?

3.終身医療保険に加入するリスク

3−1.保障は「ずっと」じゃない?

3−2.「保険」vs.「貯蓄」

4.終身医療保険に加入しないリスク

4−1.年齢とともにUPするもの

4−2.一度病気をすると入れなくなる?医療保険の仕組み

5.終身医療保険の必要性とは?どんな人に必要でどんな人に不要?

5−1.必要な人

5−2.不要な人

6.入るならここに注意!

6−1.支払い方法に注意!

6−2.女性特約に注意!

6−3.「がん保険だけ」という選択肢も・・・!

7.まとめ

続きを読む

小規模共済で“退職金”の準備!?フリーランスや個人事業主は要必見!

主婦(夫)や高齢者などの労働力拡大や、長時間労働の改善など、働き方が見直されている昨今。時間を自由に組むことができ、また人間関係のストレスに悩まされることもない自由な働き方を求めて、フリーランスになる方が増えてきています。

企業に勤めていれば、病気をして働けなくなった時のリスクや、死亡のリスク、そして老後の年金リスクなどは会社が備えてくれています。しかし、自営業者や経営者はもちろん、フリーランスで働く人であれば、そのすべてのリスクに自分で備えなければなりません。

なかでも、心配なのが老後のリスクですよね?もちろん自営業者や経営者、フリーランスには退職金が無いにも関わらず、国の年金政策も期待できないのが現状です。では、その老後の生活費として必要不可欠な退職金は、どのように備えれば良いのでしょうか?

実は、賢い人は「小規模企業共済(小規模共済)」で備えているのです!

ここでは、そんな小規模企業共済(小規模共済)とはどのようなものなのか、メリット・デメリットについても、詳しく紹介します。小規模企業共済は、引退という将来のリスクを回避するために大切なもの!退職金への備えとして、小規模企業共済を知ることによって、今後より一層社会で活躍していくためのヒントとなるはずです。

目次

1.退職金について考える

1.1 フリーランスの増加

1.2.日本の年金制度

1.3.退職金の相場

1.4.退職金には税金がかかる

2.小規模企業共済とは

2.1.制度の概要

2.2.掛金

2.3.共済金(解約手当金)について

2.4.貸付制度

3.小規模企業共済への加入

3.1.現状

3.2.加入の条件

3.3.加入手続き

3.4.加入窓口

4.小規模企業共済4つのメリット

4.1.退職金の準備のメリット

4.2.掛金で節税対策のメリット

4.3.受け取り金の節税対策のメリット

4.4.貸付制度のメリット

5.小規模企業共済3つのデメリット

5.1.元本割れのリスク

5.2.減額のリスク

5.3.事業保障のリスク

6.小規模企業共済シュミレーション

6.1.加入のシュミレーション

6.2.シュミレーション結果

6.3.利回りの計算

7.退職金準備の方法

7.1.逓増定期保険

7.2.長期平準定期保険

7.3.生活障害定期保険

8.まとめ

続きを読む

一体いくら?分娩費用を把握して、経済的不安を解消しよう!

妊娠/出産は、古来より続く生命の絆で、神秘的かつ感動的な出来事です。

赤ちゃんの将来に思いをはせ、悪阻や出産などの苦しみを乗り切った先に、感動的なわが子との対面が待っています。

そんな妊娠/出産ですが、実はその立場になってみないと、諸々の費用を知ることがないのが殆どです。

妊娠期間から出産に至るまで、実は保険適用にはならず、自己負担を強いられることすら、あまり知られていないのが現状です。

「案ずるより産むがやすし」などと言いますが、事前にきちんと情報収集と整理ができているといないとでは、心のゆとりのみならず、経済的不安も違ってきます。

そこで今回は、いざ妊娠し出産を迎えるにあたって、「一体いくらくらい掛かるのか、どのような保障制度があるのか、どのような備え方をすればいいのか」と言った疑問に応えるべく、具体的な情報をご覧いただきたいと思います。

目次

1.妊娠期間の費用
1.1妊婦健診とは
1.2自己負担と保険扱いの違い
1.3妊婦検診に掛かる費用

2.妊婦検診補助券
2.1交付の受け方
2.2利用可能な医療機関
2.3利用方法
2.4補助券が使えない場合

3.自然分娩の費用
3.1都道府県別分娩費用平均
3.2お母さんに掛かる費用
3.3赤ちゃんに掛かる費用
3.4オプションに掛かる費用

4.帝王切開の費用
4.1帝王切開になる確率
4.2分娩費用

5.医療保障制度の活用
5.1保障内容
5.2出産育児一時金
5.3高額療養制度
5.4医療費控除
5.5乳幼児医療費助成制度
5.6児童手当

6.社会保険の活用
6.1保険料免除
6.2出産手当金
6.3育児休業給付金

7.出産育児一時金で利用できる支払制度
7.1直接支払制度
7.2受取代理人制度
7.3海外出産の出産育児一時金
7.4海外療養費

8.生命保険での備え
8.1女性医療保険とは
8.2出産に対応できる保険

9.まとめ

続きを読む

相続税は現金支払が必須!生命保険の活用で相続税の支払に備えよう!

相続する財産が課税対象なのは、周知の事実です。

その税額によっては、「3代で散財する」とまで言われており、私たちは漠然とした不安を抱えつつも、情報を精査することを避けてしまいがちです。

「難しそう」

「そもそも受け継ぐ財産の中身が良く分からない」

「今のところ親も健在だから、もう少し後で考えてもいいかな」

このような気持ちが背景にある為、ついつい後回しにしているのです。

しかしながら、いつ何時親御さんや配偶者の身に万が一が発生するかなど、誰にも分りません。

「自分に何かがあったら、何がしかの資産を残してやりたい」

これが、残される方たちへの心情と言うものです。

しかしながら、折角の気持ちを丸々受け取ることが出来ない可能性として考えられるのが、相続税です。

そこで今回は、相続税に関する情報やそれに対する事前対策、やっておくべきことなどを、ご一緒に見てまいりたいと思います。

目次

1.相続税とは
1.1相続税の定義
1.2相続税発生の基準

2.相続税算定に関わる項目
2.1課税対象資産
2.2控除対象資産
2.3法定相続人

3.相続税の算出
3.1相続税基礎控除の算出
3.2支払の有無
3.3申告の流れ

4.節税対策1
4.1生前贈与
4.2算出方法
4.3注意点

5.節税対策2
5.1暦年課税方式
5.2算出方法
5.3注意点

6.節税対策3
6.1相続時精算課税制度
6.2注意点

7.節税対策4
7.1評価額の減額
7.2注意点

8.生命保険による相続税対策
8.1メリット
8.2注意点

9.契約別おすすめ生命保険
9.1定期保険
9.2終身保険
9.3養老保険

10.まとめ

続きを読む

法人保険は役員死亡退職金の備えとして有効なの?ズバリ解説!

会社経営者とともに重い責任を担ってきた役員、その役員が残念ながら在職中に亡くなってしまう場合もあります。

これまで会社のために頑張ってくれた役員のために、「死亡退職金」と言う形で遺族に受け取ってもらうことも、その功績に報いる一つの方法です。

世間では、彼らの死亡退職金に活用するお金として、貯蓄よりも生命保険等が有利と言われています。特に法人向け保険が人気といえます。

法人向けの保険は、ある病気で役員が亡くなった場合、死亡保険金が割り増しになる商品や、ある病気で入院・治療を受けた場合にも、給付金等が下りる商品もあります。

ただし、法人向けの生命保険には、いろいろなタイプの保険商品があり、その特色を検討しながら保険選びを行う必要があります。

今回は、役員の死亡退職金の積立に有利な、法人向け保険の特徴、おすすめの保険商品をご紹介します。

この記事を読めば、法人保険の基本的な知識を得ることができ、役員の死亡退職金のための保険選びに有効な資料となるはずです。

目次

1.死亡退職金について

  • 1-1.死亡退職金とは
  • 1-2.死亡退職金と税金
  • 1-3.死亡退職金は法人保険を活用する!

2.死亡退職金のための法人保険

  • 2-1.逓増定期保険は有効だが・・・。
  • 2-2.下りる保険金の高さだけで考えない
  • 2-3.死亡退職金にとらわれない保険選び

3.役員の健康を考える・その1

  • 3-1.がんとは
  • 3-2.がんの現状
  • 3-3.がん保険を検討する

4.役員の健康を考える・その2

  • 4-1.がんだけではない深刻な病気
  • 4-2.三大疾病について
  • 4-3.生活障害保険を検討する

5.アクサダイレクト生命「アクサの逓増保障の定期保険 逓増定期保険」

  • 5-1.アクサの逓増保障の定期保険の概要
  • 5-2.アクサの逓増保障の定期保険の内容
  • 5-3.アクサの逓増保障の定期保険の注目点

6.エヌエヌ生命「終身ガン保険」

  • 6-1.エヌエヌ生命「終身ガン保険」の概要
  • 6-2.エヌエヌ生命「終身ガン保険」の内容
  • 6-3.エヌエヌ生命「終身ガン保険」の注目点

7.FWD富士生命「生活障がい定期保険」

  • 7-1.FWD富士生命「生活障がい定期保険」の概要
  • 7-2.FWD富士生命「生活障がい定期保険」の内容
  • 7-3.FWD富士生命「生活障がい定期保険」の注目点

8.まとめ

続きを読む

収入保障保険はお得!?デメリットから選び方のコツまでを徹底解説!

結婚や出産など家族が増えるタイミングで生命保険が気になり始める方が多いのではないでしょうか?

生命保険についてご自身で調べ始めたり、保険プランナーの面談を受けると「収入保障保険」という保険に出くわすこともよくあるかと思います。

収入保障保険は、一般的な積立型生命保険や定期保険に比べて、割安な保険料でいきなり大きな保障を準備することができるので、「魅力的!こんな保険あったの!?」とすぐに飛びつきたくなったという方も少なくないことでしょう。

ただ、収入保障保険はメリットだけではなく、残念ながらデメリットもあるんです。よくよく考えずに加入してしまうと将来、「こんなはずじゃなかった!」となってしまうかもしれません。

この記事では、収入保障保険のデメリットを確認した上で、ご自身のライフプランに合った収入保障保険選びをするコツなどを解説していきます。

収入保障保険は、上手に使うことができれば、保険料を安く抑えることができ家計の救世主になってくれるもの。この記事を読んで「安心の保障」「節約」のどちらも手に入れてくださいね!

目次

1.収入保障保険って一体どんなもの?

1−1.収入保障保険の特徴

1−2.収入保障保険の保障の範囲は?

1−3.安さに理由あり!?

2.収入保障保険のデメリット

3.収入保障保険に向いている家庭は?

3−1.あなたの家庭にピッタリなのはどのタイプの保険?

3−2.割り切ることも大事!?貯蓄までのつなぎとしての収入保障保険

4.収入保障保険の選び方のコツは?

4−1.期間選びで重視したいこととは?

4−2.タバコを吸わない人は更にお得!?健康状態による価格設定とは?

5.収入保障保険に加入するなら税金のこともお忘れなく!

5−1.一括受取をする場合の税金

5−2.年金受取をする場合の税金

6.収入保障保険が団信代わりになる?

6−1.団信とは?

6−2.団信代わりに使うときのメリット・デメリット

7.まとめ

続きを読む

保険で貯蓄っ!?できる?できない?スッキリ結論を出します!

みなさんの中には、「保険で貯蓄」ができるものだと思われて、ご契約された方も、意外に多くおられるかもしれませんね!

中には、そういった保険のセールス・ポイントに魅力を感じて、ついつい加入してしまったけれど、「本当のところはどうなんだ・・・」と、もやもやされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、大丈夫です!

今回は、保険で貯蓄ができるかどうかを、詳細に解説していきます。

その「もやもや」を、是非、ご一緒に、すっきりと解決させてしまいましょう!

目次

1.そもそも生命保険って?
1.1生命保険の役割
1.2生命保険の種類

2.保険と貯蓄の違いって?
2.1保険と貯蓄はまったく別もの!
2.2保険と貯蓄の税金って?

3.保険で貯蓄するなら

4.お金の貯まる保険の種類
4.1終身保険
4.2養老保険
4.3学資保険
4.4個人年金保険
4.5介護保険

5.保険で貯蓄する時に注意すべき点

6.保険で貯蓄するデメリットって?

7.保険で貯蓄する効果って?

8.まとめ

続きを読む

子宮頸がんの原因と治療法、そして治療費のサポートを徹底解説!

子宮がんは女性特有のがんであり、子宮下部の管状の部分に発症するがんを「子宮頸がん」、子宮上部の袋状の部分に発症するがんを「子宮体がん」と呼びます。

子宮頸がんは子宮がんのうちの約7割を占めているとされ、これから赤ちゃんを授かりたい女性には注意しなければいけない部位のがんといえます。

また、最近では20代や30代の若い女性が発症するケースも増えており、子宮頸がんへの正しい知識がいっそう求められます。

そして、子宮頸がんを発症した場合には焦りは禁物です。日本のがん検査・がん治療は世界で最高レベルといえます。しっかりと医療機関では子宮頸がんを状態を把握し、的確な治療法が行われます。

ただし、問題なのは治療費です。公的医療保険が適用される医療サービスもあれば、適用外のサービスもあります。

治療の際に予想外の金銭的負担が発生するケースもあり、万が一の事前の備えが必要となります。

そこで今回は、子宮頸がんの特徴と発症原因およびその治療法、そして治療費を賄う方法を説明します。

この記事をみれば、子宮頸がんの基本的知識と検査・治療の流れ、効果的な金銭的サポートを得るための方法がおわかりになることでしょう。

目次

1.子宮頸がんという病気

  • 1-1.子宮頸がんとは
  • 1-2.子宮頸がんの検査・治療の流れ
  • 1-3.子宮頸がんのステージ・生存率

2.子宮頸がんの原因

  • 2-1.ヒトパピローマウイルス(HPV)
  • 2-2.どうやって感染?
  • 2-3.子宮頸がんの初期症状

3.子宮頸がんの検査

  • 3-1.検査の流れ
  • 3-2.がん検診~精密検査の方法とは
  • 3-3.がんの広がりを見る検査の方法とは

4.子宮頸がんの治療方法

  • 4-1.手術治療について
  • 4-2.放射線治療について
  • 4-3.抗がん剤治療について

5.子宮頸がんの治療費を考える・その1

  • 5-1.公的医療保険の適用は?
  • 5-2.高額療養費制度とは
  • 5-3.高額療養費制度の上限額について
  • 5-4.高額療養費制度の申請方法

6.子宮頸がんの治療費を考える・その2

  • 6-1.がん保険とは
  • 6-2.子宮頸がんの入院日数と給付金
  • 6-3.がん一時金が必須?
  • 6-4.女性保険は入るべき?

7.まとめ

続きを読む

出産費用の支払いを大きく節約するテクニックを分かりやすく公開

赤ちゃんが出来ていたことを知った時、大きな喜びと、これから親になるという戸惑いが入り混じったような気持ちになると思います。

旦那さんも奥さん、子供など大切な人を支えていかなければ行けませんし、奥さんも親になり育児をしなければいけないという意識が徐々に芽生えてくるでしょう。

ですが実際に赤ちゃんが出来たのはうれしい事だけどその費用にかかる金額って知っていますか?

出産間近に迫って「え!?こんなにお金かかるの!?」と、慌てないようにしっかりと出産費用を節約する方法を学んでいきましょう。

出産するときの費用の流れやお得にする方法を知れば、精神的にも負担が少なくなりますし、出産に集中することが出来ます。

なので出産費用にかかる支払いやどのようにして、安く支払っていくのかしっかりとマスターしていきましょう。

目次

1.出産費用の支払いの平均相場は!?

        1.1 まずは出産費用の内訳を知っておこう

  1.2 入院日数の変動で平均費用は変わる

  1.3 出産費用の支払いは他にもかかる

  1.4 出産費用の支払いは保険が無効

2.どのようにして出産費用を支払っているのか

        2.1 貯金を切り崩しての支払い

        2.2 両親から借りる

        2.3 クレジットカードやカード枠を使う

  2.4   消費者金融で借りる

3.出産でもらえるお金の種類を知って出産費用を節約する

  3.1   出産手当金

  3.2   傷病手当金

  3.3   出産育児一時金

  3.4 医療保険

4.出産手当金を申請する流れ

       4.1 出産手当金を受け取れる条件は

      4.2 出産手当金を受け取れる期間

   4.3 支給額や計算方法をマスターしよう

5.傷病手当金の申請する流れを解説

   5.1   傷病手当金の支給条件や受け取れる金額はどのくらい

   5.2  傷病手当の申請方法をマスター

   5.3   傷病手当金の注意点とは

6.出産一時金で出産費用を抑えるための申請方法とは

      6.1 出産育児一時金は1人42万円もらええる

      6.2 出産育児一時金をもらうための条件

   6.3 出産育児一時金を受取る時期や受け取り方法

7.出産の支払いで医療保険は適用される

    7.1   医療保険が適用される種類

    7.2  医療保険が適用される出産費用

    7.3  医療保険に入るタイミング

8.出産費用を支払うときは医療保険を活用するポイント

    8.1   医療保険が適用される出産費用の範囲を知る

    8.2   医療保険に加入するなら27週目までに申し込む

    8.3   産後に医療費控除も申請しておく

9.医療費控除の申請の流れ

  9.1   出産時に医療費控除の対象になるものとならないものを知る

  9.2   医療費控除のメリット

  9.3   申請してから返付金を受け取るまでの流れ

10.その他助成金や出産祝い金など受け取れるお金

  10.1  妊婦検診の助成金

  10.2  出産手当の助成金

  10.3  出産祝い金

  10.4  育児休業給付金

11.まとめ

続きを読む

国民健康保険の出産一時金を正しく知って、妊娠/出産の経済的不安を解消しましょう!

待望の赤ちゃんを授かる幸せは、何物にも代えがたく、言葉では言い表せないものなのかもしれません。

しかしながら、そんな幸せな時間を迎えるにあたり、目をつぶって通り過ぎることが出来ないのが、出産費用です。

妊娠/出産も、「医療機関に通院/入院をする=医療費3割自己負担」だと、勝手に思い込んでいませんか?

実は妊娠/出産は疾病とはみなされていないため、全額自己負担を強いられることをご存知でない方は、少なくはありません。

「当事者になってみて初めて知る」と言った類の情報であることも、確かなのです。

しかしながら、ご安心ください。

そんな出産の経済的負担を軽減すべく、「出産育児一時金」と言う公的制度が、実は存在しています。

今回は、国民健康保険加入者が受けられる、出産一時金を含めた、出産に関わる様々な保障制度を、ご一緒に見てまいりましょう。

目次

1.国民健康保険とは
1.1公的医療保険の種類
1.2受けられる保障の種類
1.3医療費支払に活用出来る制度

2.出産育児一時金とは
2.1支給額
2.2申請方法

3.出産育児一時金直接支払制度とは
3.1仕組み
3.2申請方法

4.出産育児一時金受取代理制度とは
4.1仕組み
4.2申請方法

5.海外出産における出産育児一時金とは
5.1支給条件
5.2注意点と申請方法

6.海外療養費とは
6.1支給条件と必要書類
6.2注意点

7.産科医療補償制度とは
7.1目的と仕組み
7.2補償の対象と条件
7.3補償金額
7.4申請方法

8.妊娠/出産で活用すべき手段
8.1その他の公的制度
8.2私的制度

9.まとめ

続きを読む

死亡保険金の受取り人を誰にする?知らないと税金面で損!?

死亡保険金に関して考えを巡らせる際に意外に重要な受取人の指定。

ですが、実際のところ受取人の変化によって、何がどう変わるのか?自分達にはどのような受取り人が望ましいのか?など、税金が大きく関わってくる事もあり、簡単には決められないのも事実です。

しかし!この記事では、保険金受取人の種類やそれぞれの税制について解説しているので、死亡保険金に関する疑問がきっと解決するはず!

目次

1.死亡保険金の受取人って意外に重要

1.1 保険金とは

1.2 受け取り人とは

1.3 死亡保険金以外の給付金

2.保険金の受取人に指定できるのは?

2.1 配偶者

2.2 子供

2.3 親

2.4 本人

2.5 血縁関係がない場合

3.死亡保険金は税金とセットで

3.1 死亡保険金は課税対象

3.2 贈与税になるケース

3.3 相続税になるケース

3.4 所得税になるケース

4.法人と死亡保険金

4.1 法人でも死亡保険金を受け取れる

4.2  死亡保険金と税金

5.保険金を実際に受け取るには?

5.1 まずは連絡

5.2 必要事項と流れ

5.3 元から準備しておくと良いこと

6.死亡保険金の受取人についておさらい

 6.1 死亡保険金の受取人

 6.2 死亡保険金と税金

 6.3 受取りまでの流れ

7.まとめ

続きを読む