三大疾病とは?その保険の必要性と注意点をわかりやすく解説

三大疾病とはガン、急性心筋梗塞、脳卒中の3つの病気のことを指し、これらの病気は昔から長く日本人の死因の上位を占めており、生命保険においても三大疾病を保障する商品が販売されています。

もしかしてあなたも「三大疾病の保障は必要なのではないか?」、「どういう時に三大疾病保険は受けられるのか?」と疑問がわいているのかもしれません。

そこで三大疾病になったらどれくらいの医療費がかかるのか、どういった条件で保険金を受け取れるのか、三大疾病保険の選び方について紹介していきます。

ぜひこれから保険の加入を検討している人はぜひ参考にして頂ければと思います

目次

1.三大疾病とは?

1.1 ガン

1.2 急性心筋梗塞

1.3 脳卒中

1.4 日本三大疾病になりやすい人の共通点

1.5 動脈硬化の原因

2.三大疾病の平均的な治療費は?

2.1 ガンの場合

2.2 急性心筋梗塞の場合

2.3 脳卒中の場合

3.三大疾病保険の保障内容

3.1 保険金の金額

3.2 限度回数

3.3 医療保険などに三大疾病特約を付加する場合

3.4 保険料払込免除特約を付けることが出来る

4.三大疾病に関する保険には加入したほうが良いの?

4.1 三大疾病は治療費が高額

4.2 退院後の通院治療が長い

4.3 三大疾病になってすぐに保険金がもらえるわけではない

5.三大疾病保障付住宅ローンの基礎知識

5.1 三大疾病保障が適用される条件

5.2 三大疾病保障付住宅ローンの保険料

5.3 三大疾病保障付住宅ローンは必要?

6.住宅ローンの団信と三大疾病保険とガン保険

6.1 住宅ローンの団信に付帯する三大疾病の保障

6.2 団信の三大疾病保険と通常加入する疾病三大疾病保険はどちらがいい?

6.3 ガン保険と三大疾病保険であればどちらを選ぶ?

7.三大疾病保障付住宅ローンの注意点

7.1 条件がクリア出来ずに、保障が出ない場合もある

7.2 保険料が高い

7.3 中途解約できないことがある

7.4 保障されるのは住宅ローンのみ

8.まとめ

1.三大疾病とは?

三大疾病とは、日本人の死因の上位にある「がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中」の3つの病気のことです。

それぞれの病気がどのようなものであるか簡単に説明します。

1.1 ガン

がんは、体の臓器や組織に悪性の腫瘍ができる病気で、悪性新生物や悪性腫瘍という名称で呼ばれることもあります。

体の中にがん細胞ができて増殖を続けていき、はじめに腫瘍ができたところから体のあちこちに転移して、さらに転移先で新しいがん組織をつくっていきます。

がん細胞は正常な細胞が摂取しようとする栄養を奪ってしまうので、体が衰弱していきます。

がんは体のいろいろな組織にできるため、その発生組織により分類されています。

造血器にできるもの 血液を作る造血組織にできるがんです。

白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫などがあります。

上皮細胞にできるもの 身体の表面を覆う表皮や内臓の粘膜をつくる上皮にできるがんです。

肺がん、乳がん、胃がん、大腸がん、肝臓がんなどがあります。

非上皮細胞にできるもの 内臓の内側にある平滑筋や筋肉などに発症するガンです。

骨肉腫、軟骨肉腫、横紋筋肉腫、平滑筋肉腫などがあります。

1.2 急性心筋梗塞

急性心筋梗塞は、心臓に血液を送る血管(冠動脈)が急につまって心筋に血液が届かなくなり、心筋の細胞が壊れていく(壊死する)病気です。

壊死する心筋の範囲が多いほど重症となり、心室細動という危険な不正脈により心停止に至る可能性が高まります。

1.3 脳卒中

脳卒中は、正式に脳血管障害といい、単一の病名ではなく脳の血管に何らかの障害が起こって発病する病気の総称です。

脳卒中には、脳の血管がつまり脳梗塞と脳の血管が破れる脳出血、くも膜下出血があります。

1.4 日本三大疾病になりやすい人の共通点

これらの病気になりやすい人の共通の特徴は、動脈硬化が著しい事です。

なぜなら、心臓で動脈硬化が起これば狭心症や心筋梗塞の原因になり、脳動脈や首のあたりにある頸動脈が動脈硬化を起こせば脳卒中になるからです。

脳卒中には脳動脈が破れる脳出血と、血管が詰まることで起きる脳梗塞の二種類があります。

本来、動脈には弾力があるので、血液の流れに合わせて内径が広がったり、戻ったりしています。

その弾力を失うのが動脈硬化です。

1.5 動脈硬化の原因

動脈のふちにコレステロールやカルシウムなどの物質が溜まり、壁が厚くなって血液の流れが悪くなることを動脈硬化といいます。

その原因はいくつかあり、老化現象で起こることもあれば、血管壁の傷が原因で起きることもあります。

動脈硬化が起こる場所によって、心筋梗塞や脳卒中といった命に関わる病気になるために危険性がとても高いので注意が必要です。

前までは動脈硬化の発生する理由でとても有力だったのが血管壁の傷によって起こるという説だったのですが、最近注目されている説に移行しつつあります。

それはまず血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が活性酵素により酸化コレステロールになります。

その後に酸化コレステロールをマクロファージが処理しすぎ、泡沫細胞の数が増えて血管壁が厚くなって動脈硬化が起こるのです。

これは食生活の乱れや強いストレスが根本の原因のために、生活習慣を改善するのが一番の解決策なのです。

 

2.三大疾病の平均的な治療費は?

ではこれらの病気を発症した場合、治療費はそれぞれいくらかかるのでしょうか?

2.1 ガンの場合

ガンの治療費は「発症した部位」や「進行度合い」によって異なってきます。

治療方法は手術や放射線、化学療法などいくつかの治療法を組み合わせる、集学的治療法が主流となっています。

化学療法とは、抗がん剤を用いた治療法であり、手術や放射線などの局所療法とは異なり、抗がん剤は血液に乗せて前進へ送ることが出来ます。

従来では抗がん剤を用いる場合、入院をして治療をしていたのですが、最近は外来で受診できる病院も増えてきています。

では具体的にどのくらいの金額かというと、胃がんの平均的な治療費用は120万円、大腸がんの平均的な治療費威容は150万円、入院・手術に関しては高額療養費の対象になることが多いので80,100円以上かかった場合、払い戻されます。

ですが健康保険適応外の治療となると、原則全額自己負担になります。

先進医療に分類される陽子線治療(放射線)だと平均258万円、重粒子線治療だと平均299万円です。

数百万という金額を貯金から捻出sるうとなると、家計が苦しくなる場合がおおいですよね。

そんなときのために民間の保険でカバーできるように準備しておくことが重要なのです。

2.2 急性心筋梗塞の場合

急性心筋梗塞の発症後は塞がってしまった血管を開通させる治療を行います。

主に血栓溶解法やカテーテルによるステント留置、冠動脈バイパス手術といった治療法です。

高度な技術を伴うことから1日当たりの入院平均費用は4.3万円、在院期間のトータル費用は約86万円になります。

2.3 脳卒中の場合

脳卒中は再出血を防ぐための治療や血栓溶解療法などがあります。

1日当たりの入院平均費用は約2万円、在院期間のトータルは約200万円にもなります。

治療費のみに焦点を当てると、高額であるように感じますが、こちらも高額療養費の活用を考慮すると、自己負担額はそれほど高額にはなりません。

よって先進医療や自由診療など健康保険適応外の治療や差額ベッド代、食費などへの備えの方が大切になります。

 

3.三大疾病保険の保障内容

三大疾病に備えるためには「三大疾病保険に加入する」という方法と「三大疾病特約をつける」という方法の2つがあります。

これは三大疾病保険を主契約とするか特約として付加するかの違いです。

主契約か特約かを選ぶときのポイントは、「将来的に保障を見直す時の見直しやすさ」です。

主契約である他の保険種類に三大疾病特約を付加した場合、一般的に主契約の保険期間が終了すると、三大疾病特約も終了してしまいます。

そのため契約途中で主契約の保障が不要になったとしても、「主契約だけ解約して、三大疾病特約のみを残す」ということはできません。

同じように主契約のプランを変更すると、同時に三大疾病特約の保険金も減額される場合もあります。

このように保障内容の見直しのしやすさを重視するなら、三大疾病特約で付加されるのではなくて三大疾病保険に加入することをお勧めします。

3.1 保険金の金額

三大疾病保険で受け取れる保険金の金額は定額の場合と自分で設定できる場合があります。

定額の場合は50万円、100万円、200万円、300万円など保険会社の保険プランによってあらかじめ固定されています。

自分で設定する場合、複数の保険金のプランの中から選ぶか、あらかじめ保険会社が設定している保険金の上限額までの範囲内で自由に決める方法があります。

3.2 限度回数

三大疾病保険の保険金を受取れるのは、三大疾病全て含めて1回限りである場合と無制限である場合があります。

なお、無制限であっても、「一度受け取ったらその先の〇年間は受け取れない」という条件があることもありますので、保障内容をよく確認しましょう。

3.3 医療保険などに三大疾病特約を付加する場合

医療保険に三大疾病保障特約を付加することもできます。

一つの保険で通常の入院や手術に加えて三大疾病の保障を手厚くすることが出来ます。

3.4 保険料払込免除特約を付けることが出来る

三大疾病保険には、「保険料免除特約」をオプションとしてつけることが出来ます。

これは三大疾病保険になった際にそれ以降保険料の払込が全て免除されるというものになります。

ですがこうしたオプションンをつければ保険料は当然増えることになります。

また保険会社によっても保険料免除事由は異なるためによく規約概要を読んだ上でオプションをつけるかどうかを検討する必要があります。

 

4.三大疾病に関する保険には加入したほうが良いの?

では実際に三大疾病の保険に加入しておいた方が良いのでしょうか?

4.1 三大疾病は治療費が高額

三大疾病は早期発見することが出来れば、治していくことが出来る病気でもあります。

ですが治療費が高額になりやすいという傾向があります。

ガンなどになってしまった場合には仕事などをしている方は仕事を中断して治療に専念する可能性もあります。

そんな時に数百万円単位の治療費を用意することは難しいでしょう。

治療費をカバーするために保険のkな優を考えてみるのもおすすめです。

がん治療の場合は先進医療が行われたりすることも多いのでがん保険や先進医療特約と合わせて試算してみるのもおすすめです。

4.2 退院後の通院治療が長い

最近は入院日数をできるだけ短くしようという流れになりつつあります。

そのために、三大疾病であっても30日以内で退院するとなるケースが出てきます。

医療保険で入院の時には保険金が出るから大丈夫と思っている方は要注意です。

三大疾病の場合は退院時に感知しているということは少なくそのあとも通院治療が続くことが多いです。

ご加入の医療保険で通院治療もカバーできるのかどうかは確認しておく必要がありそうですね。

4.3 三大疾病になってすぐに保険金がもらえるわけではない

三大疾病は日本人にとって特にメジャーといえる病気です。

そのために、三大疾病が発見されたら即保険金の支払いを行っていると日々の保険料が高くなってしまいます。

そのために多くの保険会社では三大疾病が原因で保険金が支払われる条件を個別に設定している場合が多いです。

例えばがんの場合は特定の部位のがんは除かれていたり、がん独自の責任開始日が設定されていたりします。

心筋梗塞の場合は、急性でかつ仕事などを60日以上継続して休み治療を行った場合などの条件があることもあります。

脳卒中の場合は、発症後に麻痺や言語障害などが起きてしまった場合にのみなどと条件がついている場合もあります。

三大疾病保険には加入をしていないけれど、生命保険などで三大疾病と診断された場合に保険料の払い込みが免除になる特約を付けている方も同様の条件がつけられていることがあるので注意が必要です。

いくら特約を申し込んでいても条件にあてはまらない場合には三大疾病にかかってしまったけれど、保険料の払い込みも免除にならないなんてことになる可能性もあります。

 

5.三大疾病保障付住宅ローンの基礎知識

まずは3大疾病保障付保障付住宅ローンの基礎知識を確認しましょう。

以前まで、住宅ローンの選択基準は金利がポイントになっていました。

そのせいか、金利は1%を切り、0.5%近くなる低金利時代に突入しています。

銀行は金利で差別化するのは難しいと判断し、差別化は「金利」から「保障」になりました。

そんな風潮の中で生まれた住宅ローンが「3大疾病保障付住宅ローン」です。

 3大疾病保障付住宅ローンは、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中にかかると住宅ローンの返済が免除されます。

住宅ローンは、「団体信用生命保険」の強制加入がありますが、オプションとして3大疾病保障が追加される仕組みです。

通常の団体信用生命保険は、住宅ローンを利用中の人が完済前に亡くなった時にのみ、保険金がおります。

死亡時が対象のため、3大疾病発病だけでは保険金はおりません。

一方、3大疾病保障付き住宅ローンは、団体信用生命の保険適用範囲を死亡時だけでなく、がん、急性心筋梗塞、脳卒中の発病まで範囲を拡大したものとなっています。

5.1 3大疾病保障が適用される条件

ここまで3大疾病保障付住宅ローンの基礎情報を紹介しました。次は3大疾病保障が適用される条件を深掘りましょう。

銀行によって差はありますが、3大疾病保障付住宅ローンの一般的な適用条件は統一されています。

がん、急性心筋梗塞、脳卒中の保障適用条件をそれぞれ紹介していきましょう。

がんの適用条件は対象期間中にがんと医者に診断された場合、保障の対象となります。

また「急性心筋梗塞」の適用条件は対象期間中に発病し、医師の診療を受けた日から「60日以上の労働の制限を必要とする状態」として医師の診断を受けたときに保障の対象となります。

「脳卒中」の適用条件は対象期間中に発病し、医者の発診療を受けたときから言語障害、運動失調、マヒの神経学的な後遺症が60日以上継続した時と医師に診断を受けたときに保証の対象となります。

5.2 3大疾病保障付住宅ローンの保険料

通常の団体信用生命保険は、無料で付加されますが、適用の範囲が広くなる3大疾病ローンの場合は、追加保険料が発生します。

3大疾病保障付住宅ローンの保険料は、生命保険のように毎月決まった金額を支払うのではなく、住宅ローン金利に上乗せされる場合が多いです。

追加される金利は銀行によって変わり、低い銀行で0.1%の追加、通常は0.2%の追加が多く、0.3%の追加になると7大疾病に対応します。

「0.1%程度なら別にかまわない」と思う人も多いでしょうが、長期間返済の住宅ローンではかなり負担になります。

35年間で返済するなら、150~200万円程度の多く支払うことになります。

つまり150~200万円払って3大疾病の保障をすることになるのです。

支払い額と自分の将来計画を比較検討して、3大疾病保障付住宅ローンを組むようにしましょう。

5.3 3大疾病保障付住宅ローンは必要?

3大疾病保障付き住宅ローンと一般的な医療保険やがん保険等では、加入の目的が異なります。

前者は、月ケの返済額を保障することで返済が滞るのを回避したり、ローン残高を0円にすることで大病を患ってもマイホームを守るものです。

後者は、がん等の大病を患ったとき、治療費や生活費を確保するものです。

また、疾病保障付き住宅ローンは住宅ローンに付随する商品なので、保険期間は基本的に住宅ローン返済期間と同じで、終身期間ではありません。住宅ローンと切り離して考えることもできないなど、いろいろと制約が多いです。

住宅ローンを借りない人にはそもそも縁のない商品であり、比較する以前に選択の余地はありません。

どんな保障が自分に適しているかは、それぞれの疾病がどのくらいの確率で罹患するものなのかを押さえておくとみえてきます。

通常の住宅ローンは、団体信用生命保険に加入することが条件となっているため、万が一、借主が死亡した時には住宅ローンが免除されます。

また、疾病保障付き住宅ローンは、がん、心疾患、脳疾患の三大疾病、さらに高血圧、糖尿病など保障対象となる疾病にかかり、就業不能状態になったときに住宅ローンが免除されるものです。

疾病保障付き住宅ローンは、団体信用生命保険により死亡の時だけでなく、病気による就業不能状態になった時のことを考えて、疾病保障付き住宅ローンを選択することはさらに大きな安心感を得ることができるでしょう。

したがって、疾病保障付き住宅ローンは、死亡だけでなく、病気による就業不能時には残された家族が自宅を手放さなくて済む、という大きな安心感を得られるため、必要なものと言えます。

 

6.住宅ローンの団信と三大疾病保険とガン保険

では住宅ローンの団信と三大疾病保険とガン保険ではどれを選べば良いのでしょうか?

6.1 住宅ローンの団信に付帯する三大疾病の保障

実は住宅ローンの団信などにもこうした三大疾病付きの保険があります。

むしろ最近では七大疾病、八大疾病など多種多様です。

団信に三大疾病の保障などを付帯する意味は、治療というよりは住宅ローンの返済支援です。

一定の要件を満たすとそれ以降の返済が免除されていたりします。

医療技術が進んだことなどもあり、昔のように病気=死亡のようなことであれば死亡保障が中心になっていれば、住宅ローンを生命保険で精算できました。

いまは死亡はもちろんですが、生きて治療を続ける場合、当然住宅ローンの支払いは続きます。こうしたニーズに対応したものということです。

その分の保険料は金利に上乗せされたりしますので、そのコストと住宅ローンを支払う間のリスクのバランスをどう考えるかということです。

注意点は保険金の支払いに条件があることです。癌は診断ベースで支払われることがほとんどですが、その他の病気には何らかの条件があるので注意が必要です。

必要性を考えるにあたり上乗せするコストはもちろんこうした点もよくチェックしておきましょう。

6.2 団信の三大疾病保険と通常加入する疾病三大疾病保険はどちらがいい?

がん保険などでも同じようなことがありますが、民間の生保で加入する三大疾病保険と団信に付帯させる三大疾病保険の違いに混乱する人がいます。

どちらも似たような感じですが、住宅ローン団信は返済の支援、通常加入するのは治療への充当なので少し主旨が異なります。

団信付帯の保障は、住宅ローンの返済が終了すれば以降の保障はありません。ただ最近は上乗せ金利なども無料で8大疾病などの保障をつけているケースもあります。

住宅ローンの競争もそれだけ激しいわけですが、支払い条件を理解した上でなら団信上乗せの保障はありだと思います。

例えば100万円くらいのお金を保険から貰うより返済免除の方がメリットが大きいからです。団信の保障は本当に多様化しているの住宅購入する人はチェックしてみてください。

6.3 ガン保険と三大疾病保険であればどちらを選ぶ?

何となく保障が被るので、がん保険と三大疾病保障保険のどちらを選ぶかを決めかねる人も多いようです。

いずれの保険も保険の軸になっている保障は「一時金」です。がん保険だと診断給付金などという名目で一時金が支払いになったりします。

保険はあれこれ手を広げだすときりがないので、予算の範囲でがんだけでいいのか、三大疾病まで広げておく方がいいのかなど検討してみましょう。

なお、すでにがん保険あるいは三大疾病保障保険に加入している場合は違う視点も必要です。

三大疾病保障については、すでに解説したように60日の制限が掛かるケースがあります。

がん保険も最近のものは診断されたら、直ぐ診断給付金を支払い、2年間が空けば複数回可能というものが一般的です。

古いものだと、入院が要件になっているなどやはり一定の制限がかかるケースがあります。

良い保険は後からどんどんでてくるので、追いかけたらきりがありませんが、予算と相談しながら無理ない範囲で考えましょう。

場合によっては現金を積立てるのも選択肢に入れておくのもありです。

 

7.三大疾病保障付住宅ローンの注意点

疾病保障住宅ローンを選ぶときの注意点があります。

7.1 条件がクリア出来ずに、保障が出ない場合もある

疾病保障付き住宅ローンの場合、交通事故(ケガ)で就業不能状態になっても住宅ローンの免除にはならず、住宅ローンは払い続けなければなりません。

また、保険で住宅ローン残高が相殺されるため、相殺の条件が厳しくなっています。

がんは、所定のがんと医師に診断確定されることが条件ですが、借入日から90日以内にがんになった場合や上皮内がんは対象外になります。

また、急性心筋梗塞・脳卒中は、急性心筋梗塞・脳卒中と診断され、60日以内所定の状態が継続したときが条件になります。

60日以上の労働制限を満たすのは簡単ではありません。

条件を満たしている場合は、ローン返済相当額の保険金がおり、この状態が1年間継続するとローン残高がなくなります。

就業不能という状態についても、例えば慢性腎不全で人工透析を受けたり、抗がん剤を投与されたりしながら働き続けると保障は受けられない。

「条件を満たすのはそう簡単ではない」との指摘は多いため、注意が必要です。

7.2 保険料が高い

基本的に、住宅ローンの金利上乗せ(0.1%~0.3%)のため、借入額及び借入期間が長くなると、保険料負担が重くなります。

家計を圧迫することになりかねませんので、注意が必要です。

7.3 中途解約できないことがある

団体信用生命保険の特約として取り扱っているものは、全額銀行が負担することがあれば、団信保険料は銀行負担、特約保険料は金利上乗せという銀行もありますが、特約だけ中途解約ができない点に注意が必要です。

住宅ローンに付いている疾病保障の保障期間は借入期間と同じで、途中から保障を付けたり途中で保障を解約したりすることはできないため、注意が必要です。

7.4 保障されるのは住宅ローンのみ

当然ながら保障されるのは、住宅ローンのみとなりますので、がんの治療費の保険が必要な場合は、別途がん保険などに加入する必要があるため、注意が必要です。

ただし無理に保険を分厚くしなくとも、いざという際は自宅を売却する手もあることを頭に入れておきたいです。

間借りできる実家や予算内で入居できる賃貸住宅のあてがあれば、売却もしやすくなります。

住宅ローンの返済を心配するあまり保険料が家計の負担にならないよう注意が必要です。

 

8.まとめ

これまで「そもそも三大疾病とは何か?」、「三大疾病のリスクはどのようなものがあるのか?」、「三大疾病保険とはどんな保険か?」といった点についてご紹介してきました。

ですが実際に三大疾病保険を検討するとなると、年齢、職業、家族構成、現在の保険、ライフプランなど様々なことを踏まえたうえで総合的に考えていかなければいけません。

特に三大疾病保険は一時金や死亡保障が中心の保険なのですでに加入している医療保険や死亡保険との重複していないかどうか丁寧に見ていく必要があります。

なのでどの保険を選べば良いのか慎重に選ぶようにしましょう。