オリックス生命の終身保険RISE(ライズ)~選ばれる保険№1のヒ・ミ・ツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚した、家庭をもった、子どもが生まれた-まわりに笑顔が増えて、喜びいっぱい幸せいっぱい。
そんな人生で一番ハッピーなとき、やっぱり、気になるのが「教・育・費」。

どこのご家庭にとっても、お子さまにかかる教育費は、正直、頭の痛い問題ですよね。

一般的には、幼小中高大学と、オール公立で進学させても500万~700万円は必要とされています。

そんな金額、いったいどうやって準備すればいいかわからず、途方に暮れてしまいませんか・・・

‐でも、大丈夫!

教育費は、いきなり一気に何百万、何千万かかるわけではありません。

その時その時で払えればいいのですから、今から、コツコツ安全確実に教育費を貯める準備を進めていきましょう。

この機会に、銀行で積立貯金するよりも利率の良い生命保険の終身保険を利用する方法を、すこし勉強して、保障と教育資金を、がっちりゲットしてみませんか!?

そして、ぜひ、ご家族の明るい未来を応援してあげましょう!

目次

1.終身保険って?おさらいしてみよう!
2.終身保険を利用する目的は2つ!
2.1保障ニーズ
2.2貯蓄ニーズ
3.終身保険のタイプいろいろ
3.1終身保険の代表格=普通終身
3.2割安な保険料で保障を備えることのできる低解約返戻金型終身
3.3今後の景気次第でメリットある積立利率変動型終身
3.4運用次第で受け取る返戻金が増額!?変額終身
3.5三大疾病に備えるなら特定疾病終身
4.終身保険RISE(ライズ)の特長 3つ
5.一生涯の保障
6.お手頃な保険料
7.解約払戻金はさまざまな資金としてご活用いただけます
8.低解約返戻金型保険をおさらいしてみよう!
8.1低解約返戻金型保険ってなに?
8.2貯蓄性があるって本当?
8.3低解約返戻金型保険のメリットデメリット
9.まとめ

1.終身保険って?おさらいしてみよう!20150408221712

すでに生命保険にご加入されている方や、これから加入しようかとご検討中の方でしたら、一度くらいは『生命保険の終身保険を教育費として活用する方法がある』‐ということを、お聞きになったことがあるかもしれません。

でも、終身保険で教育費を準備するって、いったい?そもそも、終身保険って?どういう保険なの?

ごもっともです。

さっそく、おさらいしてみましょう!

2.終身保険を利用する目的は2つ!free-illust25808

終身保険とは、一生涯の死亡保障や高度障害保障を確保できる保険です。

また、保険料が掛け捨てではないため、貯蓄型の保険であるともいえます。

死亡保険金として、あるいは満期後に解約したとしても、ある程度まとまったお金を受け取ることができるので、用途の幅が広いことが特徴の保険です。

終身保険を利用する目的としては、おもに、保障ニーズと貯蓄ニーズの2つがあります。

2.1保障ニーズ

被保険者の方に万が一のことがあったとき、死後整理費用(お葬祭式の費用など)として確保したり、生命保険の非課税枠を活用する、または、相続税を保険で準備する。

2.2貯蓄ニーズ

保険料払込満了後の解約返戻金を、教育費や老後資金などに活用する。場合によっては、払込満了後に年金や介護年金などに移行できるタイプの終身保険もあります。

3.終身保険のタイプいろいろpolicy

すこし、終身保険のことについて、わかってきましたね!

終身保険を利用すれば、万が一のときに夫の葬祭費用を確保できたり、何事もなく無事に満期を迎えたときに解約すれば、解約返戻金を、さまざまな用途に便利に使うことが可能です。

なにかと使い勝手がよさそうな保険=終身保険ということですね!

また、終身保険には、いくつかタイプがあります。

つぎから、代表的なものをみていきましょう。

3.1 終身保険の代表格=普通終身

終身保険の代表格が、普通終身保険です。

一般的に、終身保険といえば、普通終身保険のことをいいます。

死亡保障が途中で途切れることがなく、被保険者が亡くなられたとき=死亡保険金を受け取る時となりますから、受取人は必ず保険金を受け取ることができます。

また、一生涯の保障を確保するということだけではなく、貯蓄性のある保険ですので、保険料の払い込みが終了した時に解約し、個人年金として活用することもできます。

ただし、現在は、保険料の割引率でもある予定利率が非常に低く、解約返戻金の抑制もないため普通終身の保険料は高めとなっています。

もし、予定利率の高い頃に終身保険にご加入されている方でしたら、「お宝保険」というネーミングで呼ばれているくらいですから、大事にとっておいたほうがよいかもしれません。

また、終身保険の保障は一生涯になりますが、保険料の払込期間は様々に選択することができます(商品によって異なります)。

代表的な払込期間としては、10年払、15年払、20年払、60歳払、65歳払、70歳払、終身払いなどがあります。

●普通終身保険
20170118

3.2 割安な保険料で保障を備えることのできる低解約返戻金型終身

最近、終身保険のなかで、主流になっているのが、低解約返戻金型終身保険です。

低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間中の解約返戻金を低く抑えたぶん、通常の終身保険より保険料をお安くできる保険です。

払込満了後は通常の解約返戻金に戻ります。

ただし、払込満了前に解約してしまうと、損することになるので、避ける必要があります。

●低解約返戻金型終身保険
201701181517

3.3 今後の景気次第でメリットある積立利率変動型終身

積立利率変動型終身保険は、市場金利から定期的に積立利率を見直し、保険金額・解約返戻金額が変更される保険です。

積立利率とは、保険金を支払うために保険会社が保険料の一部を積み立てている部分に対して適用される金利のことです。

例えば、一時払タイプの場合、受け取った保険料から手数料などを差し引いた部分に対して積立利率が適用され、その金利で運用されます。

物価や金利が上昇すれば、そのぶん保険金額や解約返戻金額が追加されます。

物価や金利が上昇しなければ、利率は据え置きされます。

最低利率は保障されていますので、契約当初に決めた保険金額・解約返戻金額は必ず受け取れますが、最低保証の利率なので保証される金額は最低ラインということになります。

また、利率変動型積立終身保険(通称:アカウント型保険)という非常に名前の似た保険もありますが、まったく別ものですので、注意する必要があります。

積立利率変動型終身は、金利があがったときにメリットがあるインフレ対応型の終身保険となります。

3.4運用次第で受け取る返戻金が増額!?変額終身

変額終身保険は、普通終身保険と同様に、一生涯の死亡保障や高度障害保障が継続する保険です。

運用実績に応じて、受け取る死亡保険金や高度障害保険金や解約返戻金の金額が変動する点が普通終身保険との大きな違いとなります。

ただし、死亡保険金や高度障害保険金については、運用実績が悪くても契約時の基本金額を下回ることはなく、解約返戻金についてのみが、運用実績次第ということになります。

通常の終身保険においては、運用先は保険会社が決定していますが、変額終身保険は、運用商品を契約者自ら指定することができます。

現在、円建てで払込保険料が最も割安なこともあり、保障ニーズで利用されることもある保険です。

●変額終身保険
201701181552

3.5三大疾病に備えるなら特定疾病終身

特定疾病終身は、被保険者が三大疾病で所定の状態になったときや、または死亡時に一時金が支払われる保険です。

一般的には、被保険者が所定の高度障害状態になった以後の保険料は免除されます。

死亡・高度障害保険金と三大疾病が一生涯保障される保険です。

三大疾病とは、長らく日本人の死因ワースト3を占めてきた三大成人病=「がん(悪性新生物)」「急性心筋梗塞」「脳卒中」のことで、これらの3つの病気をセットにしていることから「三大疾病保障保険」と呼ばれることもあります。

これらの病気にかかると入退院を繰り返したり治療が長期にわたることが多いため、所定の状態になったときに支払われる一時金を治療費などに充てられます。

以上のように、終身保険には、さまざまなタイプがあります。

4.終身保険RISE(ライズ)の特長 3つ

オリックス生命の終身保険RISE(ライズ)は、終身保険の中の低解約返戻金型の保険にあたります。

さくっとおさらいすると、低解約返戻金型の終身保険とは、保険料払込期間中の解約返戻金が低く抑えられている分、割安な保険料で保障を確保できる保険ということでしたね!?

オリックス生命の終身保険RISE(ライズ)も、低解約返戻金型の終身保険ですので、同様に、払込期間中の解約は払戻金が7割に抑えられています。

その分、保険料をお安く、保障を備えることのできる保険となっています。

●「終身保険ライズ」のしくみ

【ご契約例】・30歳男性 ・保険金額:500万円 ・保険期間:終身 ・保険料払込期間:60歳払済 ・月払保険料:9,240円(口座振替扱)
201701181816

●特徴その1.保険料の安さ

30歳男性、保険金額:500万円 保険期間:終身 保険料払込期間:60歳払済 の場合

●月額保険料の比較
オリックス生命 終身保険RISE(ライズ) 月払保険料 9,240円
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 終身保険 一生のお守り 月払保険料 9,640円

たとえば、30歳男性がオリックス生命の終身保険RISE(ライズ)にご加入されて、毎月9,240円の保険料を60歳まで30年間払い込んだ場合、払込保険料の累計は、3,326,400円となります。

一方、他社の低解約返戻金型終身保険で9,640円の月額保険料を支払うと、3,470,400円となります。

このように、オリックス生命の終身保険RISE(ライズ)だと、保険料がお手頃なだけでなく、さきざきにおいて、144,000円もおトク!といえます。

●特徴その2.返戻率の優位性

30歳男性、保険金額:500万円 保険期間:終身 保険料払込期間:60歳払済 の場合

●返戻率の比較
オリックス生命 終身保険RISE(ライズ) 115.9%
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 終身保険 一生のお守り 112.8%

さきほどの月額保険料のご契約例と同じく、30歳男性が、オリックス生命の終身保険RISE(ライズ)にご加入されて、毎月9,240円の保険料を60歳まで30年間払い込んだ場合、返戻率が115.9 %なので、解約返戻金は、3,856,300 円 となります。
(返戻率(%)は「解約払戻金÷払込保険料累計×100」で計算したものです。)

3,856,300 円(解約返戻金)-3,326,400円(払込保険料累計)= 529,900円(差額)

一方、他社の低解約返戻金型終身保険の場合、返戻率が112.8%なので、解約返戻金は、3,915,600円となります。

3,915,600円(解約返戻金)-3,470,400円(払込保険料累計)= 445,200円(差額)

529,900円(差額)-445,200円(差額)= 84,700円

計算すると、オリックス生命の終身保険RISE(ライズ)は、月々の保険料がお手頃なだけでなく、さきざきにおいて、84,700円もおトク!といえます。

月額保険料と返戻金を合計すると、228,700円ほどがおトク!ということになります。

このように、月額保険料が割安で、返戻率が高いということは、じつに、魅力あることになりますね!

●特徴その3.短期間の保険料払込期間

オリックス生命の終身保険RISE(ライズ)は、保険料の払込期間を、終身払いと短期払いから選ぶことができます。

短期払いを選択した場合、年数(10年払済、15年払済、20年払済)、あるいは、年齢(50歳払済、55歳払済、60歳払済、65歳払済、70歳払済、75歳払済、80歳払済)から選ぶことができますので、選択肢が多く、ご自身のライフプランに合わせて細やかに対応させることが可能です。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る