三大成人病とはどんな病気?どんな備えが必要?わかりやすく解説!

がん、心疾患、脳血管疾患、これらがいわゆる「三大成人病」と言われ、我々日本人にとって非常に深刻な病気です。

日本人の死因の実に半分以上が「三大成人病」によるものです。ご自分が現在のところ健康だからといって、とても侮れない死亡率です。

この三大成人病の治療は公的医療保険が適用される場合が多いものの、治療費はかなり高額になる傾向があります。

そのため、三大成人病になってから慌てるよりも、事前に発症した場合のことを考え、民間の生命保険や医療保険、がん保険へ加入しておくことが大切です。

また、最近ではこの三大成人病の深刻なリスクに注目し、三大成人病になった場合の生命保険のプランや、三大成人病に特化した医療保険である「3大疾病保険」という保険商品も販売されています。

今回は三大成人病であるがん、心疾患、脳血管疾患の特徴、三大疾病に関連する治療方法と費用、公的医療保険制度や、おすすめの民間保険商品について説明します。

この記事を読んだ後は、ご自身の健康状態や生活スタイルに合わせ、三大成人病に備えどんな対策を講じればよいかが、おわかりになることでしょう。

目次

1.三大成人病とは

  • 1-1.三大成人病とは何か?
  • 1-2.日本人の死因について
  • 1-3.公的医療保険は適用されるが

2.三大成人病の各特徴について

  • 2-1.がん(悪性新生物)について
  • 2-2.心疾患について
  • 2-3.脳血管疾患について

3.三大成人病のための治療法と費用

  • 3-1.がん(悪性新生物)の治療法と費用
  • 3-2.心疾患の治療法と費用
  • 3-3.脳血管疾患の治療法と費用

4.公的医療保険制度を活用する

  • 4-1.公的制度では高額療養費制度を活用しよう
  • 4-2.高額療養費制度の手続き方法
  • 4-3.高額療養費制度はココに注意する!

5.民間の保険制度を活用する 

  • 5-1.医療保険では三大成人病特約が付加されている
  • 5-2.三大成人病に特化した保険も登場
  • 5-3.がん保険はやはり必要か?

6.三大成人病とおすすめ保険

  • 6-1.アフラック「三大疾病保障プラン」
  • 6-2.チューリッヒ生命「3大疾病保険プレミアムDX」
  • 6-3.ニッセイ「みらいのカタチ 3大疾病保障保険」

7.まとめ

1.三大成人病とは

既に私は中高年と呼ばれる年齢になったが、同世代の友人から「三大成人病は怖い。」という話題を聞いている。

私は若い頃からあまり病気らしい病気をしたことはなく、三大成人病といってもあまりピンとこないことは事実だ。

まずは三大成人病の特徴ついて詳しく知りたい・・・。

こちらでは、三大成人病とは何か?そして、日本人の死因の現状等について説明します。

1-1.三大成人病とは何か?

三大成人病とは、悪性新生物(がん)・心疾患(心筋梗塞)・脳血管疾患(脳梗塞)を指します。40~60代の人たちの発症率が高い病気です。これらの病気は「三大疾病」とも呼ばれています。

この三大成人病の発症原因は諸説ありますが、次のような習慣の長年の蓄積が悪影響を及ぼしていると言われています。

  • 勤め先や家庭内でのストレス
  • 食生活の乱れや偏り
  • 運動不足(肥満)
  • 喫煙

これら三大成人病は、目立った自覚症状はほとんどありません。そのため、なかなか悪い生活習慣を改める機会を得らずに、発症に至ってしまうことがあります。

1-2.日本人の死因について

日本人の死亡原因は次のようになります。下表を参考にしてください(厚生労働省 2016年人口動態統計(確定数)の概況「性別にみた死因順位(第10位まで)別 死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合」を参考に作成)。

1位 2位 3位 4位
死因 全死因 悪性新生物 心疾患 肺炎 脳血管疾患 その他
死亡数 1,307,748人 372,986人 198,006人 119,300人 109,320人 881,122人
死亡率 1046.0 298.3 158.4 95.4 87.4 406.5
割合 100.0% 28.5% 15.1% 9.1% 8.4% 38.9%

悪性新生物・心疾患・脳血管疾患の三大成人病だけで、日本人の全死因の52%に上っていることがわかります。

1-3.公的医療保険は適用されるが

三大成人病の治療のほとんどに公的医療保険は適用されます。健康保険または国民健康保険に加入している方々なら、治療費は原則として3割自己負担となります。

一見すれば公的医療保険だけで、治療費が十分抑えられるのではないか、と期待される方々もおられると思います。

しかしながら、三大成人病の入院や治療に必要となる費用の中には、公的医療保険の対象外の医療サービスがあります。

主な公的医療保険の対象外のサービスは下表のとおりです。

公的医療保険対象外のサービス 内容
差額ベッド代 公的保険対象となる大部屋とは違い1名~4名までが入院する病室の費用です。正式には「特別療養環境室」と呼びます。医療機関側が当該病室での療養を必要と判断して利用させた場合を除き、費用は全額自己負担となります。
入院中の食費 原則として、1食につき460円分は自己負担です。1食の費用が460円を超えるならば、超えた分は公的保険が適用されます。
先進医療 医療機関により行われる最先端の技術を駆使した医療の中で、厚生労働大臣が認めた医療行為のことです。先進医療分は全額自己負担です。先進医療の中にはその費用が数百万円に上るものもあります。
自由診療 公的保険が適用されない医療行為を指します。日本では認められていなくても、海外では認められている治療法・治療薬等を使用します。こちらの費用も全額自己負担です。

これらの医療サービスを三大成人病の治療で利用する場合、予想外に高額な費用を支払わなければならないこともあります。

 

2.三大成人病の各特徴について

三大成人病が日本人全死因の割合の半分以上を占めることは脅威だ。

では、がん(悪性新生物)、心疾患、脳血管疾患の特徴について詳しく知りたい・・・・。

こちらでは、これら三大成人病の特徴について説明します。

2-1.がん(悪性新生物)について

がん(悪性新生物)は、日本人の死因の実に約3割を占める厄介な病気です。

この病気は、人体を構成する細胞が何らか原因により変異・増殖し、その異常な細胞が正常な細胞を破壊していくことで身体への深刻な事態に発展していきます。

ただし、がんを発症すれば、即ご自分の身体や生命に重篤な影響が及ぶわけではなく、がんの進行度合(ステージ)によって完治の可能性や生存率に大きな差があります。

早期にがんが検査によって発見されたなら、がんが身体・臓器の表面等に止まり、筋肉の層を超えず間質細胞に広がっていない状態の場合もあります。これを上皮内新生物(初期のがん)と呼んでいます。

上皮内新生物の段階で適切な治療を受けると、3年の生存率はほぼ100%と言われています。つまり、完治の可能性が非常に高いことを意味します。

一方、初期のがんを見逃し、悪性のがん(悪性新生物)となった場合、がんで死亡する確率は、その発症した部位によって極めて高い割合となります。下表を参考にしてください。

2016年度 男性の部位別死亡率 女性の部位別死亡率
1位 肺(死亡率:86.1%) 大腸(死亡率:35.9%)
2位 胃(死亡率:49.0%) 肺(死亡率:33.4%)
3位 大腸(死亡率:44.4%) 胃(死亡率:24.4%)
4位 肝(死亡率:30.4%) 乳房(死亡率:21.8%)

男性の部位別では肺がんが突出して高く、肺がんで死亡する確率は86%と非常に高い割合となります。

女性の部位別では大腸がんが最も高く、死亡する確率は35.9%となります。

2-2.心疾患について

心疾患とは、脈の乱れを起こす不整脈、先天性の心臓病、心筋・心膜の病気等、様々な疾患の総称です。

その中でも特に深刻なのは「心筋梗塞」です。この疾病は完全に血管が詰まることで、胸部に強烈な痛みが発生し、最悪には死亡する場合があります。

心疾患の症状には、胸の痛み、動悸・息切れ、疲労感、ふらつき、失神、足の腫れ等があります。

しかし、これらの症状は、熱中症であるとか緊張性の症状、肺炎や心膜炎である等、その他の病気やストレスが原因で引き起こされていることもあります。

症状が気になる場合は、早めに医療機関で検査してもらうことが最悪の事態を避けるための方法です。

2-3.脳血管疾患について

脳血管疾患とは、脳の血管に何らかの原因でトラブルが起き、脳細胞の障害が発生する病気の総称のことです。

とくに「脳梗塞」を発症すると脳の血管が狭窄または閉塞し、血液が脳へ流れなくなります。そうなると、脳が壊死または壊死に近い状態になり、片麻痺、意識障害、最悪には死亡する事態になります。

脳血管疾患の症状としては、突然ご自分の半身に力が入らなくなった、突然ろれつが回らなくなったという場合があげられます。

たとえ、このような症状が今では治まっているからといって安心するのではなく、医療機関で検査を受けることが大切です。

 

3.三大成人病のための治療法と費用

三大成人病は、どれも発症すると深刻な事態に発展する病気ばかりだ。

仮に三大成人病を発症した場合、その治療法、そして治療のための費用はどの位になってしまうのだろう?

こちらでは、三大成人病の治療法と大まかな医療費の説明を行います。

3-1.がん(悪性新生物)の治療法と費用

こちらでは主ながんの治療法と医療費の目安について説明します。

○がん治療法

がん治療に関しては、主に3種類の治療方法があります。

①手術療法

がん組織を外科的な手術で取り除く方法です。早期にがんが発見された場合、患者の体力が手術に十分耐えられる場合、この方法が用いられます。直接患部を取り除くため、比較的短期間で治療が終了します。

②薬物療法

抗がん剤、ホルモン剤等の薬物を使用し、がん細胞を消滅または、その細胞を小さくする治療方法です。手術療法では除去し難い箇所にあるがんや、微小ながんの治療に効果的です。ただし、この治療には副作用を伴います。

③放射線治療

がん細胞に放射線をあてて治療する方法です。身体の切開、患部の切除を行わないため、患者が手術に耐えられる体力の無い場合でも、治療を受けられます。

○がんの医療費

がん治療にかかる費用は、がんの深刻度や発症部位別でも大きく差があります。がん患者の平均的な入院日数(目安)は19.9日となっています。

なお、検査費用や、前述した全額自己負担の医療サービスを利用する場合には、更に多くの費用負担が必要となります。

下表を参考にしてください(公益社団法人全日本病院協会による2016年度4~6月分、7~9月分の統計を基に作成)。

がん(部位別) 気管支および肺 直腸
医療費全体(平均値) 971,593円 903,101円 900,536円
自己負担額(平均値) 291,478円 270,930円 270,161円

3-2.心疾患の治療法と費用

こちらでは主な心疾患の治療法と医療費の目安について説明します。

○心疾患の治療法

心疾患の治療に関しては、主に3種類の治療方法があります。

①薬物療法

薬物を使用し心臓への負担軽減を行います。主に初期症状の心筋梗塞の治療に用いられます。硝酸薬、ベータ遮断薬、カルシウム拮抗薬、抗血小板剤等により血管を拡張させ、血管に詰まっている血栓を溶かします。

②カテーテル療法

バルーン治療、ステント治療という方法が行われ、いずれも血管を拡張させる効果があります。血管の狭窄、閉塞部分にカテーテルを用いて血管内の障害を取り除きます。

③手術療法

外科手術による壊死を防止する方法です。主に閉塞が起きている箇所が広範囲に及ぶ場合に用いられます。胸部を切開するために、患者の体力の消耗を考慮にいれる必要があり、手術を受けるには、それに耐えうる体力が条件となります。

○心疾患の医療費

心疾患の治療にかかる医療費用は、次の通りです。心疾患の患者の平均的な入院日数(目安)は20.3日となっています。

なお、検査費用や、前述した全額自己負担の医療サービスを利用する場合には、更に多くの費用負担が必要となります。

下表を参考にしてください(公益社団法人全日本病院協会による2016年度4~6月分、7~9月分の統計を基に作成)。

心疾患(症状) 急性心筋梗塞
医療費全体(平均値) 1,873,533円
自己負担額(平均値) 562,060円

3-3.脳血管疾患の治療法と費用

こちらでは主な脳血管疾患の治療法と医療費の目安について説明します。

○脳血管疾患の治療法

脳血管疾患の治療に関しては、主に3種類の治療方法があります。

①薬物療法

脳血管の症状の悪化を防ぐ治療法です。抗血小板剤をはじめ血栓を溶かす薬剤、血液の凝固を抑える薬剤等を使用ます。

②リハビリテーション

患者に言語障害・手足の麻痺等が認められた場合、その機能を回復させることを目的として行われます。言語療法、作業療法、理学療法があります。地道な治療となるため、治療期間が相当長期にわたる場合があります。

③手術療法

厚くなってしまった血管内の内壁を取り除く手術や、狭窄または閉塞した血管を他の血管につなぐバイパス手術等が行われます。

○脳血管疾患の医療費

脳血管疾患の治療にかかる医療費用は、次の通りです。脳血管疾患の患者の平均的な入院日数(目安)は89.5日となっています。

なお、検査費用や、前述した全額自己負担の医療サービスを利用する場合には、更に多くの費用負担が必要となります。

下表を参考にしてください(公益社団法人全日本病院協会による2016年度4~6月分、7~9月分の統計を基に作成)。

脳血管疾患(症状) 脳梗塞 脳出血
医療費全体(平均値) 1,508,049円 2,225,295円
自己負担額(平均値) 452,415円 667,588円

 

4.公的医療保険制度を活用する

自分は勤め先の健康保険組合に加入しているが、自己負担額が3割程度でも三大成人病の医療費は高額になってしまうようだ。

公的医療保険制度では、更に患者の費用を賄ってくれる仕組みは無いものだろうか?

その場合には高額療養費制度の活用を検討しましょう。

こちらでは、この制度の特徴と手続き方法、注意点を解説します。

4-1.公的制度では高額療養費制度を活用しよう

健康保険または国民健康保険に加入していれば、誰でも3割負担で保険診療を受けることができます。

しかし、公的医療保険が適用されても、三大成人病の治療で医療機関に医療費を支払う際、3割負担でも多額となってしまう傾向があります。

支払った医療費が1ヶ月の患者の自己負担限度額を超えてしまった場合、その患者の所得に応じてお金が戻る仕組みを「高額療養費制度」と言います。

この制度を活用すれば、公的医療保険に該当する診療に関して、大幅な負担軽減が期待できます。

4-2.高額療養費制度の手続き方法

高額療養費制度を利用するためには、原則として2つの手続き方法があります。

①事前手続き

事前手続きは「限度額適用認定申請」と呼ばれています。この申請を行うと、医療費の負担額が1ヵ月の自己負担限度額までに抑えられます。

たとえ、1ヶ月の自己負担限度額が超えるか超えないかわからなくても、事前申請は可能です。

申請を希望する人が健康保険の加入者であれば各保険組合へ、国民健康保険の加入者であれば、市区町村の窓口へ手続きを行うことになります。

必要書類は次の通りです。

  • 限度額適用認定申請書:保険者から取得します。
  • 本人確認書類:マイナンバーカード(個人番号カード)、それ以外は個人番号通知のコピー、住民票、健康保険証、運転免許証のコピー、パスポートのコピー等2点以上用意しなければならない場合があります。
  • 印鑑

手続きに問題が無ければ、限度額適用認定証が交付されます。なお、認定証を申請する前に入院しても、当月中、認定証を取得し、忘れずに医療機関の窓口に提示すれば、その月の費用が自己負担限度額までに抑えられます。

一方、70歳以上の人は前述した手続きが必要なく、健康保険証と高齢受給者証を医療機関に提示すれば、それだけで1ヵ月分の医療費が自己負担限度額までに軽減されます。

②事後手続き

限度額適用認定申請を行わなくても、事後手続きを行うことで1ヶ月の自己負担限度額を超えた分のお金が戻ってきます。

特に国民健康保険では、1ヶ月の自己負担限度額を超えた場合には、お金を支払った後3ヶ月くらい経つと、保険者である市区町村から高額療養費制度を利用できる旨が送付されます。

その後、送付された申請書に記載をして添付書類と共に提出することになります。手続きは限度額適用認定申請と同様に、申請を希望する人が健康保険の加入者であれば各保険組合へ、国民健康保険の加入者であれば、市区町村の窓口へ手続きを行うことになります。

必要書類は次の通りです。

  • 申請書
  • 本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証等)
  • 印鑑
  • 振込口座のわかる通帳等
  • 領収書

手続きに問題が無ければ、指定口座にお金が振込まれます。

ただし、前もって医療費を抑えたい場合には限度額適用認定申請を行っておくことが大切です。

4-3.高額療養費制度はココに注意する!

高額療養費制度を活用する場合には、主に次の2点に注意が必要です。

①公的医療保険の適用外のサービスは対象外

高額療養費制度の対象になるのは、あくまで公的医療保険に該当する医療行為等に限られます。

前述した差額ベッド代・先進医療・自由診療等は、やはり全額自己負担となります。

これらの医療サービスに金銭的な保障を受けたい場合、民間の医療保険・がん保険等へ加入する必要があります。

②勤務先の従業員等は手続きに手間取る場合も

事後手続きの際、国民健康保険の加入者の場合なら、しばらくすると市区町村から通知書が郵送されてきます。

一方、健康保険加入者の場合には、加入している組合によって手続きの過程で大きな違いがあります。

例えば、医療機関等から提出された「診療報酬明細書」をもとに、自動的に高額療養費を払い戻す仕組みが整っている健康保険組合ならば、ご自分でとくに申請する必要はありません。

ただし、高額療養費の対象になっているかどうか、いつまでたっても保険者から通知がない場合、ご自分で計算して高額療養費の対象になるかを判断しなければいけません。

高額療養費の対象になるとわかったなら、速やかに事後手続きを行いましょう。

 

5.民間の保険制度を活用する 

公的医療保険の3割自己負担や、高額療養費制度はありがたいが、やはり適用外の医療サービスは全額自己負担になると言うことか。

民間の医療保険・がん保険を検討したいが、各保険会社とも、三大成人病に備えるどんな保険商品を取り扱っているのだろう?

こちらでは、各保険会社がどのような形で三大成人病を保障しているかを説明します。

5-1.医療保険では三大成人病特約が付加されている

医療保険とは、加入者の幅広い病気やケガを保障する保険商品となっています。保険診療の3割自己負担分や、差額ベット代、入院中の食事代等も保障の対象となります。

三大成人病(三大疾病)関しては、特約という形で追加する商品が多く、入院日額が無制限となったり、手術給付金が何回でも受け取れたりする内容となっています。

また、保険商品の中には三大成人病の重大性を考慮し、最初から主契約で三大成人病になった場合、保障を手厚することが設定されているものもあります。

5-2.三大成人病に特化した保険も登場

最近では三大成人病に特化した保険商品も登場しています。保険商品の中には自由診療も保障対象としている等、効果的な幅広い治療を受けることを想定した保障内容となっているものがあります。

また、医療保険のみならず生命保険の場合でも、加入者(被保険者)が死亡または高度障害状態になった場合に保険金が下りるだけではなく、三大成人病になった場合にも、まとまった一時金が受け取れるというように、三大成人病の患者へ配慮した保障があります。

.三大成人病が気になる人は、一度、民間の保険商品への加入を検討してみることも大切です。

5-3.がん保険はやはり必要か?

前述したように、三大成人病の中でも突出して死亡割合が高いのは悪性のがんです。

がん保険は医療保険と異なり、あくまで「がん」のみを保障の対象にした商品です。

しかし、がんに関して幅広い治療方法を保障している商品が多く、毎月の支払保険料は20代で加入すると1,000円未満のものもあります。

ご自分の家系に、がんで亡くなった人がいる場合や、現在闘病中の家族がいる場合には、がん保険に加入し、ご自分がまさかの事態になった場合の備えとしておくことも賢い対策です。

また、がん保険にも主契約に三大成人病特約を付加できる商品があるので、とくにがんへ注意を払い、心疾患や脳血管疾患へ備えたい人は加入を検討しておきましょう。

 

6.三大成人病とおすすめ保険

三大成人病は公的医療保険だけではなく、民間の保険へ加入し備えを万全にしておく必要があることはわかった。

では、三大成人病のためのおすすめの保険商品は何かないだろうか?

こちらでは、三大成人病の備えとしておすすめの商品をご紹介します。

6-1.アフラック「三大疾病保障プラン」

こちらは、医療保険ではなく生命保険(死亡保険)ですが、三大成人病のいずれかを発症した場合に、まとまった一時金がもらえる保険商品です。

この死亡保険は、死亡または高度障害状態への保険金はもちろん、三大成人病になった場合の金銭的な備えにもなります。

①三大疾病保障プランの特徴

  • 契約年齢;満5歳から満80歳まで
  • 保険期間:終身保険
  • 保障内容:死亡保険金、高度障害保険金、三大疾病保険金

②保険料例

  • 月払い
  • 保険金額200万円で設定
年齢 20歳 30歳 40歳 50歳 60歳
男性 4,088円 5,124円 6,548円 8,878円 12,830円
女性 3,722円 4,586円 5,670円 7,340円 10,166円

6-2.チューリッヒ生命「3大疾病保険プレミアムDX」

がん治療の基本保障に三大成人病を加えた三大疾病保険です。所定の自由診療を受けた場合、基準給付月額の2倍の給付金が受け取れます。

①3大疾病保険プレミアムDXの特徴

次のような保障内容となっています(3大疾病総合保障プラン)。

[治療費・手術費・通院費]
  • 放射線治療、抗がん剤治療・ホルモン剤治療を受けた時→1ヵ月につき20万円
  • 自由診療による抗がん剤治療・ホルモン剤治療を受けた時→1ヵ月につき40万円
  • 手術をした場合→1回につき10万円
  • 通院した場合の交通費等→1回につき5,000円
[先進医療]
  • 先進医療を受けた時の技術料→通算2,000万円(支払った技術料と同額)
  • 先進医療を受ける際の交通費等→1回につき15万円
[診断一時金]
  • がんと診断された、または急性心筋梗塞や脳卒中で入院した場合→1回につき50万円
[払込免除]
  • がんと診断された、または急性心筋梗塞や脳卒中で入院した場合、以後の保険料払込みを免除

②保険料例(3大疾病総合保障プラン)

年齢 20歳 30歳 40歳 50歳 60歳
男性 2,859円 3,789円 5,336円 8,353円 13,456円
女性 2,635円 3,345円 4,251円 5,317円 6,714円

6-3.ニッセイ「みらいのカタチ3大疾病保障保険」

こちらは、三大成人病になった場合にまとまった一時金がもらえる三大疾病保険です。

急性心筋梗塞・脳卒中を発病した場合、所定の状態が60日以上継続したと診断されたときの他、治療のための手術を受けたときも保険金が受け取れます。

みらいのカタチ3大疾病保障保険の特徴

  • 契約年齢;3歳から75歳まで
  • 保険期間:有期・終身の2種類
  • 保障内容:死亡保険金、3大疾病保険金、上皮内新生物診断保険金(3大疾病保険金の金額の10%)
  • 特約その1:リビング・ニーズ特約(余命6ヶ月の診断されたら死亡保険金の一部または全部が受け取り可能)
  • 特約その2:保険料払込免除特約(所定の3大成人病になった場合、保険料の払込みが免除)

②保険料例

  • 契約年齢:30歳
  • 月払い
  • 保険料払込満了:60歳
  • 保険金額1,000万円で設定
[有期で契約した場合]
  • 契約更新:45歳

男性:(30~44歳)毎月支払保険料4,330円→(45歳~60歳)更新保険料13,990円

女性:(30~44歳)毎月支払保険料5,680円→(45歳~60歳)更新保険料12,780円

[終身で契約した場合]

男性:(30~60歳)毎月支払保険料32,140円

女性:(30~60歳)毎月支払保険料32,360円

 

7.まとめ

三大成人病は、発症すると深刻な事態になる場合があり、事前に十分な備えが必要です。

しかし、三大成人病を予防するためには普段からの生活習慣に気を配り、運動不足を防ぎ、偏食・暴飲暴食・喫煙を控えた生活を送ることが大切です。